FC2ブログ

ラーメン処 宝来軒 ~福島県郡山市並木~

郡山市のうねめ通り沿いから少し北側の通り沿いにある「ラーメン処 宝来軒」さんです。 お仲間Blogeerの「今日もどこかで・・・きっとどこかで」(URL)のAuthor・maxmaxさんが足繁く通っているお店ですね(*^▽^*)

ナゼか今まで訪問する機会を逸しておりましたが、たまたま巧くお店の前に漂着致しまして、お初の訪問と相成りました( *´艸`)

ラーメン処 宝来軒

ロードサイドでは無く、宅地側に一歩入った立地という場所柄か、お客様は漏れなく常連化しているようです。 メニューは極めて潔いものでして、スタンダードなラーメンの他に炒め野菜と共に楽しむタンメン系が数種類。 そして餃子と炒飯といったところです。

maxmaxさんからの情報通り、“自家製麺”が謳われており、夏季限定メニューもございましたので、今回はこちらを頂いてみる事と致します。

「冷し中華」※スミマセン、価格は失念致しました(>▽<;;

宝来軒 冷し中華

ビジュアル的には極めてコンサバな由緒正しい昭和の冷や中って感じですね(*^▽^*)

宝来軒 冷し中華

載せモノ各種も基本に忠実ですが、短冊切りとされたハムの他に、バラ肉チャーシューが一枚振る舞われております。

宝来軒 冷し中華

練りカラシもちゃんと手練りにされていますね(^^) スープに溶いた時に、サッと馴染んでくれるので、この辺の一手間は嬉しいところです。 昨今標準となりつつあるマヨネーズは附されておりませんが、割とスッキリとした冷や中スープでしたので、マヨ無しの方が相性は良さそうに思えました。

宝来軒 冷し中華

注目の自家製麺は、中麺ストレート。 麺を口にしてみれば適度な弾力。 軽く引きながら噛めば、伸びながらプッツと歯切れますね。 キッチリと洗い締めされているので、クリーンな印象が伝わって来ます。

冷や中スープは、やや酸味の勝った醤油テイスト。 甘味は抑え目で濃度も控え目ですので、酢醤油系のお味が好みなら、難無く飲み干せてしまうと思います。 人を驚かせるような強烈な個性こそありませんでしたが、隙のない構成力はさすがの手練れです。

ご夫婦二人で切り盛りされているようですが、キッチンの磨き上げられたステンレス地肌が目映いばかりです。 徹底したクリーンリネスが行き届いた、それは見事なキッチンでした。 カウンター越しに丸見えになってしまうキッチンが、ここまで清潔に保たれていると、とても気持ちの良いものですし、ご店主様への信頼も厚くなるというものでしょう。

お店の人気メニューは、やはりタンメン系というのは間違いないようです。 この日私が気付いた限り、お客様方全てのオーダーはソチラでした(^◇^;) そんでもって、今になってから思い出したのですが、お店のご近所に住まう友人宅で25年ほど前に度々ご馳走になっていたのは、ここ「宝来軒」さんの「みそらーめん」でしたw( ̄▽ ̄;)w




ラーメン処 宝来軒
福島県郡山市並木3-5-20
電話番号;0249-23-1331
営業時間;11:00~15:00
駐車場;店舗前に3台分ほど


大きな地図で見る
 

晩夏の秋元湖

ちょいと記事挙げの順番が入れ替わってしまいましたが、「三ノ倉高原」の向日葵畑を撮影に出掛けた日の“朝の収穫”です(*^▽^*) この日は旧友C君がリードしてくれまして、私とサッチンさんをお連れ頂きました♪

徐々に日の出時刻が遅まって参りましたので、陽の出狙いなら3時出立で余裕で秋元湖の堰の上立つ事が出来ます。 でも日に日に朝の冷え込みも厳しさを増して来ましたので、防寒用の長袖シャツを用意してと♪( *´艸`)

用意していたのに、ナゼか車に積み忘れたことに気付いたのは、既に数キロ走った後でしたorz

まあそんな出オチをやらかしてしまったのですが、旧友C君の抜け目無さで、トランクルームには百均レインコートが積んであったんだなヽ( ̄▽ ̄i) これを一着頂戴して、12℃ほどまで冷え込んだ中、撮影を堪能致しました。

予兆の空
[2013/08/25 予兆の空] <↑ Clickで拡大>

まだ空に星が見えるくらいから撮影を開始。 前日の夕刻には、郡山でも見事な夕焼けが見られたのですが、どうやらこの空模様は色付いてくれそうな気配が漂っていますよo(*^^*)o

燃える秋元湖
[2013/08/25 燃える秋元湖] <↑ Clickで拡大>

はい! 焼けましたぁ~♪v(≧∇≦)v サンデーカメラマンのボクにとっては、こういう朝焼けを撮影出来るのは年にほんの何回かだけです。 幸運でしたねぇ~ 約10分間の朝のドラマでしたが、本当に幸せな時間を過ごさせて貰いました。

秋元湖の朝景
[2013/08/25 秋元湖の朝景] <↑ Clickで拡大>

陽の出自体は今ひとつイイ絵にならなかったのですが、この釣り船を湖面の反射の中に捉えられたら、ちゃんとしたお駄賃になったんですけどねぇ~( ̄▽ ̄i)ゝ カメラのセッティングが間に合わず、あと約3秒早くシャッターが押せたらと悔やむショット。