FC2ブログ

【2014年桜巡り】 逢瀬川の堤桜 その3 ~福島県郡山市~

ほぼ予想通りに「逢瀬川の堤桜」が本日満開となりました。 昼頃にその様子を撮影して参りました。

逢瀬川の堤桜
[2014/4/15 逢瀬川の堤桜]  <↑ Clickで拡大>

風も穏やかで晩春の温かな日差しで、気温は長袖シャツ一枚で心地佳く過ごせる陽気です。 昼時の時間帯と言う事もあって、シニア層や入学前の子供連れの観桜客の姿が見られました。

競い咲き
[2014/4/15 競い咲き]  <↑ Clickで拡大>

普段よりも通行する車も多いように思えるのは、通りすがりにこの見事な桜並木の通り抜けを楽しむドライバーが多いからでしょうか。

逢瀬川春景
[2014/4/15 逢瀬川春景]  <↑ Clickで拡大>

写真撮影を楽しむのはカメラマンだけではなくて、来る人それぞれにその美しい風景の記憶を、写真として撮り納めようと思い思いの道具で撮影しています。

桜盛り
[2014/4/15 桜盛り]  <↑ Clickで拡大>

郡山市の中心市街地の桜は、ほぼ咲き揃ったようです。 とても回りきれませんけど、毎年目にする身近な桜だけでも、存分に季節の移ろいを楽しめますネ(*^-^)

花は桜
[2014/4/15 花は桜]  <↑ Clickで拡大>

あと二日後くらいには、吹く風で桜が散る様子が見られるはずです。 こーその散り際の美しさは、とても言葉には言い表せません。
 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

通し営業でいつでも美味しく楽しませてくれる、東部幹線沿い方八町地内の「チャイニーズレストラン みかど」さんです。 お昼時は相席も普通という繁盛店さんです。

この日は平日のみの日替わりサービスの一つを頂く事にしました(o^-^o) グランドメニューよりも“店主のキモチ”でお値頃サービスされています。

「五目飯 (590円)」 ※日替わりサービス価格

みかど 五目飯

メニュー書きされている通りに

「五目飯ください♪(〃∇〃)」

って言ったら、女将さんが

「はい、中華丼ね♪(*^-^)」

って∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ どっちでもいいんだねww

ともあれ、ごはんに掛け回された五目中華餡は、期待通りの醤油味仕立てですよ。

みかど 五目飯

目にも鮮やかな緑色の絹さやがあしらわれていて、白菜、ニンジン、キクラゲ、タケノコの水煮、ハム、イカ、エビ、ウズラの卵と過不足無い多様な具材が用いられています。

みかど 五目飯

共添えされるお味噌汁も、ちゃんと出汁の旨味が効いていて、サラッとした味わいながら良く合っていました。

みかど 五目飯

頃合いのトロミが付けられた中華餡は、具材からの甘味がちゃんと感じられて、不自然な忍のある旨味で台無しにされる事もありません。 醤油の風味、甘辛さ、イイ感じの旨味と三拍子揃った中華餡は、無敵の旨さで白飯を包み込むのでした(>▽<)b

尚、お得な日替わりサービスは、何と消費税改正後も据え置き価格で提供して下さるそうです(〇o〇;) すごい。 もうこれは稼業ではなく家業かも知れません。 応援したいですね♪




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


 

【2014年桜巡り・番外編】 見頃まであと一息の名桜 

今日は朝から約束された素晴らしい晴天となっています(o^-^o) 出来る事なら今が盛りの名桜達の許へと、撮影機材を抱えて馳せ参じたいところですが、そんな自由の効く身ではございません( ̄▽ ̄i)ゝ 勿論、自分の身の上を愁い悩む事もなく、素直に受け入れて限られた時間を存分に楽しませて頂いておりますよ♪

昨日もまた、晴天が約束された日。 いつも写真撮影行脚に付き合ってくれるお友達は、よりによって社命により前日よりお泊まりでお江戸に出張(ノд`@)アイター あぁ、可哀相に・・・ と、言う訳で、ボクは彼らの分まで美味しく撮り歩きする事にしましたv( ̄∇ ̄)ニヤッ

後記事で披露する想定外のエピソードがあったりしましたが、素晴らしい晴天にも恵まれ、本県の桜のポテンシャルの高さを、今年もまた心底感服致しました。 昨日の撮影立ち回り順番には沿わせずに、見頃前だった名桜を先挙げ致します。 もし拙筆のBlogをご参照頂いておられるカメラマン様方がおられましたら幸いです。

開花間近の芳水の桜
[2014/4/13 開花間近の芳水の桜]  <↑ Clickで拡大>

こちらは福島市松川町金沢地内の国道4号バイパスの西側にあります。 周囲はほとんど農地となっており、灌漑用水池のほとりにある枝垂れ桜が「芳水の桜」です。 残念ながら、まだほんの咲き始めってところでしたが、昨日・今日の陽気ですので、アッと言う間に開花しているかも知れません。

絹雲
[2014/4/13 絹雲]  <↑ Clickで拡大>

自分もその一人ではありましたが

「そろそろ咲いたかな?o(*^^*)o」

と期待して訪問する観桜客やカメラマンは引きも切らず。 仮設トイレも物産販売ブースも無く、ほんのごくご近所の皆様方が、普段の営みをしている中にポツンと咲く一本桜です。




