FC2ブログ

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

東京国体の冬季大会からスピードスケート競技を割譲された熱海アイスアリーナでは、本県の選手が大いに活躍しておりました。 不便な練習環境の中にあって現役高校生も頑張りましたね。 とても立派でしたよ(*^▽^*)

選手団の皆様の多くは、地元・磐梯熱海温泉郷にお泊まり頂けたのもありがたかったところです。 大会中はかなり大荒れのお天気が続きましたが、無事大会が終了したのは何よりでした。

この大会が終わった後、数日間の穏やかな天候のお陰で、路面状況は一気に改善は致しましたが、大会期間中は会場周辺は集中的な除雪作業が掛けられていた一方、選手の宿営地たる磐梯熱海温泉郷は、丸きり放置されていたそうですノ( ̄0 ̄;)\

お宿毎に敷地内の除雪は行うでしょうけど、限られた人員配置の状況下で、公道の除雪にまではとても手が回ろうはずもありません。 選手の皆様は、会場周辺に隣接しているこの温泉郷をどのように思われたでしょうかね?(〇o〇;) 確かに会場周辺の除雪だけで手一杯だったのでしょうけど、もっと統括的な行政支援が必要だったのでは無いでしょうか? ちなみに磐梯熱海温泉郷が当市にもたらす温泉税は、年額約一億円と聞いたことがあります。 勿論、事業税などは別で、純粋に温泉の利水だけで、納付されている税収です(^◇^;)

と余計な心配はそこそこにしておきまして、折角「磐梯熱海温泉郷」に行ったのなら、やはり立ち回っておきたいお店が「お食事処 武蔵亭」さんです( *´艸`)

武蔵亭

珍しくお昼時に暖簾を潜りましたら、店内はなかなかの賑わいでしたよ。 やはりご家族連れのお客様が多いのですが、お仕事途中に食事を摂りに来るお客様も少なくありません。 自分を含めてですが、やはりリピーター様方が大勢を占めているようですね。

「支那麦 (630円)」

武蔵亭 支那麦

漆黒系スープに、旨味成分をたっぷりと含んだ油膜がステキです(>▽<)b 何せ約二ヶ月ぶりの訪問むですもので、その魅惑のビジュアルに見惚れてしまいそうです(*´∇`*)

武蔵亭 支那麦

バラロールチャーシューは、ちょっと厚めの切り口でして、スープで温められてしまうと、もはや元のカタチのままで箸で持ち上げることは絶対不可能ヾ(´▽`;)ゝ 脂質の旨味と肉に染みこんだ醤油テイストの美味しさは、数ある“チャーシューの美味しいお店”の中でも筆頭レベルに違いありません( *´艸`) さすがは元トンカツ専門店で腕を鳴らしただけの事はあります♪

武蔵亭 支那麦

メンマは柔らかく仕立てられており、ちょっと甘めの味付けが心地佳く楽しめます。 豚ガラベースのスープは、人を圧倒するような“押し味”こそありませんが、舌の上に広がったスープは、ジワァ~っと旨味の華を咲かせます。 天然素材にこだわるご店主様ですので、妙な甘味や旨味が後味に付きまとうことはありませんv( ̄∇ ̄)ニヤッ

武蔵亭 支那麦

麺はお約束のやや加水率低めの中細ストレート麺は、ザクッとした歯応えと共に歯切れ、小麦の香りがおんのりと感じられます。 この日の麺はまた秀逸でして、終盤までダレを知らないかのような食感を楽しませてくれましたw( ̄▽ ̄;)w

漆黒スープは塩味に円やかさがあり、濃厚な醤油のフレーヴァーが脳天直撃ってくらいに香ります(((*≧艸≦) ほのかな魚介の風味と旨味が、甘味を伴って後から広がって来て、得も言えぬ緻密な旨味を楽しませてくれます。 お店を後にしてからも、口の中にはその余韻がとどまって、幸せな味の記憶はしっかりと刻み込まれますO(≧▽≦)O




== 移転しました == 郡山市で「支那そば墨家」に改名 アーカイヴとして残しておきます
武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど