麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

3月22日(土)・23日(日)に「ビッグパレットふくしま」で開催される「ふくしま再興祭り2014」 (URL) への出店が決まっている、県内の若手ラーメン店集団「ふくしまラーメン組っ!獅子奮迅隊」です。

今回は郡山でのイベントと言う事で、地元のメンバー「麺屋 信成」さんが前線基地となり、種々の段取りをリードされるようです(o^-^o) この日は主催の福島中央テレビ(FCT)さんの取材撮影が入っておりましたので、“激励”と言う名の“冷やかし”を兼ねて、取材予定時刻に引っかからないように訪問致しました(>▽<)b

「黒しょうゆらーめん (700円)」

信成 黒しょうゆらーめん

約一ヶ月ぶりの黒しょうゆらーめんは、やっぱり心の琴線を掻きむしられるような芳醇な香り立ちに始まります。 漆黒スープは濃厚な醤油の極味を感じさせながら、豚ゲンコツと鶏ガラ出汁の冴えた旨味が染み渡ります。

信成 黒しょうゆらーめん

しっかりと張られた油膜からは、芳醇な香りと包み込むような滑らかな舌触りが。 水菜のおひたしとザックリと切られたネギの清々しい風味が、後味をキレイに流してくれて、一抹の諄さも感じさせない見事な仕込みですヾ(^▽^*

信成 黒醤油らーめん

加水率低めのストレート中細麺は、シャキッとした茹で上がりで、ザクッとした歯触りを楽しませてくれます。 しかも徐々にスープが染みこんで来ますと、しなやかな舌触りと共に、麺自体も漆黒の色合いを帯びてきて、麺自体にスープの旨味が調和を深めてきます。

1ヶ月のインターバルで、この漆黒らーめんを心底欲していた事もあって、ついには自制が効かなくなりまして・・・

「替え玉 (150円)」

信成 替え玉

食感リセットで二度美味しい!v(≧∇≦)v あぁ、堪え性のないワタシ(>▽<;; お願いだからこの美味しさに、まだまだ包み込まれていたいww なんて心底楽しんでいたら、いつの間にか撮影クルーが準備を進めていて、カウンター席から逃げ失せる事が出来なくなっちゃった(〇o〇;)

「まぁ、折角ですから、海野さんのLive Talkを見ていけば♪」

なんてお誘い頂いてしまったもので、お言葉に甘えてギャラリーして来ました( ̄▽ ̄i)ゝ

信成ロケ

FCTのリポーターは武田 真紀さん。 店主・海野さんとは、全体の流れをサラリと聞いてもらっただけで、イキナリの本番!(〇o〇;)

信成ロケ

いや、驚いたの何のって(^◇^;) 海野さんって、あんなに流暢な受け答えをする人でしたっけ?σ( ̄、 ̄=) まるで数ヶ月前とは別人のようでした。 ボクも初耳な話があったりして、なかなか興味深くLiveを楽しみました♪

オン・エア日程は3月13日16時頃と言う事です。 勿論チャンネルはFCT(福島中央テレビ)で!(*^-^)

(※FCTさんから撮影と公開の許可を頂きましたので、取材撮影中の模様も挙げておきました)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

らーめん工房 みんなのうた 西ノ内店 ~福島県郡山市西ノ内~

イトーヨーカドー郡山店側の「らーめん工房 みんなのうた 西ノ内店」さんを初訪問です。 無芸の仕事場からはかなり近いお店の一つなのですが、今まで暖簾を潜った事がありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ 考えてみれば通し営業のありがたいお店なんですけど、お店直轄の駐車場が無いってのも、ついつい足が向かなかった理由の一つです。 でもこの日はスクーターだから大丈夫!(>▽<)b

らーめん工房 みんなのうた 西ノ内店

実は7年前に遡って、今は撤退してしまったけど、本宮エイトタウン内に出店していた本宮店さんには一度訪問した事があります。 お客を迎えるホスピタリティーとかは大変印象的な良さがありましたが、当時のメニューには「和歌山ラーメン」を独自の解釈で東北ウケするアレンジがされているものがありました。 たまたまそれを頂きましたところ、醤油ダレがアグレッシヴ過ぎてしょっぱいは風味は失うはで、なかなか難しいお味に思えました(>▽<;;

そういったトラウマを引きずった事も、再食の勇気を阻んでいたのかも知れません。 現在のメニュー構成を拝見すると、例のソレは見あたらなくなっていました。 既に「和歌山ラーメン」は全国区の認知度を得ていますから、真っ向一本勝負の方が喜ばれるようになったのかも知れません。 って訳で、勇気を持って再食致しますのはコチラo(*^^*)o

「和歌山中華そば (680円)」

みんなのうた 和歌山中華そば

濃厚豚骨スープに醤油ダレが合わせられています。 香り立ちには豚骨らしさは感じられますが、所謂“臭み”のようなものは気になることはありませんでした。 白濁したスープは軽く乳化しているのか、トロリとした粘度が伝わって来ます。 一口スープを頂いてみますと、

「わっ?!美味しい!(〇o〇;)」

びっくりタマげました! 以前の記憶とは全く別モノです。 その時点でもう過去のトラウマが瞬時に消えまして、一気呵成に箸が進むこととなります(^◇^;)

みんなのうた 和歌山中華そば

豚バラチャーシューは、ちょっと甘めの醤油味がしっかりと染み染みになっていて、箸で持ち上げようとしただけでホロホロと崩れてしまいます。 脂身のトロッとした舌触りと、染み入った味香のアクセントは見事です。

みんなのうた 和歌山中華そば

メンマは少し幅広タイプで、とても柔らかな炊きあがり。 これもまた程良く甘味の効かされた味付けで、濃厚な豚骨スープに良く馴染みます。 たっぷりと配された万能ネギは、辛味こそありませんけど、骨の髄液までグイッと引き出された濃厚スープに諄さを残さないキレの良さを演出しています。

みんなのうた 和歌山中華そば

麺は低加水タイプのストレート中細麺。 デフォでちょい硬めの茹で上がりを身上としているそうですが、ザクッとした歯触りに、トロットロに絡んで来る豚骨醤油味のスープは、絶妙!と言って良いでしょうO(≧▽≦)O 並盛りの麺量は170gと言う事ですが、これはどうやら茹で上がりでは無いかと思われます。 あまりにも心地佳く箸が進んでしまいますもので、(大盛CALLしておけば良かった(>▽<;;)と後悔するほどでした。

この醤油ダレはタマリ醤油とかも使っているのでしょうか、独特の旨味の凝縮したような甘味があります。 ツブツブの背脂も足された濃厚な豚骨スープと合わせますと、とても幸せな味わいになっちゃうのですが、後味の諄さや味サバケの悪さは全くありませんでした。 かなり気に入りました!( *´艸`) また行っちゃおう♪




=閉店しました= ※アーカイブとして残しておきます
らーめん工房 みんなのうた 西ノ内店
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-990-2858
営業時間;11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;無し


大きな地図で見る
 

【2014年冬景色】 小野川湖冬景

かれこれ1ヶ月以上写真撮影に出掛けていなかったので、一類の望みを持って北塩原へと出掛けてみました。 例によって旧友C君を連れ出すことに成功O(≧▽≦)O 一人だと曇り空を見ただけで、心が折れて出掛ける気力が失せちゃうんですよ( ̄▽ ̄i)ゝ

例によって小野川湖を見下ろす、通称・お立ち台に向かいます。 現着した頃には雪が降り始めていましたΣ( ̄ロ ̄lll) 先客様はお一方。 ほぼ同時に到着です。 

蒼の静寂(しじま)
[2014/02/23 蒼の静寂(しじま)] <↑ Clickで拡大>

低く垂れ込めた雪雲で、青空どころか背後の山なみも見通せません。 前回来た時は九割方氷結していた小野川湖の湖面は、すっかり溶けていまして、少しばかり写り込みが期待出来そうです。

かすかな朝陽
[2014/02/23 かすかな朝陽] <↑ Clickで拡大>

厚い雲に閉ざされた東の空からは、朝日のカケラも差し込みませんでしたが、北側の雲が少しばかり開けたところ、かすかな雲焼けが見られました。

冬湖畔
[2014/02/23 冬湖畔] <↑ Clickで拡大>

木々にはスノー・フレイクがまぶされたようになっていて、繊細な浅い色合いが目に映ります。

開いたドア
[2014/02/23 開いたドア] <↑ Clickで拡大>

ちょっと白んだようなソフトな色合いは、降り続けていた雪のフィルターです。

静寂と鳥の歌
[2014/02/23 静寂と鳥の歌] <↑ Clickで拡大>

雪が降り積もる音の他には、小鳥たちのさえずりと、クマゲラが木の幹を突く音しか聞こえてきません。 これぞ高原の冬といった風情です。

雪は降る
[2014/02/23 雪は降る] <↑ Clickで拡大>

時折勢いを強めていた雪は、益々その力を見せつけ始めましたヽ(´Д`;)ノ もう撮りようが無くなりましたので、お山を下りることにしました。

この日先月新しく調達したレンズをようやく使いました。 およそ一ヶ月以上、買ったはイイけど出番ナシでした(^◇^;) 「TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD」ですが、さすがに最新の光学設計って事もあってか、線が太くならず精細な解像感が実感出来ました( *´艸`) 桜の咲く頃には大活躍してくれるでしょう♪
 

