紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

このところ度々リピートしている郡山市朝日の紅焔酒家 光華」さんにまた行ってしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 丁度、仕事柄通る機会の多い道筋なのも事実ですが、フッと思い立ったら猛烈に足を向けたくなってしまう中毒性のある人気メニューの仕業ですね(^◇^;)

この日は最初に戻って、現在お店の看板商品として着々と人気を高めているお品を頂く事とします。 ただし、同じままでは何ですので、ご店主様からのご厚意の声掛けにあやからせて頂きまして“麻辣マシ”への一歩足を踏み入れる事としましたよ♪((o(*^^*)o))わくわく

「紅焔そば (680円)」 スープ付き

光華 紅焔そば

この日は既に先客様が入店されていましたが、さほど待たされる事もなく手練れの調理手順で仕立て上げられました。

光華 紅焔そば 麻辣マシ

デフォのに比べて、自家製ラー油や花椒で武装はされておりますが、自家製ラー油は多量に使われてはおりません。 一味は増量されている模様ですが、麻辣具合を尋ねられた時に

「人が食べられる程度で・・・( ̄▽ ̄i)ゝ」

と、かなり弱気な事を言いましたので、ご店主様なりにかなり抑え加減に誂えてくれたかも知れません(`・ω´・ ;)

光華 紅焔そば 麻辣マシ

ミントっぽいスースーした風合いの感じられる花椒でしたが、脳幹直撃ってほどの刺激はありません。 どこかしらジワッと旨味さえ感じさせるような複雑味のあるスパイシーさに思えました(*^▽^*)

光華 紅焔そば 麻辣マシ

なかなか歯応えを感じさせる麺は、熱々のままで盛られて来ます。 塗り箸で掴もうとしますと、アッチコッチと麺が逃げ出しまして、キレイに掴めないのはご愛敬(^◇^;) 甜麺醤のベースが効かされていますので、甘味と旨味のベースがしっかりとしているところに、味濃いめの麻婆豆腐が積み上げられている感じです。

しっかりとトロミも付けられていますので、麺への絡み具合はご覧の通り上々ですヽ( ̄▽ ̄i) サニーレタスや白髪ネギが添えられていることで、濃厚さを和らげてくれたり、スープは味覚のリセットにも一役買ってくれます。 多目に掛け回されている麻婆豆腐餡に、ご飯を追加したいキモチも山々ですが、麺量がデフォで200gとなかなか豊かですので、グッと欲求を押し留める事も可能ですww

手始めの“麻辣マシ”でしたが、まだまだ余裕♪(〃∇〃) この先更にエスカレートしていきますと、どんなに凶暴化していくのか、ちょっと恐ろしくもありますΣ(゜▽゜;) この程度に抑えておきながら、余裕で楽しむのも悪くないかなぁ~と思った次第です。 いや、美味しかったわ♪




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

約一月半ぶりの訪問となってしまった“ボクらの花カツミ”です( ̄▽ ̄i)ゝ なかなか訪問のチャンスが遠のいてしまっていたのですが、いよいよ無化調とんこつパワーが涸渇致しまして、堪らずに車を走らせた次第です。

本格とんこつらーめん 花カツミ

満充填する為にも、フルパワー仕様を頂かねばなりませんね♪ って事で所望致しましたのはコ・チ・ラ(〃∇〃)

「のりラーメンセット (850円)」 ※白ごはん・生卵・お漬け物のセット

花カツミ のりラーメンセット

細麺&ゴマ仕様でお願いしましたよヾ(^▽^* いつも通りに“海苔の防風林”はこの日もスパッ!と立てかけられております。

花カツミ のりラーメン

いつものようにとんこつ臭を感じさせない品の良いスープは、結構な油膜が張られています。 そこに加えて“ゴマ仕様”を指定しましたので、ゴマ油も少々加えられています。

花カツミ のりラーメン

やや加水率低めの細麺は、ほんのりと小麦粉の香りを鼻腔に伝えながら、ザクッとした歯切れの良さを楽しませてくれます。 徐々にスープを吸って柔らかくなってきても、所謂ダレた感じにならずにしっとりとした舌触りへと変貌してくるだけです。

適度に塩味の角の残されたスープには、滋味を感じさせる品の良い旨味感と、油分が補う滑らかな舌触りの印象もあります。 驚くほどクリーミーという訳ではありませんが、後味に諄さを感じさせないキレの良さは、花カツミさんらしい味わいに思えます(*^▽^*)

花カツミ のりラーメンセット

お約束のごはんには、美味しい生卵と香物が一緒に供されます。 ちょっとお得なサービス・プライスですので、とんこつラーメンを余すところ無くお楽しみになりたい方にはお薦めです。

花カツミ のりロールライス

海苔にたっぷりとんこつスープに浸して、チャーシューと一緒にご飯を巻けば“海苔ロール・ライス”で頂けます(>▽<)b
 これこそが「美味発見」の花カツミの暖簾に相応しい味わいだったりします(〃∇〃)

花カツミ 特製カラシ

ある程度食べ進んだところで、卓上配置の「特製カラシ」を加えますと、もの凄い味変ツールになりますよヽ(*’-^*)。 使用量は最初は控え目に止めながら、好みの量を探り当てましょう。 これはかなり効き具合が良いですからヽ( ̄▽ ̄i)




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 花カツミ
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る
 

猪苗代湖の夕景

「舟津公園」から湖畔路を上戸方向へと車を走らせます。 日の入りまでもう少し(>▽<;; 今までなかなか撮ることの出来なかった場所を思い出しました。

バロックな磐梯山
[2013/5/26 バロックな磐梯山] <↑ Clickで拡大>

まるでカセドラルの中窓のように開いているのは、スノーシェッドです。 湖南町からはガスが掛かって磐梯山のディテールさえ見えなかったのですが、ここに辿り着いた時にはご覧の通りシルエットが浮かび上がっていました。

まどろみの入り日
[2013/5/26 まどろみの入り日] <↑ Clickで拡大>

入り日の方角には低い雲が掛かっていて、夕陽にフォギー・フィルターが掛けられているかのようでした。 湖面には夕陽と夜闇がブレンドされたような紋様が続きます。

スノーシェッドの中には歩道がありますので、外に車をデポして歩いて行って撮りました。 スノーシェッドの中はゆるいカーブになっていますので、絶対に車をデポしてはいけません。
 

そばの神田 ~福島県郡山市駅前~

フロンティア通り沿い、チサンホテル向かいにある郡山で最も歴史ある路麺店「そばの神田」さんです。 ついつい遅い昼食を摂り逃した時は勿論のこと、時間に追われてクイック・ランチの時にも、“あって良かった”ボクらのセントエルモの灯です(>▽<)b

陽気が良くなってきますと、リピ率が一気に増すのがこのセットメニューです。

「冷やしそばセット (550円)」 冷やしぶっかけそば・おにぎり2個(梅&おかか)

そばの神田 冷やしそばセット

揚げ玉にワカメ、刻みネギに刻み海苔が載せられた、冷やしぶっかけそばですが、なかなかボリュームがありますし、涼感に誘われて食欲も盛り上がると言うものです( *´艸`)

そばの神田 冷やしセット

程良く水溶きタイプのワサビも盛られて来ます。 この具合が非常にバランス良く楽しめます♪ ワカメの下処理も見事に行き届いており、磯臭さはキレイに落とされて、プルンとした舌触りを楽しませてくれます。 揚げ玉はもともと好きだからなぁ~♪(〃∇〃) サッパリとした冷たいおそばに、油分が加わりますと、より一層美味しさが引き立つという立役者的存在です。

そばの神田 冷やしセット

そば自体は、特に刮目すべき特徴がある訳ではありませんが、神田さんの持ち味はやはりベースの出汁の美味しさにアリです(*^▽^*) 温かい出し物とは別に、冷やしぶっかけ用とざる用の三種類が用意されています。 どれもお店の個性を強く印象付ける、立ち食いそば屋さんの域を超えた美味しさを楽しませてくれますよ。

そばの神田 冷やしセット

おにぎりがダブルで付くのも、このセットのお得感を感じさせるところです。 おかかと梅を各一個づつと言うのが定石ですが、ボクのように梅干しがダメダメなお客には“おかかダブル”といった手心も掛けてくれますヽ(*’-^*)。




そばの神田
郡山市駅前1-9-6
TEL;024-932-2039
営業時間;7:30~19:30 (※日曜日はお昼の時間帯に限り営業の模様)
定休日;無休


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

何だかお仲間Blogger様方の間では、何一つ示し合わせた訳でもないのに先週から“みたか祭り”絶賛開催中ですΣ(゜▽゜;) そんな訳で“火に油を注ぐ”かのように、ダメ押しのみたか詣ででございますよ♪( *´艸`)

「冷し中華 大盛 (700円+100円)」

みたか食堂 冷し中華 大盛

この日はまだご飯が炊きあがっていないと言う事で、こちらを“大盛CALL”で所望させて頂きましたよヾ(^▽^* 今シーズン初の冷や中大盛だ(*゚▽゚*)

みたか食堂 冷し中華 大盛

練りカラシはいつものようにお皿の縁にドサッとな♪(〃∇〃) 麺量は勿論タップリですが、冷や中スープも惜しげもなく掛け回されて来ます。 卓上のマヨネーズも常時スタンバイですから、マヨ好きには喜ばしい事この上なしですヽ(*’-^*)。

みたか食堂 冷し中華 大盛

ツルッと爽快な舌触りの中麺は、しっヵりと冷水締めされて尚、しなやかな舌触りを失う事はありません。 独自の甘口仕立てな冷や中スープは、濃すぎず薄すぎずの見事な落とし所。 その気になれば完飲も可能な濃さにされていて、市販品とは全く異なる「お店で冷や中」の意義を納得させてくれるに充分です(*^▽^*)




実は前回訪問の際に、この組合せを試してみたかったんですo(*^^*)o こちらも“夏メニュー”の一つとなりますが、昨年の晩夏にお召し上がりになっているお客様をお見受けして以来、実食のチャンスを待っておりました♪

「もりそば+半カレーライス (500円+350円)」

みたか食堂 もりそば+半カレーライス

いやぁ~~、これもまたハマッた!(>▽<)b ご店主様の手の内にオチましたな・・・(^◇^;)

みたか食堂 もりそば

刻みネギにワサビの薬味に加え、大好きな天カスに香物までワンプレートに納まっています。 そして白眉はこの漬けダレです!w( ̄▽ ̄;)w 厚削りと宗田節がガッチリと効いており、甘めのカエシがこれまたやや濃い目に合わせられていました! どう見ても完全オリジナルですよ(⌒▽⌒;) こりゃあもはや“大衆食堂”といった枠には収まらないでしょ・・・

みたか食堂 もりそば

麺は製麺所製の生蕎麦ですね。 ご覧の通りやや幅広タイプのお蕎麦ですし、多分そば粉の配合量は決して多くないと思います。 それでもちゃんとした蕎麦の風合いを楽しませてくれるのですから、その価格とモリモリ具合を考えたら、何一つ文句無しです(>▽<;;

みたか食堂 もりそば

ツルッと滑らかな舌触りと、適度な歯触りの残された蕎麦ですが、何せ前述の漬けダレが秀逸でして、ドップリと漬けダレを潜らせて口に運べば、かすかな蕎麦の香りと、芳醇な出汁の旨味とカエシの旨味が広がります♪( *´艸`)

正直なところ、ここまでボク自身がヤラれちゃうとは予想外でしたΣ(゜▽゜;) でも問答無用に美味しく楽しめたのだから仕方ないww 夏場の食欲減退期でも、この漬けダレの美味しさに誘われて、お蕎麦は喉を通っちゃうと思いますヨ。 ちなみに、最初から女将さんに披露されちゃったのですが、蕎麦をうどんや中華麺にチェンジする指定もアリだそうですw( ̄▽ ̄;)w 全ては常連のお客様方からのリクエストから始まったそうです。

みたか食堂 半カレーライス

もう多くを語る必要も無いと思いますが、このハーフというボリューム感を越えた半カレーライスも、“Hot,Sweet & Spicey”でとっても美味v(≧∇≦)v




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

舟津公園の夕景

昨日の夕刻、だいぶ日が延びてきたもので、夕食のお買い物に出掛ける前に、三森峠を越えて猪苗代湖畔の湖南町の「舟津公園」へとやって来てみました。

日曜日の夕刻と言う事もあってか、キャンプ場も兼ねた公園内には人っ子一人姿無しでしたΣ(゜▽゜;) まあ、これが夏を迎える頃になれば、様相は変わると期待したいところです。

舟津公園のSUNSET
[2013/5/26 舟津公園のSUNSET] <↑ Clickで拡大>

湖畔の護岸沿いには、松の木が沢山植えられており、夏場は恰好の日陰になります。 またこの枝を利してターフを張ったりとキャンパーには人気の高い場所です。 松の木のシルエットは、ボクが子供の頃と何一つ変わらない舟津公園の心象風景でもあります(*^▽^*)

煌めき
[2013/5/26 煌めき] <↑ Clickで拡大>

この日の夕刻は、ちょっと軽くガスが掛かったように霞んでいたので、磐梯山のディテールはあまり浮き立ってくれませんでした。 ってか、そもそもデジイチを携行しておらず、実はラ~撮り用のコンパクトカメラでの撮影です(^◇^;)ゞ

湖畔の夕空
[2013/5/26 湖畔の夕空] <↑ Clickで拡大>

太陽の光芒がが妙なヘキサゴン状になっているのは、コンデジ特有の写り方です。 中途半端な立ち位置と思っていたので、ミラーレス一眼って避けていたのですが、大荷物にならずに携行出来て、そこそこの撮影も可能というところに、この日は妙に心惹かれてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ まぁ、ただの気の迷いです(と、自分をなだめるww)(`・ω´・ ;)
 

手打そば 城山坊 ~福島県白河市会津町~

日曜日の事、何という決定的な家事をしていた訳でも無いのに、ズルズルと時間を浪費しまして、気付いたらお昼ご飯を摂るタイミングを逸してしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 朝スパが堪えたのか家内も特に空腹にならなかったみたいです。 どうせ空腹感もないのなら、ちょっと足を伸ばして夜の部営業の蕎麦屋さんでもと車を走らせたのは白河市。

県南地区の大御所Blogger・にくきゅうさんが何度か「にくきゅうの楽園」(URL)で記事挙げしていた、気になるお店があったんです。 夜の部開店の少し前に駐車場入りして、外観の撮影などをしていたら、程なくご主人様が暖簾を掛けられました(* ̄∇ ̄*)

手打ちそば 城山坊

店舗の周囲は、閑静な住宅地。 平成22年8月に開店したばかりの、白河市では最も新しい蕎麦屋さんの一つです。 見るからに瀟洒な佇まいの店構えです。 お店の前に立っただけで、自ずと期待は高まると言うものです( *´艸`)

夜の部はご店主様が一人で切り盛りされているそうですので、調理時間を少々頂きますとの事でしたが、こんな空間の中で頂く手打蕎麦ですもの、その時間も楽しませて貰うのも一興でしょう。

真新しさの残る店内は、終日禁煙とされているのもありがたいところ。 丁度店内には、お店の近くにお住まいと言う写真家の作品が展示されておりました。 しかもかなりの“使い手”とお見受けするハイレベルな作品でしたもので、しばし鑑賞を楽しませて頂きました(*^▽^*)

さて初訪問ですので、普通でしたら最もスタンダードな「もりそば」なんぞを頂いてみるのが定石なのですが、初っぱなから“限定8食”の見出しにと“旬のテーマ”に心動かされまして、『八重の桜』にあやかった創作変わり蕎麦を頂く事にしました。 ボクも“限定”に弱いですねぇ~( ̄▽ ̄i)ゝ

「二種盛りせいろ (1,150円)」 (八重桜変りそば、二八そば、桜エビかき揚げ天、香物)

城山坊 二種盛りせいろ

せいろに二種盛りとされている蕎麦は、手前が二八蕎麦で、奥手が八重桜変り蕎麦です。 その色合いにもちゃんとサクラ色が表現されています。

城山坊 二種盛りせいろ 桜エビかき揚げ天

桜エビのかき揚げ天には、塩が添えられておりました。 刮目するほど沢山の桜エビが仕込まれている訳ではありませんので、鼻腔に届く桜エビの香りは控え目に感じられます。 油切れは申し分無く、手頃なサイズで持て余すこともありません。 蕎麦と共に頂く油モノとしては、良く調和が取れていると思います。

城山坊 二種盛りせいろ

滅多に変り蕎麦を頂く機会はありませんので、どんな趣向で楽しませて貰えるのかが楽しみでした(*^▽^*) 漬けダレは変り蕎麦専用のものが添えられていました。 見るからに淡い色合いですが、蕎麦猪口の底には梅酢も仕込まれているみたいです。 どのような手法で創作されたのかは伺いませんでしたが、ちょっと塩ダレ風で繊細な変り蕎麦の風味をマスキングしないように考えられていたようです。

城山坊 二種盛りせいろ 八重桜変りそば

薬味として添えられていた大葉と共に頂いてみれば、うん、確かにサクラの香りに爽やかな葉の香りが加わったような風味が口中に広がりました♪ ちょっと風雅な嗜みですねヾ(^▽^* こういう演出は好きですよ。

城山坊 二種盛りせいろ 二八そば

一方、二八そばはと言いますと、望外の蕎麦の香りに驚かされましたw( ̄▽ ̄;)w この時期の蕎麦で、しかも二八でこの香り! 一体どんなマジックが仕込まれているのかと興味津々ですww

北海道産の玄蕎麦を石臼挽きにしているとの情報も目にしましたが、もしかすると南半球のそば粉は用いられていませんかね?σ( ̄、 ̄=) さもなくば、余程奇跡的な管理の下で保管された玄蕎麦とも考えられますが、何れにせよ楽しませて頂きました。

漬けダレは角の立たないマイルドなカエシの効き具合。 厚削りの鰹節が程良く旨味を醸し出しており、驚くほどの印象こそありませんが、前述の通り希有な蕎麦の香りを楽しみながら頂くにはもってこいでした♪

唯一惜しむらくは、蕎麦の繋がりが今一歩(>▽<;; 昼の部ならば、また違ったコンディションで蕎麦が提供されているのかも知れません。 片道40km以上と距離が離れていますが、近くにあったなら嬉しいお店ですね(>▽<)b

「じゅん菜とろろ冷やしかけそば (1,100円)」

城山坊 じゅん菜とろろ冷やしかけそば

こちらは家内が頂きました。 ボクは味見もしていないので、自分の言葉は何も発することは出来ません( ̄▽ ̄i)ゝ でも満足気な笑顔が全てを物語っていたと思います。




手打そば 城山坊 (じょうざんぼう)
福島県白河市会津町25-15
電話;0248-24-0616
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:30~19:00
定休日;火曜日
駐車場;敷地内に5台


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

前記事の「つけ麺 一翔」さんとは異なったベクトルの「つけ麺」で王道の味筋を楽しませてくれる「郡山大勝軒」さんです。 面白いもので、インパクトのある体験をした後と言うのは、自分の原点帰りをしたくなるみたいです(^◇^;)

郡山大勝軒

ってな訳で、定番の人気メニューを頂きましょう♪o(*^^*)o

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

いつもながら、工藤店長はその日の出来映えを語る時、とても楽しそうなんです。 この人は本当に好きでこの仕事に就いているんですね(*^▽^*) この日も何やら新しいことに挑戦していたようですよ(^◇^;)

郡山大勝軒 つけ麺中盛

ベーススープの仕込みの際に、白胡椒と粗挽き黒胡椒を入れてみたらしいです。 それは店主・阿部君が宗主たる東池袋大勝軒の山岸一雄氏から教わっていた段取りらしいのですが、その差は分からないほどだったと言う事で、だいぶ前から使われなくなっていたそうです。

工藤店長がそれを思い出したのか、試してみたところ、確かにその差はかなり際どい違いだったらしいのですが、一先ずは原点帰りとして暫く試してみようと言う事らしいです。 訪問した時間帯一つで、スープからの印象も刻々と変化している事実を考えると、果たしてどらように変化があるのかはボクには良く分かりません。

この日の印象としては、魚介系の旨味はいつも通りなのに、伝わって来る香りはやや抑え加減だったように思えました。 よって動物系と魚介系の風味と旨味が、一際纏まりよく納まっていた気がしました。 香辛料ですから、香りの出方に影響があるかも知れないですね(^^)

郡山大勝軒 つけ麺中盛

麺は丁度仕立て上がったばかりのところを頂きました(〃∇〃) いんやぁ~、相変わらず小麦粉の香りがほんのりと伝わって来るし、弾力のある歯応えと滑らかな舌触りは、文句無しの逸品です(>▽<)b

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘酢が程良く効いた、「東池袋大勝軒」直伝の味わいは、もはや「つけ麺」のベンチマークとされております。 ボクの好みは例によって酢をレンゲに3/2杯とラー油を適度に足したところです。 こうしてディテール・アップしますと、最後まで飽きることなく楽しめちゃいます。 どうぞお試しになってみて下さいな♪(〃∇〃)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る
 

つけ麺 一翔(いっしょう) ~福島県郡山市安積町日出山~

郡山市東部幹線沿い、国道49号線交差点北側の「アミューズパーク郡山」の1Fテナントに今年4月下旬に開店した「つけ麺 一翔」さんを初訪問致しました。

実はこの辺のエリアは、ほぼノー・マークでして、きっと皆様お馴染みの「ウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き) (URL) の大御所Blogger・ウーロンさんの記事で知る事となりました( ̄▽ ̄i)ゝ 完全に出遅れましたが、行ってみて良かった♪(〃∇〃)

つけ麺一翔

駐車場は入居している「アミューズパーク郡山」の広いスペースが使えますので、ほぼ全日車のデポで困る事は無いと思います。 建物北隣の屋内釣り堀&動物カフェ施設との間の通路から入場すれば大丈夫です。

提供されているメニューは、大きく二系統に分けられます。 屋号にも謳われている通り「つけ麺」と、二郎系インスパイアと思われる「男気らーめん」です。 今回は素直に前者を所望してみましたよ♪

「濃厚つけ麺 中盛 (850円+100円)」※小盛(200g)、並盛(300g)は同価格。 中盛(450g)

一翔 濃厚つけ麺 中盛

麺量は茹で上げ後の仕上がり重量です。 つけ麺の先駆者たる「郡山大勝軒」では茹で前表示となっておりますので、それを基準に考えるなら、同店の中盛(450g)は約半分と思って良いです。 茹で時間は長目に掛かりますが、キッチン内では茹で上がりまでの時間を発声確認しながら、オペレーションを円滑に進めているようです。

一翔 濃厚つけ麺 中盛

小鍋で丹念に仕立てられた漬けダレは、器まで熱々ですので取扱注意ww 見ての通りドロッとした粘度のある漬けダレです。 豚骨を10時間掛けて炊き上げるスープに魚介の旨味が加えられているというベーススープですが、節粉系の極大な旨味と芳醇な風味が味わいを支配しておりまして、もはや分け隔てて感じ取るのはボクには無理です( ̄▽ ̄i)ゝ

ハッキリとした甘味が足されていて、味も濃いめに誂えられておりますが、典型的な濃厚魚介つけ麺と言えるでしょう。 辛味はあまり感じませんので、好みで調整出来るのは喜ばれるかも知れません。

一翔 濃厚つけ麺 中盛

添えられる具材は、漬けダレに最初から合わせられている刻みネギ以外は、全て麺と共添えにされて来ます。 茹でモヤシ、自家調味のメンマ、半熟味玉のハーフカット、ナルト、そして豚バラチャーシューとなります。

一翔 濃厚つけ麺 中盛

豚バラチャーシューは、提供前に炙りを掛けられるようで、ほんのりと香ばしさが加わります。 メンマと半熟味玉は、ボクには少々しょっぱく感じられました。 強力な漬けダレとバランスをとるためかも知れませんね。

一翔 濃厚つけ麺 中盛

麺は見ての通り、アンバー・カラーを呈しています。 全粒粉の形跡は見受けられませんが、ギリッと冷水締めされた麺は、箸で捉えた瞬間からゴリッとするような手応えが・・・w( ̄▽ ̄;)w

一翔 濃厚つけ麺 中盛

熱々の漬けダレに麺を潜らせますと、ご覧の通り漬けダレがバッチリと麺に絡んできますv(≧∇≦)v その濃度は、もはやソースに近いものがありますね(((*≧艸≦) 久々にこんな“超濃度”の漬けダレに出会いましたよ♪

節粉のザラッとした舌触りに、乳化の気配を感じさせるスープのクリーミーさ、そして暴力的なほどに弾けるような旨味に甘味が加わっているのですから、こりゃあ堪らんわ(>▽<)b 前述の麺の食感は、やはりゴリッとするほど強靱な歯応えと共に、グイッと噛み込めばブッツン!と歯切れる力強さ。

一気呵成にと言いたいところですが、麺のパワーがそれを許しませんww お陰でしっかりと噛み噛みする事になりまして、顎が疲れるという程ではないにせよ、満腹中枢を早々に刺激する段取りは立っている感じですね。 麺量的には一般的な成人男子なら、中盛でも手に余る事は無いと思います。

一翔 濃厚つけ麺 中盛

また具材の茹でモヤシは、漬けダレにインしないで、漬けダレに潜らせて頂くようにすれば、濃厚な味わいに包み込まれている味覚を洗い流してリセットしてくれます。 押し寄せるような旨味とソースのような漬けダレは、好みに合わない方が居てもおかしくありませんが、多様なスタイルに溢れるのがつけ麺です。 120点の人も居れば30点と感じる人も居るような、ハッキリとした個性を主張し続けるのは正しいと思います(*^▽^*)




つけ麺 一翔 (いっしょう)
福島県郡山市安積町日出山2-80
電話;024-942-5260
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:30~20:00
定休日;水曜日
駐車場;アミューズメントパーク郡山敷地内に多数


大きな地図で見る




一週間前からパソコンの液晶モニターの調子が悪くなっていました。 画面の右半分に画像の乱れが出るのですが、朝方パソコンを立ち上げた時が一番酷く、時間と共に徐々に納まってしまうというナゾ・・・( ̄  ̄;) うーん 普通に考えて幾つかのチェック項目が思い浮かんだのですが、機能チェック用のスペアのモニターやグラボは持ち合わせておらず、しかも症状がハッキリと出るのは朝方の電源投入直後と言う事で、ついつい様子見になっていました。

ところが昨日の朝方は、今までにも増して激しく画像が乱れまして、(いよいよダメっスか?( ̄▼ ̄|||))って状態に陥りました。 もう原因検証がどうのこうのと言ってられなくなりまして、先ずはモニターの製造元EIZOのサポセンにCALLしました。

まだちゃんとした検証はしていない事を伝えてから、不具合の症状を伝えてみますと、機種の型番と製造番号を問われました。

型番を伝えると直ぐに帰って来た答えは、

「誠に恐縮ではございますが、その機種では右半分の画像の乱れのトラブルが多く報告されております。」

なのだそうですノ( ̄0 ̄;)\

まさにボクのモニターも同じ症状です。 オペレーターさんは修理の受付手続きと共に、修理期間中に貸し出ししてくれるモニターと、修理のための引き取り便まで一手に手配してくれましたw( ̄▽ ̄;)w さすがEIZOだわ♪

故障というネガティブな出来事にあっても、ブランド自体に傷がつかないような対応と、顧客への安心サポートは、「次もEIZO」と思わせるチャンスでもあるんですね(* ̄∇ ̄*) 絶対的な性能と信頼は、海外メーカー品の倍額以上となる価格に説得力を感じさせるものでした。

-----<追記>-----

今朝PCを立ち上げたら、モニターが完全終了となったようですヽ(@ω@;)ノ

アウトォ~~!

