FC2ブログ

カフェ&レストラン ハンブルク ~福島県郡山市鶴見坦~

こちらも随分前から訪問機会を伺っていた、老舗の洋食屋さん「カフェ&レストラン ハンブルク」さんを訪問しましたo(*^^*)o 良く覚えていないのですが、多分30年くらい前からは営業されていたのではないかと思います。

カフェ&レストラン ハンブルク

店内はちょいと昭和テイストを色濃く残すもので、これがまた何とも言えず落ち着いてしまうのが昭和世代ってところでしょうか( ̄▽ ̄i)ゝ ボクにとっては全く違和感無く、心静かに過ごせます。 豊富なメニューは、古典的な軽食系の洋食喫茶の流れを汲んでいます。

「ハンバーグスパ (780円)」

ハンブルク ハンバーグスパ

このメニューを最初から頂くつもりで訪問したんです(>▽<)b 二つのメイン料理とミニサラダまでワンプレートに盛られた“夢の洋食盛り合わせ”です。

ハンブルク ハンバーグスパ

ハンバーグはオーダーを受けてから整形して焼きに掛かっていました。 このパティにはどうやら生姜が仕込まれているようでして、シーズニングスパイスとは異なった和テイストを楽しませてくれました。 デミグラスソースは、やや塩味のハッキリとした仕立てで、本格洋食屋さんのソレとは少し異なった方向性ですが、これがお店の味わいの特徴になっていると思います。

サラダセクションには缶詰パイナップルの小カットも添えられていて、これの甘味が味覚のリセットに極めて良く効いていました。

ハンブルク ハンバーグスパ

ハンバーグは100gくらいでしょうか? ボリューム的には極めて常識的です。 パティの鮮度にも自信があるのか、あまり火入れをし過ぎないようです。 お陰でナイフに手が伸びることもなく、フォーク一本で全てを食べ進める事が出来ました。

ハンブルク ハンバーグスパ

スパゲッティはちょっと細目の1.6mm程度のものが用いられているようです。 一瞥したらケチャップ祭りのように見えるかも知れませんが、実はそんなにケチャップ濃度は高くありません。 それよりもバター風味の豊かさはとても印象的でした。

ハンブルク ハンバーグスパ

フルーティーで甘い酸っぱい味付けでは無く、芯のある塩味とコショウのスパイシーさを下地として、ケチャップで味を纏めたって感じに思えます。 これはこれでアリですね(*^-^) これもまた古典的なナポリタンと言えそうです。 カレーライスも気になりますし、グラタンという選択肢もあります。 罪作りなメニューです(>▽<;;




カフェ&レストラン ハンブルク
福島県郡山市鶴見坦3-15-1
電話;024-924-0375
営業時間;9:00~21:30 (LO 21:00)
定休日;火曜日
駐車場;店舗東隣に4台分ほど


大きな地図で見る