こちらは郡山市西田町の名桜の誉れも高き「雪村庵の桜」です。 こちらは一度帰宅後に家内と一緒に立ち回ってみました。

雪村庵の桜
[2014/4/13 雪村庵の桜]  <↑ Clickで拡大>

こちらはまだ三分咲きでした。 例によって淡い色合いの花。 どこかしら頼り無さ気な出で立ちが、何とも不思議な魅力を漂わせています。

共に咲く
[2014/4/13 共に咲く]  <↑ Clickで拡大>

隣に傅くように咲く紅梅は、いつの間にか「雪村梅」と呼ばれるようになっていました。 ここ「雪村庵の桜」もあとほんの少しで満開を迎えます。 お薦めの撮影時間帯はお昼頃。 背景の竹林の奥がオフになり、メインステージには綺麗に光が回ります。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

今月初の「みたか詣で」をして参りました。 先月予告されていた通り、消費税の改訂に伴い、価格の見直しも行われておりましたが、その内容からして依然としてお値頃感に翳りは無いと思います。

「カレーライス (700円)」 ※2014年4月1日より価格改定が行われました。

みたか食堂 カレーライス

いつも通りの全掛けスタイル。 こんもりと盛られたご飯は、掛け値無しに一般的な食堂の大盛を凌駕します((;・ ・) お馴染みCoCo壱に当てはめれば、多分400gを越えて500gレベルの大盛に匹敵すると思います。

みたか食堂 カレーライス

しみじみと美味しさの冴え渡るワカメスープも相変わらず。 たっぷりと惜しげもなく仕込まれたワカメさえも、ちょっと家庭のソレよりも美味しく感じられるほどです( ̄▽ ̄i)ゝ ベーススープの美味しさは、具材の美味しささえも引き立てるって事ですかね。

みたか食堂 カレーライス

シンプルに豚バラ肉と玉ネギだけの具材ですが、こちらもまたタップリ仕込まれていまして、充実感に抜かり無しです(*^▽^*)

みたか食堂 カレーライス

玉ネギの甘味だけとは思えない豊かな甘味と、スパイシーな香辛料やハッキリとした辛味が効かされているカレールーは、ドロリとするほどの濃度の高さや、濃ゆい味わいに仕立て上げられています。 このお味にハマってしまいますと、各日に中毒に冒されますよ(o≧▽゚)o えぇ、勿論ボクもその一人です( ̄∇ ̄*)ゞ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

【2014年桜巡り】 逢瀬川の堤桜 その2 ~福島県郡山市~

昨日の昼頃に撮影した逢瀬川の堤桜です。 ようやくスロースタートの南岸側も咲き始まりました。 割と陽当たりの良い桜木町エリアです。 平均すればまだ三分咲きくらいですが、今日の気温次第では2・3日で見頃になりそうな感じです(o^-^o)

満開寸前!
[2014/4/12 満開寸前!]  <↑ Clickで拡大>

丁度土曜日という事もあってか、ボチボチ観桜客の姿も見受けられました(*^-^) シニアのご婦人と立ち話しながら、美しい桜を見上げておりますと、何ともホノボノと春の日差しが心地佳いものです。 あれって何だろう?と思ったら、子供の頃にばぁちゃんと過ごしていた昔日の心象風景に通ずるものでした(=´▽`)ゞ

忘れじの通学路
[2014/4/12 忘れじの通学路]  <↑ Clickで拡大>

そうこの堤の道は、ボクが中学生時代に桜の咲く頃になると、少しだけ遠回りになるけど、通り道にしていた道でした。

桜道
[2014/4/12 桜道]  <↑ Clickで拡大>

時代が変わっても、変わらぬ桜道。 今年もあの頃のボク達と同じように、この道を通学コースにする学生達の姿があります。
 

つけ麺 一翔(いっしょう) ~福島県郡山市安積町日出山~

郡山市日出山地内の東部幹線沿い「つけ麺 一翔」さんの“夜の部限定メニュー”を頂いて参りましたo(*^^*)o

「関東風つけ麺 中盛 (850円+0円)」 ※味玉サービスして頂いちゃいました♪(〃▽〃)

つけ麺一翔 関東風つけ麺 中盛

“豚骨魚介のアッサリ風”と言う事ですが、こりゃあ見るからに『当社比』って頭書きが要りそうです(>▽<;;

つけ麺一翔 関東風つけ麺 中盛

柱商品の「濃厚つけ麺」とは異なり、載せモノ各種は漬けダレに盛り込まれています。 でも、例によって漬けダレの器は激熱注意です(≧Д≦ノ)ノ

ドロッと粘性の高い漬けダレは、伝家の宝刀・濃厚炊き出し豚骨スープをベースに、魚粉などをタップリと仕込んで、旨味爆弾仕立てにしてあります。

つけ麺一翔 関東風つけ麺 中盛

白ネギと万能ネギが配されていて、凝縮度の高い旨味も幾分後味を軽く感じられるような仕込みが見受けられます。 漬けダレ自体は、やはりかなり濃厚の無類に入りますし、その粘性は相変わらずソースに近いモノです。

つけ麺一翔 関東風つけ麺 中盛

ギリッと冷水で洗い締めされた麺は、ガシッとした噛み応えに弾力があります。 少々ゴソッとする舌触りですが、灼熱の漬けダレで適度に温められると、少し穏やかな食感へと変化します。

