麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

お馴染みのテッパンローテーション先「麺屋 信成」さんの暖簾を潜りますと、何やら店主・海野さん夫妻が何時にも増してにこやかに迎えてくれました(* ̄∇ ̄*)

(おんやぁ~?こりゃあ何かイイことでもあったかしらねぇ~?)

と思いながら、「カレーつけ麺」を所望致しましたところ、

「無芸さん♪ 新作の漆黒系が準備出来たんだけど、こっちを召し上がってみませんか?o(*^^*)o」

とのお声がけを頂きました( ̄▽ ̄;) 勿論、そんなチャンスを逃すはずもなく、こちらから願い出てでも食べてみたいってもんですよO(≧▽≦)O 幸運なことに、この日専用の麺が準備出来たそうでして、ボクにお誘い電話をして下さるつもりだったところに、いきなり入り口に現れたボクだったそうですww

実は初夏の頃にはほぼ開発は終わっていたそうで、冷たい麺の季節提供が終了した時点でリリース予定でした。 事前にその思惑はお聞きしていたので、そのリリースを心待ちにしていました。

盛りつけは最終試作のビジュアルですので、少しばかり変わるかも知れませんが、味決めはほぼパーフェクトにこのまま提供されることとなります。 そしてそのX Dayは10月1日(月)となります!o(@^◇^@)o

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

ご覧の通り、スープは見事に真っ黒けです♪(>▽<)b 郡山に生まれ育ったラーメン・ファンなら、もう香り立ちだけで唾液が口中に湧いてきそうな程、DNAに訴えかけてくるのが分かるでしょう!

麺屋 信成 黒醤油らーめん

「麺屋 信成」の特徴的なビジュアルとも言える、白髪ネギ、フレッシュ水菜、小口ネギは、今回は盛られておりません。 一風変わりまして、白ネギと茹で水菜、刻みネギがその代役を務めますヾ(^▽^*

麺屋 信成 黒醤油らーめん

スープの表面を覆う油膜は、思ったよりも厚め♪(〃∇〃) 香味成分を含んでいるのか、チャーシューの煮汁的な魅惑の香りを撒き散らしていますww

麺屋 信成 黒醤油らーめん

いつも通りの大振りな拍子切りメンマは、程良く甘じょっぱく味付けされていて、軽く歯が当たるだけで繊維に沿ってハラッと解けるような柔らかさです。

そして今回初登場となったであろうアイテムは、「麺屋 信成」初のモモ肉チャーシューなのだ!w( ̄▽ ̄;)w しっかりとした肉質感がありながら、軽く噛んだだけでスルッと歯切れる柔らかさ。 この最終試作では、麺の食感に対してちょっと肉厚があり過ぎで、食感に違和感を感じたので、もう少し薄めのカットで提供されることになると思います。

また、更に新しいアイテムとして、今まで店主が自分の酒肴としてコッソリ作っていた、秘蔵の肩ロースチャーシューが合い盛りされる事となりましたO(≧▽≦)O これらは既存のバラロールチャーシューとは異なった味の世界を楽しめるハズです(* ̄∇ ̄*)v

麺屋 信成 黒醤油らーめん

麺は“漆黒系御用達”の低加水タイプのストレート中細麺! 漆黒スープの色合いが既に移り加減ですね( *´艸`) これを一気呵成に口に運ぶ幸せ♪ あぁ、至福の刻です(*´∇`*) プツプツプツッと心地佳く歯切れ、舌触りは滑らかに楽しめます。

スープをタップリと持ち上げてくれるのも、このスペックの麺ならではのもの。 ベーススープは豚ガラに鶏ガラが合わされた「あっさり醤油らーめん」用がキャリーオーバーされているらしいのですが、醤油ダレの仕立て一つで、こんなにも違うラーメンになってしまう事には驚くほかありません( ̄▽ ̄i) これは結果的に導き出されたものだと思いますが、今は無きあの名店の味を恐ろしいほどに彷彿とさせるものでした。

本作は季節メニューでは無く、定番の新作としてレギュラー化されるとの事です。 多様な引き出しを持つ店主・海野さんの新作「黒醤油らーめん」は、どのようにお客様に伝わるか楽しみです(*^▽^*)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

猪苗代ハーブ園のコスモス その2

台風が2連続で接近中と言う事で、今週末も晴天は望めそうもありませんね(@・艸・;) ってか、来週再接近しそうな台風17号ときたら、昨年に大きな被害をもたらせた台風15号と似たような勢力とコースをとりそうだってハナシではありませんか( ̄へ ̄|||)

無芸の仕事場も昨年の台風15号による洪水で大きな被害に遭った訳ですが、洪水の主要因となった逢瀬川の堤防は、改修どころか土嚢で嵩まししただけで、そのまま一年間放置されたままなんです(;-_-;) 国交省の予算が付かないってのもこんなご時世だから理解出来ないこともありませんが、具体的な対応策のカケラも見えてこないと言うのは、かなり不安なものがあります(ー’`ー;)

さて、つい挙げ損なっていた写真をそのままお蔵入りさせちゃうのも何ですので、ちょいとお目汚しでございます( ̄▽ ̄i)ゝ

猪苗代ハーブ園の秋桜
[2012/09/16 猪苗代ハーブ園の秋桜] <↑ Clickで拡大>

前回は曇り模様で磐梯山の姿も隠されていた「猪苗代ハーブ園」からの眺望です。 まだ午前中だった事もあって、割とクリアに見晴らすことが出来ました。

ただ残念な事に、前週には満開だった同じ場所は、既にピークを越えてしまっており、花の密度が冴えないところです。 しかもナゼか花が後ろ姿ばっかりで・・・( ̄  ̄;) うーん

秋風に吹かれて
[2012/09/16 秋風に吹かれて] <↑ Clickで拡大>


開花期がずれているエリアでは、まさに満開のところもあったりします。 ちょっとした風でも秋桜の花は振り子のように揺られます。

お花畑
[2012/09/16 お花畑] <↑ Clickで拡大>

写真撮影をしてから既に二週間ほどが経過していますので、今はどんな風になっているでしょうかね?(^◇^;)

猪苗代ハーブ園
[2012/09/16 猪苗代ハーブ園] <↑ Clickで拡大>

まだ開園して間もなくの入場でしたが、思ったよりも早く来場されるお客様が居るんですねw( ̄▽ ̄;)w そうそう、スキー場に誂えられているジャンプ台では、グラススキーって言うのでしょうかね? 次代を担う少年達が、練習を重ねていたようです(* ̄∇ ̄*)
 

ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

暫くご無沙汰しちゃっていたなぁ~と思ったら、何と2ヶ月もインターバルがありましたノ( ̄0 ̄;)\ ここは郡山市文化センター向かい側にある「ボルドー」さんです。

ボルドー

斬新な季節メニューを次々と繰り出し、その個性的なアプローチから、今や多くのファンを得ています。 今は丁度季節の変わり目と言う事もあり、限定メニューは提供されておりませんでしたが、粛々と次なる仕掛けは進行中のようです(>▽<;;

そんな訳で、この日は手堅く定番メニューより、パワフルさに溢れるこちらのお品を頂く事にしました♪o(*^^*)o

「手揉み極太ら~麺 (700円)」

ボルドー 手揉み極太ら~麺

もう見るからに濃醇なスープです(* ̄∇ ̄*) 鶏ガラ、豚ガラ、そして魚介から旨味成分が、スープの中に漂っています。

ボルドー 手揉み極太ら~麺

載せモノの豊富さと隙のない美しさは、もはやボルドーの持ち味としてリピーターの心を鷲掴みにしている事でしょう。

ボルドー 手揉み極太ら~麺

丼の表面を覆い尽くしているのは、お馴染みのオリーヴオイルです。 伝統的なラーメンとは一線を画する風味や、滑らかな舌触りの原点ともなっています。

ボルドー 手揉み極太ら~麺

いつのまにかチャーシューは大判で厚みのある肩ロースになっていましたヽ( ̄▽ ̄) 勿論、食べ手にとっては歓迎されるべきアップデートです♪ 決してパサついた食感などはなく、柔らかくそして肉自体の旨味をちゃんと伝えてくる秀逸なものです。

ボルドー 手揉み極太ら~麺

実は一番驚いたのは、この極太縮れ麺です。 以前の印象よりも格段に変化しているように思えました。 以前も確かに極太縮れ麺ではありましたが、ここまで強靱な歯応えの印象は残っていません。

ほとんど太切りうどんに匹敵する麺線に加えて、グルテンがきっちりと活性しているその弾力は、もはやラーメンの域を超えかけているのではないでしょうか?w( ̄▽ ̄;)w とにかくしっかりと噛み切って咀嚼しないと、とても喉を通らないほどのパワフルさでした。

また以前は爽やかな香りとほのかな酸味ってくらいの効かせ方だつたレモン果汁が、はっきりと酸味を伝えてくるほどに強化されていました。 お陰で深みがありながらアタリは柔らかく、そしてやや強めの塩味を感じさせる醤油ダレは、補酸のマジックで単純な押しまくりには感じられなくなっていました。

レギュラー・メニューまで日々進化を続けていたとは恐れ入りました( ̄▽ ̄i)ゝ 益々次作のリリースが楽しみです♪




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
      ※日曜日は昼の部のみの営業で14:00まで
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る




郡山市は今日・明日と安積國造神社で秋の例大祭が行われます。 今夜9月28日は17台の山車が揃いまして、八幡ばやしを奏でます。 昨日は町内に山車の巡行が行われていましたが、これらの山車が一斉に駅前大通に集まります(*^▽^*)

秋の例大祭 山車引き

また、明日9月29日には本御輿3社と町御輿35社による宮入がございまして、それはかなり勇壮なものです(>▽<)b 自分の街なので、それは当たり前の光景に思っていたのですが、実はこれほどの御輿が揃う祭りと言うのは、そう滅多にあるものではないらしいです(^◇^;)

県外から訪問した方々は、一様に驚かれると共に、そこに居合わせたことを喜んで下さるそうです。 台風の影響で雨が心配されておりますが、何とかもってくれると良いですねo(*^^*)o

尚、市内繁華街はこの二日間、夕刻から交通規制が布かれます。 28日は18:00から21:00まで、主に駅前周辺です。 翌29日は、国道4号線を御輿が渡りますので、国道も交通規制の対象となります。 この日は18:30から21:30となっています。
 

こだわり麺家 谷津亭 ~福島県二本松市~

雨に見舞われた日曜日のこと、又もや遅い昼食を摂ろうとターゲットに定めたのは、お初の訪問となる二本松市の「こだわり麺家 谷津亭」さんです(^^) 国道4号線二本松バイパスの下り線沿いのJR安達駅への分岐路付近にあります。 お隣にはコンビニエンスストアー・ローソンさんがありますので、比較的見つけ出しやすいと思います。

えぇ、そうなんです。 見つけやすいと言うか結構目立つお店なのに、今まで一度も訪問した事が無かった訳でして、多分開業されてから優に6年は経っておられるハズです(//∇//)ゞ 遅すぎる初訪問かも知れませんが、その分楽しみもあるってものです(* ̄∇ ̄*)

こだわり麺家 谷津亭

駐車場は楽に15台くらいは駐められそうです。 営業時間は17時までと言う事で、結構ギリギリ終盤の訪問になりましたが、暖簾落ちの後にも訪問されるお客様がおられたり、さすがにロードサイドの底力を垣間見せられました。

こだわり麺家 谷津亭

この時には女性二人の態勢で切り盛りされておりましたが、サーベイしてみますとどうやらご店主様も女性のようでして、最大3名態勢ってのが現戦力のようです。 この女性ならではと言いますか、非常に人当たりが良くて、心地佳く過ごす事が出来たのは特記事項ですね♪ 無芸大食妻も安心して心地好く過ごしていたようです(^^) ラーメン専門店さんとは言え、接客業の側面も極めてウエイトが高いです。

さて事前のサーベイでは、どうやら味噌ラ~の人気が高いようですので、そちらは無芸大食妻に任せるとしまして、ボクは敢えて別メニューでアプローチしてみることとします。

「旭川和風醤油 (600円)」

谷津亭 旭川和風醤油

んっ?(`・ω´・ ;) 何か不思議な柔らかさに満ちている・・・ スープはニゴリ系なん? 醤油ダレもかなりマイルドでして、塩分摂取過多の方にも安心なようにチューンされているかのようです(>▽<;; 妙にユルい甘さが感じられまして、こりゃあコンブによるものでしょうかね? とにかく全体の味の仕立て方が、淡麗と言うかディテールが良く見いだせないですね(⌒▽⌒;) ボクは本場の旭川ラーメンを体験した事がないので比較のしようがありませんが、こんなイメージなんですかね?

チャーシューは豚バラ肉が使われており、ちょっと厚手にカットされていますし、デフォで半熟味玉のハーフカットが入っていたりします。 これらの具材は個々に良く出来ていると思います。 白ネギとカイワレダイコンが盛られてはおりますが、前述の通りスープ自体にアクセントが強く無い為、あまり活かされている感じがしないのは残念です。

谷津亭 旭川和風醤油

また麺は驚きのストレート細麺w( ̄▽ ̄;)w 消化を助けるかの如くに、しなやかな舌触りの茹で加減です。 麺自体もあまりお目に掛からない個性派かも知れませんね。

一方写真こそ撮りませんでしたが、家内が頂いた「小樽濃厚みそ (600円)」は、味噌の風味が見事に引き出されており、少し甘めのニュアンスながら、極めて良好な味のバランスを楽しませてくれました♪ 麺は中太麺が使われていたようですが、こちらもやや滑らかな舌触りの茹で上げでした。

個人的にはこの味噌ラ~なら進んで食べたいと思える美味しさでしたよ(*^_^*) どうもこの辺は、お店の得意とする分野ってものかも知れませんね。 お仲間Blogger様方も味噌ラ~の評価は上々のように思えます。 まぁ、醤油にチャレンジしたのはご愛敬と言う事で( ̄▽ ̄i)ゝ

「手づくり餃子・5個 (200円)」 ※クーポン利用で無料サービス!(〇o〇;)

谷津亭 手づくり餃子

こちらもまた望外の美味しさでちょっと驚きました(>▽<;; 焼き上げは皮が半透明っぽくなっていまして、ニラがたっぷりと仕込まれた餡の美味しさは格別! ラーメン専門店さんの中でも、かなり上位の出来映えだと思いますし、この価格のリーズナブルさはほぼ反則ですねww 街中だったら300円でも納得のお味でした♪

ちょっと辛口気味のレポになっちゃいましたが、ボクは一点でも心に響く食べ物に出会えたらオケイですので、きっとまた訪問させて頂きますv('▽^*) ってか、家内は充分に満足して楽しんでおりましたからww 接客の心地良さも格別ですので、次回は思い切り味噌ラ~&餃子で楽しませて頂きたいですね(>▽<)b




こだわり麺家 谷津亭
福島県二本松市油井字松葉山40-10-2
電話;0243-23-8208
営業時間;11:00~17:00
定休日;火曜(祝日を除く)


大きな地図で見る




そのままUターンして戻るのも何ですので、少し先までバイパスを進んで「道の駅あだち」に立ち寄ってみました。 久しぶりに行ってみたら、随分と雰囲気が変わっていました。 特に飲食スペースの枯れ方異常でして、ほとんど瀕死の状態です。

アイス工房ツースリー

そんな中にあって施設内の「アイス工房ツースリー」さんのお噂が耳に届いていましたので、軽くデザートとさせて貰いましょうか♪

アイス工房ツースリー 豆味噌&パンプキンwith黒ゴマ

ジェラートタイプのアイスクリームですね。 ちょっと変わったところでは「豆味噌」ってのがありましたので、「パンプキン」と合い盛りにしましたo(*^^*)o 更にはデフォのサービスで一口サイズの試食アイスを盛って下さると言う事で、バランスを考えて「黒ゴマ」を所望しました。

全体に乳脂肪分が抑え目に仕立てられており、スッキリとした後口の軽快さが印象的です(^^) 豆味噌は期待通りの美味しさでしたよ♪ 軽い塩味は甘さを引き立てますし、豆味噌がナッツのような食感を演出していました。
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

いつものローテーション先「郡山大勝軒」です(^^) これもお決まりのパターンでして、最も客足の薄い時間帯に暖簾を潜りますと、工藤店長が何やら嬉しそうに話しかけてきました。

「無芸さぁ~ん♪ 製麺機が新しくなったんですよヾ(^▽^*」

あっ、そう言えば前回訪問した時に、製麺機が更新されるって話は聞いていましたよσ( ̄、 ̄=) どうやら一週間前くらいにそれはやって来たようです。

以前の製麺機は、オーバーワークに耐えながらボクらの胃袋を満たし続けてくれたのですが、更新を機会によりキャパシティーに余裕のあるものに変えられたそうです。 そして今回大きな変化がありまして、製麺機の切り歯が16番から12番に変更されたそうです。

東池袋大勝軒は伝統的に切り歯17番が使われているそうですが、確か普通は偶数番が大半だったと記憶しています。 郡山大勝軒では、製麺機のメンテナンスを含めて、当地では首都圏同様のサービスが受けにくいと言う事で、16番が使われていたのではないかと思います。

さて前置きが長くなりましたが、今回はお馴染みのつけ麺にあって、ちょっと異色の個性派を頂いてみる事にしますo(*^^*)o

「辛子つけ麺 中盛 (750円+0円)」

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

艶々でツルツルの麺は、パッと見た目にはそんなに大きな変化を認めるのは難しいかな(`・ω´・ ;) 工藤店長曰くは、以前の製麺機は切り歯の軸がヘタッていた為か、麺に希望していない縮れが出ていたと言います。 あぁ~~、わかんねぇ~( ̄ω ̄;)

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

それは多分、毎日小麦粉の配合から始まり、麺茹でまで一手に担っている彼だからこそ大きな違いとして受け取っているのかも知れません(*´∇`*)

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

こちらが「辛子つけ麺」の漬けダレです。 自家製の辛子玉を溶かし込んだ漬けダレは、確かにその色合いに違いが出ていますね(@・艸・;)

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

大勝軒の血筋とも言える甘酸っぱさのある漬けダレに、辛みのアクセントがより一層鮮明に浮き出まして、とてもメリハリのある味わいに進化します♪(〃∇〃) しかもただ辛いだけの辛子では無く、巧妙にもゴマ油なんぞも加えられているそうでして、これが独自の甘味となって、味わいに厚みが増してくる仕掛けがあります。

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

さて注目の新スペックの麺ですが、ツルツルっとした滑らかな舌触りは以前と変わらず心地好いものです(〃∇〃) 麺を噛み込んだ時の弾力を伴った歯応えが以前にも増して明瞭になっていましたよ♪ 前述の切り歯の違いは、ボクには見た目で判断出来るませんでしたが、この食感の違いだけは伝わって参りましたヨ♪

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

漬けダレの辛味はどなたにも楽しめるくらいに調合されていましたが、別添えで頂いた自家製辛子で更に強化してみますよo(*^^*)o

郡山大勝軒 辛子つけ麺中盛

はい、この自家製辛子を“オン・ザ・麺”致しまして、漬けダレに軽く潜らせて手繰れば、ガツン!とインパクトのある辛味も楽しめます(>▽<)b 甘辛酸っぱい味わいを体が覚えてしまいますと、もう後戻り出来なくなりそうです(^◇^;)

まだ製麺機が変わって一週間くらいですので、使い勝手の馴れ始めくらいだと言います。 この新型製麺機を利して、何やら水面下で画策が行われているっぽいのですが、それは先のお楽しみ♪( ̄∇ ̄*)ゞ




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る
 

【お知らせ】 「仁井田本家 創業301年感謝祭」開催のお知らせ

郡山市田村町金沢にある清酒醸造元「仁井田本家」さんで、今週末に一般公開のイベントが開催されます。 同蔵は今年創業301年を迎えまして、現当主・仁井田穏彦(やすひこ)氏は、数えること18代目になります。

昨年が創業300年の大きな節目だった訳ですが、ご承知の通り震災被災地となってしまった当県にあって、以前から着々と準備を進めていたレセプションはその規模を縮小せざるを得ませんでした。 地域に根ざして300年。 その存在意義は何であるのか? 当主・仁井田氏は幾つかの答えをもって301年目の一歩を踏み出しました。

それがどんなものであるかは、ご興味があり、ご都合のつく皆様に直にお蔵まで足を運んで頂きまして、お確かめ頂きたいと思います(*^▽^*) 地域に根ざして、地域に貢献出来る、そんな酒蔵の精一杯の感謝祭です。

仁井田本家感謝祭2012
<↑ Clickで拡大> 印刷可能な解像度で拡大出来ます

尚、ご訪問に際してましては予約は不要です。 勿論、入場は無料です。 駐車場はソコソコの広さ(50台分くらい?)はございますが、現地の誘導員さんの指示に従って頂き、安全第一でデポして下さい。

柿シブの塗り込まれた、素晴らしく美しい造り蔵も見学出来ますヾ(^▽^* 酒造期にはなかなか見学出来ない場所も公開して下さると思います。 仕込み水も汲み放題ですから、お持ち帰り用のボトルなんぞを携行されても良いかも知れません。

会場内では有料とはなりますが、同蔵の清酒の試飲(20歳以上の方)も楽しめます。 例の“幻の酒・田村”も口に出来るそうですよw( ̄▽ ̄;)w お酒も楽しみたい方は、くれぐれもハンドル・キーパーさん付きでご訪問下さい。

ボクは仕事の具合次第ですが、どんなに沢山のお客様方が集っているかを見に行きたいですね(>▽<)b お蔵にとっても、沢山のお客様に訪問して頂ける事は、大いなる励みとなります。 詳しくはパンフの写真をポチして頂きご覧下さいv(≧∇≦)v



仁井田本家 (URL)
福島県郡山市田村町金沢高屋敷139
電話;024-955-2222


大きな地図で見る 

めし酒場 克 (かつ) ~福島県郡山市桜木~

厳しい残暑もようやく一段落がついた感のある今日この頃です。 とは言え、残暑の厳しさが半端ではなかったので、ここに来て平年並みの気温になったとたん「寒すぎね?(〇o〇;)」って思ってしまいます(>▽<;;

さて、この涼しさに誘われて、三ヶ月ぶりに訪問したのは「めし酒場 克」さんですo(*^^*)o 実はお品書きの中に「親子丼」がオン・リストしていたのを見て、次回は必ずと心に決めていたのですが、三ヶ月のインターバルが良くなかったのか、メニューが改訂た時に落とされていたようです(T△T) 外連味の無いお仕事をされるご店主様ですから、間違いなく美味しかったであろうに・・・orz

でもでも、この日は新しいメニューを発見したった♪( *´艸`)

「白湯担々麺 (800円)」 ※細麺指定(太麺もアリ)

