FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2013 6日目レポ 「どみそ」「麺家いろは」

本日5月5日は、多分今開催中最多の来場者数を記録したものと思われます。 ボクが家族連れで訪問したのは19時を少し回っていましたが、会場内は熱気さえ感じられるほどの客入りで、ラーメンチケット販売所にも行列が出来ているし、勿論各ブースにも行列が出来ていましたし、飲食ブースからあぶれたお客様方も少なくありませんw( ̄▽ ̄;)w

ふくしまラーメンショー2013 会場

ボクは本日はフルコンプが前提でしたので、未食の2軒を制覇するのが先決でした。 全く行列が引くどころか、益々長蛇と化していた「どみそ」さんに並ぶ事にします。

ふくしまラーメンショー2013 会場 「どみそ」

都合三列の折り返しの後に、約30分ほどのウエイティングでようやく落手出来ました♪ 茹で時間3分と言われる「どみそ」さんの麺ですが、手際の良さはさすがでして、驚異のオペレーションと言う他ありません。 多分、不馴れな出店社さんが同じ杯数を捌くのには倍以上の時間を要すると思います。

ふくしまラーメンショー2013 どみそ・東京スタイルみそらーめん

見るからに濃ゆいスープ(^◇^;) 確かに実際にもその通りでして、動物系と魚介系のダブルスープとは言いますが、パンチの効いた味噌の押し味で全てが括りとられている感がありました。 それがまた抗し難い分厚い旨味と味噌テイストが効きまくっておりまして、突き出しで一気に土俵から押し出されたキブンです(;´艸`)ぁぁぁ

ふくしまラーメンショー2013 どみそ・東京スタイルみそらーめん

それだけ濃ゆい味わいなのに、諄さでハングしないのは、この生ニラの風味や甘いコーン、ほぼ生に近いほどサッと茹でられたモヤシの瑞々しさの後押しが効果的とも言えます。 適度な辛味も仕込まれている味噌スープには、生姜テイストも仕込まれており、こうしたスパイス系要素などが複雑に混じり合った事で、ほぼ魔力的な中毒性が醸し出されているようです(`・ω´・ ;)

ふくしまラーメンショー2013 どみそ・東京スタイルみそらーめん

むっちりとするほどの弾力性と噛み応えのある縮れ太麺は、最後までその食感に衰えの兆しはなく、存在感溢れる食べ応えを楽しませてくれるばかりか、件のインパクト豊富な味噌スープに力負けしないタフネスさがありました。 イベント開催から連日長蛇の列を作り続けた作品です。 確かにこの食べ心地は、ブースのファサードの売り文句に相応しい実力に満ちていました(*^▽^*)




一方、昨年の「ふくしまラーメンショー2012」売上げ杯数No1を獲った「麺家いろは」さんは、この親イベントたる「東京ラーメンショー」でも4年連続第1位の金字塔を打ち立てた、まさに“ラーメン界のKing of Kings”です。 常に追われる立場ながら、その輝きに未だ曇りがないのは、店主・栗原さんの桁外れの底力によるものなのでしょうか?(⌒▽⌒;)

昨年の「東京ラーメンショー」では3年連続No1のタイトルを獲った「富山ブラック」を封印(殿堂入り)され、新たに「富山シロエビらーめん」での再挑戦となりましたが、又もやタイトルを獲ってしまうという、とんでもない離れ業をやってみせたのは記憶に新しいところです。

ふくしまラーメンショー2013 麺家いろは・富山ブラック

今回の「ふくしまラーメンショー2013」には、前回ブッチギリの人気を博した「富山ブラック」を引っ提げてのエントリーですO(≧▽≦)O

会期中行列の絶えることの無かったこのブースもまた、恐ろしいほどのオペレーションが出来上がっています。 そんな訳でチケット販売所が閉鎖された後の15分でアッと言う間に行列は消化されまして、この時間を狙い撃ちして無芸大食妻が引き替えに行ってくれたのですが、信じられないほどの早さで席に戻ってきました。 勿論その手の中には、出来たての「富山ブラック」が・・・(゚ロ゚屮)屮

ふくしまラーメンショー2013 麺家いろは・富山ブラック

魚醤を長時間煮詰めて造られた醤油ダレは、漆黒と言うべき黒さではありますが、アミノ酸系の旨味は豊富なのに、塩味は円やかに整えられています。 丸鶏の出汁にニボシ、昆布、鰹節などの味わいをブレンドしたスープですが、今年は昨年の味とかなり異なっていたように思えます。