右3/2ほどが表示不能となってしまいました。 が! サポセンの手配通り、その30分後には代替のモニターが到着w( ̄▽ ̄;)w 修理品の持ち帰り返送もそのままお願いしまして、今日も差し支えのない営業となっております(>▽<)b

ただ、朝っぱらからモニターのキャリブレーションの取り直しは気忙しかったですけどね(>▽<;;
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

引き寄せられるように暖簾を潜ってしまう「麺屋 信成」さんです( ̄▽ ̄i)ゝ まあ個人的には、週に一度は通いたいってくらい惹かれています。 ついついリピ率が圧倒的に高くなってしまう「黒醤油らーめん」なのですが、意識的に外そうと思っても、店内に足を踏み入れた瞬間に、あの香ばしい醤油の香りを感じてしまえば、もう我慢することが出来なくなってしまう“香りのトラップ”にすっかりとハマッております(>▽<;;

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

はい、ガマン出来ませんでしたヾ(´▽`;)ゝ

でも後悔するはずもなく、この丼を手中に収めて、とっても幸せなキブンを噛み締めています(ノ=´∀`=)ノLOVE♪

麺屋 信成 黒醤油らーめん

芳醇な醤油の香りとスープで温められたネギの香りが入り交じりながら鼻腔に届きます。 薄く切り揃えられた断面のお陰で、ネギはスープの熱を素早く取り込んで、ほんのりと甘さをたたえてきます。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

低加水タイプの中細ストレート麺は、漆黒スープの色と美味しいスープの味わいを移しながら、ザックリとした歯触りと共に小気味良い歯切れを楽しませてくれます。 鶏ガラと豚ゲンコツを半々に用いて引いたスープは、華やかな旨味と、底力を感じさせるコクのある旨味の一挙両得です。

醤油ダレは漆黒の色合いからは想像出来ないような、塩味の円やかさを感じさせつつ、醤油のフレーヴァーは極めて雄弁です。 ほんのりとした甘ささえ感じさせるのは、大豆の旨味成分の凝縮度かも知れませんネ(*´∇`*)

麺屋 信成 替え玉

今回もガマン出来ずに“替玉CALL”をしてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 再び食感がリセットされまして、一杯で二度美味しい替玉Worldは、暫く止められそうもありません・・・(`・ω´・ ;)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示




今朝、無芸の仕事場の開店準備中に、いつものようにスクーターを運びだそうとした時のことです。 移動の際にサイドスタンドを跳ね上げようと足払いをしたら、どういう訳か空振りになっちゃいまして、エンジン辺りに踝をしこたまHITさせてしまいました(〇o〇;)

暫し悶絶。゚。ひぃ━━(ΩдΩ)━━い。゚

また血ぃ~出たかなぁ~と、ソックスをチラッとめくってみたら、見る見る内に踝の辺りが腫れてきて、内出血を起こしたらしく“ブンズ色”に変色して来ました<(|||´Д`|||)> 完全に自爆ですorz 仕方なく湿布を貼りまして、経過観察中ですが、単なる打撲で済んだ模様です( ̄▼ ̄|||)

朝っぱらから、そんな出オチで始まったのですが、実は前日には無芸多食娘も見事な青タンを作ってきたそうですなΣ(゜▽゜;) 体育の授業でハードル走をやったらしいのです。 見事にハードルを倒すだけならともかく、自分も共倒れしたらしい・・・( ̄  ̄;)

そもそも当家のDNAは、体育系には向いていないようでしてね( ̄▽ ̄i)ゝ まあそれも仕方ねぇ~ダロウと話していたら、実はこの授業中には、他の同級生達もコロコロと良く転んだ・ら・し・いw( ̄△ ̄;)w あまり体育系で名を馳せる高校ではないのも確かですが、“ハードルのハードル”が高すぎたのか?ww それともこの子達が体力無さ過ぎ?σ( ̄、 ̄;;)

ちなみに無芸大食娘の青タンの方が、ボクよりもかなりヤバそうらしいです(`・ω´・ ;) 何の慰めにもならんわ・・・
 

ますや本店 台新店 ~福島県郡山市台新~

「ふくしまラーメンショー2013」が幕を降ろして10日ほど経ったところで、一麺会会長の柴原さんのお店「ますや本店 台新店」に顔出し訪問致しました。 労いの意を込めつつも、きっと疲れ果てて心身共にリハビリ中であろうとの、一種のイタズラ心を携えて暖簾を潜りました( ̄▽ ̄i)ゝ

ますや本店 台新店

そしたら、本当にお疲れが抜けていないようで、ボクが訪問する前にお店から離脱されておりましたw( ̄△ ̄;)w あの細い躰が更に窶れるほどにお疲れを貯めてしまっていたんですね。 ちょっと気になりますけど、周りを支える方々にとても恵まれている方ですので、もう少しで以前と変わらぬ体調を取り戻されると思います。

さて、訪問の目的の半分は、勿論いつもの美味しいラーメンを楽しませて頂くためです(*^▽^*) 毎度お馴染みと言うか、私的なエバー・グリーンたるこちらを頂きましたよ♪

伝統の醤油味 伝 (680円)」 ※中麺・チャーシューMix

ますや本店 伝

漆黒イェ~~イ!v(≧∇≦)v

いつもながら、この漆黒スープの深い色合いは、慣れ親しんだ者の心を掴んで放さない魔力があります。 そしてその期待感を決して裏切らない、盤石の安定感はさすが名店の底力です。

麺はやや硬め、味やや濃い目ってのが、ボク個人の好みです。 各人の好みをめいめいに聞いて貰えるのも、足繁く通う常連客が多い理由の一つかも知れません。 お店にとってはオペレーションが複雑になるので、個別の好みを細かく聞き入れるのは難儀なハズですが、洗練された仕事手順の中で既にそれは消化済みになっているみたいです( ̄□ ̄;) どんなに忙しい時にも、ちゃんとリクエストに応えてくれますもんね。

ますや本店 伝

モモ肉チャーシューとバラ肉チャーシューの合い盛りを所望しましたが、ご覧の通り丼一面を覆い尽くすようなビジュアルは、デフォでチャーシューメンか?と思わせるほどです(^^) この薄切りカットのお陰で、スープが一気に温くならなかったり、モモ肉の歯切れ良さが演出出来たりと、個性を越えた理由が感じ取れます。

ますや本店 伝

加水率低めのストレート中麺♪ 漆黒スープの色合いをほんのりと移し始めています。 デフォよりも個人的な好みで“やや硬め”を楽しませて頂いています。 ザクッとした歯触りの良さと共に、濃口醤油と豚ゲンコツスープの深みある醤油テイストと旨味が一緒に口中に広がります♪

デフォではややマイルドな醤油テイストですが、これも“やや濃い目”で劇的にシャープさが増して来ます。 リピーターさん達は、この“加減”のカスタマイズを余すところ無く楽しんでいる訳です(*^_^*) あぁ、また食べたくなって来た( ̄▽ ̄i)ゝ




ますや本店 台新店
福島県郡山市台新1丁目176-4
電話;なし
営業時間;11:30~19:00 ※スープ無くなり次第終了
 ※土・日・祝の11:30~15:00は店内全面禁煙
定休日;月曜日


大きな地図で見る




震災で国道4号線沿いにある「弐の鳥居」が一時解体されていた「安積國造神社」ですが、一昨日[2013/05/21]にようやく再建工事が開始されました。 丁度、重機作業中のところ、国道を通りかかって目撃しました。 嬉しいですねぇ~(*´∇`*)

再建工事中の安積國造神社・弐の鳥居

街中は相変わらず被災解体作業が続いており、再建される建物はなかなか目に見えて増えて来ません。 そういった中での大鳥居再建が叶ったのは、何かしら勇気付けられる気がします。 この「弐の鳥居」ですが、大正14年に建てられたものらしいです。 天然石を組んで造られた鳥居は、先の震災で基部に亀裂が生じた為、安全確保の為一時解体保管されておりました。

今年の秋の例大祭は、再建なった「弐の鳥居」を潜り、表参道を神輿が宮入しますね。 盛り上がる事は間違いなしです(*^▽^*)

再建工事中の安積國造神社・弐の鳥居

と、現場の写真を撮り終えたところで、国道を走る車がクラクションを鳴らしました。

「んっ?呼んだ~?σ( ̄、 ̄=)」

って振り返ってみたら、40km以上も離れた街のラーメン店主さんでしたw( ̄▽ ̄;)w 通りがかりなのに、良く気が付いたなぁ~ノ( ̄0 ̄;)\ 信号待ちの間に二言三言しか会話出来なかったけど、ご無沙汰しちゃっていたから行かなくちゃ♪(〃∇〃)
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

昨日、携帯電話をスマートフォンに変えました。 家族で最後までフィーチャーフォンを使っていたのですが、家族が使っているところを脇目に見ながら、情報端末としての便利さが気になって仕方ありません( ̄▽ ̄i)ゝ そもそもハード系ヲタで収集癖持ちのボクが、意図的にガマンし続けるのもそろそろ限界が来たって訳です。

諸般の特典でスマートフォンへの乗り換えも、機器関係の代金は事実上ゼロ。 勿論、運用コストは従前の倍額程度にはなってしまいそうですが、それを取り返せるだけの便利さを享受したいものです。 扱い方はこれからお勉強(^◇^;) 恥ずかしがらずに素直に簡単なHOW TO本も買ってきたし、WiFi環境を作っていなかった仕事場用に、無線ルーターも用意しました。

スマートフォンを使い易くカスタマイズするよりも先に、PC関連機器たる無線ルーターの方は簡単に設定が出来そうなのですが、取りあえず通話とメールの使い方は何とかしなきゃなりませんね( ̄ω ̄;) あっそうそう。 スマートフォンのパネルの保護フィルムって、凄く厄介ですねぇ~! 小さなゴミ一つのせいで、気泡浮きしているのが悔しくてなりません(/TДT)/あうぅ・・・・

中国飯店なるき

さて、本題はこっちですねヽ( ̄▽ ̄i) 本日のお題は、国道4号上り線沿い富久山町地内の「中国飯店 なるき」さんです。 例年でしたらGW頃には「冷し中華」の提供がスタートするのですが、今年はなかなかスタートに踏み切れないそうです。(訪問時) でももしかするとそろそろオン・リストしているかも知れません(*^▽^*) 冷や中にフラれたので、テッパンのこちらを。

「味噌ラーメン (740円)」

中国飯店なるき 味噌ラーメン

この日はマスターが作ってくれましたヾ(^▽^* 並々と注がれた味噌スープの中に、麺・野菜・メンマ&刻みネギの順番に積み上げられた小島のようなビジュアルです。

中国飯店なるき 味噌ラーメン

やや細割きタイプのメンマは、やや甘めで濃い目の味付けが施されており、粗挽き黒コショウもデフォでまぶされています。 このメンマの味わいが味変的なアクセントとして効いてきますので、丼一杯分のストーリーが出来上がります♪

中国飯店なるき 味噌ラーメン

自家製のストレート中麺は、ツルッとしたしなやかで滑らかな舌触り(>▽<)b 大量の煮炒めされた野菜からの甘味と、自家製ブレンドの信州白味噌&仙台赤味噌の上品な味わいが渾然一体となる、唯一無二の越せて粋な味わいを楽しませてくれます。

この日は若干甘味控え目で、味噌テイストがややシャープでしたが、これもある種のユラギとして食べ手を楽しませてくれる類のものでしょう(* ̄∇ ̄*) デフォで約200gの麺量も最後まで楽しめるだけの味わいがあります。 今はマスターと三代目の競演が楽しめる、とても恵まれた時期だと思います。 一子相伝の味の橋渡しは、確実に進んでいるようです。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

夕暮れ時にランチ訪問の「ボルドー」さんです。 「夜の部の一番乗りぃ~♪(*^▽^*)」と到着してみたら、この日も先乗りされているお客様がおられましたΣ(゜▽゜;) もしかして開店前からウェイティングだったのですかね?

