麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

相変わらず厳しい残暑が続いております。 今日の郡山市の最高気温は32.4℃(気象庁調べ)だったそうですヽ( ̄▽ ̄i) 確か一週間ほど前の予報では、今頃には秋らしさが深まるっていうハナシだったと思いましたが、どうやらその期待は裏切られることとなり、何と秋分の日の頃までは30℃台が続くんだとか・・・ヽ(@ω@;)ノ

困ったね(⌒▽⌒;) なかなか熱々のラーメンに食指が伸びませんよ。 と、言いながらも“汗ダク系”を巧く避けながら、夏バテ知らずの麺喰い・無芸ですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

麺屋 信成

お馴染み「麺屋 信成」さんは、8月末をもって、冷たい麺の提供を終えておりましたので、サクッと食べ易いところでシンプル仕様のリクエストです。

「豚骨らーめん (700円)」 ※細麺&シンプル仕様

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

白髪ネギと水菜を抜いて頂き、小口ネギ&紅ショウガ多目です( *´艸`)

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

見事に白濁した豚骨スープは、強火で10時間炊き上げるそうです。 臭みが無くて滑らかクリーミーな舌触り。 流石に表層には脂質コラーゲンが見て取れますが、これが諄さを感じさせない品の良さを兼ね備えているからステキです(*^▽^*)

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

拍子切りのメンマは柔らかく戻されており、程良い甘じょっぱさで味付けされています。 豚バラロールチャーシューは、なかなかの大判サイズでして、脂質までしっかりと美味しく、ホロリと崩れるほどの柔らかさですO(≧▽≦)O

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

細麺仕様はほぽお約束ww 定番の低加水タイプのストレート細麺で、心地佳いほどのプツプツっとした歯切れのリズムと共に、クリーミーかつ濃醇な旨味の豚骨スープをしっかりと蓄えてくれます。 紅ショウガの程良い辛味と塩味が、スープの後味をより一層キレ良くしてくれますもので、益々麺を手繰るピッチも上がるというものです(((*≧艸≦)

今回のサイドメニューは、お初の登場のこちら♪

「ぶたマヨごはん (300円)」

麺屋 信成 ぶたマヨごはん

カットチャーシューを盛ったところに、マヨ掛けぇ~~♪(>▽<)b マヨラーならずとも、この美味しさはもはや約束されたも同然です! なかなかのボリュームですので、大食系のお方にもきっご満足頂けるハズですよヾ(^▽^*




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示




ここ三週間ほど、さすらいの野良猫・テブクロがやって来ています。 コイツとはかれこれ2年半近い付き合いになりますが、これだけ毎日のように“ご飯を食べに来てやっている”のは久しぶりですヽ( ̄▽ ̄i)

テブクロ

暑さも盛りの頃は、暫く入り口のタイルの上で涼を取っていたっぽいんですが、最近はお腹が満たされると、サッサとどこかへ行ってしまいます。 相変わらずその鳴き声を聞いた家人はおりませんが、以前よりはビクビクしなくなって来たようです(^◇^;) でも、きっとタッチさせないだろうなぁ~ww 

観音沼自然公園

「猿楽台地」へ来たのなら、セットで立ち回るのがここ「観音沼自然公園」です(*^▽^*) もともとガスが掛かりやすい場所なのですが、この日ばかりはちょっとカンベンって思いつつ、猿楽台地から一直線に坂道を登ること約6kmで到着します。

先客の姿は見いだせず、しとしとと雨がそぼ降る中でしたが、偵察がてらに傘をさして遊歩道へと足を進めてみます。

雨の観音沼
[2012/09/02 雨の観音沼] <↑ Clickで拡大表示します>

あちゃ~~ノ( ̄0 ̄;)\ 湖面が水草に覆い尽くされていますよ?! これは困った(`・ω´・ ;) この秋の紅葉の頃には、どうなるでしょうね?

雨冴えする木々
[2012/09/02 雨冴えする木々] <↑ Clickで拡大表示します>

雨に洗われた木々の緑は決して悪くありません。 勿論、ここからドラマティックなほどに見る見る天候が回復して、東の空から日差しが差し込み、虹まで架かってくれたならミラクルですが、そんな奇跡は望めそうにありませんヽ( ̄▽ ̄i)

晩夏の緑
[2012/09/02 晩夏の緑] <↑ Clickで拡大表示します>

撮るモノがねぇ~なぁ~(´□`;) と撤収のタイミングを見計らっていたところに、旧友C君が何かを発見しました(^◇^;) 一般的にはあまり歓迎されないシロモノですが・・・ 写真の右端の木の枝に、何やら茶色い物体が写っています。

スズメバチの巣
[2012/09/02 スズメバチの巣] <↑ Clickで拡大表示します>

あい、スズメバチの巣でつヽ(´Д`;)ノ 距離が離れているので、撮影ポイントでは危険な目に遭うことは皆無です。 が!何を考えているのか、旧友C君はスズメバチの巣の方へとズイズイ進んで行きますヽ(@ω@;)ノ

どうやらそんなシロモノさえ、彼にとっては被写体になるらしい(>▽<;; ボクはおっかないから絶対に近づかないよヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ 平然と帰って来た彼に聞いたら、スズメバチは確かに飛び回っていたそうですが、まだ巣造りを始めたばかりらしく、泥を固めた巣は明るい茶色だったとww

うぅ~~ん( ̄へ ̄|||) そう言えば彼は昔から、蛇とかも気にしないって言うか、子供の頃は振り回して遊んでいたクチらしい。 子供の頃に培われた度胸と危険レベルの認識度が備わっているのでしょうねヽ( ̄▽ ̄i) 彼の後を追跡していれば、安全度は高いかもww