めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

通し営業では無いにせよ、夜の部のスタート時間が4:30からと早めのリカバリーが嬉しい「めん処 成」さんに、またも引き込まれてしまいました(〃∇〃)ゞ

めん処 成

今回は今年のヒット新作を約2ヶ月ぶりに頂く事にしましたよ♪ 巷では、より一層のブラッシュ・アップが進んでいるようだとのウワサもチラホラです(* ̄∇ ̄*)

「黒中華そば 大盛 (630円+50円)」

成 黒中華そば 大盛

おや?σ(゚・゚*) 以前よりも油膜が豊富になっているようですよ。 スープの表層がキラキラするほどの油膜です。 確かに香り立ちも、より一層豚ガラっぽさが前面に押し出された気がします。

成 黒中華そば 大盛

でもこの油膜は決して行き過ぎって感じは無く、油っこい諄さなどは感じさせることはありませんでした。 載せモノは変わらずで、シンプルな中にもメンマやチャーシューの仕立てが丁寧に行われているのが伝わって来ます。

成 黒中華そば 大盛

醤油ダレの香りは、この油膜に蓋をされたのか、そんなに強く感じられません。 でも出汁の風味と醤油の香りがミックスされた香りは、以前よりも豊かになっているかもしれません。

成 黒中華そば 大盛

やや加水率が低めの中細ストレート麺は、プツプツッとした歯切れの良さは相変わらず。 ほんのりと小麦粉の風味を感じさせながら、控え目だったスープの立ち香から一変して、口に運ばれたスープの風味と来たら、それはリッチに鼻腔を抜けていきます。

醤油ダレは塩味の角は丸められていますが、その風味の豊かさは確かなものです。 醤油好きには堪らない、至福の刻が過ごせます( *´艸`)




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る
 

2012年 猿楽台地の蕎麦畑 ~福島県南会津郡下郷町~

「落合分校」でチョイ撮りをして、この日のもう一つのメインディッシュ「猿楽台地」へと向かいますヾ(^▽^* 事前に情報は捉まえておりましたが、50haにものぼる広大な農地を東西に貫く農道は、拡幅工事の為通行が規制されていました。

聞くところに由ると、日曜日は自動車の進入は可能との事でしたが、農道の西側は遮断されています。 東側は入れるかも知れないと言う事で、広大な農地の外側を辿って回り込んでみる事にします。

霧の蕎麦畑
[2012/09/02 霧の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大表示します>

その途中、農地の西側の飛び地になっている蕎麦畑が、見事に蕎麦の花が咲き誇っておりましたO(≧▽≦)O 道路脇の待避所に車をデポしまして、先ずは軽く試し撮りと参ります♪

霧の合間
[2012/09/02 霧の合間] <↑ Clickで拡大表示します>

実はここでも気まぐれな天気に翻弄されまして、撮影を始めて間もなく小雨が降り出しましたヽ(´Д`;)ノ 霧も濃くなったり薄くなったり、全く予想不能な状態です。

僅かの希望
[2012/09/02 僅かの希望] <↑ Clickで拡大表示します>

霧に覆い尽くされていたかと思うと、突然霧が切れてきまして、旭岳の方角に青空が見えました。 小雨は相変わらず降り続いていましたが、一類の望みを託してメインステージへと移動します。

年に一度しか来ない場所なもので、東側の農道の入り口をロストしまして、少しウロウロしちゃいましたが、何とか辿り着く事が出来ました(>▽<;; 耳に聞こえていた通り、農道の拡幅工事が進められておりまして、路肩には埋め込み予定のU字側溝が積み上げられていました。

霧に包まれる猿楽台地
[2012/09/02 霧に包まれる猿楽台地] <↑ Clickで拡大表示します>

で、ご覧の通りのアリサマですΣ(゜▽゜;) 益々状況は悪化の一途・・・ 一時はシャッターを切る事さえ食指が動かなかったほどでしたよヽ( ̄▽ ̄i)

蜃気楼の如くに
[2012/09/02 蜃気楼の如くに] <↑ Clickで拡大表示します>

時折霧が薄くなった時を狙って撮り続けますが、青空どころか山並みのディテールも現れませんね。 まぁ、こんな年もアリと言う事で( ̄▽ ̄i)ゝ

工事中
[2012/09/02 工事中] <↑ Clickで拡大表示します>

農道の先の方には、「会津高原たかつえ」でも姿のあった新潟県からやって来たシニアカメラマンさん達のグループが来ていました。 やはり立ち回り先は、大体同じってところですかねww

霧に浮かぶ
[2012/09/02 霧に浮かぶ] <↑ Clickで拡大表示します>

帰りがけにようやく山の稜線がうっすらと姿を現しました。 まっ、これはこれでイイか(*´∇`*) 猿楽台地の蕎麦の花は、まだギリギリで大丈夫だと言う事です。