ボルドー

さてこの日は何を頂こうかと、席に着いてから考えるつもりだったのですが、至る所に「白湯ら~麺」のPOPが貼り出されておりまして、抵抗無くこちらを所望させて頂きました(* ̄∇ ̄*)

「白湯ら~麺 (750円)」

ボルドー 白湯ら~麺

素晴らしいビジュアルです(>▽<)b 白濁スープに分厚い油膜。 鶏ガラと豚ゲンコツから引かれたベーススープは、ものの見事に臭みを感じさせません。

ボルドー 白湯ら~麺

洋出汁の技巧を得意とする店主・青山さんですが、本品については香味系野菜や柑橘果実にはあまり頼らないで仕立てておられるようです。 スープから看取される味香には、ハーブ系の香りは感じられず、ナチュラルな旨味だけが品良く広がって来ます。

ボルドー 白湯ら~麺

若干スープの表面が落ち着いてきますと、コラーゲン成分の膜が生成されてきます。 口にした印象以上に、実は高い濃度で成分が引き出されているんですね(*^▽^*)

ボルドー 白湯ら~麺

麺はゆるいウェーブの掛けられた多加水系のやや中細麺。 この麺の印象が劇的に好転していましたw( ̄▽ ̄;)w 滑らかな舌触りながらも、しっとりとしたコシのある歯切れ。 このリズミカルな歯触りだけでも、麺を食べ進める楽しみが広がります。 しかも時間の経過と共にノビ難いのも驚きでした。

店主・青山さんにお尋ねしたら、やはり麺のスペックは変更されていたようです。 製麺所は以前と変わらず富多屋さんですが、自称100アイテムという豊富な麺のバリエーションの中から新たに見いだしたものだそうです。 この麺は個人的にもちょっと気に入りました♪




ボルドーさんを訪問した翌日のこと、昼下がりの無芸の仕事場にやって来たのは、某イケイケラーメン店店主さんヾ(^▽^* 丁度お店がお休みだったので、出向いて下さりました。

「無芸さん、ラーメン食べに行きましょうよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆ 」

とお誘いを頂いたものの、ちょっと待てヽ( ̄▽ ̄i) あなたがお休みのこの日は、ここ郡山のラーメン店様方もお休みのところが多いのよ(-ω-;)ウーン しかも14時も回っちゃっているから、ますます狭き門な訳だ。

そこで思い出したのが「ボルドー」さんです。 確か15時までだったと思い、残務のあるボクは彼を見送りました。 見送りましたが、直ぐに外出のチャンスが出来まして、結局は彼の後を追って「ボルドー」さんへ(≧∇≦)キャー♪

と、お店の駐車場で立ちすくむ某イケイケラーメン店店主さん( ̄ω ̄;) 何といつの間にか昼の部は14時までになっていましたノ( ̄0 ̄;)\ 何てこったorz ガセネタを喰わしてしまいましたよ( ̄□ ̄;)

と、そのタイミングで店主・青山さんが登場。

「良かったら開けますよ? 召し上がりますか(*^▽^*)ゞ」って・・・

青山さん、神過ぎます。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ありがたくご厚意に甘えさせて頂きました( ̄▽ ̄i)ゝ 某イケイケラーメン店店主さんは、初訪問ですので、あれこれと頂いてみたい訳でして、私も一食ご協力を♪(〃∇〃)

「しょうゆら~麺 (650円)」

ボルドー 醤油ら~麺

全くスタンダードな醤油ラーメンは、約1年半ぶりの所望でした。 清涼感を誘うようなハーブや柑橘果汁の香りと、芳醇な醤油ダレの香りが豊かに鼻腔に届きます。

ボルドー 醤油ら~麺

丼の表面を覆う油膜には、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルも一役買っております。 鶏ガラ出汁の華やかな旨味と、熟成醤油ベースのタレのコクは、なかなかの押し味でありながら、以前よりも塩味は随分と控え目にコントロールされていまして、バランスの良さという新しい価値も手に入れたようです。

ボルドー 醤油ら~麺

ここでも新スペックのやや中細麺は活きていました♪ コシのある食感と滑らかな舌触りは、バランス良好にして香味豊かな醤油ラーメンと見事にマッチしていました(>▽<)b 勿論、あの柔らかなチャーシューの美味しさは格別ですし、コスパも上々の一杯でした。

さて、すっかり店主・青山さんと話し込んだ某イケイケラーメン店店主さん。 これは青山さんにとっても、以前から是非とも訪問したいお店のご店主様だったと言う事もあり、ひたすら盛り上がったのは言うまでもありません( *´艸`) 新しい出会いから、両者にとって良き刺激が得られ、そしてメニューへとフィード・バックされるのを楽しみにしています。




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
      ※日曜日は昼の部のみの営業で14:00まで
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る

 

同気食堂 ~福島県耶麻郡西会津町~

先の「ふくしまラーメンショー2013」に出店していた「会津野沢宿味噌ラーメン会」ですが、県内のラーメンにあって初体験をさせて貰いました。 独特な甘味に包まれた“甘味噌ラーメン”と言う、それまで体験した事の無かったスタイルは、ボクにとっては正に新ジャンル体験となりました。 そのお味に実はすっかり魅了されまして、必ず実店舗で再食しようと決めておりました。

イベント会場で腕を奮っていたのは、実は「会津野沢宿味噌ラーメン会」の会員店さんには非ず、同会の事務局メンバー様方でした。 多少会話をする機会がございまして、同会を代表するお店は「えちご家」さんである事も知らされておりました。 それにしても、事務局メンバー様方と言う割りには、かなり鮮やかなお手並みだったのは未だに忘れられません(^◇^;) 失礼ながらその一言で期待薄だろうと思っていたら、(本当はプロとしての調理経験があるでしょ?ヽ( ̄▽ ̄i))ってくらいの手際の良さと確かなお味でKOされちゃった訳ですw( ̄▽ ̄;)w

そしてその訪問機会は、意外にも早く訪れましたo(*^^*)o 磐越自動車道を西進して、西会津ICで降ります。 野沢駅を目印にR49を「道の駅西会津」から右折し、約600mほど進んだ通り沿いに「えちご家」さんはありました。 えぇ、ありましたけど、営業は終了していましたε=ε=ε=(ノTдT)ノ ワアァァ・・!!

一応、営業情報には15時までとなっていたのですが、それを待つことなくずっと前に暖簾は落とされていたようで、店内には全く人の気配さえ残されていませんでした<(|||´Д`|||)> と、ここで絶望したりスネたりしても仕方ないので、「会津野沢宿味噌ラーメン会」のレギュラー会員店さんを下調べ済みでしたo(*^^*)o ある程度織り込み済みだった訳です。

同気食堂

同じ通り沿いにある、創業昭和初期という老舗食堂の「同気食堂」さんですヾ(^▽^* 訪問して初めて知ったのですが、ご覧の通りお肉屋さんでした(⌒▽⌒;) 事業規模はきっとお肉屋さんの方が上回っていそうですよ。

同気食堂

小売精肉店と食堂の入り口は並んで据えられていますが、入り口だけを見たら明らかに小売精肉店にウエイトが掛かっているように思えます。 で、食堂の方はと言いますと、テーブル席メインでざっと30名以上が入れそうでして、意外と広かったのも印象的。

ジモピー御用達のお店なのか、お店のスタッフさん達からジリッと観察された気もしますが、アウェイ感は直ぐに消し飛びました。 決して招かれざる客って訳では無く、洗練されたホールサービスとは言い難いですが、ちゃんとこちらの様子を見ながらお冷やを勧めてくれたりと、温かい気持ちは伝わって来ますよ(*^▽^*)

お肉屋さんならではのメニューも豊富にラインナップされていましたが、今回の目当ては“西会津流味噌ラーメン”を攻略する事。 迷うことなく所望したのは言うまでもありません。 ややアイドルタイムに入っていたせいか、調理時間は少々掛かりましたがモーマンタイ。 ことちらこの日はお仕事ランチではありませんなから、悠長に構えて「もやしもん」のコミック本を半冊分ほど楽しんだところで着丼です♪

「みそチャーシューメン (700円)」

同気食堂 みそチャーシューメン

どわぁぁぁぁぁぁ(゚ロ゚屮)屮 なんてチャーシューなのでしょう!

ノーマルなみそラーメンは、挽肉オンリーのお野菜タップリで600円ですが、たった100円プラスで分厚いバラロールチャーシューが5枚増量ですか?!

けしからん! まったくもってけしからん!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

さすがお肉屋さんのチャーシューメンですよ(o≧▽゚)o 原価載せでも合わないかも知れません(^◇^;) これはお店の名物メニューになり得ますね。

同気食堂 みそチャーシューメン

今見ても味やボリュームを思い出せるほどの印象でした。 しっかりと醤油テイストが染みこんでいて、脂質の美味しさまで充分に楽しめました。 当然ながらこの厚みですので食べ応えは充分! 久々にこんなに充実感溢れるチャーシューを堪能致しました。

さて件の甘味噌と思っていた“西会津流味噌ラーメン”ですが、実は個店毎に全く違う可能性が浮上致しましたw( ̄△ ̄;)w ここ「同気食堂」さんのみそスープは、「ふくしまラーメンショー2013」で深い感銘を受けた“甘味噌ラーメン”ではありませんでした。 と言うよりも、真逆のパワフル&ワイルドHOT & SPICYな味噌ラーメンです(`・ω´・ ;)

同気食堂 みそチャーシューメン

唯一互換性を確認出来たのは、この麺の食感でしょうか(^◇^;) しっかりとした縮れを掛けられたやや太麺で、噛めば押し返してくるような弾力を感じさせつつ、プッツンと歯切れるコシのある麺です。

大量の野菜を煮込んだ味噌スープに、押しの強い味噌テイストが掛けられており、塩味も完全に西会津の標準仕様といったところでしょうか( ̄▼ ̄|||) ボクらには過分にしょっぱ過ぎて、折角の野菜から出ているはずの甘味さえ感じ取ることは困難でした。

味噌自体の使用量が多すぎなのか、スープは見ての通り超濃度状態です( ̄□ ̄;) そこにニンニク、ショウガ、辛子が加えられていますので、味噌ラ~に一気にガブリ寄りを決められた感も・・・( ̄  ̄;) うーん 果たしてボクが頂いた味が、本来のお店のお味なのかは分かりません。 何とか麺とチャーシューは食べたところで今回は白旗を挙げておきました(>▽<;; 機会があれば、もう一度確かめに行ってみたいと思います。

こういった“ご当地ラーメン”が地元から大切にされているのは素晴らしい事です。 問答無用のパワフル&ワイルドな味噌ラーメンをお好みの方には、是非ともトライして頂きたい伝統暖簾のお店です(^^)




同気食堂
福島県耶麻郡西会津町野沢字原町乙2168
電話;0241-45-2852
営業時間;11:00~19:00
定休日;第三水曜日
駐車場;店舗南側並びに数台分


大きな地図で見る
 

無芸の朝スパ

1月下旬以来暫く記事にしていませんでしたが、休日や日曜日の朝に在宅している時や、頂き物の食材を楽しませて頂く時は、相変わらずキッチンに立っております(^^) 丁度先週の中頃、ご懇意頂いている県外の先輩から、奥方様のご実家で収穫されたそら豆を頂戴しました♪(〃∇〃) 勿論、普通に塩茹でして頂くのが醍醐味ですが、今朝は一手間掛けて頂きました。

「無芸作 海老とそら豆のクリーム・スパゲッティ」

無芸作 海老とそら豆のクリーム・スパゲッティ

黒コショウをガリガリと挽いて振りますと、濃厚な生クリームソースも一際ディテール・アップします。

こちらもまたご懇意頂いているお客様から、GW中にお出掛けになった先からのお土産として、地場モノの干蕎麦を頂戴しました♪ 北海道や山形、当県と並ぶ蕎麦の名産地として知られる場所のこと。 地元スーパーの店頭に並ぶ、まさにジモピーからご愛顧を受けているお品物なのだそうです。

「無芸作 鶏肉の親子漬けダレ」

無芸作 鶏肉の親子漬けダレ

包装パッケージの裏側に、ご当地スタイルの楽しみ方がプリントされておりましたので、そのまま再現してみました。 鶏肉を炒めて出汁を加え、濃縮タイプの麺つゆで調味。 水溶き片栗粉でトロミを付けたら、溶き卵を散らすそうです。

折角なので長ネギやシイタケ、エノキダケなども加えてみましたが、平打ちタイプの冷水締めした蕎麦には、確かにこのトロミを付けた漬けダレは良く合いました♪ まだいくらか手許に残っているので、あと何度かは楽しめそうです( *´艸`)

「無芸作 焼き飯と春雨スープ」

無芸作 焼き飯と春雨スープ

こちらはGW中に作った朝食でした。 「ふくしまラーメンショー」に家族連れで通ったら、夕食用のご飯が冷蔵庫に残っちゃって・・・( ̄▽ ̄i)ゝ 久しぶりに焼き飯を作り、序でに中華風のスープを作ったら、なぜかそちらに手が入りすぎましたww

「無芸作 マグロのすきき身と山芋の小鉢」

無芸作 マグロの剥き身と山芋の小鉢

お隣宮城県からお出まし下さったお客様から、塩釜の市場からと言うマグロのすき身を頂きました♪ ただ普通に食べちゃうのも芸がないので、山芋を手切りで細く整えて、小鉢仕立てにして楽しみました。

ファルネーゼ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ・チェズラオーロ

丁度、毎年春先に限定輸入されるイタリアの辛口ロゼワインと合わせてみました(^^) チェリー・フレーヴァーと共に、濃縮した果実の甘いニュアンスと、キリッと引き締まった新鮮な酸味のあるフレッシュな味わい。 なかなかイイ感じに楽しめました(*^▽^*) 和食と辛口ロゼワインは、相性の幅がなかなか広いので、悩まないで気軽に楽しめますよ。

「無芸作 新筍と鶏肉に煮物」

無芸作 新筍と鶏肉に煮物

神奈川県に住まうお友達が毎年お送り下さる筍です。 もの凄く地価が高いところで、自家用農園で栽培されています(^◇^;) 今年も10kg以上の新筍を頂きましたが、この下処理は私が行うのが定番化Σ(゜▽゜;) カニ茹で用の大鍋で、あく抜きを行いながらの下茹でをします。

