FC2ブログ

麺や うから家から ~福島県福島市松川町~

今更ながらと言うくらい遅まきながら、県北エリアの名店「麺や うから家から」さんを初訪問致しました( ̄▽ ̄i)ゝ 今更言うまでもないですが、福島大学にほど近いJR金谷川駅前に暖簾を掛けられており、「麺や 七彩」の阪田さんによるプロデュースを受けて、自家製麺・自然派ラーメンで知られるお店です(^^)

麺や うから家から

実は以前にも訪問を試みたのですが、敢え無く暖簾落ちの憂き目に遭いまして、再訪を誓いつつもズルズルとチャンスを逃し続けておりました(>▽<;; 今回は“ぜってぇ~食べる!(`・ω´・ ;)”と強い意思を持って、早めに出立致しました。

さすがに人気店だけあって、ボクらが訪問した時には、お店の外までお客様の行列が出来ていましたが、運良く車もデポ出来ましたΣ(゜▽゜;) 入り口右の券売機で所望するお品のチケットを買い求めますと、カウンター席のみの店内壁際に配した椅子に座り、女将さんの誘導に従って順送りに横にズレ座りしながら待ちます。

「ちゃーしゅー麺 中盛 (950円)」 (普通・150g、中盛・200g、大盛・250gは同料金)

うから家から ちゃーしゅー麺 中盛

“喜多方らーめん”のスタイルだと言いますが、喜多方でもちょっとお目に掛かれそうもないような、とてもステキなチャーシューに目が釘付けです♪ 見ての通り丼の表面を覆う油分も、なかなかのモノに思えます。 フワリと鼻腔に届くニボシの香りが喜多方っぽさを伝えて来ますが、これはどちらかと言えばオリジナリティーの方が上回っている気がします。

うから家から ちゃーしゅー麺 中盛

豚バラ肉を利したチャーシューは、充分な厚みと過度に熱を加えすぎていない柔らかさが伝わります。 洗練度の高さは素晴らしいものがありますし、低温真空調理と思われますが、ジューシーと言えるような肉質の良いところを引き出した技巧は見事です!

丸鶏と鶏ガラ、モミジ、野菜、ニボシなどから引かれたスープは、自然派云々を抜きにしてこれまた洗練された、そして物足りなさなどを全く感じさせない旨味を楽しませてくれます。 後味にマイルドな甘味に包み込まれるような余韻が感じられました。 醤油タレのアタリは心もち強めの効かせ方ながら、角のない円やかな口当たりで、極味にも通じる複雑な旨味感が広がります。

うから家から ちゃーしゅー麺 中盛

白眉と思えたのはこの自家製麺!w( ̄▽ ̄;)w オリーブオイルが練り込まれているそうですが、その効果によるものなのか、このしっかり縮れの多加水系太麺は、ニュルン♪とするような独特の舌触りで驚かされました。 しっかりと茹で上げられていて、火の入り方もちゃんと均質であり、ガッチリとした歯応えを望む向きには対極かも知れません。 しかし、モチッとした弾力のある歯応えは、このタイプの麺ならでこそのお楽しみ♪

これまた申し訳ありませんが、喜多方でこれに類する麺には、ボクはまだ出会った事はありませんσ( ̄、 ̄=) 創意工夫の積み重ねと、麺打ちする方のキモチが込められているように思えて仕方ありませんでした。 久しぶりに心の琴線に響く麺を口にしましたO(≧▽≦)O 開店以来人気店であり続けているのも納得でした。

たった一度の訪問で、多くを感じ取れるとは思いませんが、「うから家から」さんのポテンシャルの高さは、実はこの圧倒的な麺の美味しさがあってこそであり、そこを起点にスープや載せモノの枝葉を広げていって大樹に育て上げたように思えました。 ちょっと言い過ぎたかな?( ̄▽ ̄i)ゝ でもそれくらいボクの中では、麺の底力に魅入ってしまったとも言えます。

またこれも大切な要因なのですが、女将さんの分かり易い説明と笑顔の接客は見事です! 勿論キッチンも立派でした。 でも彼女の存在感はお店と対等に思えました。 “店主の原寸大の表現がお店” 久しぶりにそんな言葉を思い出しました(*^▽^*)




麺や うから家から
福島県福島市松川町関谷字坂下71
TEL;024-529-6768
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~20:00
     ※100食売りきりで閉店
店休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分


より大きな地図で 麺や うから家から を表示