めし酒場 克 白湯担々麺

スッキリ系の鶏白湯スープをベースに、担々麺を仕立てちゃったのねO(≧▽≦)O 確かに前回は「冷やし担々麺」を頂きましたから、きっちりと伏線は張ってあった訳です。

めし酒場 克 白湯担々麺

見ての通り“血の池地獄”のような担々麺では無く、極めてジェントルな仕立てのようです。 胡麻の香ばしい香りはちゃんと伝わって来ますが、如何にもヤバそうなスパイシーな刺激香はありませんヾ(^▽^*

めし酒場 克 白湯担々麺

モヤシと白髪ネギ&カイワレダイコンの間にサンドイッチされた肉味噌が、タダならぬ役者でして、花椒の風味がキリッと効きながらも、節度のある辛さに抑えられており、甘じょっぱい濃ゆい味わいに味付けされています。

ジワッと伝わって来る鶏白湯の旨味と、意図的に制御された胡麻ペーストのクリーミーさ、そしてどなたにも親しみ易いであろう控え目な辛さの絶妙バランススープに、この肉味噌がガツン!とインパクトを与えています。

めし酒場 克 白湯担々麺

麺は太麺と細麺から選択させて貰えました。 今回は細麺を所望致しましたが、軽快なのに程良いコク味のあるスープとの相性は問題ありません。 多分スープ自体が、太麺を合わせてもマッチするように誂えられているでしょうから、これは食べ手の好み次第で楽しめると思います。

本当に器用なご店主様です(^◇^;) 何を作っても、きっと調和の取れた味を作り出せる技術とセンスをお持ちなのだと思います。




めし酒場 克 (かつ)
福島県郡山市桜木2-22-5
電話;024-921-4056
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~24:00
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場(5台分)


大きな地図で見る
 

【猫動画】 お座り猫ちゃん

「夕暮れのお座り猫ちゃん」って動画が話題になったのは1週間ほど前でした。 スコ座りっぽいんだけど、手摺りに顎を預けている姿がとってもCuteで、何気に癒された猫好きさんも多かったでしょうヾ(^▽^*



ウチの猫はあんなお座りの仕方はしなかっただろうと思うのですが、そんな猫ちゃんはまだ居るのかと思ったら、どうもお躰の模様からして、同じ猫ちゃんのようです♪

横浜のお散歩猫・ののちゃんです( *´艸`)



これまたカワイイ!(((*≧艸≦) さすらいの野良猫・テブクロにも、これくらいの愛嬌があったならなぁ~ヽ( ̄▽ ̄i)

テブクロ

うぅ~~ん( ̄ω ̄;) やっぱり無理っぽいですね・・・( ̄▽ ̄i)ゝ 

かすが食堂 ~福島県郡山市大槻町~

ちょいとレトロな雰囲気漂う、昭和テイストの大衆食堂「かすが食堂」さん。 写真もレトロ風に軽くセピアテイストにしてみたら、妙にハマってしまったww

かすが食堂

暫くご無沙汰になっていた漆黒ラーメンを頂きたくなり、暖簾を潜る事にしましたよ♪ しかも今回はちょっとゴージャスなバージョンを(〃∇〃)

「チャーシューメン 大盛 (650円+100円)」

かすが食堂 チャーシューメン大盛

わわわ?! 何だか丼がギュウギュウ詰めだぁ~w( ̄▽ ̄;)w

今まで気付かなかったけど、もしかすると大盛用の丼とかって無いのかも(^◇^;)

かすが食堂 チャーシューメン大盛

店内の照明と外光のバランスのせいで、丼の部位によって色調が変調しちゃっていますが、チャーシューは極めて健全な状態で提供されていますヽ( ̄▽ ̄i) 以前から是非とも所望してみたいと思っていた「チャーシューメン」の初登場です♪

かすが食堂 チャーシューメン大盛

勿論お約束の、デフォでモリモリな粗挽き黒胡椒はこの日も絶好調(>▽<;; 結構黒胡椒テイストが効いているはずなのですが、もはやボクの中では鈍麻してしまった感もアリですww

かすが食堂 チャーシューメン大盛

漆黒系スープにフィットする多加水タイプのストレート中麺。 食感はいつもの通り、プツプツッとリズミカルなモノでしたが、どうもこの丼のサイズに大盛り麺量+ドカ載せチャーシューは、今ひとつ手狭の感が否めませんね( ̄▽ ̄i)ゝ

スープの量が相対的に少なくなってしまい、結果バランスがいつもと違ってしまうようです。 豚ガラのベーススープの旨味と漆黒醤油ダレの効き具合が共に大分マイルドに感じられました。

勿論お楽しみのチャーシューの美味しさや、メンマの程良い味加減と言い、何時もと変わらぬものでしたので、存分に満足は致しましたが、丼のサイズが単一でしたら、並盛りの方がその冴え冴えとした味わいをより一層明瞭に楽しめるようです。

って事で、暫くは並盛りで我慢してみようかと思いました( ̄▽ ̄i)ゝ あぁ、でも大盛りをガツガツ喰いてぇ~~!(//∇//)




かすが食堂
福島県郡山市大槻町中ノ平南302-2
電話;024-951-5762
営業時間;11:00~19:30
定休日;木曜


大きな地図で見る
 

喜多方ラーメン 喜一 ~福島県喜多方市~

北塩原エリアでの写真撮影を終えて、喜多方市街地へと山を駆け下ります。 この日は是非とも暖簾を潜っておきたかったお店がありまして、迷うことなく一直線に到着です( *´艸`) と、まだ7:30だと言うのに、駐車場には20台ほどの車が先乗りしていました(〇o〇;)

ウワサ通りの人気のお店「喜多方ラーメン 喜一」さんですヾ(^▽^* 駐車場は30台ほどのキャパがありそうですが、これが満車になるのもきっと毎日のことと思われます。

喜多方ラーメン 喜一

店内では既にウェイティングのお客様方が壁面の椅子で順番待ちをしています。 ちょっと驚いたことに、ご店主様自らがホールを仕切っておられまして、キッチンはスタッフだけで回されていますw( ̄△ ̄;)w しかもこのキッチンのローテーションも全く問題無く、修練度の高さなのかホールからの指示が絶妙なのか、見事な客捌きは特筆モノです。

ボクらが順番待ちをしている間にご店主様がキッチンに伝えていたのは、「只今36名様待ち」って・・・(〇o〇;) おいおい、開店からまだ1時間経ったかどうかですよ?w( ̄▽ ̄;)w どうやら窯場は6杯出しが1クールのようです。 意外と言っては何ですが、この注文品の出が早い為か、程なくカウンター席に案内されまして、オーダーを通して頂いてからほんの2クールほどで提供されました。

「チャーシューメン (850円)」

喜一 チャーシューメン

とってもシンプルなビジュアルですが、何かワクワクする雰囲気が伝わって来ますよ♪ 醤油味ですが、その色合いは濃すぎる事無き黄金色。 チャーシューは豚バラで、見た目こそ典型的な「喜多方の肉そば」を彷彿とさせるモノです。

喜一 チャーシューメン

バラ肉チャーシューには程良く味が染み渡っており、ほんのりと醤油フレーヴァーが感じられます。 しかも肉質にも柔らかさがありまして、上々の仕立てです。 メンマもそうですが、醤油テイストがスープのそれとマッチしていると言いますか、同調しているように感じられました。

喜一 チャーシューメン

結構油膜の張られたスープですが、これが全く諄さが無く、それでいて物足りなさも無いという絶妙のバランスです。 旨味調味料を使わない自然派仕立てとの事ですが、これだけの滋味溢れる出汁を引くには、じっくりと時間を掛けておられる事でしょう。

醤油ダレもアタリが柔らかく、それでいて効き具合も過不足無いもの。 豚ガラ、鶏ガラに加えて野菜や昆布から引かれた出汁は、ほんのりとした甘味と優しい旨味が口いっぱいに広がります。 洋食出身のご店主様として知られていますから、味を構成する引き出しの多彩さも大いに関係していそうです(*^▽^*)

喜一 チャーシューメン

意図的に柔らか目に茹で上げられているらしい麺は、喜多方らしく多加水系の平打ち縮れ麺ですが、やや幅広くそして薄めにチューニングされています。 驚くような強い歯応えや食感は印象に残りませんが、滑らかな舌触りといかにも消化の良さそうな茹で上がりは要注目です。

2:20起床でここまでおやつも摂らずに来ちゃいましたが、タップリのチャーシューが加わった事もあり、並盛りでも程良く胃袋が満たされるだけのボリュームがありました( *´艸`) 朝から躊躇無く食べられるラーメン。 躰に優しいものを頂いたって印象が忘れられません。

喜多方ラーメン 喜一

地元特産の「山塩」をあしらった塩ラーメンは、毎週火曜日のみの提供だそうです。 何を頂いても美味しそうですね(*´∇`*) きっとまた暖簾を潜ります! ちなみに・・・ 週末はお昼くらいで売り切れ閉店になっちゃうそうです(⌒▽⌒;) すんげぇ~~♪




喜多方ラーメン 喜一 (きいち)
福島県喜多方市字大谷地田3923
電話;0241-24-2480
営業時間;7:00~14:00
定休日;第1・3金曜
駐車場;敷地内に30台分ほど


大きな地図で見る
 

中国料理 呂望 岱山亭 (ろぼう たいざんてい) ~福島県郡山市大槻町~

過去ログを紐解いてみたら、何と半年もインターバルが空いていました( ̄▽ ̄i)ゝ 勿論、“隙あらば暖簾を潜りたいお店”の一つなのですが、このコスモス通りには、超強力な魅惑のお店があまりにも多すぎですヾ(´▽`;)ゝ

呂望岱山亭

実はここ「呂望岱山亭」さんにも課題となっていた夏限定メニュー「冷し中華」がございました。 耳に届くウワサでは、美しい盛りつけの妙味も一見の価値ありとの事で、あわよくば間に合えばと期待しておりました。(`・ω´・ ;)

が!残念ながら既に今年の提供は終了してしまったそうでして、来年にキャリー・オーバーとなってしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 訪問のタイミングがちょっと遅かったですね。 でもレギュラーメニューの中には、通年提供の冷たい麺メニューがございますので、今回はコチラを所望してみる事にします。

「冷し担々麺 (850円)」

岱山亭 冷し担々麺

こちらはお初の実食です♪ 常に“血の池地獄のような担々麺”を見慣れた目には、何とも軽快感溢れるビジュアルに思えます(* ̄∇ ̄*)

岱山亭 冷し担々麺

モヤシのボリュームがなかなかなのですが、細目の短冊切りにされたチャーシューが一緒に和えられているたり、メンマが浮かんでいたりと、どちらかと言えば“冷たいラーメン”に沿った誂え方に思えます。

岱山亭 冷し担々麺

そんな中にも、彩りも鮮やかなチンゲンサイが添えられているあたりは、中国料理の定石を守る一線だったりしますww

岱山亭 冷し担々麺

麺はほぼストレートの多加水系中麺。 スープ自体も冷やされていますが、麺もちゃんと冷水で洗い締めされておりまして、ツルッとした舌触りと程良い弾力と共に歯切れる心地佳いものです(*^▽^*)

肝心のスープですが、白ゴマペーストの濃度はやや抑え気味ですが、最後まで完飲を楽しめる落とし所なのかも知れません。 麻辣と呼ぶほどのHOTさはありませんが、どなたにでも親しみ易い味わいにまとめられています。 実際にこのスープを口にしますと、ついつい飲み干してしまいそうになりましたからww

人を驚かせるようなインパクトはありませんが、どなたにも安心して召し上がって頂ける、それでいて担々麺のディテールを決して失っていない、岱山亭さんらしいバランスの一杯だと思いましたヾ(^▽^*