とてもウチの家族だけでは食べきれるハズもありませんから、弟妹や親戚、ご近所様に一斉配布します(^◇^;) 今年は鶏肉と糸コンを添えて煮物仕立てを作ってみました。 簡単だけど美味しく楽しめました(o≧▽゚)oニパッ

「無芸作 ビーフシチュー タリアテッレ添え」

無芸作 ビーフシチュー タリアテッレ添え

GWの前半に帰省していた無芸大食倅。 ほとんど何を食べたいとか言うアピールがないままに、再び帰る前夜の事。 ビーフシチューは好きだろうと大鍋で作りました。 半分くらいはジップロックに詰めて持たせました( ̄▽ ̄i)ゝ 精々、そんな事しか出来ないんですね。 夏休みまで帰って来られないんだよね。

まだまだ作った料理がありますが、ページが重くなっちゃいますので、まあ興味も持って下さる方だけ、「つづきを読む」でご覧下さい(〃∇〃)ゞ

 
続きを読む

吉美根ふじ園 ~福島県須賀川市吉美根~

今朝方、室内に差し込む朝陽で目が醒めたら、枕元の時計は5:30前でした。 本当に日の出が早くなりましたね(^◇^;) こりゃあ、日の出前からの撮影行脚は大変な時期になって来た訳です。

寝直すのが普通の生活なのですが、たまたま前日に須賀川市の「吉美根ふじ園」さんの訪問タイミングを考えていたもので、これもきっと何かの思し召しかと起床することにしました。 家人が驚かないように書き置きをして、サクッと撮影機材を積み込んだら直ぐに出発です(^^)

吉美根ふじ園のふじ棚
[2013/5/17 吉美根ふじ園のふじ棚] <↑ Clickで拡大>

片道15km程なのですが、その間に右左折をする交差点はたった3箇所でしたw( ̄▽ ̄;)w 今まで考えたこともなかったけれど、何だか奇跡的なくらいの曲がり角の少なさですねww

吉美根ふじ園のふじ棚
[2013/5/17 吉美根ふじ園のふじ棚] <↑ Clickで拡大>

到着してみると先客様の姿はありませんでした。 「村越建設」さんの敷地内に造られた庭園にふじ棚はあります。 ワンコが3頭飼われておりまして、コヤツらが大騒ぎしてくれるもので、思い切り気が引けそうになりますが、まあ園主・村越邸では例年の事ですのであまり気になさらないようです( ̄▽ ̄i)ゝ

吉美根ふじ園のふじ棚
[2013/5/17 吉美根ふじ園のふじ棚] <↑ Clickで拡大>

震災で被災したため取り壊されていた社屋は、同じ場所に再建されていました(*´∇`*) 良かったです。 残念ながら園主・村越社長にはお会い出来ませんでしたが、相変わらず手入れの行き届いた庭園はお見事です。

吉美根ふじ園のふじ棚
[2013/5/17 吉美根ふじ園のふじ棚] <↑ Clickで拡大>

同じ時期に花を咲かせるツツジやジャーマンアイリスなども見頃になっておりまして、バリエーションの豊かさも個人宅の庭園としては抜きんでています。

吉美根ふじ園のふじ棚

肝心のふじの花ですが、ピークにはまだ達していないようです。 この分ですと5月20日から23日くらいが最高の見頃になりそうですヾ(^▽^*




吉美根ふじ園 (URL)
福島県須賀川市吉美根字土橋395
電話;0248-75-5847
【お願い】 無料公開されておりますが、個人宅の敷地内ですので、くれぐれも紳士的にお願いします(^^)


大きな地図で見る
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

初訪問後、実は既に2回リピしています( ̄▽ ̄i)ゝ 個人的に今後の伸び代に期待を寄せている新星紅焔酒家 光華」さんです。 ホテル系のキッチンにいただけあって、仕事が丁寧なのも信頼度の高いところです。

紅焔酒家 光華

夜の部はご店主様が一人で切り盛りしていますのですが、まだ夜の街が本格始動する前に暖簾を潜ってしまいますので、難無くお目当てのメニューを堪能しております(*^▽^*) 出前は出来ませんけど、テイクアウトには対応しているって事で、慣れ親しんだお客様は“お家で光華”をお楽しみって向きもアリのようです。

さてリピ1回目の所望品は、ご店主様もお薦めの人気メニューで行ってみましょう♪ヾ(^▽^*

「五目あんかけ焼きそば (750円)」 スープ付き

光華 五目あんかけ焼きそば

あんかけの具材は、ごくポピュラーなものですが、水分の多いモヤシが入っていないのは好印象です。 それはご店主様自身が納得出来ないからだそうですww この点はボクも同意です(*^▽^*)

光華 五目あんかけ焼きそば

個人的に嬉しい醤油味仕立て♪ ジワッと広がる旨味には不自然さがありません。 基本の出汁と高温で一気に炒められた野菜の甘味、豚バラ肉からの旨味でバランス良く纏まっています。 具材には火は入っていてもクタクタになる事もなく、何気にキクラゲが入っていたのも嬉しかったりします(*´∇`*)

光華 五目あんかけ焼きそば

太麺仕様の五目あんかけ焼きそばです。 ちょっと市内では珍しいかも知れません。 実は初訪問の時に頂いた「紅焔そば」の麺で作られているそうです。 意図的にハードな焼き加減に誂えられた麺は、香ばしいながらもコゲ臭は無し。 ガシッとした歯応えは、焼きそばにしても相変わらずでしたw( ̄▽ ̄;)w

ボリューム的には人を驚かせる類のモノではありませんが、この麺をしっかりと噛みながら頂いて行きますと、いつの間にか満腹中枢が満たされて来ました。 メリハリのある押しの強い味わいでは無く、ほのかな甘味のあるナチュラルで優しい品の良い味わいです。 お食事として頂くには、頃合いの味付けでしたよヽ(*’-^*)。

光華 スープ

添えられて来たスープは、スタンダードな溶き卵入り。 ベーススープの確かな美味しさを伝えて来ます。 永年厨房に立ち続けたスキルの高さが伝わって来ました。




2回目のリピでは一品料理系を頂いてみました。 ホテルでの勤務経験が長いようですので、エビチリや酢豚はお手の物でしょう。 暫く食べる機会が無かったこちらを♪

「油淋鶏+ライス (680円+150円)」

光華 油淋鶏+ライス

個人的に鶏の唐揚げだけですと、直ぐに飽きてしまうんですが、甘酢っぽい香味ソースの掛け回された油淋鶏なら、大皿盛りで来ても大丈夫ww

光華 油淋鶏

ここでも彼のホテルの厨房経験の長さを再確認する事となります。 やはり品の良い仕立てなんですね。 香味ソースの味わいも、あまり強くメリハリを付けずに、それこそソースが飲めちゃうくらいww ごはんのお供に据えるには、このままではちょっと物足りないかなぁ~?と思ったところに、

「ソースは足りますか?ヽ( ̄、 ̄=)」と声掛けして貰えました。

光華 油淋鶏の香味ソース

ソース増量~♪(〃∇〃)

ちょっと幸せキブンになれましたww この辺もオープンキッチンならではの気遣いの行き届くところ。 お陰様でソースを鶏唐揚げにタップリと含ませまして、美味しく頂けましたヨ( *´艸`)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

ぶらりドライブ・晩春の猪苗代町営磐梯山牧場

先立って会津方面へと車を走らせた際に、帰り足に立ち回った「猪苗代町営磐梯山牧場」です。 現在ON AIRされているNHK大河ドラマ『八重の桜』のオープニングで、磐梯山を背景にサクラ色の和傘がまるで花開くかの如くに、手前から順番にに開いていくタイトルバックは、ここで撮影されたのはもう有名なエピソードです。

あのシーンと坂本龍一氏の作曲のメインテーマは、もう反則と言うしかありませんヽ( ̄▽ ̄i) 見る度、思い出す度に涙腺崩壊しそうになるくらいの叙情的美しさに満ちています。 それは福島県民だからでしょうか( ̄ω ̄;) この牧場は蕎麦畑があったり、牧草地が広がっていたり、また牧場の敷地を貫くように走る道筋には、白樺の樹と桜の樹が植樹されています。

暮れなずむ空と菜の花畑
[2013/5/12 暮れなずむ空と菜の花畑]  <↑ Clickで拡大>

もう日暮れ時だったのですが、写真撮影には好都合です(*^▽^*)牧場には菜の花が咲いておりまして、眼下には猪苗代湖が広がります。

高原の白樺
[2013/5/12 高原の白樺]  <↑ Clickで拡大>

残念ながら牧場の桜並木は3日ほど前がピークだったようで、ほとんどが葉桜になってしまっていました。 観音寺川の桜並木よりも、ほんの数日遅れて満開となるようですが、ここで満開を迎えた桜はまだ撮ったことが無かったです。

名残のさくら
[2013/5/12 名残のさくら]  <↑ Clickで拡大>

夏には向日葵畑もあったのですが、今年は種蒔きされるでしょうか? 蕎麦の花が咲く頃にはまた足を運びたいと思います(^^)
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

GWは4連休をとられていた「みたか食堂」さんですが、連休明け早々にいつも通りの大賑わいだったようです。 って言うか、お昼時の「みたか食堂」さんに空席がある事自体が、奇跡のような事らしいですよw( ̄▽ ̄;)w

丁度昨日の事ですが、Blog仲間の「Reverse Iceman Ramen Blog」(URL)のAuthor・Icemanさんも、初めての“みたか詣で”の記事を挙げられておりましたが、お昼時に訪問したらお客様がてんこ盛りで驚かれたようですヾ(^▽^*

みたか食堂

4連休をとったとは言え、実は自家製味噌の仕込み作業で3日間を費やしてしまったそうですから、事実上定休日の1日しか休みはとっておられないんですねw( ̄△ ̄;)w 何て働き者ご夫妻なのでしょうか。 味噌の仕込みは永年行われている家族総出の恒例行事らしいです。 国産大豆をマメに買い集めておいて、以前は米麹まで自家製で作っておられたそうですが、今は麹屋さんに委託でお願いしているそうです。

店舗兼住宅の奥の院に据えられた味噌桶は、じっくりと熟成を掛けられて、土用が過ぎた頃から“新味噌”としてお店デビューするそうです。 まさか食堂の記事挙げで、こんなエピソードを書くことになるとは自分でも予想していませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

この日は中毒カレーの補給を楽しみに暖簾を潜ったのですが、大入り満員だったこの日のお昼の余波を受ける事となります( ̄▽ ̄i)ゝ 暖簾を潜って顔を出したとたんに、女将さんから一言。

「あぁ~~!今日はごはんが売り切れよぉ~!Σ(゜▽゜;)」

お昼時に2回戦分炊いたそうですが、それも完売になった上、夜の部に向けての炊飯準備にさえ狂いが出るほどの忙しさだったらしいです(^◇^;) まあ、それももう珍しい事ではありませんので、麺類にターゲット変更です。

「焼きそば (600円)」

みたか食堂 焼きそば

ぐわぁぁぁぁ|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| 青のりまぶしぃ~!

女将さん、ちょっと豪快wwヽ( ̄▽ ̄i) これ、“振った”んじゃなくて“まぶした”んですよね?(⌒▽⌒;) 何かと話題に事欠かないネタ振りに感謝ww

みたか食堂 焼きそば

盛大な炒め音で炒めあげられた焼きそばは、味付けをやや控え目に抑えてあります。 ラードを使っての調理ですので、香ばしさが一段と冴えますが、ラードの質が良いらしく、コクはあっても厚ぼったい諄さは感じさせません。

お野菜は麺量を凌駕するほどたっぷりと仕込まれておりますので、麺を選り分けて箸で捉まえるのは至難の業( ̄□ ̄;) もともと麺量自体も決して少なくないところに、高温で一気に炒められたキャベツとモヤシ、豚バラ肉が渾然一体となって調和しています。

みたか食堂 焼きそば

ここに卓上配置のやや甘口仕立ての自家調整のソースを掛け回しますと、ソースのスパイシーさと程良い甘味や酸味、コクのある旨味が加わりまして、一杯の焼きそばで二度美味しいって訳です♪ 更には同じく卓上配置のマヨネーズまで加勢させるという猛者もおられるそうですよw( ̄▽ ̄;)w きっとヤバウマだけど、理性で抑えました。




その2日後に再訪することとなったのは、まさに前述のIcemanさんのお陰? お昼時に「みたか食堂」さんに初詣している旨Twitterでツブやいてくれましたもので、まんまと“みたかスイッチ”が入ってしまったという次第( ̄▽ ̄i)ゝ

中毒カレーを食べ損なっていた痛手は大きかったかも知れませんが、うっかり忘れていた宿題も果たさねばなりませんから♪(〃∇〃)

「冷し中華+半カレーライス (700円+350円)」

みたか食堂 冷し中華+半カレーライス

そう、連休明けから夏メニューの「冷し中華」の提供がスタートしました♪ 通年で提供しているお店もあるそうですが、夏メニューとして扱われている市内のお店の中では、最も早いスタートの一軒です。

みたか食堂 冷し中華

提供開始から早速安定したオーダー数が入っているそうです。 この日もお昼時に数杯の冷や中がお客様の味覚を楽しませたらしいです。

みたか食堂 冷し中華

載せモノは去年と全く変わりません。 キュウリの千切りは相変わらずモッサリというくらいの盛りようですし、食感の楽しい中華クラゲも惜しげ無く載せられて来ます(〃∇〃) 手焼きの錦糸卵や脂身の少ないモモ肉チャーシュー、猫まっしぐらなカニカマに紅ショウガ。 そして添えられるカラシは、今年もサラッとスープに溶けてくれる水溶きの練りカラシです。

