FC2ブログ

無芸の朝スパ

恒例の「無芸の朝スパ」です(〃∇〃) 前回のお盆前の記事挙げから約二ヶ月。 季節は夏から秋へと移ろい、何時しか食卓に並ぶアイテムにも季節の変化が出ているような・・・σ( ̄、 ̄=)

「無芸作 スパゲッティ・ミートソース 焼き茄子添え」

無芸作 スパゲッティ・ミートソース 焼き茄子添え

これはお盆の頃の朝スパですね。 茄子が一番美味しく楽しめる頃( ̄∇ ̄*)ゞ 隙を見ては茄子を買い込んでくるってくらい好き( ̄▽ ̄)ゝ オリーブオイルを敷いてフライパンで焼き、塩コショウしただけなんですが、スパのサイドを充分に固めてくれます。

「無芸作 ボンゴレ・ビアンコ 焼き茄子とおろしポン酢ハンバーグ添え」

無芸作 ボンゴレ・ビアンコ 焼き茄子とおろしポン酢ハンバーグ添え

もう何だか朝スパ云々って言うよりも、ワンプレート・ランチみたいになっちゃった(^◇^;) 暑さの厳しき折、サッパリとしたお味って事でボンゴレ・ビアンコまでは良かったんだけど、前夜に食べきれなかったハンバーグも何とかしなくちゃならなくて、大根おろしとポン酢で強引にハメたったww

「無芸作 イベリコ豚の肉汁そうめん」

無芸作 イベリコ豚の肉汁そうめん

日曜日の夕食に作ったんですわ。 鳩スーパーで買い出し中に「イベリコ豚」がお値頃提供されていたもので、温かい漬けダレでそうめんを食べようかと♪

宗田節と厚削りカツオ節で出汁を引いて、清酒とミリン淡口醤油に少しめんつゆを加えます。 風味と旨味がギュギュッとインパクトのある漬けダレの出来上がり。 イベリコ豚は脂質の旨味だけではなく、肉質の柔らかさも特筆モノ(//∇//) 家族のウケも上々ですので、その後度々食卓に載ることとなりましたヾ(^▽^*

「無芸作 キノコたっぷりのトマトソース・スパゲッティ」

無芸作 キノコたっぷりのトマトソース・スパゲッティ

まだ残暑の厳しき折、スッキリと軽快に楽しめるスパ。 ガーリックと唐辛子でスパイシーさとホットさを加え、シンプルにトマトソースの美味しさを引き出しました。

「無芸作 厚切り豚バラ肉の焼きそば」

無芸作 厚切り豚バラ肉の焼きそば

これは朝スパでは無く朝焼きそばですねww 焼きそばには脂質の多い豚バラ肉が美味しい! って訳で、豚バラ肉のブロックから手切りで厚めに切り出します。

ソースはウスターソースを使うのですが、麺に添付されてくる粉末ソースってヤッパリ良く出来ているモノで、両方を合わせて味調整です( *´艸`)

「無芸作 エビとシメジのトマトクリームソース・スパゲッティー」

無芸作 エビとシメジのトマトクリームソース・スパゲッティー

ようやく濃厚テイストを受け入れられるくらいの気温となったので、子供達にウケの良いやつをww

「無芸作 牛挽肉のミートソース・スパゲッティ」

無芸作 牛挽肉のミートソース・スパゲッティ

いよいよ初秋の風を感じさせる頃には、更に濃厚テイスト化ww セロリやニンジンもみじん切りにして加えてあり、赤ワイン、トマトピュレ、デミグラスソースなどで大枠の味を決めたら、少量のウスターソースやケチャップも出番アリです(* ̄∇ ̄*)

「無芸作 極太フランクとシメジのちょい辛トマトソースのスパゲッティーニ」

無芸作 極太フランクとシメジのちょい辛トマトソースのスパゲッティーニ

久しぶりに美味しいパンが食べたかったので、スパゲッティはサイドの位置取り。 ソーセージを具材に使う時は、意識的に薄切りにした方がソーセージの美味しさをソースに取り込みやすいようです。

「無芸作 秋鮭とシメジのクリーム・スパゲッティ

無芸作 秋鮭とシメジのクリーム・スパゲッティ

秋鮭が店頭に並ぶ頃となりましたので、こちらをゲトして参りました♪ ドライハーブと塩コショウで下味を付けて、一口大にカットしてからオリーブオイル焼きにしておきます。

みじん切りの玉ネギをバターで炒め、少ししんなりしてきたところでシメジを追加。 軽く火が通ってきたら白ワインを加えて少し蒸し煮にします。 顆粒コンソメとスパゲッティの茹で汁を加えて生クリームを投入。 塩コショウで味決めをしたら茹で上がったスパゲッティを入れて少しだけ和えながら火を加えます。

お皿にスパゲッティを盛り付けて、先に焼いて置いた鮭の切り身を配して、小口ネギをパラッと♪ 出来る事ならイクラもゲトして載せたかったのですが、全くと言って良いほど店頭に並びませんw( ̄△ ̄;)w 今年も鮭が不漁だと聞いていますが、どうしちゃったんでしょうね?( ̄ω ̄;)

「無芸作 牛スジ肉の甘辛煮

無芸作 牛スジ肉の甘辛煮

夕食に作ってみました。 実は牛スジは初トライ( ̄▽ ̄i)ゝ 以前から調理してみたかったんですよ♪ 二回湯こぼしして下処理の上、圧力鍋で炊きましたが、やっぱり匂いが気になって、再び煮汁を棄てて圧力鍋で炊き直しました(>▽<;;

何のかんので結局はイイ感じに出来上がりまして、家族からも好評で“ヲヤジの面目”が立ちました( ̄∇ ̄*)ゞ オン・ザ・ライス仕様で作りましたので、糸コンと玉ネギが加わっていて、甘じょっぱく味付けしてあります。 豆腐と合わせりゃ“肉豆腐”に仕立てる事も出来ますねo(*^^*)o

「無芸作 イベリコ豚の肉うどん」

無芸作 イベリコ豚の肉うどん

同日の汁物。 牛スジ丼とイベリコ豚の肉うどんの取り合わせね♪ ざっと二ヶ月間のボクが作った料理でした(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
 

御食事処 味の館シャトウ ~福島県郡山市熱海町~

こちらもまた暫くご無沙汰していた、磐梯熱海温泉郷の旧R49沿いにある「お食事処 味の館シャトゥ」さんです。 お昼時は地元廻りのご営業筋などのお客様もあり、楽しみに暖簾を潜られる方も少なくありません(*^▽^*)

御食事処 味の館シャトウ

意外と言っては何ですが、温泉郷が一番賑わうはずの週末が、このお店にとっては一番まったりとした時が流れているかも知れません(@・艸・;) そんな訳で週末訪問が大多数のボクは、ついつい余計な老婆心で心配になっちゃうんですよね( ̄▽ ̄i)ゝ

さてお久しぶりの訪問ですので、もはや定番のお気に入りメニューを所望致しましょうヾ(^▽^*

「カツカレー (750円)」

味の館シャトウ カツカレー

ドォ~~ンと来た!(>▽<)b いつもながら“大盛CALL不要の盛りっぷり”には惚れ惚れしちゃいます(〃∇〃) ってか未だに恐れ多くて“大盛CALL”をしていないのですが、どんな世界が待っているのでしょうか?