「ジャージャー麺 (850円)」

岱山亭 ジャージャー麺

実は「冷し担々麺」は無芸大食妻の所望品でして、万一家内が麻辣テイストでお手上げになった場合の保険って事で、こちらも所望しておりました( ̄▽ ̄)ゝ まっ、前述の通り、極めて美味しく楽しんでくれたのでモーマンタイです♪

岱山亭 ジャージャー麺

濃醇な味わいの肉味噌餡には、ほんのりとした辛味も加えられておりまして、食べ飽きする事も無ければ、ラー油などの味変ツールに手を伸ばすこともありませんでした。

岱山亭 ジャージャー麺

ガラスの平皿に盛られた涼しげなビジュアルに、トマトのスライスの美しい盛り付け♪ こういった細やかな仕立ての良さはさすが岱山亭さんです(*´∇`*) このトマトの瑞々しさと適度な酸味が加わる事で、濃醇な味わいの肉味噌餡もスッキリと楽しめます。

岱山亭 ジャージャー麺

麺は前述の「冷し担々麺」と同じですね。 餡のトロミの加減が良いこともあり、とてもスマートに麺に絡んでくれますよ。 甘味・辛味・塩味・旨味に加えて、トマトからの酸味も調和して、一皿で多彩な美味しさがいっぺんに楽しめるのも良いですね♪ 思い出すとまた食べたくなっちゃいます(>▽<)b




中国料理 呂望 岱山亭
福島県郡山市大槻町御前67
電話;024-961-5518
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:30~21:00
定休日;毎週水曜日(祝祭日は営業)
駐車場;10台以上(共用区画を含む)


大きな地図で見る




一昨日の雨が記録的な残暑の幕引きとなったのか、昨日・今日と一気に秋の空気に包まれている郡山です。 お陰でようやく無芸の仕事場もエアコンを停止して、爽やかな外気を通しています(*^▽^*) 入り口のドアを全開にしておきますと、さすらいの野良猫・テブクロも少しばかり仕事場の中に侵入してきたりしてww

テブクロ

でも相変わらずの“ビビリィ~”ですので、そっと近づいてカメラのレンズを向けただけで、フッと外に逃げ出してしまいます(^◇^;) まあ、いつもの事ですので仕方ねぇ~なと思いつつも、しっかりとカリカリだけは要求して来ますよ。。。
 

初秋の曽原湖

「曲沢沼」をチョイ撮りして、お隣の「大沢沼」は例によって湖面が水草に覆われていて、ロケーションが今ひとつ冴えなかったのでパス( ̄▽ ̄i)ゝ 再び「曽原湖」に戻ってみることにします。

曽原湖の小島
[2012/09/16 曽原湖の小島] <↑ Clickで拡大>

もしかすると夜明け直後は朝霧も出ていたかも知れませんが、先に通りかかった時には既にクリアになっていました。 フィッシングボートが次々と岸から離れていくところでした。 釣り人達が湖上に散りますと、湖畔は暫し落ち着きを取り戻します。

初秋の曽原湖
[2012/09/16 初秋の曽原湖] <↑ Clickで拡大>

湖岸に群れていたカルガモたちも、いつの間にか“漁”に出掛けたようです(*^▽^*) 変わって徐々に活気が出てきたのはキャンプ場に宿営された皆様方です。

実はキャンプ場利用者がかなり減少していたので、以前からとても気にしていたのですが、この日は久しぶりの活況でした。 もともとオートバイでツーリングをしているライダー達が少なくなかったのですが、この日もライダーの姿が沢山。 中にはアメリカ人のグループ利用も見受けられました。

みんな恰幅が良くて、露出しているお肌には何やら“ラクガキ”が入っておりますもので、まんま名作映画のそれが重なる気がしますww 勿論、マナーもよろしいようですし、お子様連れのメンバーもおられました(*^▽^*)

秋の想い出
[2012/09/16 秋の想い出] <↑ Clickで拡大>

これはLucky Shotかな♪( *´艸`) 湖畔に遊ぶ子供達のところに、良い感じに日差しが入り、湖面にも映り込んでいます。 傍らでは朝食の準備をしている大人達って図です。 きっと子供達にとって、良い思い出でありますように♪
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

さすがにそろそろ冷や中は終了ダロ?と思いつつ暖簾を潜った「みたか食堂」ですが、何と未だにオン・リスト中♪v(≧∇≦)v

みたか食堂

えぇ、勿論頂きましたとも! もしかするとこれが今期最後になるかも知れませんもんネ。

「冷し中華&半カレーライス (700円+350円)」

みたか食堂 冷し中華&半カレー

まあ、この二点盛りを所望してしまいますと、ボリューム云々なんてレベルでは無く、爆食レベルに到達してしまうのですが、気合いを入れて頂きましょう!p(#^∇°)q ファイトッ

みたか食堂 冷し中華

いつもの通り、タップリと張られた冷や中スープ。 載せモノも相変わらずのボリュームでして、ほぼ麺を隠してしまっています。

みたか食堂 冷し中華

手焼きの錦糸卵の美しさもいつもの通り。 チャーシューは切り刻まれないままに載せられてきますが、脂質の少ない部位が選別されているようで、お口の中で脂質が固化して嫌な食感になる事はほとんどありません。

みたか食堂 半カレーライス

麺はキリリと氷水で洗い締めされていて、お口に運べば冷涼感溢れる舌触りです。 それでもってしなやかな食感も言う事無しで、食堂冷や中の王道と言うべき立派な仕立てです(*^▽^*)

例によって甘さのニュアンスが先に立つ冷や中スープですが、酸味や醤油テイストも整っており、個性的な“みたかテイスト”を楽しませてくれます。 卓上のマヨネーズは掛けホですので、お好み次第で酸味と濃厚感を加えれば、益々もって中毒性は高まるばかりです♪

みたか食堂 半カレーライス

これのどこがハーフサイズですか?(⌒▽⌒;)ってくらいのボリュームがある半カレーライス。 こちらもまたブレる事無くいつもの通りHot,Sweet & Spicyの濃ゆい味わいです(>▽<)b 冷や中を一人前平らげますと、ハーフではなくクォーターでも充分に幸せになれそうですが・・・

みたか食堂 スープ

半カレーライスにも手抜き無しでスープ付きです(>▽<;; ワカメがタップリで、ラーメン用のベーススープで作られたスープは、何気に上等な美味しさなんですよね( *´艸`) あぁ~~、また食べ過ぎましたヾ(´▽`;)ゝ

みたか食堂 指定駐車場

「みたか食堂」さんの記事をご覧下さった読者様からリクエストに応じまして、みたか食堂さんの指定駐車場の写真です。 お店のほぼ真向かいになっております。 駐車スペースのコマ指定はございません。 事実上お好きな場所にデポして頂いて良いそうです。

月極利用の店子さん方は、どうやらご自分のコマに利用者の車が駐まっていたら、空いているスペースに駐めるというルールが交わされているらしいです。 心配になるくらいユルいルールなのですが、ボクも今まで不自由したことは無いので大丈夫だと思います。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

お食事処とお酒のお店 ふねや ~福島県郡山市堤西~

約7ヶ月ぶりの再訪にして、まだ三回目の訪問です。 お食事処とお酒のお店 ふねや」さんの暖簾を潜りましたヾ(^▽^* 平日のランチタイムにここまで進出出来るチャンスは極めて少ないのが残念ですが、とにかく毎回メインの主菜もさることながら、副菜とお味噌汁の美味しさに感激しています。

お食事処とお酒のお店 ふねや

こちらの女将さんはとにかく物覚えの宜しい方ですので、長いインターバルを経て3回目の訪問のボクを覚えていて下さるという“離れ業”をやってのけて下さります(〇o〇;) 美味しいお料理に、心の琴線に触れるフロアー・サービス。 これはもうご繁昌の二大要素をしっかりと手になさっているも同然ですね(*^▽^*)

さて、実は今回の訪問には、懸案のメニュー制覇が掛かっておりました。 勿論迷うことなく一直線であります♪

「特大海老天丼 (1,280円)」

ふねや 特大海老天丼

一般庶民にとって1,000円超えのランチは、多少勇気の要るものがありますが、三日ほどロードサイドのFC店で済ませて、余財を貯めてでも暖簾を潜る価値のあるってものですよ♪

ふねや 特大海老天丼

ほらぁ~~! 大海老がこんな風にピッチピチ♪O(≧▽≦)O

今にも丼からハネて逃げ出しちゃいそうでしょ(>▽<)b この丼が通路を通る度に(ぜってぇ~~、喰ってやるぅ~!)と心に決めていた無芸です( ̄▽ ̄i)ゝ

ふねや 特大海老天丼

直上から撮れば、丼内がボケるほどの標高!m(;∇;)m うれしすぎるっ! 縁起の良さも格別でしょ♪

ふねや 特大海老天丼

共添えされる野菜天も盤石。 茄子に南瓜は勿論のこと、何とかき揚げまで豪快にオン! ゴマ油がブレンドされた揚げ油は、香ばしい風味を楽しませつつ、油切れも素晴らしく決まっています。 特大海老の法外なプリプリ感はもはや犯罪レベル(T▽T) 海老喰った感が盛大に楽しめます。

海老の頭などと共に煮詰められたと思われる丼ツユも秀逸でして、甘じょっぱさと旨味が集約した濃ゆい仕立ては、天ぷら専門店さんのソレを彷彿とさせます。 丼ツユだけで丼一杯飯が喰えますww

今回もお味噌汁の美味しさは全くもって隙のないレベル。 こってりとした天丼を意識してか、副菜には冷や奴と共に〆のトコロテンが?!(〇o〇;)

ふねや 副菜 ところてん

大葉が一緒に添えられている辺りも、やはりヤッツケ仕事では無い事が伝わって参ります( *´艸`) 良いお仕事です♪ スポンサー付きのランチでしたら、ちょっとお薦めかもww




お食事処とお酒のお店 ふねや
福島県郡山市大槻町堤西25-3
電話;024-961-4443
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~23:00(LO=22:30)
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


より大きな地図で お食事処とお酒の店 ふねや を表示

 

初秋の曲沢沼

秋元湖畔で3時間近くも撮影を楽しんでいたんですね( ̄▽ ̄i)ゝ 夢中になると時間を忘れるとは言いますが、後から写真撮影記録(Exif情報)を見て気付いたくらいです。 夜明けの時間帯には、半袖シャツ一枚で行ってしまった事を後悔致しましたが、朝陽が昇ってきますと、いつの間にかタオルが手放せなくなっていました。

北塩原のコンビニで水分を補給して、曽原湖畔をかすめ通るも、残念ながら湖面に朝靄はありませんでした。 そのまま車を進めまして曲沢沼まで行ってみました。

早朝の日差し
[2012/09/16 早朝の日差し] <↑ Clickで拡大>

ようやく湖面に朝陽が差し込み始めたところで、変化が楽しめるかも知れませんので少し撮影をしてみることにします(^^)

Lure Angler
[2012/09/16 Lure Angler] <↑ Clickで拡大>

湖畔には数名の人が居ましたが、カメラマンは秋元湖でもお見かけした方がお一人だけ。 ここでは珍しい事に、ルアー・フィッシングを楽しんでいる方々が数名おられました。 って事は、ここでも魚は釣れるって事ですヨね?(^◇^;) どんなのが棲んでいるのだろう。