つけ麺一翔 関東風つけ麺 中盛

すっごいねぇ~Σ(゜▽゜;) これのどこがアッサリ風なのよ?と、思わずツッコミたくなるほどの粘性と濃度です。 漬けダレを絡め取るように浸して頂けば、口中に節系の芳醇な旨味と香りが広がります。 圧倒的な旨味の押し味は豚骨ベーススープですね。

醤油ダレの効き具合は、相変わらずやや強め。 この底力を受け入れられる方には、タマランでしょう♪(>▽<)b もしも濃すぎるようでしたら、カウンターに配置されている割りスープで調整してみるのも一計ですよ。 素の旨味が法外ですから、割りスープを足しても簡単にはサラサラにはなりはしませんからww

確かに「濃厚つけ麺」よりは軽目の仕立てでしたが、やっぱり根っこの部分は変わっていないですね(*^▽^*) お好み次第で選択できるのは歓迎すべきでしょう。




つけ麺 一翔 (いっしょう)
福島県郡山市安積町日出山2-80
電話;024-942-5260
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:30~20:00
定休日;水曜日
駐車場;アミューズメントパーク郡山敷地内に多数


大きな地図で見る
 

本宮家 ~福島県西白河郡矢吹町~

矢祭町の「戸津辺のサクラ」の写真撮影に向かう道すがら、丁度「本宮家」さんの前を通るルートでした。 以前、訪問を試みたの事があるのですが、敢え無く暖簾落ちの憂き目に遭っていた事もあり、これはチャンスとばかりに暖簾を潜りました(o^-^o)

本宮家

14時近くの訪問でしたが、店内は満席w( ̄▽ ̄;)w さすが人気店ですね。 店内には美味しそうな香りが満ちていて、まず間違いなく素晴らしい味わいを楽しませてくれる事は確約されたも同然に思えました。 少しばかり店内で席案内待ちをしていましたが、程なく準備が整って案内して頂けました。

チャーハンとのセットメニューが人気のようですが、既にチャーハンは完売してしまったと言う事で、今回はお店の柱商品を頂いてみます。

「本宮家ラーメン (600円)」

本宮家 本宮家ラーメン

白河ラーメンのそれとは明らかに異なる香りとビジュアル。 しっかりと張られた油膜からは、華やかな香気が感じられます。 香味野菜なども使われているのですかねぇ~? インパクトのある香りなのですが、動物系の出汁の正体に自信を持てませんΣ(゜▽゜;) 鰹節やニボシなどの魚系素材は用いられていないようです。

本宮家 本宮家ラーメン

炙られたバラロールチャーシューは、ホロリと崩れてしまうほどの柔らかさ。 ほんのりと焦がし醤油っぽい香りは、このチャーシューからの移り香でしょうか。 結構オイリーなスープですが、白髪ネギや小松菜のお浸しなどが、油切れをフォローしていますので、後味に諄さは感じませんでした。

本宮家 本宮家ラーメン

麺は平断面の縮れ多加水系中麺。 ちょっと白河っぽいけど、手練れの手打ち職人が仕立てたツルツル感や口の中でのたうつような縮れのコシの強さはありません。 しかし、オイリーなスープの油分を纏って、至極滑らかに唇を滑るように流れ込んできます。

押し味に富むベーススープと共鳴するように、醤油ダレもしっかりとした醤油テイストを感じさせます。 塩味はきっと意図的かと思いますが、心もち強めです。 しかし、決して角が立っている訳ではなく、その口当たりは円やかに整えられていました。

芳醇だけど優しい口当たり。 どこかしら甘味が旨味と融合していて、フワッと醤油テイストを包み込んでいるような、とても複雑味に溢れた味わいに思えました。 こりゃあ確かに行列が出来る程の人気を集める訳ですヽ( ̄▽ ̄i) 素晴らしく美味しいラーメンが、このお足で頂けるなんて、とてもスゴイ事だと思いました。

「水餃子 (500円)」

本宮家 水餃子

チャーハンにはフラれましたので、水餃子を頂いてみました♪ これがまた、想像以上の美味しさ?!(⌒▽⌒;) ナッティーでコクのあるゴマペーストに甘酸っぱいドレッシング調のソースが合わせられていました。 ふっくら感のある餡は刻み野菜が沢山鋳込まれていて、頂いている内に温野菜サラダっぽさを感じさせられました。 ソースとの相性もバッチリで美味しゅうございました。

ご夫婦二人で切り盛りされているようですが、忙しくても殺気立った空気感はありませんでした。 良い意味で田舎のユルさが感じられましたね。 人当たりの柔らかさや、背中に感じるご主人様の笑顔など、人間力の高さを垣間見せられました。 また訪問したいお店ですね(*^▽^*)




本宮家 (ほんぐうや)
福島県西白河郡矢吹町中畑477
電話;0248-43-2348
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】16:00~20:00 ※夜の部の営業は未確認です
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に6台分ほど


大きな地図で見る
 

【お知らせ】 「本格とんこつらーめん 花カツミ」一時休業

自然派豚骨ラーメンで多くのファンで賑わう、「本格とんこつらーめん 花カツミ」さんが、本日より一時休業となりました。 ご店主様からご連絡を頂きましたので、ここに御案内申し上げます。

