FC2ブログ

大沢沼の朝景

「曲沢沼」の隣にある「大沢沼」にも立ち回ってみました(*^▽^*) 東岸側はジュンサイの水草で湖面が覆われていて、景色としては少々残念なのですが、比較的繁殖の進んでいない場所は好天とほぼ無風のお陰で、なかなか見応えのある水鏡が見られました。

朝陽に映える大沢沼
[2013/09/29 朝陽に映える大沢沼] <↑ Clickで拡大>

ここは昨年見つけた場所♪ ベテランの地元カメラマンさん達が大切(ナイショ)にしていたのでしょうけど、ガイド付きの写真撮影隊なども訪問するようになり、徐々に秘匿性は失われつつあります(^◇^;)

波紋の水鏡
[2013/09/29 波紋の水鏡] <↑ Clickで拡大>

入り江の奥は水草で覆われてしまっていますが、この水草の下は小魚たちの大切な隠れ蓑にもなっています。 岸辺の葦の陰は水鳥達の憩いの場。 不意に水鳥が飛び立ったのですが、風景撮影のセッティングにしてあったカメラでは、とてもその姿を撮り納める事は出来ませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

その置き土産で湖面には波紋が経ちまして、クリアだった水鏡に立体的な表情を作ってくれました。

秋の兆し
[2013/09/29 秋の兆し] <↑ Clickで拡大>

秋が深まれば、素晴らしい色付きを楽しませてくれる木々の森では、モミジが色付き始めていました。 撮影から一週間が経っていますので、今はもっとその色を深めている事と思います。

孤独の蘖(ひこばえ)
[2013/09/29 孤独の蘖(ひこばえ)] <↑ Clickで拡大>

湖面に頭を覗かせている灌木から生えた蘖は、一足先に色付き始めていました。 撮影中は気付かなかったのですが、湖面の水草には花が咲いた後のシベが残っていました。 果たしてこの水草がジュンサイなのかは分かりませんが、もしそうだとしたら1.5cmほどの小さな赤い花を咲かすハズです。 開花の時期もあやふやですが、撮れるチャンスがあれば是非とも♪o(*^^*)o

湖畔の木陰から
[2013/09/29 湖畔の木陰から] <↑ Clickで拡大>

森の空気を胸一杯に満たして、ボクらは帰途に就きました(*^_^*)
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

新進気鋭の漆黒系ラーメンを楽しませてくれるお店「支那そば 墨家」さんでは、先月下旬頃からグランドメニューへの移行が示唆されておりました。 その先陣を切ったのは、お待ちかねのコチラですヾ(^▽^*

「味噌ラーメン (760円)」

墨家 味噌ラーメン

ほぉ~♪ そう来ましたか(〃∇〃) 現状では唯一の野菜盛り系メニューですね。 味噌は自家醸造の二年熟成を用いているそうですが、所謂“田舎味噌”っぽいキレのある味ではなく、適度に練れた、そして塩味が旨味へと進化しているようなテイストです。

墨家 味噌ラーメン

チャーシューはほぐし身があしらわれています。 ちょいと醤油味がシミシミになっているこの部位が、優しい味噌テイストのお味を押し上げまして、なかなか秀逸なんですね♪ 寸止めってところで、しょっぱさを感じさせない濃度に抑えられていますので、このほぐし身チャーシューの塩味でバランスが整えられます。

墨家 味噌ラーメン

モヤシは炒め煮では無く、茹でモヤシのトッピングとされています。 まだ最終的にどのようにブラッシュ・アップされていくのかは分かりませんので経過観察と言う事で(* ̄∇ ̄*) ちょっと甘さの感じられる大振りなメンマは、柔らかくも心地佳い歯触りと共に、甘味の変化球を添えてくれますので、全体像に豊かな印象が加わりますれ。

墨家 味噌ラーメン

麺は支那そばと同じ中細ストレート麺でしょうか? 味噌ラ~用としては細目ですが、滑らかな舌触りと豊かなスープの持ち上げが楽しめます。 マイルドな味噌テイストは、品の良い味わいに纏められています。 荒削りな印象が無く、とてもスマートな味わいとされていますので、どなたにも安心してお薦め出来ますねヾ(^▽^*




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど