FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

仕事をしているのも勿体ないほどの晴天に恵まれたこの日、日差しは爽やかなれど空気だけはどこかしらピリッと冷気を感じさせる、三月特有のお天気でした。 こんな日はついつい味噌ラ~なんぞを頂きたくなりまして、定期巡回先の「中国飯店 なるき」さんを訪問致しました。

中国飯店なるき

この日はなるき三代目がキッチンに立っておりまして、彼の手になる看板メニューを頂ける事となりました。 これは楽しみ楽しみ♪( *´艸`)

「味噌ラーメン (740円)」

中国飯店なるき 味噌ラーメン

もうすっかり中華鍋は彼の手の一部のように操れるようです。 仕上がりはお父さんと全く区別がつきません。 炒め煮された味噌スープは、タップリ野菜の甘味と旨味で満たされ、自家調合味噌の魅惑の香りが穏やかなゴマ油の香ばしい香りと混じり合うように伝わって来ます。

中国飯店なるき 味噌ラーメン

味噌ラーメンにはチャーシューや挽肉などは使われていませんが、大量の野菜とベーススープ、そして多様な調味料の組合せで、誠に充実した美味しさの華を咲かせます(>▽<)b 甘いニュアンスが口中に広がるスープには、八角と思われるスパイスの香りが、スィート&スパイシーに効かされています。

中国飯店なるき 味噌ラーメン

伝統の自家製麺は、いよいよ三代目の弟さんが専任で作るようになったようです。 生まれた時からの家業って事もあるのでしょうが、二代目から教わった通り、素直にブレの少ない麺作りをしていますね。

ストレート中細麺は最初はプツプツッとした歯切れの食感を楽しませ、時間の経過と共に適度にスープを含むと、滑らかな舌触りへと変化してきます。 茹で前の麺量で200gありますので、ほぼ確実に麺の二面性は楽しめるはずです(*^▽^*)

品の良い凝縮度のある味噌テイストを、野菜の甘味と旨味でフンワリとソフトに見せてしまう技は、当地では数少ない個性派です♪(゚▽^*)ノ⌒☆




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る