ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

このところ着実にリピターを集めている「ボルドー」さんです。 前回に引き続き、今回も夜の部も早々に訪問したのですが、既に先客様がおられました(*^▽^*) いやぁ~、これはファンとしても嬉しいですね♪

ボルドー

昨年暮れに頂いたきりになっていた「白湯ら~麺」ですが、今回はちゃんと一晩寝かせたスープで頂きますよ(>▽<)b さて、どんな風に表情は変わっているでしょうか?

「白湯ら~麺 (750円)」

ボルドー 白湯ら~麺

おっ?炊き出ししたてよりも、スープの色合いが濃いですね♪ 白湯の名に相応しく、ニゴリ具合がよりハッキリと見とれます。

ボルドー 白湯ら~麺

お約束通りにスープの表面にはコラーゲンの膜が張っています。 ある程度の油膜は張っているはずなのですが、店内の気温が低い訳でもないのに、ちょっと湯気が立ってきます。 良く炊き上げた鶏ガラの香りが感じられますが、決して濃密に押してくる感じでは無く、あくまでも品の良さを失わない一線で踏み止まっています。

ボルドー 白湯ら~麺

スープは確かに前回の炊き出したてよりも、一味マイルドで少し複雑味を感じさせます。 一度自然放冷して一晩寝かした効果は確実に伝わって来ました。 塩味は突出せず、この非乳化白湯スープの軽快で品の良い旨味をバランス良く楽しませてくれます。

ボルドー 白湯ら~麺

多加水系中細麺はツルッと滑らかな舌触りで、このスープを塩梅良く持ち上げてくれます。 特別な思い入れで向き合うと、意外なくらい素っ気ない。 後味もサラリと諄さのないキレの良いお味です。 では印象に残らないのかと言えば、確かにインパクトこそ強くありませんが、実は毎日でも飽きずに食べ続けたくなるような不思議な引力を秘めた作品でした(*^▽^*)




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
      ※日曜日は昼の部のみの営業で14:00まで
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

定例のローテーション先「みたか食堂」さんです(*^▽^*) この日はいつもの水戸黄門TIMEのハズなのに、テレビは栃木県北部地震の速報を映し出していました。 そりゃあM6.2もあったなんて、聞いたコチラもビックリでしたわ(;´艸`)ぁぁぁ

みたか食堂

さて、本当は攻略したいメニューがあるのですが、このところちょいと辛い系には注意を払っておりますので、暫く体調と相談しながらいつかは頂いてみたいと思いつつ、手堅い美味しさのコチラを♪

「カツカレー (800円)」

みたか食堂 カツカレー

おぉ~~?!w( ̄▽ ̄;)w カレー・ルーがお皿の縁から寸止めで止まっているわぁ~(>▽<)b 遠慮無しにたっぷりと掛け回して頂けるのも嬉しいところです。

みたか 味噌汁

この日のお供は、いつものワカメスープではなく、わかめのお味噌汁でした♪( *´艸`) これがまた、出汁と言いお味噌の具合と言い、非常に素晴らしい頃合いでしたよ。

みたか食堂 カツカレー

何度も登場しているカツカレーですが、総量120g程度の手頃なサイズで、勿論仕立て揚げをしてサクサク状態です。 ここに卓上配置の自家調整のやや甘口ソースをタラッとな(〃∇〃) とんかつ自体もカツらしく楽しみ、中毒カレーを堪能致します。

みたか食堂 カツカレー

この日もブレのない“Hot,Sweet & Spicey”なカレー・ルー(((*≧艸≦) あぁ、このカレールーならば、レトルトにしてくれたなら、箱で買います!( ̄∇ ̄*)ゞ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

麺処 中華惣菜 若武者 ~福島県二本松市本町~

荒天に見舞われた日曜日、ちょいと遅めのランチを摂りに二本松市の麺処 中華惣菜 若武者」さんを訪問致しました。 市内から混雑をする国道4号線を迂回して、国道4号線バイパス日和田交差点にパスしようと、田んぼの中の農道を走りましたら、強風(この日は風速23mを記録)で作り上げられた吹き溜まりに出くわしてビックリする事にヽ(@ω@;)ノ

巧い具合に回避出来ましたが、ボンネットくらいの高さに積み上がった吹き溜まりでしたので、ドォ~~ン!と突っ込んでいたらタダでは済まなかったかも(;´艸`)ぁぁぁ 吹きさらしの真冬の農道の怖さを再認識致しましたよ(^◇^;)

麺処 中華惣菜 若武者

さて、その後は順調に走りまして、二本松に到着してみるとほとんど降雪は無かったようですw( ̄▽ ̄;)w もしかすると安達太良の山並みが雪をふるい落としてくれたのですかね?

この日はお目当てメニューがございまして、最初からソレ狙いでございました♪ 前回訪問の折に店主・山本さんから予告はされていたのですが、来月からリリース予定の限定メニューが一歩早く頂けるという誘惑が・・・ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

「青森シャモロック鶏中華 (700円)」

若武者 青森シャモロック鶏中華

あい♪(〃∇〃) ボクの大好きな、鶏出汁の醤油味ですのん(((*≧艸≦) もう目前に供されたとたんに、豊かなチー油の油膜に引きずり込まれそうでしたよ(>▽<;;

若武者 青森シャモロック鶏中華

怒濤のチー油の海に散らされた白ネギのみじん切りがステキです。 鼻腔に届く香りは、まさに鶏出汁の濃ゆい香り。 注意深く炊き出されたようで、スープは澄んだ透明感が見て取れますし、その味わい自体もひたすら品の良さが伝わって来ます。

若武者 青森シャモロック鶏中華

店主・山本さんの一ひねりの効いた載せモノは、ご覧の鶏チャーシューですね♪ ロール状に整形して二日間生姜ペーストに漬け込んでから蒸し上げ仕立てにしたそうです。 その柔らかさと共に、鶏皮からの程良い脂質感、そして生姜テイストはシンプル仕立ての鶏スープに一服のアクセントを飾ります。

若武者 青森シャモロック鶏中華

青森シャモロックの丸鶏から引いた出汁に、控え目な醤油ダレの組合せは、押し味に富むようなインパクト系の味に非ず、ひたら澄んだ繊細な味のバランスの中で、高品位な鶏出汁の旨味を堪能出来るものです。 そんな中で最も濃厚な味わいを放つのはこの半熟煮卵(*^▽^*) 緩急を付けるのに巧く効いています。

若武者 青森シャモロック鶏中華

麺は軽く縮れの入った中細麺が組み合わされており、淡麗繊細な鶏出汁の味わいと良くマッチしていると思います。 “隙あらば替え玉”と思っていたのですが、飲んでも飲んでも喉が渇かないスープについついレンゲが進んでしまい、替え玉を泳がせるだけのスープは残せませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

この「青森シャモロック鶏中華」は、これまでイメージされてきた「若武者」さんの味のコンセプトとは一線を画すほど異なる味わいに思えました。 これはもしかすると「二代目 若武者」ってくらい、別な店舗のキー・コンセプトを示唆しているかも知れません。 そんな見方で食べてみるのも一興な鶏中華です( *´艸`)

「大将餃子 2人前 (250円X2)」

若武者 大将餃子

毎度の美味しさ♪ 漬けダレ要らずでそのまま楽しめちゃうんですよねv(≧∇≦)v




麺処 中華惣菜 若武者 (Blog)
福島県二本松市本町2-86-1
電話;0243-22-7107
営業時間;【昼の部】月~土=11:30~14:00
     【夜の部】月~木=17:00~21:00(L.O.)
           金・土=17:00~23:30(L.O.)
      【日曜日】=11:30~20:00(閉店) ※通し営業
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;水曜日が基本ですが、店主のBlogでご確認下さい
駐車場;店舗横に8台分ほど


大きな地図で見る
 

逢瀬川の結氷

ここ3日ほど真冬日が続き、底冷えのするような寒さが続いております。 昨日こそは久しぶりの写真撮影と思っていたハズなのですが、これまた荒天に阻まれました(T△T) 磐越西線は運転見合わせになるは、磐越自動車道は通行止めになるはの大騒ぎですヽ(@ω@;)ノ ここ郡山でも雪が舞ったり、強風に晒されたりの1日でしたね( ̄▼ ̄|||)

一夜明けて、今朝の冷え込みもナカナカのもの。 朝のルーティン配達に出掛けて見れば、無芸の仕事場の近くを流れる逢瀬川の様子が?Σ( ̄△ ̄lll)

(えっ?これって氷結してるの?!ノ( ̄0 ̄;)\)

永年この地に住もうておりますが、川岸では無くど真ん中の川面が結氷している様子には気付いた事がありませんでした( ̄□ ̄;) 午前中の仕事を終えて仕事場に戻ってから、カメラを持ち出して撮って参りました。

逢瀬川の川面結氷
<↑ Clickで拡大>

写真では今ひとつ分かり難かろうとは思いますが、川面が氷結して氷の上に水鳥が立っていますヽ( ̄▽ ̄i) 右岸の岸辺はかろうじて結氷していませんが、多分川の曲率で流速が早かったり、午前中の乏しい日照で温められて解氷したのかも知れません。

逢瀬川の川面結氷
<↑ Clickで拡大>

国道4号線の橋の上から上流に向かって撮影していますが、これはもう少し先の位置。 風で波立つ部位は未結氷ですので、手前側の結氷が確認出来ます。 こうして観察してみますと、水位が低かった事と極度の冷え込みに加え、強風の吹きつけで氷結した氷片が、流速の緩やかな川のカーブの内側に押し寄せて固まったと予想されます。

背後に国道4号線の車の流れを背負って撮影していると、意味ありげな車のクラクションが短く1Shot聞こえました。 ふっと振り返ってみたら、Blog仲間のhorikoshiさんが通りかかってたわヾ(´▽`;)ゝ 良く気が付いたネww

忘れススキ
<↑ Clickで拡大>

河原に降りて周囲を探索してみると、やはり川のカーブの内側は結氷し易いみたいです。 水鳥も氷の上をペタペタ歩いていますし、頭上の国道とは異なり長閑な時間が流れている不思議(^^)

冬の逢瀬川
<↑ Clickで拡大>

家路を急いでいるであろう女学生の自転車は、思いの外なかなか素早い走りです(^◇^;)
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

この日は何故か朝食時に食欲が無くて、そのまま仕事に就いてしまったもので、久々のアヒルゴハンになっちゃいました( ̄▼ ̄|||) ってか、この時点で完璧に夕刻ですね・・・

郡山大勝軒

いつものローテーション先「郡山大勝軒」さんの暖簾を潜りまして、これまたいつもの定番嗜好品を所望致しましたよ( ̄▽ ̄i)ゝ

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

まあいつも通りのステキなビジュアル(>▽<)b 魚介系の心惹かれる香り立ちが漬けダレ丼から立ち上ります。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

訪問する時間帯によって、多少のユラギはあるものの、雑味感の少ない動物系の出汁の効き方は、今やどなたにもお薦め出来るほどに洗練度を上げています。 個人的な好みだったバラロールチャーシューですが、何年も通っている内に次第にモモ肉チャーシューの魅力を知る事となりました。 ここ郡山大勝軒のモモ肉チャーシューは、厚手のカットでも、決して固かったり筋っぽかったりする事は無いんです( *´艸`) モモ肉チャーシュー≒固いと認識しておられる皆様にこそ、お試し頂いてみたいものです。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

この日の麺は、仕立て上がりから約半日を経過しており、麺線が心持ち細くなった気がしますが、麺を噛み込んだ時の弾力を伴う歯応えは極めて秀逸でしたv(≧∇≦)v 好みもあるでしょうけど、少々寝かせた麺のグルテン活性した食感も、食べ手の心に訴えかけてくるものがあります。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘酸っぱくほんのりと辛味を効かせた漬けダレは、東池袋大勝軒のアイデンティティーを受け継いでいます。 ボクはいつもここに酢をレンゲに2/3杯とラー油を少々加えます。 これで甘いニュアンスがより一層引き立ち、漬けダレのディテールが鮮明になります。 良かったらお試しになってみて下さいヾ(^▽^*