味の館シャトウ カツカレー

たっぷりと掛け回されたカレールーは、カイエンペッパーの効いた中辛口。 後からジワァ~~っとHOTさが感じられますよ( *´艸`) またトンカツの下にまでカレールーは浸食しておりまして、まさに惜しげもなく配されている感じです♪

味の館シャトウ カツカレー

揚げ立てサクサクの豚ローストンカツは、120g相当かと思われますが、ご飯の量が400gくらいはありそうですので、合計しますとなかなかの破壊力となりますww 卓上には揚げ物一般用にソースが配されていますので、味変ツールとしてトンカツに合わせるのも一興です。

やはりどう考えても、このカツカレーのコスパの良さは立派です(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 充分に“名物”として主張出来ると思いますヨ(* ̄∇ ̄*) カツカレー、ナポリタン、ハンバーグのいずれもが揃っていますので、これを全部ワンプレート盛りしたら、さぞかしインパクトのあるメニューが出来そうなのですが、どうでしょうかね?(^◇^;)




お食事処 味の館シャトウ
福島県郡山市熱海町荻袋
電話;024-984-2068
営業時間;11:00~19:00くらい
定休日;不定休
駐車場;敷地内に12台ほど

 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

新作「黒醤油らーめん」のリリースから一週間を経た「麺屋 信成」さんですが、ボクもリリース初日に訪問しまして、ファイン・チューニングが施された決定版を楽しませて頂きました( *´艸`)

麺屋 信成

滑り出しは上々のようでして、かなり多くのお客様方が新作を所望されたそうです(* ̄∇ ̄*) やっぱり“漆黒系”というのは当地にあってはジモピーのDNAを激しく揺さぶるのでしょうか?ヾ(^▽^*

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

うわぁ~~v(≧∇≦)v 丼一面チャーシュー尽くしですぅ~♪

最終試作版では初登場のモモ肉チャーシューのみの潔い選択で、しかもやや厚めのカットだったのですが、美味しいには美味しいけれど、麺の食感を凌駕してしまう点が浮上しまして、一体感を得るべく薄切りへの変更が模索されました。

また、これも店主・海野さんの自家用として趣味で作られていたロースチャーシューも合い盛りされる事となり、二種類のチャーシューが楽しめるようになりました( *´艸`)

麺屋 信成 黒醤油らーめん

載せモノも「麺屋 信成」のキー・アイコンだった白髪ネギとフレッシュ水菜を敢えて外して、徹底して「黒醤油らーめん」との相性を追い求めた結果、白ネギと刻みネギ、茹で水菜、そして伝家の宝刀たる拍子切りの太口メンマが選ばれました。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

チャーシューの総量は何枚になったのかさえ分かりません( ̄▽ ̄i)ゝ と言うのも、スープで温められたチャーシューは、お箸で持ち上げようとすればホロッと崩れてしまうからww モモ肉チャーシューの染み渡った味のアクセントと言い、ロースチャーシューの脂質の旨味と言い、ほぼ渾然一体になっています。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

ご覧の通り丼を覆う油膜は結構豊富ですが、油っこさは勿論のこと、味サバケに諄さなどはありません。 香味油的な作用と、舌触りの滑らかさに寄与していますね。

勿論これまたご覧の通り、醤油ダレの色合いを映した漆黒スープは、無粋なニゴリもなくクリアな色合いです。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

このアイテムだけの為に用意された低加水タイプのストレート中細麺は、北海道産の小麦粉から作り出されています。 これまたご覧の通り、漆黒スープの色を纏ったステキなビジュアル(>▽<)b そのまま口へ運べば心地佳い歯触りと共に、豚ガラ&鶏ガラのベーススープに、醤油のフレーヴァーがバッチリとマッチしていてまさに至福のひととき(((*≧艸≦)

醤油ダレの濃度も、最終試作版の時よりもほんの少しだけど抑え加減にされていて、この微妙なサジ加減によって、初っぱなのインパクトよりも、スープを最後まで完飲出来る懐の深さを手にしました。 素晴らしいファイン・チューニングにひたすら感動するばかりの一杯でした。

尚、基本的には前述の「低加水タイプの中細ストレート麺」が合わせられておりますが、ご希望とあらば多加水系中細縮れ麺をはじめ、通常用意されている麺への仕様変更は受けて頂けるそうですヾ(^▽^*

「鳥そぼろごはん (250円)」

麺屋 信成 鳥そぼろごはん

ついつい頼んでしまう「鳥そぼろごはん」o(*´∇`*)o ちょっと濃ゆい甘じょっぱい味付けに生姜風味がフワッと♪ らーめんのスープも良いお供となりまして、すっかり満腹&大満足でしたぁ~!(v^ー°)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


 

2012年錦秋巡り 安達太良山の紅葉

昨日の日曜日は数日前の天気予報とは異なり、朝方まで雨が降る始末でして、当初予定していた浄土平から遊歩道を歩いて「鎌沼」や「酸ヶ平」への撮影行は断念せざるを得ませんでした。 一夜明けて今日は朝から見事な秋晴れ! 祝日の無芸の仕事は不完全燃焼な営業する事となり、恨めしく秋晴れの空を眺めることに・・・( ̄  ̄;) うーん

このまま一日を過ごすのは自分も家内も不憫過ぎると勝手に決め込みまして、一度お店を閉めて美しい景色を眺めに出かける事にしました( ̄▽ ̄i)ゝ ワハハ、これぞ自営業の醍醐味ぢゃww

