FC2ブログ

石油ファンヒーターのメンテナンス

自宅で使用している石油ファンヒーターが、調子悪くなって来ました。 昨年の冬に新調したばかりで、メーカー保証も三年なんだってヽ( ̄▽ ̄i) まあ、とっとと修理に出してしまえば丸く収まりそうな話なのですが、一番寒い時期に手許に無いってのもアレですしね。 そもそも、どんな問題が発生しているのかと、エラーコードを読み取って調べてみると、物理的な故障では無く、センサーの汚れが原因っぽいです。

以前水害で石油ファンヒーターが2台水没した時に、ダメ元で全バラした経験もある事ですし、メンテナンス手順をネットで調べ、自力メンテナンスを試してみることにしました。 石油ファンヒーターの分解は端折りまして、これが問題のセンサー部品です。

シリコンが付着したフレームロッド

フレーム・ロッドと呼ばれているらしいですが、その下にある網の掛かっているところがバーナーです。 この棒状のセンサーが炎を検知して燃焼状態をコントロールするらしいです。 ここにヘアケア製品のスプレー缶などに良く用いられているシリコン成分が付着するとマズいそうです。

シリコンが付着したフレームロッド

ご覧の通りフレームロッドは真っ白くなるほどに表面が付着物で覆われていました。 もっとバラせばネジ一つでセンサーロッド自体をボディから取り外せるのですが、ステンレスブラシで充分に磨けましたので、今回は手抜きでバラしません( ̄▽ ̄i)ゝ

清掃したフレームロッド

こんな感じで多分大丈夫なのだと思います。 実は家宅内で使用している石油ファンヒーターは、2台ともダイニチ製でして、ナゼかこのダイニチ製品の弱点になっているのがこのトラブルらしいです。 多分、メーカーが違っても、構造や使用部品はそんなに変わらないのでは無いかと思います。

ダイニチ製品で「E13」のエラーが頻発している方は、多分かなりの確率で同じ原因によるものと思われます。 メーカーでは機器使用中のシリコン含有スプレーの使用をしないようにと呼びかけていますが、なかなか難しい注文では無いかと思います( ̄ω ̄;) 慣れてしまえばメンテナンスは精々15分です。 「こんなもんだ」と割り切って付き合うしか無さそうですね。
 

【2014年冬景色】 五色沼

曽原湖ではザンザン降りの雪に見舞われ、大沢沼に立ち回るも撮りどころに惑い「まあ、今日はこんなもんですか?(^◇^;)」って諦めを付けまして、猪苗代町方面へと戻り掛けます。 すると不思議なことに、雪が降り止み、雲間から少し日差しが出そうな雰囲気になりました。

(もしかしたら、駄賃が撮れるかも知れない(`・ω´・ ;))

って事で、五色沼に立ち回ってみる事にしました。 レストハウスや五色荘さんは冬季休業中ですが、名だたる地元の名勝地と言う事もあってか、駐車場までの除雪は行われておりました。 そして五色沼を巻いて通るスノー・トレッキングコースも確立されていますので、観光シーズンと同様という訳にはいきませんが、写真撮影にはそう困らない程度の整備は行われています。

雪木立
[2014/01/12 雪木立] <↑ Clickで拡大>

先客は大判カメラを持ち込んでいるカメラマンが一組(助手付き)だけ。 さすがに一番良いところを押さえていますね( ̄▽ ̄i)ゝ 同じ場所にカメラを据えて、何時間でも持久戦に耐えようって感じでした。

雪映しの五色沼
[2014/01/12 雪映しの五色沼] <↑ Clickで拡大>

時折木々に降り積もった雪が、吹く風で一気に落雪して、まるで霧で覆われるかのように舞い上がります。 そこに日差しでも差し込んでくれたならコチラの思うツボなのでしたが、そんな風にはなってくれませんでした。

磐梯山はあっちです
[2014/01/12 磐梯山はあっちです] <↑ Clickで拡大>

磐梯山は、全くその稜線の影さえ見せてくれる事はありませんでした(´_`。) 裏磐梯は雪雲厚しだ。

人を寄せ付けない森
[2014/01/12 人を寄せ付けない森] <↑ Clickで拡大>

五色沼探勝路は、冬場はスノー・トレッキングのルートにもなっており、その後を辿ればちょっと奥の方まで進む事も出来ます。 でもまあ、今回はここまでですね。 山を下って猪苗代町に入ると、そちらからは磐梯山のディテールはほとんど見えるようになっていました。 山の表と裏では、全く天気が異なるのはいつもの事です(_ _|||)