手打ち中華そば 味楽 ~福島県石川郡平田村~

以前から訪問機会を伺っていた、国道49号線沿い平田村地内の「手打ち中華そば 味楽」さんに行って来ました(*^-^) 道路さえ混んでいなければ、無芸の仕事場からは片道45分ほどで行けるので、馴染んでしまえばそんなに遠い距離ではありません。

手打ち中華そば 味楽

以前はミニ・スーパーを営んでおられたそうですが、ラーメン専業店へと転身しています。 聞くところによると、いわき市にあった「活力屋」さんで修行を積まれたようですね。 ともあれ店内はかなり広く、通路もかなりゆったりととられていて、開放感のあるものですし、素晴らしい事に清潔感も見事です(*^▽^*)

麺場はちゃんと独立していますし、厨房では手が空いている時には小まめに清掃を行っている様子が見えました。 更にはホールサービスもやんわりと優しい感じで好印象です。 15時までは全席禁煙とされているようです。 いつかは終日禁煙になってくれたら良いですね。

「白河手打ち中華そば+ワンタン (680円+170円)」

味楽 白河手打ち中華そば+ワンタン

わっw( ̄▽ ̄;)w 黒ドンブリはちょっと珍しいですが、見事にマッチしています。 鶏出汁の豊かな香りが鼻腔を直撃しますよ。

味楽 白河手打ち中華そば+ワンタン

ワンタン・トッピングを選びましたが、皮の滑らかな舌触りと程良い存在感のある食べ心地は、選んで正解!って納得モノです。 メンマは柔らかな歯触りと歯切れの良さの穂先タイプ。

味楽 白河手打ち中華そば+ワンタン

またこのスモークチャーシューの美味しさは格別!O(≧▽≦)O バラ肉と外モモ肉がちょっと厚めにカットされています。 生醤油風味がしっかりと染みこんでいて、程良い弾力のある噛み応えですが、歯切れも悪くありません。 この外モモ肉のチャーシューってのは、あまり頂いた記憶がありません。

味楽 白河手打ち中華そば+ワンタン

自家製麺は縮れの付けられた多加水熟成麺。 しかも青竹伸しの手切り仕立てだと言います(〇o〇;) 意図的に麺線を変えることで、複雑な食感を与えているそうですが、驚くべきは全粒粉までブレンドされているところです。

お陰で弾力を伴った噛み心地で、固さでは無く歯応えの良さとして楽しめます。 また豚ゲンコツを配した鶏ガラ&丸鶏のスープは、自然派仕立てとは思えない豊かな旨味を楽しませてくれます。 醤油ダレのアタリは少しマイルドですが、良い意味でベーススープの美味しさをマスキングしない頃合いを見いだしているようにも思えました( *´艸`)




手打ち中華そば 味楽
福島県石川郡平田村上蓬田字下槍らい14
電話;0247-55-2157
営業時間;11:00~19:00 ※スープか麺が無くなり次第終了
定休日;月曜日・第2火曜日
駐車場;14台


大きな地図で見る
 

【御案内】 第10回写団ふくしま写真展「風景賛美」

手練れの写真家集団・写団ふくしまさんの写真展開催の御案内です。 昨年初めて写真展を拝見したら、あまりにも緻密な作品の数々に圧倒されまして、アマチュア写真家の中でもピンのレベルの高さに感嘆しきりでした。

そんな「写団ふくしま」さんに、Blog仲間であり写真仲間でもあるhorikoshiさんが参画されたのは、昨年の写真展の後でした。 彼ほどの手腕であれば、あの手練れ軍団の中でもきっと更なる輝きを増すことであろうと、今年の写真展をとても楽しみにしておりましたO(≧▽≦)O

今年も全倍サイズの大作が展示される事と思います。 見応えは保証付きですので、写真愛好家の方は勿論のこと、素晴らしい風景写真で心豊かな時を過ごされたい皆様には、是非ともご訪問をお勧め致します(o^-^o)

第10回写団ふくしま写真展「風景賛美」
           ↑ Clickで拡大 ↑

第10回 写団ふくしま写真展「風景賛美」 郡山展
会期;2014年2月27日(木)~3月2日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 (2月27日は13:00より 3月2日は16時まで)
会場;ミューカルがくと館(内環状線沿い開成山公園内)
   郡山市開成1-1-1 TEL;024-924-3715


大きな地図で見る




第10回 写団ふくしま写真展「風景賛美」 福島展
会期;2014年3月6日(木)~3月9日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 (3月6日は13:00より 3月9日は16時まで)
会場;福島テルサ 4階ギャラリー
   福島市上町4-25 TEL;024-521-1500


大きな地図で見る

 

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

ちょっとした谷間のような地勢と、なかなか日差しが入らない事から「パーラー&軽食 ひまわり」さんの前の道は、大雪の度に大変な轍が出来る名所ですΣ(゜▽゜;) マスターが渾身の力で何とか駐車場と店の入り口は除雪されたようですが、先の大雪はかなり堪えたらしいです(@・艸・;)

パーラー&軽食 ひまわり

その雪の影響か、いつも大繁盛の「ひまわり」さんも、先週はいつもの半分ほどの客入りが続いていたそうです。 もっとも、いつもの調子で忙しかったなら、マスターの方が参ってしまっていたかも知れません( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、お陰で先客無しの幸運を得まして、この日の調理時間は約30分ほどでした。

「スパバーグ 250g (880円)」

ひまわり スパバーグ250g

本来はここにご飯が付くのですが、食後の幸せを考えて“ライス抜きCALL”に留めておきました。 何気に残念そうなマスターの顔色が気になりますが、変な虚勢を張っても仕方ないですからね。

ひまわり スパバーグ250g

すてきなふっくら具合のハンバーグは、勿論作り置き無しの自家製です(*^▽^*) いつもながら見事な仕上がり具合に惚れ惚れしちゃいます♪

ひまわり スパバーグ250g セット・サラダ

共添えされるミニ・サラダは、千切りキャベツがギュギュッと仕込んでありまして、小鉢型の器ながらも侮れないボリュウムです。 ドレッシングもこれまた自家製! 業務用市販品では絶対に得られない、清々しい味わいに気付くはずです。

ひまわり スパバーグ250g

ハンバーグから迸る肉汁は、脂身仕込みのフェイクではなく、赤身の部位からジワジワと出てきた本当の肉汁です。 白飯を美味しく食べるためか、ちょいと和風っぽいハンバーグソースですが、未だにその成り立ちはボクには良く分かりません( ̄ω ̄;)

ひまわり スパバーグ250g

極太でモチモチッとした食感のスパゲッティは、お約束通りに“奇跡のナイデンテ”v(≧∇≦)v 良く炒められてケチャップの水分も飛ばされていますので、バターの濃厚な風味も良く引き出されています。

味付けが濃すぎないのは白眉でして、物足りなさも感じさせないままに、最後まで美味しく頂けてしまうのは、見事な見切りとしか言いようがありません(^◇^;) こればかりは、いつまで経っても自宅調理で足元にも及ばない、プロの味加減と言うべきでしょう。

ひまわり プリン

マスターのお手製カスタード・プリンは、今時のソレとは異なり、ミルクと卵黄の美味しさがたっぷりと楽しめる濃厚なもの。 ほろ苦いカラメル・ソースも他ではなかなかお目に掛かれない、昭和テイストを今に伝える素晴らしいものです(>▽<)b




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る
 

喜多方冬まつり「全国ラーメンフェスタ2014」

昨日は久しぶりに北塩原へ写真撮影に出掛けました(*^▽^*) 基本的に日曜日しか写真撮影に出掛けられない、典型的なサンデー・カメラマン無芸にとって、今年の冬は年明けから毎週末荒天が続いており、今年も2月は撮影行は一度も無しになりかけました。

昨日は現地の天気予報が「くもり」と言う事で、“良い方にブレる”事を期待しながら、相棒・旧友C君と共にお出掛けしておりました。 釣果のほどは後ほど挙げたいと思いますが、結果を言えば“悪い方にブレた”日曜日の朝でした(>▽<;;

さて、写真撮影には見切りを付けて、遅い朝食を摂りに喜多方市へと向かいます。 前日から開催されていた『喜多方冬まつり 全国ラーメンフェスタ2014』が目当てですo(*^^*)o 先週は地元の手打ち蕎麦団体の競演が楽しめたのですが、未だ余波の残る大雪に見舞われた為、アタマからすっかりと飛んでおりましたΣ(゜▽゜;)

喜多方冬まつり 「全国ラーメンフェスタ2014」

昨年の同イベントも、大雪に見舞われてしまい、東池袋大勝軒が直々に出店していたのに参上出来なかったんですね。 今年も目玉となる有名店が出店していました♪ それらの中でも、是非とも頂いておきたかったのがこちら。

「らあめん元~HAJIME~」さんの出品作「鶏白湯らあめん」ですO(≧▽≦)O 会場価格は600円に統一されています。 実店舗での提供価格は700円ですから、イベント会場仕様とは言え、かなり頑張った価格ですね。

らあめん元~HAJIME~ 鶏白湯らあめん

店頭追加100円トッピングで、“鶏つみれ”“鶏増し”にして頂きました♪v(≧∇≦)v お陰でボリューム・アップでゴージャスさもアップです♪

らあめん元~HAJIME~ 鶏白湯らあめん

鶏肉は鶏チャーシューでは無く、塩麹漬けの下ごしらえでもされたかのような、焼き鶏っぽいもの。 ふっくらとした肉の柔らかさもあって、チャーシュー仕様でなくたって充分に楽しめるものです。

