FC2ブログ

【2013年錦秋巡り】 新甲子遊歩道

国道289号線を更に西進しますと「新甲子遊歩道」へのアクセス路があります。 この道筋は甲子温泉・大黒屋へと繋がる旧道なのだそうですが、現在は国道からアクセス出来るようになった事に加え、道路自体が通行止めとなっています。

「新甲子遊歩道」の始点となるところには駐車場が整備されお手洗いも設置されています。 ここには初めて来たのですが、紅葉シーズンと言う事もあってか、たまに県外ナンバーの車がやって来ていました。

新甲子遊歩道案内板
<↑ Clickで拡大>

お天気は相変わらずの曇り模様で、突然雨が降り出したりと不安定なままですが、遊歩道はほんの300mほどで崖崩れで通行止めとなっているそうですので、行けるところまで行ってみました。

カエデの色
[2013/10/27 カエデの色] <↑ Clickで拡大>

どうもこの辺りは紅葉は、主に黄色くなる品種が大半のようです。 植物の種類によって紅葉期が異なるのか、それとも渓谷の陽当たりの差によるものなのか、その色付きは全く一貫性がありませんでしたヽ(´o`;

新甲子遊歩道・河鹿の森

遊歩道には木材チップが敷き詰められていて、かなり歩き易かったです。 全く軽装で問題なし。 起伏もほとんど無くどなたにでもお勧め出来そうです。

阿武隈川の奔流
[2013/10/27 阿武隈川の奔流] <↑ Clickで拡大>

谷を渡る風が強くて、三脚マウントで露光タイムを長くすると、たちまち木の枝がブレてしまいますので、ちょっと荒々しい阿武隈川の奔流を(*^-^)

水音高らかに
[2013/10/27 水音高らかに] <↑ Clickで拡大>

もう、川の流れの音が凄かったんですよ(^◇^;) あんなに賑やかな川音の中に暫くいると、音の聞こえ方さえ変わってきそうなくらいでした。 阿武隈川としては上流部にあたると思いますが、支流がどんどん合わさってきて、水量がどんどん増えてくるのが分かるくらいです。

人入らずの森
[2013/10/27 人入らずの森] <↑ Clickで拡大>

対岸は南向きになっているせいか、色付きが良く進んでいます。 ただし対岸へと渡河する術はありませんので、余程のことが無い限り人の足跡がつくこともないのでしょう。 行けないところは余計に良さそうに見えるという心理ですが( ̄▽ ̄i)ゝ

新甲子遊歩道・はんの木通りの落岩

遊歩道はこの先で通行止めとなります。 今ひとつリアル感が伝わりませんが、崖の上から転がり落ちてきた巨岩で、道は塞がれてしまっています。 ギリギリで川縁を越えて進む事も可能ですが、ボクらは深追いしないで戻る事にしました。

頭上の崖には亀裂の入った巨岩が顔を覗かせていますから、いつ何時大きな地震でも来たらと思うと・・・ヾ(;´Д`A

青葉一服
[2013/10/27 青葉一服] <↑ Clickで拡大>

とても魅力的な枝振りと葉の付き方のカエデがあります。 まだ色付きはほんの少しですが、これが見事に色付いていたらと思うと、ちょっ残念でもありましたね。
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

「東京ラーメンショー2013」へのコラボ出展を前にして、期待と緊張に満たされている「麺屋 信成」さんです。 出展へのオッファーからまるでジェットコースターのような目まぐるしい日々を過ごしつつ、気が付けば開催までいよいよカウントダウンってほど目前となって来ました。

麺屋 信成

そんな日々の中、ちょいとご店主様にお遊びに付き合って頂きました( ̄▽ ̄i)ゝ まああくまでも新味の可能性を探る為の試みだったのですが、快くお付き合い頂きました。 勿論、お客様のオーダーを先決して頂いて、手の空いたところでのお遊びですヾ(´▽`;)ゝ

麺屋 信成 試作品 カレーラーメン

パッと見た目ではレギュラー・メニューとは変わらないと思います。 何せ載せモノから基本仕様まで一切変更はしておりませんから。

麺屋 信成 試作品 カレーラーメン

実は以前から“あったら嬉しいメニュー”と思っていた「カレーラーメン」の可能性を探ってみました。 人気メニューのカレーつけ麺に使われている“カレー玉”をベースに、簡単マッチングを試して頂きました。

ベーススープには10時間炊いて引き出したトンコツスープ。 そこに小鍋でカレー玉を溶き合わせて、味の微調整だけをして頂きました。

麺屋 信成 試作品 カレーラーメン

麺は豚骨らーめんにも用いられているレギュラータイプ。 やはりカレー玉の効果はちゃんと伝わって来ますし、ベーススープの高いポテンシャルがグイグイっと旨味を押し上げてくれます。 勿論、ちゃんとした設計図を想定した試作ではなく、可能性を探る為だけのトライでしたが、根本的に何が必要なのかを感じ取らせてくれました。

本当に魅力ある製品に昇華出来るかはまだまだ未知数ですが、大仕事が終わり燃え尽き症候群にならないように、次のテーマを目前にぶら下げておくのもファンとしては楽しいものです(;´^д^`)ゞ きっと大舞台に立ったご店主様は、とてつもなく多くの技を手にして凱旋してくれるものと確信しています。




「黒醤油ラーメン (700円)」

麺屋 信成 黒醤油ラーメン

押しも押されぬ「麺屋 信成」さんの看板メニューへと成長したこの一杯に、多くのファンが恋してると言っても良さそうです(o^-^o) だって、定期的に勝手に禁断症状に見舞われちゃう方はとても多いみたいですよww

麺屋 信成 黒醤油ラーメン

まあそう言うボク自身も完全に黒醤油中毒に掛かっている訳でして、隙を見つけては暖簾を潜っている一人です。 この香り高い濃口醤油とチャーシューの煮汁の華やかな風味。 口に含めば濃厚な醤油テイストに甘味と旨味が追い打ちを掛けます。

麺屋 信成 黒醤油ラーメン

特製の低加水ストレート中細麺は、いつもながら、ザクッとしたリズミカルな歯触り。 小麦粉の香りをほんのりと立てながら、濃厚醤油テイストと共に一気に喉を滑り落ちてしまうという、手繰っても手繰っても食べ飽きない味わいは、まさに“魔性の醤油らーめん”ですO(≧▽≦)O




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度