みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

駅からも意外と近い、“みんなの大衆食堂”と言うべき「みたか食堂」さんです。 街中で配達業務に就いていたら、の目前を見覚えのある出前バイクが横切りました。

「あれっ?」っと思って目線を遣ってみると、「みたか食堂」のオヤジさんが笑顔でスルーww 考えてみれば駅前近辺も、完全に出前エリアだったんですね(^◇^;) って訳で、呼ばれたような気がして暖簾を潜りました(>▽<)b

蒸し暑さでヤラれ気味でしたので、この日の所望品はコ・チ・ラ♪

「冷やし中華 大盛 (700円+100円)」

みたか食堂 冷し中華 大盛

ヤラレ気味のハズなのに、ナゼか大盛り( ̄∇ ̄*)ゞ だって店内のエアコンの一番風当たりの良い場所に陣取ったんですもん(*^-゚)v 超タプタプの冷や中スープが魅力的過ぎます♪

みたか食堂 冷し中華 大盛

ほぼ乱切り状態のキュウリと、楽しい食感と甘酸っぱいくゴマ油の風味が纏わされた中華クラゲがドカ載せぇ~O(≧▽≦)O

みたか食堂 冷し中華 大盛

脂質の少ないチャーシューと、これまた魅惑のご店主様謹製の自家製錦糸卵もモサッと。

foodpic2572713.jpg

辛子はお約束の溶き辛子でして、これまた文句無しであるばかりか、お好み次第のマヨネーズは、テープルの上にドン載せされていまして、ある意味“掛けホ”でありますo(@^◇^@)o

みたか食堂 冷し中華 大盛

しっかりと氷水で洗い締めされた麺は、ツルっとした舌触りとしっとりとした噛み心地が伝わります。 そんでもって、タップタプに惜しげもなく掛け回された冷や中スープは、ちょいと甘さが引き立つ印象派です。 味の濃度も備わっており、それでいて飲めちゃうくらいの塩梅に納まっている絶妙さです。

ここで初めて気が付いたのですが、卓上にはお酢がありました(〇o〇;) そう。甘味を制したい方は、これも使えるカードと言う訳です♪ ボクも試してみたところ、甘めのスープがキリッとディテール・アップ致しまして、とっても良い加減になりました(((*≧艸≦) こりゃあお薦めですv(*'-^*)-☆

そんな訳で、モリモリの大盛り麺も、難無く完食致しまして、益々ドツボにハマって行く自分が恐い(@・艸・;)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る




降るぞ降るぞと言われながら、ナカナカ降らなかった夕立ですが、昨日は本当に降りました( ̄▽ ̄i)ゝ 何せ昨日の郡山の最高気温は33℃。 降れば土砂降りになるのではと、気が気ではなかったのですが、幸いにして常識的なお湿り程度で終了しました。

雨降り

ドバッと降らなかったせいか、雨上がりは中途半端な蒸し暑さです(`・ω´・ ;)

雨降り

でも水害・水没よりは良しとすべきか・・・
 

SLふくしま復興号

ここ一週間ほど東北本線で試験走行を行っていた「SLふくしま復興号」ですが、7月28日・29日の両日は、営業運転が行われました。 無芸の仕事は始発駅となるJR郡山駅からほど近く、手を伸ばせば何時でも撮りに行けそうな距離なのですが、平日は仕事の時間に当たる為、汽笛の音だけを耳にしながら過ごしていた次第です(;ーωーA

昨日は日曜日と言うことで、時間も自由が効きますので、一発撮りを致しました。 事前のロケハンなんぞは行いませんでしたが、旧機関区は子供の頃の遊び場でもありましたし、何せ近所でもあります。 折角のチャンスですので、郡山のランドマークたるBig-iと共にある景色を求めて、場所を定めました。

運行時刻よりも1時間半も早く場所を決め込んでしまったので、手持ち無沙汰でジリジリと暑い晴天下で時を過ごすことを覚悟していたのですが、幸いと言うべきか、私と同じ地所で撮影する事を決めた撮り鉄さんが合流しましたので、四方山話なんぞをしながら、退屈する事だけはありませんでしたww

その間、東北本線を通過する貨客列車で試写しながら時を過ごしていたのですが、運行時刻が近づくと、更にお三方が同所で合流致しました。 お一方以外は全員NIKONでしたわヾ(^▽^* そうこうしている内に、いよいよC6120が郡山駅を出発し、我らの撮影ポイントへと差し掛かってきました。