って事で、撮影機材を積み込んで、家内と一緒にドライブに出発ですε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

今年は紅葉が一週間から十日ほど遅れておりまして、まだ目の醒めるような色付きになっている場所は無いのですが、手始めに寄せてみたのは「安達太良山」が眺望出来る「あだたら高原」ですよ♪

ここ「あだたら高原」には富士急さんが運営する観光ゴンドラリフト「あだたらエクスプレス」がありまして、標高950mのゴンドラ山麓駅から薬師岳の頂上付近となる標高1,350mまで僅か10分で一気に連れて行ってくれます(* ̄∇ ̄*)

安達太良山

家内はこのゴンドラリフトに乗ったことがありませんので、これもまた良い機会かと思いまして連れ出したのですが、それなりの服装では来たつもりでも、やはり高度を上げるに従い肌寒さの違いに驚く事になります。 もっともこの日は風が穏やかでしたので、日差しが当たっている分には大丈夫でした。

あだたらエクスプレス

ゴンドラ山麓駅ではまだ紅葉や草紅葉の兆候はありませんでしたが、流石に400mも高度が上がりますと、徐々に黄色く色づく景色が目に入ってきます。 確かに見頃にはまだ早かったですが、それでも広大な山麓を彩る木々は素晴らしいスケール感があります。

色付き始めた五葉松平
[2012/10/8 色付き始めた五葉松平] <↑ Clickで拡大>

ゴンドラリフトで登っていた頃は、雲の無いキレイな青空だったのですが、アッと言う間に雲が掛かってしまいました(>▽<;; 山の天気は本当に変わりやすいですね。

薬師岳から望む上八幡滝
[2012/10/8 薬師岳から望む上八幡滝] <↑ Clickで拡大>

広々とした山麓の中、鉄山の直下にあるのは「上八幡滝」です。 ここ薬師岳から望むと、最もよく見えるそうです(*^▽^*) 何とか近づけないものかとルートガイドなどを参照にしてみたことがありますが、事実上の沢登りルートになりますので、私のような素人が太刀打ち出来る場所では無さそうです(^◇^;)

色付き始めた安達太良山
[2012/10/8 色付き始めた安達太良山] <↑ Clickで拡大>

ご覧の通り、全景で見ますとやはりピークはまだこれからです。 多分今週の木曜日辺りから週末に掛けては色付きが明瞭になって来ると思います。 出来れば再訪したいと思っていますが、天気とスケジュール次第ですね(`・ω´・ ;)

薬師岳から見下ろす二本松
[2012/10/8 "薬師岳から見下ろす二本松] <↑ Clickで拡大>

おまけ写真ですww ゴンドラ山麓駅の背後に見えるのは、多分二本松市では無く松川町あたりではないかと思います。 丁度三連休だった事も有ってか、駐車場にはそれ相応の来訪者の車が並んでおりました。 来週には渋滞する事も考えられます。 確か二年前のピークの週末も、岳温泉の辺りから渋滞が始まり、ゴンドラ山麓駅まで2時間を要したと聞いています(〇o〇;)

そうそう、余談ではありますが、ゴンドラ山麓駅にあった「あだたら高原富士急ホテル」は只今受水槽の工事中のようでして、当分休業との事です。

また「ゴンドラ山頂駅」にあった展望スペース「カフェ・ビフロスト」は、以前は食事や飲み物が楽しめたのですが、現在営業はしておりません。 無料の休憩施設として開放されていますので、眺望を楽しみながら持参のお弁当を楽しんだり、リフト駅には自動販売機もありますので、こちらで買い求めた飲み物を楽しむ事も出来ます。

ゴンドラリフトは大人往復で1,600円とされていますが、「富士急」さんのサイトでインターネットクーポンが用意されています。 100円ではありますが値引きされますので、ご利用の方はプリントアウトしてお持ち下さい。(直リン)
 

平安食堂 ~福島県郡山市大槻町土瓜~

何と4ヶ月のインターバルが空いていた「平安食堂」さんです( ̄▽ ̄i)ゝ 実はその間に何度か訪問はしていたのですが、毎回暖簾落ちの憂き目に遭っておりました(>▽<;; それも着実にリピーターが増え付けている事と、ちょっと嬉しかったりもしておりました。

平安食堂

この日は珍しくも、人並みのランチタイムに立ち回る事が出来まして、無事暖簾を潜ることが出来た次第o(*^^*)o 先客様もおられたばかりか、次々とご来客で、決して広いとは言えない店舗ですが、かなりの高回転営業をされているようです( *´艸`)

「ワンタンメン (600円)」

平安食堂 ワンタンメン

相変わらず昭和チックなシンプル仕様です(*^▽^*) 決して芳醇とは言えませんが、豚ガラ由来の出汁香りと醤油ダレが香りがタップタプのスープからフンワリと香ってきます♪

平安食堂 ワンタンメン

小振りなチャーシューは現在の標準からはボリューム的には寂しげですが、不思議なことに小さいなりの大きな満足が得られます。 淡麗仕立ての醤油味の中にあって、ちょっとアクセントのある味付けと、確かな肉質が功を奏しているようです。

メンマは細裂きタイプで、こちらもまた少しアクセントのある味付けではありますが、決して強すぎる事はなく、シャリッとした歯触りが楽しめます。

平安食堂 ワンタンメン

チュルンチュルとした滑らかな舌触りのワンタンは、餡少な目のワンタンメン仕様。 その食感の良さには多くのファンが付いています(* ̄∇ ̄*)

平安食堂 ワンタンメン

麺がまた相変わらず個性的でして、平断面タイプの中細麺ですが、決して歯応えを主張するタイプではありません。 この日はとても幸運なことに、一杯出しのタイミングで頂けた事もあってか、この縮れ具合が見事に活きていまして、舌の上をくすぐるように踊りながら滑るって食感O(≧▽≦)O これに当たったのは、訪問6回目にして初訪問の時と合わせて2回目です♪

多分ボクはその時の第一印象に惹かれ続けて、フラフラとこの暖簾に引き寄せられているのではないかとo( ̄ー ̄;)ゞ それくらい他に類を見ない楽しい食感がありまして、ソレに当たった時の幸福度は代えがたい物があります( *´艸`)

そして相変わらずテーブルにはスープ用のタレが配されておりまして、味付けが淡いと感じたお客様は、自在に味目をコントロール出来ます。 またいつの間にか定休日がキャンセルされていて、事実上不定休と言いますか、年中無休と書き換えられておりました。 ホントかな?(^◇^;)