花カツミ とんこつのりらーめん

再開店の詳しい日程はまだ立っておりませんが、1ヶ月間ほどの長期休業になるかも知れないとの事です。 再開店のメドが立ちましたら、追って拙筆のBlogでも御案内させて頂きます。

早くあの美味しいラーメンが食べたいですね(o^-^o) ご店主様の復帰を心待ちにしておりましょう。

=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。 

【2014年桜巡り】 逢瀬川の堤桜 その1 ~福島県郡山市~

昨日の郡山市は日中の最高気温が18℃を越えました。 温かな日差しと晴れ渡った青空に誘われて、昼時に30分ほど仕事場近くの桜の名所、逢瀬川の堤桜の様子をカメラを携えて撮り歩いてきました。

川面に映す春
[2014/4/9 川面に映す春]  <↑ Clickで拡大>

国道4号線に掛かる橋梁の上から、川縁の北岸側を望みます。 こちら側は陽当たりが良く、川面からの反射光にも恵まれた上、堤の道路を走る車も南岸側の1/10にも満たないせいか、早咲きだったり樹勢がより高かったりします。

川面に桜の写り込みも見られましたが、何やら水面下で動いているモノが?σ(゚・゚*)

見えませんよね(^◇^;)

それでは望遠レンズでズームし、PLフィルターで水面の反射を抑えた写真を・・・

川の鯉
[2014/4/9 川の鯉]  <↑ Clickで拡大>

水が濁っていますが、見れば一目瞭然の野鯉です(〇o〇;) しかもかなり大きく育っているヤツも見られまして、目測で60cmクラスはザラでした。 ザラって事は、それだけ沢山生息していたって事です。

昭和40年代後期には異臭を放つような汚濁した川になっていた逢瀬川ですが、下水道設備が整い、有志の方々の清掃活動や、小学校教育の中でも研究対象とされるなど、官民共に改善に取り組んできた結果でしょうか。 その昔はこの川で泳いでいた世代のボクですので、いつの間にかこの川に沢山の魚が棲めるようになっていた事は、嬉しい驚きでした。

散歩
[2014/4/9 散歩]  <↑ Clickで拡大>

下草を刈っているのは、主に地元の町内会の皆様方です。 勿論、河川管理者である国交省河川事務所さんも定期的にメンテナンスはするようですが、町内会の皆様が行うのは目的が異なり、“美しい景観を守り、安心して人が歩ける河川敷”を守り続ける事なのでしょう。

見頃間近の枝垂れ桜
[2014/4/9 見頃間近の枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>

もう以前のような異臭は無く、短く刈られた下草は、サクサクと足の裏にも心地佳い感触の伝わる、立派な散歩道になりました。

枝垂れ桜
[2014/4/9 枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>

河川敷に降りて桜の開花具合などを確かめてみました。

ソメイヨシノ
[2014/4/9 ソメイヨシノ]  <↑ Clickで拡大>

明らかに異なる花のカタチ。 間近で見て見ると良く分かりますね。

親娘
[2014/4/9 親娘]  <↑ Clickで拡大>

ちょうど幼稚園の入園式帰りと思われる親子連れが散歩道へと降りて来ました(*^▽^*) 川の鯉に気付いてひとしきり観察してみたり、桜の花を見上げてみたり、日常の中の一コマがボクにはとても眩しく見えました。 そっと後ろ姿を撮らせて頂きました。

早咲きサクラ
[2014/4/9 早咲きサクラ]  <↑ Clickで拡大>

この北岸側は、例年早咲きが見られるところですが、南岸側のソメイヨシノの蕾も、今にもハジけそうに膨らんでいました。 あと二日ほどで咲き始めるのは間違いなさそうです。

逢瀬川夕景
[2014/4/8 逢瀬川夕景]  <↑ Clickで拡大>

こちらは一昨日の上流部です。 丁度、陽が落ちた後の夕空がステキな色合いを醸し出していました。

揃い咲き
[2014/4/9 揃い咲き]  <↑ Clickで拡大>

やはり上流部でも陽当たりの良い北岸側の開花が早いです。 こちらもまた、地元の町内会の皆様が環境整備に力を尽くしておられます。

明日のお楽しみ
[2014/4/9 明日のお楽しみ]  <↑ Clickで拡大>

久保田エリアの早咲きの桜も、そろそろかなり開花が進んでいるハズです。 開花に合わせて、更に撮りますよ(o^-^o)
 

麺家はなまる ~福島県郡山市堤~

約2ヶ月ぶりの再訪は「麺家はなまる」さんです。 珍しくお昼時に訪問出来ました。 ランチタイム限定のサービスが色々用意されているようですが、現在はワンタントッピングが100円で頂けちゃうそうです。

麺家はなまる

で、ワンタントッピングも魅力充分だったのですが、これまたランチタイムだけのサービス価格の「丼セット」に引っ張られちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ メインのラーメンはこちらを再食ですよ♪