それはそうと・・・ カウンター越しに工藤店長と会話をしていたら、以前からのボクの知り合いで、驚くほどの大食家の青年が、最近足繁くこの暖簾を潜っているそうなんですね(⌒▽⌒;) その彼の食べっぷりは、今も衰える事知らずだと分かりました。

郡山大勝軒の「特盛」は600gの麺量ですから、最近ボクが所望している「中盛」の2倍あります。 彼はその特盛りの上「ダブル特盛」=1.2kgを難無く完食して行くのだそうです(〇o〇;) しかも漬けダレは一杯でイケちゃうのだそうですw( ̄▽ ̄;)w 勿論、丼一杯では盛りきれないので、丼もダブルなのだとか・・・( ̄▼ ̄|||) 彼の快進撃は止まらない・・・




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る




土日と喜多方で開催されていた「第13回蔵のまち喜多方冬まつり」の目玉イベント『全国ラーメンフェスタ2013』ですが、こちらには昨年の「ふくしまラーメンショー2012」でも人気を博していた「麺家いろは」さん、「けいすけ北の章」さんの出店に加え、ここ「郡山大勝軒」の暖簾元(?)「東池袋大勝軒」さんも出店していました。

そしてその会場には初代・山岸一雄氏から二代目を世襲した飯野敏彦氏が来場していると言うではありませんかw( ̄▽ ̄;)w これは出来る事なら馳せ参じたいと思っていたのですが、昨日は雪と強風のため、JR磐越西線は運転が見合わせになるは、磐越自動車道の一部区間では通行止めとなるはの大荒れの天気(`・ω´・ ;)

至極残念ではありましたが、とても喜多方へ向かう気持ちにはなれず、グダグダと過ごしてしまいましたorz そんなボクを慰めてくれたのはこの本(*´∇`*)

猫ぐらし Vol5

毎日チェックを事欠かない「アメショっす!」(URL)で、銀ちゃん&ラムちゃんの掲載が知らされていました♪ 久しぶりに猫系の本を買ったった(* ̄∇ ̄*)  あぁ~、和むわぁ~
 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

すっかり昼食を摂り損ねてしまい、何とか暖簾を潜ったのは19時を軽く回っていました( ̄▼ ̄|||) 約1年ぶりの訪問となりますが、ここは郡山市堂前の金透小学校向かいにある、創業60年越えという老舗「御食事処 不二家」さんです。

御食事処 不二家

ボク自身はこんな時間に不二家さんを訪問するのは勿論初めてでしたが、ネクタイ族の先客様方が食後をユルりと楽しんでおられたりしまして、常連の方々が食事を楽しむと共に憩いの時を過ごす場にもなっていることを実感しました( *´艸`)

夕刻近くにつまみ食いしてしまったファミチキのお陰なのか、空腹感はあるのに食欲がナカナカ湧いてこないという状況下、サラリと頂けそうなコチラを所望♪

「支那そば (550円)」

不二家 支那そば

到着と同時に、チャーシューの煮汁を思わせる華やかな醤油の香りが届きます。 伝統の支那そばは、その全てがまるでお手本のような定石通りの仕立て上がりです。

不二家 支那そば

脂浮きの少ないスープは、鶏ガラと豚ガラから炊き出されたベーススープと言います。 醤油ダレは濃口醤油と淡口醤油をブレンドしているそうですが、以前よりも若干その色合いは薄くなっている気がします。 塩味はやや控え目とされていますが、程良い角の立たせ方を残していますので、物足りなさも無くスープを完飲する方には歓迎されそうです。

不二家 支那そば

ほんのりとロゼ色を残したチャーシューは、モモ肉でしょうね。 意図的にやや薄目にカットされますと、モモ肉の弱点ともなりえる食感の固さから解放されます。 外側は軽く味の浸みたものですが、芯の部位はその色合い通りに柔らかな肉質を実感出来ます。

不二家 支那そば

ツルッとした滑らかな舌触りの多加水系ストレート中細麺は、優しい支那そばのスープを程良く持ち上げてくれます。 スープの甘味がジワァ~っと口中に広がりますが、これは野菜なのかコンブなのかは分かりかねます。 派手な印象こそありませんが、バランス良く整った味わいこそが、伝統暖簾の底力とも言えそうですヾ(^▽^*




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150


大きな地図で見る
 

四川名菜 天心 ~郡山市安積町荒井~

広い新店舗に移転して以来、2回目の訪問となる「四川名菜 天心」さんです。 誠に恐ろしき事に、前回の訪問から1年2ヶ月が経過しておりましたヽ(@ω@;)ノ この日は行き当たりバッタリではなく、最初からココと決めての訪問でしたので、夜の部の一番客で入店です。

四川名菜 天心

広大なパチンコ屋さんの駐車場の一角にありますので、当然車は駐め放題♪(゚▽^*)ノ⌒☆  駐車場の心配なしってのは気が楽なものですね。 暫くご無沙汰していた内に、新メニューがリリースされていたのは承知でしたが、何せインターバルが長すぎましたので、手堅く看板メニューを所望させて頂きましたよ(*^▽^*)

「ミニ・マーボー丼付きラーメンセット+担々麺変更 (1,150円+150円)」
(ミニ・マーボー丼、担々麺、ザーサイ、杏仁豆腐)

天心 ミニ・マーボー丼付き担々麺セット

ちょっと弱気に麻辣マシの四川仕様にしませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ どうしたことなのか、最近は強烈な辛味のある食物を摂るとてきめんに消化器系にダメージが来ます( ̄ω ̄;) 好きなのに手加減をしなきゃならないのは、何とも残念なのですが、自分の身体のことですので受け入れざるを得ません。

天心 担々麺

超粘性ゴマゴマ仕様ってほどではありませんが、過不足のないウェルバランスの担々麺は、麻辣テイストはほんのおまじない程度に抑えられており、辛味を苦手とする方でも、本格四川の味筋を彷彿とさせるニュアンスは楽しんで頂けるはずです。

天心 担々麺

麺はご覧の通りの平断面で、麺線は中麺ほどとなります。 ラーメン専門店さんのような際立つ食感こそありませんが、滑らかな舌触りと共に、極上の担々スープを見事に口に運び込んでくれます(>▽<)b 挽肉は甘じょっぱい味付けの中に生姜テイストが仕込まれています。 刻みネギの下敷きになってしまいましたが、ホウレン草のおひたしが添えられており、これがまたとても良い具合にスープとマッチします。

麺量自体は130gほどでしょうか? 軽く頂ける程度のボリュームですが、白ゴマペーストをあしらった担々スープは、胃袋に納まりますと意外にも重量感があります。 後からジワッと効いてくるタイプですねヾ(^▽^* マイルドな口当たりの中にも、キラリと光る四川料理のツボを押さえた、名門“四川飯店”の名に恥じない秀逸な一杯でした。

天心 ミニ・マーボー丼

今回はミニ・マーボー丼もセット致しました♪( *´艸`) 以前よりも地味ぃ~にボリューム・ダウンしているっぽいのですが、以前が“ミニであってミニに非ず”ってシロモノでしたので、決して不足にも感じませんでした。

天心 ミニ・マーボー丼

豆豉の効き具合がちょっと控え目になっていたせいか、お味も以前よりも幾分マイルドな印象でした。 それでも花椒のまぶしてあるところを頂けば、麻辣WORLDの入り口がチラ見えしますよv( ̄∇ ̄)ニヤッ




四川名菜 天心
福島県郡山市安積町荒井字大池3
電話;024-945-9296
定休日;毎週月曜日営業時間;【昼の部】11:00~14:00、【夜の部】17:30~20:30
駐車場;敷地内に共用スペースが広大に


 

サッポロラーメン コタン ~福島県郡山市中町~

前日の「ふじみ食堂」さんへの訪問が引き金となりまして、約1年ぶりの訪問をした「サッポロラーメン コタン」さんですヾ(^▽^* 当地で40年に亘り暖簾の掛かる押しも押されぬ老舗のラーメン専業店さんですね。 国道4号線と桜通り交差点側という立地も、今では永らくそこに鎮座するお店もほとんど無くなり、まさにこの地の生き証人の風格さえ感じられるほどになりました。

サッポロラーメン コタン

この日は最初からターゲットは決めておりましたよ( *´艸`) このところそのDEEPさに目覚め始めたアレが、この老舗でも楽しめるのですから♪

「焼きそば 大盛 (600円+50円)」(スープ付き)

コタン 焼きそば 大盛

エコ暖房な店内ですので、盛大に白い湯気が立ち登りますヽ( ̄▽ ̄i) ソースは野菜と麺をしっかりと炒め合わせた最後に振られているようでして、最初にフワッと漂うくらいで、徐々にソースの香りは飛散します。 色合いはご覧の通り、ちゃんとアンバーカラーに染め抜かれていますねヽ(*’-^*)。

コタン 焼きそば 大盛

共添えされるスープは、期待通りのワカメスープ♪(゚▽^*)ノ⌒☆  ラーメンのベーススープにより近い味が楽しめますね。 今回初めて鶏ガラ出汁なのを確信しました。 軽くエッジの立った醤油ダレで調味されており、これがまたなかなか趣深いモノがございましたよ。

コタン 焼きそば 大盛
 
さて久しぶりの“大盛CALL”をしたのですが、実は以前の経験から、コタンさんの大盛は、決して人をビビらせるような盛りっぷりではないと思っていたからです。

お箸を小山のような焼きそばの中に差し入れて、麺を掴んで持ち上げようとすると、ズシッ!と重い手応えが?!∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ アレレ? もしかするとやっちまいましたかね?( ̄▼ ̄|||)

確かに麺がパラッと捌けるタイプではなく、ちょっとウエットな仕立てでしたので、麺がやや固着しているっぽいです。 そこをエイエイッと捌き別けまして持ち上げた麺です。 残念ながら“伝家の宝刀・手打ち麺”ではありませんでしたが、味の染み渡り方に長けたやや平断面の中麺でした。

ソフトでしなやかな舌触り。 しっかりと炒め合わせられた野菜からの甘味が、麺の中に旨味として取り込まれているではありませんかw( ̄▽ ̄;)w これはこれで、極めて個性的で素晴らしい仕立てです! 油分は意図的なのかかなり控えられていますので、しっとりと滑らかな焼きそばに感じられました。

麺量は私の想像を超えていました( ̄▽ ̄i)ゝ お陰で望外の満腹感を堪能出来ましたよ♪ この大盛仕様がたった50円のADD ONってのも伝統暖簾の心意気ってものでしょうか(>▽<)b

唯一残念だったのは、カレーライスがメニュー落ちしていた事(_ _。)・・・シュン あのカレーライスも充分に個性的だったんですけどね。 って事で、カレー焼きそばに持ち込む事は出来ないようです(`・ω´・ ;)




サッポロラーメン コタン
福島県郡山市中町8-2 吉川ビル 1F
電話;024-932-5176
営業時間;11:00~19:00
定休日;不定休


大きな地図で見る
 

ふじみ食堂 ~福島県郡山市細沼町~

以前の訪問より、随分とインターバルが空いてしまいましたが、ここはさくら通りから南側に並行して走る道路沿い、大型ショッピングセンター「ザ・モールこおりやま」の近くにある「ふじみ食堂」さんです。 近隣は閑静な住宅街とオフィスやシティーホテル、公園や官庁などが集中するエリアです。

