みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

何も考えないで暖簾を潜った「みたか食堂」さんでしたが、これまた何も考えないでオーダーしたらば、前日に引き続きカレーライスの連食になっていましたw( ̄▽ ̄;)w ナゼに気付かなかったのか? それともこのカレーライス自体が、“みたかカレー”という独自の食べ物として自分の中で認識されているからなのでしょうか?(〃∇〃)ゞ まっ、美味しいから無問題です。

「カレーライス (600円)」

みたか食堂 カレーライス

うぅ~~ん、ステキだ♪O(≧▽≦)O 実食から記事挙げまで約一週間のインターバルを経てもなお、その味わいや香りは、パッと思い起こされるのですから、ボクの中ではやはり“みたかカレー”という食べ物になっているようです。

みたか食堂 味噌汁

この日はワカメスープではなく、ワカメのお味噌汁が添えられて来ましたv(o ̄∇ ̄o)♪ 例によって鰹節の出汁が効いていて、そんでもってマイルドな味噌のアタリと言い、申し分無しの美味しさです。

みたか食堂 カレーライス

豚バラ肉と玉ネギだけの具材ですが、カレールーの複雑味のある旨味を楽しむには、ジャガイモなんぞは要りませんO(≧▽≦)O ドロッとした粘性の高さも個性的。 ベースに甘味が控えているので、どこかしら和食のトーンの筋が通っている気がします。

みたか食堂 カレーライス

スプーンを口に運べば、まさに口福の一時が始まります♪(>▽<)b 既に何とも言い尽くしましたが、“みたかカレー”の味わいを一言で伝えるなら“Hot,Sweet & Spicey”に尽きると思います。

濃ゆい味わいに仕立てられていて、食堂カレーのお手本のようなご飯のお供。 と言いながらも、これだけのカレーライスを食べさせてくれる食堂は先ず滅多に無いでしょう(*^▽^*) その濃ゆい味わいにも後押しされてか、とにかく味ブレを意識した事が無いほどに、盤石の安定度ですw( ̄▽ ̄;)w いつ頂いても、必ず満足してくれる“みたかカレー”は、これからも大切なボクのランチ・アイテムです。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る




昨日は三度スマホの新規契約をして参りました( ̄▼ ̄|||) 今度は家内のガラケーを乗り換えです。 と、言うのも、つい先月まで“白犬”で家族間のトランシーバー無料通話をしていたのが、子供達が“キノコ”のスマホに乗り換えてしまったもので、家内だけが“白犬”に置き去りになっていたんですね。

で、ボク自身も勉強不足だったのですが、実はガラケーからスマホに替えると、諸々含んだ基本料金がかなり高額になってしまう事に躊躇いもあったんです。 ところが“キノコ”さんったら、家内のスマホも学生割引の使用料で調達出来たんですねw( ̄▽ ̄;)w

地元を離れた倅との通話は、スマホアプリを使って無料化出来るのですが、如何せんボクと家内のは共にガラケーですからそもそも対応不可能(>▽<;; って訳で自動的にスマホに替えるしか無かったのも事実です。 3月末日までの乗り換え特典を使わないと勿体ないので、急遽乗り換えを決めて手続きをしてきました。

何せショップのオネェ~さんには、日曜日は混み合う事が予測されますので、3時間待ちはご覚悟を・・・(`・ω´・ ;)と言われていたので、一日前倒しでやって来て良かったです。 これで今月はスマホ3台契約した事になります( ̄□ ̄;) 三人三様に機種はバラバラですが、全員国産メーカー指定ですよヾ(^▽^* 散々厳しい経営環境に曝されてきた国内メーカーへの、ほんの小さなユーザー支援です。 再び日の丸企業が世界市場をリードしますように(* ̄∇ ̄*)
 

和心庭 海味 (わしんてい うみ) ~福島県郡山市八山田~

この日の夜は、当家の子供達の卒業・進学に陰に日向に惜しむことなく力を尽くしてくれた親族を招待して、ささやかなお礼の祝宴をあげました(*^▽^*) ここ和心庭 海味」さんなら、親族一同徒歩でも行き来出来るエリアですし、店主・大竹さんの料理センスの良さは折り紙付きです。

海味

既にこの時には無芸大食倅も自動車が運転出来るようになっていましたので、親族の送り迎えタクシー係に任命ww まだ未成年だから飲酒はあり得ませんので、ボクにとっても都合良いお抱えドライバーですヾ(^▽^* まあ秘密裏に乗客からチップがはずまれていたっぽいのですが、その辺はご祝儀って事で見て見ぬ振りをしておきましょうヽ( ̄▽ ̄i)

親族への御礼だけでは無く、実は祝宴は遅れ馳せながらもジイさんの年祝いも一緒に行っちゃいました。 勿論、ジイさんにはナイショにしておいて、兄弟でサプライズ演出で♪ 本来なら震災の年にしてあげなきゃならなかったのに、ついつい二年も後回しにしちゃっていました。 その間、健康管理に気をつけながら、こうしてその日を迎えてくれた事に感謝ですね。 もしその間に何かあったなら、我ら兄弟にとっても一生の不覚になるところでした(`・ω´・ ;)

海味 造り盛り合わせ

宴席料理なので、ザックリとだけ挙げさせて頂きます。 もし当家のようにご利用になるイメージをお持ちでしたら、ご参考程度にと言う事で(* ̄∇ ̄*)

造りは流石は寿司職人として仕事をしていた店主・大竹さんらしく、彩り・バランス共に納得です。 おろし立ての本ワサビも多目で嬉しい♪(〃∇〃)

海味 先付盆

盆盛りの先付け。 開宴時間を考慮してか、ほんのりと出汁の旨味に生姜があしらわれた粥も組まれていました。 三種の酒肴は、ちゃんと一手間が入っていて、箸を伸ばすほどに楽しめます。

海味 葛餡茶碗蒸し

茶碗蒸しには季節を呼ぶような八重桜の塩漬けも配されており、豊富な具材が仕込まれながらも、決して野暮にはならない間合いなのは流石です。 品の良い出汁の旨味をまとめた葛餡が張られていたのもちょっと贅沢な気分。

海味 本マグロのカマ塩焼き

この日の焼き物は、本マグロのカマ塩焼きでしたw( ̄▽ ̄;)w このお皿のスケール感が分かり難いと思いますが、直径40cmほどの大皿です。 サラマンダーでじっくり焼き上げること45分ほど。 表面はコンガリ、中は脂ギッシュなほどのコラーゲン溢れるカマ焼きの出来上がりです♪

もうこれは直箸で突いて頂くしか無いですね! 琥珀エビスの樽詰め生ビールがウマい!(>▽<)b これは家庭用の調理器具では仕立てられないですね。 満足度高しv(o ̄∇ ̄o)♪

海味 海鮮鍋

海鮮鍋は出汁で炊いて塩味で決めてありました。 炊いた具材の美味しさもさることながら、そのスープが絶妙に美味しくて、スープだけを飲み続ける人も・・・(^◇^;)

海味 毛蟹バラちらし寿司

毛蟹を配したバラちらし寿司がお食事でした( *´艸`) 酢飯の塩梅も良好ですし、多彩な具材の味や彩りもヨロシ♪ 当家の胃袋を勘定してか、結構モリモリのボリューム満点でした。 最後に氷菓が用意されまして、〆となりました。

親族の評判は上々でして、機会ある毎に食事会でも♪とのリクエストも(>▽<;; いや、ご満足頂けて良かったです。 次は再びジイユさんの年祝い。 そして倅の成人祝い。 不祝儀事では無く、祝儀事で身内が集まれるのは何よりです(*^▽^*)




和心庭 海味 (わしんてい うみ)
福島県郡山市八山田2-186 LUXE 1階
電話;024-934-8082
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:30~24:00
定休日;火曜日
駐車場;共用10台以上

※現在都合により昼の部は営業を見合わせています。


より大きな地図で 和心庭 海味 を表示
 

大山食堂(だいせん) ~福島県郡山市富久山町~

これで3度目の訪問となります。 なかなかDEEPな「大山食堂」さんです(*^▽^*) この日は丁度春の彼岸に当たりまして、本家の墓参りの帰り足にチラッと立ち寄らせて頂きました。

大山食堂

そしたらね。 何だか女将さんにボクの素性がバレてるのよ(@・艸・;) ダレかタレ込みましたか? と思ったら、前回訪問した時に、後から訪問されたお客様がたまたま顔見知りの方でして、お店の古馴染みってくらいの常連様だったんですって( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、別に何もマズイ事の一つもある訳でも無いので、これもご縁とかえって色々と親しくお付き合いをさせて頂けたなら本望です(* ̄∇ ̄*)

この日は最初から頂くメニューを決めておりました。 件の古馴染み様が所望されていた品が、とても魅力的でしたもので、是非とも頂いてみたいナと♪

「カレーライス (650円)」

大山食堂 カレーライス

ほら♪ ただの食堂のカレーライスでは無いでしょヾ(^▽^* 実は初めて訪問する前から、ご店主様が洋食畑の出身である旨は耳に届いておりましたので、絶対にテッパンなのは承知置きでしたよ。

大山食堂 カレーライス

グリーンピースがこんなに似合うカレーライスは、今時そう多くは無いでしょうヾ(^▽^* 洋出汁ベースに炊き出された香味野菜など、とても複雑な味香が忍ばされていますが、それが強烈に自己主張しないで、玉ネギのナチュラルな甘味をそっと包み込むような欧風カレーです。

大山食堂 カレーライス

香辛料のスパイシーさは、円やかに感じさせる程度で、辛さも決してストレートには感じません。 どなたにでも安心して楽しんで頂けるやや甘口くらいの仕立て上げです。 でも単なる食堂カレーとは一線を画する品格が感じられるのは、カレー・ルーの粘度や丁寧な美しい盛り付け、ホロッと崩れる牛肉の存在、煮溶けてしまっている野菜の数々が演出しているのかも知れません。 カレー・ルーの滑らかな舌触りは、もしかするとシノアで漉しているのかも知れません。

このバランスを留めたままでカイエンペッパーなどでホットさを増そうものなら、たちまちに調和が取れなくなってしまいそうなほど、ファイニングが進められていますね。 さすが手練れの技でした(〃∇〃) 洋食メニューは他にもありますので、一つ一つ制覇していく楽しみもアリアリv(o ̄∇ ̄o)♪




大山食堂
福島県郡山市富久山町福原字泉崎12
電話;024-933-8104
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~19:30 ※日曜祭日は19:00まで
定休日;火曜日
駐車場;店舗裏に3台分


大きな地図で見る
 

さすらいの野良猫・テブクロ

今日は予報通りの好天となり。気温もグングン上昇しています。 日中の配達では、軽トラの車内は長袖シャツ一枚で足りるほどの暖かさ。 高校のオリエンテーションから帰宅した無芸大食娘の一声は

「暑かったぁ~!(>▽<;;」

そりゃあそうでしょう。 彼女が帰ってきた時間帯は、外気温は19℃でした。 そこに冬装の制服を着ていったんですからね(^◇^;) 昨日よりも10℃ほど気温は高いそうです。

今朝ほど仕事場の清掃で、水拭きモップを外の水道で洗っていたら、シュン!と何か黒い物体が足許をすり抜けていきました(゚ロ゚屮)屮

(おおっ?!(〇o〇;))←声にならない声ww

っと、ソレを目で追ってみたら、猫でした♪

その猫は仕事場の外階段を伝って、外塀に飛び移ると、悠々と歩き去ろうとします。 って、あれ?(@・艸・;) この猫見たことあるわ。

「あっ、あっ、あっ? テブクロ? デブクロぉ~?!(>▽<)b」

何度も声を掛けたのに、丸っきり無視されたε=ε=ε=(ノTдT)ノ ワアァァ・・!!

ようやく足を止めて、クルリとコチラに向きを変えました。 急いで仕事場に戻って、デジイチに長玉を付けます。 まだ塀の上にお座りしていました(*´∇`*)

テブクロ

すんげぇ~、ヤサグレ具合がファインダー越しにも感じられますw( ̄△ ̄;)w 最後に姿を現したのはどれほど前だったでしょうか・・・ その時の艶やかな毛並みと、堂々たる体格は全く影を潜めてしまい、凄まじい野良猫の生活感が滲み出すような表情です。

大急ぎで猫鉢にカリカリを盛って、塀の上に据えてみました。 もともと人に心を開いていない猫ですので、刺激しないように放置しておきました。 数分後にチラッと様子を見たら、もうそこにテブクロの姿はありませんでした。 1カリカリも食べて貰えませんでした(_ _。)・・・シュン

それから1時間も経たない内に、朝のルーティン配送に出掛けた無芸。 再びテブクロを捕捉する事となります。 美術館通を渡って、より駅前に近いエリアへと移動していました。

テブクロ

ここでもまた、ボクの声掛けに一切無視を決め込んで悠然と歩く姿は、人の手を拒む野良猫の風格が漂っていました。 テブクロは今年で4歳。 この姿をいつまで見せてくれるでしょうか。

オオイヌノフグリ

駐車場脇の逢瀬川の土手には、オオイヌノフグリが咲き始めていました。 もう数日で、この土手もうっすらとこの花の色で彩られることになります。
 

お食事処 大番 ~福島県郡山市中町~

郡山のニンニクの殿堂「お食事処 大番」さんに、また行っちゃいました( *´艸`) 通し営業は本当にありがたいですねぇ~♪ 女将さんがお一人で、ニンニクの下処理をしながら、寛いでおられるところでしたけど、快く迎え入れて頂きました。

お食事処 大番

この日は最初からターゲットを決めての訪問でした。 ダイナミックに段ボール紙に書き殴られたメニューが、お店の壁に貼り付けてあります。 その中でも一際興味をソソられていたこちらです。

「マーボ定食 (800円)」

大番 マーボ定食

女将さんが中華鍋を大胆に振りながら作ってくれました(〃∇〃) これが伝統暖簾「大番」さんの麻婆豆腐ですo(*^^*)o

大番 マーボ定食

花椒や豆豉などは使われていないようですが、期待通りと言いますか、“これぞ大番!”とも言えそうなニンニク・フレーヴァーが名刺代わりに漂って来ますw( ̄▽ ̄;)w やっぱりそう来たかぁ~!

