FC2ブログ

2012年錦秋巡り さらば!一切経山

「一切経山」の山頂から下山を開始して間もなくの撮影です。 下山する人よりも、山頂を目指す人の方が多い時間帯なのか、随分と賑わってきましたよ(@・艸・;)

空道
[2012/10/14 空道] <↑ Clickで拡大>

あっ、そうそう。 突拍子もないハナシですが、↑の写真で現在の愛機NIKON D7000の通算撮影枚数が4,000枚のキリ番でした( ̄▽ ̄i)ゝ 前の愛機が水害で水没し、約1年前に新たに落手したのですが、約1年間で4,000カットの撮影枚数というのは、以前の半分にも満たないほどです。 年間約10,000カットくらいでずっと付き合っていたのですが、撮影機会が少なくなったのもそうですが、やみくもにシャッターを切らなくなったのでしょうか?( ̄ω ̄;) ちょっと自分でも不可解だったりします。

車列
[2012/10/14 車列] <↑ Clickで拡大>

さて話は戻って下山行。 やがて吾妻小富士と磐梯吾妻スカイラインを見渡せるポイントに辿り着きました。 そりゃあもう「え゛ぇ゛~~っ?!(〇o〇;)」って驚くほどの大渋滞になっていました。

“駐まるなキケン!”と言われる火山ガスエリアもすっかり渋滞していまして、車中の皆様はどんだけ心細かったでしょうね(`・ω´・ ;)

同日の午後、磐梯吾妻スカイラインで渋滞にハマられた「おでんのさん」の日記(*^_^*) (URL) のAuthor・おでんのさんさんによりますと、浄土平駐車場まで約3時間を要したそうですよΣ(゜▽゜;) 全ての通行車両が浄土平駐車場を目指していた訳では無いと思いますが、この駐車場の入り待ちにより大渋滞が発生していたのは事実のようです(`・ω´・ ;) そのままドライブ・スルーしたかった方々は、ちょっと可哀相だったかも。。。

天空ロード
[2012/10/14 天空ロード] <↑ Clickで拡大>

吾妻小富士を見下ろせるポイントの辺りは、こんな風景です。 そんなにキツイ登坂路でも無く、割と路面も安定しています。 って事で歩き易いのね♪

秋の鎌沼
[2012/10/14 秋の鎌沼] <↑ Clickで拡大>

往路でも撮影した「鎌沼」ですが、やや右手に見下ろしながらの下山路でも、やはり何回も足を止められてしまう美しさでした(*^_^*)

挑戦者達
[2012/10/14 挑戦者達] <↑ Clickで拡大>

もうすぐ「酸ヶ平避難小屋」に辿り着く、例の急斜角のガレ場です(>▽<;; ここは本当に始末が悪い(`・ω´・ ;) 浮き砂で滑るし、石も崩れ易いし・・・ ボクも一度ヒヤッとさせられましたΣ(゜▽゜;) 笑いのタネになるような事が無かったのは幸いでしたけどww

酸ヶ平を行く
[2012/10/14 酸ヶ平を行く] <↑ Clickで拡大>

「酸ヶ平避難小屋」に到着したところで、一度トイレ休憩をとることにしました。 本来3機設置されているトイレですが、2機が故障しているため長蛇の列です(^◇^;) 大分待たされましたけど、「浄土平駐車場」に辿り着くまで、他に設置されているトイレはありませんから、こればかりは致し方無しです。

酸ヶ平湿原
[2012/10/14 酸ヶ平湿原] <↑ Clickで拡大>

さあ、次は「酸ヶ平湿原」を越えて「鎌沼」へと向かいますよ!o(*^^*)o

つづく
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

「みそ支那」がリニューアルしましたよヾ(^▽^* と言う情報を得まして、期待満々で暖簾を潜りましたのは、安積町は長沼街道沿いの「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんです。

Fu-Ro-Ya

個性的な“濃厚節系支那そば”がFu-Ro-Yaさんのアイデンティティーとして受け入れられたってことか、着実にリピーターさんを増やしているようでして、この日も客足が途絶える事はありませんでした(*^▽^*)

さてすっかり秋の深まりを感じられる今日この頃、味噌ラ~を楽しむには良い気候が整いましたww 前述の味噌ラ~のリニューアルの報に鋭く反応してしまったのはきっと無関係では無かろうとと思います。 そもそもFu-Ro-Ya
さんの「みそ支那」には極めて好印象を持っておりましたが、過去記事を遡ってみたら昨年一月以来のご無沙汰でしたw( ̄▽ ̄;)w 短いスパンで新作を繰り出して来る店主・木村さんのピッチに乗るだけでも大忙しですね(>▽<;;

「支那そば味噌味 (680円)」 ※太麺指定

Fu-Ro-Ya 支那そば味噌味 太麺

ビジュアルだけで比較しても、以前とはまるで景色の変わっていますが、この日頂いたスタイルは、まさに正常進化を遂げたFu-Ro-Yaのカタチそのものでした。

Fu-Ro-Ya 支那そば味噌味 太麺

最も大きな変化は、味の決め手となる味噌自体の味決めを変えています。 以前は味噌のパワーで押しまくり、極めて濃度の高い印象でしたが、いくらかマイルドな方向へ向けて、味噌のテイストを甘めに変化させています。

そのバランスを取るためか、以前はデフォで“ネギダク”だったものが、割と標準的な白ネギのみに変わりました。 その代わりカイワレダイコンが加わったり、既にFu-Ro-Yaのキー・アイコンとなった揚げ玉が載ってきます。

Fu-Ro-Ya 支那そば味噌味 太麺

しかし濃厚な節粉の底力で、動物系スープと合わされますと、独特の粘性さえ感じさせるパワフルさは相変わらずですヾ(^▽^* その節パワーは、一瞬たじろぐほどですが、芳醇さと旨味の凝縮度に舌が馴染むほどに、魔性の中毒性に冒されていきます(^◇^;)

Fu-Ro-Ya 支那そば味噌味 太麺

麺は太麺も選べましたので、今回はそちらを所望してみました。 多分、つけ支那にも用いられていたロットかと思われます。 角断面のやや平べったく切り揃えられており、心持ち縮れが掛けられています。 現在の標準からすると、太麺というにはやや物足りなさがあるのも事実ですが、お店で扱われている麺の種類の中では相対的に太麺と通称しているようです。

この濃厚節系スープでしたら、もっと思いきり良くダイナミックなほどの極太麺でもきっと美味しく楽しめると思います( *´艸`) ってか、是非とも試してみたいってくらいのスープのパワーですヽ( ̄▽ ̄i)

甘めのトーンを纏わせたと言う事ですが、それはアフターの余韻の中に見いだすことが出来ます。 以前は塩味を含めて押しまくりの後味だったのですが、今回リューアルでは優しい甘味がマイルドな後味へと変貌させているように思えました。 前述の麺の件も含め、辛味系味噌への期待も膨らむ秀作でした♪(>▽<)b




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
     ※都合により暫く夜の部でのラーメン提供は見合わせとなっています
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る