FC2ブログ

ふじみ食堂 ~福島県郡山市細沼町~

かなりのお久しぶり訪問となった、細沼町の裏通りに面した老舗食堂「ふじみ食堂」さんですヾ(^▽^* 大変残念な事に、昨年でしょうか女将さんに先立たれてしまい、今はご主人様を娘さんが手助けしながら暖簾を挙げ続けておられるそうです。 出前もこなせる数少ない食堂として、何とか頑張り続けて頂きたいものです。

ふじみ食堂

お昼時を過ぎると、どうやらご店主様が一人でお店に立っておられるようです。 のんびりとオリンピックの録画放送を眺めておられましたが、以前と変わらぬように笑顔で迎えてくれました。 

昭和テイストが色濃く漂う店内に陣取りまして、ここはひとつ、個性派の夏限定メニューを頂戴する事に致しましょう(*^▽^*)

「手打ち冷し中華 大盛 (600円+50円)」

ふじみ食堂 冷し中華大盛

この特異なビジュアルは、多分ここ「ふじみ食堂」さんと、姉弟店たる「サッポロラーメン コタン」さん (過去記事) に共通するものです。 コタンさんの場合は“銀皿盛り”ってのが更なる特徴です(^^)

ふじみ食堂 冷し中華大盛

缶詰シロップ漬けの黄桃のハーフカットがドンと据えられており、輪切りトマトの上にチューブ辛子が載ってきます。 トッピング類では、ワカメとハムが使われているのも特徴の一つですね。

ふじみ食堂 冷し中華大盛

冷や中スープは醤油テイストがやや勝り気味ですが、割と濃度のしっかりとした甘酸っぱいタイプです。 ゴマ油による香味漬けはされていないようでして、シンプルさの中にも古典的な冷や中の風格が存分に楽しめます。

ふじみ食堂 冷し中華大盛

クラシックスタイルの冷や中らしく、マヨネーズは添えられておりません。 所望すればあのご店主様のことですから、快く差し出して下さる事と思いますが、もし事情が許すなら、デフォで古典的な味筋を存分に楽しんで頂くのも粋なモノかと思います。

ふじみ食堂 冷し中華大盛

姉妹店「コタン」さんから提供されている手打ち麺は、ご覧の通りの平打ち幅広太麺です。 キリッと冷水で洗い締めされた麺は、一際歯応えがありまして、しっかり噛み込んで頂くタイプ。 アルデンテ仕立てのフィツチーネを思わせる食感と言うべきでしょうか。

いいねぇ~♪(>▽<)b 白河タイプの麺も魅力的ですが、この麺の面白さは、それを凌駕するほどの存在感です。 しかもその歴史を辿れば、優に40年前に遡ると言うのですから、食べ物の普遍的な価値と言うものを再認識してしまいます(*´∇`*)

ふじみ食堂

いやぁ~、本当に再訪して良かったです( *´艸`) 未食メニューも沢山残っているのですが、極めてリーズナブルな価格設定も魅力的ですし、“大盛CALL”をしても差額は低廉。 その上、度肝を抜かれるような爆盛りにはならない安心感もありますww




ふじみ食堂
福島県郡山市細沼町7-11
電話;024-923-6870
営業時間;11:00~18:00
定休日;日曜祝祭日
駐車場;店舗南側の一軒隣に5台分


大きな地図で見る
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

フラフラフラぁ~~っと、足を運んでしまったさくら通り沿いホテル・ハマツ並びの「福味」さんです。 そのバリエーションの多彩さと言い、コスパの良さと言い、ちょっと目が放せない存在感にワクワクしていますo(*^^*)o

この日は夏季限定の冷や中を頂くつもりで暖簾を潜ったのですが、店主・遠藤さんが

「ウチの冷や中はフツーですよ( ̄▽ ̄i)ゝ」って仰るもので、ついついボクにも迷いが出まして、今回は定評のあるコチラを所望致しました。

「あんかけ焼そば (700円)」

福味 あんかけ焼そば

ウギャァ~~~~?!∑(`□´/)/ なんだコレぇ~!