SLふくしま復興号
[2012/07/29 SLふくしま復興号] <↑ Clickで拡大>

発車から3分程度ですので、C61は加速態勢で盛大に黒煙を上げていますO(≧▽≦)O 汽笛が大サービスってくらいに鳴らされましたが、この音がまたステキでした(〃∇〃) C6120の汽笛は、とても心に琴線に響く音でした♪

SLふくしま復興号
[2012/07/29 SLふくしま復興号] <↑ Clickで拡大>

鉄橋の側近からの撮影でしたので、通信ケーブルが被ってしまったのは残念でしたが、Big-iと一緒に入れられるポジションは、そう多くはありませんので、取りあえず良しとします。 普段は撮らない被写体ですので、全然ツメが無いのはご愛敬と言う事で( ̄▽ ̄i)ゝ

3名の運転士さんが乗務しておられましたが、とびきりの笑顔で手を振ってくれました。 東北本線でのSL運行ってのは、あまり例がないようですが、また機会があれば是非ともその勇姿を拝見したいものです(*´∇`*)

ちなみに今回のSLは、C61の20号機と言う事で、静態保存されていたものを2011年に38年ぶりに復活させたそうです。 詳しくはWiki (URL) にありましたので、気になりましたらご覧下さい。

(その他の写真は[続きを読む]から)

 
続きを読む

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

今月2回目の「華苑日記」ですヾ(^▽^* 今月リニューアルされたランチ・メニューですが、粛々とフルコンプに向けて消化中です。 果たして“秋メニュー”が登場する前までに、全アイテム食べ尽くしに持ち込めるかどうか(>▽<;;

「牛肉と野菜の中華風カレーソース炒め定食 (880円)」

華苑 牛肉と野菜の中華風カレーソース炒め定食

リリース直後から、なかなかの人気アイテムになっているそうです(*^▽^*) 確かに夏にはカレーに惹かれる頻度が高い気もしますが、中国料理店で楽しめるカレー味ってところも人気の一つかも知れませんね。

華苑 牛肉と野菜の中華風カス炒め定食

華苑さんの暖簾を潜った事がある方ならご承知の通り、おかずはたっぷりとしたボリュームです。 普通に大盛りごはんのお供になるばかりか、食の細い方なら優に二人前の盛り具合です(((*≧艸≦)

華苑 牛肉と野菜の中華風カス炒め定食

お野菜もタップリと盛られているのが良いところ。 甘さを伴った旨味が根底にあり、カレー風味は少し穏やかに押さえられていますので、Hot & Spicyを期待しますとコケます(笑)

華苑 牛肉と野菜の中華風カス炒め定食

あくまでも牛肉入りの中華風野菜炒めを、カレー風味仕立てにしたと思えば正解に近いです(*´∇`*) 野菜がたっぷりと摂れて、油分少な目のメニューです。

「豚肉とキクラゲとふわふわ玉子の炒め定食 (780円)」

華苑 豚肉とキクラゲとふわふわ玉子の炒め定食

キクラゲが大好きですので、以前から実食の機会を伺っていましたo(*^^*)o ようやく辿り着いたって感じで、期待満々で楽しませて頂きました♪

華苑 豚肉とキクラゲとふわふわ玉子の炒め定食

大きめにカットされた豚ロース肉と、これまた大振りなキクラゲのコラボレーション(//∇//) その仲立ちをしているのが、ドッと振る舞われている焼き玉子です。

華苑 豚肉とキクラゲとふわふわ玉子の炒め定食

オイスターソースの旨味と塩味仕立てになっており、それぞれの具材の風味や味が活かされています。 ホウレン草の彩りと茸の食感も加わり、多彩な味の広がりが実感出来ます。

華苑 豚肉とキクラゲとふわふわ玉子の炒め定食

これまたモリモリ具合が凄すぎまして、軽く二人前はありそうなボリュームを心底堪能致しました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「極旨!四川風マーボー豆腐定食 2辛 (680円+30円)」

華苑 極旨!四川風マーボー豆腐定食

いつの間にか、凄い表題が付いた麻婆豆腐定食です(⌒▽⌒;) 辛さレベルの指定は、裏メニュー的な扱いから、正式な対応となりました。 決して低廉ではない辛味調味料ですので、辛さレベルによって追金が必要となりますが、それでも相変わらずのリーズナブルさです。

華苑 極旨!四川風マーボー豆腐定食

この日は辛さレベル2! 結構楽勝な辛味だったハズですが、微妙に辛さが増している?(〇o〇;) 結構辛味マシを所望するお客様が多いようでして、いつの間にかジリジリと辛さのハードルが上がってきているかも知れません( ̄▽ ̄i)ゝ

