FC2ブログ

【2014年冬景色】 新宮熊野神社 長床

今年最初の写真撮影は、昨年と同じく北塩原エリアを目指しました。 今年は県内でもその名を知られる手練れの大先輩カメラマン様もご一緒して頂きまして、総勢6名という今までにない部隊編成(^◇^;) ところがこの日のお山は、昨年の悪夢再来の大雪に見舞われまして、夜明け前には現地入りはしたものの、写真を撮るのどうのって言うレベルでは無い状態。

暫く待機してみましたが、やはり写真撮影には厳しすぎると言う事で、諦め掛けて撤収かと思ったところ、前述の大先輩が永年の撮影スキルで“駄賃撮り”が出来そうなところへと引っ張って行って下さりましたO(≧▽≦)O


雪の長床
[2014/01/02 雪の長床] <↑ Clickで拡大>

こちらは喜多方市の『新宮熊野神社 長床』です。 県内屈指の大銀杏国の重要文化財「長床」のコンビで、その名を知られる名所ですが、真冬に訪問したのはこれが二回目です。 大晦日から元旦に掛けては、元朝参り・初詣の人波があったと思われますが、正月二日の朝はまだ詣でる人も無く、地元の氏子さん達だけが一夜で降り積もった雪を片づけたり、来客に備えての準備に忙しそうでした。

客迎えの鳥居
[2014/01/02 客迎えの鳥居] <↑ Clickで拡大>

立派な木造鳥居にしめ縄が飾られていますが、下の横柱は先般修復を受けたらしく、まだまだ風合いが一致せず浮いた感じになっています。

奉献
[2014/01/02 奉献] <↑ Clickで拡大>

新年を迎えたばかりの松の内と言う事からか、本宮に向けて御神酒と鏡餅が供えられていました(*^▽^*) このシーンは初めてですね。

大銀杏の水鏡
[2014/01/02 大銀杏の水鏡] <↑ Clickで拡大>

降りしきる雪は衰える事はなく、写真撮影も降りしきる雪との戦いでした(`・ω´・ ;) 長床の床に吹き込んだ雪は、比較的暖かな気温だった為でしょうか、割と簡単に解けまして、床板に水鏡を作っていました。

萱葺き屋根の越冬
[2014/01/02 萱葺き屋根の越冬] <↑ Clickで拡大>

広大な萱葺き屋根は、毎年半分ずつ新しく葺き替えられるのだそうです。 それは全く知りませんでした(⌒▽⌒;) 真新しさを残した萱葺きに降り積もった雪は、やがて萱へと染み入り、新旧の別が分からなくなるようななっていくのでしょう。

願掛けの鈴
[2014/01/02 願掛けの鈴] <↑ Clickで拡大>

なかなか希有な写真撮影を楽しませて頂き、次の撮影ポイントへと導いて頂きました(o^-^o)
 

cafe & antiques 三番山下 ~福島県会津若松市大町~

以前から訪問したかった、会津若松市七日町エリアの「cafe & antiques 三番山下」さんに行って来ました♪(〃∇〃) “Cafeが似合わないオトコ・無芸”と自負しているところですが、それをはね除けてでも訪問したい理由は、取りも直さず魅力的なFOOD MENUにありました。

cafe & antiques 三番山下

レトロチックな建物が並ぶ街内にあるお店は、思わず見落としてしまいそうなほどに質素なアピールしかしていません( ̄▽ ̄i)ゝ この建物の二階にあるのがお目当ての店です。 まるで昭和40年代半ばのこぢんまりとした学校や図書館の空気を漂わせる店内は、天井が高くゆったりとした客席の間合いなど、なかなか贅沢な空間演出が成されています。

モダンな誂えでは無いのですが、ナゼか絶妙な座り心地の椅子と、風合いの良いテーブルなど、手に触れる何もかもがシックで柔らかな感触を伝えて来ます。 正直なところ、ボクの心理では“Cafeは緊張する空間”だったのですが、遂に初めて心からリラックス出来るお店に出会えました!w( ̄▽ ̄;)w 本当に訪問して良かったなぁ~と、未だにその余韻を思い出しております。

「なつかしナポリタン (950円)」(香物・スープ・飲み物付き)

三番山下 なつかしのナポリタン

おぉ~~? 随分と良く育ったイタリアン・パセリだなぁ~(⌒▽⌒;) まるで春菊みたいだww と思ったら、リアルに春菊でした(爆) 想定外でしたが、悪くない取り合わせでしたよ♪

三番山下 セット・香物&スープ

共添えされるスープは玉ネギとニンジンのみじん切りに、オレガノかな? ハーブ風味を効かせたコンソメベースのものでした。 また香物(サラダ?)としてセロリと蕪の浅漬けも頂きましたが、器が会津漆器を連想させるものだったりで、そういった目を楽しませる仕掛けなどもなかなかのものです。

三番山下 なつかしのナポリタン

メインに戻ってナポリタンですが、スパゲッティーニでしょうか1.4mm程度の細目のものが使われています。 ここで称される“なつかし”とはナポリタンと言う食べ物へのイメージであり、その仕立ては紛れもなくモダンスタイルそのものです。 味付け仕立もフルーティー系の現代的なタイプですね。 とっても親しみ易く、どなたにも美味しく楽しめると思います(*^^*)