ふじみ食堂

なりは“昭和風味の食堂”ですが、低廉な価格設定と派手さは無いけどヒタヒタに食べ手の心に寄り沿う味わいで、お昼時の客入りは未だに衰える事を知りませんヾ(^▽^* 唯一残念な事と言えば、ご店主様と永らく連れ添っていた女将さんが先立たれてしまった事ですが、現在はピークタイムは娘さんがお手伝いして支えているそうです。

「手打みそラーメン (500円)」

ふじみ食堂 手打みそラーメン

久しぶりの訪問ですので、看板メニューを所望致しましたよ♪ これだけの味噌ラ~が1コインで頂けるのは望外の喜びです(*^▽^*)

ふじみ食堂 手打みそラーメン

たっぷりの野菜をスープで煮込んで作ります。 しかもモヤシまみれとい違い、キャベツやニンジン、そして豚バラ肉が入っていて、仕上げにはコーンが載せられて来ます。 このコーンの存在も、サッポロみそラーメンっぽさを伝えて来ます。

ふじみ食堂 手打みそラーメン

決してラードの油膜がある訳でも無く、過分で違和感の漂うような旨味に満ちている訳でも無く、素っ気ないくらいの味噌汁っぽいスープなのですが、前述の大量の野菜から染みだしてくるクール・ブイヨンよろしきナチュラルな旨味と甘味は、他には代え難い個性となっています。

ふじみ食堂 手打みそラーメン

麺は幅広なキシメンを思わせる太麺で、適度な縮れが掛けられています。 もう広く知られるところとなりましたが、この麺は義弟にあたる国道4号線沿い中町の「サッポロラーメン コタン」さん謹製のもの。

口に運べば、ピロピロどころでは無く、のたうち回るような舌触りw( ̄▽ ̄;)w ほんの数年前なら“暴れん坊麺将軍”と呼ばれていたかも知れません(>▽<)b 本家のコタンさんよりも、常にやや固めの茹で加減なのも比較したなら面白いところです。 勿論スープも又それぞれが個性を持っていますので、ご興味のある方は連食で確かめてみるのも一興かと思います。

この茹で加減固め麺が意外とプツッとした歯切れの良さが楽しめたりするのですが、とにかくお野菜満点ですので、ほぼ必ずと言って良いほど野菜を一緒に口に運ぶこととなります。 って訳で、少しばかりラーメン専業店さんの仕立てとは異なる、地元密着の食堂ラーメンの素晴らしさを再認識させられる一杯ですヾ(^▽^*

少々残念と言うか、いよいよか?という話ですが、3月1日より価格改定が行われるそうです。 アベノミクスは、こんな伝統暖簾の食堂にも影を落とし始めました(´□`;) ともあれ、まだ暖簾が繋がり続ける事を喜ぶべきかも知れません。




ふじみ食堂
福島県郡山市細沼町7-11
電話;024-923-6870
営業時間;11:00~18:00
定休日;日曜祝祭日
駐車場;店舗南側の一軒隣に5台分


大きな地図で見る
 

中華飯店 自由軒 ~福島県郡山市安積町荒井~

ようやく初訪問が叶った、安積町荒井の「中華飯店 自由軒」さんですヾ(^▽^* ここは内環状線沿いと呼んで良いのでしょうか? 真向かいにはヨークベニマル荒井店がありますので、分かり易い場所かと思います。

中華飯店 自由軒

駐車場は店舗前に5台分かな? でも1台分はご店主様夫妻の趣味なのか、プランターで埋め尽くされていて、実質4台しかデポ出来ませんヽ( ̄▽ ̄i) まあその辺はご愛敬と言う事でww

まだ夕食時にはちょっと早いくらいの時間でしたので、難無く車をデポ致しまして、初めて暖簾を潜りました。 シニアのご夫妻が切り盛りされているようですが、お品書きを一瞥しますと、極めて良心的なお足で整えられていました。 一先ず今回は、最優先課題メニューを頂かねばなりませんので、迷うことなくコチラを。

「焼肉定食 (650円)」

自由軒 焼肉定食

なるほど、これは見るからにコスパが素晴らしそうな♪(〃∇〃) 久しぶりに白飯のドンブリ盛りに出会ったわ(*^▽^*) お味噌汁は椀では無くて小丼ってあたりも変わっています。 濃ゆぅ~~い味付けを予想させられる焼肉を見据えてか、このお味噌汁は少々薄味仕立てとなっておりましたよ。

自由軒 焼肉定食

これが噂に聞いていた自由軒の焼肉です(*゚▽゚*) 豚ロース肉に下味を付けて粉をまぶしてから焼き、最後の仕上げの段階で特製味噌ダレを加えて一気に仕上げるようです。 この豚ロース肉は2枚載せられており、肉厚は3mm程度で総量で120g程度ではないかと思われます。

盛りっとしたビジュアルは、焼肉の下に隠れている千切りキャベツの底上げです。 ちょっと驚いたことには、焼肉と千切りキャベツの間には、ハーフカットのハムが挟まっていましたw( ̄▽ ̄;)w サラダにはハムの組合せは、佳き昭和の伝統かもv(≧∇≦)v

自由軒 焼肉定食

ちょっと甘めの特製味噌ダレは、ニンニクペーストや豆板醤などがブレンドされているようです。 ニクニクの情報は既に良く知られていましたので、ある程度心して頂いたのですが、思いの外ニンニン臭に強烈さはありませんでした。 これくらいの残り香でしたら、食後のエチケット対策次第で、ランチ時でも頂けちゃうかも知れませんヾ(^▽^*

さて、お味の方はと言えば、その赤い色合いから想像してしまいそうなHOTさなどは無く、甘じょっぱさとニンニクや香辛料からのピリッとした辛味、そして味噌ベースの旨味が渾然一体となって、お肉の脂質などからも旨味が訴えかけられます。 また一番の驚きは、思ったよりもコッテコテの濃ゆい味わいではなかった事。 適度に抑えが利いていて、味噌ダレだけで丼ご飯が一膳頂けます♪といった強烈さまではありませんでした。 つまりは、肉を肉らしく食べられるって事ですね( *´艸`)

自由軒 焼肉定食

能書きはさておきオン・ザ・ライスだぁ~♪(゚▽^*)ノ⌒☆

あれっ?σ(゚・゚*) ごはんが美味しい(((*≧艸≦) これもちょっと嬉しいポイントでした。

お肉には5条ほどの隠し包丁が入っており、味噌ダレの絡みの良さと共に、お箸でも難無く割り捌ける心遣いが見えますネ。 勿論これがご飯に合わないハズも無く、モリモリと美味しく頂きましたよv(≧∇≦)v 所謂“爆盛り”のようなボリュームはありませんが、昭和世代の心を鷲掴みにするような、郷愁溢れる一品でした(>▽<)b




中華飯店 自由軒
福島県郡山市安積町荒井字西原山4-7
電話;024-945-4858
営業時間;11:00~20:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分


大きな地図で見る
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

このところ休日は無芸大食倅の進学・引越の準備の為、品定めや買い物・発送手配に追われています(>▽<;; 懸案の通学用のスクーターもようやく決まりまして、発注手配も済ませる事が出来ました。 まあイマドキの男子は身の回り品への注文が事細かいなぁ~と思っていたのですが、同じく今春お子様が新生活を迎える親御様方とお話をしてみますと、どうやらウチの倅だけが特別な訳では無いようですw( ̄△ ̄;)w

女子は女子で食器のデザインやら色柄は勿論、新居自体の生活をデザインしちゃうみたいですし、男子はモノの機能よりもやはりデザインに心惹かれるようなんですね(⌒▽⌒;) はい、ヲヤジはもう倅のアレコレ要求に抵抗することを諦めました( ̄ω ̄;) 自分で段取って事を進めるチカラを養ってもらいましょう。

さて、鬼リピのようになってしまいましたが、お馴染みのテッパンローテーション先「麺屋 信成」さんです。 倅に“地元の味を植え付けるプロジェクト”の一貫として、どうしても味わわせておきたくて暖簾を潜りました(←大袈裟ヽ( ̄▽ ̄i))

麺屋 信成

「麺屋 信成」さんに子連れ(ボクよりも背が高いけどww)でお伺いするのは、郡山の現店舗に移転されてから初めてのことです。 アハハ( ̄▽ ̄i)ゝ やっぱり女将さんが喜んでくれました。 そう遠からず、倅が単騎でこのお店の暖簾を潜るようになるかも知れません。 まぁ、面通しもしておかなきゃねヽ(*’-^*)。

バリエーション豊富なメニューの中から、彼が何を選択するかは確かに興味あるところでしたが、やはりインパクト系に行きましたww 佳きかな、佳きかな♪ ボクはと言えば、6連続となってしまうけど、今や完全なEvergreenの地位に固定されたコチラをヾ(´▽`;)ゝ

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

家族連れだったので、いつもと違うテーブル席に入ったら、外光が入ってしまいまして、ちょっと色合いが変調してしまいました( ̄□ ̄;) その点はちょっとお許しを頂きたいと思います。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

まあいつも通りの漆黒スープ( *´艸`) 豊かな醤油の香り立ちと、ほんのりと甘ささえ感じさせる濃厚なのに諄さや塩辛さを感じさせない、素晴らしいスープです(>▽<)b

麺屋 信成 黒醤油らーめん

白ネギがシャクシャクとした歯触りを楽しませてくれたり、大振りな拍子切りメンマは程良い甘味で味覚を呼び覚ましてくれたり、隙のないバランスの良さもいつも通りです。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

加水率低めの中細ストレート麺もザクッとした歯触りと共に、この漆黒スープに良く馴染みます。 ほんのりと小麦粉の香りが感じられるのもステキなアクセント。 薄切りにされたモモ肉とロース肉のチャーシューは、味の染み入りも勿論ですが、この張りのある麺の食感と違和感無く寄り沿っていますねヾ(^▽^* いつもながら、素晴らしい一杯を楽しませて頂きました。

「ゆで餃子 (5個/400円)」

麺屋 信成 ゆで餃子

この日は家内と倅の加勢がありましたので、喜んで所望しちゃった♪(゚▽^*)ノ⌒☆  プリッとした皮の食感、ちょっとニンニクのインパクトのある餡、そして胡麻ドレッシングに近いソースに薬味ネギ。 ウホホv(≧∇≦)v これは美味しいね♪ 家族連れの多い週末には、オーダー率がぐっと高まるのも納得です。




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

お馴染み押しも押されぬ人気店「支那そば 正月屋」さんを訪問ですo(*^^*)o このところすっかり心奪われてしまった「塩そば」ですが、今回は少しばかり変化球で楽しませて頂きました♪

支那そば 正月屋

とは言え、それは特別なことでは無くて、どなたでも所望することが出来る仕様です。 デフォで太麺が組み合わされているところに、件の細麺をお願いしてみましたよ。

「コク辛そば (800円)」※細麺指定

正月屋 コク辛そば

久々のコク辛そばですヾ(^▽^* 仕立て上がりは特に変わった様子もなく、いつも通りに期待の膨らむビジュアルです。 この日はカウンター席でも、たまたま釜前に座しましたので、あの細麺の茹で時間をさり気なく観察してみたら、正味一分ほどで麺上げされていました(⌒▽⌒;) やっぱりそんなものでしょうね。

正月屋 コク辛そば

豚ナンコツチャーシューは、見事に炊き上げられており、ナンコツ自体がプリッと柔らかな食感になっています。 サッと湯がいたモヤシにメンマ、ニラをパラッと盛って、「これでドウよ?!(`・ω´・ ;)」ってくらい大量のラー油を振りまきます(^◇^;)

正月屋 コク辛そば

まあ、お陰で丼表面は真っ赤っかぁ~( ̄▼ ̄|||) 辛い系が苦手な方には、このビジュアルだけでゴメンナサイされそうですww 伊達鶏ベースのスープに白ゴマペーストを加えて、小鍋で加熱された一点仕上げでそりゃあもう熱々で供されます。 その熱いスープに熱せられたラー油からは、ちょいとキケンな香りが漂って来ますよ(>▽<;;