大番 マーボ定食

ダイレクトにお味を確かめてみますと、意外と淡白ってくらいの薄味仕立てで、豆板醤も辛味は効いていても塩味は穏やかです。 ベーススープで伸ばされたからでしょうかね? 個性的な辛味体験は、後味の中から湧き上がってきました(〇o〇;) ナントですねぇ~、風味豊かなニンニクは、辛味さえも演出しているんですよ! こんなニンニクの使い方をする中華食堂は少ないのではないでしょうか。

大番 マーボ定食

オン・ザ・ライスをしても、塩味の穏やかさは変わらず、ニンニクの個性を軸にした味わいの広がりで食べさせる感じです。 こりゃあニンニク好きには堪らないかも知れませんよぉ~ヾ(^▽^* 脂質もほとんど無く、塩味も控え目。 ニンニクのパンチは効いているけれど、カロリーはぐっと控え目なヘルシー指向かも(* ̄∇ ̄*)

大番 スープ

一緒に添えられていたスープは、大番さんのベース・スープを楽しめるアイテム。 醤油ダレが意外とシャープに効かされていまして、麻婆豆腐がサラリとしている分だけ、味のバランスも良いかも知れません(*^▽^*)

丁度、ボクが入店したほんの少し後に、小さなお子様を二人連れたご夫婦が来店しました。 ちょっとこの時間帯にお子様向けとも思えない取り合わせなのですが、どうやら以前もご訪問されているようでして、お子様方はここの餃子の味を忘れていなかったようです。 ハイテンションに餃子の到着を楽しみにしているお子様方の声を背中に感じながら、子供の“味の記憶”ってものが如何に大切な事かと思い直しました(*´∇`*)

きっとこの子達は大人になっても「大番」の暖簾を潜る事になるでしょうね♪(〃∇〃)




お食事処 大番
福島県郡山市中町18-6
電話;024-932-0597
営業時間;11:00~26:00
定休日;不定休
駐車場;無し(近くにコインパーキング多数あり)


大きな地図で見る




独り暮らしを始めた無芸大食倅ですが、粛々と自炊生活を送っているようです(⌒▽⌒;) 炊飯なんてやったことが無かった子ですが、教わった通りに実践し始めました。 最初の自炊作は、サイコロステーキ、ホウレン草のおひたし、お味噌汁、ご飯と、信じられないようなスタートを切りましたw( ̄▽ ̄;)w まさかホウレン草のおひたしが出てくるとは想定外でした。

その後はそのホウレン草を利して、「ホウレン草と舞茸のスパゲッティ、バター醤油味」などに変化させたり、意外とヤルものです(^◇^;) 昨日は同じ高校から同じ大学へと進学した級友が倅の部屋に集まったそうです。 全くの単騎では無く、同級生が何人か居るだけで、見知らぬ土地では救われるものです。

そんな場でも、倅は食事を振る舞ったようなんですね(〇o〇;) 前日に作ったスパに更なる手を加えて、ソーセージをADD ONしたらしいです。 まさかそこまで食に拘る子になるとは思ってもいませんでしたが、味の記憶に従って調味出来るようになれば、あとは何とでもなります。 その内「弁当男子」になるのかな?ヾ(^▽^*
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

暖かな陽気が続いたと思ったら、平年並みに逆戻りしたりと、まさに三寒四温の時節柄となりました。 もう灯油は間に合っちゃうかなぁ~と思っていたのですが、シーズン末期は例年微妙なサジ加減を要求されます(^◇^;)

さて、この日暖簾を潜ったのは、さくら通り沿い「ホテルはまつ」さん西隣の「福味」さんですヾ(^▽^* 実は前回訪問時に、店主・遠藤さんから「近々新作をリリース予定」と宣告を受けておりましたのが、いよいよデビューの運びとなったと言います。 そんな訳で情報はナマモノと言う事で、順番繰り上げの記事挙げとなります♪(゚▽^*)ノ⌒☆

「ササミフライタワー丼 (700円)」 ※提供数量限定

福味 ササミフライタワー丼

わわわ?!Σ( ̄△ ̄lll) 何ですか?この丼サイズは!(゚ロ゚屮)屮

丼の直径がお盆よりもおっきいの!(>▽<;; そんでもって、横から眺めますと・・・

福味 ササミフライタワー丼
その名の通りにササミフライが天空めがけて立ち上がっています!O(≧▽≦)O タップリご飯の中央に、これまたモサッと盛られた千切りキャベツにもたれ掛かるように配されたそのは数ナント5本!w( ̄▽ ̄;)w 自家調整の酸味を抑え目に整えた、やや甘口でサラッとしたソースが掛け回されています。 この味加減がナカナカ秀逸で、ご飯にシミシミになっても箸が止まることはありません。

福味 ササミフライタワー丼

また、このタルタルソースも自家製だそうでして、サラッとしたソースに、適度な濃厚さと引き締まる酸味が加わりまして、とっても口の中が幸せになれます♪ ここまで味重ねが決まっていますと、和辛子などはもはや蛇足になる事を知ってか、添えられていません。 全く無問題ですね(>▽<)b

福味 ササミフライタワー丼

鶏皮の無いササミでも、タルタルソースが適度な濃厚さを楽しませてくれますので、不足感などを感じることはありません。 とても柔らかく歯切れの良いササミフライは、大葉が巻かれていましたよw(*゚o゚*)w ナントこれまた揚げ物故の弱点を、ちゃんと勘定して対策済みだったんですね!

タップリの千切りキャベツと、大盛ご飯は、ササミフライ5本で頂くには充分な量に思えました。 今のボクにはちょっと多目にも感じられましたが、キッチリと完食出来ましたし、またこのボリューム自体も極めて価値あるものだと思います。

福味 味噌汁

しっかりと鰹節の出汁が効いたお味噌汁は、この日も絶妙な美味しさ( *´艸`) ややもすると揚げ油の重みを感じそうになった時に、この味噌汁の支えは極めて有用です。 このお店を知る方なら既にご承知の通りの、食事メニューの一大看板と言えば「鳥からあげ定食」ですが、本作は新しい名物メニューの資質が極めて大きいと思われます。

尚、手間暇や原材料調達の都合上、一日最大5食の限定提供となるそうです。 鶏好きの方には、是非ともお召し上がり頂きたい、店主肝いりの新作メニューですv(o ̄∇ ̄o)♪




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る




「本格中国料理 華苑」の営業再開について


昨日、仕事の立ち回りついでに、みんなが再開を待ち望んでいる「華苑」さんに寄って見ました。 お店の入り口には「4月2日(火)開店」と予告されておりました。

店内に人影が見えましたので、ちょいと入り口からお邪魔してみますと、新しく着任したシェフがお一人(^◇^;) 折角なので多少インタビューしてみましたww 新シェフは賈 世得(か せいとく)さんという中国人の方ですが、なかなか日本語がお上手です。 東京で働いていたそうですが、縁あってこの度、華苑さんのキッチンを預かることとなりました。

既に新しいメニューも出来上がっておりまして、どのようなお味を楽しませて頂けるのか期待が膨らみますo(*^^*)o お昼時にはお得なランチメニューが用意されるそうです。 こちらにも期待が持たれるところですね(* ̄∇ ̄*) 再開店まであと一週間。 ワクワクは止まらない♪(〃∇〃)
  

洋食堂リベル ~福島県郡山市島~

昨年末に新規開店したお店「洋食堂 リベル」さんをようやく初訪問致しましたo(*^^*)o 実は開店の花輪も飾られていた頃に、たまたまお店の前を通りかかりまして、後ろ髪を引かれる思いで通り越しておりました。

洋食堂リベル

その後、気にしながらもなかなか訪問機会に恵まれぬままに時が過ぎてしまい、先頃Free Paperに掲載されていた記事を目にしてから、何が何でも訪問スイッチが入りました。 だって赤スパがあるんですもん♪( *´艸`) って事で、夜の部狙いで訪問してみましたよ。

ご夫婦で切り盛りされているらしいです。 ボクは単騎客ですので、カウンター席に座らせて頂きまして、オープン・キッチンの良さでライブ感の伝わる調理も感じさせて頂きました♪ 所望するは当然コチラ。

「ナポリタン (850円)」

洋食堂リベル ナポリタン

白皿で分かり難いかも知れませんが、ちょっと真ん中が深めになっておりまして、見た目よりも多分多目の盛り加減だと思います。 フライパンで良く炒めて作っておられましたが、意外とジューシー&フルーティー系のしっとりタイプでの登場ですo(*^^*)o

洋食堂リベル ナポリタン

麺は1.4mm程度と細目のスパゲッティーニ。 赤スパとしてはちょっと細目かと思いますが、程良く芯も残された現代風の茹で加減でした。 具材は王道の玉ネギ、ピーマン、マッシュルームにベーコン、そしてエビまでもがキャストされていましたよ(⌒▽⌒;)

洋食堂リベル ナポリタン

ケチャップ多目で調味されたお陰で、ケチャップの甘味も良く引き出されておりまして、風味もまたリッチですね。 塩コショウの下味をやや控え目にしてあるのか、これだけケチャップを使っていても、決してしょっぱ過ぎたり諄かったりしません。

古典的なナポリタンとモダンなナポリタンのイイとこ取りしたような、隙のない美味しい味わいが楽しめました。 ランチタイムにはお得なセットも用意されているようですので、殊更にコスパは伸びそうですね(*^▽^*) 駐車場もありますので、入り口脇の案内板を参照にして下さいな。




洋食堂 リベル
福島県郡山市島2-8-30
電話;024-921-9111
営業時間;【昼の部】11:30~15:30【夜の部】17:30~23:00
定休日;第2・4水曜日
駐車場;7台分


大きな地図で見る


 

うどん えびす家 ~福島県郡山市田村町金沢~

今年初訪問の「うどん えびす家」さんですヾ(^▽^* ってか、よく調べてみたらナント10ヶ月ぶりだったわ(゚ロ゚屮)屮 そんなにご無沙汰しちゃっていたのね( ̄▽ ̄i)ゝ この日は、初心者ドライバー・無芸大食倅にハンドルを任せまして、ボクはと言えばナビシートでのんびりと寛ぐつもりでしたけど・・・ ワハハ(^◇^;)やっぱり教習所の教官気分が20%ほど残りますねww

うどん えびす家

無事到着♪ヾ(´▽`;)ゝ 久しぶりに暖簾を潜れば、おばちゃんが変わらぬ笑顔で歓迎してくれました(*´∇`*) お元気そうで何よりと思ったら、ほんの数日前には風邪を引いて数日暖簾を降ろしていたそうです(@・艸・;) おばちゃんと同世代の人は、本当に身を粉にして働き通すガマン世代の立派な日本人です。 少々無理が過ぎて、高熱ダメージでダウンしちゃってたんですって。 もう少し、ご自分の躰を案じて下さいなヽ( ̄▽ ̄i)

さて、お久しぶりとは言え、このお店でボクがいつも楽しみに頂く品々は、もうほとんど決まったも同然です。

「野菜天盛合せ (350円)」

えびす家 野菜天盛合せ

何の変哲も無さそうな野菜天なんですけど、料理上手の親戚の叔母さんが作ってくれるような、愛情が感じられるような滋味溢れる逸品です!O(≧▽≦)O お野菜のジューシーさや、香り高さ、ナチュラルな甘味とかが余すところ無く引き出されています。

えびす家 野菜天盛合せ

天ぷら専門店さんや、腕の冴えた和食の料理人さん方の天ぷらとは異なり、華々しさだったり、技巧の粋を感じさせる事はありませんが、ボクにはこの野菜天の魅力は決して霞まないんですね。 どこか郷愁が感じられるからなのでしょうか? でも多くのお客様から愛されている、名物野菜天なんです♪(゚▽^*)ノ⌒☆ 一人で一皿を全部頂きましたが、胸焼けや胃もたれもしないんですから、やはり秘策があるのかな?( *´艸`)

「ぶっかけうどん (350円)」

えびす家 ぶっかけうどん

無農薬・無添加の地粉で打ち込んだ手打ちうどんですO(≧▽≦)O 自家製の出汁醤油を掛け回して頂きます。 以前はイリコ出汁の風味が特徴的だったのですが、若干鰹節の旨味にシフトした気がします。

えびす家 ぶっかけうどん

驚いたことに、いつの間にかこのうどんは強靱な歯応えを備えていました(⌒▽⌒;) この角の立ち方もハッとさせられますが、現在はおばちゃんのご子息様(R49沿い守山の自家製麺の「ラーメン大黒」店主)が打っていたハズです。 市内の重鎮ラーメン店店主様からのアドバイスも受けていると聞いてはいましたが、この10ヶ月でここまで変貌を遂げるとは、全く考えていませんでしたw( ̄▽ ̄;)w

勿論その変化は大歓迎でして、しっかりと噛み応えのあるうどんを噛むほどに、小麦の風味も鼻腔に伝わります。 そして甘味さえ浮き上がってくるのですからイイことずくめですね。 ちょっと惚れ直しちゃいました(〃∇〃)




