FC2ブログ

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

最近ナポ率が高くなっていますが、今のところボクの中では“昭和のナポ”と言えば、ここ「パーラー&軽食 ひまわり」さんのそれがベンチマークとなっています。 自分が食べていたナポは、残念ながら既にお店は全て姿を消してしまいまして、その時の印象に最も近いものに出会えたのがここだった訳です。

パーラー&軽食 ひまわり

無性に赤スパが食べたくなった時に、フラリと立ち回るのですが、何でも手造りが故に、先客様が沢山おられるような時は、待ち時間も覚悟の上となりますので、場合によってはお店まで辿り着いておきながら、そのままスルー
せざるを得ない事もあります(;´艸`)ぁぁぁ まあその辺はご愛敬と言う事で、長いお付き合いをなさっている常連客は多いと思います。

「ナポリタン (500円)」サラダ付き

ひまわり ナポリタン

今時、サラダまでセットされてワンコインという信じ難い良心の塊( *´艸`) もうこれは社会へのご奉仕還元としか言いようがありますまい。

「今日はこれだけで良いのですか?(*´∇`*)」

優しい面差しのマスターが笑顔で声掛けしてくれます。 ワシ、いつもどんだけ食べると思われているんだろうか?Σ(゜▽゜;)

ひまわり セットサラダ

セット・サラダは千切りキャベツのみではありますが、意外とタップリと盛り込まれています。 なかなかキッチンからお姿を現しては下さらないマダムからの、優しい躰への気遣いが盛られています。

ひまわり ナポリタン

いつも通りに極太スパは“奇跡のナイデンテ”ヾ(^▽^* かと言って玉うどんのような全く歯応え無しって訳では無く、適度にモチッとした食感を楽しませてくれるのですが、これこそが“昭和のナポ”の大きな特徴の一つです♪

ひまわり ナポリタン

しっかりと炒められたナポは、水分をしっかりと飛ばしていますので、ケチャップが衣服に飛ぶ心配も無し(^-^) 味付けを濃すぎないように抑え目にされているのも特徴です。 これが自分で作っちゃうと、ついついケチャップ多目の味ダクダクになっちゃうんですよね( ̄▽ ̄i)ゝ お店で赤スパを頂く意義は、こんなサジ加減の中にこそ息づいています。

とても古典的なナポリタンですが、麺量的にも茹で前で120gくらいはありそうなモリモリ仕様w( ̄▽ ̄;)w 育ち盛りの昔の少年・少女の皆様にこそ、じっくりとお楽しみ頂きたい昭和の生き証人のようなお店です(>▽<)b




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る




昨日の無芸の仕事場は、さながら無芸の修業先だった甲府市が丸ごとやってきたかの如くでしたw( ̄▽ ̄;)w 何とも捉え所のないハナシですが、実は午前中のルーティン配送を終えて仕事場に戻りますと、留守中に甲府市のS氏より電話があり、14時に訪問するとの連絡が入っていました。

甲府市でS氏と言えば、他に心当たりがないと言うくらい、たった一人の特定の旧友を指しているようです(^◇^;) 同業の仲間であり、共に机を並べて専門分野の勉強をした仲間でもありますが、今はちょっと有名なワイナリーにお勤めのハズでした。 昨年一度電話で会話して以来、実際に顔を合わせるのはゆうに十年ぶり以上です。 こりゃあ嬉しいね♪( *´艸`)

って事で、ちょいと仕事場の整理整頓の真似事なんぞをしながら、彼を迎え入れる準備をしていますと、歩道をこちらに向かってくるシニア夫妻が笑顔を向けてくれていますよ?( ̄ω ̄;)

「あっ?あぁっ!あぁ~~~!!!(〇o〇;) オヤジさんと女将さん?!」

ブッ飛びました(>▽<;; 何とボクの修業を面倒見て下さった甲府の酒販店I様ご夫妻が、いきなりのアポ無し訪問です(;´艸`)ぁぁぁ

「おぉ~い!無芸君! 元気そうじゃないかぁ! あれ?随分と恰幅が良くなったなぁ!ガハハハハO(≧▽≦)O」

マイッタ 本当に泣きそうになった・゚・(ノД`;)・゚・ 電話でお話しする機会は、年に何度かはあるけれど、ボクが甲府に訪ねていったのは、約10年前に行ったきりでした。 しかもオヤジさんは2年前に大病を患ってしまい、手術を繰り返しながら健康を取り戻しつつある身です。

甲府市では知られた伝統暖簾の老舗でしたが、お世継ぎ方がどなたも家業を継がないと言う事で、先に暖簾を降ろされていたんです。 いつかは当地へと旅して頂きたいと願っていたのですが、まさかアポ無しでご来訪下さるとは・・・(^◇^;) いかにもI様ご夫妻らしいです。

