FC2ブログ

2012年錦秋巡り 姫沼公園(1)

昨日はお天気にさえ恵まれれば、ここ「姫沼公園」を再訪するつもりでしたが、日差しはとても期待出来そうもなく、大人しく在宅しておりました(_ _。)・・・シュン

先週訪問した時は、いよいよこれから紅葉の最盛期を迎える寸前ってところでしたが、素晴らしい日差しに恵まれ、三脚を立てずに手撮りで気軽にいってしまったのが悔やまれるほどの美しさでした( ̄▽ ̄i)ゝ

木漏れ日のモミジ
[2012/11/04 木漏れ日のモミジ] <↑ Clickで拡大>

公園を訪問していた大多数は、ボク達のような写真を趣味とする人達です。 まだその数は20人ほどでしたが、この日は終日入れ替わり立ち替わりカメラマンが訪問していたようでして、Blog仲間の「写真でも撮ってみようか!」(URL)のAuthor・きゅうじさんも訪問されていたようです。 目の付け所はやはり似てくるようでして、ほぼ同じポイントから、ほぼ同じアングルで撮影された作品がありましたよヾ(^▽^* なのに主題の置き方とか写真の仕上げ方の違いがあって、これまた面白いところでした♪

葉脈
[2012/11/04 葉脈] <↑ Clickで拡大>

姫沼の東岸側には、綺麗に色付くモミジが多数ありまして、これらが一斉に赤く色付きますと、写真的には赤の色が飽和してしまうほど強烈です(^◇^;) ピークの一歩手前くらいですと、多様な彩りで緩和されるんですね。 豊かな枝葉が故に、絞り値の設定とピントの置き所が大きく影響します。

モミジのパラソル
[2012/11/04 モミジのパラソル] <↑ Clickで拡大>

とは言え、撮影中はついつい構図に没頭してしまい、ほんのちょっとした“一緒に写ったら邪魔になるもの”を見落としている事が多々あります( ̄▽ ̄i)ゝ 帰宅後にPCにデータを移動後、独りモニターを見つめて悔しい思いを噛み締めている自分が居ます。

シルエット
[2012/11/04 シルエット] <↑ Clickで拡大>

前述の通り三脚を使わずに、レンズの手触れ補正機能を利して手撮りしましたので、機動性の良さで結果的には結構な枚数を撮影致しました。 アングルの自由度の高さと刻一刻と変化する光の差し方を、直感を頼りに撮る楽しさは、原点的な楽しみでした(*^▽^*)

黄葉小径
[2012/11/04 黄葉小径] <↑ Clickで拡大>

それなりに絞ってみましたが、枚数が多いのでもう一回お付き合い下さいヾ(^▽^*