らあめん元~HAJIME~ 鶏白湯らあめん

鶏つみれはほんのり生姜が効かされていて、鶏白湯スープと合わない訳がありません(*^-^) 鶏の首ガラとモミジを炊いて引き出されたと言われる白湯スープは、サラリとした軽快な舌触りながら、鶏由来の滋味を感じさせるような旨味があります。 強すぎない程度にこちらにも生姜の風味が仕込まれていて、仕立て直前に混ぜられるチー油のダイナミックな味香をさり気なく引き締めています。

らあめん元~HAJIME~ 鶏白湯らあめん

名門・三河製麺所製の麺は、全粒粉ブレンドの薄手で幅広タイプな太麺です。 ヒラヒラとしたこの麺は、かなり薄く伸ばされていて、全粒粉で思い付くような強靱な歯応えでは無く、チュルンと舌の上を滑っていくような滑らかな舌触りです。

ここにコラーゲン分のしっかりと整った鶏白湯スープが載っかって来ます。 スープも軽快なら麺も軽やか。 サラリと心地佳く喉に墜ちるような鶏白湯ラーメンと言う、なかなか得難い個性に仕立てられていました。 実店舗では柚子七味が卓上配置されているそうですが、今回は残念ながら供されていませんでした。 ややフラットな味わいでもありますので、その一手を加えただけで、かなり印象が変わっていたのではないかと思われます。

「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー(TRY)2012-2013」(URL)で「新人賞塩部門」「新人賞鶏白湯部門」「新人賞総合」三部門で1位を獲ったという新進気鋭店です。 この一杯でお江戸で流行っている最新のテイストがイメージ出来る素晴らしいチャンスでした(o^-^o)

また、このイベントはラーメンフェスタだけでは無く、地元の工芸品や様々な産品の展示販売ブースが設けられていましたが、こちらの楽しさはちょっと驚きでしたw( ̄▽ ̄;)w 決して垢抜けたものでは無いのですが、地元の出店社様方の“人間力”がストレートに伝わって参りました!(>▽<)b オーガナイズにたずさわられた方々のホスピタリティーも素晴らしく、お持て成しを頂いた感をたっぷりと受け止めて参りました。

永らくBlogでご縁を結んでいる「写真でも撮ってみようか!」(URL)のAuthor・きゅうじさんとも初めてお会いする事が出来、ほんの立ち話程度ではありましたが、とても嬉しゅうございました(≧∇≦)♪ 今度は撮影フィールドでご一緒しましょう!
 

【御案内】 第57回日本大学工学部写真部写真展「色彩」

地元・日本大学工学部の写真部さんから写真展開催の案内がございましたのでご紹介致します。

日本大学工学部写真部 写真展「色彩」
           ↑ Clickで拡大 ↑

第57回日本大学工学部写真部写真展「色彩」
会期;2014年2月26日(水)~3月2日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~19:00 (3月2日は16時まで。)
会場;ビッグアイ6F 市民交流ふれあいプラザ展示室
   郡山市駅前2-11-1 TEL;024-922-5544


大きな地図で見る

 

麺屋 豪快 ~福島県郡山市安積町日出山~

ちょっとお久しぶりの、東部幹線沿い安積町日出山地内にある「麺屋 豪快」さんです。 ナチュラルな旨味の中にも、腰の据わった極味を感じさせるスープを思い出したら、もう我慢できなくなって訪問致しました( ̄▽ ̄i)ゝ

麺屋 豪快

きっとメニューをフルコンプする事は出来ないだろうなぁ~ってくらい、豊富なメニューの中には定食類まで用意されています。 出来る事なら全制覇を目指したいのですが、心の琴線に響いてしまうメニューにリピートしちゃうからなぁ~(;´^д^`)ゞ これって、訪問客にとっては幸せな事だと思います。

「醤油ラーメン+ミニカツ丼 (500円+300円)」

豪快 醤油ラーメン+ミニカツ丼

エッヘッヘ(o≧▽゚)o 結局はテッパンのセットにしちゃいました♪ まず間違いなく幸せな食事を約束されますからね。

豪快 醤油ラーメン

アンバーカラーのスープからは、豚ゲンコツの清湯スープにふんわりと優しい醤油の香りが立っています。 昆布やカツブシの旨味を封じ込めた醤油ダレは、醤油テイストが効いているのに角の立たない柔らかな口当たりです。

豪快 醤油ラーメン

素っ気ないように見える豚バラチャーシューは、ジワッと醤油味が染み入っていて、噛むほどに口中に旨味が伝わって来ます。

豪快 醤油ラーメン

自家製の熟成多加水縮れ中太麺は、至極滑らかな舌触りながらも、舌の上を転がるようなイタズラっぽい食感。 噛めば弾力を感じさせながら、優しく歯切れていきます。 この麺の食感が堪らなく好きなんですね♪(〃∇〃)

勿論スープの美味しさは前述の通り。 派手な押し味ではありませんが、澄んだ旨味が後から後から織り重なるように満たされてきて、後味には諄さなんて感じさせないままに自然に引いていきます。 さり気ないラーメンなのですが、緻密できめ細かな旨味が楽しめました。

豪快 ミニカツ丼

ミニサイズですが、その味わいはまさしく本場の会津ソースカツ丼!O(≧▽≦)O 豚ロース肉はそんなに厚みがある訳でもありませんが、柔らかな歯切れの良さや揚げ上がりの良さ、そして自家調整の甘めなソースの美味しさも手伝って、満足度の高いサイドメニューですヾ(^▽^*




麺屋 豪快
福島県郡山市安積町日出山2-77-1
TEL;024-943-3323
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~22:00(LO=21:30)
定休日;木曜日
駐車場;店舗前に10台分


大きな地図で見る
 

竹打ち麺工房 たかまる ~福島県郡山市並木~

約三年ぶり二回目の訪問の「竹打ち麺工房 たかまる」さんです。 自家製麺で通し営業という、ラ~好きにはありがたいお店ですね(〃∇〃)

竹打ち麺工房たかまる

暖簾を潜ったら先客様が知り合いご夫妻でビックこいた(^◇^;) 奥方様によると、ご主人様の実家では「たかまる」さんの初代の頃からのご贔屓筋だったそうです。 ここに場所を変えて代替わりしても、未だにご贔屓になっておられるそうな。 確かに既に40年を超える伝統暖簾の老舗ですので、そういったご贔屓筋も沢山おられるみたいですね(*^-^)

今回所望しますのは、「たかまる」さんのショップ・アイデンティティーにもなっている、個性派の看板メニューですよ♪(*^^*)o これは私的にも課題メニューだったんです。

「ふくしゅう麺 大盛 (787円+105円)」

たかまる ふくしゅう麺大盛

以前は漢字で「福州麺」と記載されてい気がします。 その福州とは?ってのを調べてみると、やはり大陸の地名に由来しているみたいです。 でも果たして同名の麺料理を見つけ出すことは出来ませんでしたので、創業者様の創作料理なのでしょうか?

たかまる ふくしゅう麺大盛

見ての通り野菜を主軸にした餡掛け麺です。 玉ネギから引き出された甘味が優しく行き渡っていて、キャベツはシャキシャキ感も残されています。 ちょっと驚きだったのは、フライドポテトのように細長く切り揃えられたジャガイモが入っていた事w( ̄▽ ̄;)w 勿論これは油で揚げられてたりはしません。 ホクッとした食感が加わる事で、単なる醤油味仕立ての野菜餡とは異なる主張が受け取れます。

たかまる ふくしゅう麺大盛

製麺プロセスのどこで竹打ち作業が加えられるのかは分かりませんが、ちょっと細身で縮れの加えられた多加水麺は、ツルッと滑らかな舌触りと、噛めば程良い弾力を感じさせながら歯切れていく、何とも品の良い食べ心地です(〃∇〃)

しなやかな舌触りの良さは、確かな製麺技術に裏打ちされたものに思えますし、茹で加減もしっかりと芯まで火の入ったもので、柔らか目?と思われる方もいるでしょうけど、しっかりとグルテンが活性して、モチッとした歯触りを楽しめるあたりに注目して頂きたいですね(o^-^o) この麺の美味しさは、ちょっと格別かなぁ~♪

丸鶏や鶏ガラをメインに、豚ゲンコツで味を支えたと思われるスープは、派手な旨味や華やかな香りを振りまくことはありません。 ちょっと大人し目に思えますが、押し過ぎなくてナチュラルな旨味がジワジワと楽しめます。 特に「ふくしゅう麺」の場合は、餡からの旨味も加わりますので、押しのある味がお好みの向きには、こちらが合うかも知れません(*^▽^*)




竹打ち麺工房 たかまる
福島県郡山市並木1-7-2
電話;024-924-5604
営業時間;11:00~20:30
定休日;水曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

大雪の余韻がまだそここに残っていた頃、お馴染みみんなの大衆食堂「みたか食堂」さんに行きました(*^-^) お店の向かい側にある駐車場は、さぞかし悲惨な状況だろうと覚悟していたのですが、全く信じ難い事に、見事なまでにキッカリと除雪されて、路面はほとんど乾いているほどでした(゚ロ゚屮)屮