曲沢沼の水鏡
[2012/09/16 曲沢沼の水鏡] <↑ Clickで拡大>

朝の風の穏やかさのお陰で、見事な水鏡が楽しめました(*^_^*) 空も晴れ渡っていたので、湖面にはその碧さが映されています。

天境沼
[2012/09/16 天境沼] <↑ Clickで拡大>

小さな沼なのですが、取り囲む周囲の景色が素晴らしい場所です。 今年は冴えた紅葉が撮影出来ると良いなぁ~o(*^^*)o
 

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

今月初の「華苑日記」ですヾ(^▽^* 相変わらず眈々と暖簾を潜り続けておりまして、気が付いたら4回分が溜まっちゃっていました( ̄▽ ̄i)ゝ そんな訳で、忘れちゃう前の蔵出し記事です♪

「五目あんかけ焼きそば (850円)」

華苑 五目あんかけ焼きそば

随分とお久しぶりの顔合わせ♪ 何せ今年は初夏から続く暑さで、なかなかコチラに食指が動きませんでした。 それでも汁物系の麺料理よりも、熱堆積量は少なそうな気がしますけどね( *´艸`)

華苑 五目あんかけ焼きそば

相変わらずのモリモリ具合で、麺の姿が全く隠し尽くされておりますw( ̄▽ ̄;)w 大皿にドン盛りされた威容は、流石としか言いようがありません。 勿論、大量の野菜と共に具だくさん。 麺を食べきって尚、中華丼一食分が成立しそうな餡がありますよ♪

華苑 五目あんかけ焼きそば

程良く焼き付けをされた麺は、勿論アツアツですが、ここにしっかりとトロミの掛けられた餡が絡みつく訳でして、やっぱり程なく汗がジワッと滲んできますよ。

味付けの方は、もしかすると工藤シェフの気の迷いか、以前の記憶よりもずっと品の良い味付けになっていましたww 濃すぎることなく、旨味もバランスしており、トロミの掛かり方も心持ちユルくされたような・・・ 強烈な印象こそ若干薄まりますが、大多数の食べ手に歓迎されるものと思います(*´∇`*)




「天津丼 チリソース (650円)」 ※甘酢餡、塩味餡、チリソース餡から選択出来ます。

華苑 天津丼 チリソース餡

久しぶりに所望してしまった“赤いマクラ”です( ̄▽ ̄i)ゝ 濃ゆぅ~い味が頂きたくてチリソース餡を所望致しました。

華苑 天津丼 チリソース餡

ネギ、ニクニク、ショウガなどが配されたチリソースは、甘酸っぱさの中にスパイシーさとピリッと効かされた辛味がありまして、“禁断の高カロリー”とは分かっていながらも抗し難い魅力溢れる一杯です(((*≧艸≦)

華苑 天津丼 チリソース餡

普通盛りでも6個分の卵が使われているもので、お初のお客様はその分厚い卵焼きの層には驚かされます。 タケノコの水煮の細切りが卵焼きの中に鋳込まれており、柔らかいながらも軽いシャクツとした歯応えが楽しめます。

心底美味しいなぁ~♪と楽しませて頂くのですが、絶対的なボリュームの豊富さに加え、甘口ソースの後押しもありまして、とっととスプーンを口に運ばないと満腹中枢がサインを出してしまいます(>▽<;; 一気呵成に完食を目指しましょう!




「マーボー麺 (780円)」 ※半ライス付き

華苑 マーボー麺

只今絶賛リリース中の季節限定メニューですv('▽^*) リリースと同時に大好評を博しているようでして、特にランチタイムには、オーダーの2/3がマーボー麺と麻婆豆腐定食って日もあるそうです(⌒▽⌒;) 「華苑」の麻婆豆腐は、この1年ちょっとの間に、いつの間にかジリジリと辛味を増して来て、当初のデフォ値がウソのようになってきました。 更には“辛味マシ”を所望するお客様は決して珍しく無くなったそうです。

華苑 マーボー麺

これもまた、先行試作の時に比べると、着実に“血の池化”している気が・・・( ̄  ̄;) うーん 花椒の効き具合が一段と冴えてきていて、ギリッとするような収斂性さえ感じさせます。

華苑 マーボー麺

共に供される半ライスに穴あきレンゲで麻婆豆腐をオン!o(*^^*)o これが美味く無かろうハズも無くww 至福のマーボーライスも楽しめます。

華苑 マーボー麺

楕円断面のやや太麺は、モチッとした噛み応えと共に、載せモノと向き合っている内に麺が伸びてしまう事も退けてくれます。 うぅ~~んσ( ̄、 ̄=) 麺に絡む黒点は、豆豉なのか花椒なのか・・・ この日はデフォでオーダーしたハズなのだが、なかなかの麻辣テイストを楽しませて頂きましたO(≧▽≦)O




「牛スジのカレー炒め」※グランドメニューには掲載されておりません。 要相談。

華苑 牛スジのカレー炒め

「腹減ったよぉ~(*´ρ`*)」って暖簾を潜ったら、「それならコレでも(*゚▽゚)ノ」と工藤シェフが作ってくれた料理です♪

おぉ~~?!これは以前アドリブで作ってくれた一皿ではありませんかっ!v(≧∇≦)v

華苑 牛スジのカレー炒め

牛スジを圧力鍋で炊いたものを、カレー風味を施した炒め物にしてくれましたよ♪ ナンコツの部位がプルプルになっていて、楽しい食感を楽しめます。

華苑 牛スジのカレー炒め

玉ネギとシメジが合わされていて、オイスターソースで旨味を決めて、カレー粉でスパイシーな香りを加え、軽くトロミを付けてあります。 そんでもって、餃子の皮を揚げて砕いたフレークが散らしてあったりします。

華苑 牛スジのカレー炒め

ついいつもよりもごはんを多目に盛って頂きましたが、これでも足りなかったくらいですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ お代わりをグッとガマンするのが大変だったよww 牛スジの下処理に手が掛かるので、グランドメニュー昇格はちょっと難しいみたいです。 ゴメンナサイ、足繁く通ったお駄賃でした( ̄▽ ̄i)ゝ




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る
 

初秋の秋元湖

世間は三連休を迎えていた日曜日のこと。 言葉巧みに旧友C君を誘い出しまして、北塩原エリアへと写真撮影行脚に出掛けました♪( *´艸`) 好天が期待されていましたので、日の出時刻が遅くなっていることを良い事に、星空の撮影も企てましたよ。

3:00に旧友C君宅に迎えに寄りまして、そのままR49を西進致します。 前回は途中で交通事故の通行止めで時間をロスしましたが、今回は大丈夫だろうと思っていたら、何やら右後輪から異音が・・・(〇o〇;) ちょっと昔にも聞いた事のある異音だったので、まさかと思って車を駐めて確認してみると、あぁ何てこったノ( ̄0 ̄;)\

何とホイールナットが2個欠落していましたΣ(oДolll)ノノ 多分、夏タイヤに交換後、ホイールナットの増し締めを怠っていたからですね(>▽<;; まさに過去に聞いた事のある異音と言うのが、同じケースでした。 幸いにして予備のホイールナットは常に積んでいますので、装着の上残り3本のホイールのナットも念のため増し締めしました(`・ω´・ ;)

結局の処、こんな落ち度で10分ほどタイムロストしてしまいまして、秋元湖の堰の下に到着したのは4時くらいになってしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 車を降りて空を見上げたら、思わず「うわぁ~~~!O(≧▽≦)O」と歓喜の声を挙げてしまうほどの満天の星空です♪

イソイソと堰を登ってカメラを三脚にセットし、撮影を始めましたよ(*^▽^*)

秋元湖畔で楽しむ初秋の星空
[2012/09/16 秋元湖で楽しむ初秋の星空] <↑ Clickで拡大>

取りあえず定石通りに、ISO1600、シャッタースピード30秒、絞り開放のF4です。 デジイチの諸設定を決めるのに、手許を照らさないと無理なほど暗いのですが、東の方角には既に朝陽の予兆が映し出されていました。 しかも湖面にも星々が写り込んでいますヨ♪ もし都合が許すようでしたら、写真をポチして頂き、ちょっと大きめの写真でご覧下さいヾ(^▽^*

秋元湖畔で楽しむ初秋の星空
[2012/09/16 秋元湖で楽しむ初秋の星空] <↑ Clickで拡大>

レンズを南側に向けて撮影しますと、こちらにはまだ朝陽の余韻が伝わっていない為か、よりささやかな星達も写っています。 ただ困り事がありまして、正確にピントが合わせにくいって事です。 一応マニュアルフォーカスで無限遠に設定しているのですが、リング・エンドからほんの僅か戻したところが本当の無限遠なのです。 ほんの少しズレが出ているかも知れません。

実を言えば、ボクも旧友C君も、星撮りは事実上これが初めての経験でして、星々に固有の色がある事をモニター上でリアルタイムに確かめますと、かなりウキウキしちゃいましたねv(≧∇≦)v もう楽しくて楽しくて♪ でもそんな楽しい時間はいつまでも続くものではなく、4時20分頃には空はぼんやりと明るさを増してきて、満天の星々はいつの間にかその姿をかくしてしまいました。 今度は星を主題にして撮影をしてみたいものです(*^▽^*)

明け行く湖畔
[2012/09/16 明け行く湖畔] <↑ Clickで拡大>

白々と夜が明けてきますと、次第に朝陽の色合いが映し出され始めます。 そして湖面を確認してみると、前回にも増して水位が下がっていますw( ̄△ ̄;)w こんなに水位が下がっている秋元湖を見るのは初めてかも知れません。

朝陽射す秋元湖
[2012/09/16 朝陽射す秋元湖] <↑ Clickで拡大>

この日は日の出口の辺りに雲が掛かっており、程良いフィルター効果が出ていましたww

朝靄が包む稜線
[2012/09/16 朝靄が包む稜線] <↑ Clickで拡大>

いつものように南側の山並みに朝靄が駆け上ります。 乳白の朝靄に朝日が届きまして不思議な立体感を醸し出していました。

始動
[2012/09/16 始動] <↑ Clickで拡大>

この朝日が差し込むのを待ち侘びていたように、鳥達の活動も活発になり、湖面では大きな魚が跳ねています。 陽の光は生きとし生けるもの達の活動を後押ししているかのようですヾ(^▽^*
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

残暑厳しき折、と言うか、残暑の域を超えている気もしますが、まだ冷たい麺から離れ難い今日この頃です( ̄▽ ̄i)ゝ この日は珍しくも真っ当なランチタイムゾーンに時間を見つけて、長沼街道沿いの「Fu-Ro-Ya」さんの暖簾を潜ることに成功しました♪

Fu-Ro-Ya

いつの間にか看板メニューの濃厚節テイスト「支那そば」に加えて、節粉無し系の「中華そば」が加わっておりましたw( ̄▽ ̄;)w どうやら節系を苦手とするお客様への一つの解答のようです。 こちらは先の課題に取っておくとして、今回は暑さに負けて冷たい麺を一つ( ̄∇ ̄*)ゞ

「つけ支那 300g (900円)」 ※麺150gは800円。

Fu-Ro-Ya つけ支那 300g

うわぁぁぁぁぁ?!!(〇o〇;) 何ですの?この器の大きさは!