華苑 極旨!四川風マーボー豆腐定食

ジワァ~ッと旨味になる豆豉は、小さな黒点のように写っています。 黒大豆を塩漬けにして発酵させた調味料ですが、細かく刻んで用いられています。

華苑 極旨!四川風マーボー豆腐定食

麻婆・オン・ザ・ライス!でとっても幸せO(≧▽≦)O 月に一度と言わず、二度三度、思い出したら食べずにはいられない、お店の名物料理になっています♪




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

珍しくランチタイムに訪問出来た“ボクらの花カツミ”さんですヾ(^▽^* さすがにランチ時、客入りも上々で何よりです。 ご来訪のお客様方のオーダーの仕方からして、ほぼリピーター様かと思われます。

本格とんこつらーめん 花カツミ

ランチタイムに暖簾を潜ったと言う事は、ボクは朝食を摂ってからまだ3時間ほどしか経っていないと言う事でして、今回は大人しく並盛りを楽しませて頂きましょう( *´艸`)

「とんこつらーめん (580円)」 ※細麺仕様

花カツミ とんこつらーめん

まだ週の前半だったというのに、スープの表面にうっすらとコラーゲンの膜が張っていますよw( ̄▽ ̄;)w

花カツミ とんこつらーめん

シャキシャキとした食感を残した茹でモヤシもドワッと載せられています。 いつもながらチャーシューは細かいサシが入っていて、スープの熱で温められると、より一層柔らかさが増して来ます♪

花カツミ とんこつらーめん

低加水タイプの細麺は、リズミカルな歯切れの食感が楽しめます。 勿論、スープの持ち上げも上々ですO(≧▽≦)O じわぁ~~っと口中に広がる自然派豚骨スープの旨味は、とてもナチュラルで味サバケの良さか格別ですが、ちゃんと良い余韻だけが残るという逸品。

花カツミ とんこつらーめん

サディスティックな辛味で知られる、自家製の摺りカラシをちょいと加えますと、不思議なことにスープの甘味成分がより一層引き立ちます(〃∇〃) この日もまた、とっても美味しゅうございました♪




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る




昨日の郡山の最高気温は、32.2℃だったとな(;ーωーA 道理でメチャ暑かったです。 でも、福島市は34.9℃もあったそうな(≧Д≦ノ)ノ きっと今日は更に暑くなる予報が出されております。 暑さもさることながら、この湿度の高さも曲者ですね。 と言いつつ、実は写真撮りを趣味とする者達にとって、湿度の高い朝夕は、空が焼ける事が期待出来る楽しみがあります( ̄▽ ̄i)ゝ

一昨日もちょっと軽く焼けたのですが、昨日は夕暮れ空がより一層色濃く彩られました(>▽<)b

裏路地・夕焼け

もっともその時間帯は、ボクにとっては一日で最も忙しいゾーンでして、とてもデジイチを手に取って撮影に興じている訳には参りませんヽ(´Д`;)ノ たまたま手許にラ~撮り用のコンデジがあれば、健気にもイタズラ撮りをするばかりです。

夏の暑い夕刻

今日も焼けるかな?( *´艸`) 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

昨日ようやく今年の梅雨が明けました(>▽<)b いやぁ~~初っぱなから暑いですねぇ~(>▽<;; 多分本日は、昨日よりももっと暑くなるでしょうね。 気温が上昇するとは言え、梅雨特有の強烈な湿度が少しなりとも和らいでくれるだけでも、暑さの感じ方は随分と変わるものです。

そんな梅雨明けに頂きたいものといえば、やっぱり冷や中!o(@^◇^@)o って事で、古典的な冷や中が楽しめる、国道4号線沿い富久山町地内の「中国料理 なるき」さんへGO!ですO(≧▽≦)O

「冷やし中華 大盛 (850円+130円)」

中国飯店なるき 冷し中華 大盛

このカウンター席に陣取りますと、ついつい“大盛CALL”をしてしまいます(^◇^;)

中国飯店なるき 冷し中華 大盛

こんな具合にモリモリになってやって来るのは分かり切っているのにww なぜか“やっちまった感”よりも“ワクワク感”の方が上回るってくらい好きなんですね( ̄▽ ̄i)ゝ

中国飯店なるき 冷し中華 大盛

お約束通りの溶きカラシの盛られたお皿には、マヨネーズは添えられておりませんヾ(^▽^* 最近はご所望なさるお客様も少なくないとの事で、ご希望を伝えれば対応して頂けるみたいですよ。