この“仕事”は一体誰が?( ̄ω ̄;) と思ったら、ナント女将さんが一人で片付けちゃったらしいです(〇o〇;) 几帳面な性格が如実に現れていたのは勿論ですが、月極として貸しているスペースを含めると、10台分ほどの広さです。 女将さん、タフ過ぎますよ(@・艸・;)

みたか食堂

暖簾を潜れば、がんばり屋さんのオーラが輝く女将さんが仰ります。

「あぁ~、今日はご飯売り切れよぉ~ヽ(´Д`;)ノ」

別に構いません(o^-^o) 麺類があるじゃないですか♪

「ラーメン (500円)」

みたか食堂 ラーメン

丼は大きいですが、分量はいつもと同じ普通盛りの量ですヾ(^▽^* いつも丼の縁で表面張力の徳俵でスープが止まっている容姿とは異なりますが、視覚的なバランスは本来はコレくらいが一般的ですよね? でも、やっぱり普通盛りでもモリモリに見えます(^◇^;) これぞ“みたかWorld”でしょう。

みたか食堂 ラーメン

甘めの味付けが施された柔らかメンマは、正調な食堂醤油ラーメンの味わいに、味幅を楽しませてくれる立役者です。 豚ゲンコツやニボシ、厚削りなどから引き出された旨味に、円やかな醤油ダレが優しい味わいを効かせて、ほんのりとした甘さが旨味と共に口中を満たしてくれます。

みたか食堂 ラーメン

中太ストレート麺は、弾力のある噛み応えが残されていて、それでいてツルッとした舌触りの良さも併せ持ちます。 スマートな醤油味スープと共に、喉の通りも良く楽しめますが、結構な麺量ですのでお腹も充分に満たされますO(≧▽≦)O




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

先週末の大雪で営業を見合わせていた「麺屋 信成」さんが、昨日から営業を再開しました。 本来は土日限定で供される「福島鶏白湯 信成Ver.」にありつきました♪(〃∇〃) 休業を余儀なくされていたお陰で、スープがストックされていたんですね。 ボクにとっては幸運でした( ̄▽ ̄i)ゝ

麺屋 信成

さて、「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の独自作として開発されたこのラーメンですが、メンバー店で味わえる事となっています。 それぞれのお店毎に、更なるファイニングが施され、独自のスタイルへと個性化されているのも注目のポイントです(o^-^o)

「福島鶏白湯 信成Ver. (800円)」

麺屋 信成 福島鶏白湯 信成Ver.

信成Ver.は載せモノにも様々な工夫が凝らされていました。 お馴染みになっている水菜は、香味が強すぎて鶏白湯の良さをマスキングしてしまうであろうと言う事で、サラダ菜をメインとして、キャッチーな色合いの紫キュベツのカイワレ、細切り人参、香ばしさと甘味のフライドオニオンが載せられています。

麺屋 信成 福島鶏白湯 信成Ver.

更には柔らかジューシーな低温調理で誂えた塩麹仕立ての鶏モモ肉と、しっかりとした厚みのある豚ロースチャーシューが傲られています。 アッと言う間にスープの表面にはコラーゲンの膜が生成されますが、鶏の旨味がギュギュッと凝縮していながらも、後味には諄さを残さない味サバケの良さもあります。

麺屋 信成 福島鶏白湯 信成Ver.

多加水系中細ストレート麺は、この濃醇な旨味をたたえたスープを、ジャブジャブと口の中へと持ち上げてくれまして、美味しさ満点の幸せなひとときを楽しませてくれました。

麺屋 信成 福島鶏白湯 信成Ver.

あまりの鶏出汁天国に突き動かされまして、ガマン出来ずに追加オーダーしてしまった(>▽<;;

「鳥そぼろごはん (250円)」

麺屋 信成 鳥そぼろごはん

鳥の多重攻撃に、心身共に鶏尽くしにドップリとハマらせて頂きました♪O(≧▽≦)O

前述の通り、土日限定1日10食の提供とされていますが、スープの仕込みは少し多目ですので、運が良ければ平日のピークタイム以外なら提供して貰えるかも知れませんヾ(^▽^* 召し上がってみたい方は、ダメ元で女将さんに願い出てみては如何でしょうか?




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成
 

らーめん味わい処 こころ ~福島県郡山市小原田~

約二ヶ月ぶりで再訪した「らーめん味わい処 こころ」さんです。 郡山市内の重要幹線道路・東部幹線のロードサイドにあり、ランチ時などは間違いなく大賑わいとなっているお店です。

らーめん味わい処 こころ

前回頂いたらーめんをもう一度確かめてみようと言う事で、迷うことなく再びコチラを所望致しますo(*^^*)o

「激辛麻辣担担麺+チャーシュー丼 (700円+250円)」

こころ 激辛麻辣担担麺

前回よりは幾分ラー油の存在感が全面に出ているように思えるビジュアルです。 丼から立つ香りは、白ゴマの芳醇な香りが主流で、そんなにデンジャラスな雰囲気は感じません。

こころ 激辛麻辣担担麺

甜麺醤などと共に味付けされた肉味噌は、期待通りの甘じょっぱさで、白飯にドカッ!と載せてそのまま頂いてしまいたくなるほど旨い♪ 白ゴマペーストが良い感じに効いたスープには、白髪ネギのシャリッとした瑞々しい辛味が良く活きます。

こころ 激辛麻辣担担麺

中太ストレート麺は、決して雄弁に存在感を語るタイプではありませんが、程良く重厚なスープに負ける事はありません。 肝心の“激辛麻辣”のタイトルですが、私的な感想としては、今回も人を驚かせるような攻撃的な辛さやスパイシーさは感じられませんでした。 それどころか、誰にでも食べ易い落とし所にハマっていると思います(^◇^;)

多様な食材から引いた出汁の旨味と、白ゴマの甘味やコク味が程良く引き出されたところに、味わいのディテールを整える程度に効かされた辛味って感じです。 とても優等生的な担々麺だと思いますので、安心して楽しんで頂けると思います(^^)

こころ チャーシュー丼

今回はサイドメニューから「チャーシュー丼」を頂いてみました。 すき焼き風仕立てになっているというのも面白いところでして、確かにどこかで食べた事があるような味わいが・・・(^◇^;) チャーシュー丼と言うよりも、豚バラの甘辛煮って感じです。 甘じょっぱいのには抵抗出来ない人には麻薬的ww




らーめん味わい処 こころ
福島県郡山市小原田2-22-12
TEL;024-973-6846
営業時間;11:00~21:00(LO 20:30)
定休日;水曜日
駐車場;10台程度


大きな地図で見る
 

コーヒーショップ ピエロ ~福島県郡山市山崎~

郡山市の内環状線沿い、山崎地内にある老舗の喫茶店「コーヒーショップ ピエロ」さんを訪問しました。 ボクが高校時代には既に街中にありました。 その後中心市街地からロードサイドにお店を移して現在に至りますが、取り調べたみたら昭和53年創業って事です。 ワッハッハ まんま無芸の高校時代だ(*^▽^*)

Coffee Shop ピエロ

こちらのお店では、ちょっとレトロチックな喫茶店メニューが今も人気を博しています。 サテンの定番と言えばカレーライス、ピラフ、スパゲッティにサンドイッチといった品々が思い浮かびますが、今回はコチラを所望してみましたo(*^^*)o

「ナポリタン 大盛 (840円+105円)」(スープ、サラダ付き)

ピエロ ナポリタン大盛

おっとw( ̄▽ ̄;)w ちょっと想定外の組膳仕立てでした。 正直言えば“昭和チック”な感じをイメージしていたのですが、今時のモダンなナポでしたよ♪

ピエロ セット・スープ

ただし、カフェ調では無く、あくまでもサテンでありつづける立ち位置は、コーンクリームスープやミニサラダの中からも察する事は出来ますね(*^-^)

ピエロ セット・サラダ

実は訪問前にサーベイしておいたので、迷わず“大盛CALL”を掛けたのですが、ボリューム的にはご覧の通り、女性でもソレとは気付かないで完食出来ちゃえそうです( *´艸`)

ピエロ ナポリタン大盛

メニューにも書き添えられていた通りに、ケチャップがたっぷりと使われており、ジューシーさを想起させるほどでした。

ピエロ ナポリタン大盛

具材は細切りハムと玉ネギ、ピーマン、そして個性がキラリと光る小松菜が配されていました。 これがシャリッとした歯触りを残す程度とされているので、しんなりとした食感に支配されがちなナポリタンに、面白い取り合わせとなっていました。

ピエロ ナポリタン大盛

スパゲッティは1.6mm程度のやや細目のタイプ。 惜しげもないケチャップの甘味と酸味、更には瑞々しいくらいのジューシーさをそのまま口に運んできます。 濃厚になり過ぎないようにバターなどの風味は抑えられており、軽快感を損なわないままに楽しめてしまいます♪

また、味付けも濃すぎないようにされているようで、タバスコや粉チーズを合わせると、また一興と言えるほどのお楽しみがありました(>▽<)b なるほど、これは人気メニューになる訳です。

ピエロのポチ君

何気に“猫店長”も棲み着いているようでして、その名はポチ君だそうです(*´∇`*) なかなか賢い子でした。




== 2017年3月に閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
コーヒーショップ ピエロ
福島県郡山市字山崎221
営業時間;9:00~21:00
定休日;不定休 ※融週水曜との説あり
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


大きな地図で見る
 

つけ麺 一翔(いっしょう) ~福島県郡山市安積町日出山~

昨年末以来の訪問となりましたが「つけ麺 一翔」さんへ三度目の訪問です(o^-^o)

つけ麺一翔

今回はかねてより課題として残されていた、お店の柱商品を頂きました。 “二郎インスパイア”系は手強そうですので、ついつい躊躇していたのですが、キッチリと腹ペコにして挑戦ですo(*^^*)o

「らーめん 普通盛 (850円)」

一翔 らーめん

ウギャ~~!!ヽ(@ω@;)ノ やっぱりこうなるのねぇ~!