みたか食堂 冷し中華

ツルッと滑らかな舌触りの麺に、少し酸味を抑え目に誂えたやや甘口の冷や中スープ。 ゴマ油もあまり過分にならないように優しい香り。 それでいて冷や中スープはダルなのかと言えば、そうでは無いのがみたかクォリティー♪ ゴクゴクと飲むことさえ出来そうな味の落とし所を押さえているんですね。

卓上のマヨネーズは掛け放題のまぶし放題ww 勿論お酢も配置してありますから、お好み次第で調整して下さいな♪(゚▽^*)ノ⌒☆

みたか食堂 半カレーライス

約半月ぶりに頂いたカレーライスは、今更言うまでもなくお約束通りの“Hot,Sweet & Spicey”で大満足の食事となりました( *´艸`)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

HAPPY HAPPY CURRY ~福島県福島市北矢野目~

休日の午後、ちょっと遅めに何となく車で北上しました。 今更ながら先頃オープンした「道の駅あだち下り線」に立ち回りまして、施設見物&お土産物の物色ww 売店の商品構成が極めて豊富でして、キャッシャーの客捌きもなかなかのもの。 ちょっと感心してしまっていたら、昼食を食べ損ねそうになりました( ̄▽ ̄i)ゝ

「さて、どこで食事を摂りましょうかね?( ̄ω ̄;)」

ラーメンショーでラーメン三昧の日々でしたので、出来ればラ~抜きで(>▽<;; 何となく勢いでそのまま福島市まで車を走らせてしまい、西道路に入る頃になってからフッと思い出したのがコチラです。

「HAPPY HAPPY CURRY」さんヾ(^▽^* 何と4年半ぶり、2回目の訪問でございますが、ファサードのデザインが少し変更されていて、いつの間にか“カレーライスとソースカツ丼”というサブタイトルが加わっておりました。

HAPPY HAPPY CURRY

ソースカツ丼?( ̄ω ̄;) 何故にそうなった? でもカレーもトンカツも好きだからいいよ(*´∇`*) このタイトルの通りと言いますか、只今イチオシのメニューは、「ソースカツカレー」のようです。

そんでもって、「今田屋」さんというお店の秘伝ソースカツが載せられているカツカレーなのだそうです。 その「今田屋」さんってのが、ボクには思い当たるフシが無くて、ソースカツってんだから会津若松あたりにあったっけ?(-ω-;)ウーン と、大マジに考えてしまいました。

ホール係の闊達でチャーミングな女性にオーダーの際にお尋ねしてみたら、全く想定外の反応があって・・・

「アッハッハ! 実は私、福島に来たばかりなので分からないんですぅ~!O(≧▽≦)O」

ってw( ̄▽ ̄;)w えっ、そうなの? うん、来たばかりでは分からないよね(^◇^;) うん、まあどうでもイイから、それを頂きますよ( ̄▽ ̄i)ゝ

すげぇ~展開だww いきなりこんな会話になるとは、120%の想定外だったわ( ̄▼ ̄|||) でもとても楽しそうに仕事をしているらしくて、その楽しさがこっちにヒシヒシと伝わってきたので、こちらまで楽しくなってきた♪

そう、「今田屋」なんて帰宅後に調べれば良い事で、要は美味しく楽しめるかどうかだけですもんね(*´∇`*) この日は一つの接客の真髄を見せられた気がした。 イヤミではなく本当に勉強になりました(*^▽^*) この子はお店の宝になるスター性がありますよ♪

「ソースカツカレー (980円)」

HAPPY HAPPY CURRY ソースカツカレー

銀皿に先割れスプーン、千切りキャベツにトンカツの組合せ。 これでカレールーが粘性の高い漆黒系ならば、さながら金沢カレーを彷彿とさせるビジュアルです。 でもカレールーのお味は、極めて素直なものでして、強烈な個性を主張するタイプではありません。 良い意味で誰にでも安心してお薦め出来る抑制の効いたスパイシーさと、控え目な辛味で整えられています。

HAPPY HAPPY CURRY 卓上スパイス

卓上配置のカイエンペッパーは掛け放題の振り放題(≧∇≦)キャー♪ ちょっと恐ろしげな注意書きがありましたが、ココイチの飛び辛スパイスに準じたレベルだと思って大丈夫です。

HAPPY HAPPY CURRY ソースカツカレー

さて、懸案の「今田屋のソースカツ」でございます。 カラッとした揚げ具合の豚ロース公称値250gらしいです。 サイズ的には普通に思える程度です。 公称サイズを聞かなければ180g程度かな?って感覚ですので、店内のPOPなどでそのサイズにビビる必要はありません。

HAPPY HAPPY CURRY ソースカツカレー

お約束通りの甘口タイプのソースが、衣にしっかりとまぶされておりまして、カレーの味に負けないほどの力強さです(*^▽^*) トンカツをソースの中に潜らせてあるのは高得点ですね。 カレーとソースカツ丼の両方を交互に楽しむ食べ方が出来るのは、結構悪くない発想です。

って訳で、この記事を書きながら、件の「今田屋」ってのを調べてみたら、このお店のグループ店舗だったΣ(゜▽゜;) 自信たっぷりに屋号推しをしていたから、それ相応の伝統暖簾なのかと思ったら、カレー屋さんよりも後発だったというオチでした( ̄□ ̄;) まっ、いいか(^◇^;)




HAPPY HAPPY CURRY (URL)
福島県福島市北矢野目字小原田西5-9
営業時間;11:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;約15台


大きな地図で見る
 

手打ちそば処 おおほり分店 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

以前から気になっていた「そば処 おおほり分店」さんを初訪問致しました(^^) 通称、県道猪苗代塩川線沿いにあって、お蕎麦屋さんの割には遅くまで暖簾が掛かっていたんですね。 勿論「おおほり本店」の名声は聞こえていましたから、期待もあっての事ですヨ♪

手打ちそば処 おおほり分店

ロードサイドにあって、ちゃんと舗装整備の整った駐車場が用意されているのは、来訪客にとっては嬉しい心配りですし、オートバイで乗り付ける来訪客には殊の外安心です(^-^) まあ実際にオートバイのツーリストは何人かおられました。

手打ちそば処 おおほり分店

お店は取り立てて高級感だったり、蕎麦屋風情を醸し出すようなエクステリアデザインはされておらず、質実剛健の直球勝負っスか?ヽ( ̄▽ ̄i) フロアーサービスも木訥で肩の凝らないものです。 でも決してほったらかしとかでは無く、オーダーをとってくれたり必要なことはちゃんとやってくれます。(お冷やはセルフww) 過分なサービスは期待しない方向きです。

特に凝ったメニューがある訳でも無さそうですので、きっとこれが本懐であろうと思われる、シンプルなメニューで楽しませて頂くことにしましょう(^_^)

「盛そば+おいなり (680円+210円)」

おおほり分店 盛そば+おいなり

フロアー係さんから「大盛でなくて良いのですか?」と心配りあるお声がけを頂きましたが、何がそう思わせたのでしょうか?( ̄  ̄;) うーん

これだけあれば、“お昼のおやつ”には事足りますよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆ ライダー御用達のお店って、大盛率が高いですよね?(@・艸・;)

おおほり分店 盛そば

この時期ですので、流石に青冴えするような蕎麦は望むべくもありませんが、キレイに麺線の整った十割蕎麦は打ち手の技量の確かさが伝わって来ます。 ほのかな甘い蕎麦の香りはちゃんと伝わって来ますし、キリッと冷水締めされた蕎麦は、適度な腰のある噛み応えと、思いの外滑らかな舌触りを楽しませてくれました。 もしかするとこの食感は、やや平打ち気味の断面の成せる技かも知れません。

おおほり分店 盛そば

主に宗田節のコクのある旨味の効いた漬けダレは、マイルドに練られたカエシと合わされており、妙な角のない、それでいて物足りなさを感じさせない、やや甘めの仕立てに感じました。 蕎麦の風味を損なう事無く、美味しさを押し上げてくれる脇役に徹していて、それでいて確かな味筋は通されています。 ちょっと玄人好みする仕立てに思えました(^^)

おおほり分店 おいなり

おいなりさんは、個人的にお薦め♪(〃∇〃) 良い意味でちょっと田舎風の甘じょっぱくメリハリのある味付けと、サービス精神旺盛なサイズに笑顔がこぼれそうです。

キリキリに店を目指す十割蕎麦には凛とした佇まいの楽しみ方がありますが、このようなリラックスして楽しめる十割蕎麦もまた、気兼ねなく付き合えるってものですね。 充分に楽しませて頂きました(>▽<)b




そば処 おおほり分店
福島県耶麻郡猪苗代町字諏訪前231-1
電話;0242-63-2566
営業時間;【平日】10:00~15:00、【土・日・祝】10:00~17:00
定休日;木曜日
駐車場;店舗前に20台ほど


大きな地図で見る
 

ぶらりドライブ・いわきの晩春

GW中の事、どこという目的もなく、午後から車を走らせて市内某所の中国料理店でランチを摂ろうとしたら、とんでもない大入り満員だったもので、いきなり行き場を失った無芸夫婦Σ(゜▽゜;) さて、行列に並ぶも良いけれど、どうもそんな気分にもなれません。 オサレなカフェは、そろそろランチタイムからティータイムに変わってしまおうかとと言う時刻でした。

そんなに劇的に空腹だった訳でも無かったのも事実ですが、こんな時って女性の方が思い切りが良いと言いますか・・・

「それじゃ、いわき方面にでも行ってみる?ヾ(^▽^*」

突拍子も無い事を思い付くものです(^◇^;) まあ、その言葉に乗った訳でして、どこに目的地を付けようかと思ったら、これまた魅力的な事を言ってくれます♪

「道の駅よつくら港で食事を摂りましょ(*^▽^*)」

良いプランです(* ̄∇ ̄*) それではと言う事で、磐越自動車道を巡行する事小一時間ほど、四倉IC経由で「道の駅よつくら港」に到着です。

「道の駅よつくら港」で活躍中の「たいらもん」

GWと言う事もあって、施設内ではイベントも開催されており、平のゆるキャラ「たいらもん」絶賛活躍中(≧∇≦)キャー♪ 何だかカワイイなぁ~ww やっぱり猫がモチーフだから心の琴線に届くのかな?( ̄▽ ̄i)ゝ

真新しい建物の二階には、フードコートタイプのお店が出店しておりまして、海鮮丼やら釜飯屋さん、そば・うどんやラーメン店など、おおよそ困る事のないバリエーションの広さでした。 驚くほどの美味というほどでは無いにせよ、こう言った施設内にあっては、良心的な価格体系とクォリティーでした。

1Fの物産品コーナーで少々土産物などを買い込みまして、まだ家内には見せていなかった海岸線へと車を走らせます。 度々朝陽の撮影で訪れている波立海岸は、いよいよ防波堤の改修工事が本格化し始めまして、更なる嵩上げが完了しますと、国道6号線からは海を見る事は出来なくなりそうです。

久ノ浜の稲荷神社
[2013/5/5 久ノ浜の稲荷神社]  <↑ Clickで拡大>

震災後初めて足を踏み入れた久ノ浜町久ノ浜地区です。 まさに海辺のエリアで津波と火災で壊滅的な被害を被った場所です。 印象的に目に焼き付いた赤い鳥居ですが、丁度訪問前日に久ノ浜で「合同神幸祭」(PDF)という神事が行われ、移住を余儀なくされた住民の皆様を始め、支援を申し出てくれた方々がにより、子供神輿を含めて八社で神輿の巡行が行われたそうです。

神幸祭の後に
[2013/5/5 神幸祭の後に]  <↑ Clickで拡大>

ガレキこそ除けられたものの、津波の爪痕が全く手付かずに残る住宅地から、海辺の「稲荷神社」は真新しく見えますが、実は壁は抜けてしまったものの、その場で持ちこたえていたそうです。 献身的な修復で甦った「稲荷神社」ですが、防災緑地帯として生まれ変わる場所なのだそうで、地元住民からは神社の存続を願う声があがっているそうです。

海岸線沿いに「薄磯海岸」へと進みます。 ここもまた大変な津波被害に遭ったエリアです。 昨年、塩屋崎灯台が復旧して間もなく、皆既月蝕の夜に訪れて以来の再訪です。

薄磯の残像
[2013/5/5 薄磯の残像]  <↑ Clickで拡大>

全く何も変わりようがありません・・・ 徐々に伸び始めた雑草で、地表に残る基礎が覆い尽くされてしまいそうです。

塔婆に祈りを
[2013/5/5 塔婆に祈りを]  <↑ Clickで拡大>

慰霊の塔婆が立てられています。 分かってはいますが、やはり気持ちは重苦しくなるものです。 この写真は挙げるか否か迷いに迷ったのですが、昨夜いわき市から無芸の仕事場をご訪問下さったお客様との会話で、心を決めました。

海沿いにお住まいの皆様にとっては、一生忘れられない震撼するような体験でしたが、私達のように内陸部に住まう者や、被災地から100kmも離れた地の方々にとって、津波を始めとした震災の事実は少し過去のものとして遠ざけられ始めているように思えます。

消えない傷跡
[2013/5/5 消えない傷跡]  <↑ Clickで拡大>

津波で破壊された手摺りは、今もそのままにされています。 同じく県内にお住まいの方々でも、こういった現場へ行った事のない方も少なくないと思います。 勿論、強制するつもりは毛頭ございませんが、足を運ぶ事に迷いがあるようでしたら、実際にその場に立って肌に感じるプレッシャーを体感して頂きたいものです。