Fu-Ro-Ya つけ支那 300g

300gの大盛り相当の麺量が、こんなに“可愛らしく”見えてしまいます(>▽<;; 店主・木村さんのイタズラ心でしょうかね? まさかのビックリ演出に思わず固まりましたが、お味は至って直球勝負の濃厚魚介醤油味ですよ♪

Fu-Ro-Ya つけ支那 300g

豚ガラと鶏ガラから引かれた出汁をベースに、粘度を与えられるほどの大量の節粉が合わされておりまして、甘味と酸味、そして醤油テイストがパワフルに凝縮しています。

Fu-Ro-Ya つけ支那 300g

もはや“Fu-Ro-Yaのアイコン”たる揚げ玉もマスト・アイテムです。 前述の通り、節粉の豊富さから漬けダレは粘度あるものになっておりまして、漬けダレに何気なく麺を泳がせようとしますと、一瞬麺が表面張力で跳ね返されるほどです(@・艸・;) 何てダイナミックな仕立てでしょうか♪

Fu-Ro-Ya つけ支那 300g

お箸でクパッ!と漬けダレの中を手繰りまして、“節粉まぶし”の麺をリフトします(>▽<)b 芳醇にして香ばしい節粉の風味が口中に広がり、節粉由来の甘味と鮮烈な旨味成分が炸裂します。

麺は平断面の多加水系中太麺ですが、軽くウェーヴが掛けられておりますので、漬けダレの絡みも更に良くなります。 これだけ法外な旨味が凝縮しておりますと、麺の更なるスペックアップにも期待が持たれるところですね(*^▽^*) きっと個性のある食感・食べ応えの麺でも、良いところが更に引き出せると思います。

唯一の注意点と言えば、この強烈な漬けダレがハネまして、衣服に被弾するって事( ̄▽ ̄i)ゝ この日は気づかぬ間に2発被弾しておりまして、仕事場に戻ってから慌てて着替えを致しましたヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
     ※都合により暫く夜の部でのラーメン提供は見合わせとなっています
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

海老根長月宵あかり 秋螢 2012 ~福島県郡山市中田町海老根~

昨日の夕刻は、無芸大食妻と共に市内中田町海老根地区で開催されていた「第10回 海老根長月宵あかり 秋螢」を2年ぶり見物してまいりました( *´艸`)

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

昨日の最高気温もやはり30℃越え(`・ω´・ ;) 会場入りした18時過ぎでも、まだ26℃くらいだったでしょうか。 そよそよと風は吹いていますが、写真撮影をしているボクは、アッと言う間に汗ダクになってしまうほどでして、9月中頃としてはべらぼうな蒸し暑さに感じました。

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

既に明かりが灯された灯籠は、ろうそくならではの温かくユラギのある灯火です。 多分、地元の中学生達の手により点火されたのでしょう。 その灯籠の数は正確には分かりませんが、多分例年通り300基ほどでは無いかと思われます。

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

すっかり陽の落ちた空ですが、写真撮影を致しますと藍色に写る時間帯です(^^) この時間帯はカメラマンにとっては趣があって楽しめます。

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

こちらは紙風船状の吊し灯籠です(^_^) 立体的なビジュアルで一際目を惹きます。 真下には川魚の養殖池があるのですが、捕食防止用なのか転落防止用なのか、金属製のネットが配置されています。 当然、水面への写り込みを期待したいところですが、どうやら無理っぽいです(^◇^;)

猫飼いさんの作?
[2012/09/16 猫飼いさんの作?] <↑ Clickで拡大表示します>

猫好きさん達が食い入るように見ていたのはこの灯籠でしょうかヾ(^▽^* 多分作者さんは猫飼いでしょうww

願い
[2012/09/16 願い] <↑ Clickで拡大表示します>

「ふくしまは負けない」

そうだね(*^▽^*) そんな願いとも決意ともとれるメッセージは、中学生の作でしょうか? 大人は子供達により良いカタチで郷土をバトンタッチしなきゃなりませんね。

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

今年も婦人会の皆様により豚汁が振る舞われました(*^_^*) ボクらもご馳走になりましたよ♪ 大鍋炊きならではの、滋味溢れる美味しい一杯は、おかあさん達の愛情もたっぷりと煮込まれていたんですよね( ̄∇ ̄*)ゞ

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

今年もお子様やお孫さんが作られた灯籠を探し歩くご家族の姿がありました(^^) 地元のちょっとした社交場みたいになっていて、皆さんの繋がりの強さを垣間見た気がします。

海老根長月宵あかり 秋螢 2012
[2012/09/16 海老根長月宵あかり 秋螢 2012] <↑ Clickで拡大表示します>

19時頃にはとっぷりと日も暮れて、夜闇に灯された灯籠の明かりは、益々冴え渡ってきました。 ボクらはここで会場を後にしましたが、来訪者の車は途切れることがありませんでした。 今年で10回目の開催と言う事でしたが、きっとこれからも受け継がれて“福島の歳時記”として広く知られることを楽しみにしています。




海老根長月宵あかり 秋螢
毎年9月第3土・日曜日に開催


より大きな地図で 海老根長月宵あかり 秋螢 を表示
 

とんこつらーめん 一 (HAjiME) 猪苗代店 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

「猪苗代ハーブ園」で軽く撮影をした後に、遅い昼食を求めて磐梯町まで車を走らせたのですが、お目当てのお店がほぼ完売状態でしたもので、再び猪苗代町に戻りまして、今や町内でNo1の人気ラーメン専業店となっている「とんこつらーめん 一 (HAjiME) 猪苗代店」さんの暖簾を潜りました(^^)

とんこつらーめん 一 (HAjiME) 猪苗代店

すっかりご無沙汰していたようでして、過去ログを引っ張ってみたら、何と震災前に訪問したきりでした( ̄▽ ̄i)ゝ 店主・本田さんがおられましたので、御挨拶かたがた近況をお伺いしているうちに、次々とお客様がご来店です(>▽<)b いや、ご繁昌は何よりですよ♪

「HAjiMEらーめん (680円)」

とんこつらーめん 一 HAjiMEらーめん

セカンドの女性店員さんが作って下さりましたが、店主・本田さんと寸分違わぬキレイなお仕事です(*^_^*)

とんこつらーめん 一 HAjiMEらーめん

上質の豚背脂がチャチャされておりますが、全く諄さを感じさせず、ほのかな甘いニュアンスが加わる感じです。 豚バラチャーシューも醤油テイストが程良く効いており、肉質の柔らかさを損なうことなく脂質のプルプルにまで味が染み入っています(((*≧艸≦)

とんこつらーめん 一 HAjiMEらーめん

お馴染みの低加水タイプのストレート細麺♪ これがまた絶妙な相性でして、スープの持ち上げもサイコーです! 以前よりも若干スープのパンチが穏やかに感じられ、マイルドに広がる旨味感も大いにアリかと思います(*^▽^*) 




とんこつらーめん 一 (HAjiME) 猪苗代店
福島県耶麻郡猪苗代町字新町4915
電話;0242-62-3310
営業時間;11:00~20:00
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

定期ローテーションのお気に入り「郡山大勝軒」ですヾ(^▽^* 昼食を摂り損ない路頭に迷える“ランチ・ジプシー”になりそうになったら、通し営業で美味しくボリューム満点なこのお店に足が向くというものです。

郡山大勝軒

この日はこれまた幸運なことに、麺のデキがベラボーに良かったらしくて、工藤店長はホックホクの笑顔ですv( ̄∇ ̄)v 本当に好きで仕事しているんだなぁ~この人(*^▽^*)

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

毎度お馴染みの鬼リピ所望品です♪ 「郡山大勝軒」の漬けダレは、タップリと供されるので、大盛(麺量茹で前400g)くらいでは足りなくなる事はまずありません。 ドップリと麺を浸しつつ、濃い目の漬けダレを楽しんでも、後半に後悔しないで済みますよ(*^▽^*)

郡山大勝軒 つけ麺中盛

節系の甘いニュアンスと、動物系の腰の据わった旨味が調和した漬けダレは、当地にデビューした当時よりも着実に洗練の度合いを高めております。 動物系の臭みを苦手としている皆様にも、今の漬けダレならアッサリと受け入れて頂けそうです。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

工藤店長も納得の出来映えの麺は、しっかりとした弾力を感じさせながらプッツンと歯切れる噛み応えのあるものでした。 勿論、舌触りの滑らかさも心地佳く、小麦の香りをほんのりと鼻腔に感じさせる秀逸なもの♪

郡山大勝軒 つけ麺中盛

甘酸っぱさを纏った漬けダレに潜らせれば、至福のつけ麺が口の中で開花します♪ チャーシューはバラロールとモモ肉の他に、ブロック状に切り揃えられたものがゴロゴロッと(((*≧艸≦) 勿論、その美味しさに心奪われること間違いなしです。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に5台分 店舗横の指定駐車場に15台分


大きな地図で見る




無芸の仕事場に毎日やって来るさすらいの野良猫・テブクロです。 入り口の自動ドアの前に陣取る事さえあるのですが、ドアが開くと慌てて隠れちゃいます(^◇^;)

テブクロ

そんな訳で、ガラスのドア越しに見つめ合うテブクロと無芸一家ww ガラスの写り込みはご愛敬と言う事で( ̄▽ ̄i)ゝ 

猪苗代ハーブ園のコスモス

「ホテル・リステル猪苗代」の付帯施設となっている「猪苗代ハーブ園」に秋桜が咲き始めたと言う事で、日曜日の午後からフラッと立ち回ってみました(*^▽^*)

ハーブ園の外郭道路からでも撮影は出来るのですが、格安入園料なのに度々“タダ撮り”では申し訳無いので、入園料をお支払い致しまして、園内からの撮影を致しました。 ちなみにこちらの入園料は大人200円となっており、しかも1年間有効の年間パスポートとしてカードが発行されます。

夏と秋のアンサンブル
[2012/09/09 夏と秋のアンサンブル] <↑ Clickで拡大表示します>

広大な秋桜畑は、種を撒く時期を敢えてズラしたようでして、開花しているゾーンとまだ蕾が膨らんだ程度のゾーンが混在しています。 その工夫の甲斐で、結構な長期間に亘って秋桜の花が楽しめるようです。

秋桜
[2012/09/09 秋桜] <↑ Clickで拡大表示します>

この日は夜明けから8時くらいまではキレイな快晴だったようですが、ボクが到着した頃には高山に雲が掛かるようになっていました。

名峰の秋近し
[2012/09/09 名峰の秋近し] <↑ Clickで拡大表示します>

磐梯山の八合目より上は雲が鎮座してしまいまして、暫く待機してみたのですが、遂に好転することはありませんでした。

COSMOS CARPET
[2012/09/09 COSMOS CARPET] <↑ Clickで拡大表示します>

先週は猪苗代の蕎麦畑もほぼキレイに満開となっていましたが、多分そろそろ見頃はお終いです。 秋桜はまだまだこれから楽しめますよヾ(^▽^*
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

気付いたら約一ヶ月ぶりの「福味」さんです。 夜の部の営業は17時からですが、お昼に楽しめる食事が、夜でも変わらずに頂けるのは本当にありがたいところです( *´艸`)

福味

とても良心的なお足と言う事もあって、夜の部はほぼ毎日予約で埋まっているようです(^◇^;) いや、そりゃあ当然でしょうね。 ボクだって暖簾を潜りたいですもんo(@^◇^@)o

で、この日は以前から気になっていたセットメニューを頂いてみましたよ♪

「ミニ煮込みカツ&ミニラーメン (700円)」

福味 ミニ煮込みカツ+ミニラーメン

ナニカノマチガイデスカ?( ̄ω ̄;) ってくらいのコスパですw( ̄▽ ̄;)w

福味 ミニ煮込みカツ+ミニラーメン

ハーフサイズに抑えられたボリュームですが、小食な女性なら丁度良いくらいかも知れません。 すこしニゴリのあるスープは、豚ガラと鶏ガラを半々で炊き出されています。

福味 ミニ煮込みカツ+ミニラーメン

麺はやや薄めの平断面でウェーヴの掛けられた中太麺。 チュルンとした舌触りで、スープの絡みも上々です。 ベーススープは大分焚かれているようでして、独自の極味を感じさせながらも決して重さはありません。 醤油ダレの風味はちゃんと届きますし、アタリは円やかさがあります。

豚バラロールチャーシューも柔らかく、そして程良い味の染み入り方です。 メンマは割とクラシックな仕立て方。 ラーメン専門店さんのような際どい味のバランスはありませんが、食堂系ラーメンとして毎日食べても飽きる事のないバランスで楽しませてくれるタイプです(^^)

福味 ミニ煮込みカツ+ミニラーメン

一方、煮込みカツは別皿盛りでの提供でした。 ダイナミックにご飯にドン載せを想像していたので、小さな事かも知れませんが、繊細な扱いが伝わって来るようです。 トンカツは揚げ立ての一点仕上げを調理しておりますので尚のこと嬉し♪

福味 ミニ煮込みカツ+ミニラーメン

折角の別盛りですから、品良くオン・ザ・ライスゥ~~!(>▽<)b

おぉ~~~?! こりゃあ美味いぜ!w( ̄▽ ̄;)w トンカツは柔らかく歯切れの良も上々ですし、何せ味付けが結構ツボりましたよ(((*≧艸≦) 濃すぎないギリギリの濃度で、甘じょっぱく仕立てられています。 勿論ご飯との相性に異を唱える隙は無し!

