FC2ブログ

【2013年錦秋巡り】 磐梯吾妻レークライン・三湖パラダイス

この日は旧友C君が、関東圏在住の旧友S君をまんまと誘き出す事に成功しまして、土曜日の夜明け前から“朝駆け撮影”へと出掛けました(o^-^o) 北塩原エリアの紅葉は、このタイミングが最後のチャンスだったところに、週末三連休が重なりまして、風景写真撮影の名所・秋元湖畔は漆黒の闇に包まれている時間帯から、カメラマンは場所取りにしのぎを削っておりました。

ボクら三人も何とか良さ気な場所を確保しまして、撮影準備を整え、明け行く秋元湖の風景撮影に臨みました。

がっ!あまりにも深い霧で、何も見えない!ノ( ̄0 ̄;)\

湖畔にはどれだけのカメラマンが集っているのか、深い霧でその数さえ把握出来ませんが、多分今年最高の人出だった事は想像に難くありませんでした。 お隣に陣取られたカメラマンさんは、単騎で富山県から乗り付けられたそうですし、関東圏ナンバーの車はジモピーよりも多かったみたいです(^◇^;)

ちょっとお行儀の悪い車の駐め方をしているシニアさんもおられましたが、至って紳士的な方々が多かったと思います。 ボクらが陣取っていた辺りは終始和やかな雰囲気でしたので、ついつい粘りすぎましたヾ(・_・;)チョット‥

陽の出時刻を越えても、全く霧は晴れないばかりか、目前にあるはずの湖面の様子さえ定かではありません。 こりゃあもう無理!って事で、秋元湖畔から一時撤収して、「磐梯吾妻レークライン」へと移動してみました。

で、これが大正解!v(≧∇≦)v

山霧の朝
[2013/11/02 山霧の朝] <↑ Clickで拡大>

通称「三湖パラダイス」と呼ばれている辺りでは、キレイさっぱりと朝霧は晴れていた! と言うよりも、低い湖面に朝霧が溜まっているようです。

朝陽を集めて
[2013/11/02 朝陽を集めて] <↑ Clickで拡大>

今までも何度か、湖を霧が覆い尽くしているシーンに出会ってはいましたが、今回ほど深い朝霧に出会ったのは稀な事でした。 しかもこの霧のゾーンを越えてしまえば、極上の快晴が待っていたとは(^◇^;) ボクらは比較的早めに決断した方でしたが、そのままあの場所に止まっておられた方々が気の毒に思えてしまうほどです。

天空のカラマツ
[2013/11/02 天空のカラマツ] <↑ Clickで拡大>

その朝霧は、峰を隔てた小野川湖にも掛かっていました。 湖が朝霧でスッポリと蓋を閉じられていたようなロケーションです。 唐松の黄葉は散り始めていましたが、朝日に照らされた姿は、なかなか美しいものがありました。

雲海ロード
[2013/11/02 雲海ロード] <↑ Clickで拡大>

雲海の上にポッカリと浮かぶような磐梯山に向かって、極上のワインディングロードが朝日に照らされていました。

雲に浮かぶ裏磐梯
[2013/11/02 雲に浮かぶ裏磐梯] <↑ Clickで拡大>

写真の左方が東側。 陽の光がビームのように秋元湖の湖上に射していました。 これだけたっぷりとした朝霧で秋元湖が覆い尽くされている光景は、そう多く見られるものでは無いそうです。 って事で、出だしはちょっと不運でしたが、結果的には希有な景色を堪能出来て、幸運な朝だったと言えそうです(o^-^o)

雲海に沈む秋元湖
[2013/11/02 雲海に沈む秋元湖] <↑ Clickで拡大>

とても寒い朝だったのですが、朝日を身体に感じて撮影している内に、だんだん暖かくなって来ました(*^-^) お日様のチカラって凄い♪