ただし以前のように夕刻まで暖簾が掛かっていることは少なくなりつつあります。 売り切れが早くなっているんですね。 ランチタイムまでは問題ありませんが、私のように遅い時間に訪問する方は要注意です(`・ω´・ ;)




平安食堂
福島県郡山市大槻町土瓜49-1
営業時間;11:00~18:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に4台分


より大きな地図で 平安食堂 を表示
 

中華そば つるとかめ ~福島県郡山市堤~

ちょっとインターバルが空いてしまいましたが、今やコスモス通り沿いのお店の中でも、“台風の目”に成長した人気店「中華そば つるとかめ」さんを訪問致しました(* ̄∇ ̄*)

中華そば つるとかめ

夜の部の営業開始と共に一番釜で頂きますのは、ずっと懸案となっていた煮干し系のこちら♪

「煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛 (780円+0円)」※キャンペーン中につき大盛無料!

つるとかめ 煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛

「オープン100日記念セール」実施中につき、2012年10月末日まで大盛無料♪なんですって(v^ー°) 折角ですので、その恩恵に浴させて頂きましたよ。

つるとかめ 煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛

見ての通りのリッチなビジュアルです( *´艸`) これたま下馬評の高い「鶏ワンタン」もアドオン致しましたので、麺大盛に加えて食べ応えもありそうですww

つるとかめ 煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛

鶏ナンコツがミックスされている餡は、コリッとした歯触りが加わり、なかなか楽しゅうございます。 勿論、皮の滑らかな舌触りはお約束通りでして、ワンタン好きなら見逃せない一品になりそうですよヾ(^▽^*

また玉ネギのみじん切りも共載せされておりまして、シャリッと噛めばほの甘く瑞々しい味と共に、味覚のリフレッシュもしてくれます。

つるとかめ 煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛

肩ロースチャーシューは丁寧に炭火焼きを施されてから供されますので、ほのかな香ばしい香りと温められて活性した肉の旨味が溢れるようです。

マイワシの煮干しから取った出汁を合わせたスープは、確かに煮干しテイストを感じさせますが、生臭みを感じさせる事はありません。 旨味感と風味を上手に引き出されていますね。 これを伊達鶏の丸鶏と豚ガラを沸騰させないギリギリの温度で炊いたというスープに合わせています。

白醤油で仕立てた醤油ダレは、確かに相当に淡い色合い。 豊富な油膜と煮干しの旨味成分が垣間見えるスープを、キレイに引き立てています。

つるとかめ 煮干し中華そば鶏ワンタン 大盛

麺は平断面の多加水系中細麺ですが、割と舌触り重視タイプのようです。 ツルッと滑らかな舌触りが印象に残りました。 力強い食感の麺も好きですが、こういった優しい食べ心地の麺もイイですネ♪ 大盛の麺量は、思いの外ボリュームがありまして、充分に満腹感に浸れますよO(≧▽≦)O これまた楽しめる一杯でしたぁ~!




中華そば つるとかめ
福島県郡山市堤2-198-3
電話;024-961-2830
営業時間;【昼の部】11:30~15:30【夜の部】17:00~20:00
定休日;水曜日(不定休あり)
駐車場;敷地内に8台分ほど


より大きな地図で 中華そば つるとかめ を表示
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

いつの間にか1ヶ月もインターバルが空いてしまった“ボクらの花カツミ”に突入です(〃∇〃) ほぼ同時に暖簾を潜られたお客様は、どうやら初めてのご訪問だったようで、とんこつらーめん一本槍のメニューに少々戸惑っておられたようですが、無事にありつくことができましたww その召し上がり方の豪快さからして、きっとご満足頂けたようです(*^▽^*)

「とんこつらーめん (580円)」※細麺

花カツミ とんこつらーめん

あっ、やっぱりイイですねぇ~(〃∇〃) 休み明けの軽快スープでしたが、しっかりとした旨味が引き出されているのは流石です。

花カツミ とんこつらーめん

夜の部の時間帯だったこともあってか、少しばかりコラーゲンの膜が生成されていました。 とは言え、決してトロッとするようなクリーミーさでは無く、サラッとしたあっさりテイストなんですよね。

花カツミ とんこつらーめん

柔らかチャーシューもいつも通りでして、スープで温められちゃうと、お箸で形を崩さずに持ち上げる事は至難の業ww ハラッと崩れてしまうほどの柔らかさは舌に乗せても変わりません♪

花カツミ とんこつらーめん

芯が残されている訳では無いのに、しっかりとした噛み心地と共にプツッと歯切れるストレート細麺は、軽快で癖のないとんこつスープと良くバランスしています。 シャクシャクとした歯応えの瑞々しいモヤシも、食感に華を添えてくれる大切なアイテムですヾ(^▽^*

極めてリーズナブルな価格でこれだけのクォリティーが楽しめる、店主の良心がタップリと詰まった逸品ですねO(≧▽≦)O 美味しゅうございましたぁ~♪




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る




今日から三連休をとられる方が多いと思います。 無芸の仕事場は変わらず営業をしておりますが、10月7日(日)は定休日となっております。 昨日旧友C君が浄土平まで紅葉の進み具合を偵察してきてくれまして、どうやら山頂付近はイイ感じになっているっぽいです(〃∇〃)

って事で、急遽7日は浄土平撮影行に出る事にしました♪ いやぁ~~、一昨年初めて入った酸ヶ平や鎌沼に行ってしまおうって訳です。 その間に躰は着実に重くなりましたが、タバコと決別して1年半。 その分で体力は相殺されるでしょうか?( ̄▽ ̄i)ゝ

何かと不安ではありますが、楽しみの方がずっと上回っていますo(*^^*)o 福島市の夜景と日の出は、つばくろ谷で狙えたらと思います。 って・・・( ̄  ̄;) うーん 何時に出立になるんだ?(〇o〇;)

------------<追記>-----------------

どうやらお天気が優れないようですので、明朝のアタックは中止にしましたヽ(´Д`lll)ノ 標高1,600m以上の山ですので、山登りのド素人がチャレンジするのはちょっとリスキーかなと・・・ 万一の場合、どなたかの迷惑になってはいけませんもんね。

高地ではそろそろ草紅葉が始まっているようです。 例年よりも1週間くらい遅れていますが、色付きの良い紅葉を期待したいものです(*^▽^*)
 