「黒しょうゆらーめん (650円)」 ※味玉をご馳走になっちゃいました(〃'∇'〃)ゝ

麺家はなまる 黒しょうゆらーめん

うむむ、確か二の紛うことなく漆黒スープですね。 数種類の醤油をブレンドして、独自の旨味と濃厚な風味を引き出されています。

麺家はなまる 黒しょうゆらーめん

メンマはちょっと歯応えを残した仕立て。 チャーシューは言うまでもなく脂質がトロリと崩れちゃいまして、舌の上で肉の線維がハラハラと解けてしまうような柔らかさです♪ヽ(*’-^*)。

麺家はなまる 黒しょうゆらーめん

パリッと張りのある歯触りの良さと、ほんのり小麦粉を感じさせる風味の中細ストレート麺。 漆黒スープをタップリと含ませて口に運んでくれますね(*^▽^*) 鶏出汁のベーススープは、ほんのりとした甘味とジワッと広がる旨味が引き出されていて、そこに風味豊かな漆黒醤油テイストが合わさりまして、ジモピーのDNAに訴えかけてくる美味しさに満ちています。

「日替わり丼 (150円)」※ランチタイムだけのサービスアイテム

麺家はなまる 日替わりミニ丼

この日は確か「肉丼」って書き出されていた気がします。 チャーシューと共に玉ネギが甘辛く煮付けられていて、これが白飯と合わない理由が見つかりません!(≧∇≦) 更にはサービスで頂いてしまった、半熟味玉をここに投下致しますと、まさに鬼に金棒の美味しさでした! 美味しかったわぁ~♪( *´艸`)

店主・広川さんに伺った話ですが、5月下旬をメドにお店の移転の段取りが進んでいます。 場所はコスモス通りを挟んで反対側。 以前、伝説の店「華苑」さんがあった物件ですw( ̄▽ ̄;)w 店内はセミオープンキッチンへと造り替えられて、ホールも現在よりも広くなると思います。

店舗前に6台分の駐車スペースがありますが、直ぐ近くにも駐車場を借り受ける事になっているそうです。 また、広川さんと共に厨房に立つ人も決まっていますが、彼の顔を知るラーメン・フリークはかなり多いと思いますv( ̄∇ ̄)ニヤッ 「麺家はなまる」さんのNEXT STAGEに、今からワクワクするばかりですo(*^^*)o




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家はなまる
福島県郡山市堤3-171-2
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分


より大きな地図で 麺家はなまる を表示
 

【2014年桜巡り】 戸津辺のサクラ ~福島県東白川郡矢祭町~

日曜日から今年の桜巡りの撮影をスタートしました。 以前から是非とも逢ってみたいと思っていた、矢祭町の名桜「戸津辺のサクラ」がいよいよ見頃を迎えたと聞き及び、午後から家内と一緒に出掛けてきました(o^-^o)

郡山市からだと矢祭町ってのは意外と時間が掛かります。 今回は東北自動車道で矢吹ICまでパスして、県道・国道とひた走るルートを採ってみました。 片道およそ70kmほどでしたが、片道約1時間半強くらい掛かりました。 ただ、道路沿いにはコンビニエンス・ストアがかなり多く、いつでも立ち寄れるという安心感は良いですね(*^▽^*)

「戸津辺のサクラ」は国道118号線からも容易に見つける事が出来ます。 国道を跨ぐJR水郡線の鉄橋の架かる交差点に、大きなピンク色の告知看板が建っています。 そこから道路案内に従って行けば、簡易トイレも備わった来場者用の駐車場が用意されています。

車をデポして歩道を200mも歩かない内に現着出来ます。 ここはJR水郡線を走る気動車と共に名桜が写せる事でも知られています。 もともと撮り鉄では無いボクでさえ、チャンスが有れば撮ってみたいと思う個性的な撮影ポイントでもあります。

先ずはこの名桜をどのように撮るべきかなぁ~と思案していたら、気動車の警笛と走行音が聞こえて来ました(〇o〇;) ちょっと!ヽ(´Д`;)ノ まだ撮影ポイントさえ定まっていないのに・・・ (;゜○゜)アァー!! 列車が来ちゃったよぉ~!!

見守りのサクラ
[2014/4/6 見守りサクラ]  <↑ Clickで拡大>

エイ、ヤッ!と撮るしかなくて、観桜客の隙間を抜いて撮りました。 こちらを向いている写真は掲載できないからなぁ~(´。・ω・。`) 1時間に一本とかしか走らない列車ですから、ちゃんと下準備を整えて一撃必撮で向き合わなきゃダメですね(^◇^;)

陽春の古桜
[2014/4/6 陽春の古桜]  <↑ Clickで拡大>

それにしてもこの名桜! 何と素晴らしい事でしょうO(≧▽≦)O 幹が素晴らしい! 樹勢も旺盛ですし、周辺の環境整備もお見事です。 丁度、この桜の保存会の会長さんからお声がけを頂き、色々とお話を伺うことが出来ました。

戸津辺のサクラ
[2014/4/6 戸津辺のサクラ]  <↑ Clickで拡大>

樹齢500年以上と言うのは間違いないらしいです。 エドヒガンの大樹は樹高17.5mにも達します。 本当に見事な大樹ですね! 今年は特に花の発色が良いとの事でしたが、それはもう見惚れてしまうほどの美しさでした。

典雅の古桜
[2014/4/6 典雅の古桜]  <↑ Clickで拡大>

星撮り用に落手していたソフトフィルターを試してみました。 使い所は良く考えておかないと、良いところを引き出せませんね( ̄▽ ̄i)ゝ 日中に使ったのは初めてでしたが、これはピンポイントで楽しめそうです。