今は親族の所有する那須の温泉付き別荘で、今までとは全く違った人生を謳歌なさられていると言います。 そうだった・・・ 女将さんはブルジョワ一族の出身だったわ( ̄▼ ̄|||)

「こんな人生の過ごし方がある何て、仕事に明け暮れていた時には考えたこともなかったよ(*^▽^*)」

商家の長男として生を受けて、学生時代には父君を亡くされたオヤジさんにとっては、常に仕事の最前線に立ち続けた50年は、何一つ異を挟むことなく駈け続けていたんですね。 今では5人のお孫さんにも恵まれ、その成長を眼を細めながら楽しみにしておられます。 まあ相変わらず女将さんは、生まれ育ちの良さで、お嬢の輝きは今も霞んではおられません。

たまたま二日前に朝方のテレビ放送で満開の「三春滝桜」の生中継をご覧になり、こんな機会は滅多に無いと車を走らせて観桜に来て下さったそうです。 そんでもって、そこまで来たならボクの処に立ち寄ろうと言う事でww なにもお持て成しの準備を整えていなかったのが悔やまれますが、那須の環境がいたくお気に召したようでして、今年の晩秋まで滞在しようかとも考えておられるようです(^^)

「蛇口を捻れば20分で貸し切り温泉よ♪ 無芸君も必ずお出でなさいね(*´∇`*)」

うん、お風呂はともかく、手作りの食事を抱えて、必ず遊びに行きます。 もうお酒は飲めなくなってしまったオヤジさんと、酒こそ酌み交わすことは出来ませんけど、ノンアルコールビールでもいいやww まだまだご壮健でおられることを願って止みません。

ちなみに・・・ I様ご夫妻がご覧になった滝桜生中継の時に、ボクは滝桜で写真撮影を楽しんでおりました(爆) まさかあのテレビカメラのレンズの先にI様ご夫妻がおられたとは(>▽<;; 大爆笑の一時でした(>▽<)b

と、暫くして、件のS君が無芸の仕事場を訪問しました。

「よっ!S君! 久しぶりだねぇ~♪」

I様ご夫妻がナゼ無芸の仕事場に居るのか?ノ( ̄0 ̄;)\ 全く理解不能なS君は、まさに鳩が豆鉄砲を喰らって・・・の表情でしたナO(≧▽≦)O S君のご両親とI様ご夫妻もまた、同じ市内の同業の仲間であり、I様ご夫妻にとっては友人の倅な訳です。 ワハハ、暫く無芸の仕事場は、まるで甲府市のどこかで座談をしているような雰囲気でした。 ほうとう食べたい♪(〃∇〃)
 

【2013年桜巡り】 天神夫婦桜 ~福島県郡山市西田町~

開花が遅れた昨年は、4月27日頃にピークを迎えていた「天神夫婦桜」ですが、今年は昨年よりも10日も早く満開を迎えました。 昨年はまさにピークをほんの一日超えての訪問だったもので、好天に恵まれながらも、張りだした枝の花は既に散らされてしまい、青葉が見えてしまうという残念さがありました。

丘の上の守り桜
[2013/4/14 丘の上の守り桜] <↑ Clickで拡大>

今回は満開にピタリと合わせまして、しかもお天気にも恵まれまして、心から撮影を楽しむことが出来ました(*´∇`*) 「高柴デコ屋敷」に隣接する場所と言う事もあり、思いの外多くの観桜客がやって来ます。 でも決して混み合うほどではないので、みんな何かに背中を押されるようなプレッシャーも感じないで、家族の大切な記念写真を撮影される姿が見受けられます。 駐車場も増設されましたし、トイレも完備。 結構ここは穴場だと思いますよ♪

夫婦の由縁
[2013/4/14 夫婦の由縁] <↑ Clickで拡大>

この丘の上の桜は、二本が対になっている事から“夫婦桜”と名付けられています。 これが珍しい事に、この二本の桜はエドヒガンシダレザクラとヤマザクラと言う異なった品種なんですねw( ̄▽ ̄;)w その二本が同時に花を咲かせると言うのも、何かしらストーリー性を感じさせます。 そしてその袂の祠には学問の神様・菅原道真がお祀りしてあります。

大きく手を広げて
[2013/4/14 大きく手を広げて] <↑ Clickで拡大>

立派な枝振りの桜は、諸説あるものの向かって左側のヤマザクラは樹齢500年とする説もあれば、200年とする説もあります。 あくまでも私見ではありますが、県内で今まで見てきたヤマザクラの古木から推しますと、500年の樹齢にしては幹周りは細いように思えます。 公式な史実の付き合わせを期待したいところです。

空も友に
[2013/4/14 空も友に] <↑ Clickで拡大>

丘の下の道路から振り上げて撮りますと、まるで青空の中に浮いているように見えます(^^) 本当にスタイルの良い桜です。




天神夫婦桜
福島県郡山市西田町高柴字福内


より大きな地図で 天神夫婦桜 を表示