うどん えびす家
福島県郡山市田村町金沢字大谷地295-1
(広域農道 金沢-荒井線沿い)
電話;024-955-3742
営業時間;11:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;10台ほど


より大きな地図で うどん えびす家 を表示




昨日は無芸大食倅の移住を手伝いながら、彼の新天地へと送り届けて参りました。 朝方出発する時は、車の荷室は荷物で一杯( ̄▼ ̄|||)

(そんなモノは、先送りしておけよ!( ̄□ ̄;))

って段取りの悪さも、まあ経験の内ですかね? それでも積み残し無く、安全に積載をして一路東北自動車道を南下します。 栃木県も宇都宮を過ぎた頃から、車窓に桜の花が咲く景色が見え始まりました。 とてつも無く今年は早咲きとは聞いていましたが、目の当たりにしてみると、何だか勿体ないような気持ちになります(@・艸・;)

初桜

国入りして、先ず真っ先に御挨拶に伺ったのは、彼の地で倅の後見人を買って出て頂いた、とてもありがたい先輩ご夫妻宅。 もうかれこれ25年以上のお付き合いを頂いておりますが、実はボク自身も訪問させて頂いたのはこれが初めてでした(^◇^;) ボクと同業のお仕事を生業とされていますが、今更ながらもっと早く訪問させて頂き、沢山勉強させて頂くべきでした(>▽<;; 仕事場には沢山のヒントが散りばめられていて、やはり現場が一番沢山のノウハウが学べる場所です。

お仕事中にもかかわらず、無芸家を大変な歓待で迎えて下さり、後見して頂くだけでもありがたい限りなのに、二人の子供達にご祝儀をいただき、お土産まで用意していて下さりました・゚・(ノД`;)・゚・ だめだ・・・ 先輩、イイ人過ぎる(/TДT)/あうぅ・・・・

「いつでもウチにお出でよ。ごはんくらいなら、必ず食べさせてあげるからね!ヾ(^▽^*」

二人のお子様を立派に育て上げられた先輩ご夫妻の言葉には、深い愛情の意がヒシヒシと伝わって参りました。 これには普段はどこかしらシレッとしたイマドキのゆとり世代男子の倅も、心底勇気付けられたみたいで、リラックスした笑顔で答えていました。 こんなに心を砕いて下さる後見人さんに恵まれて、新生活をスタート出来る学生さんなんて、そう多くは無いと思います。 親としては涙が出るほど感謝ですよ。

その足で倅の4年間の学舎になる進学先に立ち回ってみました。 春休み中の日曜日ですので、キャンパスには体育会の学生さんくらいしか姿がありません。 守衛さんに事情を話したら、快く入場を許して頂けましたので、キャンパス見物もして来ましたよww

学舎の桜

ここでもまた桜の花が五分咲きくらいになっていました。 多分ボクはもう二度とこのキャンパスに足を踏み入れる事は無いですから、一度だけでもどんな環境下で倅が過ごしていくのかは見ておきたかったんです( ̄▽ ̄i)ゝ

そんでもって、倅の通学ルートになりそうな道を辿り、注意すべき危なそうなポイントをチェックしながらアパートへ。 荷物を運び込んで、周囲を確認していると、やはり前回同様に根付きのニャンコを発見♪

根付きの猫

倅によると、どうやら確認しただけで7匹は居るようです。 この日確認したのは3匹でしたが、陽春の光が溢れるような日なら、そここで日向ぼっこをするニャンコが居そうです( *´艸`) 食事を摂りに出掛けて、コインパーキングに車をデポ。 アパートに戻ったらオンタイムで引越荷物が次々と到着。 せっせと開梱して倅一人では出来ない家具のセッティングや、台所周りの整理整頓を行い、一段落がついたところでお別れです。

いよいよ初めての自炊生活のスタートを前に、ちょっと心細いのでしょう。 でもきっと2、3日で慣れちゃうものです。 何か困り事あったら、後見人ご夫妻を真っ先に頼るようにと言い聞かせ、他人様が温かい手を差し伸べて下さった時は、甘えさせて頂く事も学びだよって。 笑顔で手を振りアパートを後にしました。 車の荷室にはたたんだ段ボールとゴミ袋が何個か。 往復620kmの一日が終わりました。
 

あじ庵食堂 ~福島県喜多方市~

へっへっへv(o ̄∇ ̄o)♪ 実はこの日は単独行動だったもので、久しぶりに連食を掛けていたんですよ( *´艸`) 「喜一」さんで素っ気なくサラッと頂いていたのは、次にはこのお店の暖簾を再び潜る為でもありました。

あじ庵食堂

喜多方市役所もほど近い、ラーメン激戦区の中にあって、開店から4年で既に独自の存在感を放っている「あじ庵食堂」さんです。 昨年夏の初訪問では、驚きの鶏白湯ラーメンに瞠目し、すっかり心奪われていたお店です。

メニューのバリエーションが多方面に亘るもので、本当なら相当集中して足を運ばないと、フルコンプの道のりは遠いと思われます( ̄▼ ̄|||) とは言え、やはり尽きぬ興味に誘われまして、この日のお目当てを頂く事にします。

「黒ラーメン (800円)」※「黒」と書いて「コク」と読みます

あじ庵食堂 黒ラーメン

えっ?!(〇o〇;) 「黒」なのに、何故「白い」のですか?ノ( ̄0 ̄;)\

と、本気で思ってしまった無芸です( ̄▽ ̄i)ゝ 実はすっかり事前調査情報が飛んでしまっておりまして、本気で一瞬戸惑いましたよ。

背脂タップリの油膜層の下を探り当てますと・・・

あじ庵食堂 黒ラーメン

おぉ~♪ 確かに漆黒系スープが控えているぢゃありませんか(>▽<)b たまり醤油をベースに作られた醤油ダレなのだそうです。 ちょっと期待が膨らんできますねヾ(^▽^*

あじ庵食堂 黒ラーメン

背脂の大海に浮かぶは、バラ肉チャーシュー♪ しっかりと醤油味が染み入っており、肉の食感と共にチャーシュー単体で楽しめるポテンシャルが感じられます。

あじ庵食堂 黒ラーメン

万能ネギでは無くて白ネギの刻みが、心持ち多目に配されているのがイイですね!(>▽<)b この白ネギのお陰で、分厚い背脂も切り通せるってものですよ♪ タマリ醤油の濃厚な風味と、練れたスープの香りが混じり合いまして、かなり個性的な立ち香が感じられます。

あじ庵食堂 黒ラーメン

麺はお約束の喜多方スタイルヾ(^▽^* 縮れの掛けられた平断面多加水系中太麺ですね。 なんと麺のエッジには、ほんのりと漆黒醤油の色合いが移っています。 この麺がまた良い頃合いで供されておりまして、しっとりとした歯応えと、動的な舌触りの楽しさ、そしてスープの絡みの良さも申し分ありません。 楽しみにしていた「黒ラーメン」は、まさに期待を裏切らない印象的な一杯でしたO(≧▽≦)O

インパクト系の押し味に富むラーメンでしたが、食べ手に強烈なダメージを与えるほどの事はありません。 コッテリ系がお好みの方なら、充分に許容出来る仕立てだと思います。 喜多方でも昨今では伝統のバランス型とは異なる、印象深いインパクト型ラーメンが選べるようになってきました。 これから更なる進化がどこで起こるのか、楽しみは尽きませんね( *´艸`)




あじ庵食堂
福島県喜多方市二丁目4650-29 喜多方マーケット銀座
電話;0241-23-6161
営業時間;【4月~11月】 7:00~19:00 【12月~3月】 7:00~15:00
定休日;不定休


大きな地図で見る




当家の倅もそろそろですが、今春進学する同級の友人達が次々と進学先の地に向けて故郷を後にし始めました。 そんな折、一日前にスマホを落手した妹の現物を手に取った倅が、自分も“キノコ”に乗り換えると言い出しまして、大忙しで切り替え落手して参りました( ̄▽ ̄i)ゝ

まあスポンサーたるボクの立場としては、学生割引が効かなくなってしまう“白犬”に留まられるよりも“キノコ”の学生割引に乗り換えて貰った方が出費は抑えられるのは事実です。 基本的に物欲王な男の子ですから、妹の最新鋭スマホには後光が射して見えたのでしょうねヽ( ̄▽ ̄i)

まあ、前日と同じショップでの手続きでしたので、販売員さんのご説明も反芻される事となりますので、説明を端折って頂きましてなるべく短時間で乗り換えを済ませて頂きました。 倅、もうニコニコです( ̄▼ ̄|||) まあ楽しめるお道具が増えて良かったヨね。

で、先の話に戻って、昨日娘さんを進学先へと送り出したお母さんのハナシ。 やはり娘さんが居なくなったら、何かしら家の中の空気感が違っちゃうみたいです。 そりゃあ「ブルーなキブン」ってやつでしょ? 男の子だろうと女の子だろうと、親元から子供が巣立つってのは、お腹を痛めた母親にとっては耐え難い寂しさをともなうものなんですね。 家ももうカウント・ダウンですΣ(゜▽゜;)
 

喜多方ラーメン 喜一 ~福島県喜多方市~

昨年秋以来、2度目の訪問を致しました、喜多方市の名店「喜多方ラーメン 喜一」さんですo(*^^*)o 北塩原での早朝写真撮影の後に、次のお楽しみに据えていたのがコチラだったんですねぇ~♪

喜多方ラーメン 喜一

開店から30分過ぎた7時半前に到着しましたが、どうやら既に“朝の一回転”が終わっていたようです(゚ロ゚屮)屮 並み居る地元の老舗有名店もさもありなんと言う程の人気店ですね(@・艸・;) そんな早朝にもかかわらず、お子様連れのファミリー客の姿もあったりしまして、郡山の慣習からしますと、やはり“朝ラー文化”の根付いた街なのだなぁ~と感心するばかりです。

さてこの日の所望品は、最も真っ当な代表作ですよヾ(^▽^* 系列店たる「檜原宿Sio-YA」さんとの相違点を探るにも、やはり絶対に外せない一品ですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

「Sioラーメン (500円)」

喜一 Sioラーメン

「喜多方ラーメン 喜一」さんを有名店に押し上げた、まさに看板メニューと言えるラーメンですO(≧▽≦)O シンプルに豚バラチャーシューと刻みネギ、メンマだけのトッピング。 透明感のあるスープは油浮きも控え目に誂えてあります。

喜一 Sioラーメン

鶏ガラ、豚ガラ、昆布や野菜で引かれたスープは、全てが天然素材の自然派仕立てです。 個性的な強い香り立ちこそありませんが、ふんわりと膨らむような旨味が甘味と共に広がります。 塩ダレはマイルドな印象ですが、決して物足りなさなどはなく、ベーススープの優しい口当たりを濁さないピュアな味わいになっています。

豚バラチャーシューは、そんなに大振りでもなければ人目を釘付けにすることもありませんが、見事に肉の食感の良いところを残しながら、脂質にも染み渡った塩分に旨さがギュギュッと凝縮しています(>▽<)b そう言えば前回は醤油テイストのチャーシューメンを頂きましたが、あの時のチャーシューの好印象は、ここでも再び思い起こさせるものがありました。

喜一 Sioラーメン

麺は多加水系平断面中太麺で、ご覧の通り縮れが掛けられています。 この日の茹で上げ具合は、前回の印象とは微妙に異なりまして、麺を噛んだ時に程良い弾力を伴いながらプッツンと歯切れるリズミカルなものでした。 この時点の着席率は70%くらいでしたので、もしかすると麺上げのローテーションによって、ある程度のユラギはあるのかも知れません。 えぇ、勿論美味しゅうございましたよ( *´艸`)

コンデジを荷室に積んでおいたら、思い切り冷え冷えになっちゃいまして、店内の室温になかなか戻らず、ひたすらレンズが曇りまくりまして、ご覧の通りのフォギーな写真になってしまったのはご愛敬と言う事で(〃∇〃)ゞ

火曜日限定の「会津山塩ラーメン」を頂いてみないと、姉妹店「檜原宿Sio-YA」との直接比較は出来ませんが、クリーンで澄んだ美味しさのベーススープと、ほんのりと甘味の広がるニュアンスってのは共通項に思えます。 いつしか好機に恵まれることを期待しております(*^▽^*) ワンコインで頂けるラーメンとして位置づけするまでもなく、途方もなく品の良く趣味性の高い一杯である事に異論を挟む余地はなさそうです。




喜多方ラーメン 喜一 (きいち)
福島県喜多方市字大谷地田3923
電話;0241-24-2480
営業時間;7:00~14:00
定休日;第1・3金曜
駐車場;敷地内に30台分ほど


大きな地図で見る




「高校入学の祝いにスマホが欲しいのぉ~♪(*´∇`*)」

笑顔でおねだりされても、

「おうおう、買っちゃる! 店ごと買っちゃる!v( ̄∇ ̄)」

と虚勢の張れない、甲斐性無しヲオジの無芸です(;´艸`)

なんでもイマドキの高校生は、スマホってマスト・アイテムなんですってね(ボーヨミ) 単なる携帯電話のメールでは事足らず、ラインとかいうSNSの一種なのでしょうか? Skypeにも似たようなスマホ向けのアプリが、高校生レベルでもかなり浸透しているらしいんですわΣ(゜▽゜;)

まあボクなんて、ようやく最近Twitterの使い方を覚え始めたばかりですし、件のラインとやらはきっとご縁もないままに、その有用性に気付いた頃には更に進化した別なコミュニケーションツールが主流になっているかも知れませんネ(^◇^;) まっ、それはそれでイイです。

