FC2ブログ

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

月末近くの「華苑日記」です。 今月訪問分の“棚卸し”レポですね(*^▽^*) 荒天による道路事情の悪さから、今月の訪問回数は少な目になっちゃいました。 ボクの昼食タイムは、帰宅ラッシュ時間に重なってしまうもので、訪問決行も時間読みしながらの判断となります( ̄ω ̄;)

「エビチリソース定食 (880円)」

華苑 エビチリソース定食

濃ゆい味付けを頂きたくて選びました( *´艸`) 勿論大満足のお味ですよ♪

華苑 エビチリソース定食

甘味と酸味、そして心持ち強めの辛味とニンニク風味の効かされたチリソースには、溶き卵があしらわれており、メリハリの強さをマイルドに演出しながら、視覚的な豊かさも楽しませてくれます。

華苑 エビチリソース定食

マダムからの「無芸さぁ~ん、ご飯はどうする?」の問い掛けに、思わず「多目でお願いしまぁ~すヾ(^▽^*」と答えてしまった( ̄▽ ̄i)ゝ

堪え性のないオトコですww でもこの美味しさには敵いませんもんね(〃∇〃)ゝ やはりエビチリソースは中国料理の華ですね♪( *´艸`)




「担々麺 (680円)」 ※麺は特注スペック

華苑 担々麺

定期的に頂きたくなるお店の人気メニューです(*^▽^*) 味わいの確かさは言うまでもありませんが、クリーミーなゴマペーストがガチで効きまくりのヘヴィ級担々麺です。 しかも充実したお味で、お足は破格のコスパ! 名物メニューになるべくしてなったとも言えましょう。

華苑 担々麺

甘じょっぱく味付けされた挽肉に刻み白ネギ、青菜は時節で変えられますが、この日は石川町で栽培されているというホウレン草のおひたしでした。 しっかりとした葉の厚みに寒暖の差で蓄えられたナチュラルな甘味が活きています。 このホウレン草は工藤シェフのお気に入りのようです。

華苑 担々麺

この日の麺は、いつもとは異なり中細麺で供されましたw( ̄▽ ̄;)w このところ定番となっていた楕円断面の太麺が悪いと言う訳では無く、低加水タイプの中細麺を合わせたら、また一際個性が光るのでは無いかと、工藤シェフに持ちかけてみようと思っていた矢先なのですが、何とも不思議な巡り合わせで、まさにそのタイプのサンプル麺があったんですねぇ~∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

角断面の中細麺は卵黄も練り込んであります。 どうやら製麺所さんの担々麺向きのスペック麺らしいです。 写真からも伝わるでしょうか? 粘度のあるスープが見事に麺に絡んでいます。 しかもザクッとした食感は長く続き伸びにくいw( ̄△ ̄;)w こんなに濃厚なスープなのに、ほんのりと小麦の風味が伝わって来るというかなり秀逸な麺でした。

工藤シェフもかなり気に入っていたようですので、現在の店頭売価設定のままで導入出来るようなら、採用される可能性は極めて高いと思われます。 ちょっと楽しみですねぇ~♪(゚▽^*)ノ⌒☆




「回鍋肉定食 (780円)」

華苑 回鍋肉定食

お店でも一級の人気メニューですが、ボクもオーダー率の高いメニューです(*^▽^*) ボリュームの満点度は、数ある華苑のメニューの中でも頭一つ飛び抜けていると思います。

華苑 回鍋肉定食

豚ロース肉が渦高く積み上げられた姿は、まさに食のエンターテイメント(((*≧艸≦) 初めて向き合ったお客様は、一様に衝撃を受けるようです。 まあ無理もありません。 こんな積み上げ方をする料理人さんは、ちょっと心当たりがありませんもんヽ( ̄▽ ̄i)

華苑 回鍋肉定食

お約束の回鍋肉タワー写真ですヾ(^▽^* 炒め調理の前に湯通しなどの下処理が行われており、キャベツ、ネギ、ニンニクの芽は程良く柔らかくなっており、お肉に纏わせた片栗粉の膜に、ほんの少し辛味の付けられた甘味噌がバチッと纏わり付きます。

これでご飯が進まない訳も無く、ついついご飯多目に手を出してしまうのです( ̄▽ ̄i)ゝ でもとっても幸せな食事ですのでヨシと致します(〃∇〃)




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る