FC2ブログ

【2013年錦秋巡り】 甲子峠

甲子峠を貫く国道289号線(甲子道路)は中通りと南会津を繋ぐ大切な道路ですが、甲子トンネルと甲子大橋の完成により2008年9月に開通するまでは、車両で越えられない登山道に国道標識が付く“登山道国道”と言われていたそうです。 まさに地元悲願の道路だった訳です。 中通りに住むボクらにとっても、南会津エリアへの旅は、この道路が完成する以前は、東京よりも遠い県内だったのはいつの間にか記憶から薄れつつあります( ̄▽ ̄i)ゝ

夢の架け橋
[2013/10/27 夢の架け橋] <↑ Clickで拡大>

標高1,400mの甲子峠を貫く道路は、自然林の山並みを目にも楽しませてくれる景勝地としても有名になって来ました。 いつもはこのあたりの景観に心惹かれながらも、先を急ぐ心理で足を止めたことがありませんでした。 今回は旧友C君との二人行脚ですので、この際は車を駐めて周辺をしっかりと撮影してみました。

渓谷の彩り
[2013/10/27 渓谷の彩り] <↑ Clickで拡大>

主に甲子大橋の歩行者帯から撮影しましたが、時間の経過と共に西から流れて来ていた厚い雲は、次第に薄くなって来ました。 それでも台風の余波なのか、とにかく風の強さはかなりのものヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ 谷を渡って来ることで、風速は更に高まって来るのでしょうか?

谷の賢者
[2013/10/27 谷の賢者] <↑ Clickで拡大>

シャッタースピードを上げて撮らないと、風で煽られている木々の枝葉がブレて写ってしまいそうでした。 流石にビビりまして、橋の欄干から身を乗り出すような姿勢はとれなかったですよ(;ーωーA

独り萌え
[2013/10/27 独り萌え] <↑ Clickで拡大>

時刻も9時を過ぎると、紅葉狩りの観光客が目に見えて増えて来ました。 もうこの時点で「観音沼」への撮影行を諦めましたので、かえって気が楽になりました。

魅せられて集う
[2013/10/27 魅せられて集う] <↑ Clickで拡大>

この谷の南側に見える山の頂は、三本槍岳(1,916m)かと思われますが、その頂は冠雪で白くなっていました!(〇o〇;) 道理で吹き渡る風が冷たい訳ですね。

朝映えの紅
[2013/10/27 朝映えの紅] <↑ Clickで拡大>

谷に朝の光が回りきらない内に、背景を沈めて撮ってみたり・・・

山モミジ
[2013/10/27 山モミジ] <↑ Clickで拡大>

スカッと抜けの良い光を捉えて撮ってみたり、ついついこの場所では“撮らされて”しまいました( ̄▽ ̄i)ゝ

甲子峠の秋景
[2013/10/27 甲子峠の秋景] <↑ Clickで拡大>

なかなか美味しく楽しませて頂きました♪( *´艸`)
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

郡山市朝日にある新鋭の中国料理店紅焔酒家 光華」さんで、秋メニューの第二弾がスタートしたとの事で、何とか暖簾を潜ることに成功しました( ̄▽ ̄i)ゝ

紅焔酒家 光華

それは以前よりご店主様が示唆していた作品でしたが、前作「スーラータンメン」も好評だったらしく、現在リスト落ちとはされていますが、遠からずグランドメニューの改変時には定番化されそうなお話向きでした。 さて、本題に戻りまして、秋メニューの第2弾はコチラです。

「担々麺 大盛 (780円+100円)」

光華 担々麺

来るべくしてキタ! という感じですね(^-^) 光華ファンの皆様には、待ち焦がれていた期待の真打ち登場!ってくらい歓迎されているようです。 えぇ、勿論ボクもその一人です♪

光華 担々麺

坦々スープの海の真ん中に、こんもりと浮き上がっている味付け挽肉と白髪ネギ。 実はこの土台にはナルム仕立てのモヤシが積まれています。 不沈挽肉のビジュアル一つとっても、やはりホテルキッチンの出身のご店主様が歩んできた道ってものを感じさせます。

光華 担々麺

白ゴマペーストや豆板醤、みじん切りのネギに鶏ガラベースのスープが織り成す担々麺スープは、ソフト&マイルドな仕立てです。 所謂“麻辣仕様”にする事も簡単だと思いますが、デフォでは敷居を低くしてありますね。

白ゴマの濃度は、胃袋に後遺症を残さない程度に抑えられており、スープを飲み干しても大丈夫な感じですヾ(^▽^* ほの甘さの中にちょい辛な味わいが加えられており、食べ飽きさせないバランスの良さです。

光華 担々麺

麺は熟成多加水麺のやや細目。 ゴマの旨味がしっかりと伝わりながら、それでいて重さを感じさせない上品な坦々スープとは、なかなかの相性の良さです。 適度な弾力を感じさせながら、プッツンと歯切れる秀逸な麺ですね。 舌触りの滑らかさも心地佳く、本格ホテルメイドの担々麺を思わせる一杯でした。

尚、いつもの如くに花椒&辛味ペーストは「お好みでどうぞ」と供されますので、これで麻辣マシは自由自在ですよ(o^-^o) 小さじずつではありますが、加えるほどに美味しさが冴え渡り、ついつい大量投入してしまう方が続出中ですv( ̄∇ ̄)ニヤッ




昼の部でしか頂けないメニューがコチラです。 ちょっと無理してランチタイムに滑り込むことに成功しました(;≧∇≦) =3 ホッ

「麻婆丼 (680円)」(スープ、香物付き)

光華 麻婆丼(四川麻婆豆腐)

デフォでもそこそこのボリュームがあります。 “四川麻婆豆腐仕様”で誂えて頂いても、ラー油で真っ赤っかの血の池地獄になる事はありません。

光華 麻婆丼(四川麻婆豆腐)

味付けのベースにオイスターソースが用いられているお陰で、グッと押しのある旨味とナチュラルな甘味が効いています。 そこに豆豉や花椒も利してのクッキリとしたディテールと辛味が加わります。 甘辛さの中に、スパイシーさやコクのある塩味の彩りが加わり、まるで“旨味爆弾”のような麻婆豆腐に仕上げられています。

光華 香辛料

勿論ここでも、花椒と辛味ペーストが供されますので、食べ手の好み次第で、Hot & Spicyさを自由自在に操れます(^-^) 出来る事なら、担々麺&半麻婆丼ってセットは・・・( ̄ω ̄;)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る