とにかくスマホを手に入れないことには納得してくれそうもありませんので、どのように有利に手に入れるかをここ数日比較検討しておりました。 以前使っていた“白犬携帯”は、学生向きのプランは3年間の契約が終了ししたら、再契約は出来ないそうです。 “森四中”“キノコ”の比較と言う事になりましたが、結局は運用コストの安さと、3年後の延長契約が可能(現時点)と言う事で、“キノコ”に軍配を挙げました。

親がスマホを使おうとすると、とても高価な出費になってしまいますが、学生というエンブレムを背負っている内は、かなり優遇されるのでスポンサーとしては助かりますヽ( ̄▽ ̄i) とは言え、果たしてその用途はお金を生み出すようなものはほとんど無くて、お遊びとコミュニケーションを深める事にアリというのは、何ともアレなんですけど・・・( ̄  ̄;) まぁ、あんまり深く考えない事にしておきましょうかね。 取りあえずヲヤジの沽券は守った。。。( ̄ω ̄;)ゞ

唯一自分の中で実りあったことと言えば、今までその意味や役割がボンヤリとしていた、WiFiとか3GやLTE、デザリングなどの語意がちゃんと理解出来るようになった事かな・・・( ̄へ ̄|||)
 

中華料理 愛心(あいしん) ~福島県郡山市昭和~

郡山市の東部幹線沿い、イオンタウン入り口交差点から南に50mほど先にある「中華料理 愛心」さんをようやく初訪問致しましたo(*^^*)o

中華料理 愛心

訪問済みの皆様から聞かされていた通り、キッチン(2名)&ホール(1名)ALL中国人でした。 ホール係の女性は、ややぎこちないなりにも、ちゃんと日本語は理解していますので、安心して任せられそうです(* ̄∇ ̄*) ボクが訪問した時には、何組かのお客様方が飲食を楽しんでおられましたが、ホール係の女性を名前で呼ぶほどの常連様方でした。 そんな状況下でも、常に客席の様子に気を配り、お客様の御用をいち早く察知して、声を掛けられる前にテーブルに向かう姿は、立派な接客係だなぁ~と感嘆するほどでした。

これまた事前にキャッチしていた通り、豊富なメニューが用意されておりまして、写真を配してなるべく料理がイメージ出来るようにと考えられていて親しみ易いですねヾ(^▽^* 今回はお初と言う事で、基本メニューを頂いてみる事に致します。

「マーボ豆腐定食 (750円)」

愛心 マーボ豆腐定食

うわぁぁぁぁぁヽ(@ω@;)ノ なんですのん?!

ボクは餃子なんて頼んでいないんですけど・・・( ̄ω ̄;) 思わず再びメニュー・ブックを広げてしまいましたが、やはり“餃子付き”とは書かれていないような・・・( ̄  ̄;) うーん いいんだべか? 書いてはいないけれど、これが定食デフォだと言うなら、更にコスパは高まりますね。

愛心 マーボ豆腐定食

この日のスープは、軽くトロミをつけられた玉子スープ。 やや淡白なお味ですが、添え物スープとしての役割は十二分に果たしています。

愛心 マーボ豆腐定食

きっちり一人前ある餃子(^◇^;) 焼き加減も上々ですし、野菜餡もミシッと詰め込まれており、普通に美味しく頂戴出来ました。

愛心 マーボ豆腐定食

四川系のソレではなく、ビジュアル的には中華食堂系の麻婆豆腐です。 これは正直言って、ちょっと意外でしたヽ( ̄▽ ̄i) 日本で働く中国人料理人の全てが“四川系料理人”って訳ではありませんが、ボクの中ではいつしか勝手に脳内納得していたんですよねww

愛心 マーボ豆腐定食

豆豉や花椒の片鱗は感じられませんΣ(゜▽゜;) よって、そっち系が不得意な方には、きっと受け入れて頂けそうですww アクセントに欠ける印象ですが、唐辛子系の辛味はピリッと効かされています。 塩分は控え目で、豆板醤の存在感もあまりありません。

絹ごし豆腐は、プルンとした滑らかな舌触り。 ただし無用な火入れにならぬようにしているせいか、豆腐の温度が麻婆ソースと異なりぬるかったのはご愛敬( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、何かと突っ込み所もチラ見えはしていますが、お約束のオン・ザ・ライスだ!O(≧▽≦)O

愛心 マーボ豆腐定食

うむむ(-ω-;) やっぱりご飯のお供としては、もう少し全体的な味目が濃くても良さそうです( ̄▼ ̄|||) 減塩生活を志しておられる方々には、充分に楽しめると思います。 餃子の支えもあって、交互に頂きながら、楽しく完食した後は、デザートの杏仁豆腐が待ってます♪

愛心 マーボ豆腐定食

缶詰サクランボとのご対面は何年ぶりだろうか(^◇^;) シロップは結構しっかりとした甘味があり、サラリと口直ししてくれました。 ひたすら接客の心を砕くホール係の女性が、とにかく好印象です。 気持ち良く食事を楽しめると思います( *´艸`)




=2013年秋に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
中華料理 愛心
福島県郡山市昭和2丁目2-15
電話;024-943-9777
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~23:00
定休日;木曜
駐車場;良く分かりませんので、お店の方にお尋ね下さい


大きな地図で見る




2月半ばから一時休業となっていた「本格中国料理 華苑」さんが、4月から開店するそうですO(≧▽≦)O 新たに中国人シェフを据えてのリ・スタートとなります。

ボクはまだ新シェフにはお会いしていませんが、果たしてどのようなお味が楽しめるのか、今からとても楽しみですo(*^^*)o
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

先週は2回訪問して、臨休と暖簾落ちに阻まれ、ようやく3度目の正直で訪問が叶った「麺屋 信成」さんです(^◇^;) もともと繁盛店さんでしたが、このところ益々持って人気が高まっているようで、ファンとしても嬉しいところですが、このままでは夕刻訪問ではありつけなくなってしまうのでしょうか?(@・艸・;)

麺屋 信成

さて、二回もジラされましたもので、3度目の正直は迷うことなく“ブラック一直線”です♪(〃∇〃)

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

漆黒サイコー!O(≧▽≦)O 濃醇な濃口醤油の香り立ちが、ワクワク感を増長させますよ( *´艸`)

麺屋 信成 黒醤油らーめん

タップリと盛られた白ネギの下には、大判薄切りのモモ肉チャーシューとロース肉チャーシューが丼の表面を覆い尽くしています。 敢えての薄切りで、アッと言う間にスープで温められると同時に、スープの温度を失わせないダブル効果!

麺屋 信成 黒醤油らーめん

イイ感じに油膜が張っておりまして、熱冷め阻止と香味油としての個性も注ぎ込まれています。 低加水タイプの麺にあって、しなやかな舌触りが堪能出来るのも、この油膜コートが一役買っているかも知れません。 キレイに切り整えられた水菜のおひたしも、ラフな盛り付けにしない店主・海野さんの細やかな心配りが感じられます。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

既に漆黒スープの色を移した、魅惑のストレート中細麺♪(゚▽^*)ノ⌒☆  そのザクッとした歯触りの良さは、ほとんどヤミツキです( *´艸`) ほんのりと小麦粉の風味さえ感じさせる、極めて秀逸な麺は、この漆黒スープの為に生まれてきたようなものです。

今更言うまでもありませんが、こんなに黒々としたスープではありますが、ほとんどの方に塩辛い印象は与えないと思います。 豚ガラ&鶏ガラのベース・スープはコクのある旨味と、華やかな旨味のいいとこ取り。 そこに滋味溢れる醤油ダレが旨味を助長するという、素晴らしいコンビネーションに、この日もすっかり心酔致しました。

「ぶタマヨごはん (300円)」

麺屋 信成 ぶたマヨごはん

もうウマウマ♪(〃∇〃)

勢いでちょっと食べ過ぎたかな・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

※本日3月20日(水)は、通常は定休日ですが、先週の臨休の代替営業で元気に営業中ですv( ̄∇ ̄)ニヤッ




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

2013年冬景色 小野川湖の朝景 その2

前回に引き続き、小野川湖の朝景です。 山の陰から朝日が差し始めましたが、やはり空焼けは期待出来ませんでした(`・ω´・ ;) となると、ターゲットは水面への反射光や、射光の色合いに絞る事になります。

夜から朝へ
[2013/3/17 夜から朝へ] <↑ Clickで拡大>

春が近づいて来た今頃ですと、日の出のポイントはかなり東側へと移っています。 お立ち台からの角度ですと、朝日の反射する水面は、丁度湖岸の木々に遮られてしまう事になります。 って訳で、この木々のシルエットを頂く事にしましょ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

光溢れる湖面
[2013/3/17 光溢れる湖面] <↑ Clickで拡大>

日の出直後の、最も色濃く極度のコントラストのあるタイミングでは、陽の光はまるで黄金色のように輝きを放ちます。

木の丈
[2013/3/17 木の丈] <↑ Clickで拡大>

木々の作り出す影も、この時が一番良く伸びます。 もちっと木々の稙密度が低ければ、キレイなストライプが拝めるのですが、ここは自然の雑木林ですからヨシとします。

シンボル・ツリー
[2013/3/17 シンボル・ツリー] <↑ Clickで拡大>

朝日の色が薄らいできましたし、Watanabeさんが湖畔をロケハンしてみると言う事でしたので、ここでお別れをしてボクもお立ち台を下ります。 お立ち台の低層ポイントから再び“踊る木”を撮ってみます。

残念ながら厳冬期の風情からは大分時が過ぎてしまいましたので、撮影ポイントも思い浮かばず、別な楽しみを求めて一人車を走らせる事としました。

 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

空腹感を感じた時に、ふっと思い出してしまった「正月屋」さんの「塩そば」O(≧▽≦)O もうそのイメージからは逃れる術もなく、夜の部の営業開始に合わせて、一番釜狙いでの訪問です。

支那そば 正月屋

だいぶ日が延びたお陰で、“夕刻ランチ”っていう焦燥感も軽くなります。 が、お店の皆様にはバレバレでして、労いのお声がけを頂く事しばしばです( ̄▽ ̄i)ゝ 勿論、この一杯を頂きに上がりましたので、迷わずCALLでございます♪

「塩そば+半熟煮玉子 (650円+100円)」

正月屋 塩そば

いつもの「塩そば」が一段とハンサムになりますねぇ~( *´艸`) 煮玉子効果はビジュアル的に訴えてくる色彩の豊かさにも一役買っています。 こちらもまた、先だっての「とら食堂」さんを彷彿とさせる美しい盛り付けです。

正月屋 半熟煮玉子

濃厚な黄身の美味しさは伝わりますかね? 味の染み方も程良く決まっておりまして、ほの甘さを伴った旨味広がる塩味スープと合わせても、決してスタンド・アローンにならないのですから面白いですね。 

正月屋 塩そば

肩ロースチャーシューはあくまでも柔らかく、ホロホロに崩れてしまうほど。 揚げ海老の香ばしい香りとジャリッと噛めばジワッと広がる乙な旨味も、ちょっと小憎らしいほどに決まっています。 鶏出汁の華やかな旨味が、決して過分に感じられない、程良く抑揚の効いたスープは、もはや盤石の域でしょう。

正月屋 塩そば

自家製麺のこの細麺を口にする喜びは、もはや異常(;´艸`)ぁぁぁ 自分の好みって事が何よりではありますが、スープ、塩ダレ、載せモノの全てと高次元バランスの整ったこの麺は、至福のひとときを約束してくれます(>▽<)b

頃合いに茹で上げられためんは、心地佳い歯切れの食感を堪能させてくれますし、舌触りの滑らかさと言い、スープの纏わせ具合と言い、やはりパーフェクトに思えてしまいます。 美味しい時間をありがとう!(*´∇`*)




支那そば 正月屋
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;(昼の部)11:00~15:30、(夜の部)17:00~20:45


より大きな地図で 支那そば 正月屋 を表示
 

2013年冬景色 小野川湖の朝景 その1

今シーズンの冬は、ほぼ写真撮影を諦めざるを得ないほど、毎週末荒天に見舞われていましたが、この日は晴天が約束されたも同然でしたO(≧▽≦)O 多分、冬景色らしい冬景色は、もうこの日を置いて他には撮影チャンスは無かろうと、久しぶりに旧友C君を誘き出す工作を試みますが、所用で同行出来ないと釣り損ねました( ̄▼ ̄|||) しかもサッチンさんも所用で遠方にお出掛け中orz 仕方ないので今回は単独行脚を仕掛けることと致しました。

実はこのところ杉花粉対策の医薬品のせいか、なかなか眠気がとれないもので、起床を心配していたのですが、そこはそれ、例によって遠足に出掛ける子供と同じです(*´∇`*)ゞ 逆に深く眠れなかったですよww 4時前に起床して、車に撮影機材を積み込み4:15に出立です。

予定よりも若干スタートが遅くなっちゃいましたので、磐梯熱海ICから猪苗代ICまで1区間だけ高速道路でパスします。 国道459号線で北塩原エリアへと進んで行きますと、今期はあんなに積雪があったハズなのに、既におおよその路面はドライになっていました。 この日に限って言えば、ノーマルタイヤで無問題ってくらいでしたよw(*゚o゚*)w

道々、撮影ポイントを秋元湖畔にするか、小野川湖を見下ろす通称・お立ち台にするか思案しましたが、今回は積雪期にしか登れない後者に決定です。 現着してみると、既にカメラマンが何人かセットアップ済みのようです。 固く表層の締まった雪面をよじ登りお立ち台に立ってみますと、見通しの効くポイントには先客様が一人。 余裕でボクも並べます♪ 御挨拶をして混ぜて頂きましょう(*^▽^*)