戸津辺の女王
[2014/4/6 戸津辺の女王]  <↑ Clickで拡大>

素晴らしいですねぇ~♪(〃∇〃) こんな大樹が500年以上の時を刻み続け、しかも一向に衰える気配さえ無いとは。 保存環境整備の努力有っての事と思います。

いにしえに集う
[2014/4/6 いにしえに集う]  <↑ Clickで拡大>

列車と名桜を共に一枚の写真に納めるお約束のお立ち台より。 残念ながら列車の通りかかるのを待ち続けることが出来ずにその場を去りました。 でも後着のご夫婦カメラマン様がとても気さくな方で、とても楽しいお話を聞かせて下さり、夕刻の冷たい風に吹かれながらも、心はとても暖かくなりました(o^-^o) ありがとうございました。 また是非ともお目に掛かりたいと存知ます。




戸津辺のサクラ
福島県東白川郡矢祭町大字中石井字戸津辺88


より大きな地図で 戸津辺のサクラ を表示
 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

無芸の仕事場からは近いところにある「支那そば でんでん」さんです(o^-^o) いつもレベルの高いラーメンを楽しませてくれるお店で、お昼時には駐車場に車がデポ出来ない事が、半ば常識化しています。

支那そば でんでん

そんな訳で、夜の部狙いで暖簾を潜りました♪ お店の前は夕刻の渋滞タイム。 近く住まいのボクは、スクーターでヒョイッと立ち回れるので無問題です。

「支那そば (650円)」

でんでん 支那そば

最近は「ヘルシー豆乳みそラーメン」ばかりを頂いていましたので、原点回帰の漆黒系醤油ラーメンを頂きました。

でんでん 支那そば

珍しくと言うか、マスターから初めて言われた一言。

「しょっぱかったら言って下さいね」

あれっ?(^◇^;) そのセリフは、漆黒系ラーメンの某店さまで毎回聞かされるフレーズだったはず? なんでかなぁ~?と思いながらも、箸を伸ばしてみたら「あっ?」ちょっと一塩強くなっていますね!

って事は、マスターは最初から承知の上で味目を濃くしているって事ですね。 これがまた、結構ツボだったりしましたよv( ̄∇ ̄)ニヤッ

でんでん 支那そば

しっかりと油膜の張った清湯スープは多分鶏ガラと野菜が中心だと思います。 そこに濃口醤油ベースの醤油ダレが合わせられているのですが、この日は味目の濃さもあってグイッと押し味に富んでいて、豊かな醤油の風味が口中に溢れんばかりでした♪

まるで駅前時代の極味のある味わいを再び取り戻したかの如くでしたねぇ~(>▽<)b 確かにちょっとしょっぱいのですが、程良い甘味のトーンもありますので、塩辛さでお手上げになるといった事は無いと思います。 バランスの一線を敢えて踏み越えて、明確な味の主張をして来たのでしょうか? だとしたら、個人的には大いに支持したいですね(*^▽^*)

でんでん 支那そば

麺にスープの味が染みこんでくると、益々美味しさに拍車が掛かり、納得満足の素晴らしい一杯を楽しませて貰いました。




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;【平日】11:00~14:00 【土日祝】11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月・火
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分



 

横浜ラーメン とんこつ家 郡山開成店 ~福島県郡山市開成~

昨年秋以来お久しぶりの「とんこつ家」さんですo(*^^*)o 実は一月ほど前にも訪問して、イザ券売機のボタンをポチる寸での処で、お仕事CALLが入って涙の撤退という記憶も新しいところでした(^◇^;)

とんこつ家 郡山開成店

消費税率アップの煽りを受けて、若干価格の見直しを余儀なくされたメニューもあるようですが、10円~30円程度の上げ幅で踏み止まられたようです。 頑張っていますね♪

券売機の前でちょっと考えていたら、「平日限定のお得なランチ」ってのに引き寄せられまして、こちらをポチってみましたよ(〃∇〃)

「ランチDセット (880円)」 ※ラーメン、唐揚げ3個、ライス

とんこつ家 しょうゆとんこつ

ラーメンは「とんこつ醤油味(680円相当)」がデフォのようです。 例によってオーダーを聞いてくれる時に、味調整の好みを聞き届けてくれます。 味の濃淡・油の量・麺の茹で加減の三つですね。 ボクは常連客でもないので、お店のお薦めを頂くとします。

とんこつ家 しょうゆとんこつ

圧力鍋で炊き出されたスープは、豚骨の髄まで引き出されていて、なかなか濃厚な旨味が前に出てきますが、臭みを感じる事は無いと思います。 程良くクリーミーなのですが、キリッと効かされた醤油ダレの押し味の方が前に出てきますね。

とんこつ家 しょうゆとんこつ

家系の象徴たる、ちょいと加水率低めな太麺は、標準的な茹で加減でもワシワシとした歯応えを伝えて来ます。 シャープな醤油味にはこれくらいバリッとした存在感のある麺だからこその相性ですね(o^-^o)

途中からはお店のお薦めに従い、卓上配置の豆板醤、おろしニンニク、コショウを加えてみます。 くはぁ~(^◇^;) 更にパワーアップしちゃったぁ~!

