FC2ブログ

中国料理 鈴 (りん) ~栃木県那須郡那須町~

初夏の初訪問から時は流れてもう初秋。 再びあのお店を目指して東北自動車道を南下します。 那須ICで降りれば、後は残り数キロでお目当ての「中国料理 鈴(りん)さんに到着です♪ 今回もランチタイムの終了間際( ̄▽ ̄i)ゝ お陰でホールは貸し切り状態でしたww

前回の初訪問で、店主・鈴木さんとは何気に親しくさせて頂くキッカケを出来ましたもので、ほんのキモチってくらいの手土産を持参致しましたところ、“海老で鯛を釣る”ような事になってしまい甚だ恐縮する事になりますノ( ̄0 ̄;)\

こういった“鯛”は、普段は公開しないことを心掛けているのですが、店主・鈴木さんの持ち味が活かされている一皿でしたので、そのポテンシャルを感じて頂ければと思い、ご紹介させて頂きますね。

中国料理 鈴 海老と四川唐辛子の炒め

正式なお料理の名称はお尋ねしませんでしたので、多分こんなかなぁ~ってところで言えば「海老と四川唐辛子の炒め」ってところでしょう?o( ̄ー ̄;)ゞ 青い野菜はシシトウのような野菜らしいです。 玉ネギと海老、四川唐辛子に花椒が炒め合わされています。

中国料理 鈴 海老と四川唐辛子の炒め

花椒は一度油炒りされているっぽかったです。 極度の麻で卒倒する事は無く、カリッと軽やかな食感と共に炒った香ばしさと共にジワッと麻が広がります。 四川唐辛子は濃い目の調味料の味が纏わされていまして、調子に乗って口にしていますと、突然牙を剥きます(〇o〇;)

あぅぅぅぅぅ、シャックリが止まらなくなりましたぁ~!(>▽<;;

キホンの味わいとしては黒酢を使った甘酸っぱいもの。 そこにオイリーさと辛味が注ぎ込まれていますもので、こりゃあ酒肴としては極上の一皿ですね( *´艸`) さすがにそこでビールを頂くって訳にも参らず、その思いが膨らむばかりでした(>▽<)b

夜の部のグランドメニューに入っているかも知れませんし、併設されている「まるすず会館」という結婚披露宴会場でのバンケットで提供されているのかも知れません。 何れにせよ、麻辣ファンには垂涎の一皿になりそうですよ( *´艸`)

さて軌道を修正致しまして、この日の所望品に移りましょう(^◇^;) ランチメニューには二種類の担々麺がオン・リストしています。 「四川担々麺」と呼称するものは、言わば「汁無し担担麺」でして、こちらは白河の大御所Blogger「にくきゅうの楽園」(URL)のAuthor・にくきゅうさんをしても“難攻の極辛口”だったと言います(`・ω´・ ;)

一方のもう一点は、スープありの「担々湯麺」といったもの。 こっちはずっと“穏やかなお味”と言う事でして、ネタ的には前者なのは明白なのですが、散々悩んだ挙げ句にヘタレましたヾ(´▽`;)ゝ

「担々湯麺ランチ (1,000円)」

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

昼の部のランチメニューとして、前述の「担々湯麺」には副菜とサラダ、半ライスがセットされた満足の組膳がございます♪ 担々麺に半ライスはマストアイテムですから、当然コチラを所望ですよ。

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

決して人を驚かせるような“血の池地獄”はここにはありません。 極めて端正な担々麺のビジュアルですね。 こんな担々麺は久方ぶりかもww

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

しっかりと甘じょっぱい味付けの施された肉味噌♪(〃∇〃) この肉味噌をドッサリとオン・ザ・ライスして、濃い目の担々スープを掛けてザックザクと食べてみたいっスね(((*≧艸≦) あぁ~、でもこの肉味噌だけを先につまみ食いしちゃうと、折角の担々湯麺の華が無くなっちゃうからガマンねww

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

麺は中国料理店御用達のストレート卵麺ですかね? ラーメン専業店様方のような個性的な食感の麺とは言い難いですが、シルキーで滑らかな舌触りの良さと、タップリとスープを持ち上げるお陰で、美味しいスープが口中に溢れんばかりに届きます。

スープには花椒のスパイシーな香りが溢れますが、決して過度な麻辣具合はありませんので安心です。 胡麻ペーストの使い方もドロッとするような粘性は無く、さりとて物足りなさも無く、言わばバランスの良さで楽しませてくれるタイプですかね? ゴマ由来の滋味を感じさせるような甘味が、ホットさをマスキングしている感もあります。

決して淡麗ではありませんが、良い意味で諄さは無く味サバケの良いミディアムタイプの仕立てだと感じました。 また全体から漂ってくるテイストは、少し古典的なものを感じます。 それは勿論古臭いって無意味ではなく、キホンに忠実なクラシックな佇まいです。

これは店主・鈴木さんに中国料理の技法を伝授された師匠が、日本の四川料理の始祖と言われる陳健民氏の流れを汲んでいるからかも知れません(*^▽^*) これは極めて重要なポイントであり、是非ともこれからも継承して頂きたい味筋だと思います。

「五目あんかけごはん 醤油味 (850円)」 ※スープ付き

中国料理 鈴 五目あんかけごはん 醤油味

こちらは同行した無芸大食妻の所望品。 ちょっと味見させて貰いましたが、こちらの餡もやはりクラシカルな風情がありまして、オイスターソースの旨味がジワッと効かされており、薄甘口の味付けが施されておりました。 トロミはやや抑え加減ですので、ごはんに餡が良く染み入ります( *´艸`) 辛い料理のオン・パレードでは無いところが良いですね。 お子様連れでも安心ですよ(^^)

「杏仁豆腐 (400円)」 ※ランチとのセットなら250円で提供

中国料理 鈴 杏仁豆腐

最後の〆にはやっぱり自家製杏仁豆腐を頂かなくちゃ♪ヾ(^▽^* 杏仁の香りが品良く鼻腔に届きます。 勿論、滑らかクリーミーな舌触りは特筆モノです。 にくきゅうさんの目が釘付けとなるバジルシードのアップ付きv(≧∇≦)v




中国料理 鈴 (りん) (URL)
栃木県那須郡那須町高久甲5176
電話;0287-63-4265
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O. 20:30)
定休日;水曜日、第1火曜日
駐車場;敷地内に50台分以上