日の出間近の小野川湖
[2013/3/17 日の出間近の小野川湖] <↑ Clickで拡大>

うぅ~~ん( ̄ω ̄;) 雲一つ無い空ってのがちょっとイタイな。 こんな事ならあと一時間早く到着して、夜空の星でも撮れば良かったなぁ~と思っていたら、件の先客様がコチラを振り返り一言。

「むっ、無芸さん?w( ̄▽ ̄;)w」

へっ?(@・艸・;) と思って、その声の主を見つめてみたら、あらら何とお写真Blog仲間の「BIG CAMERA WORKS」 (URL) のAuthor・Watanabeさんですよ! いや驚いた、驚いた(⌒▽⌒;) 彼も又、この日は出撃していたんですね。 久々の好天ですもん、それは出撃ですよね♪ お陰様で、話し相手&情報交換を得られましたよ( *´艸`)

踊る木の目覚め
[2013/3/17 踊る木の目覚め] <↑ Clickで拡大>

そうそう、Watanabeさんに言われて気付いたのですが、この湖畔のシンボル・ツリー・踊る木の周囲の雑木が少々整理されていました。 もう少しダイナミックに整理されても良さそうですが、時と共に景観が変わって行くのも自然の摂理であり、その時その場に居た人が撮り留めた写真だけが証人として生き続けるもの良いのかも知れません。

明け行く湖
[2013/3/17 明け行く湖] <↑ Clickで拡大>

日の出が近づいてくると、高台の撮影ポイントには冷たい風が吹き渡るようになって来ました。 気温自体はこの時期としてはかなり温かい方ですが、風に吹かれるとやっぱり肌がヒリヒリとしてきます。 この日の日の出は5:48ですが、山あいのここでは少々遅れます。

赤磐梯
[2013/3/17 赤磐梯] <↑ Clickで拡大>

ふと磐梯山を見ると、既に朝日に照らされて、赤く色付いていました(* ̄∇ ̄*)

つづく


 

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店 ~福島県郡山市西ノ内~

約一年半ぶり、2回目の訪問です。 市内うねめ通り沿い西ノ内地内にある「竜宮城 西ノ内店」さんです。 通し営業の上に広大な駐車施設があり、上層階には大宴会場まで備える典型的なチャイニーズレストランですね。

竜宮城 西ノ内店

久しぶりに漂着してみたのですが、ディナータイム前と言う事もあって、お席は選び放題でしたww ランチタイムともなりますと、通りがかりにチラ見しますと、まずフロアーは満席状態ってのが常の人気店さんです。 この日は前回手を出しあぐねたALL TIME対応の日替わり定食を頂いてみる事にしましたよo(*^^*)o

「日替わり定食・エビチリ定食 (880円)」

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

こんなに沢山付いてきて、驚きのはっぱくはちじゅうえんです(゚ロ゚屮)屮 やるな、竜宮城!(`・ω´・ ;)

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

ニンニクやネギなどの香味系野菜がタップリと使われており、魅惑の甘酢ケチャップ餡でエビと共に纏められています。 千切りレタスが敷かれているあたりは、御宴席需要の多いお店っぽくもあります。

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

小型のお櫃で今日される白ご飯を盛りまして、お約束のオン・ザ・ライスぅ~~!v(≧∇≦)v

おっ?!意外と辛味が効いているぞ?(〇o〇;)

普通に甘味や酸味は備わっていますが、辛味が一歩上回る印象で、こりゃあやっぱり宴席料理っぽさが感じられますね。 ちゃんとお店の味として個性を主張していました。

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

ミニラ~がセットされておりまして、これが定食の汁物としても活躍です。 決して人の心の琴線を掻きむしるような印象こそありませんが、お店の料理に使われるベース・スープの素性が伝わって来ます。

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

麺は多加水系中細縮れ麺。 ラーメン専業店さんのような、特に秀でた食感や風味がある訳ではありませんが、ちょっとボソッとした食感があり、伸びにくそうな印象がありました。 多分、豚ガラをメインとして鶏ガラや野菜の加わったベーススープかと思います。 醤油ダレが意外とシャープなアクセントを現しまして、ちょっとメリハリのあるお味です。 立ち香からは鶏ガラっぽい華やかさが垣間見えたのも望外の収穫です(* ̄∇ ̄*)

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

副菜には切り干し大根の煮物があったりしまして、さり気なくご飯のお供を演じながら、食物繊維もチャージしてくれます。

竜宮城 日替わり定食・エビチリ定食

この杏仁豆腐はどうやら常連様方のお楽しみアイテムらしいです。 バットで冷やしてカットするのではなく、ダイレクトにこの器に流して冷やすようです。 シロップの甘味とカット・フルーツのお味のバランスも良く、杏仁豆腐自体にちゃんと杏仁の風味が感じられたのはアッパレですヾ(^▽^*




中国料理 竜宮城 (URL)
福島県郡山市西ノ内1-13-9
電話;024-939-4649
営業時間;11:30~21:30
定休日;無休
駐車場;50台


より大きな地図で 中国料理「龍宮城」西ノ内店 を表示




手許の印刷文字がよく見えない(`・ω´・ ;) こんな状況がここ一年ほどでとみに酷くなりまして、これは言わば「老眼」ってヤツですか? あまり認めたくは無いのですが、自分の身の上に起こっていることですので、誤魔化すことも出来ません。

新聞を読むのが苦痛になってしまうのもなんですし、そろそろ愛用の眼鏡のくたびれが見え始めていましたので、この機会に遠近両用レンズ付きの眼鏡を新調する事にしました。 念入りに検査をしてオーダーした眼鏡は一週間を経て落手致しました。

確かに手許がよく見える(* ̄∇ ̄*) イメージしていたよりもそんなにおかしな見え方もしません。 完全に馴染むまではもう少し掛かりそうですが、やはり妙な抵抗をしないで早めに対応眼鏡にするのが良策のようです( ̄▽ ̄i)ゝ でも「老眼」って呼称だけは何とかならないかなぁ~( ̄ω ̄;)ゝ
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

この日は不祝儀事があって、午後から会津若松市へと弔問に出掛けておりました。 日中は見事な晴れ模様でして、磐越自動車道から見渡す磐梯山麓は、羨ましいほどクリアな視界(;´艸`)ぁぁぁ でもでも、遊びで車を走らせている訳では無いので、ぐっと我慢の道行きでした。

斎場を出た頃には西の空が良い塩梅に赤く色付いておりまして、これまた撮り逃してちょっと残念(/TДT)/あうぅ・・・・ 昼食を摂るタイミングを逃していたので、郡山ICを出たところで行き付けの某ラーメン専門店さんに立ち回るも珍しく臨休をとっていましたノ( ̄0 ̄;)\

トボトボと仕事場に戻って、仕事を片付けたらもう20時近くになっとりました(;ーωーA それでも何か食べたくて、立ち回り先から目指した暖簾はまだ明かりが灯っていましたよ(>▽<)b

みたか食堂

お馴染みの「みたか食堂」さんです。 店内には専門学校の生徒さんでしょうか、男子ばかりが何人か集っておりました。 みんな帰宅前の夕食でしょうかね? 親御さんにとっても、こんな食堂に恵まれているのを知れば、ちょっと安心しそうですね。

(さて、何を食べよっかなぁ~♪)と考えていたら、女将さんがコソッと耳打ちしていきました。

「ゴメン!今日はもうご飯が無くなっちゃったんですよo( ̄ー ̄;)ゞ」コソコソ

あららぁ~、と思いつつ男子達の前に積まれている丼を見れば、さもありなんって感じですね(^◇^;) それじゃあと言う事で応需可能なものをお願いして間もなく、着丼待ちしていた男子の許に蓋が持ち上がった「親子丼大盛」が・・・(〇o〇;)

(おっ、オマエかぁ~~~!(。-`ω´-) )

と思ったけども、その満面の笑みを見ちゃったら、もう許したww とても幸せそうに食べてたし(*´∀`*b)

「焼きそば (600円)」

みたか食堂 焼きそば

何だかいつにも増してモリモリっぽい気が・・・( ̄  ̄;) うーん

「モヤシ全部入れたら多かったみたいヽ( ̄▽ ̄)」

と、女将さんw( ̄▽ ̄;)w 道理で一回り山が大きい訳だわww

みたか 味噌汁

添えて下さったのはお味噌汁。 これが今回初登場のシジミと豆腐の味噌汁だったのですが、鰹節の出汁がビシッと効いたところに、シジミの旨味がドォ~~ンと加わりまして、ゴメンナサイねってくらい旨かった♪(〃∇〃)

みたか食堂 焼きそば

良質なラードで炒め上げられた焼きそばは、モヤシの分量がやや多目だったせいか、いつもよりも全体的にサッパリとした仕立て上がりでした。 まぁ、ここでこのまま頂いてしまえば、いつもよりもちびっとヘルシーなのでしょうけど、自家調整ソースの誘惑には敵うハズもなく・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

みたか食堂 焼きそば

卓上配置の自家調整ソースを掛け回しまして、やや甘口ソースの美味しさを堪能します(>▽<)b そりゃあもう口の中がヘヴンですよv(≧∇≦)v モヤシ増量効果で、後半は満腹サインが出始まりますが、一気にケリを付けて幸せなキブンでお店を後にしました。

あっ、そうそう。 昨晩立ち回った某人気ラーメン専業店さんのご夫妻も、ここ「みたか食堂」さんの暖簾を潜られたそうです。 ご飯が売り切れで、件の中毒カレーこそ食べ逃したそうですが、ラーメンの仕立てには大変感心しておられましたよヽ( ̄▽ ̄i) 食堂の暖簾を挙げて、これだけ丹念にスープをとるお店は希有であり、ラーメン専業店に全く引けをとらないと、新たな刺激を頂いてきたようですヾ(^▽^* イイネ! その刺激が更に仕事への励みやモチベーションになり、ボクらの楽しみが増えるってものです♪




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

【お知らせ】 「世界番付」に拙作の写真が・・・

えぇ~~っと、実はつい今し方まですっかり忘れていました( ̄▽ ̄i)ゝ 本日「日本テレビ」さんでON AIRされる「世界番付」という番組の中で、拙作の写真をご採用頂きました(〃∇〃) 昨年の冬に撮影した、三春滝桜の雪化粧の写真がお目に止まったということです。 誠にありがたい限りでございます。

19:00~20:54の番組の中で「世界の花絶景ランキング! 壮大な景色にスタジオ大歓声。 日本の桜絶景も紹介。」というコーナーの中に、我らが郷土の名桜「三春滝桜」のご紹介があるそうです。 これは嬉しいですね♪

福島県では「福島中央テレビ(FCT)」さんでのON AIRとなります。 無芸の仕事場にはテレビがないので、自分は見られないかも知れません(;´艸`)ぁぁぁ でも、良かったら見て下さいな(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

【追記】

この写真を使って頂きました( *´艸`) ありがとうございました。

滝桜の雪景色
          <↑ Clickで拡大>
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

今月初の「郡山大勝軒」ですヽ(*’-^*)。 いやいや、強風を通り越して暴風ってくらいの風が吹き渡り、無芸の仕事場の周りも、注意深く整理整頓をしておかないと、いつ何が吹き飛ばされるか分かりませんノ( ̄0 ̄;)\ 今年はこんな暴風の日が多い気がするのですが、単なる気のせいでしょうかね?( ̄ω ̄;)

郡山大勝軒

毎度、比較的客足の遠退いている時間帯に暖簾を潜りまして、窯場前のカウンター席に落ち着きますと、立ち登る湯気の向こうから笑顔の工藤店長が一言。

「無芸さぁ~ん、運が良いですよ! 今まさにナベゾコですよヾ(^▽^*」って

何と幸運なv(≧∇≦)v ほんの2・3分遅かったら、新しいスープの寸胴に混ぜられてしまうところでした(;´艸`)ぁぁぁ

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

いつもながらのビジュアルですが、この日のナベゾコは、ひときわ凝縮度が高かったらしく、香り立ちにさえも魅惑の予感が・・・o(*^^*)o

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘いニュアンスの厚削りや昆布などの乾物に、豚ガラ&鶏ガラの動物系の旨味が怒濤の如くに溢れていましたw( ̄▽ ̄;)w 勿論、臭みに繋がるような要素は感じられず、ピュアな風味が見事に押して来ました。 これは間違いなく、今年に入ってからボクがココで頂いた中では、一番のスープでしたね♪O(≧▽≦)O

郡山大勝軒 つけ麺中盛

麺はもはや盤石! 自家製麺の太麺タイプでは、市内では間違いなく一頭地抜いています。 ツルッと滑らかな舌触り。 噛めばモッチリとした食感と共にプッツン!と歯切れ、同時に小麦粉の香りをフワッと漂わせます。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

これだけの麺を仕立て上げていて尚、訪問の度に微妙な進化の足跡が伝わって来るのですから、工藤店長の技量もさることながら、そのモチベーションの高さには驚くばかりです(^◇^;) 足繁く通っておられる常連様方ならお気づきでしょうが、つけ麺の丼に水が残らなくなりました。

麺を水締めした際に、ある程度の水膜を纏わせておかないと、麺同士が固着する可能性があったのですが、小麦粉との水回しの技能や、小麦粉の配合によって、ほぼ解消されたようです。 これはきっと、ご本尊たる「東池袋大勝軒」さんでさえクリアしていないかも知れません。