正月屋 コク辛そば

そんでもって、これが期待の細麺仕様(*゚▽゚*) そりゃあもう、塩そばと同じくザクッとした歯触りが楽しめて、正に秀逸! やはりこの細麺は一頭地抜く素晴らしい麺ですね( *´艸`)

あまりにスープの持ち上げが良いものですから、何時にも増してスープのHOTさがドォ~~ンと口中に広がります(≧Д≦ノ)ノ 最初はてっきりラー油の入れすぎだったのではないかと思ったほどです(`・ω´・ ;) でも実際にはこの細麺の特性がそうさせている事が分かりました。

辛い系がお好きな方には、その面白さを是非とも味わって頂きたいものですが、一般的な辛味耐性の方には“辛さ控え目CALL”をお薦めしておきます。 いや、とっても美味しかった! さすがは正月屋さんです(>▽<)b




支那そば 正月屋
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;(昼の部)11:00~15:30、(夜の部)17:00~20:45


より大きな地図で 支那そば 正月屋 を表示
 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

約一ヶ月ぶりの再訪ですヾ(^▽^* ここは「支那そば でんでん」さん。 昼食を摂るのが何時にも増して遅くなった時は、仕事場からもほど近いので助かりますo(*^^*)o

順当に行けば、今回は塩ラ~をチェックする予定だったのですが、暖簾を潜って店内に入れば、漂う醤油の香りが鼻腔に届いてしまったものだからもの抵抗出来ません(;´艸`)ぁぁぁ サイドメニューのミニカレーも魅力満々たではありますが、もう醤油スイッチが入っちゃいましたので、ストイックに麺を貪りたく・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

「支那そば 大盛 (650円+100円)」

でんでん 支那そば 大盛

“大盛CALL”をしますと、丼の表面まで麺が盛り上がるほど♪(〃∇〃) ステキすぎ(((*≧艸≦)

でんでん 支那そば 大盛

極味さえ感じさせるこの日のスープは、まさにアタリと言えるほどの押し味に富んでいました。 油膜の層もとてもイイ感じに張っています。 これでデフォですから、油膜強化は要らないでしょう。

でんでん 支那そば 大盛

大振りなロースチャーシューは、この日も絶好調♪ その柔らかさと言い、染み入る醤油テイストと言い、完全にお店の看板になりましたね(>▽<)b

でんでん 支那そば 大盛

青山製麺のやや加水率低めな中細麺は、ビシッと湯切りされて、頃合いの茹で加減ですよ。 プツプツプツッとリズミカルな歯切れの良さと、ほんのり小麦粉の風味を伝えて来ます。

鶏ガラや丸鶏からとったと思われるスープは、もともと滋味深い旨味を楽しませてくれていましたが、この日の醤油ダレはいままでで一番キリッとシャープな味わいがあり、ほの甘いベーススープと素晴らしいハーモニーを楽しませてくれました。

醤油ダレ自体にも、旨味がしっかりと効いていて、前述の通りそれは“極味”と感じられる類のものでした。 大盛で醤油ダレを強めに効かせたからなのか、それとも醤油ダレが少しばかり若かったのか?σ(゚・゚*) 塩味の濃さもほとんど崖っぷちのバランスで、もうほんの少し強かったら「塩辛い」いんしょうになっていたかも知れません。 何れにせよ、今までとは違った側面を楽しませて頂き、ボク個人としては極めてゴキゲンでしたよ(*^▽^*)

この地で再び暖簾を掛ける事1年2ヶ月。 着実に味わいを進化させているのが良く分かります。 もはや市内でも第一級のラーメン専門店さんと言えるでしょう。 それが証拠に、仕事場へと戻る間に、その余韻を噛み締めながらつい無意識に「旨かったなぁ~( *´艸`)」と独り言が口を突いたこと数回w( ̄▽ ̄;)w




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
営業日;土・日・祝日
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分


 

大山食堂(だいせん) ~福島県郡山市富久山町~

旧4号国道沿い富久山町福原地内の「富久山行政センター」入り口角にある「大山食堂」さんを初訪問致しました。 「大山」と書いて「だいせん」と読みます。 この地に暖簾を掛けて30年以上になるのではないかと思います。 既に老舗の域に入っていますが、後継者の二代目様が初代夫妻と共に元気に働いておられますヾ(^▽^*

大山食堂

近隣への出前も多いようで、この日の夜の部でも時間を見計らっての出前配達が行われていました。 初代のご主人様は、地元の洋食系レストランで活躍なさっていたとの事で、その片鱗は食堂の名を冠した中でも随所に散りばめられています。

また二代目様は、市内の某人気中国料理店のシェフの元同僚と聞いております。 彼からの紹介もあって、訪問機会を狙っていたのも事実です( ̄▽ ̄i)ゝ 洋食畑の初代と中華畑の二代目が腕を奮っているのですから、そのバリエーションの広さは推して知るべしでしょう。

初めての訪問でいきなり迷いに迷わされるほど、魅力的なお品書きの数々(>▽<;; 麺類には、担々麺、白醤油ラーメン、カレーラーメンに五目あんかけ焼きそばなども。 またオムライス、エビピラフ、ナポリタンやカレーライスなど、昭和の洋食の流れを汲むメニューもバッチリですヽ(*’-^*)。

迷いに迷った挙げ句に、今回所望してみたのはコチラ。

「チキンカツ定食 (850円)」 ←チキンカツ好き♪(〃∇〃)

大山食堂 チキンカツ定食

ほらね♪ ドンブリ飯では無くて皿盛りライスが洋食畑の心意気を示しています( *´艸`)

大山食堂 チキンカツ定食

たっぷりと供される味噌汁は、この日はナメコ汁でした。 湧かしたて熱々ですもので、ウッカリ油断して口を付けようものなら、そりゃあ大惨事にもなりかねません(←経験者ヽ(@ω@;)ノ) ネギや水菜が配されていて、所謂ヤッツケ感は全くありません。

大山食堂 チキンカツ定食

ジューシーな肉汁と柔らかな肉質のチキンカツは、モモ肉の部位を巧みに整えてあります。 パン粉は荒目ではなく細目が使われるあたりも洋食チック。 シャクッとした歯触りと共に、ソフトな弾力を感じさせながら肉汁を迸らせつつ歯切れる様は、まさに“カツレツ”と言うに相応しい仕立て上がりです(*^▽^*)

卓上に配されたソースは、トンカツソースに醤油をブレンドした感じで、スパイシーさや粘性は控え目で、醤油由来のシャープな塩味が加わったキレの良い辛口タイプです。 共添えされる千切りキャベツとポテサラ、マヨネーズに、二種類のドレッシングが用意されます。 キレイに切り幅の揃った千切りキャベツの一つをとっても、丁寧な仕込みをなさる親子であるのは明白でした。

このチキンカツ自体は、決して人を驚かせるような盛り盛り加減ではありませんが、確かな仕立ての良さをヒシヒシと感じさせてくれます。 昭和風味の食堂の風情をたたえつつ、実質的な仕立ての確かさは、ある意味ギャップさえ感じさせるほどですよ(^◇^;) 魅惑のお品書きが沢山ありましたので、根気良く訪問しながら、一つ一つ楽しんでみたいお店です。




大山食堂
福島県郡山市富久山町福原字泉崎12
電話;024-933-8104
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~19:30 ※日曜祭日は19:00まで
定休日;火曜日
駐車場;店舗裏に3台分


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

今月初登場の「みたか食堂」さんです。 暖簾を潜る寸前までは、カツカレーを頼んで、トンカツにはテーブル配置の特製ソースをタラっとな♪( *´艸`)と考えていたはずなのですが、店内に入ってメニューボードを見たとたんに気変わり( ̄▽ ̄i)ゝ

カレーと自家製ソースをもっともっと楽しみたくなっちゃいまして、少々強引なオーダーと相成りました( ̄▼ ̄|||)

「焼きそば (600円)」

みたか食堂 焼きそば

そのまま頂けば、ラード炒めならではの膨らみのある味わいと共に、タップリ野菜からのナチュラルな甘味が楽しめる焼きそば♪

みたか食堂 焼きそば

モヤシ、キャベツ、豚バラ肉を麺と共に強力なバーナーで炒めて、水分を残さずにパラッと仕立て上げる手練れの技です。 青のりがこれまたタップリと振られておりまして、その風味の強さも一緒に楽しめます。

みたか食堂 焼きそば

ソース味は若干控え目にされていますが、ここで卓上の自家調合ソースをタラッとな(〃∇〃) 程良い甘味と豊かなソース風味が行き渡りまして、至極幸せな焼きそばを堪能出来ますよ(>▽<)b

みたか食堂 スープ

例によってたっぷりとワカメが仕込まれたスープもメチャ旨(((*≧艸≦) 喉を詰まらせることなく、そして味覚のリフレッシュメントとして、ありがたいサポート役だったりします。

「半カレーライス (350円)」

みたか食堂 半カレーライス

もうこのカレーライスにどっぷり首ったけです♪(゚▽^*)ノ⌒☆  本当に中毒性が高いですね。

みたか食堂 半カレーライス

この日も“Hot,Sweet & Spicey”なテイストは冴えまくりでして、二点合わせると結構なボリュームのはずですが、難無く完食してしまった自分が恐い(;´艸`)ぁぁぁ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

無芸大食倅が当地を離れるのも、もうそんなに先の話ではなくなって参りました。 こやつがいつの間にか“ラ~メン愛好家”になっていたのはボクにとってはちょっと意外でしたw( ̄▽ ̄;)w そんな訳で、まだ食べた事が無さそうな、それでいて郡山ならではというお店になるべく連れて行こうと思っています。

中華そば 春木屋 郡山分店

手始めに連れ立ったのは「中華そば 春木屋」さんです。 倅は初めての訪問のはずなのですが、メニューを読み取りながら、伝家の宝刀・中華そばをALL DEFAULTではなく、いきなり小技を入れて来ましたよΣ(゜▽゜;) 細麺・麺硬め・油多目だと( ̄▽ ̄i)ゝ こしゃくなww まあともあれ、印象的な美味しさだったようですので、先ずは何よりです(^^)

さてボクはと言えば、すっかり魅了されてしまったコチラを所望致しました♪

「しお中華そば 大盛 (700円+0円)」 ※細麺を選ぶと大盛無料♪

春木屋 しお中華そば 大盛

手塚さんのご厚意で味玉インでした( ̄▽ ̄i)ゝ それにしても相変わらずの並々具合で、正直なところ一瞬たじろぐほどです( ̄▽ ̄ii)

春木屋 しお中華そば 大盛

ラードの油膜がたっぷりとしており、丼からは湯気さえ立ちません(^◇^;) バラ肉チャーシューと柔らかい極上メンマが麺を覆い尽くすビジュアルもステキです♪(゚▽^*)ノ⌒☆ 油膜の隙からニボシの香りが鼻腔に届き、あの美味しかった記憶が瞬時に甦ります。

春木屋 しお中華そば 大盛

やや加水率低めの細麺で、ザクッとした食感が楽しめます♪( *´艸`) スープは繊細サラサラ系と言うよりも、豊かな旨味とギリギリの塩味が際どいバランスを保っています。 動物系の出汁の底力とニボシの華やかな旨味が素直に引き出された味わいは流石です(>▽<)b




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり


 

麺家はなまる ~福島県郡山市堤~

実は何度となくフラれている「麺家はなまる」さんの暖簾を巧いこと潜れました( *´艸`) 何気に新作が繰り出されているのは承知ですが、とにかくそのペースに追いつけないんですね( ̄▽ ̄i)ゝ