ほとんど心の中では(しまったぁ~!)と残戒の念ですよ(>▽<;; こんな量で普通盛だなんて、何の冗談でしょ? これってどう頑張っても“天地返し”も出来ないですよねヾ(・_・;)チョット‥

一翔 らーめん

ニクニクもたっぷりと寄せ盛りにされていますが、これはちょいと考えながら頂く事にしましょう(^◇^;) まあ言うまでもなく、写真を観て頂いた通り、茹で野菜の量がとんでもありません。 これで野菜マシとかCALL出来る方って、どのような胃力をお持ちなのかと震撼するほどです。

一翔 らーめん

バラ肉チャーシューは、炙り入れされていて、少し香ばしさが感じられますし、適度に脂質も溶けています。 白濁したスープは、豚骨を長時間炊いたご店主様の自信作ヽ(*’-^*)。 しっかりとした旨味が引き出されながらも、臭みを気にさせず、後味は思いの外諄さがありません。

ここに醤油ダレが効かされているのですが、甘ったるい感じは無くて、適度な酸味と共にキュッとディテールの引き締まった感じ。 醤油由来の塩味は、ベーススープの旨味成分や生ニンニクの持ち味でマイルドにさえ感じさせます。

一翔 らーめん

ゴリッとするほど強靱な極太縮れ麺は、終始その存在感を伝えてきます。 良く噛んで頂くタイプの麺ですので、大量の茹で野菜共々、もの凄く食べ応えがありますΣ(゜▽゜;) これは小盛りか野菜1/3程度で充分に満腹になれそうです。 ちょっとインターバルを置いて、再戦してみようかと思案中o( ̄ー ̄;)ゞ おみそれいたしました!




つけ麺 一翔 (いっしょう)
福島県郡山市安積町日出山2-80
電話;024-942-5260
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:30~20:00
定休日;水曜日
駐車場;アミューズメントパーク郡山敷地内に多数


大きな地図で見る
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

二週連続の週末荒天で、雪かきで疲弊しているのは、きっと皆様も同じでしょうね(>▽<;; 金曜日から土曜日に掛けての雪は酷かったですね。 雪慣れしているハズの当地でさえも、主要な交通機関と主要幹線道路が寸断されて、営業を見合わせるお店が続出致しました。

雪に閉ざされた駐車場

無芸の仕事場も土曜日はほとんど開店休業状態を余儀なくされまして、終日降り続く雪との戦いとなりましたヽ(´Д`;)ノ 何時間雪かきをしていたか分からないですが、今回の雪は湿った重い雪でしたので、躰のダメージもきつかったですね。 お友達のご自宅では停電に見舞われていたところもありましたし、渋滞している国道で夜明かしを余儀なくされたドライバーさん達もかなりおられました。

交通マヒに陥った国道4号線

雪国とは言えその度を越えたら、やはり自然の脅威には敵わないってのはアタマでは分かっていますが、こうして交通マヒや行き場を失った雪の山を目の当たりにすると、かくも私達の生活インフラは脆弱である事を思い知らされます。 さて疲弊した背筋と肘の関節痛を癒しながら、今週もスタートの月曜日です。

中国飯店なるき

毎度お馴染みの地元の老舗中国料理店「中国飯店 なるき」さんです。 この日は久しぶりにスタンダードなコチラを所望してみましたo(*^^*)o

「醤油ラーメン (640円)」

なるき 醤油ラーメン

以前気になっていたスープのニゴリは、この日はだいぶ目立たなくなっていました。 完全にクリアと言う訳ではありませんが、程良くアンバー・カラーのスープが美味しそうに目に映ります(o^-^o)

なるき 醤油ラーメン

しっかりとした油膜からは、豚ゲンコツや多様な脂質からの極味が感じられます。 ちょっと生姜の風味が伝わって来ますが、シイタケ等の乾物や香味野菜なども一緒に炊かれたスープは、ジワジワぁ~っと美味しさが広がるタイプです。 柔らかく煮焚かれたメンマは、甘めで濃ゆい味わい♪ チャーシューもイイですが、個人的にはこのメンマのフアンだったりします( *´艸`)

なるき 醤油ラーメン

自家製のストレート中細麺は、ツルッとした滑らかな舌触りが白眉ですが、実は不思議な噛み応えがあります。 ハッキリとした芯を感じさせるようなものではないのですが、麺全体がパツッ!と張りがある感じ。 何とも不思議な食感の麺ですが、これもまた伝統暖簾の底力でしょうか(*^▽^*) 円やかな醤油テイストが口いっぱいに広がる、専業ラーメン店さんとはまた違った良さを堪能させてくれるラーメンです。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

ようやく「福味」さんの夜の部営業に伺えました(>▽<)b 今回はちょっとしたオフ会的な親睦会でしたので、店主・遠藤さんにお料理は丸投げぇ~♪(〃∇〃)

福味 刺身盛り合わせ

お刺身の盛り合わせは、タチウオ、マグロ中トロ、炙りマグロ赤味、キンメダイ、水ダコ。 のっけからこんなお造りをみせられちゃったものですから、生ビールもそこそこに、清酒に食指を伸ばしますo(*^^*)o

福味 キンメダイ

キンメダイは皮目が炙られていて、食べ手を愉しませる一手間が入っていました。

福味 自家製コロッケ

この自家製コロッケがまた美味しい!(>▽<)b 「福味」さんらしく、掌サイズに近いほど大振りなもの。 ちょっとクリーミーな食感のポテトが、熱々のまま楽しめました。

福味 鶏唐揚げ

名物料理とも言える鶏唐揚げは、初めて暖簾を潜ったメンバー各位を瞠目させるに充分なもの。 カリッとクリスピーな衣の中から、肉汁と共に柔らかな肉質の鶏肉が現れます(o^-^o) 勿論ウマウマ♪

福味 レバー入り野菜炒め

レバー入り野菜炒めは味付けの妙アリ! これまたウマウマで杯が進みまくりますO(≧▽≦)O 品数がそんなに多かった訳ではありませんが、すっかりお腹一杯になりました。 結局、ずっと清酒ばかりを飲んでましたが、どんだけ飲んだか覚えていません( ̄▽ ̄i)ゝ

美味しい料理と旨酒のお陰で、お初にお目に掛かった皆様とも、ご懇意頂く事が出来ました。 またボチボチやりましょう♪(*^▽^*)




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

台湾料理 紅四季 ~福島県郡山市鳴神~

無芸大食倅が帰省中ですもので、家族全員フルキャストとなっている無芸家です(o^-^o) やはり彼が居るだけで、食卓はぐっと賑やかになるものです。 外食に出る時も、ハライッパイの幸せを楽しませるのも親の務めと言う事で、開店以来久しぶりの再訪で「台湾料理 紅四季」さんへと連れ立ってみました。

相変わらず豊富なセットメニューに目移りしますが、オーダーの仕方を間違えると“無限食地獄”へ墜ちますので、理性ブレーキを掛けながらの品選びです(^◇^;)

「酢豚定食 (980円)」

紅四季 酢豚定食

充分モリモリですヽ( ̄▽ ̄i) 調理の手早さも見事なものでして、家族がそれぞれ別なメニューでオーダーしているにも関わらず、ものの10分も要さずにほぼ同じタイミングで提供されました。 共添えされる品々は、ある程度共通化されていて、スピーディーに対応出来るようになっているようですが、1K切りでこの組膳は納得ものだと思います。

紅四季 酢豚定食

冷菜の棒々鶏はソースがちょっとしょっぱい気もしますが、酒の肴として捉えればアリですし、度が過ぎるってほどでもありません。 かなり濃厚なソースになっています。

紅四季 酢豚定食

揚げ春巻きには大根サラダが添えられています。 こちらは揚げ立てでパリッとした皮と、ちょっと甘じょっぱいトロリ感のある餡が美味しゅうございます。

紅四季 酢豚定食

油通しのされた野菜は色鮮やか。 豚バラ肉に下味を付けて衣揚げにされていますので、ソースがしっかりと絡んでいてご飯のお供にバッチリです。 やや酸味が立っていますが、甘味、塩味などはちゃんと整っていて、諄さのないスッキリとした後味になっていました。

例によってお店のホール係の皆さんは大陸出身者のようですので、やや怪しげなコミュニケーションとなりますし、ファミレスのようなホスピタリティーや笑顔0円は期待することは出来ません( ̄▽ ̄i)ゝ そこら辺さえ鷹揚に受け止められる方なら、お店の良いところを存分に楽しめると思います。 『大陸食堂』ならではの“割切交際”で幸せになれます(*^▽^*)




== 閉店しました == ※アーカイブとして残しておきます。
台湾料理 紅四季 鳴神店
福島県郡山市鳴神2-84
営業時間;【昼の部】11:00~14:30【夜の部】17:00~24:00
定休日;無休
駐車場;共有スペースあり