三番山下 なつかしのナポリタン

ウインナーソーセージにピーマン、玉ネギが炒め合わせられており、トマトテイストが強めに味わえるスタイルは、細目のスパゲッティーニに良くマッチしています。 その上焼きベーコンまでトッピングされているという念の入りようです。 軽快感のある味わいは、Cafeらしさを充分にアピールしていたと思います。

三番山下 エスプレッソ

ドリンクもセットになっており、しかも「ランチ」として営業時間内を通していつでも応需して貰えます。 って事は「ランチ」じゃ無くて「グランド・メニュー」じゃ無いか?と言う突っ込みは無しと言う事でww とにもかくにも、美味しい食べ物に心安らぐ空間演出。 一発でファンになっちゃいました♪(〃∇〃)




cafe & antiques 三番山下 (URL)
福島県会津若松市大町1-1-57
電話;0242-26-1330
営業時間;11:00~18:00(LO 17:00)
定休日;無休


大きな地図で見る

 

十文字屋 ~福島県会津若松市川東町~

今年初の写真撮影会の途中で昼食を摂りに寄った「十文字屋」さんです(o^-^o) 約二年ぶりの訪問です。 まだ正月も松の内でしたが、幸運にもお店は営業中でした。

十文字屋

今回はメインのホールがほぼ満席でしたので、お店の奥にあるVIP ROOMへと初めて通されましたw( ̄▽ ̄;)w ご一緒したメンバー各位は、初訪問と言う方もおられましたが、相変わらずの豊かなボリュームに瞠目して頂けましたヨ♪( ̄∇ ̄*)ゞ

「磐梯カツ丼 (1,100円)」 (スープ、香物付き)

十文字屋 磐梯カツ丼

思わず小さく悲鳴が上がるこの威容!(>▽<)b 丼からは特製ソースの甘くスパイシーな香りが立ち登って来ます。

十文字屋 磐梯カツ丼

1枚200g相当の豚ローストンカツが2枚分、合計400gが縦切りにされて織り重なっています(^◇^;) ですから1切れで100gって事ですから、一般的な食堂のカツ丼の4倍相当のボリュームです。

十文字屋 磐梯カツ丼

こんな風にうず高く盛られていますので、とんかつが転落死しないように、とんかつの一時待避用のお皿が供されます。 ご覧の通り薄衣に仕立てられています。 肉厚は仕立て上げでも優に2cmはありそうですが、このロース肉が訪問の度に益々良くなっている気がします(*^▽^*) 肉厚が故にしっかりとした噛み応えはありますが、切り口からはジューシーな肉汁が湧いてきて、グッと力を込めれば普通に噛み切れます。

十文字屋 磐梯カツ丼

甘めの自家調整ソースは、意図的に濃度が下げられているようで、諄さの無いソースカツ丼のお手本のような味わいです。 またご飯の美味しさもナカナカのもの。 きっと地元米ではないかと思われますが、お店の周囲は見事なくらいの水田地帯です(*´∇`*)

さすがに4枚目に箸を進めた頃には、そろそろ満腹サインが出始めましたが、最後まで美味しく完食致しました! 同行のお仲間各位も、ハライッパイの幸せを堪能して頂けたようですねΨ(`∀´)Ψウケケケ




== 2015年10月に移転しました == アーカイヴとして残しておきます
 (新住所 福島県会津若松市河東町浅山字堂ヶ入丙1602)
十文字屋 (URL)
福島県会津若松市河東町郡山字村東15-3
電話;0242-75-3129
営業時間;11:00~19:00
      (火曜日)11:00~14:00
定休日;無休
駐車場;店舗敷地内に15台ほど


大きな地図で見る
 

楽しくお正月♪

明日から今年の仕事始めです。 充分に英気を養わせて頂き、また今年も一年、仕事にも精進して行けそうです(o^-^o) 1月2日はいつも一緒に写真撮影を楽しんであるお仲間達と共に“新春写真撮影会”を致しました。 まあ“撮り初め”ですねo(*^^*)o

今年は大先輩のカメラマン様もご一緒して頂く事となり、楽しみが更に大きく膨らみましたよ(*^▽^*) 総勢6名で目指したのは、私達のホームグラウンドとも言えるほど一年を通して足を運んでいる、耶麻郡北塩原村です。 元旦の朝方までは中通りはナカナカの好天に恵まれていたのですが、その後天候は崩れまして、当日の4時頃に郡山を出立するあたりには、小雨はいつしか雪に変わっていました。

道の駅 裏磐梯

国道49号線を西進して、中山峠を越えていよいよ猪苗代エリアへと入った頃には、雪はますます勢いを増してきて、視界も遮られるほどになりました( ̄▼ ̄|||) 元旦から降り続いていた雪は、既に相当な積雪量になっていたようで、除雪が追いつかなくなりかけています。

