FC2ブログ

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

月2のつもりの「華苑日記」でしたが、先月は紅葉の写真記事に追われて、一度しか挙げられませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ それでも粛々と暖簾は潜り続けておりますので、今回は「華苑日記 特大号」となりますヽ( ̄▽ ̄i) どうぞ存分にお腹を空かしてご覧下さい♪( *´艸`)

「天津丼 (650円)」 ※甘酢餡

華苑 天津丼 甘酢餡

お馴染みの甘酢餡仕様の“赤まくら”ですヽ(*’-^*)。 たまに無性に食べたくなるんですよねぇ~♪

華苑 天津丼 甘酢餡

デフォの一人前で卵が6個分。 カニのほぐし身にタケノコの水煮、シイタケなどがあしらわれ、美しく焼き上げられた卵焼き(←と、呼んで良いのだろうか?(@・艸・;))が、深鉢丼のごはんを完全に覆い尽くしています。

その卵焼きの分厚さはご覧の通りw( ̄▽ ̄;)w

華苑 天津丼 甘酢餡

自ら“卵好き”と自称する工藤シェフらしく、絶妙の火加減で調理されており、しっかりと焼き上がってはいても、過分なところは無く、具材で繋がらないハズの卵焼きも身割れしないで纏められています。

不用意に丼に鼻を近づけようものなら、酢酸香で咽せってしまいそうな甘酢餡は、甘味と旨味、そして酸味が濃ゆい味わいで纏められています。 この際はカロリー数なんて気にしないで、ザクザクと頂く事にしましょう♪(゚▽^*)ノ⌒☆




「麻辣タンメン (780円)」

華苑 麻辣タンメン

あまりのキケン度にビビって、暫くご無沙汰していた麻辣タンメンですが、本当は“季節メニュー”だったハズが、完全に“人気定番メニュー”へと華苑ファンの皆様が育て上げました(>▽<)b 久しぶりに痺れたくなりまして、キケン覚悟で所望致しましたよ(^◇^;)

華苑 麻辣タンメン

タンメンの名に恥じない、モリモリ野菜が炒め煮されています。 歯触りの楽しいキクラゲやタケノコの水煮が入っているのは個人的に嬉しいところ。

華苑 麻辣タンメン

牛スジ肉は丁寧に煮こぼしをして臭みを抜いて、圧力鍋でトロトロに炊かれています(*´∇`*) その出汁も組み込んでいるのか、他の麺類メニューには無い甘味を伴った旨味が感じられます。

勿論スープはしっかりと麻辣テイストが散りばめられており、まさに“血の池地獄”もかくや?!といった真っ赤な油膜層に覆い尽くされています(>▽<;;

華苑 麻辣タンメン

麺はいつもの楕円断面の多加水系太麺。 モチッとした食感がありまして、麻辣スープのインパクトにも押されず、麺の存在感を決して失いません。 あまりの麻辣で咽せないように、最初はそぉ~~っと口に運びます。

うはぁ~~!辛いねぇ~(^◇^;) こりゃあやっぱりキケン度が高いわぁ~ でも大量の野菜から引き出されたナチュラルな甘味も広がりますので、徐々に味覚が慣らされて来ますと、「もちっとイケそうか?おれ?」なんて思ったりもしますw( ̄▽ ̄;)w

しかし、翌朝には“麻辣効果”が如実に現れまして、軽く地獄の入り口が見えましたとさ(`・ω´・ ;)




その後再訪機会を逸してしまい、何と10日ほどもインターバルが空いてしまいました。 ほぼ強引に時間を作って訪問してみたら、何やら「週替わり定食」に惹かれまして、頂いてみる事にしました(*^▽^*)

「週替わり定食 蒜末鶏塊定食 (780円)」※「ニンニク酢鶏定食」

華苑 週替わり定食 蒜末鶏塊定食 (ニンニク酢鶏定食)

大きめの鶏肉に下味を付けて、片栗粉をまぶして揚げてあるようですので、竜田揚げ(?)に近いものでしょうか? ニンニクの芽や玉ネギ、赤ピーマンを炒めたところにニンニク風味の甘酢餡を合わせて、鶏肉を和えた感じです。

華苑 週替わり定食 蒜末鶏塊定食 (ニンニク酢鶏定食)

これが白飯に合わない訳がない! と、言うか“白飯の為に生まれてきた”ようなおかずではありませんかO(≧▽≦)O 工藤さん、素晴らしい!!