確かにモリモリ具合がナカナカとは耳にしていましたが、ちょいと尋常ではないサイズですぅ~(>▽<;;

これって先回 (過去記事) のカツカレーと同じお皿ですか?(`・ω´・ ;) 今回はその大きさがイメージ出来るように、割り箸なんぞを一緒に添え景してみました。

福味 あんかけ焼そば

キャベツを主体に野菜が大量にあしらわれた餡は、ボリュームも充分なのですが、麺量の多さが更に上回っています(@・艸・;) 醤油テイストがキリッと効かされていて、不自然な旨味が押してくることもありません。 中国料理専業店さんのソレとは一線を画する、食堂系の味筋に向いていると思います。

福味 あんかけ焼そば

麺の焼き付けも軽目に抑えられており、香ばしさなどは感じられない代わりに、不要な油分を心配する事もありません。 ちょっと面白いところでは、具材の中にメンマが入っていたところ(>▽<)b 益々食堂系のイメージが伝わり易いでしょうか?

福味 あんかけ焼そば

これはラーメンに使われている麺と同じかも知れません。 焼きそば専用の蒸し麺ベースではありません。 しかしながら、滑らかな舌触りの良さは大いにアリだと思います。 心持ち味付けが濃い目ですので、お酒のアテにも悪くないかも♪( *´艸`)

一緒に酢もご用意頂きましたが、ちょっと試してみますと、塩味が円やかになり、甘味がフワッと浮いてくる気がします。 普段はあんかけ焼きそばに酢を注さない食べ方をしていますが、味変ツールとしてコレはアリなんですね(*^▽^*)

福味 あんかけ焼そば

おろっ?(⌒▽⌒;) 餡の中から大きなエビが一つ出てきましたよ。 ささやかに幸せ♪(>▽<)b さて、次は何を頂きましょうかねo(^^o)(o^^)oワクワク




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:15~13:30 【夜の部】17:30~23:00 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日






「うねめまつり」は例年雨が降るのがお約束。 昨日も一時は夕立が降る寸前まで空模様が崩れました。 が、そこで持ち直しちゃいましたw( ̄▽ ̄;)w いや、本当に珍しいですねぇ~

今日は「うねめまつり」の2日目であると同時に「ふくやま夢花火」が開催されますヾ(^▽^* 当家の屋上からも、そこそこ見えるもので、毎年家族揃って眺めています。 きっと今年も、無芸大食妻がオードブルなんぞを仕込んでおくのではないかと思われww

テブクロ

ここ数日、さすらいの野良猫・テブクロが毎夜やって来ます。 相変わらず人間を決して信じようとしません。 一定の距離を必ずとります。 えぇ、エサは“仕方ないから喰ってやっている”らしいですヽ( ̄▽ ̄i)

何時ものパターンだと、そろそろまた姿を消しそうなんですけど・・・ この猫が当家に姿を現して今年で2年を越えました。 ご覧の通り、決して痩せ細ってはおりません(笑) きっとさすらい先に沢山のエサ場を持っているのでしょうね。 そろそろ定住する気は無いのでしょうか?(^◇^;)

 

中華そば まるけい ~福島県郡山市駅前~

昨日の国内最高気温をマークしたのは、福島市の37.7℃でしたヽ(´Д`;)ノ 当地・郡山でも34.6℃を記録しまして、この夏の最高気温を更新しましたヽ(@ω@;)ノ 道理で暑い訳ですが、この陽気はいつまで続くのでしょうか?

当地の夏のイベント・「うねめまつり」の踊り流しは、本日と明日の両日、駅前大通を中心に行われます。 市外中心地は16:30より交通規制が布かれますので、お祭り見物の皆様はご留意頂きまして、楽しんで下さいませヾ(^▽^*

さて、7月に郡山駅側近の通称“貨物通り”沿いに新しいラーメン専業店さんが開店しました。 「中華そば まるけい」さんです。

中華そば まるけい

最近は入り口に妙なオブジェがぶら下げられておりますので、通りがかりの通行人も思わずたじろぐ姿が見受けられますww このオブジェが示唆する通り、鶏出汁の中華そばを売り物にしているお店です。

なかなか訪問機会が作れず、ちょっと遅くなりましたが、ようやく暖簾を潜る事が出来ました(*^▽^*) メニュー構成はシンプルな方でして、基本となる「中華そば」に、バリエーションとして「ニラそば (塩・味噌)」、そして「つけ麺」が加わっています。 お初の訪問でしたので、どこから頂こうかと思案しましたが、やはり基本の「中華そば」から切り崩して行きましょうo(*^^*)o