中国飯店なるき 冷し中華 大盛

具材は伝統的なアイテムで固められております。 茹でモヤシに中華風の下味を付けたもの、千切りキュウリ、細切りナルト、細切りハム、錦糸卵、そして彩りも鮮やかな紅ショウガ♪

中国飯店なるき 冷し中華 大盛

自家製の中細麺は、タップリと冷や中スープを持ち上げてくれます。 ほんのりとゴマ油の香りが漂い、酸味と甘味のバランスに長けた伝統の味を、口いっぱいに存分に楽しませてくれます(((*≧艸≦) そんな訳で、2玉分の大量の麺も、すんなりと胃袋に納まってしまう“なるきマジック”に今年もハマっています(*´∇`*)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

らー麺堂 飯馳停 (ぼんちてい) ~福島県郡山市日和田町~

「オリエントパーク日和田」の地内にある個性派のラーメン専業店さん「らー麺堂 飯馳停 (ぼんちてい)さんを初訪問致しました。

実はここで「白湯ラーメン」が提供されてる事を思い出しまして、郡山市内では数少ないそれを頂きに上がった次第ですo(*^^*)o 実は思い立ってから何度か足を運んだのですが、まさかの土曜定休だったり、昼の部だけでスープ完売で暖簾落ちに遭うなど、暖簾を潜るチャンスを逸し続けておりました(`・ω´・ ;)

らー麺堂 飯馳停

店内は清潔に保たれており、フロア係の接客も丁寧です(*^▽^*) お一人様向けのカウンター席と、グループ客様向けのテーブル席が設えてあり、共にバランス良く配置されています。 そして店内禁煙とされているのが嬉しいところでもあります♪

さて、お初とは言え最初から所望品は心に決めていた通りのものを頂きます。

「白湯らー麺 (670円)」 ※デフォ仕様

らー麺堂 飯馳停 白湯らー麺

あっ、あれれ? 白湯なのにお醤油のカラーが・・・(゚ロ゚屮)屮 何と、こちらの白湯ラーメンは醤油味の仕立てなのだそうです(^◇^;) 少し意表を突かれました。 ボクは白湯ラーメンってのは、淡口醤油か塩ダレで味を調えるものだと思い込んでいたんですね( ̄▽ ̄i)ゝ

らー麺堂 飯馳停 白湯らー麺

鶏ガラと豚ガラ、そして野菜と共に12時間掛けて炊かれたというスープは、豊富な油膜が生成されますが、乳化はしていません。 オーダーの際に背脂入りを所望することも出来ますが、今回は敢えてのデフォ仕様。 スープには割とシャープな醤油テイストが感じられ、散りばめられたニラの風味がしっかりと感じられます。

らー麺堂 飯馳停 白湯らー麺

バラロールチャーシューは、期待通りに脂質の美味しさを楽しませてくれます。 そこそこの食べ応えが楽しめますが、これだけ美味しいと、チャーシューを増量したくなっちゃいそうです( *´艸`)

らー麺堂 飯馳停 白湯らー麺

総じてスープの濃度はそんなに高いとは思いませんでしたが、諄さも無く臭みも抑えられていて、醤油ダレの味が全体のディテールを鮮明にしていると思います。 背脂入りを所望していたら、きっと醤油ダレのシャープさは相当マイルドに感じられたと思います。 その辺はお好み次第と言う事でヾ(^▽^*

らー麺堂 飯馳停 白湯らー麺

麺は多加水系ストレート中細麺。 ヒタッとしなやかな舌触りが楽しめる仕立てですね(*^▽^*) 細麺のツルツル系と言えばイメージ出来ましょうか? これはこれでアリでしょうね。 あまり出会えない個性派の一杯だと思います。 う~~む、ナカナカ♪(*´∇`*)

らー麺堂 飯馳停

土曜日が定休日と言う、ちょっと変則なお店ですが、リピーター続出の人気店さんです。




らー麺堂 飯馳停 (ぼんちてい)
福島県郡山市日和田町字植初24-4
電話;024-958-2856
営業時間;【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~20:00
定休日;土曜日


大きな地図で見る
 

そば処 心平庵 ~福島県いわき市小名浜~

今週の日曜日は、お天気が今ひとつと言う事もあって、撮影行に出ることなく過ごしておりましたが、午後からいわき方面へと遅い昼食を摂りに出立致しました。 お目当てのお店は、残念ながら完売暖簾落ちしていましたが、最初からオプションを考えていたので、いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」へと転進致しました。