で、ここでバランス取りに力を発揮してくれるのが白飯!(>▽<)b

とんこつ家 海苔ロールライス

スープをタップリと吸わせた海苔で巻き巻きしちゃったら、もう堪らない美味しさですよ( *´艸`)

とんこつ家 ランチDセット

しかもこのセットメニューでは、鶏唐揚げが3個付きな訳でして・・・(>▽<;;

とんこつ家 ランチDセット

マヨもデフォで付いて来ます♪ 勿論揚げ立てで外はパリッと、中身はジューシーですよ。 ちょっと食べ過ぎましたけど、当然完食ですヾ(^▽^*




横浜ラーメン とんこつ家 郡山開成店
福島県郡山市開成4丁目27-10
電話;024-934-4604
営業時間;11:00~23:30
定休日;無休
駐車場;15台程度


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

桜前線はいよいよ福島県にもやって来ました( *´艸`) 三日前でしたか勿来の基準木での開花が発表されていますね。 矢祭町の名桜「戸津辺の桜」も既に三分咲きになっているらしいです。 まだ未訪問の名桜ですので、スケジュールが許すなら是非とも日曜日にでも行ってみたいなぁ~♪o(*^^*)o(←何気に呼び水を撒いておくww)

逢瀬川のオオイヌノフグリ

無芸の仕事場の近くを流れる逢瀬川の名所・堤桜は、蕾がほんのりと濃い紅色っぽい色が見え始めました。 北岸側の樹齢の若い早咲き桜は、もしかするとそろそろ開花するかも知れません。 目の前なのに写真を撮りにも行けませんので、フラストレーションを開放するために、ラ~撮り用のコンデジで駐車場前の堤防に咲いているオオイヌノフグリなんぞを撮ってみます。 うぅ~ん( ̄ω ̄;) こりゃあダメだ(_ _|||)

さて、こちらは日々進化の足を止めないお店「支那そば 墨家」さんです(o^-^o) この日の一杯は、まさに素晴らしい進化の手応えに心踊る思いでしたよO(≧▽≦)O

支那そば 墨家

消費税増税にも関わらず、まだ旧価で提供されていましたが、コスト的にもかなり掛かっていると思いますので、近々価格の見直しは行われると思います。 若店主が丁寧に麺をほぐしている様子なんぞを眺めながら、楽しみに完成を待ちます。

「支那そば 大盛 (650円+100円)」

墨家 支那そば 大盛

おっw( ̄▽ ̄;)w 大盛ってこんなに麺量が増えるんだっけか? 丼も一回り大きいかも知れませんね。 例によって載せモノはバラロールチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギの布陣。 油膜はそんなに厚くないようなのですが、バラ肉チャーシューの脂質から引き出される旨味感溢れる油膜も加わり、程良い滑らかさを演出します。

墨家 支那そば 大盛

この日のスープがまた秀逸! 丸鶏をはじめとした動物系の出汁の押し味に、厚削りなどの魚介系の出汁の華やかな旨味が良く調和しています。 ともすると魚介系の香りが強めに感じられていたのですが、この日はそれがやや控え目になっていて、それでいて旨味が足りない訳でもなく、素晴らしい落とし所にハマっていたんですね♪( *´艸`)

墨家 支那そば 大盛

自家製のストレート中細麺は、やや加水率を見直したのかしら?σ( ̄、 ̄=) 最初は弾けるような歯触りなのはいつも通り。 でもこの日は軽くスープを吸い込んだあたりから、信じ難い本領を発揮していました(゚ロ゚屮)屮

なんと歯触りに弾力が加わっていたんですね! しかも、時間が経過してもコシが抜けないの(⌒▽⌒;) 一体ナニがあったのでしょう? ビックリたまげましたわ。

この地で旗揚げして以来、ボクが頂いた中では間違いなく最高の一杯でした! この味わいが安定して供されてくれたら、ツボる方は更に増えるのでは無いかと思います(>▽<)b

「ミニなんこつかば焼き丼 (250円)」 ※ラーメンとセットなら100円引き

墨家 ミニなんこつかば焼き丼

こちらはもはや墨家さんの名物サイドメニューですね♪ 麺を大盛にしていたのに、思わず所望してしまう魔性のごはんww ふっくらと炊かれた豚ナンコツを、甘じょっぱく、そしてほんのりとほろ苦さと共に炙り焼きにされています。 漆黒スープと共に頂きますと、禁断の美味しさが・・・( ̄▽ ̄i)ゝ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


より大きな地図で 支那そば 墨家 を表示
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

久しぶりに「福味」さんの暖簾を潜りました(>▽<)b 週末で無くても、いつも予約で賑わってますので、例によって夜の部のスタートダッシュで訪問して参りました。

福味

今回は最初から決め撃ちで、“福味ブランド”を不動のものとしている看板メニューを頂きましたo(*^^*)o

「鳥からあげ定食 (4個・ライス中) (700円)」

福味 鳥のからあげ定食(4個・ライス中)

うぐっヾ(;゚;Д;゚;)ノ


中間サイズ「4個・ライス中」で様子見のつもりだったのに、初っぱなから完全に飲まれましたわ(lll゚Д゚)

福味 鳥のからあげ定食(4個・ライス中)