「中華そば (680円)」

まるけい 中華そば

黄金色のスープが美しい中華そばですが、さり気なく岩海苔が配されているのが特徴です。 油膜は適度に張られておりまして、鶏を思わせる立ち香がほのかに伝わって来ます。

まるけい 中華そば

ちょっと多目の刻みネギは油膜を諄さから開放してくれます。 モモ肉チャーシューはやや小振りではありますが、程良い柔らかさと共にジワッとした旨味が凝縮されています。 岩海苔の豊かな香りは、決して邪魔なことはなく、やや特徴的な鶏の香りを包み込んでいます。

まるけい 中華そば

細裂きメンマは、やや甘めの味付けが施されていますが、割とシャープな醤油の味わいを、この甘味で豊かな倍音効果を引き出しています。 醤油ダレは円やかに熟成させたタイプではなく、軽くエッジのあるハツラツとした存在感があります。 しかし、決して塩辛さが支配することが無いのは良いところですね(^^)

まるけい 中華そば

軽くウェーブの掛けられた中細麺は、頃合いの茹で上げ具合で、プチプチッとした歯切れの食感と滑らかな舌触りを楽しませてくれます。 麺量も標準的な普通盛りのボリュームはありますので、食べ応えも上々です。

食べ進めていく内に、丼の底の辺りに、それまで看取していなかった粒状感の何かが仕組まれている事に気付きました(@・艸・;) ほのかにスープが甘いニュアンスを持つようになっていました。

(これって何だろう?(`・ω´・ ;))

と懸命に素性を暴こうとしましたが、今ひとつ確証が持てませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ その疑問は今も解けてはいませんが、もしかすると塩麹かも知れません。

中華そば まるけい

この“貨物通り”は、市の開発計画が予定通りに進めば、2年後には道路幅の拡幅が行われます。 その際には現在のお店は見事に引っかかることとなります。 先の震災で以前の店子さんが出てしまい、暫く空き店舗になっていた物件ですが、先のことはともあれ、力の限り頑張って頂きたいものです(*´∇`*)

ちなみに、まだ開店間も無い事もあり、定休日や営業時間はやや不定要素があります。 基本的には夜の営業を主体として行われるようです。 深夜から早朝にかけてまで、このクォリティーの中華そばが頂けるのは、ラーメン・ファンには望外の喜びとなるでしょう(^_^)




=閉店しました= ※アーカイブとして残しておきます。
中華そば まるけい
福島県郡山市駅前2-5-9
営業時間;17:00~29:00
定休日;不定休 ※火曜日の予定ですが流動的


より大きな地図で 中華そば まるけい を表示
 

麺処 中華惣菜 若武者 ~福島県二本松市本町~

毎日お暑うございます(;ーωーA そんな挨拶が日常化しておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか? Blog仲間の「今日もどこかで・・・きっとどこかで」 (URL) のAuthor・maxmaxたんは、だいぶヤラレ気味との事ですが、そのレポからお察しするに、本当は全然ヤラレちゃいないのではないか?といった嫌疑も持ち上がっている今日この頃です(((*≧艸≦)

さて、夏のお楽しみ冷や中アーカイブですが、今回は二本松市の麺処 中華惣菜 若武者」さんに二年ぶりに冷や中が登場と言う事で、早速訪問致しましたよっと♪o(*^^*)o 昨年は冷や中をリリースしなかったんですね。 過去記事 (URL) を紐解いてみても、二年前の作品は、今以てアッパレであります(^◇^;)

さて、今年の冷や中は、その二年前の作風からは大きく舵を切りまして、対極的な仕立てだと言います。 大将曰くは「時勢に合わせて“ワイルド仕様”もアリアリ♪」と言う事でしたが、何と麺4玉仕様の爆盛り冷や中となりますので、恐いモノ見たさもありながら、気弱に2玉仕様のこちらを所望します( ̄▽ ̄i)ゝ

「シンプル冷し中華 大盛 (700円+100円)」

若武者 シンプル冷し中華 大盛

あっ、あれぇ~~~?!(〇o〇;) ちょっと待て待て(>▽<;; これで2玉なんですか?