大きな地図で見る
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

ちょっと遠ざかり気味だった麻辣テイストが恋しくなりまして、午後6時の開店時間まで昼食を摂るのを我慢して暖簾を潜った紅焔酒家 光華」さんですo(*^^*)o

紅焔酒家 光華

何にしようかなぁ~♪( *´艸`) 本当は「ここからここまで全部!」と言いたいところだけど、一択しなきゃならないのも辛いところです( ̄ω ̄;) 悩んだ挙げ句に正攻法でコチラを所望致しました。

「担々麺 (780円)」

光華 担々麺

見るからに白ゴマの濃厚さが伝わって来るようなスープです(>▽<)b 見かけはさほど辛そうにないですが、何気に花椒が効かされていて、油断して掛かると返り討ちに遭います(>▽<;;

光華 担々麺

白ゴマペーストや芝麻醤由来のクリーミーでナッティーな味わいを楽しみながらも、後味に諄さを残さぬようにと仕込まれている白髪ネギや瑞々しい茹でモヤシが、巧く効果を発揮してくれます。 甜麺醤などで甘じょっぱく味付けされた挽肉のアクセントも良いですね。

後は卓上配置の花椒や自家製辛子ペーストなどを利して、お好みの麻辣テイストに育てる楽しみを残してあります。 これらを使わなければ、この担々麺は食べ手に牙を剥く事無く、程良い辛さと風味豊かなスパイシーさだけを伝えてくる程度ですので、どなたにでも安心して楽しんで頂けるハズです。

光華 担々麺

多加水系ストレート中麺は、心地佳い歯触りと滑らかな舌触りで、このクリーミーなスープをタップリと口の中へと運び入れてくれます(o^-^o) 麺量もやや多目とされていますので、美味しいスープと共に充実した一杯をジックリと楽しむことが出来ましょう♪




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

お食事処 たんたん亭 ~福島県郡山市大槻町~

久しぶりの「お食事処 たんたん亭」さんです(o^-^o) コスモス通りという幹線道路沿いにあり、通し営業の上にボリューム満点と言う事で、平日は外回り仕事のお客様で賑わっています。

お食事処たんたん亭

こちらに伺うと、ついつい所望してしまうのはほぼ毎回同じなのですが、回帰するほどに記憶に残るって証拠でしょうね。

「五目焼きそば (790円)」

たんたん亭 五目焼きそば

ドンと出た! 大皿盛りの迫力は相変わらずですよ♪ 一瞬怯むほどのボリューム感ですが、麺量自体は常軌を逸したモノではありませんので、きっと大抵の男性なら完食出来るハズですヽ(*’-^*)。

たんたん亭 五目焼きそば

タップリ野菜にはちゃんと火が入っていて、キャベツも甘味が引き出されています。 ちょっと驚いたのは、味付けが以前よりも深化していた事。 多分、オイスターソースの役どころでは無いかと思いますが、旨味の押しが以前よりも明確になっていたと思いました。 そこに甘味と塩味、醤油テイストが濃ゆい味わいで整えられています。

たんたん亭 五目焼きそば

麺はラーメンにも用いられているであろう中華麺ですが、焼き上げの段取りが以前よりもより丁寧さが増しているように感じ取りました。 甘じょっぱい餡がヒタヒタに絡んで、こりゃあとっても美味しいですO(≧▽≦)O もしかするとアタリでしたかね?( *´艸`)

たんたん亭 たんたんラーメン

こちらはお店の看板メニュー「たんたんラーメン」です。 本格四川の担々麺では無く、辛味の効かされたゴマ味噌タンメンって感じです。 でもそれがまた気構えなく愉しめる味わいだったりして、さすがの看板メニューと納得させられます(*^▽^*)




お食事処 たんたん亭
福島県郡山市大槻町日向56-1
電話;024-952-7050
営業時間;11:00~21:00
定休日;毎週火曜日(祝祭は営業)
駐車場;お店の横に6台分


大きな地図で見る
 

麺家くさび 郡山本店 ~福島県郡山市駅前~

毎日のようにお店の前は通っているのに、拙筆のBlogに登場するのは初めてかも知れません。 郡山市アーケード角の「麺家くさび 郡山本店」さんです。 開店当初は何度か訪問していたのですが、Blogの記事として挙げていなかったんですね( ̄▽ ̄i)ゝ 例によって近すぎてつい足が向かなかったという私的な典型です。

麺家くさび 郡山本店

さて今回の訪問は、実に5年以上の事かと思います。 たまたまお仲間Bloggerの「写真でも撮ってみようか!」(URL)のAuthor・きゅうじさんが記事挙げなさっていた季節限定メニューが心に響きました(*^▽^*) 久しぶりに「どれどれ?どんなん?o(*^^*)o」って気持ちにさせられたんですね♪

「日の丸カレー麺 (850円)」※郡山本店単独 2013/12/1~2014/2/28の期間限定提供

麺家くさび 郡山本店 日の丸カレー麺

あはっ♪(〃∇〃) やっぱりくさびさんの定石通りモリモリの迫力あるボリュームですね。 「日の丸」って目玉焼きなのね。 確かにカレーにはアリの組合せですね。

麺家くさび 郡山本店 日の丸カレー麺

その卵焼きの下には、白髪ネギと豚バラ焼肉がモリモリっと載せられていますねw( ̄▽ ̄;)w この豚バラ焼肉が、なかなかのボリュームでして、この肉量だけで、丼飯一杯分くらいは頂けちゃいそうな程の大盤振る舞いです。

麺家くさび 郡山本店 日の丸カレー麺

もともと濃厚な豚骨スープがウリのお店ですので、背脂のツブツブも含めて、かなり濃厚な味わいを醸し出します。 カレーテイストは、かなりしっかりと引き出されており、スパイスのインパクトも充分に伝わって来ます。

合わせて中辛口(私的基準)程の辛味も効いておりますが、豚バラ焼肉のやや甘い味付けが程良くスープに流れ込んできますと、甘くて辛くてスパイシーな上に濃醇な味わいという、極めて抗し難い魔力ある味わいへと昇華されて来るではありませんか?!(〇o〇;)

そんでもって、黄身が半熟の目玉焼きが、辛味をマイルドにつつ、更に濃厚な味へと押し上げて来ます。 こりゃあ驚いた! 申し訳無いけど、過去に送り出されてきた“季節商品”とはアプローチが全く違いますな(^◇^;) ありあわせの通常食材の枠内で創作されたものとは異なり、お店の都合では無くお客様が喜んで下さる味わいをちゃんと追求して、コストも手間暇も惜しまない姿勢となったように思えました(o^-^o)

麺家くさび 郡山本店 日の丸カレー麺

麺は家系っぽい硬質な噛み応えのある太麺。 これは濃厚な旨味と濃ゆい味わいのカレースープに絶妙に合っていますね。 グッと噛み込むと、押し返してくるような弾力を感じさせながらブッツン!と歯切れます。 麺量も充分なところに、ドロッとするほどの濃厚なスープですので、“タップリ食べた充実感”は間違いなく得られます。

ラーメンのベーススープとして、重厚な旨味を持つところに、インパクトのあるカレーテイストが油分と甘味で見事に繋げられています。 ボクの胃力があと5歳若かったら、白飯追加で残りスープにドンボンしたかったなぁ~(>▽<;; 素晴らしい一杯を楽しませて頂きました。 次作にも期待しちゃいますo(*^^*)o




麺家くさび 郡山本店
福島県郡山市駅前2-1-12
電話;024-990-2662
営業時間;11:00~28:00 ※金・土・祝前日は29:00まで
定休日;無休


大きな地図で見る
 

【御案内】 第7回 フォト練図写真展 

今週開催される写真展の御案内です(o^-^o) このグループのリーダーを務められている厚海知子さんの作品に出会ったのは、確か三年ほど前だったかと思います。 三春町の枝垂れ桜でも有名な「福聚寺」で撮影された作品でしたが、大変印象的な色合いの妙と、隙のない構図の緻密さが印象的でした。

自分には撮る以前に着目さえ出来なかろうなぁ~と、ひたすら感嘆致しまして、会期中に再訪して見直したってほど、ボクにとっては記憶に残る一枚を焼き付けて下さった方です。 ご主人様もまた、良くその名を知られた写真家です(*^-^) ご夫婦で写真を趣味とされて、それぞれ別のコミュニティーを立ち上げておられるとは、何とも素晴らしき事です。

さて「フォト練図」さんの写真展ですが、昨年は三名のメンバー様方の作品が展示されておりました。 今年のメンバー様方の顔ぶれは、まだ分かりませんが、とても楽しみにしている次第です。

第7回 フォト練図写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

第7回 フォト練図写真展
会期;2014年2月13日(水)~2月16日(日)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり




大きな地図で見る


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

郡山大勝軒

毎度お馴染みの「郡山大勝軒」さんへの定期巡回です( *´艸`) 夕刻に訪問しても、まず客足が途絶えた事のない、地元でも屈指の繁盛店さんですね。

「つけ麺 並盛 (700円)」

郡山大勝軒 つけ麺並盛

珍しく「並盛」で頂きましたが、それでも茹で前麺量で200gあります。 感覚かマヒしてしまったのか、200gって麺量では怯む事はありませんが、以前は大盛=400gを平然と頂いていた自分が信じられないだけです( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺並盛

艶やかな麺は、自家製多加水系ストレート太麺。 相変わらず滑らかな舌触りと噛んだ時の弾力の豊かさは素晴らしいです。

郡山大勝軒 つけ麺並盛

この日の漬けダレも、やや動物系の旨味が軸になっていて、どっしりとした旨味感がグイッと味覚に訴えてくるかのようです。 魚介系の旨味や風味も勿論ちゃんと整っていますが、個人的な好みはやはり動物系の味わいが充実したタイプかな。

郡山大勝軒 つけ麺並盛

甘酢の利いた醤油味に、過ぎない程度の油膜が動物系の味香をより一層引き立てます。 例によってレンゲで2/3杯の酢とラー油を加えまして、よりメリハリのある味わいに仕立てるのが自分流の楽しみ方です(>▽<)b




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る
 

帳尻合わせの雪

土曜日から日曜日に掛けての雪は、今シーズンで最高の積雪となりました(>▽<;; 土曜日の昼頃から本格的な降り方となり、ピーク時には1時間おきに雪かきをしたくなるほどの降り方でした。

2014年2月9日の雪

一夜明けて日曜日の朝。 仕事場のシャッターを開けたらこんな景色ですノ( ̄0 ̄;)\ 目測で15cmくらいでしょうかね? 前日の雪は散々雪かきをして除けた上での積雪量ですから、およそ25cmくらいは降り積もったでしょうか?

