FC2ブログ

中国家常菜餐庁 ニューちゃいな ~福島県郡山市堤~

約二ヶ月ぶりの訪問となった新さくら通り沿いの人気チャイニーズレストラン「中国家常菜餐庁 ニューちゃいな」さんです(* ̄∇ ̄*) 季節の変わり目で、何かスペシャルなおすすめ品が出ていないかなぁ~と楽しみにしていたのですが、ランチタイムが終わった後だったせいか、定番のグランドメニューしか提供されませんでした。 少し残念でしたけど、まだ食べていないメニューは沢山残されていますので無問題です(^^)

無芸大食妻と共に、日曜日の遅いランチでしたので、色々と並べて食べてみたかったのですが、

「そんなに食べきれないってヾ(^▽^;;」

と軽く制止されました(^◇^;) 事情が許すなら、「ここからここまで全部!ヾ(>▽<)」“大人食い”したいところですが、ここは素直に従っておきます( ̄▽ ̄i)ゝ

「鉄鍋棒餃子・4本 (380円)」

ニューちゃいな 鉄鍋棒餃子

いつもながら心地佳いサービスをしてくれるホール係の女性から、「餡に下味が付けあるので、最初はそのままで召し上がってみて下さいね」とお薦めがありましたので、素直に従ってみます。 なるほど、たっぷり仕込まれた野菜中心の餡には、頃合いの濃度で味付けが施されています。 野菜からと思われるナチュラルな甘味も伝わって来ます。

そこそこのサイズですので、ちょっと食べ応えがあり、パリッと焼き上がった皮の食感としっとりとした食感の餡がバランス良く楽しめましたよ( *´艸`)

「麻婆かけご飯 (830円)」

ニューちゃいな 麻婆かけご飯

まぁ、言わば「麻婆丼」ですね(* ̄∇ ̄*) メニューの中には“辛口仕様”の麻婆豆腐もオン・リストしておりますが、お気軽に頂けてどなたにも親しみ易い仕立てになっているであろうと読んでのオーダーです。

ニューちゃいな 麻婆かけご飯

ご覧の通り見慣れているような“血の池地獄”には非ず、極めてスタンダードな麻婆豆腐に見えますね。 味の濃度はとてもリーズナブルに抑えられており、塩味や辛味の角が立つことはありません。 しかし、食べ進む内に、ジワジワと舌の上に辛味の余韻が堆積してくるという、極めて巧妙な仕掛けが・・・(⌒▽⌒;)

こういう隠し技を仕掛けてくるあたりが、このお店の人気にも繋がっているのではないでしょうかね?(>▽<)b こういうさり気ないプロはだしのアプローチは高評価ですよ♪

ニューちゃいな 麻婆かけご飯

共添えされている卵スープもまた派手さは無いけど外連味の無い味わい。 手抜きって伝わってしまったら、お客様からの評価に伸び代は無くなります。 こういった細やかなところに、お店の本質が垣間見えるってものですよね(^-^)

「酸辣湯麺 (830円)」

ニューちゃいな 酸辣湯麺

家内の所望品です(^^) 酸味の効いたこの料理は、女性からの支持が多いように思えます。 ボクも少しばかり味見をさせて貰いましたが、意外とメリハリの効いたHOTさがあり、果たして彼女が楽しみながら食べられるか心配したのですが、難無く食べ切っちゃいました(@・艸・;)

ニューちゃいな 酸辣湯麺

あぁ、そうそう。 このトレードマークの“赤い棒”には手出ししなかったみたいですけどO(≧▽≦)O

ニューちゃいな 酸辣湯麺

中国料理店さんが愛用する、ストレート中細麺が使われていましたが、歯触りよりも舌触りの滑らかさとスープの持ち上げの豊富さが卓越していますねヾ(^▽^* 暫くこの手の麺に出会っていなかったので、結構新鮮だったかもww

相変わらずホール・スタッフの接客姿勢の良さとホスピタリティーには感心するばかりです。 以前、年末近くには駅前界隈に二号店が・・・といったウワサを聞いていましたが、その後どうなったでしょうかo(*^^*)o




中国家常菜餐庁 ニューちゃいな
福島県郡山市堤1-86
電話;024-952-2177
営業時間;【平日・昼の部】11:00~15:00 【平日・夜の部】17:00~22:30 (LO;22:00)
       【土曜日】11:00~22:30 (LO;22:00) 【日・祝】11:00~22:00 (LO;21:30)
定休日;元旦
駐車場;共用70台