それでも一路北塩原エリアへと進んでは見たものの、除雪が間に合っていない場所では、20cm以上の積雪となっていました。 乗り合わせをさせて頂いた車が、クロカンRVタイプの4WDだからスタックしなかったものの、常用タイプの4WDでは車体が雪に乗り上げてしまうほどです(>▽<;;

勿論これでは撮影どころでは無く、明るくなるまで現地で待ってみましたが、降り続く雪で撮影しても何も写らないレベル。 仕方なくここでの撮影は諦めて、喜多方方面へと下る事にしました。 思えば昨年の1月2日も大雪に見舞われて、何も撮影出来ないままに撤収したんですよ( ̄▽ ̄i)ゝ “悪夢再来”かとも思ったのですが、ここで大先輩カメラマンの永年積み重ねた経験と、圧倒的な情報量がモノを言いまして、“駄賃”なんてレベルでは無い、素晴らしい撮影地へとお連れ頂けました。

雪の法用寺

まだ写真の選定と現像に取りかかっていないので、ラ~撮り用のコンデジで撮った記録用写真です(^◇^;) この日は結局、カメラマンと出会う事は皆無でしたが、お陰であまり記録されることの無さそうな写真を撮り納める事が出来ました♪ 追って記事挙げして参ります。

八重と会津博 大河ドラマ館

でもって、今日は会津若松市で開催中の「八重と会津博 大河ドラマ館」へと出掛けました。 会期はまだまだと思っていたら、いつの間にか会期の残りは10日ほどになっていました(;´艸`)ぁぁぁ

八重と会津博 大河ドラマ館

主演の綾瀬はるかさんが、紅白歌合戦の司会を務めていましたが、会津若松市に避難している大熊町の小学生に話が及ぶと、言葉に詰まり大粒の涙が瞳から流れ落ちましたね。 番組の進行としてはNGかも知れませんが、きっと福島県民の誰もがその優しい思い遣りの心に触れて、とても温かい気持ちになれたと思います。 このご縁が永らく続き、勇気付けられる人々が沢山居る事を願いたいです。

今年も沢山の賀状を頂戴致しました。 ありがたい事と感謝しております。 それらの中に、てっきり無芸大食娘宛だと思ったものが2通混じっていました(@・艸・;)

萌え賀状

これ、二通とも高校時代からの友人が送ってくれた萌え賀状ですたΣ(゜▽゜;)

家族全員ブッ飛びました/( ̄ロ ̄;)\

だってボクと同い年で、共に女房・子供持ちですよん♪ しかも片方は某一部上場企業の役付きだ! ワッハッハ! どうだ、バラしちまったぞv(o ̄∇ ̄o)♪ 正月早々、笑いをありがとう(o^-^o)
 

まったりとお正月♪

元旦の昨日は、家族だけでのんびりと過ごしました(o^-^o) 今年は久しぶりに「壱献本店」さんのおせち料理を調達してみました。 全般に酒肴となるアイテムが多目で、こりゃあありがたかったですね(〃∇〃)

「壱献 本店」おせち料理

勿論、煮炊きものも手練れの技。 夕刻には実家に年始参りして弟夫妻と共に一族全員で食卓を囲みました。 毎年弟夫妻が手作り餃子を振る舞ってくれるのですが、年々美味しくなるばかりでして、今年も前年を上回る素晴らしい美味しさ! 可愛いお嫁さんと一緒に、一手間掛けてくれる事に感謝♪

祝膳

昨日のお供は「末廣 純米大吟醸 亀の尾」です(o^-^o) イチゴのような果実香と、やんわりとした舌触り。 程良く上品な旨味の膨らみは、こういった和食系の食べ物を見事に活かしてくれました。

無芸作 豚の角煮

大晦日にコツコツと作っておいた「豚の角煮」は、好評サクサクで速攻で完食(^◇^;) 煮汁がとっても美味しくなっているので、白飯にかけて食べたいくらいなのだがww

無芸作 鶏肉とごぼうの焚き物

こちらは今年初めて作ってみた「鶏肉とごぼうの焚き物」。 ガッシリと太目のごぼうでしたが、圧力鍋の力も借りて、程良い歯触りを残しながら柔らかく炊けました♪ これまたお酒のアテに良く合いました。

さて、今日は新春2日目。 予約投稿としておりますが、多分今朝は北塩原で新春初撮りを行っているハズですo(*^^*)o いつもの仲間達に加えて、なかなかお休みが合わないメンバーや、旧知の大先輩もご一緒と言う事で、ちょっと大所帯での撮影会となります。

普段は二名か三名で行動する事が多いですが、多人数ならでは楽しみもアリだと思います。 お天気の予報は今ひとつですが、何かしら駄賃は手にして来たいと思います。 そう言えば昨年も1月2日に初撮りに出掛け、そりゃあもう大変な大雪にヤラレまして、あわや立ち往生になるかと思ったほどでした(>▽<;; 今年はそこまでならないよね?(;´艸`)
 

明けましておめでとうございます

新年祝詞

新年明けましておめでとうございます。 本年も相変わらず宜しくお願い申し上げます。

皆様にとりまして、今年一年が幸せ一杯、美味しいものハライッパイでありますように、心よりご祈念申し上げております。