麺家はなまる

今回は最初から目当てが決まっていましたので、心揺らぐこともなく所望させて頂きました。

「からし味噌ラーメン (750円)」 ※一日10食限定

はなまる からし味噌ラーメン

鍋を振るってラードで挽肉と共に味噌ダレを炒め、スープを注いで一点仕上げで作ります。 分厚いラードの油膜のお陰で、スープから湯気が立つ事さえありませんw( ̄▽ ̄;)w

はなまる からし味噌ラーメン

辛子やニンニクと共に練られた辛子味噌が添えられますので、好みのタイミングでスープに溶きながら頂くも佳し、麺に直接絡めて頂くも佳しです( *´艸`) 辛子味噌を溶く前の味噌スープは、人を驚かせるようなHOTさはありません。 ただひたすら口中に広がるのは、量感溢れる味噌とベーススープの旨味感です。

はなまる からし味噌ラーメン

載せモノのチャーシューは、適度な脂身も残されていて、程良く醤油味が染み入っています。 勿論、スープで温められたチャーシューは、柔らかさもさる事ながら旨味も活性してきて、見事なお手前ですヾ(^▽^* 軽く別茹でされたモヤシはシャクシャクとした歯触りと瑞々しさがあり、刻みネギのエキスさえも、この焦がし味噌スープの芳醇な味わいの中にあっては、甘味に感じられるほどです。

はなまる からし味噌ラーメン

“一日10食限定”とされる由縁は、この麺にあるようです。 麺生地に辛子を練り込んであるそうですよ(⌒▽⌒;) その色合いからは、特にソレらしさは看取出来ませんが、舌の上で麺からピリピリとした辛さが伝わって来ます。

熱々で押し味に富むスープに組み合わせられると、麺自体からの辛味なのかはなかなか分かり難いのですが、食べ進めていく内に(ははぁ~~ん♪(〃∇〃))と判るようになって来ます。

麺自体の歯応えもモッチリとしたもので、味噌ラ~用としてしっかりとマッチしていました。 とにかく素晴らしく美味しかったのは、やはりこの焦がし味噌スープ!(>▽<)b 辛さレベルは一般的な尺度で、一般成人の方がお手上げになる事は無いはずです。 ちょっとパンチの効いた味噌ラ~をお求めでしたら、この一杯は至極の選択になるかも知れません(*^▽^*)

「ミニ豚バラ丼 (150円)」

はなまる ミニ豚バラ丼

これはもはや“サービス・メニュー”と言うしかありませんノ( ̄0 ̄;)\ 適度に乱切りにされたチャーシューを“オン・ザ・ライス”して、チャーシューの煮汁をタラツと♪(〃∇〃)

ラーメンと共に頂きますと、結構なボリュームになりますので、完食に不安のある方は麺量を控えて貰うのも一興です。 そうしてまで食べてみる価値のあるサイドメニューですよヽ(*’-^*)。 また、ガッツリとイケちゃう方なら、ミニサイズに非ずレギュラーサイズも用意されているのも嬉しいところでしょう。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家はなまる
福島県郡山市堤3-171-2
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分


より大きな地図で 麺家はなまる を表示




昨日まで安積町の「安積総合学習センター」で「読売民友写真クラブ (YMPC)」さんの写真展が開催されていました。 新聞社の名を冠している通り、新聞各紙にも地元からの写真提供をされている、ハイアマチュアのメンバー様方のクラブです。 まあボクからしたら、メンバー様方は殿上人ってくらいの技量とセンスをお持ちの方々です。 そんな諸先輩方の作品が合計105点も拝見出来るチャンスです。

無芸家では倅の進学・引っ越しに向けて、準備を進めている矢先でしたので、写真展を訪問する時間は厳しかったのですが、何とか隙を突いて訪問(勉強)して参りました( ̄▽ ̄i)ゝ

単独で行くよりもツレがいたほうが楽しいですから、我が旧友C君に連絡を取りまして、まんまとおびき出す事に成功(〃∇〃)ゝ 一ヶ月以上会っていなかったので、道中の会話もまた楽しからずや♪

さて会場に到着し記帳させて頂いた後は、C君とおしゃべりしながら作品を拝見しつつ、感嘆する作品の前では、暫し足を止めて見入ってしまったり。 会場には出展された会員様も何名かおられまして、時折お声がけを頂きながら、楽しく学習させて頂きました。 さすが名うての会員様方だけあって、とにかく詰めまで素晴らしい作品ばかり。

ハッと気が付いたら、いつの間にか帰宅時間を大幅にオーバーしてしまって、慌てて帰路に就きました(;´艸`)ぁぁぁ C君をお送りして、渋滞を回避しながら駐車場に車をデポしたところで、携帯に“何してるCALL”が!ヽ(@ω@;)ノ

「あっ、今駐車場に車を入れたからヽ( ̄▽ ̄i)」

幸いにしてギリギリでセーフ♪(゚▽^*)ノ⌒☆ お咎めは無しで、そのままお買い物に出発でした(>▽<;;
 

中華そば つるとかめ ~福島県郡山市堤~

着々と人気店の階段を昇り続けているコスモス通り近く堤地内の「中華そば つるとかめ」さんを3ヶ月ぶりに訪問致しました。 その間メディアで取り上げられたりで、なかなか客足が厚く、遠慮していたのも事実です( ̄▽ ̄i)ゝ

中華そば つるとかめ

夜の部が始まって直ぐの入店を目指して到着してみたら、あらら( ̄ω ̄;)ますます店頭のノボリやテントが賑やかになっていましたよ(^◇^;) そう言えば今まで無化調だとか聞いていなかったのですが、ご覧の通り堂々とアピールされていました。 もともと旨味調味料っぽさを看取させないスープだったので、開店当初からそうだったのかも知れません。

さて今回の目当てと言えば、未食メニューの開拓ですo(*^^*)o キュピッ!と染み入る寒気に呼ばれまして、こちらを所望致しました♪

「みそ中華そば (700円)」

つるとかめ みそ中華そば

開店当初にリリースされていた「熟成みそ中華そば」の進化系となっているようです。 ビジュアル的な洗練度は確実に高まったように思えますが、残念ながら以前のバージョンは口にする機会を逸したので、どのような進化を遂げたのかは謎です。

つるとかめ みそ中華そば

ベーススープは鶏出汁と豚ガラ出汁に魚介スープの合わせられたものかと思います。 カウンター越しに垣間見えたスープは、澄んだ黄金色でした( *´艸`) 信州味噌を中心に5種類の味噌をブレンドしたという味噌ダレに合わせて、小鍋で仕立てる味噌スープです。

つるとかめ みそ中華そば

おろし生姜は海苔の上に載せられて来ます。 これを好みのタイミングでスープに溶きながら頂ける訳ですヾ(^▽^* 味噌スープと生姜のバランスを整えながら、徐々にその味わいを変えていけるのは良策に思えます。

載せモノは以前の豆モヤシは姿を消して、みじん切りの玉ネギやコーン、中華そばに準じたホウレン草のおひたしと糸切り唐辛子が彩りを添えます。

つるとかめ みそ中華そば

チャーシューはこのみそ中華そばでは炭火炙りが施されておりませんでした。 その柔らかさは以前と変わることなく秀逸でして、程良い脂身の美味しさも一際です。 メンマは少しばかり歯応えが残されていますが、玉ネギのみじん切りのシャクシャクとした歯触りと共に楽しめる類の仕立てに思えました。

つるとかめ みそ中華そば

最も驚いたのはこの麺です(〇o〇;) 昨今の白河タイプよりはやや麺線が太いので、どちらかと言えば会津系に近いでしょうか? まさかの多加水系平打ち中太麺でした! 見ての通りヒラヒラッとした麺は舌触りの滑らかさは極上至極!(>▽<)b これまでの「つるとかめ」さんの作品の数々から推して、思いも因らぬ意外性はある意味食べ手にとって“楽しい奇襲”を受けたほどの面白さがありました。

味噌の存在感が明確で、ベーススープの確かさと生姜の効き具合と相まって、三次元的な旨味の構築に成功していると思います。 これでほんの少し味噌ダレの分量が多かったら、きっとこのバランスは成立しなかったでしょう。 店主・今泉さんの伸び代はまだまだ期待出来そうです((o(*^^*)o))わくわく 訪問の度に楽しみが尽きません。 これからも注目のお店ですヾ(^▽^*

またメニューの改訂が行われたようで、以前と価格が異なるものもあるようです。 また営業時間が微妙に変更されているようです。 来週[2013/02/10~2013/02/16]は休業日が複雑に入り交じっておりますので、確実に召し上がりたい方は、ご訪問前にお店にお問い合せ下さい。




中華そば つるとかめ
福島県郡山市堤2-198-3
電話;024-961-2830
営業時間;【昼の部】11:30~15:30【夜の部】17:00~20:00
定休日;水曜日(不定休あり)
駐車場;敷地内に8台分ほど


より大きな地図で 中華そば つるとかめ を表示
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

毎度お馴染みの「郡山大勝軒」さんです(*^▽^*) 定期巡回先と言えるほど訪問しておりますが、訪問の度に微妙な味のユラギが楽しみになっています。

郡山大勝軒

ここを訪問したいと思う時ってのは、大抵はストイックに美味しい麺を食べたい気分になった時です(>▽<)b 漬けダレの楽しいユラギに対して、自家製の麺に関しては、まず盤石と言う程に一貫した食べ心地が約束されています。 たっぷりとした麺量を一気呵成に口に運ぶ楽しみは、ボクの中ではもはや何物にも代え難いものになっています。 って事でこの日の所望品はコチラ♪

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘さを誘うような魚介出汁の香りがフワッと立ち登ります( *´艸`) 例によって漬けダレ丼に惜しげもなく並々と注がれたスープ。 過剰とも思えるほどの漬けダレですが、この液量があるからこそ、最後まで熱々とは言えないまでも、ヘタレる事無く水締めされた麺を楽しめます。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

期待を裏切ることなく、この日の麺も絶好調の歯応え&舌触り♪(゚▽^*)ノ⌒☆  弾力を伴った歯応えを感じつつ、そのまま噛み込めばプッツン!と歯切れます。 更には小麦粉の甘やかな香りも鼻腔にフワッと届きまして、工藤店長の“麺職人”としての技量を存分に見せつけられるものです。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘味と酸味、そして少しばかりの辛味の加えられた漬けダレは、豚ガラと鶏ガラ、そして魚介の全てが一気に炊き出されたスープをメリハリのある醤油ダレで整えています。 例によってボクは卓上の酢をレンゲで3/2杯ほどと、ラー油を適度に利かせて、より一層ディテールを持ち上げて楽しみます。 そりゃあもう“至福の一刻”ですよ(((*≧艸≦)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る




皆様から色々なアドバイスを頂きました無芸大食倅の通学用原チャですが、例の既に生産終了となっているHONDA MAGMA Fiftyは、当人も納得の上で諦める事になりました。 何せ時系列が旧すぎる事と、あまりにも簡単に盗難に遭う可能性が極めて高いと言う事を理解してくれましたヽ( ̄▽ ̄i)

それから2日ほど経って、無芸大食倅が次のターゲットを定めてきましたよ。

「あのさぁ~、ヤマハのビーノが欲しいんだけど( ̄ω ̄;)」

父ちゃんは早速ネットで調べてみましたよ。

YAMAHA VINO
    【 ↑ メーカー様より借用 (CLICKで拡大) ↑ 】

(o´д`o)=3 やっぱりカタチから入りましたね・・・ しかも原チャとしては最高価格帯なんだわなΣ(゜▽゜;)

でもマジメにスペックなどを読み取ってみたら、かなり手の込んだハードウェアが注ぎ込んでありました。 エミッションの関係で、現在では4サイクルエンジンになっているのは知っていましたが、電子燃料噴射装置だけではなく、クーリングも水冷化されていましたw( ̄▽ ̄;)w 盗難防止策も多様に講じられており、こりゃあ決して侮れないなぁ~ってんで、一度現車を見に行ってみました。