若武者 シンプル冷し中華 大盛

丼が深いのに、こんなに盛り上がっちゃって・・・w( ̄▽ ̄;)w 一体1玉何グラムあるのでしょうね? ってか、ワイルド仕様の4玉になったら、どんな大惨事が待っているのでしょう(@・艸・;)

若武者 シンプル冷し中華 大盛

シンプルの名の通り、盛りつけは極めてダイナミックww 麺の上に茹でモヤシ、千切りキュウリ、錦糸卵に細切りハムと白髪ネギがドン載せです(^◇^;) 練り辛子と紅ショウガ、そしてマヨネーズは別皿で供されます。

冷水でキリッと洗い締めされた中細麺は、期待通りのプツプツッとした歯切れの食感と共に、滑らかな舌触りも楽しませてくれます。 更には前述のドン載せ具材が多彩な歯応えを演出してくれますので、どこから食べても歯触りの楽しさは約束されたようなものですヾ(^▽^*

若武者 シンプル冷し中華 大盛

大将の古巣、千葉県柏市の中国料理 知味斎 (ちみさい)で培われた醤油ダレは、醤油テイストがシャープに効いておりまして、酸味と甘味が抑えられています。 割とハードなお味に仕立てられているのですが、別添えのマヨネーズをオン・ザ・麺しながら食べ進めますと、適度な酸味が補給されまして、なかなか塩梅がよろしくなります( *´艸`)

2/3ほど食べ進めたところで、麺のボリュームに負けそうになりましたが、4玉どころか2玉で白旗を挙げる事は出来ませぬ故に、そこから一気呵成に食べ進めまして完食に持ち込みました(>▽<;; ちょっと危なかったぁ~ヾ(´▽`;)ゝ

若武者 大将餃子

お約束の「大将餃子」も楽しみました。 デフォで3個盛りですが、4個盛りに増量も受けてくれます(*^▽^*) 餃子の皮が変わった事は以前にもお伝えしましたが、やっぱりこの皮のお陰で、餡から迸るスープがしっかり楽しめるようになり、益々美味しく楽しめるようになりました。




麺処 中華惣菜 若武者 (Blog)
福島県二本松市本町2-86-1
電話;0243-22-7107
営業時間;月~土【昼の部】 11:00~15:00 【夜の部】 17:45~19:30
      日曜日 11:00~18:30 ※通し営業
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;木曜日
駐車場;店舗横に12台分ほど


 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

昨日は月末だと言うのに、仕事場のFAXがトラブってしまい、朝からてんやわんやの大騒ぎヽ(@ω@;)ノ 事の顛末は後述致しますが、着信していた文書のメモリーが、着信ログだけを残して全てオシャカになりましたノ( ̄0 ̄;)\ 着信ログを引き出せただけでも上出来ってくらいのトラブルでしたが、今年2台目のプリンターを購入するハメになりました(TOT) でも最もFAXの着信の多い月初に当たらなくて不幸中の幸いだったのかも知れません(;ーωーA

さて、つい先だっても訪問したばかりだった「麺屋 信成」さんを再訪です。 と言うのも、冷たい麺シリーズの前に実食した「あっさり醤油らーめん」の味の記憶が、脳裏から離れず、是非とも試してみたい“シンプル仕様”を頂きに暖簾を潜りましたo(*^^*)o

「あっさり醤油らーめん (600円)」 ※細麺&シンプル仕様

麺屋 信成 あっさり醤油らーめん シンプル仕様

ぐっと端正な佇まいになりました(*^▽^*) パッと見た目には、麺屋 信成さんのキー・アイコン的なビジュアルは薄れまして、ソレと分かる手掛かりこそ無くなりました。

ちなみに、デフォ仕様のビジュアルは ↓ こちらです ↓

麺屋 信成 あっさり醤油らーめん

水菜と糸切り唐辛子、半熟味玉、白髪ネギを排して、白ネギが加えられています。 概ね予想通りの味が楽しめましたが、それ以上に伸びのあるニボシとカツオ節の旨味が印象的に感じられました( *´艸`)

麺屋 信成 あっさり醤油らーめん シンプル仕様

白ネギ追加は、女将さんの案でして、これがまたヒットでした。 スープに魚粉ダイレクトに入れるタイプではいのですが、やはりその面差しにはソレと分かる片鱗も(^^)

