FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

台風一過、吹く風はカラリと乾いた秋本番の風情を感じさせます。 朝夕の気温も半袖では肌寒さを感じさせるようになってきました。 このまま秋に突入していくのでしょうか? 厄介な台風や長雨なんてのに見舞われない事を願いたいですね。

中国飯店なるき

さて、吹く風も何とやらと言う事で、そろそろ温かいラーメンの美味しさを、やせ我慢無しに堪能出来る季節となって参りました。 「中国飯店 なるき」さんを訪問した日は台風到来前のジメッと蒸し暑い日ではありましたが、今の気候なら迷い無く頂きたくなりそうなコチラです。

「味噌タンメン (800円)」

中国飯店なるき 味噌タンメン

「なるき」さんで味噌系を頂く時はシンプル&ストレート中細麺仕様の味噌ラ~を所望することが多いのですが、この日は久しぶりに自家製の極太麺を頂きたくなりました♪

中国飯店なるき 味噌タンメン

味噌ラ~よりも品目の増える具材には、豚肉も加わっています。 しっかりと炒め煮されたスープに溶かれる味噌は、信州白味噌と仙台赤味噌を独自にブレンド・熟成しています。

野菜から引き出されたナチュラルな甘味と、豚ゲンコツベースのスープの旨味が、上品な味噌の味わいでより一層美味しく楽しめます♪

中国飯店なるき 味噌タンメン

箸で持ち上げたくても、一向に言う事を聞いてくれないほどガッシリとした強靱な極太麺は、お店の看板メニューとして屋台骨を支え続けて来た“伝家の宝刀”ですヾ(^▽^*

勿論言うまでもなく、その歯応えは未だに市内トップクラス! 強烈な縮れが掛けられており、口に運ぶ時には注意しないと、麺に絡んだスープを衣服にまで撒き散らすほどの弾力です(^◇^;) と、言いつつ、今回も3発ほど着弾しまして帰宅後に着替えることに・・・(⌒▽⌒;)

良く言われるワシワシとした噛み応えってのがそのまま当てはまる食感は、実は意外と濃厚な味になっている味噌タンスープと見事に合っていると思います。 麺量も多めですので良く噛んで食べれば、充実の満腹感を楽しませてくれます。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る