FC2ブログ

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

昨日で会期を終えた『東京ラーメンショー2013』ですが、その最終日に当たる昨日[2013/11/24]のこと、日曜日と言う事で時間が取れましたので、日程が一致したBlog仲間の「Reverse Iceman Ramen Blog」(URL)のAuthor・Icemanさんと共に上京するして参りました(o^-^o)

自動車での乗り合わせもアリだったのですが、互いに不案内な首都圏である事や、折良くJR東日本から休日限定の新幹線お得チケットが発売されている事を知りまして、これまた都合良いことに2名以上での申込に限るという商品だったんですね♪ 速攻でキメまして安楽な高速鉄道の旅からスタートです。

郡山出立

今回の『東京ラーメンショー2013』訪問は、多様な出店社の作品を食べ比べる楽しみは勿論のことですが、当県から出店している「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の努力作・「福島黒中華そば」を頂く事が最大の目的です。

お江戸でどのような評価を頂けるのかはとても興味深いところでしたので、閉幕となるその時まで一日中会場に止まり、ブースから数歩離れたところからお客様方の反応を感じ取ってみました。 またイベントとしての面白味も存分に堪能してまいりました。

東京ラーメンショー2013 最終日 朝ミ

会場となった駒沢オリンピック公園にはラーメンの提供開始40分ほど前に到着。 何せボクもIcemanさんも初めて足を踏み入れる場所だったので、公園内のどこに何があるのかも良く分からない、まさに“オノボリサン”だ(^◇^;) ワハハ、でもヲジさんだから、別に恥ずかしくなんかないぞ!ヾ(^▽^*

ようやく場所が分かって辿り着いたら、開始前のミーティングが行われていました。 円陣の中には実行委員長の大崎さんが居ますね。 「福島ラーメンショー」でもお馴染みになった、ラーメン界の顔とも言えるお方です。

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊フース

まだ来訪客の姿もまばらな会場内。 ボク達の郷土からの出店社「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」のブースです。 出店が内定した頃から打ち上げられていた高橋わな美さんデザインの“ラーメン擬人化キャラクター”のノボリ旗の存在感は、完全に他を圧倒するものでした(*^-^)

東京ラーメンショー2013 最終日 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊メンバー

メンバー各位様方と御挨拶を交わしたところで、全員揃っての写真撮影をしていなかったと言う事で、写真撮影係の任を拝命しまして、スピーディーに撮影。 やっぱりデジイチを携行して行って良かったです(o^-^o) ↑はコンデジで撮ったやつです。 後日紙焼きして、メンバー店様にお届け予定です。

開店前に列び始めるお客様

さて提供開始は10時からですが、心待ちにしていたラーメンファンはもう待ちきれないようでして、配食の20分ほど前から並び待ちが始まりました。 「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」のブースにも・゚・(ノД`;)・゚・ なんか感激しちゃうな。

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊ブース

どんどんお客様の列が長くなっていく様子をIcemanさんと一緒に後から眺めていたら、アッと言う間に三倍くらいに列が伸びてきて、ここに来て初めて二人は我に返ったww ファーストロットがどうこうでは無く、行列の中に身を置いていることにこんなにシアワセを感じられるなんてねぇ~♪

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島黒中華そば

さて、これが本番仕様の「福島黒中華そば」です!o(*^^*)o 温玉オプション(100円)のみで、フルトッピング仕様となる、本大会屈指の豪華仕様を多くのお客様に楽しんで頂きました。

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島黒中華そば

エゴマ豚ともち豚の二種類のチャーシューは、ナント合計6枚!(〇o〇;) しかもトロけるんだよぉ~(//∇//) 後にブースの中をチラッと覗かせて貰ったら、チャーシューはバットの上に並べられて、仕掛けは良く分からなかったけど、麺茹で機からの蒸気を利用しているのか、事前に温められているっぽかった。

お陰で懸念していたスープの温度も下がることなく提供されていましたし、チャーシューの美味しいところを存分に引き出せていたと思います。 また三種の地鶏のスープに合わせられた煮干しテイストの漆黒醤油ダレは、以前頂いた試食販売の時とは見違えるようなファイニングがされていました。

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島黒中華そば

またやや太目の縮れ麺も飲食ブースまで持っていき、写真撮影してからの実食という厳しい状況下でも、しっかりとした歯応えを残していて、舌の上を踊るような食感も健在でした。 こりゃあ他の出店社さんに全くクォリティー負けしていまいですよっ!(>▽<)b

コクのある醤油テイストに地鶏のベーススープの旨味、煮干しの華やかな旨味広がる秀逸な作品として、同じく出店していた各社様方からも惜しみない賛辞が送られたそうです。 その背景では、毎日調整して味をブラッシュアップし続けた、メンバー各位の努力がありました(*^-^)

夕闇迫る会場

最終日の配食は17:30と言う事で、チケット販売も17時で終了。 夕闇迫る会場は家路へと就くお客様で、その姿は徐々に少なくなりましたが、「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」のブースには、最後まで客足が残っていました。

東京ラーメンショー2013 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島黒中華そば

Icemanさん共々、5杯ずつ頂きましたが、最後の最後はやはりこの一杯の再食にて〆と致しました(o^-^o) ちょっと公園内で迷子になりまして(真っ暗な中方向を見失う)、スマホのマップで救われました( ̄▽ ̄i)ゝ お陰で東京駅のホームに立った時には、帰りの新幹線の扉が開いたところで、ちょっと冷や冷やな一日でした(>▽<;;

さて、『東京ラーメンショー2013』への出品作「福島黒中華そば」ですが、メンバー店各店にて、一日20食限定で凱旋販売されます!

詳しくはメンバー店様にお問い合せ頂きたいと思いますが、当地・郡山市では「麺屋 信成」さんで、明日11月26日より12月1日(月)まで(11月27日(水)は定休)一日限定20食で店頭販売が行われます。 どうぞ足を運んでみて下さいヾ(^▽^*