2014年2月9日の雪

あまりの降雪量に、除雪車も出動したようでして、路面の雪はかなり払われておりましたが、路肩に押し固められた雪が残されています(〇o〇;) そのままにしておいて、凍結してしまったら大変ですので、この雪も片付けなけりゃなりません。

朝の8時過ぎから歩道と路肩の雪かきを始めて、ようやく納得出来るくらいに片づいたのは約3時間後(_ _|||) 掌には久しぶりにマメが出来て、雪の重みで肘の関節が痛かったり、背筋にも疲労の筋肉痛が・・・ヽ(´Д`;)ノ 幸いにして日中は日差しもあったりで、気温も5℃くらいまで上がり、かなり溶けてくれました。

その頃、首都圏では交通網がほぼマヒしていたんですねヾ(・_・;) 特に千葉県の鉄道や高速道路網の雪への脆弱性がモロに露呈していました。 それよりもほんの少し先んじて、無芸大食倅が春休みで帰省して来ました。 自分の生活圏がズタボロになっているのを見ながら、笑っていられたのは幸いな話です(^◇^;)

エール・エルのワッフルケーキ

帰省土産にこんな洒落たスィーツを買ってきました(゚ロ゚屮)屮 「ワッフル・ケーキの店 エール・エル」」ってところの看板商品「ワッフル・ケーキ」の詰め合わせです。 見た目にも美しく、なかなか美味しゅうございました♪

ご本尊は神戸にあるそうですが、東京駅の「グランスタ」にも出店しているそうです。 ってか、調べてみたら東北地方以外にはかなり出店しているし、大手のショッピングサイトにも出店しているんですね( ̄▽ ̄i)ゝ 知らないのは東北の人達だけですか・・・( ̄ω ̄;) 今度上京したら大人買いして来よう。
 

優勝軒伏竜 郡山店 ~福島県郡山市若葉町~

先立って訪問した折に、気になる新作ラーメンがリリースされていたので、どんなものかと再訪してみましたo(*^^*)o

優勝軒伏竜 郡山店

「優勝軒伏竜 郡山店」さんは、ランチ時や夕食時には、まず間違いなく大賑わいとなっております。 いつの間にか“学生優遇サービス”が行われるようになったり、時間帯によってはライスサービスなどもあるようですね。

この日の店内は思い切り“豚臭”に満ちておりまして、衣類にも染み付いてしまうのでは?と思うほど強烈でしたわ(^◇^;) で、そこと関わりの深いメニューなのですが、追加リリースされていたコチラを所望致しました♪

「純豚骨ラーメン (650円)」

伏竜 純豚骨ラーメン

前回訪問した折に味噌ラ~を頂いたら、乳化した濃厚な豚骨スープの底力を見せられていましたので、こちらには期待が膨らんでいたところです(*^-^) 当地では今まで出会った事のない、キャベツ&マー油入りの濃厚豚骨ラーメンですw( ̄▽ ̄;)w

伏竜 純豚骨ラーメン

油膜層の厚さは一目で分かります。 確か10時間ほど強火炊きにされていたと聞いてますが、ガッチリとした豚骨の味香が溢れるように出てきます。 細切りキクラゲのコリッとした食感は大好きなので大歓迎♪ 豚バラチャーシューはゴロッとサイの目っぽいくカットされています。

伏竜 純豚骨ラーメン

生キャベツが標準で載ってきます。 そこにマー油がタラッと掛けられていますが、スープ自体にもニンニクテイストが仕込まれており、互いにその風味を刺激しあいながら、豊かな味わいの幅を広げています。 このキャベツは濃厚な豚骨スープと油膜のパワーを受け止めるには、丁度良いリフレッシュメントになるかも知れませんが、慣れないと邪魔に感じちゃうかも知れません( ̄▽ ̄i)ゝ

伏竜 純豚骨ラーメン

麺は低加水タイプの極細ストレート麺です。 油膜がアブラギッシュに麺をコーティングしまして、ヌメッとした舌触りと共に、骨が細かく砕けた軽いざらつき、そしてクリーミーな乳化スープと共に口中を満たします。 コクの強い凝縮した旨味感と、ちょっと押しの強い塩味の効いたスープは、あまり当地では見られないインパクトがあります。

あまりのパワーに驚いてしまう方がいてもおかしくありませんが、他には無い強い個性ある豚骨ラーメンとして、コアなファンを増やして行くかも知れませんね。




優勝軒 伏竜 郡山店
福島県郡山市若葉町11-20 佐藤ビル1F
電話;024-935-0217
営業時間;11:00~23:00 ※スープ切れで閉店
定休日;無休
駐車場;店舗前と店舗東隣に合計10台分ほど


大きな地図で見る
  

カフェ&レストラン ハンブルク ~福島県郡山市鶴見坦~

こちらも随分前から訪問機会を伺っていた、老舗の洋食屋さん「カフェ&レストラン ハンブルク」さんを訪問しましたo(*^^*)o 良く覚えていないのですが、多分30年くらい前からは営業されていたのではないかと思います。

カフェ&レストラン ハンブルク

店内はちょいと昭和テイストを色濃く残すもので、これがまた何とも言えず落ち着いてしまうのが昭和世代ってところでしょうか( ̄▽ ̄i)ゝ ボクにとっては全く違和感無く、心静かに過ごせます。 豊富なメニューは、古典的な軽食系の洋食喫茶の流れを汲んでいます。

「ハンバーグスパ (780円)」

ハンブルク ハンバーグスパ

このメニューを最初から頂くつもりで訪問したんです(>▽<)b 二つのメイン料理とミニサラダまでワンプレートに盛られた“夢の洋食盛り合わせ”です。

ハンブルク ハンバーグスパ

ハンバーグはオーダーを受けてから整形して焼きに掛かっていました。 このパティにはどうやら生姜が仕込まれているようでして、シーズニングスパイスとは異なった和テイストを楽しませてくれました。 デミグラスソースは、やや塩味のハッキリとした仕立てで、本格洋食屋さんのソレとは少し異なった方向性ですが、これがお店の味わいの特徴になっていると思います。

サラダセクションには缶詰パイナップルの小カットも添えられていて、これの甘味が味覚のリセットに極めて良く効いていました。

ハンブルク ハンバーグスパ

ハンバーグは100gくらいでしょうか? ボリューム的には極めて常識的です。 パティの鮮度にも自信があるのか、あまり火入れをし過ぎないようです。 お陰でナイフに手が伸びることもなく、フォーク一本で全てを食べ進める事が出来ました。

ハンブルク ハンバーグスパ

スパゲッティはちょっと細目の1.6mm程度のものが用いられているようです。 一瞥したらケチャップ祭りのように見えるかも知れませんが、実はそんなにケチャップ濃度は高くありません。 それよりもバター風味の豊かさはとても印象的でした。

ハンブルク ハンバーグスパ

フルーティーで甘い酸っぱい味付けでは無く、芯のある塩味とコショウのスパイシーさを下地として、ケチャップで味を纏めたって感じに思えます。 これはこれでアリですね(*^-^) これもまた古典的なナポリタンと言えそうです。 カレーライスも気になりますし、グラタンという選択肢もあります。 罪作りなメニューです(>▽<;;




カフェ&レストラン ハンブルク
福島県郡山市鶴見坦3-15-1
電話;024-924-0375
営業時間;9:00~21:30 (LO 21:00)
定休日;火曜日
駐車場;店舗東隣に4台分ほど


大きな地図で見る
 

かあちゃん食堂 ~福島県郡山市富田町~

写真仲間の某氏が良く足を運んでいるお店「かあちゃん食堂」に行ってみました。 食堂好きなボクは、以前から気になっていたお店の一つでしたので、訪問の決意を促されたって感じですかね♪

かあちゃん食堂

確かに耳にしていた通りに“父ちゃんが作るかあちゃん食堂”でした(*^▽^*) シニア世代のご夫婦二人で営まれていて、定食系は勿論ですが麺類系メニューも充実しているようです。 暫し壁貼りのメニュー眺めながら、あれこれと考えた挙げ句、「日替り定食」として供されていたコチラを所望しました。

「チキンカツ定食 (600円)」 ※日替り定食メニュー

かあちゃん食堂 日替り定食 チキンカツ

エッヘッヘ(=´▽`)ゞ 何せチキンカツを見つけると弱いんですよ。 学生時代に染みついた、“チキンカツは上等メシ”って刷り込みが今も効いたままです。 まあそれにしても、600円の定食として、これ以上何を望みましょうか?

