FC2ブログ

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

新作「黒醤油らーめん」のリリースから一週間を経た「麺屋 信成」さんですが、ボクもリリース初日に訪問しまして、ファイン・チューニングが施された決定版を楽しませて頂きました( *´艸`)

麺屋 信成

滑り出しは上々のようでして、かなり多くのお客様方が新作を所望されたそうです(* ̄∇ ̄*) やっぱり“漆黒系”というのは当地にあってはジモピーのDNAを激しく揺さぶるのでしょうか?ヾ(^▽^*

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

うわぁ~~v(≧∇≦)v 丼一面チャーシュー尽くしですぅ~♪

最終試作版では初登場のモモ肉チャーシューのみの潔い選択で、しかもやや厚めのカットだったのですが、美味しいには美味しいけれど、麺の食感を凌駕してしまう点が浮上しまして、一体感を得るべく薄切りへの変更が模索されました。

また、これも店主・海野さんの自家用として趣味で作られていたロースチャーシューも合い盛りされる事となり、二種類のチャーシューが楽しめるようになりました( *´艸`)

麺屋 信成 黒醤油らーめん

載せモノも「麺屋 信成」のキー・アイコンだった白髪ネギとフレッシュ水菜を敢えて外して、徹底して「黒醤油らーめん」との相性を追い求めた結果、白ネギと刻みネギ、茹で水菜、そして伝家の宝刀たる拍子切りの太口メンマが選ばれました。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

チャーシューの総量は何枚になったのかさえ分かりません( ̄▽ ̄i)ゝ と言うのも、スープで温められたチャーシューは、お箸で持ち上げようとすればホロッと崩れてしまうからww モモ肉チャーシューの染み渡った味のアクセントと言い、ロースチャーシューの脂質の旨味と言い、ほぼ渾然一体になっています。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

ご覧の通り丼を覆う油膜は結構豊富ですが、油っこさは勿論のこと、味サバケに諄さなどはありません。 香味油的な作用と、舌触りの滑らかさに寄与していますね。

勿論これまたご覧の通り、醤油ダレの色合いを映した漆黒スープは、無粋なニゴリもなくクリアな色合いです。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

このアイテムだけの為に用意された低加水タイプのストレート中細麺は、北海道産の小麦粉から作り出されています。 これまたご覧の通り、漆黒スープの色を纏ったステキなビジュアル(>▽<)b そのまま口へ運べば心地佳い歯触りと共に、豚ガラ&鶏ガラのベーススープに、醤油のフレーヴァーがバッチリとマッチしていてまさに至福のひととき(((*≧艸≦)

醤油ダレの濃度も、最終試作版の時よりもほんの少しだけど抑え加減にされていて、この微妙なサジ加減によって、初っぱなのインパクトよりも、スープを最後まで完飲出来る懐の深さを手にしました。 素晴らしいファイン・チューニングにひたすら感動するばかりの一杯でした。

尚、基本的には前述の「低加水タイプの中細ストレート麺」が合わせられておりますが、ご希望とあらば多加水系中細縮れ麺をはじめ、通常用意されている麺への仕様変更は受けて頂けるそうですヾ(^▽^*

「鳥そぼろごはん (250円)」

麺屋 信成 鳥そぼろごはん

ついつい頼んでしまう「鳥そぼろごはん」o(*´∇`*)o ちょっと濃ゆい甘じょっぱい味付けに生姜風味がフワッと♪ らーめんのスープも良いお供となりまして、すっかり満腹&大満足でしたぁ~!(v^ー°)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度