FC2ブログ

2012年錦秋巡り 安達太良山の紅葉

昨日の日曜日は数日前の天気予報とは異なり、朝方まで雨が降る始末でして、当初予定していた浄土平から遊歩道を歩いて「鎌沼」や「酸ヶ平」への撮影行は断念せざるを得ませんでした。 一夜明けて今日は朝から見事な秋晴れ! 祝日の無芸の仕事は不完全燃焼な営業する事となり、恨めしく秋晴れの空を眺めることに・・・( ̄  ̄;) うーん

このまま一日を過ごすのは自分も家内も不憫過ぎると勝手に決め込みまして、一度お店を閉めて美しい景色を眺めに出かける事にしました( ̄▽ ̄i)ゝ ワハハ、これぞ自営業の醍醐味ぢゃww

って事で、撮影機材を積み込んで、家内と一緒にドライブに出発ですε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

今年は紅葉が一週間から十日ほど遅れておりまして、まだ目の醒めるような色付きになっている場所は無いのですが、手始めに寄せてみたのは「安達太良山」が眺望出来る「あだたら高原」ですよ♪

ここ「あだたら高原」には富士急さんが運営する観光ゴンドラリフト「あだたらエクスプレス」がありまして、標高950mのゴンドラ山麓駅から薬師岳の頂上付近となる標高1,350mまで僅か10分で一気に連れて行ってくれます(* ̄∇ ̄*)

安達太良山

家内はこのゴンドラリフトに乗ったことがありませんので、これもまた良い機会かと思いまして連れ出したのですが、それなりの服装では来たつもりでも、やはり高度を上げるに従い肌寒さの違いに驚く事になります。 もっともこの日は風が穏やかでしたので、日差しが当たっている分には大丈夫でした。

あだたらエクスプレス

ゴンドラ山麓駅ではまだ紅葉や草紅葉の兆候はありませんでしたが、流石に400mも高度が上がりますと、徐々に黄色く色づく景色が目に入ってきます。 確かに見頃にはまだ早かったですが、それでも広大な山麓を彩る木々は素晴らしいスケール感があります。

色付き始めた五葉松平
[2012/10/8 色付き始めた五葉松平] <↑ Clickで拡大>

ゴンドラリフトで登っていた頃は、雲の無いキレイな青空だったのですが、アッと言う間に雲が掛かってしまいました(>▽<;; 山の天気は本当に変わりやすいですね。

薬師岳から望む上八幡滝
[2012/10/8 薬師岳から望む上八幡滝] <↑ Clickで拡大>

広々とした山麓の中、鉄山の直下にあるのは「上八幡滝」です。 ここ薬師岳から望むと、最もよく見えるそうです(*^▽^*) 何とか近づけないものかとルートガイドなどを参照にしてみたことがありますが、事実上の沢登りルートになりますので、私のような素人が太刀打ち出来る場所では無さそうです(^◇^;)

色付き始めた安達太良山
[2012/10/8 色付き始めた安達太良山] <↑ Clickで拡大>

ご覧の通り、全景で見ますとやはりピークはまだこれからです。 多分今週の木曜日辺りから週末に掛けては色付きが明瞭になって来ると思います。 出来れば再訪したいと思っていますが、天気とスケジュール次第ですね(`・ω´・ ;)

薬師岳から見下ろす二本松
[2012/10/8 "薬師岳から見下ろす二本松] <↑ Clickで拡大>

おまけ写真ですww ゴンドラ山麓駅の背後に見えるのは、多分二本松市では無く松川町あたりではないかと思います。 丁度三連休だった事も有ってか、駐車場にはそれ相応の来訪者の車が並んでおりました。 来週には渋滞する事も考えられます。 確か二年前のピークの週末も、岳温泉の辺りから渋滞が始まり、ゴンドラ山麓駅まで2時間を要したと聞いています(〇o〇;)

