FC2ブログ

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

約一ヶ月ぶりの記事挙げですが、相変わらず鬼リピ中の「みたか食堂」さんです(^^) 盆明けから都合三回訪問していたので、まとめ挙げです( ̄▽ ̄i)ゝ

みたか食堂

いつの間にか暖簾が真新しくなっていました。 藍染めに白抜きの暖簾は、パリッとした仕立ての痕跡がまだまだ健在です。 風雨に曝されながら、いつの間にか風景の一部として溶け込んでくるのでしょうね(*´∇`*)

さて、盆明けのこの日は、久しぶりにご飯にありつくことが出来ましたので、この夏の高回転リピート・メニューを所望致しました♪

「もりそば+半カレーライス (500円+350円)」

みたか食堂 もりそば

もりそばの盛り加減が今ひとつ伝わりにくいと思いますが、製麺所製の生蕎麦とは言え、標準的な食堂系もりそばのレベルから見たら、優に大盛レベルのボリュームです。 平均的な女性なら“多すぎる”と感じられるくらいはありますから、これだけでも充分に幸せを噛み締めることは出来ましょう(^▽^)

みたか食堂 もり中華

やや幅広タイプの蕎麦は、今ではそんなに多くなくなってきたかも知れません。 細目の蕎麦が主流になって来ている昨今、ちょっとノスタルジックささえ漂わせます。 例によって漬けダレは秀逸! 厚削りの旨味が存分に引き出されており、カエシの甘味と醤油テイストの豊かさは、角の立たない円やかな味わいに仕立てられています。

この漬けダレがケチケチしないで蕎麦猪口にたっぷりと注がれておりますので、共添えされる蕎麦湯まで存分に味わいを堪能出来ますよ♪

みたか食堂 半カレーライス

暫くご無沙汰だったカレーライスo(*^^*)o 何せご飯が売り切れの憂き目で、最近はなかなか頂けなくなっていますΣ(゜▽゜;) ドロッと粘性の高いカレールーは、とてもメリハリの効いた濃ゆい味わい。 甘味と辛味、そしてスパイシーな味わいがドッと口中に広がり、ご飯をしこたま美味しく食べさせてくれます。




この日もご飯欠品(^◇^;) まあ仕方ないです。 盆明けから数日が経ち、いつも通りの賑わいを取り戻していました。 ちょっと残暑が遠のいたような日でしたので、この日は久しぶりに焼きそばを頂く事にしました。

「焼きそば (600円)」

みたか食堂 焼きそば

イイ感じに仕立て上がってきました。 これもまた、パッと見た目よりもモリモリです。 と言うのも、白皿なので騙されやすいのですが、結構深さがあるんですね。

みたか食堂 焼きそば

麺量もさることながら、モヤシやキャベツが意外と沢山入っていますので、ストイックに麺を食べました感は希薄です。 どちらかと言えば野菜喰った感の方が上回る感じです。

みたか食堂 焼きそば

味付けは控え目にされていますので、卓上配置の自家調整ソースを掛け回して好みの味で楽しむのが流儀です(*^_^*) マヨネーズも配置されていますので、ソースだけで飽き足らない方は、更なる濃醇な味わいを探訪することも可能ですよww

「餃子・5個 (350円)」

みたか食堂 餃子

こちらはお初のオーダーです♪ 以前から気になっていたのですが、焼きそばのお供なら軽くヒネられるだろうと踏んで所望してみました。 でも、やっぱり流石は「みたか食堂」さん。 世間一般の餃子よりも一回り大振りでしたヽ( ̄▽ ̄i)

みたか食堂 餃子

たっぷりと野菜が鋳込まれた餡は、下味が薄目にされており、どっぷりと酢醤油に浸して頂けます。 みじん切りにされた野菜には、あまり大きさのバラツキが無くて、そんな小さなところにもご店主様の几帳面な性格が垣間見えました(^^)




で、この日もご飯は売り切れ欠品(T△T) でも残暑の戻りで蒸し暑い夕刻だったので、こちらで存分に楽しませて頂きました。

「冷し中華 大盛 (700円+100円)」

みたか食堂 冷し中華 大盛

むむむΣ(゜▽゜;) 自分で所望しておきながら言うのも何ですが、盛り具合がの違いからか、お皿からはプレッシャーが感じられます(^◇^;)

みたか食堂 冷し中華 大盛

卓上配置のマヨネーズを流し込んで、練りカラシと共にスープに溶きながら頂けば、ちょっと甘めの冷や中スープに酸味と油分、そして辛味が加わる事で一気にディテールアップです。

みたか食堂 冷し中華 大盛

キリリと冷水で洗い締めされた麺には、甘じょっぱ辛い冷や中スープがたっぷりと含まれまして、空腹の胃袋に一気呵成に手繰り入れれば、大盛サイズも何のその♪( *´艸`) 心ゆくまで冷や中を堪能出来ます。

夏メニューの冷や中やもりそばも、9月14日までがお約束提供期間です。 昨年は長引く残暑で9月末まで提供されていましたが、今年ももうすぐ終了となってしまいます。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

秋元湖畔のエゾミソハギ

挙げそびれたままになりかけていた写真です( ̄▽ ̄i)ゝ 盆明け後の撮影行脚の時に、ようやく今年のミソハギの撮影を致しました。 ところは秋元湖畔の秋元湖キャンプ場です。 まだ時刻は6時前で、キャンプ場利用者の皆さんも、まだテント内でお休み中のようですので、細心の注意で静粛を保ちます。

ミソハギ咲く岸辺
[2013/08/25 ミソハギ咲く岸辺] <↑ Clickで拡大>

昨年はミソハギの大当たり年でしたが、今年は少々稙密度薄かったですね。 湖面の水位も例年よりも高く、水際は例年よりも大分丘側に移っています。 元々水辺の植物であるミソハギは、逞しくも水面を突き通して花を咲かせています。

朝露に霞む
[2013/08/25 朝露に霞む] <↑ Clickで拡大>

劇的な雲焼けを楽しませてくれた朝でしたが、日の出から暫くは雲が広がっていて、朝露に濡れたミソハギは、朝靄と相まってちょっと幻想的な風情を醸し出していました。

晩夏の朝陽
[2013/08/25 晩夏の朝日] <↑ Clickで拡大>

雲間から朝日が差し込んだ時は、こんなに力強いコントラストも見せてくれました。 来年はどんな咲き具合を楽しませてくれるか、また楽しみにしていましょう(*^▽^*)