麺家はなまる ~福島県郡山市堤~

今や数ある郡山のロードサイド店の中でも、最も熾烈な美食ゾーンとなっている「コスモス通り」にあって、独自の路線でファンを獲得している「麺家はなまる」さんの暖簾を潜りました。

この日のターゲットは既に決まっておりまして、既に「ウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)(URL)でお馴染みの大御所Blogger・ウーロンさんもレポ挙げされたばかりの新作狙いですo(*^^*)o

“数量限定”と言う事で、売り切れ御免も覚悟していたのですが、どうやらギリギリで滑り込めたようですヽ(´▽`)/ 幸運でしたねえ~♪ しかも“大盛無料”のサービスも継続中のようでして、ありがたくその恩恵に浴させて頂きましたよ(*^▽^*)

「濃厚純鶏そば 大盛 (750円+0円)」 

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

すっごく載せモノが豊富w( ̄▽ ̄;)w 単純に種類が多いと言うよりも、個々のボリュームもそこそこるもので、総合的にイッパイ感が溢れているんですかね( *´艸`)

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

“鶏十割”と言うスープは、鶏ガラ、手羽先、モミジ、丸鶏を焚いて作られます。 白濁する手前で寸止めされているそうでして、基本的には清澄されたスープと言う事になります。

巧みに鶏の臭みを抑え込み、旨味だけを引き出しています。 見ての通り、油膜の豊富さも刮目するレベル(〇o〇;) この油膜が決して諄さを感じさせないあたりは、やはり鶏由来の強みかも知れません。

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

具材の中で一際目を惹くのは、この姫竹の存在でしょうか。 水煮にされた姫竹を調味しているのですが、程良い甘じょっぱさがありまして、ややシャープな効き方の醤油ダレを少しばかり穏やかに抑え込むお役目もアリみたいです。

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

フレーク状に揚げられたワンタンの皮は食感に変化を加えるツールです。 メンマは柔らかく戻されており、少し甘めのトーンで整えられています。

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

チャーシューは豚バラ肉が使われておりました。 味の染み具合も結構なお点前でして、個人的には好きな仕立てです(* ̄∇ ̄*) ウーロンさんが訪問された時には、肩ロースのチャーシューだったとの事ですので、果たしてどちらがデフォなのかは不明です( ̄▽ ̄i)ゝ

麺家はなまる 濃厚純鶏そば 大盛

麺はやや加水率が低めの中細ストレート麺。 オイリーなスープにもバッチリの相性でして、リズミカルに歯切れる食感も楽しいものです。 勿論、スープの持ち上げも上々でして、ご店主様のセンスの良さキラリと光るバランスの良さでした。

ここまでの完成度を見せられちゃいますと、是非とも濃厚鶏白湯をと期待したくなるところですが、それはこの先のお楽しみと言うことで♪(*´∇`*) 大変美味しゅうございました。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家はなまる
福島県郡山市堤3-171-2
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分


より大きな地図で 麺家はなまる を表示
 

明星 SEVENAI PREMIUM 「博多だるま」

拙筆のBlogにインスタント・ラーメンが登場するのは初めてかも知れませんヽ( ̄▽ ̄i) 実は既にお気づきの方もおられるかも知れませんが、ほんの数日前から当地の大手・鳩スーパーや、コンビニエンスストアー「セブンイレブン」の店頭に並んだ新製品こそが、本稿のネタでございます。

今年のGWに開成山公園で開催された「ふくしまラーメンショー2012」に出店し、8月下旬には「24時間テレビ」の地元メイン会場となった「ビッグパレットふくしま」でのチャリティー炊きだしにもやって来た、「博多だるま」のカップ麺がリリースされましたぁ~!O(≧▽≦)O

毎日のように無芸大食妻の買い回り先となっている鳩スーパーで家内が発見して速攻ゲトしてくれました( *´艸`) 早速、「博多だるま」の海外事業部長・重松さんにメールを打ってみますと、実はずっと遡ること2008年から九州全域・山口県での地域限定発売をされていたそうですが、この度めでたく全国発売になったのだとか♪ 何だよぉ~、教えておくれよぉ~(>▽<;; って訳で、早速作ってみましょう((o(*^^*)o))わくわく

明星 SEVENAI PREMIUM 「博多だるま」

蓋を開いたところを撮るのは忘れました( ̄▽ ̄i)ゝ 麺はお約束のストレート細麺。 スープは濃縮液体タイプとされており、フリーズドライの具材は、先載せのチャーシューと後載せのネギの3ピースです。

お湯を注いで待つ時間により、麺の固さを選べるって訳ですが、ボクは手堅く2分でオープン・ザ・蓋ぁ~♪です(*^▽^*)

明星 SEVENAI PREMIUM 「博多だるま」

液体スープを絞り入れますが、この時点で既に豊富な油分に期待アゲアゲとなりますv(≧∇≦)v 更にはネギ&キクラゲの具をバラ撒きまして完成です!

一見しただけでもその豊富な油膜は見て取れるかと思います。 また香り立ちも、実店舗で行われている“呼び戻し”製法を彷彿とさせる香りが満ちています。

そのままでも充分にPREMIUMな雰囲気を漂わせておりますが、折角ですので小口ネギをドッと増量~~♪( *´艸`)

明星 SEVENAI PREMIUM 「博多だるま」 自家ネギ増し

あぁ~~! らしい雰囲気が益々増量~~wwヾ(〃^∇^)ノ 後から思い出してみると、紅ショウガを忘れていましたけどヾ(´▽`;)ゝ

明星 SEVENAI PREMIUM 「博多だるま」

おぉ~~! 美味いぜ!だるまぁ~!O(≧▽≦)O

スープの出来がやっぱり凄いです。 実際にご本尊で食べた事はありませんが、少なくとも過去2回の実食の味よりも、更に輪を掛けて濃厚な豚骨テイストには驚かされます(^◇^;) 塩味も程良く効かされていまして、こりゃあかなりのレベルで再現しているのでは無いかと思います。

麺もまた見事な出来でして、当地の感覚で捉えると、極細麺ってくらいの細さなのですが、食べ進めて行く間に瞬殺で伸びてしまうような事もなく、その食感の変化を楽しめるレベルで推移しました。 いや、インスタント麺とは言え、今時の先鋭ってのは本当に侮ることは出来ませんねぇ~(⌒▽⌒;)

って事で、流通開始早々に、お店の棚割りを覗きますと、先兵となっていた有名ブランド商品を凌駕する勢いで売れているようで何よりです。 「博多だるま」の豚骨ラーメンが、いつでも楽しめるようになったのは、ファンとして嬉しいですね♪ 「ふくしまラーメンショー2012」で気に召された方は、お一つ手に取ってみては如何でしょうか?
 