まるで冗談のように積み重ねられている鶏唐揚げは、一個あたりの大きさも堂々たるもの。 女子の掌サイズに匹敵しそうなほどですよ。

福味 鳥のからあげ定食(4個・ライス中)

更には鶏唐揚げの下敷きになっていたポテサラとか、バランスを考えた千切りキャベツなど、ボリュームを押し上げるに充分以上の迫力です(^◇^;)

勿論オーダーを受けてからの一点仕上げな訳でして、カリッとクリスピーな衣と、ジューシーなほどに肉汁溢れる鶏肉、程良い下味も付いており、鶏唐揚げLOVERには文句無しにお楽しみ頂けるハズです。 それにしてもあまりの大きさに、箸で持ち上げた時の重量感がスゴイですよヾ(^▽^*

妙なチャレンジ心を起こして5個付けを頼まなくて良かったです(lll´д`) と言いつつ、お恥ずかしながら3個でギブして、一個お持ち帰りしてしまったので家族が喜びましたww




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:15~13:30 【夜の部】17:30~23:00 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

毎度お馴染みの、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんです(*^▽^*) この日は米が食べたくて、夜営業向けのご飯が炊きあがりそうな時間を狙っての訪問です♪

あいやぁ~ノ( ̄0 ̄;)\ 目論見は正解だったのですが、只今蒸らし中と言う事で、10分ほど待ってくださいなって事で、ご店主様とちびっと四方山話をしていたら、アッと言う間の10分間でした(>▽<)b

「チャーハン (600円)」 ※2014年4月1日以前の税込店頭価格です

みたか食堂 チャーハン

スケール感は伝わりにくいと思いますが、例によってモリモリなチャーハンは、世間一般の1.5倍くらいはありますよ♪(//∇//) ここに“大盛CALL”なんかしちゃったら、パーティーサイズになっちゃうかも知れません。

みたか食堂 わかめスープ

共添えのわかめタップリスープは、ベーススープの美味しさも充実していて、極めて完成度の高いもの。

みたか食堂 チャーハン

細切れチャーシュー、ナルト、卵、ネギを炒め合わせた具材。 シンプルだけども過不足のない組合せに、ほんのりとラードの香りが香ばしい。

みたか食堂 チャーハン

いつにも増してパラッとした食感と思ったら、炊き掛けご飯の蒸らし時間がやや短めだったのもアリのようです。 しかしこれがまたHIT!O(≧▽≦)O パラッと食感をお好みなら、もう堪らないってくらいの仕立て上がりでした。

ちょっと味付けは控え目ながら、盛りの良さも手伝って、食べ進む内に塩梅の良さを思い知らされます(o^-^o) いつも期待を裏切らない味わいは流石です。

4月1日より消費税の改訂を受けて、提供価格も改訂されていると思います。 本日の記事は3月訪問時の事とご了承下さい。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

そばの神田 ~福島県郡山市駅前~

三日ぶりの記事挙げです。 日々一本の記事挙げに自己挑戦し続けていたのですが、此度ばかりは断念致しました(>▽<;; 言うまでもなく事の発端は、8%に改訂された消費税。 無芸の仕事場でも、プライスカードの作り換えに追われ、永年こき使ってきたレジスターもかなりくたびれ果ててしまったので、最新機種に更新したりと、とにかく時間を取られる事ばかりの数日間でした。

ようやくメドが立って来たものの、もう暫くは種々のフィッティングを続ける事になりそうですが、プライスカードの入れ替えを機に、サボり気味だったお掃除もしちゃったりで、ある意味二毛作的な店内整備にもなったかも知れませんね( ̄▽ ̄i)ゝ

さて、そんなバタバタしていた折、短時間で美味しく胃も心も満たしてくれるのは、みんなの路麺店「そばの神田」さんです(o^-^o) サッと立ち寄って、直ぐに出来たての美味しいところが頂けて、しかもお手軽なお足ってのは嬉しいですね。

「おにぎりセット (530円)」 ※2014年4月1日以前の税込店頭価格です

そばの神田 おにぎりセット

うどん又はそばを好きに選択出来ます。 ワカメとたぬき(揚げ玉)が載せられて供されます。

そばの神田 おにぎりセット

更に自家炊飯のおにぎりが二個、付いて来ましてセットとされます。 デフォではおかか&梅干しですが、ボクみたいに梅干しから逃避したいヒトは“おかかダブルCALL”すれば応需してくれます(*^▽^*)

そばの神田 おにぎりセット

ボクにまだまだ若々しい胃力が満ちていた時には、個々に更に天ぷらを追加載せして頂いてたものですが、もうこれで充分に満足出来るお年頃となってしまいました。

そばの神田 おにぎりセット

麺は言わば下茹で済みではありますが、立ち蕎麦の原点ですから違和感無し。 何よりも鰹節の旨味が存分に引き出された自家製の出汁の美味しさは、同様の立ち蕎麦店の中でも群を抜く美味しさです!(>▽<)b

4月1日からは、増税にあたり若干の値上げが行われているかと思いますが、筋の通らぬ事には断じて首を縦に振らないご店主様です。 きっと誰もが納得するお足に納まっていることと思います。




そばの神田
郡山市駅前1-9-6
TEL;024-932-2039
営業時間;7:30~19:00 (※日曜日はお昼の時間帯に限り営業の模様・状況次第で早仕舞いあり)
定休日;正月・お盆