中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

残暑のお陰か、まだまだ冷や中が楽しめるお店が見受けられます( *´艸`) この日は是非とも押さえておきたかったお店「中華飯店はやま」さんの暖簾を潜りましたよ♪ 入り口脇に人目を惹く(ソノ気がある人にだけσ( ̄、 ̄=))冷や中のポスターが掲示されていましたので、何とか今期の内にありつきたいと狙っていました(>▽<)b

お昼時はとっくに過ぎ去りまして、夕食時の出前タイムを前にした時間帯。世話好きなご店主様夫妻のお人柄の成せる技で、例によって常連と覚しきミドルからシニアのお客様方がビールを注しながらお寛ぎ中( ̄▽ ̄i)ゝ 一種独特な世界観に溢れる店内は、まさに昭和の空気感を今に留める貴重なお店と言えるでしょう。

「冷し中華 (700円)」

中華飯店はやま 冷し中華

オーダーを受けてから錦糸卵を焼いていたっぽいのですが、どうやら冷や中スープさえも作り置き無しの一点仕上げっぽいです(>▽<;; 何せ冷や中スープが冷えていませんでしたからヽ( ̄▽ ̄i) でもそれを跳ね返すだけの角氷がダイナミックにあしらわれている訳でして、もう微笑ましいとしか言いようがありませんヾ(^▽^*

中華飯店はやま 冷し中華

更には“まさかのラーメン丼仕様”ですw( ̄▽ ̄;)w まさにワイルドだわぁ~ww こんな景色は初めて見ました(((*≧艸≦)

中華飯店はやま 冷し中華

でもでも、載せモノから冷や中スープのお味まで、これが結構イケてるんです(大笑) 店主様は流石の手練れと見えて、錦糸卵とキュウリの切り幅がちゃんと揃えられていたりします。 輪切りのトマトが常温だったりするのはご愛敬♪

中華飯店はやま 冷し中華

練り辛子もちゃんと溶けやすい仕様ですし、何気にワカメも入っていたりします。 トマトの下敷きになって隠れていますが、こちらにはチャーシューの短冊切りが仕込まれています。

中華飯店はやま 冷し中華

ラーメンと共用の麺ですが、これがちゃんと氷水で洗い締めされておりまして、なかなかイイ感じの歯応え&舌触りです。 また冷や中スープがこれまた良い意味で昭和テイストでして、甘味と酸味はやや控え目で、醤油とゴマ油の風味が先に香ってきます。 それでいてこの二者が支配的になる事無く、見事に麺や具材と調和して見せます。 また古典的なマヨ無し仕様となっています。

思わず「うまい!(>▽<)b」と声が漏れるほど、充実した美味しさに満ちていますよ♪ 実は“大盛CALL”をしていたのですが、ご店主様が忘れちゃいまして、並盛での提供となりましたが、豊富な具材のボリュームもあって、充分に楽しむ事が出来ました。 ちなみに、大盛は麺が倍増するとの事ですから、それ相応の心の準備を(⌒▽⌒;)

店内はエアコンが苦手なお客様方に喜ばれそうな、自然派志向となっておりますψ(*`ー´)ψ ウケケ でもタバコは吸いホですので、やはり“自然派”とは言い難いかも(^◇^;) まっ、タイムトリップしたと思って暖簾を潜るべしですヾ(^▽^*




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


大きな地図で見る