初秋の那須フラワーワールド

6月下旬に訪問以来2度目の「那須フラワーワールド」です(* ̄∇ ̄*) 9月中旬には鶏頭が美しく咲き揃っていたのですが、ちょっと遅れましたがまだ大丈夫でした!

初秋の花園
[2012/9/30 初秋の花園] <↑ Clickで拡大>

台風18号が接近してくる中、空模様も今ひとつ優れませんでしたが、それでも雨に降られることなく、しかも台風を避けてか来場者の姿もほとんどありませんでした(^◇^;)

高原の秋桜
[2012/9/30 高原の秋桜] <↑ Clickで拡大>

当地ではほぼ咲き終えている秋桜は、ここでは今が見頃w( ̄▽ ̄;)w ちゃんと管理された区画の中に種蒔きされ、追肥も行われているからでしょう、とても素晴らしいコンディションです。

風に揺れる
[2012/9/30 風に揺れる] <↑ Clickで拡大>

これから開花する蕾も見られましたから、もう一週間くらいは楽しめると思います。

那須フラワーワールド
[2012/9/30 那須フラワーワールド] <↑ Clickで拡大>

鶏頭は赤い花と思い込んでいたのですが、黄色もあるんですね(゚ロ゚屮)屮 もしかすると改良品種なのでしょうかね? 多様なクローンがあってもおかしくないですね。

可憐な白花
[2012/9/30 可憐な白花] <↑ Clickで拡大>

ちょっと長竿な白い花の向こうにはサルビアの赤い花が咲き誇ります。

初秋のストライプ
[2012/9/30 初秋のストライプ] <↑ Clickで拡大>

そろそろこの場を後にしようかと思った頃に、ようやく雲の切れ間から陽の光が柔らかく差し込みました(^^) もう少し早く射してくれていたらなぁ~o( _ _ )o




那須フラワーワールド (URL)
栃木県那須郡那須町大字豊原丙字那須道下5341-1  
電話;0287-77-0400
入園料;【大人】700円 【中高生】300円 【小学生】200円
開園期間;5月3日~10月下旬(降霜まで)


大きな地図で見る
 

中国料理 鈴 (りん) ~栃木県那須郡那須町~

初夏の初訪問から時は流れてもう初秋。 再びあのお店を目指して東北自動車道を南下します。 那須ICで降りれば、後は残り数キロでお目当ての「中国料理 鈴(りん)さんに到着です♪ 今回もランチタイムの終了間際( ̄▽ ̄i)ゝ お陰でホールは貸し切り状態でしたww

前回の初訪問で、店主・鈴木さんとは何気に親しくさせて頂くキッカケを出来ましたもので、ほんのキモチってくらいの手土産を持参致しましたところ、“海老で鯛を釣る”ような事になってしまい甚だ恐縮する事になりますノ( ̄0 ̄;)\

こういった“鯛”は、普段は公開しないことを心掛けているのですが、店主・鈴木さんの持ち味が活かされている一皿でしたので、そのポテンシャルを感じて頂ければと思い、ご紹介させて頂きますね。

中国料理 鈴 海老と四川唐辛子の炒め

正式なお料理の名称はお尋ねしませんでしたので、多分こんなかなぁ~ってところで言えば「海老と四川唐辛子の炒め」ってところでしょう?o( ̄ー ̄;)ゞ 青い野菜はシシトウのような野菜らしいです。 玉ネギと海老、四川唐辛子に花椒が炒め合わされています。

中国料理 鈴 海老と四川唐辛子の炒め

花椒は一度油炒りされているっぽかったです。 極度の麻で卒倒する事は無く、カリッと軽やかな食感と共に炒った香ばしさと共にジワッと麻が広がります。 四川唐辛子は濃い目の調味料の味が纏わされていまして、調子に乗って口にしていますと、突然牙を剥きます(〇o〇;)

あぅぅぅぅぅ、シャックリが止まらなくなりましたぁ~!(>▽<;;

キホンの味わいとしては黒酢を使った甘酸っぱいもの。 そこにオイリーさと辛味が注ぎ込まれていますもので、こりゃあ酒肴としては極上の一皿ですね( *´艸`) さすがにそこでビールを頂くって訳にも参らず、その思いが膨らむばかりでした(>▽<)b

夜の部のグランドメニューに入っているかも知れませんし、併設されている「まるすず会館」という結婚披露宴会場でのバンケットで提供されているのかも知れません。 何れにせよ、麻辣ファンには垂涎の一皿になりそうですよ( *´艸`)

さて軌道を修正致しまして、この日の所望品に移りましょう(^◇^;) ランチメニューには二種類の担々麺がオン・リストしています。 「四川担々麺」と呼称するものは、言わば「汁無し担担麺」でして、こちらは白河の大御所Blogger「にくきゅうの楽園」(URL)のAuthor・にくきゅうさんをしても“難攻の極辛口”だったと言います(`・ω´・ ;)

一方のもう一点は、スープありの「担々湯麺」といったもの。 こっちはずっと“穏やかなお味”と言う事でして、ネタ的には前者なのは明白なのですが、散々悩んだ挙げ句にヘタレましたヾ(´▽`;)ゝ

「担々湯麺ランチ (1,000円)」

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

昼の部のランチメニューとして、前述の「担々湯麺」には副菜とサラダ、半ライスがセットされた満足の組膳がございます♪ 担々麺に半ライスはマストアイテムですから、当然コチラを所望ですよ。

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

決して人を驚かせるような“血の池地獄”はここにはありません。 極めて端正な担々麺のビジュアルですね。 こんな担々麺は久方ぶりかもww

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

しっかりと甘じょっぱい味付けの施された肉味噌♪(〃∇〃) この肉味噌をドッサリとオン・ザ・ライスして、濃い目の担々スープを掛けてザックザクと食べてみたいっスね(((*≧艸≦) あぁ~、でもこの肉味噌だけを先につまみ食いしちゃうと、折角の担々湯麺の華が無くなっちゃうからガマンねww