Half & Halfのセットメニューですが、このコスパの良さは驚きです(⌒▽⌒;) お店のサービス精神がタップリと込められた、愛情メニューと言って良いでしょうO(≧▽≦)O




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

生江食堂 (なまえしょくどう) ~福島県大沼郡会津美里町~

「塔のへつり」を後にして、「大内宿」をスルーします。 まだ9時半くらいだったのですが、生憎の天候にも関わらず、既に正面駐車場は満車寸前になっていましたw( ̄▽ ̄;)w さすが会津の観光名所ですね♪ これから秋の観光シーズンには、渋滞必至の大人気になることを祈っています。

一山越えて会津盆地。 緑の稲穂がたなびく田園地帯を走り抜けまして、「伊佐須美神社」のお膝元にある朝ラ~も楽しめちゃう名店「生江食堂」へ到着です♪

生江食堂

ジモピーの常連客様方が数名おられましたが、どうやらこの日は地元の自治会による運動会が行われていたようでして、「一っ走りして来たワ」とか「も一回行く」とか会話にも花が咲いています。 まだ11時前でしたので“朝メニュー”からのオーダーとなり、今回も念願の「もりそば」を頂く事は出来ませんでしたヾ(´▽`;)ゝ

前回(過去記事)はワンタンメンがとっても美味しく頂けたのですが、その中でも豚バラチャーシューの美味しさは極めて印象的でした。 そんな訳で、今回はコチラを所望させて頂きましたよっと♪

「チャーシューメン (900円)」

生江食堂 チャーシューメン

おろろろw( ̄▽ ̄;)w 豚バラチャーシューがこれまたタップリとマウントされていますよ♪(〃∇〃) 若干丼が窮屈そうですねww お連れ様二人は中華そばの中盛(1.5玉)を所望なさられましたが、丼のサイズは共通でした。 どうやら大盛になりますと、俄然丼がデカくなるみたいですΨ(`∀´)Ψウケケケ

生江食堂 チャーシューメン

まあ、このバラ肉チャーシューの美味しさときたら、前回の好印象が再び甦るモノでして、脂身にも味が染み渡っていながら、お肉が固くなる事も無しという、すんばらしい出来映えです(//∇//) お持ち帰りが出来るモノなら、是非とも所望したいくらいでした♪

生江食堂 チャーシューメン

鮮烈なニボシの風味は「生江食堂」のトレードマーク。 グッと押してくる旨味と風味は、中毒性に満ちております(>▽<)b 豚ガラと思われるベーススープの旨味もジワァ~~っと後から追い掛けてきまして、忘れ難い個性的な味わいを楽しませてくれます。

生江食堂 チャーシューメン

メンマはあまり甘さに走らず、コリッとした食感を残しています。 しかもこの太さですから、その印象度も高くなります。

生江食堂 チャーシューメン

麺は平断面の中太縮れ麺。 典型的な会津の麺です。 しっかりとした噛み応えがあり、スープの持ち上げも上々です。 また食べ応えだけではなく、麺が伸びにくいってのもアリでして、食べきるまで食感を残していてくれるのも流石です。

ナゼかお連れ様二人よりも、ボクのスープが妙に塩辛かったのは、今になってその原因がようやく分かりかけました。 どうやらスープの量が少なかったっぽいですヽ( ̄▽ ̄i) 醤油ダレを量るレードルは、まず滅多に変えることはありません。 前記事の写真や、お店の常連様方の写真と比べますと、明らかに液面が低いです。

お陰で醤油ダレが冴え渡る一杯に出会う事が出来た訳でしてww 名店でこんな体験が出来たってのも、きっと何かの思し召しがあっての事と思います(*^▽^*) 次回こそは「もりそば」を頂きたいなぁ~♪

生江食堂

あっそうそう、跡継ぎ様が大勝軒で修行されていたとの事ですが、飯野さんの指揮する「南池袋大勝軒」だった事が分かりました。 うぅ~~ん、ますます食べてみたいo(@^◇^@)o

あと暖簾の上に掛けられている塩ビのガーランドですが、前回の記事を見たら一つ面白い事に気付きました。 どうやら季節で付け替えをしているっぽいです(⌒▽⌒;) 真新しかった紺暖簾は約10ヶ月を経て、ちょっと風格のある色落ちになりましたね。




生江食堂
福島県大沼郡会津美里町高田甲2835
電話;0242-54-3068
営業時間;8:00~14:00 ※グランドメニューは11:00より。 売り切れ次第閉店
定休日;木曜日


駐車場;店舗向かい側に契約駐車場あり
 

塔のへつり ~福島県南会津郡下郷町~

9月2日の撮影行脚も、これにて終了です。 会津田島町から下郷町の周辺では、コンビニ以外に朝食の撮れる場所が思い付きません(`・ω´・ ;) 多分、ファミレスも無かったと思います。 いい加減小腹が空いてきたところだったのですが、遅めの朝食を摂りがてらに立ち寄った「塔のへつり」です。

塔のへつりの入り口に当たる広場には、数軒のお土産&お食事処があるのですが、まだ9時くらいでしたので、どうも今ひとつスタート態勢が整っていません。 まあもっともここで朝食を摂る予定でも無かったので、今回はスルーさせて頂きまして、サクッと目的を目指します( ̄▽ ̄i)ゝ

雨霧掛かる塔のへつり
[2012/09/02 雨霧掛かる塔のへつり] <↑ Clickで拡大表示します>

前夜から近隣に宿泊されていた観光客の方々でしょうか、小雨降る中にも関わらずボチボチと人影がございます。

雨の吊り橋
[2012/09/02 雨の吊り橋] <↑ Clickで拡大表示します>

対岸へと渡る吊り橋は、最大30名の使用制限付き。 って事で、これが意外と揺れてくれます(^◇^;) 対岸から戻って来られたシニアご婦人は揺れる吊り橋に大はしゃぎ(ヽ( ̄▽ ̄i)オイオイ) まるで童心に返ったかの如くに、ご同行のシニア軍団と吊り橋を揺らして遊んでいました(⌒▽⌒;)

川面を覗いたシニアご婦人が又もや大騒ぎ(〇o〇;)

「おっきぃ~魚が居る! あっ、あぁ~~?! あれはナマズだぁ~~♪」

(なっ、ナマズ・・・ ですか?・・・( ̄  ̄;) うーん)

確かに魚影は見えますが、どう見ても鯉なんだよなぁ~( ̄▽ ̄i)ゝ でも微妙に指さしているポイントが違うなぁ~

嵐のようなシニアご婦人グループが去った後の静寂は異常ww(^◇^;) ボクも途中まで吊り橋を渡って何カットか写真を撮りまして、戻りしなに例のご婦人が大騒ぎしていた水面を見て見ます。

あっ・・・ 確かにかなりおっきい黒い物体が・・・ んっ?動いていない気がするσ(゚・゚*)

横を通りすがりにサッチンさんがフッと覗いて一言。

「ただの倒木ヾ(・ω・o) ォィォィ」

あ゛ぁ゛~~~?!w( ̄▽ ̄;)w ほ・ん・と・う・だぁ~~!(//∇//)ゞ

おばさんトラップ、恐るべし(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||) きっと旅の想い出として、伝説のように語るんだろうなぁ~♪( *´艸`)

奇岩
[2012/09/02 奇岩] <↑ Clickで拡大表示します>

お約束の奇岩です。 枯れているのか紅葉が始まっているのか定かではありませんww

大川ライン
[2012/09/02 大川ライン] <↑ Clickで拡大表示します>

こんな天気ですので、折角の橋梁の赤が冴えません( ̄▽ ̄i)ゝ

塔のへつり
[2012/09/02 塔のへつり] <↑ Clickで拡大表示します>

強いコントラストが出ない代わりに、強烈な反射光も無く、空を入れなければ、なかなかシックな風景写真となりました(*^▽^*)

あぁ~、腹が減りましたねヽ( ̄▽ ̄i) 早くあのお店に向かうとしましょう♪
 

中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

残暑のお陰か、まだまだ冷や中が楽しめるお店が見受けられます( *´艸`) この日は是非とも押さえておきたかったお店「中華飯店はやま」さんの暖簾を潜りましたよ♪ 入り口脇に人目を惹く(ソノ気がある人にだけσ( ̄、 ̄=))冷や中のポスターが掲示されていましたので、何とか今期の内にありつきたいと狙っていました(>▽<)b

お昼時はとっくに過ぎ去りまして、夕食時の出前タイムを前にした時間帯。世話好きなご店主様夫妻のお人柄の成せる技で、例によって常連と覚しきミドルからシニアのお客様方がビールを注しながらお寛ぎ中( ̄▽ ̄i)ゝ 一種独特な世界観に溢れる店内は、まさに昭和の空気感を今に留める貴重なお店と言えるでしょう。

「冷し中華 (700円)」

中華飯店はやま 冷し中華

オーダーを受けてから錦糸卵を焼いていたっぽいのですが、どうやら冷や中スープさえも作り置き無しの一点仕上げっぽいです(>▽<;; 何せ冷や中スープが冷えていませんでしたからヽ( ̄▽ ̄i) でもそれを跳ね返すだけの角氷がダイナミックにあしらわれている訳でして、もう微笑ましいとしか言いようがありませんヾ(^▽^*

中華飯店はやま 冷し中華

更には“まさかのラーメン丼仕様”ですw( ̄▽ ̄;)w まさにワイルドだわぁ~ww こんな景色は初めて見ました(((*≧艸≦)

中華飯店はやま 冷し中華

でもでも、載せモノから冷や中スープのお味まで、これが結構イケてるんです(大笑) 店主様は流石の手練れと見えて、錦糸卵とキュウリの切り幅がちゃんと揃えられていたりします。 輪切りのトマトが常温だったりするのはご愛敬♪

中華飯店はやま 冷し中華

練り辛子もちゃんと溶けやすい仕様ですし、何気にワカメも入っていたりします。 トマトの下敷きになって隠れていますが、こちらにはチャーシューの短冊切りが仕込まれています。

中華飯店はやま 冷し中華

ラーメンと共用の麺ですが、これがちゃんと氷水で洗い締めされておりまして、なかなかイイ感じの歯応え&舌触りです。 また冷や中スープがこれまた良い意味で昭和テイストでして、甘味と酸味はやや控え目で、醤油とゴマ油の風味が先に香ってきます。 それでいてこの二者が支配的になる事無く、見事に麺や具材と調和して見せます。 また古典的なマヨ無し仕様となっています。

思わず「うまい!(>▽<)b」と声が漏れるほど、充実した美味しさに満ちていますよ♪ 実は“大盛CALL”をしていたのですが、ご店主様が忘れちゃいまして、並盛での提供となりましたが、豊富な具材のボリュームもあって、充分に楽しむ事が出来ました。 ちなみに、大盛は麺が倍増するとの事ですから、それ相応の心の準備を(⌒▽⌒;)

店内はエアコンが苦手なお客様方に喜ばれそうな、自然派志向となっておりますψ(*`ー´)ψ ウケケ でもタバコは吸いホですので、やはり“自然派”とは言い難いかも(^◇^;) まっ、タイムトリップしたと思って暖簾を潜るべしですヾ(^▽^*




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


大きな地図で見る
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

相変わらず厳しい残暑が続いております。 今日の郡山市の最高気温は32.4℃(気象庁調べ)だったそうですヽ( ̄▽ ̄i) 確か一週間ほど前の予報では、今頃には秋らしさが深まるっていうハナシだったと思いましたが、どうやらその期待は裏切られることとなり、何と秋分の日の頃までは30℃台が続くんだとか・・・ヽ(@ω@;)ノ

困ったね(⌒▽⌒;) なかなか熱々のラーメンに食指が伸びませんよ。 と、言いながらも“汗ダク系”を巧く避けながら、夏バテ知らずの麺喰い・無芸ですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

麺屋 信成

お馴染み「麺屋 信成」さんは、8月末をもって、冷たい麺の提供を終えておりましたので、サクッと食べ易いところでシンプル仕様のリクエストです。

「豚骨らーめん (700円)」 ※細麺&シンプル仕様

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

白髪ネギと水菜を抜いて頂き、小口ネギ&紅ショウガ多目です( *´艸`)

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

見事に白濁した豚骨スープは、強火で10時間炊き上げるそうです。 臭みが無くて滑らかクリーミーな舌触り。 流石に表層には脂質コラーゲンが見て取れますが、これが諄さを感じさせない品の良さを兼ね備えているからステキです(*^▽^*)

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

拍子切りのメンマは柔らかく戻されており、程良い甘じょっぱさで味付けされています。 豚バラロールチャーシューは、なかなかの大判サイズでして、脂質までしっかりと美味しく、ホロリと崩れるほどの柔らかさですO(≧▽≦)O

麺屋 信成 豚骨らーめん シンプル仕様

細麺仕様はほぽお約束ww 定番の低加水タイプのストレート細麺で、心地佳いほどのプツプツっとした歯切れのリズムと共に、クリーミーかつ濃醇な旨味の豚骨スープをしっかりと蓄えてくれます。 紅ショウガの程良い辛味と塩味が、スープの後味をより一層キレ良くしてくれますもので、益々麺を手繰るピッチも上がるというものです(((*≧艸≦)

今回のサイドメニューは、お初の登場のこちら♪

「ぶたマヨごはん (300円)」

麺屋 信成 ぶたマヨごはん

カットチャーシューを盛ったところに、マヨ掛けぇ~~♪(>▽<)b マヨラーならずとも、この美味しさはもはや約束されたも同然です! なかなかのボリュームですので、大食系のお方にもきっご満足頂けるハズですよヾ(^▽^*




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示




ここ三週間ほど、さすらいの野良猫・テブクロがやって来ています。 コイツとはかれこれ2年半近い付き合いになりますが、これだけ毎日のように“ご飯を食べに来てやっている”のは久しぶりですヽ( ̄▽ ̄i)

テブクロ

暑さも盛りの頃は、暫く入り口のタイルの上で涼を取っていたっぽいんですが、最近はお腹が満たされると、サッサとどこかへ行ってしまいます。 相変わらずその鳴き声を聞いた家人はおりませんが、以前よりはビクビクしなくなって来たようです(^◇^;) でも、きっとタッチさせないだろうなぁ~ww 

観音沼自然公園

「猿楽台地」へ来たのなら、セットで立ち回るのがここ「観音沼自然公園」です(*^▽^*) もともとガスが掛かりやすい場所なのですが、この日ばかりはちょっとカンベンって思いつつ、猿楽台地から一直線に坂道を登ること約6kmで到着します。

先客の姿は見いだせず、しとしとと雨がそぼ降る中でしたが、偵察がてらに傘をさして遊歩道へと足を進めてみます。

雨の観音沼
[2012/09/02 雨の観音沼] <↑ Clickで拡大表示します>

あちゃ~~ノ( ̄0 ̄;)\ 湖面が水草に覆い尽くされていますよ?! これは困った(`・ω´・ ;) この秋の紅葉の頃には、どうなるでしょうね?

雨冴えする木々
[2012/09/02 雨冴えする木々] <↑ Clickで拡大表示します>

雨に洗われた木々の緑は決して悪くありません。 勿論、ここからドラマティックなほどに見る見る天候が回復して、東の空から日差しが差し込み、虹まで架かってくれたならミラクルですが、そんな奇跡は望めそうにありませんヽ( ̄▽ ̄i)

晩夏の緑
[2012/09/02 晩夏の緑] <↑ Clickで拡大表示します>

撮るモノがねぇ~なぁ~(´□`;) と撤収のタイミングを見計らっていたところに、旧友C君が何かを発見しました(^◇^;) 一般的にはあまり歓迎されないシロモノですが・・・ 写真の右端の木の枝に、何やら茶色い物体が写っています。

スズメバチの巣
[2012/09/02 スズメバチの巣] <↑ Clickで拡大表示します>

あい、スズメバチの巣でつヽ(´Д`;)ノ 距離が離れているので、撮影ポイントでは危険な目に遭うことは皆無です。 が!何を考えているのか、旧友C君はスズメバチの巣の方へとズイズイ進んで行きますヽ(@ω@;)ノ

どうやらそんなシロモノさえ、彼にとっては被写体になるらしい(>▽<;; ボクはおっかないから絶対に近づかないよヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ 平然と帰って来た彼に聞いたら、スズメバチは確かに飛び回っていたそうですが、まだ巣造りを始めたばかりらしく、泥を固めた巣は明るい茶色だったとww

うぅ~~ん( ̄へ ̄|||) そう言えば彼は昔から、蛇とかも気にしないって言うか、子供の頃は振り回して遊んでいたクチらしい。 子供の頃に培われた度胸と危険レベルの認識度が備わっているのでしょうねヽ( ̄▽ ̄i) 彼の後を追跡していれば、安全度は高いかもww
 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

通し営業では無いにせよ、夜の部のスタート時間が4:30からと早めのリカバリーが嬉しい「めん処 成」さんに、またも引き込まれてしまいました(〃∇〃)ゞ

めん処 成

今回は今年のヒット新作を約2ヶ月ぶりに頂く事にしましたよ♪ 巷では、より一層のブラッシュ・アップが進んでいるようだとのウワサもチラホラです(* ̄∇ ̄*)

「黒中華そば 大盛 (630円+50円)」

成 黒中華そば 大盛

おや?σ(゚・゚*) 以前よりも油膜が豊富になっているようですよ。 スープの表層がキラキラするほどの油膜です。 確かに香り立ちも、より一層豚ガラっぽさが前面に押し出された気がします。

成 黒中華そば 大盛

でもこの油膜は決して行き過ぎって感じは無く、油っこい諄さなどは感じさせることはありませんでした。 載せモノは変わらずで、シンプルな中にもメンマやチャーシューの仕立てが丁寧に行われているのが伝わって来ます。

成 黒中華そば 大盛

醤油ダレの香りは、この油膜に蓋をされたのか、そんなに強く感じられません。 でも出汁の風味と醤油の香りがミックスされた香りは、以前よりも豊かになっているかもしれません。

成 黒中華そば 大盛

やや加水率が低めの中細ストレート麺は、プツプツッとした歯切れの良さは相変わらず。 ほんのりと小麦粉の風味を感じさせながら、控え目だったスープの立ち香から一変して、口に運ばれたスープの風味と来たら、それはリッチに鼻腔を抜けていきます。

醤油ダレは塩味の角は丸められていますが、その風味の豊かさは確かなものです。 醤油好きには堪らない、至福の刻が過ごせます( *´艸`)




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る
 

2012年 猿楽台地の蕎麦畑 ~福島県南会津郡下郷町~

「落合分校」でチョイ撮りをして、この日のもう一つのメインディッシュ「猿楽台地」へと向かいますヾ(^▽^* 事前に情報は捉まえておりましたが、50haにものぼる広大な農地を東西に貫く農道は、拡幅工事の為通行が規制されていました。

聞くところに由ると、日曜日は自動車の進入は可能との事でしたが、農道の西側は遮断されています。 東側は入れるかも知れないと言う事で、広大な農地の外側を辿って回り込んでみる事にします。

霧の蕎麦畑
[2012/09/02 霧の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大表示します>

その途中、農地の西側の飛び地になっている蕎麦畑が、見事に蕎麦の花が咲き誇っておりましたO(≧▽≦)O 道路脇の待避所に車をデポしまして、先ずは軽く試し撮りと参ります♪

霧の合間
[2012/09/02 霧の合間] <↑ Clickで拡大表示します>

実はここでも気まぐれな天気に翻弄されまして、撮影を始めて間もなく小雨が降り出しましたヽ(´Д`;)ノ 霧も濃くなったり薄くなったり、全く予想不能な状態です。

僅かの希望
[2012/09/02 僅かの希望] <↑ Clickで拡大表示します>

霧に覆い尽くされていたかと思うと、突然霧が切れてきまして、旭岳の方角に青空が見えました。 小雨は相変わらず降り続いていましたが、一類の望みを託してメインステージへと移動します。

年に一度しか来ない場所なもので、東側の農道の入り口をロストしまして、少しウロウロしちゃいましたが、何とか辿り着く事が出来ました(>▽<;; 耳に聞こえていた通り、農道の拡幅工事が進められておりまして、路肩には埋め込み予定のU字側溝が積み上げられていました。

霧に包まれる猿楽台地
[2012/09/02 霧に包まれる猿楽台地] <↑ Clickで拡大表示します>

で、ご覧の通りのアリサマですΣ(゜▽゜;) 益々状況は悪化の一途・・・ 一時はシャッターを切る事さえ食指が動かなかったほどでしたよヽ( ̄▽ ̄i)

蜃気楼の如くに
[2012/09/02 蜃気楼の如くに] <↑ Clickで拡大表示します>

時折霧が薄くなった時を狙って撮り続けますが、青空どころか山並みのディテールも現れませんね。 まぁ、こんな年もアリと言う事で( ̄▽ ̄i)ゝ

工事中
[2012/09/02 工事中] <↑ Clickで拡大表示します>

農道の先の方には、「会津高原たかつえ」でも姿のあった新潟県からやって来たシニアカメラマンさん達のグループが来ていました。 やはり立ち回り先は、大体同じってところですかねww

霧に浮かぶ
[2012/09/02 霧に浮かぶ] <↑ Clickで拡大表示します>

帰りがけにようやく山の稜線がうっすらと姿を現しました。 まっ、これはこれでイイか(*´∇`*) 猿楽台地の蕎麦の花は、まだギリギリで大丈夫だと言う事です。