華苑 週替わり定食 蒜末鶏塊定食 (ニンニク酢鶏定食)

って事で、早速のオン・ザ・ライスだ!(〃∇〃)

はぅぅぅぅ、うんめぇ~~~!(@´∀`p★)゚*。+゚★

問答無用に旨いです♪(((*≧艸≦) ニンニクの風味と辛味も効いていて、それでいて甘酢仕立てな訳です。 その上柔らかい肉質の鶏の竜田揚げがゴロゴロ入っているのですから、もう一気呵成にご飯が進むわ(>▽<;;

最近は意識的にご飯の量を抑えていたのに・・・

「ムゲイサァ~ン、ゴハンオカワリハ?ヽ(´∀`。ヽ)」

マダムの絶妙なタイミングのお誘いに、もはや抵抗するチカラも無く・・・

華苑 週替わり定食 蒜末鶏塊定食 (ニンニク酢鶏定食)

あぁ、どうしても歯止めの効かなかったワタシ・・・( ̄  ̄;) うーん

さて、この“白飯のマボダチ”は、今週中絶賛提供中となっております♪ 食後はニンニク・フレーヴァーが残りますので、各自自衛策を講じられますようにヽ(*’-^*)。




でもって今日は、珍しくまともなランチタイム・アワーに「華苑」さんの前を通りかかったら、奇跡的な事に駐車スペースが空いていました(゚ロ゚屮)屮 シメシメ♪と緊急ピットイン( *´艸`)

「麻婆豆腐定食 2辛 (680円+30円)」※辛さレベル2

華苑 麻婆豆腐定食

ちょっと弱気に辛さレベルは2に抑えます( ̄▽ ̄i)ゝ でもアレだ・・・ この麻辣マシの指標も、以前とは軸がズレてきている気がします(`・ω´・ ;) 辛さレベルがそれぞれ一つづつジャンプアップしているような( ̄ω ̄;)

華苑 麻婆豆腐定食

辛さレベル2というと、以前は中辛口くらいに思えたのですが、今では立派に麻辣していますよ( ̄へ ̄|||) 最高レベルは5としていますが、それを易々と完食なさるお客様が少なくないそうで、工藤シェフもジリジリとそこに引き上げられているのかも知れません。

華苑 麻婆豆腐定食

豆豉の品の良いコクと旨みに花椒の痺れる辛さ、ラー油の香味が効かされております。 刻みネギのシャキシャキ感が、しっかり強めのトロミに一服の清涼感を与えます。 その美味しさは折り紙付きですが、例によってボリュームたっぷりですので、やや多めに盛って頂いたごはんをしても、精々半分までしか食べ進める事は出来ず、半分ほどは自宅にお持ち帰りとなりまして、今夜は“おウチで華苑”となります(〃∇〃)ゞ

序でに“無芸の仕事場”でお留守番の家内にテイクアウトをお願いしておきました♪

「チャーシューチャーハン (650円)」 ※お持ち帰りパック代は別料金

華苑 叉焼チャーハン

お店で皿盛りで提供されると、大して量は多くないように思いがちですが、実は小丼一杯分くらいの量になります(⌒▽⌒;) 勿論、パラッと仕立ての超本格調理♪

華苑 叉焼チャーハン

味のよく染みこんでいる端っこチャーシューの角切りが、とってもステキな味わいを醸し出しています(〃∇〃) とても家内一人では食べきれる訳もなく、無芸大食倅と分け合って美味しく楽しんでくれたようです。 これ一品のお持ち帰りで“家庭円満”な無芸家でしたww




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る