FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2013 明日より開催!

明日の「ふくしまラーメンショー2013」開催を前に、会場となる開成山公園自由広場を訪問してみました(^^)

ふくしまラーメンショー2013 会場

丁度昼頃の訪問でしたが、会場には出店社の多くが現場入りをしており、ブースの建て込みや厨房機器の機能チェックなどを行っていました。

ふくしまラーメンショー2013 客席

客席となる飲食ブースは、昨年よりも更に拡張されていまして、これならば着座して落ち着いて食べられそうですね(^^)

ふくしまラーメンショー2013 会場

気の早い来場者の姿もチラホラ(^◇^;) 明日からですよww

ふくしまラーメンショー2013 会場

12店の出店社が一堂に並ぶ出店社ブース。 多少の降雨では水溜まりも出来ないようにと、きめ細かな整地作業も行われていました。

ふくしまラーメンショー2013 会場 「麺家いろは」

昨年の売上げNo1だった「富山ブラック」「麺家いろは」さんも会場入りをしておりまして、手慣れた段取りでブースの構築を進めていました。

麺家いろは・店主・栗原氏

運良く店主・栗原氏からお話を伺うことが出来ました。 会期中はずっとここ郡山におられるそうです(^o^) 多分今年も行列の最後尾を示すプラカードを持ち、お客様の安全確保に気遣いをし続ける事でしょう。 出店先の地産品を食べながら、食文化に触れることを楽しみにしておられるそうです。

ふくしまラーメンショー2013 会場 「鳥取牛骨ラーメン応援団」

今回初登場となる「鳥取牛骨ラーメン応援団」さんのブースです。 鳥取でラーメン店を営んでおられる方々と、行政サイドがタイアップして、鳥取県が育んだ食文化「牛骨ラーメン」をプッシュしているそうです。

彼も又一国一城の主なのだそうですが、高校生くらいまではラーメンの出汁は牛骨から引くものだと信じて疑わなかったそうです(>▽<;; 他県の様々なスタイルに触れて、初めて地元の個性に気付いたのだそうですよ(^^)

ふくしまラーメンショー2013 会場 「東大X徳島ラーメン人生」

こちらもまた個性の一軒となります。 徳島ラーメンは、郡山市では初登場ですね。 注目度の高さはあちこちから伝わって来ています。 勿論、ボクも今回徳島ラーメンの初体験をする事でしょう。 楽しみですねぇ~♪

ふくしまラーメンショー2013 会場 「武蔵家」

横濱家系の「武蔵家」さん。 白提灯の向こう側に姿があるのは、店主・藤崎氏です。 厨房機器のセッティングと動線のチェックなどに余念がなかったようですので、ご迷惑にならないように離れた場所から様子を伺いました。

ふくしまラーメンショー2013 会場 「一麺会」

その後夕刻に再訪してみますと、既に多くのブースが明朝に備えて会場を後にしていましたが、我らが地元「一麺会」のブースの中では何やら動きがありますよ?( ̄ω ̄;)

ふくしまラーメンショー2013 「一麺会ブース」

丸鶏を炊いて出汁を引いていました♪(゚▽^*)ノ⌒☆  すんげぇ~~~! 贅沢な事をしていますよ。

ふくしまラーメンショー2013 「一麺会ブース」

更には玉ネギの薄切りスライスに、洋食技法のソースを和えて、秘策のトッピングの仕上げに掛かっていました。これまた豪勢に会津山塩で作った塩ダレを合わせていく訳ですが、お店では提供する予定もない、「ふくしまラーメンショー2013」の会期内でしか食べる事の出来ないスペシャルラーメンです♪ そのコスト、ハンパ無いです(`・ω´・ ;) 果たしてどのようなお味になっているのか、期待が膨らみます(*^_^*)

ふくしまラーメンショー2013 「信濃神麺 烈士洵名ブース」

そしてもう一つ、せっせと準備に余念がなかったのは、「信濃神麺 烈士洵名(れっしじゅんめい)ブースですヾ(^▽^* 昨年は「気むずかし家」の暖簾で「濃厚鶏白湯」を披露してくれたアノお店ですO(≧▽≦)O

今年は「東京ラーメンショー」で披露した「幻の王様中華そば」を披露してくれます。 ここでとても大切なKeyがネギなんですね。

ふくしまラーメンショー2013 「信濃神麺 烈士洵名ブース」

丁寧に手作業でそぎ切りにされているネギ。 何とカミソリでストロークしながらカットしています(〇o〇;) この繊細さを無くして「幻の王様中華そば」は成立しないそうです。 この準備で今夜は10時くらいまで掛かりそうだと言いましたが、楽しみにおいで下さるお客様の為ならと、モチベーションの高さを見せて下さりました(*^▽^*) 素晴らしいです! さすが塚田さんが送り込んだ腹心のメンバーです。

明日10時からスタート致しますが、午前中は企画監修をされた大崎裕史氏も会場におられます。 気さくに答えて下さりますので、姿を見つけたらお声がけになって下さいな(^^)
 

麺処 中華惣菜 若武者 ~福島県二本松市本町~

ゴールデンウィークに入り、いよいよ「ふくしまラーメンショー2013」の開催が、明日(4月30日)に迫って参りました。 そのイベントを迎え撃つが如くに、二本松市の麺処 中華惣菜 若武者」さんでは、ゴールデンウィーク期間中限定の特製らーめんがリリース中ですよヾ(^▽^*