現車と向き合ってみて、再び驚いた父ちゃん(゚ロ゚屮)屮

.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚  スクーターの背後に花を背負っていました .+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚

(これってオンニャノコ仕様でねぇ~か?! ノ( ̄0 ̄;)\)

このスクーター、その源流を辿ってみたら、その昔のCMには、オサレなオンナの代名詞だったPUFFY様が起用されておりました(>▽<;;

(本当にコレに乗るんかい?!(;´艸`)ぁぁぁ)

父ちゃん、かなりヒイたわ...(((;´ω`)ススス

で、帰宅後に倅に聞いてみた。

「ビーノって、現車を見たことあるの?(^◇^;)」

「ない
(キッパリ!)( ̄ω ̄;)」


(200Kもする原チャを現車も見ないで欲しがっていたのか?!w( ̄△ ̄;)w)

「あのなぁ~、あのスクーターに男の子が乗ったら、まさにお花畑だど?ヽ( ̄▽ ̄i)」

「えっ?!( ̄▼ ̄|||)」

って事で、一度バイク屋さんに連れて行って、お花畑度を確認させる事にしましょう(;ーωーA

ちなみに、市内でも名の知れたバイク屋のオヤジさんがお薦めしていたのは、同じハードウェアを持ちながら、一回りお手頃な価格のコチラ。

YAMAHA JOG DX
    【 ↑ メーカー様より借用 (CLICKで拡大) ↑ 】

ヲヤジとしては、フロントブレーキがディスクブレーキになっている心意気に惚れた♪(〃∇〃) 制動力だけは、買った後に強化するのは容易ではないですからね。 動力性能が同じなら、制動性能は良いに越したことはありません(`・ω´・ ;) まぁ、本人が納得するかどうかが問題だ・・・( ̄  ̄;) うーん
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

ラーメンの提供時間などで何かと制約が多い、長沼街道沿い安積町荒井の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)さんですが、今月は一歩先進して、平日の夜の部でも、時間制限を外してラーメンが提供される事となりましたヾ(^▽^*

Fu-Ro-Ya

そんなところに、更に黒支那推しのバリエーションが限定リリースされていると言うことで、早速暖簾を潜って参りましたよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆  超濃厚節系の漆黒ラーメンたる「黒支那」に、ちょっとした工夫が凝らされています。 今回はその中から一点、頂いてみました。

「しょうが黒支那 (730円)」

Fu-Ro-Ya しょうが黒支那

ビジュアル的には、しょうがの存在を主張する演出はありませんでした。 完全にスープに溶かれた状態で供されています。 確かにほのかにしょうがの香りが立っていますが、それと知らされなければ気付かないままに箸を付けちゃうかも知れませんね。

Fu-Ro-Ya しょうが黒支那

もはやFu-Ro-YaのKey Iconとなっている揚げ玉に、紅白ナルト、そしてロースとバラ肉の二種類のチャーシューが載ってきます。 チャシーシューの美味しさは隙が無く、スープの表面に浮いている節粉と白ゴマが円やかな甘味を誘います。

Fu-Ro-Ya しょうが黒支那

麺は中細麺を選択しましたが、いつもながらシャキッとした茹で上がり具合で、リズミカルな歯触りと共に、スープの持ち上げも上々です。 唯一の困り事と言えば、照明の照度の低さと電球色に外光が混じる、極めて難しいホワイトバランスでしょうか(`・ω´・ ;) こればかりはBlogger泣かせですな。。。

濃醇な醤油テイストとフラリとした甘味を感じさせるスープに、このしょうがの組合せですが、結構効果的に作用しています。 ほどほどの辛味が残っており、それがスープの甘いニュアンスをキリリと引き締めてくるんですね。 しょうがの風味自体は、もう少し穏やかでも充分に伝わって来ると思います。 これはお好み次第の効かせ加減と言えそうですので、ご自分で効き具合を調整したい方は、別皿で提供して頂くのも良策かも知れません。





食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

この日は朝から雪が降りしきり、底冷えこそしなかったものの、自然と味噌ラ~に引き寄せられまして、やって来たのは「中国飯店 なるき」さんですヾ(^▽^* 通し営業で駐車場も備わり、しかも美味しさは折り紙付きという、まさに願ったり叶ったりのお店は、この地で三十有余年の時を刻む老舗中華食堂です。

中国飯店なるき

いつもなら迷わず味噌ラ~なのですが、Blogに登場した事がないと言う事は少なくとも7年ぶり以上のご無沙汰で、太麺仕様のこちらを所望してみました。

「味噌タンメン (800円)」

なるき 味噌タンメン

ここ最近、味噌ラ~と味噌タンの違いについて、ちゃんと認識しようと思っていたんです。 パッと見た目は変わらなそうですが、過去ログの写真を頼りに比較してみますと、味噌タンは具材のバリエーションが増強されている事が判明しましたヽ( ̄▽ ̄i)

味噌ラ~のモヤシ、ニンジン、ニラ、キクラゲに対して、味噌タンでは豚肉の細切れとキャベツが加わっています。 載せモノのメンマと刻み白ネギは同一ですね。

なるき 味噌タンメン

煮炒められた具材とスープの味付けは、味噌ラ~と同じ塩梅に味付けされているように思えます。 これはユラギの範囲内かも知れませんが、厳密に感じたままを述べれば、若干味噌テイストが前に出ている気がします。 反面甘味は控え目な印象。 これは推測の域を出ませんが、中細麺と太麺の麺に纏わってくる茹で湯の分量に影響されているかも知れません。

なるき 味噌タンメン

麺は自家製の加水率低めなウェーヴの掛かった楕円断面極太麺! このお店を有名にした立役者的な個性派麺です。 ムチッとするほど鮮烈な歯応えは、今以てなお強靱と言えますヾ(^▽^* 食べ応え満点の極太麺は、ドリンクのように喉に流し込む事はキケンですよ(^◇^;) どちらかというと中細麺の味噌ラ~を愛顧して来ましたが、たまにはこの極太麺もイイものですね。




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

お食事処 大番 ~福島県郡山市中町~

忘れられずに再訪です( ̄▽ ̄i)ゝ 郡山市NTTさん向かいの老舗食堂「お食事処 大番」さんです。 こちらはニンニクがガチッと効かされた味噌ラ~が名物ですが、深夜まで通し営業している事も人気の一つです。

お食事処 大番

街内と言う事で専用の駐車場などは持っていませんが、この日は先の降雪で降り積もった雪もすっかりと溶けて、久々にスクーターで出掛ける事が出来ましたので、これはチャンスと暖簾を潜ります。 この日はご主人様と女将さんがお揃いでした(*^▽^*) すっかり寛いでおられるところにお邪魔しちゃいましたが、時同じくして暖簾を潜られたお客様もおられましたので、まあお許し頂くとしましょう。

さて本来なら二回目の訪問ですので、この辺で看板メニューに手を出すのが普通なのですが・・・( ̄ω ̄;) ニンニクの残り香は仕事柄無理ですので、再びこちらを所望してしまいました(〃∇〃)

「ヤキソバ 大盛 (650円+150円)」

大番 ヤキソバ大盛

今回はご店主様の調理で頂きましたヾ(^▽^* チラッと垣間見えた釜に投じられる麺量が、思いの外大量だったので軽くビビっていたのですが、仕立て上がってみれば意外と普通でした(^◇^;) 例によって錦糸卵の散らされた上に、紅ショウガが載っておりまして、塩系焼きそばとしてはなかなかの彩りです。

大番 ヤキソバ大盛

豚肉、モヤシ、ニンジン、キャベツそしてキクラゲが炒め合わされています。 業務用バーナーで炒められた具材は、芯まで火が通っていて甘味がジワッと染み出てきます。

大番 ヤキソバ大盛

モリモリ感こそありませんでしたが、実はご覧の通り麺量的には、結構豊かだったんですねヽ( ̄▽ ̄i) ゆで麺を炒めて作りますので、どちらかと言えばしなやかな舌触りの麺となります。

大番 ヤキソバ大盛

平断面の中麺は多加水系です。 多分、他の麺料理も同じ麺が使われているのではないでしょうか? ゆで麺ベースとは言え、水っぽさは見事に飛ばされておりまして、ほのかなニンニくの風味と共に、優しい旨味と野菜からの甘味、そして角の立たない程度に抑えられた塩味が良くバランスしていますO(≧▽≦)O

ニンニクの魔力が掛けられたせいなのか、殊の外個性的なこのヤキソバは、意外と中毒性が高いかも知れませんw( ̄▽ ̄;)w 多分、また暖簾を潜ることになりそうですよ。




お食事処 大番
福島県郡山市中町18-6
電話;024-932-0597
営業時間;11:00~26:00
定休日;不定休
駐車場;無し(近くにコインパーキング多数あり)


大きな地図で見る
 

ふくしまラーメンショー2013 出店社決定!

ふくしまラーメンショー2013 タイトル

今年のGWに開成山公園自由広場で開催が決定した「ふくしまラーメンショー2013」ですが、既に2月1日付けで主催者の福島中央テレビさんから発表があった通り、12店の出店社が決定致しました。 福島県初上陸の新進気鋭ラーメン店からラーメンファンならずとも耳に聞き覚えの名店まで、一堂に軒を連ねるビッグ・イベントです!

まずはその出店社の数々をご覧下さいヾ(^▽^*

〇麺家いろは 【富山】URL /富山ブラック
 昨年度売上げ杯数第1位

〇麺屋宗 【東京】URL /東京清湯塩
 昨年度売上げ杯数第2位

〇えん楽 X 次郎長 【北海道】UR・えん楽 URL・次郎長 /函館塩

〇東大 X 徳島ラーメン 人生 【徳島】URL・東大 URL・人生 /徳島ラーメン

〇烈士洵名(れっしじゅんめい) 【長野】URL /幻の王様中華そば

〇ど・みそ 【東京】URL /東京味噌

〇武蔵家 【東京】URL /横浜家系

〇たかばし 【京都】URL /京都ラーメン

〇鳥取牛骨ラーメン応麺団 【鳥取】URL 鳥取牛骨ラーメン

〇博多一風堂 【福岡】URL /博多豚骨

〇一麺会 【郡山】 /只今鋭意創作中

〇会津野沢宿ラーメン会 【西会津】URL /西会津味噌ラーメン

※出品商品は変更となる場合がございます。



県外から出店するお店は、何れも「東京ラーメンショー」に出店して人気を博したお店や、既にBIG NAMEへと成長した押しも押されぬ一流店ばかりです。 現場で裏打ちされた類い希な実力で、私達を楽しませてくれる事請け合いですo(*^^*)o

一方地元からは、昨年も出店した「一麺会」に加えまして、総合プロデュースを担う大崎氏が大きく関わった「会津野沢宿ラーメン会」が出店致します(>▽<)b 「一麺会」の出品作は現在鋭意創作中ですので、どのようなラーメンが楽しめるのか、これまた楽しみが尽きないところです( *´艸`)

【追記・2013/2/19】

「徳島ラーメン 東大」さんの出店に、仙台市と盛岡市に4店の店舗展開をする「徳島ラーメン 人生」さんが加わり、コラボ出店となりました!
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

あはは( ̄▽ ̄i)ゝ また行っちゃった・・・ ってくらい、ついつい鬼リピしてしまう「麺屋 信成」さんです。 いい加減に「黒醤油らーめん」の呪縛から自らを解き放たなければと思いつつも、扉を開けて鼻腔に届くあの濃厚な醤油の風味と、女将さんの笑顔に接したとたんに、その意志はアッサリと崩れ去ってしまうのでした(>▽<;;

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

いつもながら冴え冴えとした漆黒スープ(>▽<)b ドンと伝わる醤油の香りに、はやる心を抑えながら、超速で写真撮りを済ませて、“信成マジック”に身を委ねますO(≧▽≦)O

