FC2ブログ

杏花村(きょうかそん) ~福島県郡山市日和田町~

期待の新星「杏花村 (きょうかそん)さんを初訪問しました。 地元の方でないと分かり難い場所かと思うのですが、旧国道4号線沿いと言う事か、案外道に迷うことなく辿り着けるようです(*^▽^*) この出店物件は、その昔は「そば遊膳 たむら」さんが初めて暖簾を掛けた地でした。 そう聞けば直ぐに分かる方もおられるでしょう(* ̄∇ ̄*)

杏花村

日曜日の午後、お店の営業時間が終了しそうなタイミングで訪問しましたが、ご店主様が快く迎え入れてくれました。 ボクと家内がこの日のラストの客になりました( ̄▽ ̄i)ゝ 危なかったぁ~(^◇^;) 基本的に二種類のメニュー展開ですので、一挙両得でww

「中華そば (600円)」

杏花村 中華そば

豚骨と豚足を強火炊きにしてスープを作るそうですが、立ち香には軽いアンモニア臭とニボシの香りが伝わって来ます。 載せモノは結構シンプルに、驚かされるようなアイテムこそありませんが、肩ロースチャーシューもメンマも、ちゃんと手の入っている印象です。

杏花村 中華そば

白濁するほど焚かれたスープは、軽く乳化しており、そこにニボシと鰹節の魚介スープを合わせたダブル・スープのようです。 最初に感じたアンモニア臭は、ラーメンを一口手繰ればもう気にならなくなります。 刻みネギが効果的に効いているのかも知れませんが、あまり心配には及ばないでしょうヾ(^▽^*

杏花村 中華そば

ストレート麺と縮れ麺を合わせているという中細麺は、とても滑らかな舌触りでスープの持ち上げも上々です。 スープの塩味は程良く制御されており、最後までスープを完飲出来るでしょう。 久々の濃厚魚介トンコツラーメンの登場です! 今後共に大いに楽しめそうです♪

「特製つけそば 大盛 (850円+0円)」

杏花村 つけそば 大盛

スタンダードのつけそば(700円)に対して、“特製”は150円増しでチャーシューが2枚マシの3枚に。 海苔が2枚マシの3枚に。 そして半熟味玉が添えられます(o≧▽゚)oニパッ 加えまして、大盛は無料とされている上に、ごはんとお漬け物がセルフでフリーですw( ̄▽ ̄;)w そんなに食べられませんけど、麺が並盛ならイケたかもww

杏花村 つけそば 大盛

漬けダレは酸っぱ甘い大勝軒スタイルではありませんが、フワッとした甘味があり、味付けはそのまま飲めてしまうほどの強さに抑えられています。

杏花村 つけそば 大盛

聞き漏らしてしまったのですが、多分麺は無漂白タイプの小麦粉が使われているのでしょうか? 明らかにアンバー・カラーを纏っていました。 角断面の太麺は、久々のゴツい系( *´艸`) バシッと冷水締めされており、その歯応えは印象的です。 大盛の麺量は茹で前で320gと、郡山大勝軒の中盛(300g)に近いボリュームです。

杏花村 つけそば 大盛

肩ロースチャーシューは少し薄目にスライスされておりますが、なかなかのボリュームですo(*^^*)o 味付けはそんな濃くないのですが、漬けダレに浸して頂くと丁度良いです。 また半熟味玉もソツ無く整えられておりまして、濃厚な黄身の美味しさはしっかりと楽しめます。

杏花村 つけそば 大盛

漬けダレを纏わせて手繰ってみると、濃厚トンコツの溢れんばかりの旨味と、華やかな魚介テイストが口中に広がります。 ほの甘く、そして決してしょっぱくない落とし所が巧く効いています。 更に刮目すべきは、この濃厚魚介トンコツ漬けダレを、後味良く締めているのが柚子の風味です!w( ̄▽ ̄;)w

柚子胡椒なのかとも思ったのですが、辛味成分は黒胡椒によるもののようでして、柚子の鮮烈な香りとほのかなエゴ味が、漬けダレを纏わせる度に楽しめます♪ こりゃあイイですよ( *´艸`)

結局大盛の麺量も何のソノ♪ 軽くヒネって参りましたww そんでもって割りスープは、めいめいにポットで供されます。 お好み次第で濃度調整が出来るのも良いですね。 いやいや、かなり楽しめましたO(≧▽≦)O 今後の活躍にも期待したいですね。




=閉店しました= アーカイブとして残しておきます
杏花村 (きょうかそん)
福島県郡山市日和田町高倉字諏訪前60
営業時間;11:00~15:00
定休日;なし


より大きな地図で 杏花村 を表示