そうそう、余談ではありますが、ゴンドラ山麓駅にあった「あだたら高原富士急ホテル」は只今受水槽の工事中のようでして、当分休業との事です。

また「ゴンドラ山頂駅」にあった展望スペース「カフェ・ビフロスト」は、以前は食事や飲み物が楽しめたのですが、現在営業はしておりません。 無料の休憩施設として開放されていますので、眺望を楽しみながら持参のお弁当を楽しんだり、リフト駅には自動販売機もありますので、こちらで買い求めた飲み物を楽しむ事も出来ます。

ゴンドラリフトは大人往復で1,600円とされていますが、「富士急」さんのサイトでインターネットクーポンが用意されています。 100円ではありますが値引きされますので、ご利用の方はプリントアウトしてお持ち下さい。(直リン)
 

平安食堂 ~福島県郡山市大槻町土瓜~

何と4ヶ月のインターバルが空いていた「平安食堂」さんです( ̄▽ ̄i)ゝ 実はその間に何度か訪問はしていたのですが、毎回暖簾落ちの憂き目に遭っておりました(>▽<;; それも着実にリピーターが増え付けている事と、ちょっと嬉しかったりもしておりました。

平安食堂

この日は珍しくも、人並みのランチタイムに立ち回る事が出来まして、無事暖簾を潜ることが出来た次第o(*^^*)o 先客様もおられたばかりか、次々とご来客で、決して広いとは言えない店舗ですが、かなりの高回転営業をされているようです( *´艸`)

「ワンタンメン (600円)」

平安食堂 ワンタンメン

相変わらず昭和チックなシンプル仕様です(*^▽^*) 決して芳醇とは言えませんが、豚ガラ由来の出汁香りと醤油ダレが香りがタップタプのスープからフンワリと香ってきます♪

平安食堂 ワンタンメン

小振りなチャーシューは現在の標準からはボリューム的には寂しげですが、不思議なことに小さいなりの大きな満足が得られます。 淡麗仕立ての醤油味の中にあって、ちょっとアクセントのある味付けと、確かな肉質が功を奏しているようです。

メンマは細裂きタイプで、こちらもまた少しアクセントのある味付けではありますが、決して強すぎる事はなく、シャリッとした歯触りが楽しめます。

平安食堂 ワンタンメン

チュルンチュルとした滑らかな舌触りのワンタンは、餡少な目のワンタンメン仕様。 その食感の良さには多くのファンが付いています(* ̄∇ ̄*)

平安食堂 ワンタンメン

麺がまた相変わらず個性的でして、平断面タイプの中細麺ですが、決して歯応えを主張するタイプではありません。 この日はとても幸運なことに、一杯出しのタイミングで頂けた事もあってか、この縮れ具合が見事に活きていまして、舌の上をくすぐるように踊りながら滑るって食感O(≧▽≦)O これに当たったのは、訪問6回目にして初訪問の時と合わせて2回目です♪

多分ボクはその時の第一印象に惹かれ続けて、フラフラとこの暖簾に引き寄せられているのではないかとo( ̄ー ̄;)ゞ それくらい他に類を見ない楽しい食感がありまして、ソレに当たった時の幸福度は代えがたい物があります( *´艸`)

そして相変わらずテーブルにはスープ用のタレが配されておりまして、味付けが淡いと感じたお客様は、自在に味目をコントロール出来ます。 またいつの間にか定休日がキャンセルされていて、事実上不定休と言いますか、年中無休と書き換えられておりました。 ホントかな?(^◇^;)

ただし以前のように夕刻まで暖簾が掛かっていることは少なくなりつつあります。 売り切れが早くなっているんですね。 ランチタイムまでは問題ありませんが、私のように遅い時間に訪問する方は要注意です(`・ω´・ ;)




平安食堂
福島県郡山市大槻町土瓜49-1
営業時間;11:00~18:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に4台分


より大きな地図で 平安食堂 を表示