この艶やかな麺の美味しさはやはり格別!ヽ(*’-^*)。 無我夢中で食べている内に、意外とケロッと完食しちゃうんですよね( ̄▽ ̄i)ゝ 結構通っているつもりですが、この日の一杯は鮮明に記憶に残る佳作でした♪




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る




昨日は地元の公立高校の合格発表がありました。 無芸大食娘も受験生でして、希望校への合格・入学を目指して、努力を積み重ねておりました。 幸いにして合格判定を頂きまして、一番希望していた高校への入学を認められました(*^▽^*)

本当のことを暴露しちゃうと、中学校に入学した当初は、この希望校には指先さえ掛からないと言う成績でした( ̄▽ ̄i)ゝ 娘には「何をどのように勉強したらよいか分からない」と言われ、根本的な学習の進め方や弱点の自覚が必要な事が分かりました。 そこで、とある大学進学予備校に勤めていた友人を頼り、学習姿勢の基礎を約1年間学ばせて貰いました。

ここで震災にあたり、残念ながらその予備校では中学生コースが閉鎖されることとなり、その後2年間お世話になる進学塾へと移籍。 望外なことに、最初の導きも良かったのでしょうが、自宅学習をする習慣が付くと同時に、成績向上もあって学習意欲が高まり、毎回自分の目標得点を据えるようになりました。 決して勉強ばかりの3年間だった訳では無く、多少大好きだった遊びの時間を削りながら、目標に向かって頑張れたんですね。 我が娘ながら、本当に根気強く頑張ったと誉めて上げたいです。

中学校生活はとても充実していたようですし、ホームルームティーチャーと級友達にも恵まれた三年間のようでした。 ボクはその三年間の間のみならず、長男も同じくお世話になっていた都合六年間の間に、一度も校内行事に出席することはありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

種々の校内行事は平日に行われますので、仕事場を閉めない限り立ち会うことは出来ません。 でもその全ては家内が担ってくれましたし、きっとそれで良かったのだと思います。 唯一の残念事象はと言えば、入学・卒業の写真を撮って上げられなかった事ですかね。 写真撮りの沽券に関わる事かも知れませんが、家内に大振りなストロボ装着のデジイチを扱わせる訳にも行きません(;ーωーA

結局のところコンパクトなラー撮り用のコンデジを携えて行く事となりますが、会場内は薄暗くてとても撮れるような環境でもなく、式典が終われば屋外の立て看板の前は立ち位置の争奪戦が繰り広げられ・・・(^◇^;) まあ、最初から諦めるしか無いって事で、その姿は家内の記憶の中に焼き付けておいて貰うしかないですね。

特に中学校の式典は、合唱と管弦楽の伴奏が凄まじいレベルなのだそうです。 ハハハ(^◇^;) そりゃあ合唱部も管弦楽部も、共に日本一の中学校ですからね。 ここで奏でられる演奏と合唱を聞くだけでも、仕事を反故にして駆けつける意義があるとさえ言われています。

担当の教師からは、その様子を撮影して動画サイトに挙げないようにと念押しされるそうですよヽ( ̄▽ ̄i) うぅ~~ん、生徒さん達のプライバシーを守るには致し方無いですが、出席出来なかった親の一人としては、見ておきたい気がします。 それは子供達との経験の共有にもなりますからね。 えぇ、でもダメなのは分かっているんです( ̄▼ ̄|||)
 

こり家 ~福島県郡山市桑野~

日曜日の昼下がり、朝スパから5時間ほど経ったところで、軽いランチをと立ち寄ったのは、郡山市桑野の「こり家」さんです。 拙筆のBlogには2回目の登場となりますが、週末は通し営業っていうありがたさに加えて、市中どちらに走るにしても、とても利便の良い立地にありまして、お出掛け前の前線基地には持ってこいのお店です(〃∇〃)

こり家

前回同様のアイドルタイムに訪問すれば、オモニが一人で切り盛りしていましたが、調理手順の段取りの良さもあってか、さほど待たされる事も無く、一点仕上げの出来たてで提供されます。

「冷麺 (500円)」

こり家 冷麺

驚きのワンコイン! ごはくえんの冷麺ですよw( ̄▽ ̄;)w

ほとんどチープさも感じさせず、このお値段での提供とは恐れ入ります。 本当はピビン麺狙いだったのですが、相変わらずに未だ提供は開始されていませんでした(´・ω・`)ションボリ

こり家 冷麺

冬に冷麺を所望した自分のせいですが、動物性脂質が固化しちゃっているのはご愛敬です( ̄▽ ̄i)ゝ 水キムチベースでしょうか? 程良い塩味が効かされており、野菜の水分から湧き出した甘味を感じさせるナチュラルな旨味があり、サッパリとした食べ心地が身上の冷麺らしい仕立てです。

卓上配置の酢や一緒に供される辛口コチュジャンなどで、好みの味に整えて楽しめます。 ボクはあまり酸味に耐性がないので、酢は控え目にしましたが、キムチの味わいと良くマッチして美味しかったなぁ~( *´艸`)

こり家 冷麺

韓国料理にはとんと造詣がないので良く分からないのですが、一般的な冷麺の麺よりも、ピビン麺向きではなかろうかと思われる、そば粉率の高い細麺が用いられていました(⌒▽⌒;) ピビン麺狙いだっただけに、再び残念感が湧いてきますが、実はこの麺がそれだけ美味しかったって事です♪(゚▽^*)ノ⌒☆

しなやかな麺は舌触りが滑らかで、やや柔らか目の茹で加減に誂えられていました。 麺を噛み切るようなモーションは不要で、難無く軽く歯切れてくれますよ。 サラサラッと喉を通りまして、とても食べ易い印象でした。 

食後は流石に胃袋が冷えました( ̄▽ ̄i)ゝ 勿論、自分で選んだ冷麺ですから、文句ではありませんww あとほんの一月半もしたら、思い出したら食べたくなっちゃう一品になりそうです(* ̄∇ ̄*)

唯一の残念ポイントと言えば、タバコの吸い放題ってところですかね(;ーωーA 自分の後方と前方から煙を焚かれまして、食事を摂る前から嗅覚がイジメられちゃいました。 せめて昼の部だけでも、最低でも分煙が望まれます。 ってか、お願いに近いかな( ̄▽ ̄i)ゝ また行きたいお店ですからね・・・




こり家
福島県郡山市桑野3-11-16
電話;024-934-4791
営業時間;【昼の部】11:00~14:30【夜の部】17:00~22:00
     【土曜日】11:00~22:00
     【日曜日・祭日】11:00~21:00
駐車場;敷地内に8台分ほど


より大きな地図で こり家 を表示




軽トラのワイパーのゴムが切れてしまったのに気付き、立ち回り先で“黄色帽子”で交換する事にしました。 助手席側のワイパーを取り外して、店内に持ち込んで寸法を合わせます。 念のためにサービスカウンターに居たおねいさんに声掛けしてみると、

「こちらの替えゴムですね」

とボクが見ていた売り場の側面側から商品を取り出してきました。 どうやらボクが見ていたのは、微妙に違う商品だったようです( ̄▽ ̄i)ゝ 一声掛けて良かったなぁ~と思いつつ、

「替えゴムの交換を致しましょうか?」

と言ってくれたので、マルっとお願いしました。

ハヤッ!(〇o〇;)

パッケージの開封から交換作業の終了まで、僅か20秒も掛かっていませんよw( ̄▽ ̄;)w おんにゃのこだからと勝手にハードルの高さを決めていたのはボクの勝手でしたね。 普段から行っている仕事かも知れませんが、何故か清々しい(〃∇〃)

駐車場に戻り、ワイパーブレードを装着した序でに、運転席側も確認してみたら・・・ あらら?コチラも切れちゃっていたわノ( ̄0 ̄;)\

再び店内に逆戻りだ( ̄▼ ̄|||)

「いらっしゃいませぇ~♪」

彼女の笑顔が目に沁みる・・・(;´艸`)
 

らーめん幸司 ~福島県郡山市大槻町~

今年初訪問の「らーめん幸司」さんです(*^▽^*) 巧い具合にお昼時に潜入成功ですo(*^^*)o この時間帯だとお子様連れのお客様がおられますね。 団地が側近にあるという立地条件も無縁では無さそうです。

らーめん幸司

この日はお醤油系のキブンでしたので、こちらを所望致しましたよ。

「醤油らーめん (630円)」

らーめん幸司 醤油らーめん

黒ドンブリのインパクト大ですが、実はなかなかシックな醤油らーめんなんです(*^▽^*) 店主・本名さんは昭和村出身と言う事もあって、故郷の味噌・醤油を愛用しています。 この醤油が程良いコク味のある旨口タイプなんですね♪ これだけ上質の調味料を惜しげもなく使われるお店は、実はそう多くありません。

らーめん幸司 醤油らーめん

豚ガラと会津地鶏の鶏ガラベースのスープは、主に鶏ガラの華やかな旨味が前面に立ちます。 黒ドンブリですので気が付きにくいのですが、スープは濁りのほとんど無いものでして、かなり注意深く温度管理をされているように思えます。

豚バラチャーシューは濃口醤油で煮られているのでしょうか? しっかりとした醤油テイストが感じられ、美味しい脂身にも染み渡っている秀逸なモノ。 スープへの油膜はそんな厚くはありませんが、ナチュラルな旨味は存分に楽しめます。

らーめん幸司 醤油らーめん

特注の中太縮れ麺は、会津麺を彷彿とさせる平断面仕様です。 その無歯触りの良さは言うまでもなく、弾力を伴ってプッツンと歯切れる楽しい食感です。 前述の醤油ダレは、結構シャープな印象でして、醤油感溢れる味わいを楽しめますヨヾ(^▽^*

「ミニチャーハン (290円)」

らーめん幸司 ミニチャーハン

すっかりヤミツキの本格派のパラパラチャーハンです(*゚▽゚*) 今回は店主・本名さんが鍋を振るって下さりましたが、女将さんと寸分違わぬパラパラ具合でした! 嬉しいですねぇ~♪ これだけのチャーハンは、中華食堂でも滅多にお目に掛かれませんヨ。 らーめんスープと一緒に楽しみますと、その美味しさも更に一回り増幅されます( *´艸`)




らーめん 幸司 (URL)
福島県郡山市大槻町菅田22-2
電話;024-952-3531
定休日;毎週火曜日
    ※祝・祭日の場合は営業、翌日休業。
営業時間;【昼の部】11:00~15:00、【夜の部】17:00~20:30
     ※土・日・祝・祭日は通し営業
     ※麺・スープがなくなり次第終了


大きな地図で見る
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

永らく行き付けていた某中国料理店さんが只今休業中の為、“麻婆豆腐中毒”が発症致しまして、何とか燃料補給をとやって来たのは、老舗の中国料理店「中国飯店 なるき」さんです(〃∇〃)

「麻婆豆腐+ライス (900円+250円)」

中国飯店なるき 麻婆豆腐定食

所謂“定食”といった組膳自体が存在しない不思議なお店ヽ( ̄▽ ̄i) ですが、ライスを頼めば中華スープ付きで供されます。 それにしてもここで麻婆豆腐を頂くのはどれだけ久しぶりだろうか?σ( ̄、 ̄=) きっと10年以上のご無沙汰だな( ̄▽ ̄i)ゝ

その間に覚えてしまった“麻辣World”にすっかりその立場を席巻されてしまったのですが、こうして再び向き合えるのも楽しいかも(〃∇〃)

中国飯店なるき 麻婆豆腐

ご覧の通り、ドキッ!(〇o〇;)とするような赤い色合いはありません。 そしてスパイシーな花椒の香りもありません。

中国飯店なるき 麻婆豆腐定食

でも挽肉の肉々しい風味が鮮明だったり、お豆腐の舌触りが、思い切りプルンプルンだったり、麻辣推しの麻婆豆腐ではマスキングされて気付かないような長所が沢山分かって楽しいわ楽しいわ♪ 本当に久しぶりに頂いたのですが、何口が食べている内に、徐々に昔の味の記憶とシンクロしてきましたよ(>▽<)b もうそうなったら麻辣なんて無くともOKですね。

中国飯店なるき 麻婆豆腐定食

オン・ザ・ライスで頂けば、この麻婆豆腐がいかにご飯を大切にしているかが分かります。 このトロッとした餡の掛け方など、けしからん!としか言いようがありません(^◇^;)

豆板醤を炒めているハズなのですが、先ずは麻婆餡には甘味が広がり、追い掛けて軽い辛味がピリッとやって来ます。 塩味も過分なところが無くて、勿論ラー油がご飯に染み入る事もありません。 ご飯が最後まで白ご飯として立ち振る舞える麻婆豆腐って、本当に久しぶりでしたヾ(^▽^*

良い意味で「理研のマボちゃん」を彷彿とさせる味わいO(≧▽≦)O 思い出したら、また食べたくなって来ちゃったわ。 いや、本当にけしからん♪v(≧∇≦)v




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

広々駐車場が用意された!O(≧▽≦)O と、思ったら、お隣のビルの被災解体工事の為、敢え無く利用出来なくなってしまった、さくら通り沿い「ホテルハマツ」さん二軒隣の「福味」さんです。 暖かな日和のお陰で、スクーターでお出掛けしてもヘッチャラでしたよ(〃∇〃) でも、目がカイカイになったった(T△T) 杉花粉のシーズン・インです。

福味

さてこの日は一つお目当てがありまして、最初から所望品は決まっていましたよ。 最近、ジリジリとその魅力に惹かれているアレです( ̄∇ ̄*)ゞ 女将さんが調理して下さったのですが、キッチンからは盛大な炒め音と共に、中華鍋を豪快にガッコンガッコン!と煽る金属音が聞こえます(*゚▽゚*)

