FC2ブログ

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

個性派の漆黒系支那そばとして、徐々にリピーターを増やしつつある、東部幹線そば日出山地内の「支那そば 墨家」さんです。

支那そば 墨家

デビューが待たれていたサイドメニューがいよいよリリースされたと言うことで、楽しみにしながら暖簾を潜りましたよo(*^^*)o 勿論、スタンダードなコチラと一緒に頂きます♪

「支那そば (650円)」

墨家 支那そば

漆黒スープに香るのは、厚削りとニボシの芳醇な香り。 コクのある醤油ダレの旨味と共に、グッと押してくる味わいは、とても自然派スープとは思えないほどのパワーを感じます。

墨家 支那そば

人気の豚バラ肉のロールチャーシューは、この日も絶好調のトロトロ具合♪(゚▽^*)ノ⌒☆  惚れ惚れするような醤油の香りと風味が染みこんでいて、口中でシアワセを満喫出来ちゃいます。

墨家 支那そば

自家製のやや低加水タイプのストレート中細麺は、完全に開店当初とは異なる歯触りの麺へと生まれ変わりました。 ザクッとしたリズミカルな歯触りを感じさせながら、弾けるように歯切れます。 それでいて、舌触りにも中細麺ならでは滑らかさがあります。

勿論、定石通りに時間の経過と共に漆黒スープの色合いを移し、ますます風味豊かに変貌していく様は、由緒正しき郡山ブラックと言っても過言では無いでしょう(*^-^) スープのナチュラルな甘味の余韻が後を引く、秀逸な支那そばです。

「ミニひれかつ丼 (350円)」

墨家 ミニひかれつ丼

墨家さんの前身となっていた武蔵亭さん時代から人気のサイドメニューが、いよいよここに復活しました! トンカツ専門店も顔色を失うと言われたひれかつです(o^-^o) ミニサイズと言うことで、慎ましく一枚だけではありますが、そのトロけるような歯切れの良さは健在です。

墨家 ミニひれかつ丼

ボリューム的にはミニの粋を出る事はありませんが、信じられないくらい柔らかな歯切れは、際立った肉質の良さを素直に楽しませてくれるものがあります。 支那そばの漆黒スープと共に楽しめば、益々持って美味しさが際立ちます。




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど