香福 ~福島県喜多方市~

折角、北塩原エリアまで足を伸ばしたのですから、遅目の朝ご飯は、喜多方ラーメンを頂く事にしますo(*^^*)o 名店の誉れも高き「坂内食堂」で麺上げをしておられた方が、独立して新店舗を構えたという情報が入っておりましたので、お初の訪問とさせて頂きました。

香福

「香福 (こうふく)さんですヾ(^▽^* ご近所には先に訪問した「あじ庵食堂」さんや人気店の「あべ食堂」さん、またご店主様のお勤め先だった「坂内食堂」さんさえも建ち並ぶ、第一級のラーメン激戦区です。

朝7:30からの開店と言う事で、喜多方名物とも言える“朝ラ~”が楽しめるのも嬉しいところです。 ボクらが暖簾を潜ったのは9時前でしたが、既にリピーターになっておられる雰囲気が漂うお客様方で賑わっておりました(*^▽^*) この日は早朝食も摂らずにおりましたので、お店のフラッグシップたる品を頂く事にしました。

「お肉ラーメン (750円)」

香福 お肉ラーメン

期待通りの肉まみれぇ~♪O(≧▽≦)O

塩ラ~と見紛うばかりの、ほんのり黄金色な「坂内食堂」のスープとは異なり、ハッキリとしたお醤油カラーを醸し出していますが、“お肉”と称される豚バラ肉の煮豚は、どこかしらアノ面影が重なります( *´艸`)

香福 お肉ラーメン

ちょっと丼は小振りに思えるほど、ミシッと詰め込まれた凝縮感のあるルックスです。 並盛りですが、結構な麺量がありまして、ドン載せされた“お肉”もあってか、程良い満腹感が楽しめますヨ。

香福 お肉ラーメン

テデフォではあまり油膜は看取されません。 スッキリとした諄さのない味わいを目指しているのでしょうか? ボクらが頂いたメンマは、ご店主様が目指す本来の姿から離れているかも知れませんので、今回はレポを伏せておきますが、“お肉”は「坂内食堂」さんのソレとは違うタイプに仕立てられていました。

スープの塩味に対して、ハッキリと上回る醤油テイストがキリッと効いておりまして、トロトロ系ではなく歯応えを感じさせるタイプです。 坂内の刷り込みをもって向き合うと、ちょっと面食らうかも知れませんよ(^◇^;)

香福 お肉ラーメン

麺はお約束通りの多加水系平打ち縮れ麺ですo(*´∇`*)o この茹で加減は流石に絶妙! 舌触りの心地良さと、歯触りの良さ、歯切れのリズムの楽しさなど、模範的としか言いようがありません。 ベーススープは、多分豚ガラだと思われます。 押しつけがましさのない旨味がジワァ~っと口中に広がる様は、これまた喜多方ラーメンの模範的なスタイルかと思います。

醤油テイストは少し個性を感じます。 調達している醤油の個性が映されているのかもしれません。 これを上手く育て上げていけば、きっと「これぞ香福!」といった印象的な個性になるかも知れません。 また、常連のリピーター様方の間では、“アブラッコク”という指定もポピュラーなようです。

比較的足を運んでいる「あべ食堂」さんでは、少なからぬお客様方が同様のリクエストをしていますが、お味としてハッキリとした違いが楽しめます。 当然「香福」さんでも別世界の味の扉が開くものと思われますo(*^^*)o これから先、何度か足を運ばせて頂き、じっくりと探っていってみたい“期待の新星”ですヾ(^▽^*

香福

ご夫婦二人の二人三脚営業ですが、常にお客様に目配せをしながら、一人一人を大切にしている雰囲気が伝わって参ります(^^) 既に多くのリピーター様を獲得しているようですが、もっともっと伸び代はありそうに思えます。 楽しみ楽しみ♪




香福 (こうふく)
福島県喜多方市字三丁目4840-1
電話;0241-23-3878
営業時間;7:30~16:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗裏手にあり


より大きな地図で 香福 を表示