麺屋 信成 あっさり醤油らーめん シンプル仕様

バラロールチャーシューは、相変わらずの美味しさでして、スープの熱で半透明になった脂質は、ビジュアル通りのトロトロ具合です。 メンマは食べ応えのある大振りな拍子切りとされていて、程良く甘じょっぱさが染み渡っています。

麺屋 信成 あっさり醤油らーめん シンプル仕様

言うまでもなく見事な茹で具合で供される麺は、プッチプチな歯切れの良さが楽しめて、品の良いニボシとカツオ節の旨味が動物系の出汁とバランス良く納まったスープに見事にマッチしています。

水菜にはほんの少し苦味走る味がありますので、これを排しただけでも繊細な旨味がキレイに引き出されるんですねヾ(^▽^* お好み次第ではありますが、デフォで召し上がってみて、感じるところがありましたら、リクエストしてみるのも楽しみの幅を広げる事となるでしょう。

「鳥そぼろこんはん (250円)」

麺屋 信成 鳥そぼろごはん

確信犯的に、この「鳥そぼろごはん」とらーめんのスープが調和しない訳も無くww 軽く生姜フレーヴァーの効いた、甘じょっぱい味付けの鳥そぼろは、これだけで一品料理になっちゃうくらいに美味しいですぅ~♪(((*≧艸≦)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度






書き出しのFAXトラブルについてのお話です。 以前は感熱紙タイプのビジネスFAX機を使っていたのですが、大きく重く、そして高価でありながら、感熱紙が故に記録紙の長期保存は無理と言う事で、インクジェットプリンター式のFAXを導入しておりました。 対費用効果も高く、ランニングコストも優秀でしたので、廃インクタンクの交換を挟んで約9年間も使っていたんですね( ̄▽ ̄i)ゝ

それだけもっていたと言うのも、CANONのインクジェットプリンターの優秀さがあっての事でした。 マイナートラブルがあったとは言え、大抵は高温多湿期の紙詰まりに起因するものくらいでしたが、今回はどうも様子が違いました(`・ω´・ ;)

MP740のエラーメツセージ

「不明なカートリッジです」とな?(^◇^;) こんなエラー・メッセージは初めて見ました。 しかもその他にも「カードリーダーがうんたらこうたら」だとか・・・ いや、カードリーダーなんて今まで一度も使ったことが無いしヽ( ̄▽ ̄i)

MP740のエラーメツセージ

インクキャリッジからヘッドユニットを抜いて、接点をゴシゴシして戻してみたら、今度は更に悪化の一途をΣ(oДolll)ノノ

“使えないカード”ってナニ?w( ̄▽ ̄;)w だからカードリーダーは使用していないしww そのうちもっとイミフなエラー・メッセージが出てきました。

写真を撮っておいたら面白かったのですが「オマチクダサイ ヒヤシテイマス」って(〇o〇;)

一体ナニを冷やしているってんですかね?(爆) もうお手上げになっちゃいまして、CANONのサポセンに電話で当合わせをしてみました。 えぇ、もうこの時点で、ある程度諦めは付けていたんですけどね( ̄▽ ̄i)ゝ

事情をお話しして、トドメのエラー・メッセージ「オマチクダサイ ヒヤシテイマス」についてお訊ねしてみました。

一瞬黙ってしまったサポセンさんは、「只今お調べ致します。 少々お待ち下さい。」って。 多分、サポセンさんも聞いた事のないエラーメッセージだったのでしょうね(⌒▽⌒;)

再び応対したサポセンさんによると、対処手段は無いとの事(ナンダソレww) ともあれ、お客様のご利用頂いている機種は、誠に恐縮ながら、既に部品の保安期間が過ぎているため、修理の依頼はお受け致しかねます。ってなハナシでした。

いいんです。 別に直してちょうだいなんて言う気は無くて、「オマチクダサイ ヒヤシテイマス」のココロが知りたかっただけですから(>▽<)b 素直に「あい、おせわになりました♪」って電話を切って、再びFAXの前に立ったら・・・

MP740のエラーメツセージ

はい、もう分かりました。 今までよく頑張ってくれましたね。 今日でサヨウナラです(^◇^;)

MX893

そんな訳で、再びCANONの複合機を買い求めて参りました(*´∇`*) お亡くなりになった以前の複合機の当時の価格から半額くらいになっていました。 期待通りに働いて下さいな♪