晩春の薄磯海岸
[2013/5/5 晩春の薄磯海岸]  <↑ Clickで拡大>

この海岸に再び賑わいが戻る時は来るのでしょうか。 全く人気の無い海水浴場は、忘れ去られそうなこの地の現実を物語っているかのようです。

塩屋崎ニャン
[2013/5/5 塩屋崎ニャン]  <↑ Clickで拡大>

 塩屋崎灯台へは、未だに登れないままです。 灯台下には美空ひばりの歌碑がありますが、そこは奇跡的に津波の難を免れたそうです。 そこで出会った白猫。 自分から身を寄せてくる事はありませんでしたが、そっと近づいてみても極度の警戒を示すこともありませんでした。 この子はどうやら根付きの猫っぽいです(^◇^;)
 

麺菜房 櫻喜 (おうき) ~福島県郡山市大槻町~

陸上自衛隊郡山駐屯地に近い、大槻町の住宅地の一角にある「麺菜房 櫻喜(おうき)さんを久しぶりに訪問しました(*^▽^*) お昼時の客入りの良さは毎日のことでして、夜の部の営業もまた待ちかねたお客様で賑わう人気店さんです。

麺菜房 櫻喜

久方欠乏気味となっている麻辣Powerを補給するべく、お仕事の立ち回りに乗じて夜の部の一番!o(*^^*)o と思ったら、やっぱり既に先客様がおられました(>▽<;; いつもなら「マーボーメン+半ライス (750円+100円)」を所望するところですが、今回はスタンダードな攻め方でコチラを♪

「まーぼー丼 (750円)」 サラダ、スープ、ザーサイ付き

櫻喜 まーぼー丼

実はご飯物を所望するのは今回が初めてです( ̄▽ ̄i)ゝ この「まーぼー丼」の器の深さは、ちょっと一瞬ビビるのですが、総量的には常識を逸脱しないところで納まっておりますv( ̄∇ ̄)ニヤッ

櫻喜 まーぼー丼

「マーボーメン」のように“血の池地獄”が如くにラー油が振り回されてはいません。 そりゃーあ、ご飯にシミシミになっちゃいますから、手練れの工藤マスターは普通に作り分けをされているんですね。 豆豉と花椒はちゃんと効かされておりまして、麻婆豆腐としてのシャープなディテールが活きています。

櫻喜 まーぼー丼

「マーボーメン」と決定的に違うのは、温度差による麻辣実感の違いでしたw( ̄△ ̄;)w ラーメンスープを熱源として、更には大量のラー油で蓋をされた「マーボーメン」の麻婆豆腐は、一口含んだだけでアグレッシブな花椒のスパイシーさが口中に広がりますが、「まーぼー丼」は程良く放熱が進むせいか、食べる人を飛び上がらせるような麻辣パンチはありません。

決してホットさやスパイシーさが足りないのではなく、とても落ち着き払ったシックな麻辣テイストが楽しめるんですね(>▽<)b これなら、これから麻辣道に入門を志す方々にも安心してお薦め出来るってものです。 麻婆豆腐の滋味深さを楽しみたいなら、こちらを所望するって一手ももアリですよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆  ただし翌朝には、それなりの“報い”を体感していたのは小声でお伝えしておきま~す( ̄▼ ̄|||)




=閉店しました=
2016年11月27日をもって閉店しましたが、アーカイブとして残しておきます


麺菜房 櫻喜 (おうき)
福島県郡山市大槻町字反田5-1
営業時間;(昼の部) 11:00~14:00、(夜の部) 17:30~21:00 (LO=20:30)
定休日;月曜・火曜 (月曜祝祭日の場合は翌日)
駐車場;お店の前に2台分、店舗南側の月極駐車場に2枠(1,5番)


 

三春軒 ~福島県会津若松市西七日町~

昭和初期から暖簾を繋ぐ、会津若松市内で最古参のお店「三春軒」さんを訪問して参りました。 既報の通り(過去記事)、今年当月末をもって暖簾を降ろし“伝説の店”になってしまうのは、何とも残念な事です。 この訪問がボクにとっては最後の機会になってしまうんですね。(_ _。)・・・シュン

三春軒

ボクにとって「三春軒」さんは、ほとんど奇跡のようなご縁で結ばれていました。 初回はそのようなご縁を知る由もなくBlog仲間達からの情報を元に暖簾を潜りました。 勿論、伝統の中華そばを頂くのが目当てではありましたが、もう一つのお楽しみは猫店長・プリンちゃんの存在も大きなものでした。

最初の訪問記事を挙げますと、何と驚いたことに、以前から相互リンクを張っていた会津若松市出身でフロリダに嫁がれたBlogger様が、「三春軒」四代目店主様の娘さんだと言う事が分かりましたw( ̄▽ ̄;)w 彼女の気っ風の良さは、どうやら同家代々の女性の持ち味らしく、その後ご縁を深める事となった訳ですが、実は今回の訪問は、たった3回目に過ぎません( ̄▽ ̄i)ゝ 自分の地元だったなら、間違いなく訪問回数は劇的に多かった事と思いますが、それだけが本当に心残りです。

今回の訪問も、ついつい訪問機会を逸し続けて、何と1年5ヶ月ぶりだったのですが、直ぐに思い出して頂けまして、多少なりとも四方山話を交わさせて頂く事が出来ました。 本当はもっと沢山お話を伺いたいのは山々なのですが、何せ客足が途絶えることなく、そうそうお仕事の邪魔をする訳には参りません。 最後の一杯をシミジミと堪能させて頂きながら、最後の機会を過ごさせて頂きました。

「中華そば (400円)」

三春軒 中華そば

ニボシの風味がフワッと鼻腔に届く、古典的な中華そばです(*^▽^*) キレイな澄んだスープは、豚ガラ出汁をベースにしておられると思いますが、主にニボシの華やかな香りが主軸ですので、あまり探りとるのは難しいです。

三春軒 中華そば

載せモノも定石通りのシンプルさですが、毎回白眉に思えるのはこのチャーシューです。 豚バラ肉のチャーシューは、しっとりと醤油味が染み渡っており、シンプルかつ軽快なスープに、絶妙な食べ応えを楽しませてくれます。 またメンマはちょっと塩気が強めに味付けされており、これもまた一つのアクセントになります。

三春軒 中華そば

自家製麺のやや細目の平打ち麺は、ちょっと加水率低めでしっかりと縮れが掛かるように手揉みされています。 現在会津若松の典型的な麺として流通している製麺所製とは、ちょっと趣を異にしています。 このへんの個性というのも、永年の伝統に培われたスタイルを頑なに守り続けています。 やはりこういったところにも、生き字引的な希少価値を見いだしてしまいます。

麺は舌の上をまるで踊るような食感があります。 非常にライブ感に満ちた麺ですねヾ(^▽^* 今以てその魅力には、全く翳りというものは無いばかりか、伝統技法としてどなたかが受け継いでくれることを願いたい程の個性です。

醤油ダレは黄金色を呈するスープからして淡口醤油なのか、それても地元ならではの個性的な醤油なのかと思われます。 割と塩味がシャープに効いていて、醤油のコクを強く押し出すタイプでは無いように思えます。 ニボシ風味を活かす事を考えれば、これくらいシャープで醤油テイストが軽い方が合うでしょうね。

あくまでも自分の感じた味を、自分の言葉で書き表してみましたが、“伝説の店”になってしまう“幻の中華そば”の印象を、インターネットにアーカイブしておく事は、私的な満足でしかありませんが、いつかどなたかの情報源としてお役に立てたなら幸いに思います。

三春軒店主とプリンちゃん

この日のプリンちゃん(スコ16歳)は、今まで訪問した中で最も心を開いてくれました(*´∇`*) 自分から身を寄せてくれて、躰を撫でさせてくれました。 三代目店主の膝の上が、一番のお気に入り♪ 相変わらずお似合いです(>▽<)b

プリンちゃん

とても16歳とは思えない毛艶の良さ。 しかも肥満化していないんですね(^◇^;) ちょっと小柄な印象ですけど、愛らしい声も聞かせてくれました( *´艸`) もう会えないのは残念ですが、同家のアイドル猫として、これからも家族に寄り沿う事でしょう。

ボクがお店に居た間にも、久しぶりに訪問された旧知のお客様がおられまして、三代目が

「今月でお店を閉めるんですよ。」って言うと、

「またまたぁ~ヾ(^▽^* ご冗談をww」

ってくらい、どなたも最初は冗談だと思っているようです。 無理もありません・・・ でもそれが真実と知ると、とても寂しそうになさりますね。 永い歴史を刻んできたお店が故に、いつの間にか未来永劫に暖簾は掛かり続けると思っても仕方ないところです。 暖簾を降ろした後は、ゆっくりと時を楽しみたいとの事。 悲しい気持ちでその後ろ姿を見送るのではなく、拍手を持ってこの老舗の最後を見送りたいと思います。




== 2013年5月末をもって閉店しました == (アーカイヴとして残しておきます)

三春軒
福島県会津若松市西七日町9-7
営業時間;11:00-18:00
定休日;13日・27日 ※他、所用により休店あり
駐車場;側近セブンイレブンさんの近くにありました


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

昨日は暑かったなぁ~と思ったら、一気に28℃越えだったそうですw( ̄▽ ̄;)w このまま好天が続くのかと思ったら、残念ながらそう巧くはいかないようです。 衣類の選択が一番難しい時期に差し掛かりまして、朝昼夕で細かくコントロールしなきゃなりませんね。

さてお馴染みのローテーション先「郡山大勝軒」さんです。 つい先頃「茨城大勝軒」の系列「優勝軒伏竜」さんが割と近い場所に新規開店しましたが、共に元を遡れば初代・山岸一雄氏の「東池袋大勝軒」が源流となります。 現状では「優勝軒伏竜」さんは独自のテイストを求めている為、少なくとも表面的な類似性は誰の目にも看取出来ないと思います。 勝手な期待ですが、本当ならガチの勝負が見て見たかった気もします( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒

まあそんな外堀の雑音を他所に、この日も工藤店長の製麺作業は、天気や湿度を見ながら、微妙な加水率調整を掛けながら、ストイックに進められていました。 勤勉さの中にも自信溢れる仕事の進め方は、積み重ねた仕事の分だけ盤石なものとなっているようです。

「辛子つけ麺 (750円)」

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

言うまでもなく漬けダレは真っ赤っかぁ~♪(〃∇〃) しかして、単純に辛さだけが際立つモノに非ず。 ご承知の通り動物系と魚介系の旨味を併せ持つベーススープには、甘酢の効かされた醤油ダレがあてられており、そこに旨味感のある辛味が加わるものですから、甘辛酸っぱい?o( ̄ー ̄;)ゞ クセになる辛子漬けダレなのであります♪

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

いつもながらツヤツヤの自家製麺は、ツルッとした舌触りと、豊富な弾力と共にプッツンと歯切れ、ほのかな小麦の香りを感じさせてくれます。 日々進化を重ねつつ、毎日微妙な調整を怠らない麺は、既に市内の自家製麺のお店の中では、トップクラスにある事に疑う余地はありません(*^▽^*)

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

漬けダレに溶かれた辛子に加えて、オン・ザ・麺で更に辛子を増量しますと、鮮烈な辛子テイストが口中に広がります(>▽<;; これがヤミツキの美味しさでして、ついつい麺の上に辛子をバラ撒きまして、完食する頃には漬けダレの辛子濃度は倍加していたりしますΣ(゜▽゜;)

ここまで辛子マシになりますと、漬けダレのスープ割りもHot & Spicyになりまして、ちょっと手強くなったりするのはご愛敬と言う事で♪




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る




数日前の晩のこと、良くあるテレアポのような電話がありました。 まあ、こちらも紛いなりにも事業を営んでおりますので、ファースト・コンタクトでピンと来ても、取りあえず先方の言い分の触りの部分だけは聞く事にしています。 出来る限りはですけど・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

その時の電話は今春進学した長男についての聞き取りと言う事で、先方は「ベネッセ・コーポレーション」を名乗っておりました。 確かに進研ゼミとかはずっと利用していましたので、リストを持っていても何も不思議はありません。 でも過去の利用者の行く末まで調査すんの?( ̄ω ̄;) ちょっと不可解でしたし、小面倒くさかったのでご協力は出来ない旨伝えると、すんなりと詫びの言葉と共に引き下がってくれました。

実際の処、大手の名を語ってアプローチしてくるような例も無い事は無さそうですが、仮に正真正銘の「ベネッセ・コーポレーション」だったとしたら、その聞き取りからまた新しいビジネス・チャンスを繰り出して来るのかも知れません。

実際の処、子供の出生時のには「たまひよ」があり、通信教育の「こどもチャレンジ」と「進研ゼミ」、更には「ねこのきもち」も愛読していました(^◇^;) このまま行ったら、本当に“揺りかごから墓場まで”となって、その内「墓場クラブ」なんてのも出版されちゃったりしてナww なんて家内と笑っていたら、実はかなり近い処までHITしていましたΣ(oДolll)ノノ

既に有料老人ホームや在宅介護サービスにも手を広げていることが分かりました(〇o〇;) こりゃあ本当に「墓場クラブ」が出るかも知れない・・・( ̄  ̄;) うーん

ベニマルニャン

GWの事ですが、行き付けの鳩スーパーで買い物を終えて駐車場に出たら、ニャンコの姿を発見! 首輪もしていないけど、全く人間を寄せ付けないって感じでもありません。

ニャッ?とお声を掛けてみたら、ニャォ~~ンと応えてくれました(^◇^;) この子ってどこから現れたん? 嫌な予感が脳裏を過ぎります(`・ω´・ ;)

