FC2ブログ

五色沼探勝路と湖沼群 その1

ここもまた人気の高いトレッキングコース「五色沼探勝路」を桧原湖側の入り口・柳沼脇から足を踏み入れます。 まだ本格的な夏の暑さになっていなかったので、木々の生い茂る探勝路を歩いても、ほんのりと心地佳く汗が滲む程度です。

シダの香り
[2013/06/02 シダの香り] <↑ Clickで拡大>

ここでもシダの葉が一気に開き始めており、強い香りを周辺に漂わせています。 これが何とも清々しく感じられるのは、梅雨入り前のこの時期だからこそかも知れません(*^▽^*)

朝の木漏れ日
[2013/06/02 朝の木漏れ日] <↑ Clickで拡大>

歩を進めるほどに森の若葉と木々の間から差し込んでくる朝の光は、つい何度も足を止めて見上げてしまうほどの爽快さに満ちていました。

エメラルドの誘惑
[2013/06/02 エメラルドの誘惑] <↑ Clickで拡大>

青沼はまだ朝の射光がほぼ正面から射しており、写真撮影のイメージにそぐわないので、立ち位置を変えながら撮ります。 帰り足にはもう少し日射角も変わるでしょう。

初夏の磐梯山
[2013/06/02 初夏の磐梯山] <↑ Clickで拡大>

お決まりの構図ですが、ついつい撮らされてしまうのが瑠璃沼から望む磐梯山です。

瑠璃沼
[2013/06/02 瑠璃沼] <↑ Clickで拡大>

湖面への写り込みも楽しめますヾ(^▽^* どなたが撮っても絵になる場所です。

迸水
[2013/06/02 迸水] <↑ Clickで拡大>

豊かな水流のお陰で、いつも濁りのない美しい景色を楽しませてくれます。
 

中華ジャスミンの花 ~福島県郡山市中町~

陳今春、フロンティア通り沿い「チサンホテル」の1Fから移転したばかりの「中華ジャスミンの花」さんを初めて訪問致しました(*^▽^*)著名な中国料理人さん達と親交が厚いと聞いておりますが、以前料理長を務めていた地元の老舗中国料理店でも、その人脈をもって陳健一氏を招いてのイベント開催はボクの記憶にも残っているところです。

中華ジャスミンの花

以前はホテルの1Fテナント店舗だったこともあって、何となく足が向かなかったのですが、今度はビルのテナントとは言え完全に独立した店舗ですので、受ける印象自体も随分と変わりました。 地元でも重鎮料理人さんとして名の挙がる方ですので、とても楽しみに訪問致しました♪(〃∇〃)

「ピリ辛麻婆豆腐膳 (1,180円)」
[ライス、ザラダ、スープ、飲茶、漬物、デザート、ドリンク付き]

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

やはり最初はキホンと言う事で、麻婆豆腐をメインに据えた「膳」を所望致しました。 これはお昼時に仕事絡みのビジネス・ランチにイケそうですね(*^▽^*)

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

ある程度変化があるのかは分かりませんが、この日の飲茶はカニ焼売でした。 ちゃんと手作り感が前面に出ており、皮の中にはジューシーな肉汁も楽しめました。

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

野菜やワカメが配された卵スープ。 彩り良く品の良いお味に仕立てられていました。

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

真っ赤っかというほどでは無いにせよ、タップリとしたラー油の見取れる麻婆豆腐は“ピリ辛”との表記の通り、麻辣耐性がある程度身に付いている人にとっては、ほんの中辛口程度にしか感じません( ̄▽ ̄i)ゝ そんな訳で、どなたでも安心して楽しめる“ピリ辛”に納まっています。

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

オン・ザ・ライスでお楽しみ♪(〃∇〃) 花椒のスパイシーな香りもチラッと楽しめるのですが、塩味や豆板醤テイストは少し控え目にされておりますので、ご飯と共に頂きますと更にマイルドな味わいとなります。 塩分摂取に注意しておられる方には、こういった仕立て方は喜ばれそうですねヾ(^▽^*

ジャスミンの花 ピリ辛麻婆豆腐膳

デザートには杏仁豆腐が♪ 甘めのシロップはなかなか良いお味でして、手作りならではの滋味溢れるお味で満足度は高いです。 手練れの仕事と感じさせる一品でした。


多分、希望すれば牙を剥くような麻辣テイストでも朝飯前に仕立ててみせるご店主様だと思いますので、機会があれば是非ともズドン!と一撃、頂いてみたいものです。




中華ジャスミンの花
福島県郡山市中町5-26 ナナミビル1F
電話;024-921-7887
営業時間;【昼の部】11:30~14:30【夜の部】17:00~22:00(LO=21:30)
定休日;日曜日


大きな地図で見る