麺屋 信成 黒醤油らーめん

厚めの油膜には香気と旨味成分が仕込まれており、舌触りの良さやスープが冷めない蓋の役割まで、広範な役割を担っています。 拍子切りの大振りなメンマは、軽くシャクッとした歯触りと共に、柔らかく舌の上で解けます。 チャーシューで覆い尽くされた丼ってくらい大判なチャーシューは、醤油テイストが程良く染み入っていて、舌にトロけるロースと、肉らしさを実感出来るモモ肉が、充分な食べ応えを楽しませてくれます。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

漆黒カラーを纏った低加水タイプの中細ストレート麺は、ザクッとした食感が楽しめます。 スープの持ち上げも上々ですし、“麺喰った感”が伝わって来る存在感のある麺ですね(*^▽^*)

醤油フレーヴァー豊かなスープは、鶏ガラと豚ガラの合わせスープをベースにしています。 醤油の濃厚な押し味に霞まない、しっかりとした旨味の詰まったスープは、ほんのりとした甘味さえ感じさせるほどでして、ついつい完飲の魔力に引き寄せられそうになりますΣ(゜▽゜;)

ボクの後にご来店のお客様も「黒醤油らーめん」を楽しまれていましたが、聞くところに因ると、日によっては7割のお客様がこれを楽しんで行くとかw( ̄▽ ̄;)w もう完全に「麺屋 信成」さんの柱商品になったようですヾ(^▽^*




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示




ここ数日、無芸の仕事場の電話回線の調子が悪くなっていました( ̄ω ̄;) 通話中に突然回線が切断されちゃったり、FAXの自動受信が巧く作動しなかったりと、仕事上非常に困っちゃう事態になりました。 何せ1995年にリース契約を結んだISDNシステムを、未だに延長リースで使い続けていまして・・・( ̄▽ ̄i)ゝ

と言うのも、光電話と言われる回線に換えますと、確かに通話料金や基本料金のメリットはあるのですが、万一サーバーがダウンしたり停電になった際に、光電話は機能停止となってしまいます。 そのリスク回避の為にも、ISDNを維持する意義はありました。 でも流石にもう時流の流れには逆らえなくなって来たのは薄々感じていたんですよね(`・ω´・ ;)

これを期に光回線に換えようかとも考えたのですが、コチラの都合で工事日を明日に・・・なんて事は出来ようはずもなく、仕事に穴を空ける訳にも行かず、先ずは既存回線の復旧が課題となりました。 延長リース契約は結んでいても、リース機器が旧すぎて保守契約自体が結んで貰えません(;ーωーA そんな訳で、金だけ取られてメンテは自前と言う、奴隷契約のようなリース条件なんですねぇ~ヽ(#`Д´)ノ

とにかく原因を追及しなきゃ、直す箇所も分からないのですが、どうやらターミナル・アダプタでは無いかとアタリがつきましたので、代替え品の落手を試みます。 取り調べてみたら驚いたことに、NTTさんのアナログ3ポート型の該当機種は、既に販売終了になっていました(〇o〇;) やはりもうISDNは無かった事にしたいのですね(o´_`o)ハァ・・・

予備に手に入れておいたターミナル・アダプタは、2011年の水害で4台全部水没でオシャカになっていました。 仕方なくネットでUSEDを探してみたら、設定ユーティリティーがWindows7の64bitに対応しているのは無し!w( ̄△ ̄;)w 最後期の製品でもWin Vistaの32bitまでなのね。 以前使っていたWin XPのPCを潰さずに維持していて良かったわぁ~(*´Д`)=3

ターミナルアダプタ

月曜日に手配をして、火曜日の午前中に到着しました。 ファーム・ウェアをアップさせたり、設定ユーティリティーでセッティングをして、約1時間ほどで取り替え作業は完了です。 どうやら問題無く作動しているようですので、やはり原因はターミナル・アダプタの不調だったようです。 さて、これで再び光電話導入が遠退いた気もするな(‐”‐;)
 

【御案内】 第56回日本大学工学部写真部写真展・飯心クラブ第5回写真展

地元・日本大学工学部の写真部さんから写真展開催の案内がございましたのでご紹介致します。

第56回日本大学工学部写真部写真展
会期;2013年2月7日(水)~2月10日(日) 【入場無料】
公開時間;10:00~18:00 (2月7日は13時より。 2月10日は15時まで。)
会場;ビッグアイ6F 市民ふれあいプラザ
   郡山市駅前2-11-1 TEL;024-922-5544



日本大学工学部写真部写真展案内
< ↑ Clickで高解像写真 ↑ >

大学生ならではの若さ溢れる感性を楽しみに致しておりますヽ( ̄▽ ̄)




「飯心クラブ第5回写真展」も同じ日程で開催されます。 こちらは三春町在住のアマチュア写真家・厚海幸雄氏が主宰する「飯心(いいしん)クラブ」の皆様の作品を楽しめます(^^)

飯心クラブ第5回写真展
会期;2013年2月7日(水)~2月11日(月)
公開時間;10:00~17:00
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり


大きな地図で見る



主宰の厚海さんは、殊の外飯豊山を愛して止まぬ方です。 写真の話は勿論ですが、飯豊山を始めとする山のお話も沢山聞かせて下さります(*^_^*) また、奥様も女性ならではの感性溢れる素晴らしい写真作品を生み出されています。 4月上旬には奥方様が主宰の写真展も予定されているようですので、こちらも個人的にはとても楽しみにしています(//∇//) 友情出展で奥方様の作品も拝見出来たら嬉しいナ♪
 

フルカワ食堂 ~福島県郡山市大槻町~

何度か訪問している大槻町の「焼きオヤジ」さんの系列新店舗「フルカワ食堂」さんをようやく訪問致しましたヾ(^▽^*

フルカワ食堂

こちらでは以前、「つるとかめ」さんが食堂業態で営業していました。 「田舎娘(いなご)」さんもここで旗揚げしたんですよね。 皆さんそれぞれにご繁昌の道を歩まれておりますので、もしかすると“神がかり物件”なのでしょうかΣ(゜▽゜;)

さてここ「フルカワ食堂」さんは、昼の部が15時までとちょっと長め(*^▽^*) いつもランチのスタート時間が遅いボクには、とてもありがたいところです。 この日は日曜日の昼下がりって事もあって、店内は満席となっておりましたが、折角なので車内で少しばかり空き待ちをしての入店です。

キッチン、フロアー共に各2名態勢でしたが、オーダーが通ってからの調理は見事なほどにスピーディーです。 この辺は流石に手練れのローテーションなのでしょう(>▽<)b 数あるメニューの中から、多分最も人気が高いであろう品を所望してみましたよ。

「ハーフ&ハーフ定食 (850円)」 ※ごはん大盛はサービス可

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食

8アイテムのおかずから、都合22通りの組合せが出来るという、ある意味とっても悩ましいプリフィックス定食です(^◇^;) ご多分に漏れず、まぁ悩んだ悩んだ( ̄▽ ̄i)ゝ これだけカスタマイズ出来れば、暫く自在のローテーションが効くでしょうね。

今回ボクが選んだのは「焼肉」「エビ揚げ」の組合せです。 無芸大食妻も一緒でしたので、一気に4アイテムを制覇ですww

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食 焼肉

豚肉の生姜焼きですね(*^▽^*) 肉はあまり厚くないので、味が良ぉ~く染み渡って、しかも歯切れも良いです。 適度に脂身があったのも個人的には大歓迎( *´艸`) 生姜のインパクトの中に甘味と酸味が効かされていて、まさにご飯喰いの為に生まれてきたような誂えです。 しかもご覧の通りのモリモリ具合(⌒▽⌒;) これだけで大盛ライス一膳はイケそうなほどです。

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食 エビ揚げ

「エビ揚げ」ってどんなのが来るのかと思ったら、エビフライのオーロラソースって感じでした。 このエビは伸してこそありませんが、充分な大きさのものが3匹分。 プリッとした食感がちゃんと楽しめて、これまた秀逸な美味しさを楽しませてくれました♪

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食 チーズ豆腐

組膳の中に一点、良く分からない小鉢ものがありました。 ワサビが載っているところからすると、醤油でも掛けて頂くのでしょうか? ちょびっと味見してみると、どうもクリームチーズの存在は明白ですσ( ̄、 ̄=) これはどう楽しむべきなのか・・・( ̄  ̄;) うーん

って事で、濃ゆい味付けになっていた、豚肉の生姜焼きに巻き付けて食べてみたら、とってもHEVENだった♪(//∇//) これはシメシメと思って楽しんでいたら、他のお客様に配膳していたホール係の方が、

「こちらはチーズ豆腐となります♪ お好みで醤油を掛けて召し上がって下さい(*^▽^*)」

との声が聞こえてきましたw(*゚o゚*)w あっ、そうだったんだ・・・( ̄ω ̄;) きっと豆乳とクリームチーズを合わせてフワッとホイップしたのね。 出来ればボクらにも教えて欲しかったな( ̄▽ ̄i)ゝ でもお醤油をタラッとしてみたら、お醤油が強すぎて折角のお味が活きない気がしたな。 温玉とかに付いて来るような、薄口の出汁醤油ではどうでしょうかね?σ(゚・゚*)

んでもって、こっちは無芸大食妻の所望品です。

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食

なんだかモリモリ具合が、ボクの方よりも凄くない?ヽ( ̄▽ ̄i) どうやらこの組合せは結構の売れ筋っぽいです。

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食 野菜炒め

野菜炒めには豚肉なんかも配されていて、ニンニク風味の醤油ベースソースで味付けされています。 これは結構ハツラツとしたインパクトのある味付けです。

フルカワ食堂 ハーフ&ハーフ定食 カラ揚げ

鶏唐揚げは、ちょっと大振りなものが3個。 これまた望外のボリュームです(^◇^;) ムネ肉を使っているようですが、柔らかも下味のシッカリ感も上々です。 味変ツールとしてタルタルソースがあしらわれているあたりも、きめ細やかなサービス精神が伝わって来ます。

大満足のランチタイムを楽しませて頂きましたが、かなりボリュームは豊かでしたw( ̄▽ ̄;)w ボクでもそう感じたくらいですから、家内はもう・・・''((;・ ・) ガッチリと胃袋を満たしたい方々には「ハーフ&ハーフ定食」が支持されそうですが、そこまでは不要な方には、おかずを1点にする「ハーフ定食 (600円)」もありますので安心して下さいヾ(^▽^*




フルカワ食堂
福島県郡山市大槻町字新池下56-3
電話;024-952-4152
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~22:00
定休日 ;毎週月曜日
駐車場;店舗前に4台分、第2駐車場あり


大きな地図で見る
 

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

東京国体の冬季大会からスピードスケート競技を割譲された熱海アイスアリーナでは、本県の選手が大いに活躍しておりました。 不便な練習環境の中にあって現役高校生も頑張りましたね。 とても立派でしたよ(*^▽^*)

選手団の皆様の多くは、地元・磐梯熱海温泉郷にお泊まり頂けたのもありがたかったところです。 大会中はかなり大荒れのお天気が続きましたが、無事大会が終了したのは何よりでした。

この大会が終わった後、数日間の穏やかな天候のお陰で、路面状況は一気に改善は致しましたが、大会期間中は会場周辺は集中的な除雪作業が掛けられていた一方、選手の宿営地たる磐梯熱海温泉郷は、丸きり放置されていたそうですノ( ̄0 ̄;)\

お宿毎に敷地内の除雪は行うでしょうけど、限られた人員配置の状況下で、公道の除雪にまではとても手が回ろうはずもありません。 選手の皆様は、会場周辺に隣接しているこの温泉郷をどのように思われたでしょうかね?(〇o〇;) 確かに会場周辺の除雪だけで手一杯だったのでしょうけど、もっと統括的な行政支援が必要だったのでは無いでしょうか? ちなみに磐梯熱海温泉郷が当市にもたらす温泉税は、年額約一億円と聞いたことがあります。 勿論、事業税などは別で、純粋に温泉の利水だけで、納付されている税収です(^◇^;)

