FC2ブログ

喜龍 ~福島県郡山市田村町金屋~

国道49号線沿い、日大交差点より約100mほどの道沿いにある「喜龍」さんを初訪問致しました(*^▽^*) 以前からタレコミ情報を頂いてはおりましたが、なかなか訪問機会に恵まれぬまま、ズルズルと時が過ぎてしまっておりました( ̄▽ ̄i)ゝ

喜龍

暖簾を潜ってみますと、どうやらご夫婦で切り盛りされているようです。 壁一面に多彩にしてお得なセットメニューが告知されております。 しかしそれ以上の驚きは、決して大箱とは言えないお店で、調理はご店主様が全て担っておられるのに、驚くほど多様なメニューが用意されている事です(〇o〇;)

中華全般何でも来い!

といった気概が感じられますね♪( *´艸`) こりゃあ、何を食べたいと決めあぐねながら暖簾を潜っても、何かしらコレっ!といったお品に巡り会えそうですよ。 何せ冷や中だけでも四つのスープから選べると言うのですから、他に類を見ないお店かも知れません( ̄ω ̄;)

まあ、そんな訳でご多分に漏れず、ボク自身も暫くメニューとニラメッコだ(^◇^;) 何を頂いたら今の自分が幸せになれるかとww すると、あの“幻の名シェフ”に散々楽しませて貰っていたアレを見つけて、勝手に味とボリュームの記憶を重ねちゃいました(>▽<;;

「天津丼 (770円)」

喜龍 天津丼

思い切り普通のサイズで、ある意味安心しました( ̄▽ ̄i)ゝ まさかの宴会大皿仕様で来ちゃったら、どう乗り切ろうかと思ったんですけどね(>▽<)b

喜龍 天津丼

カニ玉の焼き具合はパーフェクト!w( ̄▽ ̄;)w 見事に美しい色合いを醸し出しています。 ちょっと具材が少な目なのはご愛敬(^◇^;) お陰でフワフワで滑らかな舌触りを満喫出来るんですね♪

喜龍 天津丼

驚いたのはこの餡ですよ! 何と酢醤油テイスト満点で、ほとんど甘味を感じません。 多分こういう味付けの天津丼の餡は、当地ではかなりの少数派かと思います。 ボクは根本的に強い酸味は苦手なので、ちょっと苦戦する事になりましたΣ(゜▽゜;)

加えて共添えされていたスープも、何故か酸味があしらわれていました(⌒▽⌒;) もしかするとご店主様は、相当酸っぱいモノ好きなのでしょうか? 甘めの天津丼に納得のいかない方には、正に朗報! こういう味わいの表現も大いにアリだと思います(^^) スッキリ爽やかな天津丼ならココを推薦致します♪

この地に暖簾を掛けて約30年になるそうですから、もう老舗の域に入っていますね。 きっと日大工学部を学舎にしていた方々にとっては、忘れられないお店の一つでしょう。 古馴染みの常連客が多いようですが、味やボリュームもさることながら、ご店主様夫妻のお人柄にも惹き付けられているようにも思えます(*^▽^*)




喜龍
福島県郡山市田村町金屋新家34-1 ‎
電話;024-943-1899
営業時間;11:00~22:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分ほど


大きな地図で見る
 

三ノ倉高原の向日葵

今週の日曜日は、旧友C君からの嬉しいお誘いで、例によって夜明け前から撮影行脚へと出掛けました♪ 立ち回り先の順番を繰り上げて、今が見頃を迎えている喜多方市の「三ノ倉高原」の向日葵畑を先に挙げます。

実は昨年はその存在を知り、是非とも訪問したいと切望しつつも、サンデー・カメラマンの悲哀でスケジュールを立てることも出来ずに見逃してしまったという、個人的な“曰く付き”の撮影地です( ̄▽ ̄i)ゝ

圧倒的な稙密度とスキー場のゲレンデというロケーションの良さもあって、新聞やローカルテレビの取材による情報露出が連日のようにあり、皮肉なことにスキーシーズンにはお目に掛かれないような沢山の来訪者で賑わっておりました(>▽<;;

向日葵坂
[2013/08/25 向日葵坂] <↑ Clickで拡大>

喜多方から米沢へと通じる国道121号線を大峠方面に向かいますと、いつの間にかバイパス道路が整備されていました。 お陰でとてもスムーズに現地入りする事が出来ました。 スキー場へと向かう曲折路は流石に勾配がきついですけど、道路は良く整備されています。

駐車場では誘導員さんが常駐していて、整然と空きスペースへと案内してくれました。 ボクらが現着した9:30頃はまだ余裕がありましたが、約2時間後には駐車場どころか、接続道路は約2kmほどの渋滞が・・・ノ( ̄0 ̄;)\ 凄い人気なんですね!

Yellow Carpet
[2013/08/25 Yellow Carpet] <↑ Clickで拡大>

先に見頃を迎えていた山小屋くらら北部エリアは、既に満開を越えてコンディションは低下していました。 それに代わって満開を迎えていたのは西部エリアです。

直視線
[2013/08/25 直視線] <↑ Clickで拡大>

まあこのエリアが見事の一言!v(≧∇≦)v 向日葵の鮮度抜群ww しかもスキー場のゲレンデらしく、程良いアンジュレーションが向日葵の花々に奥行き感を演出しています。

高原の賑わい
[2013/08/25 高原の賑わい] <↑ Clickで拡大>

向日葵畑の中には周遊ルートが造られており、見晴らしの良い場所には観望スペースがあります。 標高664mって立て札がありました。 眼下には喜多方の緑の大地が見下ろせます。

笑顔満面
[2013/08/25 笑顔満面] <↑ Clickで拡大>

圧倒的な向日葵畑は、県内最大級の5.4haで150万株にも及ぶそうです。 その数字に実感が無いのですが、とにかく目の当たりにすればイッパイということだけは分かります(^◇^;)

見晴るかす向日葵
[2013/08/25 見晴るかす向日葵] <↑ Clickで拡大>

そんな折、向日葵畑の西側斜面では、パラグライダーが優雅に空を舞っていましたw( ̄▽ ̄;)w あんな処から見下ろせたなら、これまた絶景なんでしょうね。

見守りたい
[2013/08/25 見守りたい] <↑ Clickで拡大>

高原から南を見れば磐梯山の稜線も見えます。 この黄色い絨毯の全てが向日葵畑です。 何とも美しい風景です( *´艸`)

Boys on The Hill
[2013/08/25 Boys on The Hill] <↑ Clickで拡大>

向日葵畑の傍らには“熊出没注意”の立て札がそこここに立てられています。 そんな立て札の僅か15mほど路肩に、まだ新しい熊の糞がありました(゚ロ゚屮)屮 リアルに熊注意!