「ソース焼そば (600円)」

福味 ソース焼きそば

おやおやおやぁ~~~ヽ(@ω@;)ノ 望外のモリモリ具合で登場しましたよぉ~! うっかり“大盛CALL”などしようものなら、大惨事になっていたかも知れません(;´艸`)ぁぁぁ

福味 ソース焼きそば

しっかりとソースが効いた、まさに“ソース焼そばの王道”とも言うべき仕立てです。 青のりではなく、刻み海苔が配されているのが特徴ですね。

福味 ソース焼きそば

強力な火力のもと炒められた焼きそばは、余分な水分が飛ばされまして、麺にはモチッとした歯応えさえ感じられましたw( ̄▽ ̄;)w

福味 ソース焼きそば

麺自体はそんなに太くない、強いて言えば中太麺ってくらいの麺線なのですが、野菜やお肉の旨味とちょっと甘めのソース味をたっぷりと含んで、それは驚きの美味しさでした(>▽<)b 酸味がやや控え目なのも良かったかも知れません。 ラード炒めならではのコクと風味も、自宅ではなかなか頂けない、お店焼そばならではのお味でしょう。

福味 味噌汁

一緒に供されたお味噌汁は、心持ち味濃いめ( *´艸`) 程良くお出汁も効いていて、良きサイドサポートになってくれます。 完食こそ致しましたが、終盤はなかなかの手強さでして、この日の夕食もちょっと控え目に・・・( ̄▽ ̄i)ゝ




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る




今日は3.11 「東日本大震災」から2年となりました。 全国意識調査では、「東日本大震災の復興は終わった」とする解答が59%にものぼったといいます。 復興は終わった? そうではなくて、「自分には関係無くなった」でしょ? と思わずツッコミを入れたくなります。 直接被災した人達にとっては、何も始まっていないと言う意見が大勢だと思います。

政局が変わり、経済事情も変わり、ボクらの国を取り巻く国際事情も変わりました。 日々の暮らしの中で、目にしていたものも、その姿を消して再生の足掛かりさえ見えないこともあります。 思うところは筆舌に尽くしがたいものがあるのは、皆様も同じかと思います。

今日の日はあの日に突然未来を奪われてしまった方々の為に、深い哀悼の意を持って思い返してみます。 たまたま生まれ育った場所がここであり、あの日あの場所に居なかっただけの幸運な私達です。
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

この日のランチは遅れに遅れて19時くらいになっちゃいました(>▽<;; 立ち回り先から近い処は~σ( ̄、 ̄=) おっ?「花カツミ」さんがあるじゃないですかぁ~♪(*゚▽゚*) って事で、こんばんやぁ~ヾ(^▽^*

朝食を摂ってから10時間も経っていますものでお腹はペコペコね(^◇^;) 勢いでお願いしたのはこちらですよ。

「のりラーメンセット (850円)」 ※白ごはん・生卵・お漬け物のセット

花カツミ のりラーメンセット

ラーメン・ライスに生卵まで添えちゃったバージョンですね(*^▽^*) リクエストするラーメンに170円増しでセットして貰える、たっぷり楽しみたい派にはとってもありがたい派生メニューです。

花カツミ のりラーメン

丼の縁に立てられた海苔は、常連客には“防風林”とも愛称されるほど立派なもの。 この海苔をスープに浸して適度に味を移した、白ごはんと共に“海苔ロール・ライス”で頂きます(>▽<)b

花カツミ のりロールライス

海苔とご飯の間にチャーシューを仕込みますと、より一層ゴージャスな味わいを堪能出来ますから、どうぞお試しになってみて下さいv(o ̄∇ ̄o)♪

花カツミ のりラーメン

ごはんセットで頂く時の定石は、中華麺(中太)のゴマ風味仕様と決めています。 自然派トンコツスープは、人を驚かせるようなインパクトはありませんが、臭みのカケラも無くジワァ~~っと品の良い旨味を伝えて来ます。 ゴマ風味を所望しますと、ゴマ油も加わり油膜は厚めとなりますが、それで尚諄さのカケラも無くスッキリとした後味なのは花カツミさんの真骨頂です。

花カツミ のりラーメン

結構沢山載せられている茹でモヤシの下から、中太中華麺を引き出します。 中太麺と表記されてはおりますが、標準的な範疇で見ますと中麺程度です。 ですから食感には強靱な歯応えやインパクトはありません。 この品の良い自然派トンコツスープの持ち味を損なわない、やや控え目ながらも程良い歯触りと舌の上を転がるような楽しい印象が伝わって来ます。

スープは心持ち塩味のアクセントがありますが、前述の茹でモヤシから迸るような水分で、良い具合に中和されてバランスを整えています。 全て完食したら、思いの外に満腹になりまして、この日の夕食は思い切り控え目に摂る事になりました( ̄▽ ̄i)ゝ




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 花カツミ
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る

 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

幸運にもランチタイムに立ち回れました( *´艸`) ここは長沼街道沿いの「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんです。 暖簾の掛かる寸前(ちゃんと開店時刻)に入店しちゃったから、言わば“シャッター破り”か?( ̄▼ ̄|||) でも嫌な顔一つされなくて良かった良かった(* ̄∇ ̄*)

Fu-Ro-Ya

さて、こちらではこのところほぼ毎月、何かしらメニューの組み替えが頻繁に行われています。 この日も前回はリリースされていなかった新作を見つけましたので、迷わず所望してみる事にしましたよo(*^^*)o

「あご節黒支那 (750円)」※中細麺仕様

Fu-Ro-Ya あご節黒支那

その名の通り、「あご」と通称される「とびうお」の節粉ブレンドですw( ̄▽ ̄;)w 実はこの「あご」なのですが、今までそう多く頂いた事がありません。 よって、その個性を理解するには至っていなかったのですが、本作ならきっとどなたにも分かり易く体感して頂けそうですよ。

ビジュアル的には、いつもの「黒支那」に準じたもの。 漆黒スープに節粉が浮いています。 載せモノもいつもと同じ。 柔らかチャーシューに、しんなりと甘じょっぱいメンマ、紅白ナルトに刻み白ネギ&カイワレ、そしてトレードマークの揚げ玉ね♪( *´艸`)

Fu-Ro-Ya あご節黒支那

あご節なのが分かるのは、節粉にキラッ光る銀鱗の余韻が残っています。 このあご節がスープの熱で思い切り活性しまして、豊かな香りと旨味をギュギュ~~ッと絞り出していますw( ̄▽ ̄;)w ちょっとニボシにも通じるニュアンスはあるのですが、よりダイナミックな押し味が小魚っぽさを感じさせません。

Fu-Ro-Ya あご節黒支那

麺は中細麺か中太麺から選べますが、店主・木村さんのお薦めに任せて中細縮れ麺です。 プツプツッとリズミカルな歯切れの良さと、舌触りの心地良さと共に、あご節スープを程良く口の中に届けてくれます(*^▽^*) あご節のインパクトが強く感じられますので、豚ガラ&鶏ガラ出汁のベーススープを意識することは少ないかも知れませんが、しっかりと底支えにはなっています。 ここに漆黒醤油ダレが合わさりまして、なかなかの多重湊的な旨味を楽しませてくれました。

そうそう、今月の営業はまた変更があるようです。 夜の部でのラーメンは平日は20時以降の対応となり、金曜・土曜・祝前日はラーメンのみのご利用はご勘弁頂くとのことです。 もともとが居酒屋さんですので、本業重視と言う事で、温かく見守ってあげてくださいな♪




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

とら食堂 ~福島県白河市双石滝ノ尻~

拙筆のBlogが書き綴られ始めた約7年前にたった一度だけ訪問して以来、ようやく2度目の訪問を果たしました。 ここは白河市の大御所というよりも、もはや福島県を代表する全国メジャー・ブランドと言っても過言では無い「とら食堂」さんです。

とら食堂

その月日の流れは、初訪問の時には小学生だった無芸家の二人の子供達が、共に大学・高校へ進学するってくらいのインターバルです(;´艸`)ぁぁぁ もはやほぼ初訪問に近いほど別モノになっていても良さそうなのですが、この日はまさに“目から鱗が落ちる思い”をする事となりました(>▽<;;

言うまでもなく「とら一門」と言われるお弟子さん達を多く輩出しているご本尊な訳でして、直系、孫弟子を含めたら、県内だけでもどれだけの広がりがあることでしょう。 お陰で私達は“とら食堂の味筋”を身近で楽しめる訳ですし、微妙な個性の違いさえも楽しみの一つでさえあります(〃∇〃)

でも刮目すべきは、この一大ブランドたる「とら食堂」が、自ら店舗を増やすことなく、初代よりこの地でただ一軒だけの“唯一無二のとら食堂”であり続けている事でしょう。 “お店は店主の等身大の表現”に沿った経営方針なのでしょうか。 そんな「とら食堂」でも常に進化を続けている事が分かったのは、この日最大の収穫でした(# ̄ー ̄#)

「手打中華そば+半熟煮玉子 (660円+100円)」

とら食堂 手打中華そば+半熟煮玉子

なんと華やかな色彩でしょうか!w( ̄▽ ̄;)w 丼のデザインと色遣いにあたるまで、素晴らしいビジュアルで迫ってきます。

とら食堂 手打中華そば+半熟煮玉子

これが「とら一門」のご本尊かぁ~と思うと、感慨も一塩です(//∇//) 何と緻密な・・・ そして晴れ晴れとした姿には、思わず心中感嘆致しました。 毎年150杯以上のラーメンを撮り続けて来ましたが、こんなにも美しいと思える出会いは、極めて稀な事なんです。

とら食堂 手打中華そば+半熟煮玉子

スモークして煮込まれた煮豚は、縁に赤身の生成されたモモ肉。 スモーキー・フレーヴァーは意外にも穏やかで、薄切りにスライスされた効果もあって、軽く噛んだだけで噛み切れます。 舌の上にジワッと醤油テイストを感じさせつつ、決して過分な味付けにはなっていません。

メンマはちょっとクラシックな仕立て方。 極ほんのりとエグ味の後味も意図的な残し方としか思えません(⌒▽⌒;) 色鮮やかなホウレン草も定番の載せモノ。 鶏出汁スープを蓄えたところを口に運びますと、これまた美味なるお味です。

とら食堂 手打中華そば+半熟煮玉子

半熟煮玉子は「載せて良かった♪( *´艸`)」と納得のお味。 幾分サッパリ系のスープに何一つ不満のカケラもありませんが、トロッとした黄身さえも濃厚さよりも後味の軽快感を感じさせます。 格別の味変ツールであり、味幅の広がりを存分に楽しめる逸品です。

とら食堂 手打中華そば+半熟煮玉子

実は一番ブッ飛んだのがこの麺です!(゚ロ゚屮)屮 7年前とは全く別モノ? 確かに方々から耳に伝わっていたお話からしても、かなり変化している事は予測可能でしたが、いきなりトップレベルの麺にブチ当たりましたw( ̄▽ ̄;)w

以前よりも麺線の細くなった平断面の中麺は、ちょっと透き通る美しい仕上がり。 軽く縮れが掛けられていますが、スープを衣服にはね飛ばすほどではありません。 滑らかな舌触りと共に、驚きのモチッとした歯応えがあり、それは長い時間維持されていました。 この麺線でこれだけの歯応えを感じさせられるとは望外の事。

昔の記憶では、ひたすらツルツルとした滑らかな舌触りしか残っていませんは、(まぁそんなものか?)って印象しかありませんでした(;ーωーA まさか歯応えが加わった麺になっているとは・・・

スープの印象もかなり変わっています。 旨味の押しが確実に増幅し、鶏ガラ、丸鶏、少量の豚ゲンコツなどで自然派仕立てだそうですが、極端に華やかな鶏出汁のイメージが先行しない、滋味で楽しませるような印象に思えました。 その上で、醤油ダレのシャープさは影を潜め、良く練れたコクさえ感じさせる味わいになっていました(>▽<;;

とら食堂

なんだか7年前とは良い意味で別なお店に来ちゃった感じでした(⌒▽⌒;) 足繁く通い続けておられる常連様方には、このレポートがどのように感じ取られるか不安でもありますが、ボクの中では以前の印象とは大きく異なる、圧倒的な存在感を楽しませて頂きました。 帰り足の車内でも、その余韻を脳裏で楽しんでいたほどです♪(>▽<)b




とら食堂
福島県白河市大字双石字滝ノ尻1
TEL;0248-22-3426
定休日;月曜日
営業時間;【昼の部】11:00~14:30、【夜の部】16:00~18:00 ※ 材料がなくなり次第閉店
駐車場;40台
終日店内禁煙


大きな地図で見る
 

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

今年二回目の訪問となる、磐梯熱海温泉郷にある「お食事処 武蔵亭」さんです。 中山峠を渡ってきた風が、谷を渡る事で更に流速を速めるのでしょうか、この日は強風が吹き荒び、向かう車中も突然軽トラが風の壁で減速するような場面さえありましたノ( ̄0 ̄;)\ まあ雪混じりでは無かったのは幸いでしたよ(^◇^;)

武蔵亭

さてこの日はいつもの漆黒系ラーメン・支那麦では無く、以前からチャンスを窺っていた揚げ物系を所望してみましたよo(*^^*)o 何度かご紹介していた通り、こちらは以前トンカツ専門店としてスタートした経緯があり、その片鱗は今でもヒレカツの美味しさに見いだすことが出来ますヾ(^▽^*

