FC2ブログ

しょうや ~福島県郡山市大槻町~

散々話題となっていたお店「しょうや」さんをようやく初訪問しました( ̄▽ ̄i)ゝ 別に避けていた訳ではなく、単にボクの昼食タイムが遅すぎて、今までお店の営業時間に合わせられなかっただけなんです( ̄▼ ̄|||)

しょうや

まあ今更ボクが講釈を垂れるまでもなく、ここ「しょうや」さんのラーメンは、今は無き名店の誉れも高き「ますや分店」さんのインスパイアである事は、ご店主様が自ら認めるところです。

当然、比類無き類似性を自ら追い求めたと言及しておられますので、数あまたの「ますや分店」の常連様方を納得させねばならぬ運命を、自ら背負う覚悟で暖簾を掲げられた訳です。 と言うボク自身も、初めてラーメンの美味しさを意識したのは、他ならぬ「ますや分店」さんの中華そばでしたし、初代、二代目と双方の味の記憶が埋め込まれています。

それ故にもしかすると自然と自分の中でハードルを上げてしまっているかも知れない事は、充分に考え置かねばなりませんね(`・ω´・ ;) そんな複雑な思いを胸に引き戸を開けて一歩お店の中に足を踏み入れますと、ややや?チャーシューの煮汁と豚ゲンコツ出汁と覚しき香りが漂ってくるではありませんか♪ おぉ~~!何だかタイム・スリップしたような感覚ですo(*^^*)o

メニューはシンプルに2種類だけ。 加えてそれぞれに大盛のオプションが用意されているだけです。 先ずはデフォを確かめさせて頂く事としまして、シンプル仕様のコチラを所望します。

「醤油ラーメン (650円)」

しょうや 醤油ラーメン

当初はモモ肉チャーシューは1枚載せだったのですが、いつからなのか2枚載せへと変化していますv(o ̄∇ ̄o)♪ 肝心のスープの漆黒度合は、オリジナルよりも若干アンバー系の発色に思えます。 しかしその色合いとは関係なく、醤油フレーヴァーの立ち香は極めてリッチです。

しょうや 醤油ラーメン

モモ肉チャーシューは伝統の薄切りです。 薄切りが功を奏して、簡単に噛み切れますし、不必要にスープを冷ましません。 ただ一点大きな違いは、豚モモ肉の品質が勝手に高まってしまった事ですかね?(^◇^;)

しょうや 醤油ラーメン

オリジナルは同等の薄切りにあっても、やはり肉の筋に方向がある事を意識させるものでした。 これは取りも直さず、当時の豚肉の品質が現在とは異なっているからだと思います。 もし「ますや分店」さんが現在まで暖簾が繋がっていたとしたら、やはり「しょうや」さんのようなハラッとした歯切れの良さが楽しめたと思われます(^^)

しょうや 醤油ラーメン

スープ表面の油膜は、決して分厚い無類ではありません。 油膜の香味やそれによる滑らかな舌触りに頼らない姿勢は気持ち良いですね(*^▽^*) 豚ゲンコツをメインにして、昆布の旨味を組み合わせているベース・スープは、あまり力業で押し切らないように誂えられています。

しょうや 醤油ラーメン

加水率低めのストレート中細麺は青木製麺の特注品だとか。 “やれば出来る子”ですね(^_^) 切り歯の角が立った気持ち良い仕上がりです。 ザックリとした歯触りが心地佳く楽しめます。 オリジナルはこんなに角の立った麺では無かった記憶がありますが、良い意味で進化系として受け入れられます。

醤油ダレは割とシャープな印象で、その存在をハッキリと主張してきますが、意外にも塩味は穏やかに感じられました。 チャーシューを煮込んだ醤油汁が醤油ダレに転換されているのかな?σ( ̄、 ̄=) だとしたら、もう少し旨味系の要素が前に出てきても良さそうな気もします。

サッパリとしたややドライ・テイストに仕立てられていましたが、ボクの記憶の中のオリジナルとは若干異なっている気がします。 瓜二つに味をコピーするのではなく、現代的なお化粧直しを施しているのでしょうか?