ベニマルニャン

取りあえず何とか手懐けられないかと試してみましたが、最後の一歩を寄り切れない子でした。 昨秋あたりに生まれた子かと思うのですが、気立ては悪くないみたいですし、あわよくば保護したかったんですけど、スルリと逃げられちゃいました( ̄▼ ̄|||) 残念(_ _。)・・・シュン
 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

通りがかりに暖簾が掛かっているのを見つけて、ほとんど脳髄反射的に駐車場に車をデポしました(>▽<;; 郡山市朝日の内環状線から西に入る事2軒目。 ぐるぐる寿司の「とっぴ~」さんのお隣にある「めん処 成」さんです♪(゚▽^*)ノ⌒☆

めん処 成

約3ヶ月ぶりの訪問でしたので、お店の屋台骨たる“青森シャモロック”の鶏ガラ出汁の逸品を頂く事にしますヽ(*’-^*)。

「支那そば (650円)」

めん処 成 支那そば

丼の表面を覆うチー油と刻み白ネギ。 バラロールチャーシューにモモ肉チャーシューが合い盛りとされています。

めん処 成 支那そば

香り立ちはデビュー当時よりもずっと抑え気味にされており、華やかさやインパクトはありませんが、ジワァ~っと上品な香り立ちです。 醤油ダレもずっと円やかな方向に進化しまして、口当たりの優しさを実感するほどです。

めん処 成 支那そば

やや加水率低めの中細麺は、プツプツッとした歯切れの良さを伝えて来ます。 鶏ガラ出汁の極味こそデビュー当時と比べると薄らいでおりますが、誰にでもスープまで完飲出来る、トータル・バランスの良さを手に入れましたヾ(^▽^* 未だに個人的には勿体なく思う事も事実ですが、現在のスタイルの方が支持率は高いと言います( ̄▽ ̄i)ゝ あの極味はそう出せるものでは無いんですけどねぇ~(←未練タラタラ)




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

今年3月に生まれ故郷へと帰ってしまった「麺屋 輝」さんの後を受けて、4月8日に開店していた「紅焔酒家 光華」さんを初訪問致しました。 開店準備を進めていた時からずっと気になっていたのですが、訪問してご店主様から出店への経緯などを伺いますと、どうやら期待は満たされそうな気がします(*^▽^*)

紅焔酒家 光華

ほぼ居抜きで譲り受けられたお店ですので、カウンター10席のみのこじんまりとしたお店です。 ランチタイムにはホールのアシスタントさんが加わるそうですが、ご店主が一人で切り盛りするにはもってこいのお店のようです。

メニューはある程度限られたアイテムに絞られますが、その中でも自慢の創作麺料理が気になりましたので、そちらを所望してみる事にします。

「紅焔そば (680円)」 スープ付き(ランチタイムは小鉢&スープ付き)

光華 紅焔そば

わぁ~~♪o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o これは汁無しマーボー麺ですよ!

しかもご店主様の嗜みで、薬味として花椒の小壺が添えられて来ます♪(゚▽^*)ノ⌒☆  いいねぇ~♪ 分かっているねぇ~♪ こりゃあ頂く前からテンション上がるわぁ~o(*^^*)o

光華 紅焔そば

ベースに甜麺醤の濃厚な旨味と甘味があり、そこを軸にして豆板醤を始めとする各種調味料が積み上げられている感じです。 濃ゆい味わいに仕立てられたことで、麺に絡めた時のフィット感は抜群です。 あまりラー油に頼らずに調理されているのも好印象ですねヽ(*’-^*)。

光華 紅焔そば

麺は富多屋さんの特注多加水系太麺で、軽く縮れが掛けられています。 これがなかなかモッチリとした食感のある麺でして、210gという豊かな麺量を意識させないほど、アッと言う間に箸が進んでしまいます(^◇^;) 茹で上げられた麺に香味油を均一にまぶして下準備されますが、冷水締めにしないところもミソでしょうね。

麺と合わせて頂いた印象では、決して麻辣系ではありませんが、卓上の自家製辣油や前述の花椒をバラ撒けば、俄然味わいに締まりが出てきます。 もともとのポテンシャルは相当なモノですので、最初から麻辣仕立てで作って頂けたなら、きっと感涙に咽ぶ麻辣ファンも少なくないかと思いますヽ( ̄▽ ̄i)

こりゃあ久々のヒットに巡り会いました♪ 提供されているメニューには限度がありますが、それでも片っ端から頂いてみたいお店ですヾ(^▽^*




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

手打ラーメン はし軒 ~福島県田村郡三春町~

何と2週連続の訪問をした、国道288号線バイパス上り線沿い三春町熊耳地内の「手打ラーメン はし軒」さんですヾ(^▽^* 前週に続き、桜の写真撮影で近隣エリアに立ち回っておりまして、あの雪に見舞われた日のことですわ(^◇^;) 長靴履きとは言えちょいと躰が冷えてしまったってお連れ様方からの声に押されまして、再訪となった次第です。

既に時計は正午を回っており、店内は既に満席でした。 少々店内でウェイティングとなりましたが、地元のお客様の多さを物語るかのように、お客様同士がそこここで挨拶を交わしておられました。 こういう雰囲気、好きですよ(*^▽^*)

先客様方が白飯を所望されているのを見ながら、壁貼りPOPに焼き餃子があるのも確認。 前回と同じでは芸がないだろうから、

(餃子+ライス+ラーメンで行こうかしらね?σ( ̄、 ̄=))

なんて思いを巡らせていたら、席に案内されました。

「それでは♪(>▽<)b」 と、希望を伝えてみたら

「白飯売り切れですぅ~ヽ( ̄▽ ̄i)」

終了~~!(〇o〇;) 一歩早く入店していたお父さん達が、みんな食べているのに・・・ あっ、だから売り切れかっ!ノ( ̄0 ̄;)\ 次回の課題が決まった瞬間でした( ̄▼ ̄|||)

「ワンタンメン (700円)」

はし軒 ワンタンメン

といった経緯がありまして、再び手堅くこちらを所望致しましたぁ~( ̄▽ ̄i)ゝ

はし軒 ワンタンメン

焼きを掛ける前にスモーク処理をされたチャーシューは、香ばしいスモーキー・フレーヴァーとキレのある醤油テイストが感じられます。 勿論肉としての旨味感を楽しませてくれながら、噛めば抵抗無く歯切れます。

はし軒 ワンタンメン

生姜の香る鶏肉餡のワンタンも沢山入っていてとっても満足度高し!(>▽<)b 生醤油っぽい風味のあるスープには、このハーフカットの味玉の存在も良く効いてきます。

はし軒 ワンタンメン

自家製手打ち麺は、この日も上々の出来映え。 舌の上を叩くような独特の食感と、噛んだ時の弾力を伴った歯切れの歯応え。 そんな楽しい麺が、並盛りとは言えなかなかの麺量で供されます。

鶏ガラ出汁メインのスープは、前述の通り生醤油っぽい風味が顕著ですが、適度な塩味と酸味の整った醤油ダレが、キリリとしたディテールを醸し出します。 それでいて決してしょっぱくないのですから、ついついリピートしてしまうのも分かる気がします( *´艸`)




手打ちラーメン はし軒
福島県田村郡三春町大字熊耳字中田123-1
電話;0247-62-2686
営業時間;11:00~19:30 (材料がなくなり次第終了)
定休日;火曜日 (祝祭日の場合は営業)
駐車場;店舗前に15台分ほど


大きな地図で見る
 

中華飯店 宏昌 ~福島県郡山市大槻町~

初訪問から程なくの事、幸運にも再訪のチャンスが巡って来たので、迷わず暖簾を潜りましたヾ(^▽^* ここは大槻町の「中華飯店 宏昌」さんです。 前回頂いた麻婆ドンブリのお味が、なかなかの好印象でしたので、このお店では双璧と目されるもう一つの人気メニューを狙っておりました♪

「五目焼きソバ 大盛 (650円+100円)」

宏昌 五目焼きソバ大盛

お噂は耳に届いていたのですが、こちらの大盛はなかなかのボリュームであるとの事で、自分で確かめて見るべくの“大盛CALL”です(`・ω´・ ;)

宏昌 五目焼きソバ大盛

ホントにドンブリで出てきました( ̄▼ ̄|||)

自分の足許に落とし穴を掘ってしまったかと、一瞬後悔しそうになりましたが、幸いに事に丼のサイズ自体が割と普通サイズでした(^◇^;) これならイケそうですね♪

宏昌 五目焼きソバ大盛

事前情報の通り、どうやらご主人様は餡掛け系を得意としておられるようで、調理の手際の良さと言い、味付けの塩梅と言い、もう躰に染みついているようです。 見ての通りの醤油系の味付けですが、旨味調味料が前面に出すぎることなく、高温で炒められた野菜からの甘味を上手に活かしておられます。

味の濃度も過ぎる事無く抑えられており、さりとて物足りなさもありません。 別皿で小袋入りの練り辛子も添えられて来ますが、卓上にも酢やラー油は配されています。 ボクはそれらの味変ツールに頼らずに、キレイに完食出来ました。

宏昌 五目焼きソバ大盛

麺の焼き付けは焦げ付く前で寸止めされています。 さほど香ばしいほどではありませんが、丼盛りが故に麺を餡で蓋をしてしまうので、熱持ちの良さと来たら、もう異常なほど(`・ω´・ ;) 超アツアツの麺を餡の下から引っ張り出しつつ、フ~フ~冷ましながら頂くのもちょっと一興でございました(*^▽^*)




中華飯店 宏昌(こうしょう)
福島県郡山市大槻町北八耕地6-4
電話;024-961-0808
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


大きな地図で見る

 

【2013年桜巡り】 観音寺川の桜並木 ~福島県耶麻郡猪苗代町川桁~

多分この記事をもって、今年の桜巡りは完了となると思います。 もしかするとエピローグ編として記事挙げ出来そうな遅咲きの桜が残っておりますが、それはそれで撮れた時のお楽しみとしておきます(^^)

堤の桜ロード
[2013/5/4 堤の桜ロード]  <↑ Clickで拡大>

ここは猪苗代町の川桁地区を流れる観音寺川川畔です。 リステル猪苗代を目印に行きますと、分かり易いですね。 毎年GWの終盤に満開の桜の花を楽しませてくれる名所となっています。 今年はこの一週間前にも訪問してみましたが、まだ何輪かが咲き始めたばかりで、車窓から様子を確認しただけでパスしておりました( ̄▽ ̄i)ゝ

その後も気温の低い日が続きましたが、ようやく一週間で満開を迎えました。 猪苗代町立東中学校の川向かいに、無料で開放されている観桜客用の駐車場がありますので、そこに車をデポしますと、川沿いに下流に向かって約1kmに渡る桜並木があります。 ルートのほぼ中央の辺りには、出店も軒を連ねておりまして、ちょっとしたお祭りキブンが味わえます(^^) 家族連れには喜ばれるポイントの一つですね。

姫踊子草
[2013/5/4 姫踊子草]  <↑ Clickで拡大>

春の堤は深緑の装い。 陽当たりの良い斜面には姫踊子草が一群となって咲いていました。

春の小川
[2013/5/4 春の小川]  <↑ Clickで拡大>

平素の観音寺川は、日本の原風景を彷彿とさせるような小川です。 程良い下草の緑の中を流れる川には、多分観桜客に便宜を図る為と思われる丸太橋が何ヶ所か設けられています。この丸太橋が子供達の格好の遊び場にもなっておりまして、ここで発表することは出来ないとは知っていながらも、ついついレンズを向けてしまいます( ̄▽ ̄i)ゝ 子供達のアクションは、時として奇跡のShotを生み出してくれます。 あぁ~~、単なる自己満足の話です(^◇^;)

暖かな春の日差しに
[2013/5/4 暖かな春の日差しに]  <↑ Clickで拡大>

訪問時間は徐々に日が傾き始めていた頃合い。 逆光の光の中に、桜の木の枝が一際コントラスト鮮やかに浮かび上がります。

サクラサクラ
[2013/5/4 サクラサクラ]  <↑ Clickで拡大>

こういう写真を狙う時は、単焦点の中望遠レンズが欲しくなりますヽ( ̄▽ ̄i) 物欲王に身を落とさないように自制していますけど、とろけるようなボケ味と玉ボケが撮れるレンズが欲しいですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

甘党のヒヨドリ
[2013/5/4 甘党のヒヨドリ]  <↑ Clickで拡大>

桜の花には蜜を吸いに来たヒヨドリが何羽もいました。 撮影ポイントがカメラマンで混み合っていたので、暫しヒヨドリ撮影で戯れてみましたww 普段は鳥撮りなんてしないので、カメラのセッティングを変更したり、撮れるアングルを探したりと、ほんの15分ほどでしたが、結構楽しめました(*^▽^*)

川音
[2013/5/4 川音]  <↑ Clickで拡大>

中流よりもやや下流側に下った辺りが、よく観音寺川の桜として発表されている撮影ポイントです。 ご覧の通り、川には程良い段差が幾つか付けられており、見栄えの良さと共に桜の枝振りの良さも高ポイントです。

観音寺川の夕景
[2013/5/4 観音寺川の夕景]  <↑ Clickで拡大>

ライトアップ用の照明も据えられている場所ですが、さすがに点灯まで付き合いきれずにこの場を離れる事としました。 福島の春の風情を満喫出来る、素晴らしいロケーションの名勝地です。




観音寺川の桜並木
福島県耶麻郡猪苗代町川桁堰上 観音寺川畔 ※住所は駐車場をマーク


より大きな地図で 観音寺川の桜並木 を表示