と余計な心配はそこそこにしておきまして、折角「磐梯熱海温泉郷」に行ったのなら、やはり立ち回っておきたいお店が「お食事処 武蔵亭」さんです( *´艸`)

武蔵亭

珍しくお昼時に暖簾を潜りましたら、店内はなかなかの賑わいでしたよ。 やはりご家族連れのお客様が多いのですが、お仕事途中に食事を摂りに来るお客様も少なくありません。 自分を含めてですが、やはりリピーター様方が大勢を占めているようですね。

「支那麦 (630円)」

武蔵亭 支那麦

漆黒系スープに、旨味成分をたっぷりと含んだ油膜がステキです(>▽<)b 何せ約二ヶ月ぶりの訪問むですもので、その魅惑のビジュアルに見惚れてしまいそうです(*´∇`*)

武蔵亭 支那麦

バラロールチャーシューは、ちょっと厚めの切り口でして、スープで温められてしまうと、もはや元のカタチのままで箸で持ち上げることは絶対不可能ヾ(´▽`;)ゝ 脂質の旨味と肉に染みこんだ醤油テイストの美味しさは、数ある“チャーシューの美味しいお店”の中でも筆頭レベルに違いありません( *´艸`) さすがは元トンカツ専門店で腕を鳴らしただけの事はあります♪

武蔵亭 支那麦

メンマは柔らかく仕立てられており、ちょっと甘めの味付けが心地佳く楽しめます。 豚ガラベースのスープは、人を圧倒するような“押し味”こそありませんが、舌の上に広がったスープは、ジワァ~っと旨味の華を咲かせます。 天然素材にこだわるご店主様ですので、妙な甘味や旨味が後味に付きまとうことはありませんv( ̄∇ ̄)ニヤッ

武蔵亭 支那麦

麺はお約束のやや加水率低めの中細ストレート麺は、ザクッとした歯応えと共に歯切れ、小麦の香りがおんのりと感じられます。 この日の麺はまた秀逸でして、終盤までダレを知らないかのような食感を楽しませてくれましたw( ̄▽ ̄;)w

漆黒スープは塩味に円やかさがあり、濃厚な醤油のフレーヴァーが脳天直撃ってくらいに香ります(((*≧艸≦) ほのかな魚介の風味と旨味が、甘味を伴って後から広がって来て、得も言えぬ緻密な旨味を楽しませてくれます。 お店を後にしてからも、口の中にはその余韻がとどまって、幸せな味の記憶はしっかりと刻み込まれますO(≧▽≦)O




== 移転しました == 郡山市で「支那そば墨家」に改名 アーカイヴとして残しておきます
武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど


 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

昨日は2月としては信じ難いほどの暖かさでした。 この3日ほど、真冬の中休みみたいになったお陰で、氷雪路と化していた道路も一気に解消。 日中は久しぶりにスクーターで配達が出来たほどでした。

虹掛かる

国道49号線を西進し、磐梯熱海温泉郷へと配達業務に出掛けましたら安子ヶ島の辺りで、局地的な小雨に遭いまして、差し込む日差しの中に虹の橋が架かりました。 走行中の車内からラ~撮り用のコンデジでカシャッとな♪ ちょっと色合いが薄くなりましたが、2月の虹ですヾ(^▽^*

遅まきながら、ようやく今年初の“夜カツミ”です(*^▽^*) 何のかんのでなかなか訪問のタイミングに恵まれませんでしたが、その分の期待度は積み上がるばかりでした。

「とんこつらーめん (580円)」

花カツミ とんこつらーめん

この日はユキチカラの細麺を所望♪ “呼び戻し製法”で仕立てる自然派とんこつスープは、程良く練れた旨味が出ていて、ちょっと好みの頃合いでした。

花カツミ とんこつらーめん

ちょっと厚めのチャーシューは、スープの熱で温められると、お箸で持ち上げるのも困難なくらいにホロホロに崩れます。 勿論、舌の上でハラリとほぐれちゃいますよ(>▽<)b

花カツミ とんこつらーめん

シャキッと茹で上げられた細麺は、リズミカルに歯切れる食感。 クリーミーと言う程の濃度こそありませんが、臭みを感じさせない後味のキレの良いスープは、ジワッと旨味が口中に広がります。 塩味のバランスも良好ですし、いつもながら高次元なとんこつらーめんを楽しませて頂きましたv( ̄∇ ̄)




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る 

春こま食堂 ~福島県郡山市小原田~

約4年ぶりの再訪が叶った、郡山市小原田の老舗食堂「春こま食堂」さんです。 昼の部の営業は14時までと、今のボクにはハードルが高いお店ですが、たまたま午後一番に所用で近くまで立ち回りましたので、(これはチャンス到来!)と訪問した次第ですo(*^^*)o

春こま食堂

丁度お昼のピークタイムが過ぎて、限られた駐車スペースも確保出来ました♪ あの伝説の名店「ますや分店」さんのDNAを受け継ぐお店ですから、自ずと期待値のハードルは勝手に高まるというものです。

暖簾を潜って席をとりますと、初代様のお姿が見えませんねΣ(゜▽゜;) 二代目に完全にバトンタッチをしてしまったのか、それともピークタイムが過ぎて一足先に休息を取られていたのかは分かりません。

読者様からの情報により、春こま食堂・初代様は2011年秋にご逝去なさられていた事が分かりました。 故人様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



入店前から分かっていた通り、やはりお客様方は強烈なリピーター様方ばかりみたいです。 皆さんリラックスしておられますし、所望品も幅広かったですね。 味噌ラ~やタンメン率が高かったなぁ~(^◇^;) 何だか興味がそっちに引っ張られそうでしたけど、やはりここは王道の一杯を頂く事にしましょう。

「ラーメン 大盛 (600円+100円)」

オーダーを通して頂いた後に、次のお客様が“麺硬めCALL”をなさったのを聞いて(しまったぁ~! 忘れてたぁ~!ノ( ̄0 ̄;)\)と気づき、慌ててボクも“麺硬めCALL”を聞いて頂きました( ̄▽ ̄i)ゝ

春こま食堂 ラーメン大盛

あれぇ~w(*゚o゚*)w 結構麺量が多いですよぉ~? 気軽に“大盛CALL”を掛けちゃったのですが、何だかモリモリ具合が・・・w( ̄▽ ̄;)w

春こま食堂 ラーメン大盛

モモ肉チャーシューは小振りながらも、筋っぽい感じは皆無。 程良く味が染み入っていて、大切に作られたんだなぁ~という手応えがあります。

春こま食堂 ラーメン大盛

メンマは適度な歯触りを残しながら、これまた筋っぽさも無く炊き上げられています。 スープの表面には、油膜らしいものはあまり感じませんが豚ガラから炊き出された滋味を感じさせる旨味と共に、少しばかりシャープな醤油のアタリに、チャーシューの煮汁ならではの豊かなコクを感じさせる風味が入り交じります(>▽<)b

塩味は決して強く主張しませんが、この醤油ダレの際立つ風味がスープを見事にコントロールしています。

春こま食堂 ラーメン大盛

平ザルで上げられた麺は、湯切りが甘いようにも見受けられたのですが、実際には何の不利益も感じません(*^▽^*) “麺硬めCALL”を掛けても、平均的な茹で加減に落ち着いています。 思えば「ますや分店」さんも、かなりの確率で“麺硬めCALL”が飛び交っていましたっけww 伝統的なデフォ値が違うのでしょうか?σ( ̄、 ̄=)

濃口醤油の色合いを移し加減になっている麺は、あくまでも舌触りの滑らかさが印象的です。 程良く醤油ダレの旨味を纏っているんですね。 大盛の麺量はなかなかのものでしたけど、キレイさっぱりと完食させて頂きましたv( ̄∇ ̄) またたまに思い出したら食べたくなりそうです♪




春こま食堂

福島県郡山市小原田4-14-3
電話;024-944-2136
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】18:30~21:00 ※材料がなくなり次第終了
定休日;日祝
駐車場;店の向かいに8台分ほど


大きな地図で見る
 

中国飯店 一番 ~福島県郡山市横塚~

大分陽が伸びてきて、ボクの遅い昼食タイムでも闇に包まれる事は無くなって来ました。 昨日、一昨日と日中の気温がやや上がってくれましたので、幹線道路の氷雪はほとんど無くなって乾燥し始めましたネ(*^▽^*) 冬の寒さは2月が本場ですが、日によっては暖かな日差しも期待出来そうです。

中国飯店 一番

さて、約半年ぶりに暖簾を潜った、市内東部幹線沿い横塚地内の「中国飯店 一番」さんですよヾ(^▽^* 夕日に照らされて、ちょっと朱に染まった赤テントも凛々しゅうございます( *´艸`) お昼時は駐車場も満車になっていますが、夕刻でも客足が途切れることは無いようで、入れ替わり立ち替わりお出でになるお客様方は、どう見ても常連の方々に思えます。

アマチュア・アスリートとして活躍するご主人様は、いつも笑顔で丁寧にお出迎え下さり、厨房では後継車たる若主人が大鍋を振るっておられます。 初代と二代目が連携して暖簾を繋ぐ姿は、紛いなりにも同じ地元の個人事業主のボクには頼もしく思えます(# ̄ー ̄#) さてこの日のお目当ては、ようやくこのお店一番の看板メニューにチャレンジです(*゚▽゚*)

「みそラーメン (650円)」

一番 みそラーメン

ぐわぁぁぁぁぁぁ?! なんだコレぇ~~!Σ( ̄△ ̄ii)

ほぼ小振りな洗面器ほどの大丼に、見ての通り並々と注がれた味噌スープ(〇o〇;) 割り箸とレンゲのサイズからもイメージ出来ますでしょうか(`・ω´・ ;) ウワサには聞いていましたが、本当にこうだったんだ(^◇^;)

一番 みそラーメン

(大盛CALLしなくて良かったぁ~(;ーωーA)と心底思いつつ、大量のスープの中に隠れている麺量にビビります。 お恥ずかしながら、麺の撮影に失敗してしまい今回は写真無しですが、麺は多加水系中細麺が用いられていました。 以前頂いた「五目焼そば」(過去記事)や「冷し中華」(過去記事)と同じ麺が用いられているっぽいです。

一番 みそラーメン

野菜と豚バラ肉は中華鍋で炒めたところにスープを注いで、味噌を加えて充分に煮込みスタイルです。 野菜は食べやすく大きさに切り整えられていて、柔らかな歯触りと共にナチュラルな甘味がジワッと伝わって来ます。

味噌は赤味噌ベースで濃度は抑え気味にされています。 すり下ろしニクニクが加えられたスープには、それと分かる風味と共に、ほんのりとした新鮮な辛味が伝わって来ます。 ただ、あまり後を引くような強烈なものではありませんので、接客機会のある方でもさほど心配はなかろうと思います。

ビビり気味だった麺量は、以外にもフツーww ちょっと物足りないかなぁ~と思っていたのですが、お野菜のボリュームが意外と効いてきまして、お店を後にした頃には程良い満腹感を感じましたよ(*^▽^*) 大丼のインパクトに引き込まれてしまいますが、実はとても端正でヘルシー指向の感じられた味噌ラ~でした。 あぁ、勿論大量のスープは完飲なんて考えませんけどヽ( ̄▽ ̄i)




中国料理 一番
福島県郡山市横塚1丁目2-3
電話;024-944-3957
営業時間;【平日】11:00~22:00 【日曜】11:00~20:30
定休日;火曜日
駐車場;敷地内に10台分ほど


大きな地図で見る