麺処 中華惣菜 若武者

と言う訳で、GWスタートのさい先にと麺処 中華惣菜 若武者」さんを訪問して参りましたo(*^^*)o

「青森シャモロック鶏中華 塩Ver. (700円)」

若武者 青森シャモロック鶏中華 塩Ver.
(※店内の照明の為、写真の一部が赤みがかっております。補正が効かない為お許し下さい。)

こりれゃあなんてビジュアルだ!w( ̄▽ ̄;)w チー油の油膜層で、澄んだスープが淡黄色のヴェールに包まれています。 立ち登る香りも、鶏チャーシューの芳醇な香りと相まって、華やかな鶏出汁ワールドになっています。

若武者 青森シャモロック鶏中華 塩Ver.
(※店内の照明の為、写真の一部が赤みがかっております。補正が効かない為お許し下さい。)

載せモノは必要にして充分! 細割きタイプのメンマは、こりゃあ意図的としか思えないのですが、ほんのりと若竹風の香りが残され、割としっかりとしたコリッとする歯触りが残されています。 ホウレン草のお浸しに関しては、通常なら“彩りの一つ”としてあまり気に留まった事が無かったのですが、本作に於いては大きな存在意義を感じることとなりました(⌒▽⌒;) 深みのある旨味と華やかな旨味、そして外向的な香味の整ったこの塩味仕立てのラーメンには、素晴らしく相性が良いのです(^◇^;)

若武者 青森シャモロック鶏中華 塩Ver.

鶏チャーシューも、醤油ダレヴァージョンに増して、この塩味ヴァージョンでより明瞭に香味が伝わって参ります。 こりゃあ開発ベースが本当は塩味ヴァージョンだったのでは無かろうか?と考え込んでしまうほど、呆れるほどの完成度の高さです( ̄□ ̄;)

若武者 青森シャモロック鶏中華 塩Ver.

低加水タイプのストレート細麺が、丼の中にチラ見えした時点で、思わずテンションが上がってしまっていたのですが、それはその期待を裏切らないどころか、“恐れ入りました”と言ってしまうほどのフィット感ですO(≧▽≦)O

ポキポキとした歯触りながら、口の中でゴソゴソとした舌触りにならず、まるで滑り落ちるように喉に通ってしまいます。 これってチー油の油膜効果もアリですかね?(*´∇`*) そんな訳無いかww みじん切りにして仕込まれたネギもまた、とても良くフォローしており、後味に諄さのカケラも無くとても上品な味の余韻だけが残ります。

前述の通り、青森シャモロックの丸鶏から引いた出汁は、インパクトのある押し押しタイプに非ず、チー油の華やかな香りとジワッと広がる旨味、そして雑味の無いピュアな美味しさだけを楽しませてくれて、スマートに味が引いていく感じです。

塩ダレもまた絶妙な躾がされており、こころもち強めに塩味を感じさせるのですが、それは決して角を感じさせる事はなく、鶏出汁が最も活きる落とし所にピタッと合わせられています。 塩からのふっくらとした滋味も感じられました。 極めて秀逸! 是非とも定番化の方向を模索して頂きたい、印象の残る一杯でした(>▽<)b

若武者 大将餃子

お約束の「大将餃子」はこの日も餡からジューシーなスープが口中に満たされまして、それはもう口福の一時( *´艸`)




麺処 中華惣菜 若武者 (Blog)
福島県二本松市本町2-86-1
電話;0243-22-7107
営業時間;月~土【昼の部】 11:00~15:00 【夜の部】 17:45~19:30
      日曜日 11:00~18:30 ※通し営業
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;木曜日
駐車場;店舗横に12台分ほど


 

【2013年桜巡り】 塩ノ崎の大桜 ~福島県本宮市白岩~

土曜日早朝アタックの最後の立ち回り先は「塩ノ崎の大桜」ですヾ(^▽^* 実は既に満開に達しているとの情報が届いておりましたので、かなり散ってしまっているかと思ったのですが、まだ充分に満開が続いていましたv(o ̄∇ ̄o)♪

六〇〇回目の春
[2013/4/20 六〇〇回目の春]  <↑ Clickで拡大>

この日は三春町や中田町の名桜に人が流れていたのか、やはりカメラマンの姿は思ったよりも少なかったですね。 本当ならじっくり構えて撮影したかったところですが、ボクの仕事の都合で、思い切りサクサクッと撮影して、急ぎ帰宅せねばなりませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ そんな訳で三脚マウントを諦めて手ブレ補正レンズの底力任せの手撮り撮影です。

孤独のサクラ
[2013/4/20 孤独のサクラ]  <↑ Clickで拡大>

丘の上に立つ推定樹齢600年と言われる桜ですが、今までエドヒガンザクラである信じていたいたのですが、日本気象協会の「桜の開花情報」のページのプロフィールではシロヒガンザクラなる説が唱えられていました( ̄ω ̄;) 本宮市の公式ホームページではエドヒガンザクラとされています。 ちょっと分かりかねますね。

丘の上の貴婦人
[2013/4/20 丘の上の貴婦人]  <↑ Clickで拡大>

この日の桜の先具合も見事でしたが、この空の様子がとても気に入っています( *´艸`) 雲が風に流されて、筋を引いているような表情です。 この翌日の21日には記録作りの雪が降ることとなりました。 きっと気象的な関連があったのでしょうね。

墓守桜の春
[2013/4/20 墓守桜の春]  <↑ Clickで拡大>

桜の樹の袂には旧い墓石が祀られていますが、故人の霊が安らかなるようにと願ったであろう家族の優しさが伝わって来ます(*´∇`*)




塩ノ崎の大桜
福島県本宮市白岩字塩ノ崎地区


より大きな地図で 塩ノ崎の大桜 を表示