鶏出汁の旨味がちょっと浅く、変わってニボシ系の風味が一歩前進。 そして醤油ダレの甘味を伴うようなコクと旨みが影を潜めています・・・( ̄  ̄;) うーん これは自分だけの感じ方なのかと思ったら、仲間達からも同様の印象が耳に届いています。 これは進化なのか? それとも何らかの理由により、味の安定が保てなかったのか? ちょっと悩みどころではございます。

ふくしまラーメンショー2013 麺家いろは・富山ブラック

常に追われる立場になっている「麺家いろは」さんだけに、食べ手の期待も大きいのは致し方ありません。 麺の仕立ても載せモノも、昨年同様に文句無しの仕立て上がりでした。 ひたすら疑問だけが残ったのですが、このイベントに先立つこと約一ヶ月前、「麺家いろは」さんのお土産パッケージを頂きまして、それはお土産用とは言え、一年前のアノ味わいを彷彿とさせるものでした( ̄ω ̄;)




会場内の時計はいよいよ20時を回りましたが、手許には前売りチケットが1枚残っておりましたので、再食チャレンジを♪ 多分これから先、いつ再び食べられるか定かでは無さそうな「鳥取牛骨ラーメン応援団」さんのブースへヾ(^▽^*

ふくしまラーメンショー2013 鳥取牛骨ラーメン応援団・牛骨ラーメン

ブースを預かっておられるメンバー様とはすっかり顔なじみになり、今夜最後の一杯になるだろうからと、あのトロトロチャーシューを増量サービスして貰っちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

ふくしまラーメンショー2013 鳥取牛骨ラーメン応援団・牛骨ラーメン

茹で時間約40秒の低加水ストレート細麺のザクッとした食感に、もやしのシャキシャキとした歯触りと瑞々しさが良く合います♪ 牛脂独特の風味は好き好みが分かれるかも知れませんが、九条ネギが後味をキレイに洗い流してくれます。

これは家内にどのように感じられるかと半信半疑だったのですが、殊の外気に入ってくれました(>▽<)b 見事なご当地ラーメンでした! また出会えるチャンスがあれば、何としても頂いてみたいです( *´艸`)
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

ちょっとブレイクで、ボクのホームのお店に御案内ヾ(^▽^* ここは国道4号線沿い富久山町地内にある、老舗の中国料理店「中国料理 なるき」さんです。 通し営業のありがたさもさることながら、永年慣れ親しんだ味は、ある意味自分の中のベンチマークとなっています。

中国飯店なるき

少々春らしさの漂う日でしたので、久しぶりにスタンダードなラーメンに立ち返ってみましたよ♪ この日の調理担当は、お兄ちゃんでした。 お兄ちゃんの調理は、もうほとんどお父さんと遜色ないレベルで安定して来ましたけど、それなりに個性が出るのも面白いところなんですo(*^^*)o

「醤油ラーメン (640円)」

なるき 醤油ラーメン

あれっ?何だか油膜が・・・o( ̄ー ̄;)ゞ

なるき 醤油ラーメン

多いですよね?(^◇^;)

未だかつて「なるき」さんで、これほどの油膜の張ったラーメンを頂いた事はありませんでした。 これは一体どうした事なのでしょうか? と、思いつつも、何故だかニヤけてしまう無芸です( *´艸`)

なるき 醤油ラーメン

香り立ちは特にいつもに比べて芳醇と言う訳でもありませんが、やはり口に運んだ時にオイリーさは伝わって来ます。 そもそも豚ガラベースの大人しい印象のスープなので、この油膜で一気に豪快化するほどではありません。

いつも通り甘めで柔らかなメンマ、しっかりと醤油味の染みこんだチャーシュー、そして決してシャープと言う訳では無いのに、ちゃんと醤油味を伝えてくるちょっと複雑味のある醤油ダレは盤石でブレもありません。

なるき 醤油ラーメン

自家製のストレート中細麺は、やや固めに茹で上げられてきました。 この辺はある程度仕事上のオペレーションでユラギが出るかと思いますが、ピークタイムを外して訪問しますと、一点仕上げでステキな食感を楽しませてくれる事が多いです。

お兄ちゃんの茹で加減は、総じてやや固めに仕上がってくる気がします。 これはお父さんとの微妙な感覚の差かも知れません。 勿論、麺茹でにキッチンタイマーなどは使わず、大鍋で茹で上げられる麺を目で見て手に取り確認しながら、平ザルで一気に湯切りに掛けられます。

心地佳い歯触りににオイリーさも加わって滑らかな舌触りには拍車が掛かっていましたヾ(^▽^* これはちょっと面白い体験をさせて貰いました♪




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る