中国料理 鈴 担々湯麺ランチ

麺は中国料理店御用達のストレート卵麺ですかね? ラーメン専業店様方のような個性的な食感の麺とは言い難いですが、シルキーで滑らかな舌触りの良さと、タップリとスープを持ち上げるお陰で、美味しいスープが口中に溢れんばかりに届きます。

スープには花椒のスパイシーな香りが溢れますが、決して過度な麻辣具合はありませんので安心です。 胡麻ペーストの使い方もドロッとするような粘性は無く、さりとて物足りなさも無く、言わばバランスの良さで楽しませてくれるタイプですかね? ゴマ由来の滋味を感じさせるような甘味が、ホットさをマスキングしている感もあります。

決して淡麗ではありませんが、良い意味で諄さは無く味サバケの良いミディアムタイプの仕立てだと感じました。 また全体から漂ってくるテイストは、少し古典的なものを感じます。 それは勿論古臭いって無意味ではなく、キホンに忠実なクラシックな佇まいです。

これは店主・鈴木さんに中国料理の技法を伝授された師匠が、日本の四川料理の始祖と言われる陳健民氏の流れを汲んでいるからかも知れません(*^▽^*) これは極めて重要なポイントであり、是非ともこれからも継承して頂きたい味筋だと思います。

「五目あんかけごはん 醤油味 (850円)」 ※スープ付き

中国料理 鈴 五目あんかけごはん 醤油味

こちらは同行した無芸大食妻の所望品。 ちょっと味見させて貰いましたが、こちらの餡もやはりクラシカルな風情がありまして、オイスターソースの旨味がジワッと効かされており、薄甘口の味付けが施されておりました。 トロミはやや抑え加減ですので、ごはんに餡が良く染み入ります( *´艸`) 辛い料理のオン・パレードでは無いところが良いですね。 お子様連れでも安心ですよ(^^)

「杏仁豆腐 (400円)」 ※ランチとのセットなら250円で提供

中国料理 鈴 杏仁豆腐

最後の〆にはやっぱり自家製杏仁豆腐を頂かなくちゃ♪ヾ(^▽^* 杏仁の香りが品良く鼻腔に届きます。 勿論、滑らかクリーミーな舌触りは特筆モノです。 にくきゅうさんの目が釘付けとなるバジルシードのアップ付きv(≧∇≦)v




中国料理 鈴 (りん) (URL)
栃木県那須郡那須町高久甲5176
電話;0287-63-4265
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~21:00 (L.O. 20:30)
定休日;水曜日、第1火曜日
駐車場;敷地内に50台分以上


 

2012年 安積國造神社 秋の例大祭

今年は久しぶりに、地元の秋祭り「安積國造神社 秋の例大祭」の宮入を見物して参りました(^^) 秋の例大祭は、毎年9月27日~29日の三日間開催される神事です。 例年ですと1日くらいは雨に見舞われるのが通例ですが、今年は宮入の最後の最後で少し雨がパラついたくらいで済みました。

2012年 安積國造神社 秋の例大祭 中町通り
[2012/09/29 2012年 安積國造神社 秋の例大祭 中町通り] <↑ Clickで拡大>

昨年は主に子供達による山車引き巡行は見送られましたので、2年ぶりの戻って来た八幡囃子に、多くの人々が笑顔になっていましたね(^_^) その数17台。 山車だけでもナカナカの規模ですよ。

2012年 安積國造神社 秋の例大祭 表参道
[2012/09/29 2012年 安積國造神社 秋の例大祭 表参道] <↑ Clickで拡大>

最終日となる9月29日は、御輿の宮入をもって最高潮に達します。 本神輿3社と35の町神輿が宮入するさまは、一度見たら忘れられないほどワクワクします(((*≧艸≦) また神輿の数だけ見ても、多分県内随一かと思いますが、この日もたまたま当地に投宿されたと覚しき方々から、

「これはいったいどんなお祭りなのですか?ヽ( ̄▽ ̄lll)」

と瞠目しつつ尋ねられましたました( *´艸`)

町神輿の中でも、大一の神輿が一際豪華絢爛です。 その重量も別格だと聞いておりますが、担ぎ手の人数も当然多く賑やかに思えます。

2012年 安積國造神社 秋の例大祭 宮入
[2012/09/29 2012年 安積國造神社 秋の例大祭 宮入] <↑ Clickで拡大>

宮本の神輿が本神輿となります。 宮入の最後のとりを飾ります。 女神輿が加わり本神輿と共に計4社が宮入待ちをしているのもなかなかの迫力です。

2012年 安積國造神社 秋の例大祭 宮入
[2012/09/29 2012年 安積國造神社 秋の例大祭 宮入] <↑ Clickで拡大>

繁華街の出店の数が、ボクの幼少期に比べるとずっと少なくなってしまったのは残念ですが、その品目の多さは昔とは比べるべくもありませんね(^◇^;) 子供の頃は“祭り小遣い”なんても子供向けのご祝儀も珍しく無かったんですけど、今はどうなんでしょうね?

※当記事の写真公開にあたりましては、「公益社団法人 日本写真家協会」の指針に沿って選定致しました。 写真に写っておられるご当人様にとって、著しい不利益がございましたらお申し入れ下さい。 早急に削除、もしくは画像処理を行わせて頂きます。






関東圏の友人より、秋の味覚・栗を頂きました♪( *´艸`) 一度良く洗ってから一昼夜水に浸けておきます。 茹でる前に栗のみのテッペンに十字の切り込み入れておきます。

栗

圧力鍋で10分加圧して自然放熱させます。 皮も剥きやすくなりますが、渋皮が実から浮いてくれますので、画期的に処理しやすくなるのはありがたい♪

栗

あまりにも多すぎて、二回に分けて茹でましたよヽ( ̄▽ ̄i) 皮に切り込みを入れていたら、やっぱり手元が狂いまして、指先に刃が当たってしまった(〇o〇;) 暫く血が止まらなくて一時間ほど立ち往生でした( ̄▽ ̄i)ゝ でも、とっても美味しいから許すww
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

9月も下旬の訪問でしたが、さすがに夏季限定の冷や中も提供終了となっていましたヾ(´▽`;)ゝ(←当たり前!) お腹が空いて“ガチ喰い”したかったもので、またもダブルで頂くことにしましたよ♪

「ラーメン&半カレーライス (500円+350円)」

みたか食堂 ラーメン+半カレーライス

ラーメン丼にタップタプのスープ。 勿論、麺も載せモノもご覧の通りタップです( *´艸`) いつもご飯物のお供に、ワカメ入りのスープを頂いていたもので、ついウッカリとしていましたが、実はラーメンが登場するのはこれでまだ2回目ですノ( ̄0 ̄;)\

