FC2ブログ

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

先に聞きつけていた、上級スペック「黒支那」が、月明けを待たずにリリースされたとの情報を得て、早速暖簾を潜りました。

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

以前耳に入っていたプロフィールよりも、更に詰めが進んでいたようで、特徴的な節粉は「サバ節」を「アゴ節」に変えるレシピになっていました。 さて、どのようなお味で進化系黒支那を楽しませてくれるのか、興味津々ですね♪o(*^^*)o

「極上黒支那 (800円)」

Fu-Ro-Ya 極上黒支那

おやっ? 丼自体もデザイン変更されていて、ビジュアルからも“極上”って雰囲気を演出しているようです。 スープの表面が節粉で泡立つほどのインパクトですから、こういった演出も効果的に盛り立ててくれますね。

Fu-Ro-Ya 極上黒支那

実はこの節粉、前述の通り二種類の節粉がブレンドされているのですが、ザラッとした舌触りを少しでも軽くしようとの意図で、アタリ鉢で更に細かく挽いているそうです。 ところがまた不思議なことに、細かく挽いてみると、その旨味はさることながら、風味が軽くなるそうなんですね。 そんな訳で、“極上”らしく贅沢にも節粉は約二倍に増量されているのだそうです(゚ロ゚屮)屮

更には自家製のニボシ油で香味油として用いられていますので、丼の中はまさに“おさかな祭り”ってくらいに魚介系の旨味と風味に満ち溢れています。

Fu-Ro-Ya 極上黒支那

チャーシューもバラ肉から肩ロースへと変更されて、ナルトはカマボコにすげ替えられています。 海苔と半熟味玉もハーフカットが標準で添えられまして、隙のない載せモノ天国となっています。

実は漆黒系のスープが売り物ですので、本作では醤油ダレも専用スペックで誂えてあります。 濃口醤油を用いないで、全て上タマリ醤油を原料にしているそうです。 その恩恵で軽い酸味と豊かなたまり醤油の旨味が感じられます。

Fu-Ro-Ya 極上黒支那

麺は細麺指定をしますと、多加水系中細麺で供されます。 ピンと背筋が伸びたような明瞭な歯触りを伝えて来て、スープをタッフリと持ち上げてくれます。 麺量も一般的な普通盛りよりも多目の勘定ですので、食べ応えも充分ですね(o^-^o)

グイッと押し込んで来るような、雄弁な節系の旨味で口中が満たされます。 魚粉系の節テイストが大好きな方なら、間違いなく感涙モノですし、思い切り良く味わいを作り上げた店主の決意が感じられます(^_^)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る