かあちゃん食堂 日替り定食 チキンカツ

大きめの茶碗に惜しげもなく盛られた白飯。

かあちゃん食堂 日替り定食 チキンカツ

味噌汁椀では無く、ズッシリとした手応えのある瀬戸物茶碗で、それこそたっぷりと張ってくれますw( ̄▽ ̄;)w ちょっと左腕が疲れるww

かあちゃん食堂 日替り定食 チキンカツ

一点仕上げの揚げ立てチキンカツは、ご覧の通り端正な仕立て上がりです。 練りカラシは付きませんが、櫛切りレモンが添えられるのは高ポイントですね♪

かあちゃん食堂 日替り定食 チキンカツ

まるで常套句のようですが、衣はサクッと、鶏肉は肉汁がジワッと流れて来て、ふっくらとした歯触りです。 卓上配置の中濃ソースを掛けて頂きましたが、揚げ加減の良さは特筆モノで、とっても美味しく頂きました。 色々と頂いてみたいメニューが散見されますので、再訪のチャンスを狙うと致します(*^▽^*)




かあちゃん食堂
福島県郡山市富田町字向山7
電話;024-924-1502
営業時間;【昼の部】11:00~14:00【夜の部】17:00~20:30
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台分、店舗向かいの指定駐車場に5台分


大きな地図で見る
 

麺家はなまる ~福島県郡山市堤~

地元のFree Paperの情報で、「麺家 はなまる」さんに見逃せない新作情報が掲載されておりましたw( ̄▽ ̄;)w 早速、行かなくちゃ!(>▽<;; って事で暖簾を潜りましたよo(*^^*)o

麺家はなまる

メニューが一部改訂されており1月22日より価格の見直しもされたようですが、驚かされるような事はありませんのでご安心を。 そして“大盛無料”はこれを機会に終了されたそうです。(←一部訂正しました)

「黒しょうゆらーめん (650円)」 ※半熟味玉ゴチになっちゃいました(*´∇`*)

はなまる 黒しょうゆらーめん

ナント「麺屋 信成」さんの看板メニューと同名でリリースです!(゚ロ゚屮)屮 直接対決っスかぁ~? なんて、店主・広川さんはそんなギラギラした野望では無いでしょう(^◇^;)

はなまる 黒しょうゆらーめん

まさに漆黒の色合いのスープからは、濃厚な濃口醤油の香りがブワッと立ちます(*^^*) シャープなタッチの醤油テイストが効いていますが、スープからの甘味がフワッと角を隠している感じです。 こりゃあ、醤油スキ~には堪らない良き香りかな♪

バラロールチャーシューは、ほんのりとピンク色がかった仕立て上がりで、見た感じの通りに弾力と程良い肉汁が染み出てくるような肉自体の旨味が楽しめます。

はなまる 黒しょうゆらーめん

載せモノ自体はシンプルですが、実はらーめん自体も意外とシンプルなスッキリとした味わいですので、これが巧くマッチしています。 メンマの甘い味わいは、丁度良い具合に漆黒スープと調和しています。

はなまる 黒しょうゆらーめん

ストレート細麺は、最初シャキッとした歯触り。 次第に漆黒スープを吸い込むと、しなやかな舌触りと共に、美味しさが更に加速します。 鶏出汁ベースのスープに、シンプルな製法の醤油ダレが合わせられているそうですが、確かにシンプルな旨味ながら、甘味と旨味が絡み合い、醤油のコクを感じさせる旨味と見事に練り上げられていました。

あそことここと・・・ ついつい比較して楽しい連想をしてしまいますが、このところ着実に増え続けている当地の漆黒系醤油ラーメンは、お店毎に確かな個性を楽しませてくれています。 そのうち漆黒系ラーメンマップが造れるほどになるかも知れません。 楽しみ♪楽しみ♪( *´艸`)




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家はなまる
福島県郡山市堤3-171-2電話;024-951-0110
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分


より大きな地図で 麺家はなまる を表示
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

磐梯熱海まで配達に行ったら、お昼ご飯を食べるタイミングを逃してしまいました。 夕刻が迫る時間でしたので、暖簾落ちしている事を覚悟の上で「麺屋 信成」さんに立ち寄ってみたら、奇跡的にまだ営業中でした(;≧∇≦) =3 ホッ

麺屋 信成

今回は久方ぶりに、エバー・グリーンなこちらを頂く事にしてみます(o^-^o)

「あっさり醤油らーめん (600円)」

信成 あっさり醤油らーめん

実は「麺屋 信成」さんには、現在4種類の醤油らーめんが提供されています。 鶏ガラ+豚ゲンコツのベーススープで供されるのは、本品と「黒しょうゆらーめん」です。 って事で、このらーめんは「黒しょうゆらーめん」の原点であり先祖と言う事になります(*^▽^*)

この「あっさり醤油らーめん」「黒しょうゆらーめん」は、まるで違った個性を楽しませてくれるのですから、仕立ての妙と言うのには驚くほかありませんね(^◇^;)

信成 あっさり醤油らーめん

ニボシと鰹節の魚介系の出汁も合わせられたところは「黒しょうゆらーめん」と異にするものですが、魚系素材の旨味成分がの浮いた明るいアンバー・カラーの醤油味スープは、とてもそういった血縁を感じさせないものです。

信成 あっさり醤油らーめん

醤油ダレは明るい色合いなのに、キュッと締まりのある醤油テイストが感じられ、味サバケの良いあっさりではあっても薄味では無い事を再認識させられます。

動物系の出汁のジワッと押し迫る旨味と、魚介系の軽快で華やかな香味に、醤油のややキリッとした塩味が効かされていて、バラロールチャーシューから染みだしてきた極味のある旨味とスープの油膜が、適度に塩味の角をマイルドに感じさせてくれます。

信成 あっさり醤油らーめん

多加水系ストレート中細麺は、噛んだ時に軽い弾力と共にプッツンと歯切れます。 サッパリとした後味に寄与する水菜や白ネギは、麺と共に口に運ばれ易く、自然にあっさりとした後味へと誘導されている感じですね(*^-^) 食べ手にソレとは感じさせないままに、ちゃんとあっさり味になるように仕組んであるという、業師の流儀を再確認しました。 流石です!(>▽<)b




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

中国家常菜餐庁 ニューちゃいな ~福島県郡山市堤~

日曜日のランチに出遅れまして、さてどうしたものかと一考σ( ̄、 ̄=) あっ!そう言えば餃子のサービスチケットがあったぞ♪と思い出しまして、通し営業でお味も満足の「中国家常菜餐庁 ニューちゃいな」さんへと向かいました。

中国家常菜餐庁 ニューちゃいな

多様なメニュー構成はいつもの通り。 ランチタイムには季節メニューも加わり、更に選択肢が増えるようですが、グランドメニューでも不満もありません。 ってか、アレコレと食べたいものが多すぎです(^◇^;)

「木クラゲ・豚肉・玉子のやわらか炒め+Aセット (830円+280円)」※Aセット=ライス・ザーサイ・スープ

ニューちゃいな 木クラゲ・豚肉・玉子のやわらか炒め+Aセット

こちらは初めて所望してみましたが、なかなかのボリュームでして、ご飯のお供として充分な盛加減でした。

ニューちゃいな 木クラゲ・豚肉・玉子のやわらか炒め

小松菜がイイ感じにシャクッとした歯触りを残していて、この食感一つでかなり印象が良いですね。 オイスター・ソースとベーススープを巧く使って、塩味仕立てで軽くトロミが付けられています。 玉子の火入れ具合も上々ですし、豚肉も丁度良い厚みで歯切れ良く美味しさがしっかりと伝わって来ます。

ニューちゃいな Aセット ザーサイ&春雨サラダ

メニューではザーサイとされていますが、前回は香物との合い盛りでした。 今回は春雨を配したサラダが組み合わされていました。

ニューちゃいな Aセット スープ

トロミの付けられたタマゴスープは、ご飯のお供向きにちょっとサッパリとした軽い味わいです。

ニューちゃいな 鉄鍋棒餃子

通常なら380円で供されている「鉄鍋棒餃子」がクーポン券で無料提供して頂けました♪(〃∇〃) 野菜の程良いジューシーさが残されていて、ほの甘さも感じられる餡と、カリッと香ばしく焼き上げられた皮の食感の良さで、今回も大変美味しく頂きました。

ニューちゃいな 木クラゲ・豚肉・玉子のやわらか炒め

この料理には玉子が3個以上使われているんだろうなぁ~ こんなに沢山の玉子を一度に食べたのは久しぶりでしたが、味の仕立ての良さと木クラゲの楽しい食感も手伝って、とても美味しく楽しませて頂きましたヾ(^▽^*




中国家常菜餐庁 ニューちゃいな
福島県郡山市堤1-86
電話;024-952-2177
営業時間;11:00~23:30 (LO;23:00)
定休日;元旦
駐車場;共用70台


大きな地図で見る