みたか食堂 ラーメン

豚ガラを5時間炊き上げて引いたスープは、多様な野菜が一緒に煮込まれているようで、それ由来の甘味もジワァ~~っと口中に広がって来ます。 醤油ダレはその色合いの割りにはマイルドでして、角のない優しい口当たりです。

色濃く煮付けられたメンマは、ちょっと甘めで柔らかさは絶品です。 ラーメンにワカメのトッピングに異を唱える方もあろうかと思いますが、ボクは前述の通り、ご飯物のお供に添えられているワカメ入りのラーメンスープで馴れちゃったせいか、全く違和感無く受け入れてしまいました( ̄▽ ̄)ゝ

みたか食堂 ラーメン

麺は多加水系中麺? 中太麺ってところまでは太くないかな。 ツルッとしなやかな舌触りが印象的です。 時間の経過にも関わらず伸びにくいあたりは、さすがに出前も前提としているからでしょうか? 麺量は軽く150gはありそうで、ボリュームもなかなかのもの。 ワンコインで頂ける食堂ラーメンとしては、申し分のないものです(^^)

みたか食堂 半カレーライス

例によってHot,Sweet & Spiceyなカレールーは、濃度も満点でして、インパクトのある味わいは、もはや食堂カレーの枠から大きくはみ出しています(>▽<;; タップリと散りばめられた豚バラ肉も嬉しいところでして、味目が強いだけに、食べ飽きしそうでもありますが、ここでレンゲ一杯のラーメン・スープでリセット出来るという、連携技もアリアリです(((*≧艸≦)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

㊄食堂 (まるご) ~福島県郡山市喜久田町~

タイトルの「㊄ ( まるご)」はブラウザやご覧いただいているOSや端末によっては文字化けするかも知れません( ̄▽ ̄i)ゝ しかし、店主の思い入れの掛けられたお店の屋号ですので、敢えてそのままにさせて頂きます。

2012年7月20日に新規開店した「㊄食堂」さんをようやく初訪問致しました(>▽<;; いやいや、自分で言うのも何だけど、遅すぎる初訪問ですね(^◇^;)ゝ なかなか営業時間に間に合う機会が無くて、土・日だけは16時まで営業していることを知りまして、ようやく馳せ参じた次第ですo(*^^*)o

マルゴ食堂

既に多くのBlogger様方にレポ挙げされておりますので、お初の訪問でいきなり「カレーライス」で打って出てみる事にしましたよ♪( *´艸`) 既にとあるF/Pに告知されている通り、ご店主様は2006年6月18日にファンに惜しまれつつ暖簾を落とした、内環状線沿い昭和町の「ふわふわカレー」で知られた当地では稀少だったカレー専門店「Cook (クック)」さんのオーナーさんですヾ(^▽^*

その翌年の4月、岩瀬牧場内の「牧場の朝レストラン」に転じまして、以前よりは品数を絞り、以前は選択出来た辛さ+50なる選択肢を封印しながらも、相変わらずコアなカレーファンに親しまれておりました。 そして震災で再び転機を迎えることとなったようでして、ご店主様を以前から知る方々にしてみたら「何故にラーメン屋さんに?!(〇o〇;)」ってサプライズと共に復活を遂げました。

話は戻って、ボクは東部幹線沿いの「Cook」さんは通りすがりに存知上げていました。 何せレーダートラップの名所でもありましたからヽ( ̄▽ ̄i) でもご縁が結べないままに、暖簾を落とされてしまったという残念な思いがございます。 その残戒の念を今こそ晴らしましょうぞ!(←大袈裟ww)

「カツカレー (850円)」

マルゴ食堂 カツカレー

ライスの大盛りは無料だそうです(*^▽^*) えぇ勿論遠慮無く“大盛CALL”をさせて頂きましたよ♪ そしたら、ご飯の残量が大盛りのボリュームには届かなかったそうでして、ご店主様はしきりに謝られましたが全然無問題です(^^)

マルゴ食堂 カツカレー

初めて対面したカレーは、懐かしのソースポットでは無く、かなり小さなソース鍋に入って供されました。 どうやらこのスタイルは「Cook」時代のそれがそのまま受け継がれているようですよ。

マルゴ食堂 カツカレー

豚カツは一点仕上げの揚げ立てを出して下さります(>▽<)b 豚ロース肉は120gほどでしょうか? カツカレーのメインとしては、丁度良いバランスかと思います。 勿論、揚げ立てサクサクで文句無し! 卓上にはトンカツソースが配されていることから、これはカレー・ルーを掛けて食べるも良し、ソースを掛けて楽しむも佳しというメッセージと捉えまして、両建てで楽しませて頂きましたよ。

マルゴ食堂 カツカレー

カレー・ルーは、サラッとした軽いタイプ。 玉葱のみじん切りが唯一カタチとして残っている具材です。 洋出汁が程良く効いていて、品の良い旨味が感じられます。 またスパイシーさは控え目でして、辛さも極めて抑えられているように思います。

多分、この辛さレベルですと、お子様から辛いモノが苦手な方まで、まず問題無く楽しむ事が出来ると思います。 ご主人様によると、以前の専業店のような“作り込み”は行っていないそうです。 こればかりは専業店時代の味を知る方々で無いと分かりようもありませんねヾ(^▽^*

専業店時代の看板メニュー「ふわふわカレー」は今はありません。 その代わりと言っては何ですが、「竜田揚げカレー」や「メンチカツカレー」更には意表を突いて「カキ揚げカレー」ってのもありますよヽ(^◇^;) 手堅いハナシですが、メインのラーメンとのサイドメニューには「半カレー」もオン・リストしておりますので、ご興味のある向きや、お懐かしいと思われる方々は、試してみるのも宜しいかと思います(*^_^*)

って訳で、ラーメンの実食はまたの機会だぁ~~!(>▽<;;




㊄食堂 (まるごしょくどう)
福島県郡山市喜久田町堀之内字向原7-108
電話;090-5183-7988
営業時間;【平日】11:00~14:00、【日・祝】11:00~16:00 【土曜夜の部】17:30~20:30 ※カレーのみ提供
      ※スープ完売次第閉店となります。
定休日;木曜日
駐車場;敷地内に6台分ほど