「ミックスフライ定食 (850円)」

武蔵亭 ミックスフライ定食

揚げ立てサクサクでご提供~(〃∇〃) 流石はその道のプロだけあって、その揚げ上がりの良さは一目で判ります。

武蔵亭 ミックスフライ定食の味噌汁
 
お味噌汁も定食向きの誂え方で、軽く押しのある味わいですが、決してしょっぱい事はありません。 ご飯のお供にピッタリね♪

武蔵亭 ミックスフライ定食

実は何が載ってくるのか分からないままに所望しちゃったんですが、手前から右奥に向かって、メンチカツ、ヒレカツ、イカフライとなっていました。 キャベツの千切りも一緒に盛られており、まさにミックスフライのビジュアルの王道です(* ̄∇ ̄*)

武蔵亭 ミックスフライ定食

メンチカツのパン粉は細め、ヒレカツとイカフライは粗めと使い分けがされています。 練り辛子はちゃんとお皿の縁に鎮座してくれて幸せ( *´艸`) ここで小袋のカラシで供されちゃうと、お弁当でもあるまいし、お店で頂くっていう興が削がれてしまいます。(←無芸基準(^▽^;)ゞ)

卓上に配された自家調整のソースをヒタッと掛け回し、件の練り辛子をお箸で塗り広げたなら、迷うことなくオン・ザ・ライスだ!O(≧▽≦)O

武蔵亭 ミックスフライ定食

ウマイわぁ~!O(≧∇≦)O 揚げ上がりの良さは言うまでも無し。 このソースの甘辛具合と、適度にユルくされた粘性のお陰で、ちょっと多目にソースを含ませても素材の味が消し飛ばないのね。 イカフライの肉厚なところを噛み切る食感。 ヒレカツの柔らかな歯切れの良さ。 メンチカツの肉汁たっぷりな滑らかな舌触り。 三種三様の美味しさを楽しめましたv(o ̄∇ ̄o)♪




武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
電話;024-984-5030
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど


大きな地図で見る




無芸の仕事場近辺では、下水道管の洗浄清掃が行われています。 こんなインフラ・メンテナンスを行ったのは久しぶりでは無かったかな?σ(゚・゚*) 以前は何時行われたのかさえ思い出せません。 そんな訳で、駐車場へと続く路地も、時間によっては通行止めになるなど、二日間ほど不便がありました。

でも他に迂回路が無い袋小路となっている駐車場ですもので、交通誘導員さんにお願いして、一時作業を中断して貰い、車を通して貰わねばなりません( ̄ω ̄;) 訳を聞いて貰うと、交通誘導員さんが作業監督の許へと走り、通して貰える事となりました。

そんでもって、路地から脱出しようとした時、交通誘導員さんが声を掛けて来ました。

「無芸君だよね? お久しぶり! Oです(^^)」

(えっ? Oさんって言えば、昔々ボーイスカウトでお世話になっていたリーダーさんのOさん?!(〇o〇;))

一瞬固まったボクの様子に、Oさんはマスクをずらして顔を見せてくれました。

「あ゛ぁ゛~~!? O先輩ぢゃないですかぁ~!w( ̄▽ ̄;)w」

確かボーイスカウトを退団した中二を最後に、お目に掛かる機会さえありませんでしたが、確か3、4歳年上で良く面倒を見てくれた人気の高いリーダーさんでした。 さすがに35年もの年を経て、互いに劣化しているのは当たり前ですが、お声を掛けて頂けたのはありがたいものです(*^_^*)

O先輩はお仕事中ですから、雑談を持ちかけるものご迷惑になるでしょう。 車をサッと移動させてしまってから、自分がO先輩とは気付かずに、どのような物言いをしていたかをジトッと思い出してみます(;ーωーA

(ほんのさっきの事なのに、良く覚えていない!(;´艸`)ぁぁぁ)

こらぁ~、ちとヤバかったかも知れねぇ~なぁ~と思いつつ、自動販売機で温かいコーヒー缶をポチして、寒風の中立っているO先輩の許へとお届けしました( ̄▽ ̄i)ゝ いや驚いたわww
 

平安食堂 ~福島県郡山市大槻町土瓜~

このところご無沙汰していた大槻町の「平安食堂」さんを訪問致しましたヾ(^▽^* 勿論、避けていたのではなくて、昨年秋頃から一層の事客入り上々となりまして、立ち回っても車をデポするスペースが埋まっていたり、完売暖簾落ちなどに阻まれていただけです。

平安食堂

この日は運が向いていたようで、すんなりと入店出来ましたよ(*゚▽゚*) 店主・伊勢野さんの姿がありませんでしたが、ほんの少し前に上がられたと言う事でした。 でも相変わらずお元気と言う事で何よりです(*´∇`*)

若手がアシストしているって話は、以前から耳には入っていたのですが、もしかすると伊勢野さんのご子息様ではないでしょうかね?σ( ̄、 ̄=) ちゃんとお尋ねしなかったので、安易には言えませんが、会話の端々からはそれっぽさが感じられました。

「ワンタンメン (600円)」

平安食堂 ワンタンメン

うん♪ いつも通りのワンタンメンですヾ(^▽^* 豚ゲンコツから引いた清湯スープは、濁りのないクリアな姿です。 ご覧の通り、惜しげもなくタップリと張られたスープのお陰で、窮屈そうなイメージは皆無です(*^▽^*)

平安食堂 ワンタンメン

ほとんど油浮きの無いスープは、伝統のスッキリテイスト。 鼻腔に届く香りは、ほんのりと醤油ダレのニュアンスです。 意図的なのか幾分醤油ダレは控え目に使われていますが、卓上に醤油ダレが配されており、お客が好みで調整するってのがお店の掟ですww

平安食堂 ワンタンメン

小振りなモモ肉チャーシューは、醤油味が適度に染み入っており、ちょっと歯応えのあるタイプですが、決して筋っぽい訳ではありません。 まさに昭和の面差しを今に伝える生き証人のような仕立てなんです。

平安食堂 ワンタンメン

ワンタンは少量の餡が包まれていますが、メインは皮の舌触りにアリです。 割と厚みのしっかりとした皮ですが、滑らかな舌触りを楽しめるって事で、お客様からのオーダー率は極めて高いものです。

平安食堂 ワンタンメン

この平断面の中細縮れ麺がまた超個性派! 一杯出しということもあってか、この日の茹で加減はまさに絶妙O(≧▽≦)O 勢い良く啜り込みますと、麺がまるでのたうち回るように踊りながら舌の上をくすぐります(>▽<)b この食感は他に経験出来ない楽しみの一つなんですね。

淡麗な豚ガラ清湯スープと、この消化の良い麺の組合せだからでしょう。 食後に胃の重さを感じさせません。 派手な特徴がある訳では無く、ついつい足を運んでしまう魅力のある一杯なんですね。




平安食堂
福島県郡山市大槻町土瓜49-1
営業時間;11:00~18:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に4台分


より大きな地図で 平安食堂 を表示
 

ますや本店 台新店 ~福島県郡山市台新~

久しぶりに暖簾を潜った安積高校向かいの「ますや本店 台新店」さんです。 “黒いの”を堪能させて頂こうと思って訪問した訳ですが、カウンター席に陣取って店主・柴原さんと挨拶を交わしたら、何やら“秘匿兵器”を見せて下さると言う事で、喜んで所望させて頂きましたよo(*^^*)o

ますや本店 台新店

これがですね、“漆黒系ラーメンの旗頭”と言うべき「ますや本店」から繰り出されてくるとは、全く想像さえしていなかったシロモノw( ̄▽ ̄;)w もうボクの中ではブッ飛んだってくらいの驚きでしたよ(^◇^;)

「むかし醤油そば (600円)」※細麺指定

ますや本店 むかし醤油そば

ほらぁ~~!ヾ(^▽^* まさかの端正な支那そばですよ♪( *´艸`) 透明感さえ感じ取れるような清湯スープに醤油ダレを合わせれば、黄金色の淡い色合いとなり、確かにその名の通り“むかし風”かも。

ますや本店 むかし醤油そば

クラシカルな仕立ての中にも、瀟洒な盛りつけの美しさが伝わって来ます。 驚くべき事と言うべきか、そもそも「ますや本店」自体が個性的だったせいでしょうか、本作はベーススープと醤油ダレは丼で合わせます。

はい、常連のお客様方やラーメンファンには知れ渡っている通り、既存のメニューではスープと醤油ダレは寸胴で直に合わせているのが『ますや本店流』でした。 ここで敢えて標準的なスタイルを採ってきたのは、店主・柴原さんがイメージする味がこの方法をヨシとしたからでしょう。

ますや本店 むかし醤油そば

それが単なる思いつきで進められたのではなく、詰めに詰めた作品であるのは、実はこの刻みネギ一つを知れば容易に察する事が出来ます。 淡麗なスープの味わいを活かすが為に、ネギは芯を抜いて刻まれるという念の入れようですノ( ̄0 ̄;)\

イイ感じに丼の表面に浮いた油膜も嬉しいところ。 このベーススープは鶏ガラのみから引かれているそうです。 よほど温度管理を厳にしていたのでしょうね。 ご覧の通りの透明度の高さです。 勿論香り立ちにも不惑の香気成分は看取されず、「鶏ガラのイイとこ取りましたヨ♪」って伝わって来ますヾ(^▽^*

ますや本店 むかし醤油そば

モモ肉チャーシューは直径小さめのこれまたノスタルジックな出で立ちです。 カット厚は既存メニューに準じていますが、煮込み方は幾分控え目にしているみたいです。 端正で控え目な醤油味スープをビックリさせない配慮が行き届いています。

ますや本店 むかし醤油そば

麺は店主・柴原さんのお薦めに従い、細麺の固めでお願いしました。 これがもう合わない理由が全く無し!(((*≧艸≦) 滑らかな舌触りとザクッとした歯触り、そして麺にタップリと持ち上げられる端正な鶏ガラ醤油スープが、口中に満ちて来るんです。 正に口福O(≧▽≦)O

じわぁ~~っと広がる鶏出汁の旨味は押し味こそ感じられませんが、半歩退いた奥ゆかしさにこそその真意が見えます。 合わされる醤油ダレは、意図的に生醤油っぽいシャープなニュアンスも残されているようですが、味わい自体はマイルドで控え目な効き方に終始します。

どちらかというと、強烈と言うことは無いにせよ、それなりに印象的な余韻に満ちた「ますや本店」の味の系譜に一石を投じるであろう、淡麗系鶏出汁醤油味です。 これがご店主様の心象風景にも残る“むかし醤油そば”なんですね(*´∇`*) 何となく分かる気がします。

ますや本店 店主・柴原氏

数量限定で明日[2013/03/05]より販売開始となりますヾ(^▽^* 淡麗マイルド系のますや本店スタイルを、お楽しみになってみて下さい。




ますや本店 台新店
福島県郡山市台新1丁目176-4
電話;なし
営業時間;11:30~19:00 ※スープ無くなり次第終了
 ※土・日・祝の11:30~15:00は店内全面禁煙
定休日;月曜日


大きな地図で見る
 

【御案内】第9回写団ふくしま写真展・青砥照男写真展

只今郡山市内で開催中の写真展の御案内です。 「第9回 写団ふくしま写真展」郡山会場は、郡山市駅前のビッグアイの市民ふれあいプラザで開催中です。

第9回 写団ふくしま写真展 郡山会場

本日訪問して参りましたが、さすがに手練れのカメラマンとしてその名を知られるメンバー様方ですw( ̄▽ ̄;)w 作品は全て全紙以上のプリントされており、そのインパクトもさることながら、どの出品作も隙のない緻密な作品ばかりでした。

もうここまでのレベルになりますと、ボクにとってはお勉強になるとかってものではなく、ただただ見学者としてその作品の情景に引き込まれてしまい、楽しい気持ちで見続けていました(*´∇`*) 出来る事なら、再訪してもう一度じっくりと作品を見る事を楽しみたい! そんな素晴らしい作品ばかりでしたよ。 こちらは明日[2013/03/03]までの開催となっております。 素晴らしい風景写真を是非ともご覧下さい。

第9回 写団ふくしま写真展
会期;2013年3月1日(金)~3月3日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 (3月3日は16時まで。)
会場;ビッグアイ6F 市民ふれあいプラザ
   郡山市駅前2-11-1 TEL;024-922-5544






また、開成柏屋のギャラリー「アトリエかしわ」では、青砥照男写真展「足跡」が開催されています。 数々の受賞歴をお持ちで、後進の指導でも知られる辣腕カメラマンさんですので、素晴らしい作品を見せて頂けるものと思います(*^▽^*) ボクも何とか訪問させて頂きたいと思っています。

【追記】3月3日に訪問して参りました。 テーマ「足跡」の意の通り、初の個展から10年目を迎え、その足跡を振り返りつつ、写真との向き合い方を変えていく為のマイルストーン的な出品内容となっています。

青砥氏の代表作が一堂に展示されており、その作品の数々からは風景の中から空気が漏れ伝わって来るかよようです。 主にボクらが良く足を運んでいる北塩原エリアでの撮影が多く、とても馴染み深い場所ではありますが、青砥氏のように撮れるかと言われれば、“奇跡の条件”でも整わない限り絶対に無理です(>▽<;;

コンペティションでの入選作が多数展示されておりますので、これも紙焼きで直接見られる絶好の機会でもあります。 また来場するお客様も引きも切らず、気になった作品についてお話を伺う隙さえありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ 会場内には多くのお花が寄せられており、青砥氏の人望の厚さを感じさせます。

青砥照男写真展「足跡」
会期;2013年2月27日(水)~3月4日(月)
公開時間;10:00~17:00
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり




大きな地図で見る