その辺の意図がまだ分からないままにお店を後にしましたが、実はその後の余韻の長さは特筆に値するレベルでしたノ( ̄0 ̄;)\ ドライ・テイストだとばかり思っていたのに、醤油ダレの風味や出汁のニュアンスの味の余韻が、10分近く続きました。 これは一体どうしたことなのか、まさに不惑の一杯でした(@・艸・;)




しょうや
福島県郡山市大槻町字御十日1-1
電話;024-954-6330
営業時間;11:00~20:00 ※スープが無くなり次第終了
定休日;木曜日、第4水曜日
駐車場;店舗敷地内に8台、借り上げ駐車場8台


大きな地図で見る
 

【2013年桜巡り】 お城坂の枝垂桜 (浪岡邸の桜) ~福島県三春町~

実は城山公園には初めて訪問したのですが、この城山公園の一角に「お城坂枝垂れ桜」がある事を、帰り足まで気付きませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ 急な下り道の途中でカメラマンが集っている桜の樹に気付き車を駐めまして、そこで初めて知りました。 往路では城趾が故の急勾配の道に気を取られていて、この桜に強い興味が湧かなかったという次第です(;´艸`)ぁぁぁ

更に驚きの事実として帰宅後に知る事となったのは「浪岡邸の桜」と呼ばれているものが実は同一であった事(〇o〇;) そして更に驚いたことは、浪岡家の敷地内に立つ三本の枝垂れ桜を総称して「お城坂枝垂れ桜=浪岡邸の桜」と呼ばれていた事ですノ( ̄0 ̄;)\

お城坂枝垂れ桜
[2013/4/14 お城坂枝垂れ桜] <↑ Clickで拡大>

浪岡家では自宅敷地へ観桜客を快く迎え入れて下さります。 そればかりか、観桜客には漏らすことなくお茶を振る舞って下さりますw( ̄△ ̄;)w 家宅の一角には、お土産品の展示販売のスペースが設けられておりますが、客がそれに興味を示さなくても全く分け隔てないお持て成しをして下さります。 感謝の域を超えて、これはもう歴史と伝統ある城下町の名家ならではの心意気かと、いたく感激致しました(^人^)感謝♪

ご自宅敷地内には、前述の通り城趾が故の急斜面もありまして、観桜客の安全確保の為に浪岡家が独自の判断で立ち入りを禁止しているエリアがありますので、マナーとルールを守って拝見させて頂きましょうヾ(^▽^*

兄弟桜
[2013/4/14 兄弟桜] <↑ Clickで拡大>

城山公園への道路沿いからは、道路脇に立つ枝垂桜と家宅敷地内の斜面に立つ枝垂れ桜が両方見渡せます(*^▽^*) 合計3本の枝垂れ桜があるのですが、取り調べてみますと樹齢400年になるものもあるようです。 それは多分家宅敷地内の斜面に立つ樹ではないかと思われます。

魅了する桜
[2013/4/14 魅了する桜] <↑ Clickで拡大>

城山公園の無料駐車場は、この枝垂れ桜の60m程先にあります。 ここから公園内への遊歩道が整備されているのですが、そこを登りかけますとこの枝垂れ桜が一堂に写し撮れます。

城趾の守り桜
[2013/4/14 城趾の守り桜] <↑ Clickで拡大>

この枝垂れ桜が見守り続けて来たのは、まさに三春藩の歴史そのものであると同時に、城下町に暮らす人々の生活も見守り続けてきた事になります。 何と悠久な話でしょう(^◇^;) まさに城下町浪漫ですね♪

幽玄な花房
[2013/4/14 幽玄な花房] <↑ Clickで拡大>

この日は街内の桜はほぼ満開に近かった事もあり、観桜ハイキングを楽しむ方々が、急な上り坂を息を弾ませながら次々とやって来ました。 客が到着する度に、浪岡さんのお茶を勧める声が聞こえていました(*´∇`*)

競演
[2013/4/14 競演] <↑ Clickで拡大>




お城坂枝垂れ桜 (浪岡邸の桜)
福島県三春町南町 浪岡邸内


より大きな地図で お城坂枝垂れ桜 (浪岡邸の桜) を表示