前回の訪問は昨年末あたりでしたが、小名浜漁港の一角には、未だに津波被災をした車が残されたままになっている姿も・・・ でもこれって、もしかすると意図的に残されているのではないか?との疑念も浮かび上がります。( ̄ω ̄;) 少なくとも港湾内に、こういった被災車両が置き去られている様子は他に見あたりませんでしたから。

さて、いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」ですが、前回よりも駐車場には沢山の車が見受けられました。 中には観光バスも何台か♪ なかなか地元の海産物は流通することが叶いませんが、名物の「うにの貝焼」は、お手頃価格のお品は南米からの輸入品でしたので、以前と変わらず楽しむ事が出来ます(*^▽^*)

さてナゼここへとやって来たかと言えば、この施設内にある「そば処 心平庵」がお目当ての店です(*´∇`*) 蕎麦打ち名人として名高い、磐梯町の長谷川先生直伝の「十割蕎麦」と共に、会津名物として定着した「ソースカツ丼」が、現地も顔負けのクォリティーで楽しめるんです♪

当然、両方頂くつもりでワクワクと券売機の前に立ったら・・・

あれれ?お蕎麦のボタンに売り切れランプが点灯していますよ(〇o〇;)

残念な事に、この日の蕎麦は全量完売となっていました(T△T) しかも後で耳に入ったお話によると、蕎麦打ち担当の鈴木店長さん。 このところその技術も益々冴え渡っていると言う事です。 あぁ~~、ちょっと悔しいなぁ~(>▽<;;

って事で、気を取り直して、もう一つの目玉メニューを所望致しましょう♪

「ソースカツ丼(中)+そばコロッケ (950円+100円)」

そば処 心平庵 ソースカツ丼(中)+そばコロッケ

ソースカツ丼には大と中の二種類のサイズがオン・リストしています。 大の肉量は最低300g、中でも180gもあります(⌒▽⌒;) 今回は控え目に後者を選んだのですが、実は一緒に写っている「そばコロッケ」っていうのを見つけまして(以前は無かった)、十割蕎麦にありつけなかった事もあり、興味津々で追加オーダー致しました。

そば処 心平庵 ソースカツ丼(中)

確かに中サイズに合わせて、器のサイズに合わせてごはんも減量されています。 それでも豚カツのボリュームを合わせますと、立派なモリモリ具合になる事請け合いですヾ(^▽^* ってか、標準的な女性の摂食量でしたら、これでも多すぎるくらいでしょう(^◇^;) 無芸大食妻からは「小サイズがあったら嬉しい」との声もありましたよww

そば処 心平庵 ソースカツ丼(中)

厚さ1.5cmほどで、“脂er感涙”の脂身が残されたカットですv(≧∇≦)v 衣は薄付きですが、剥がれ落ちも無くキレイに揚がっています。

甘めなのに諄さのないサラッとしたソースが、豚カツ全体に馴染むように浸されており、ごはんにも程良く染み渡っていてウマウマ♪( *´艸`) 肉質の良さもナカナカのものでして、この厚みの豚ロースにあって、この柔らかな仕立て上がりは立派です。 相変わらず、一気呵成に食べ進められる魔力に満ちた一杯ですねw( ̄▽ ̄;)w

そば処 心平庵 そばコロッケ

こちらが初登場の「蕎麦コロッケ」です(>▽<)b 本来はテイク・アウトを意識して作られているのかも知れませんが、食事メニューのサイドとして店内でも頂けるようになっています。 しかも、千切りキャベツまで添えて頂き、ありがてぇ~なぁ~と♪

そば処 心平庵 そばコロッケ

サクッと衣を割ってみますと、衣や具材に蕎麦の実を配したのでは無く、なんと蕎麦掻き風の仕立てになっていましたw(*゚o゚*)w ちょっとこれは新発想だったわww 蕎麦の風味をマスキングしたくなければ、卓上のソースは控えて、少量のお醤油で決めるのも宜しいかと思います。 まあ欲を言えばキリがないのですが、出汁醤油だったらもっと美味しさが引き立てられるでしょうし、本気で一品料理にするのなら、出汁の効いた葛餡掛けで山葵を添えたらもっとイケそうww といった欲求が湧き出すほどの秀作でしたヾ(^▽^*

また、お味噌汁の美味しさも印象的でしたわ♪ メインの料理ではない外堀のアイテムが、ハッとするようなイイ仕事をしていると嬉しくなりますo(*^^*)o 前回の訪問時よりも、確実にブラッシュ・アップの手が入っているのが分かります。





そば処 心平庵
福島県いわき市小名浜字辰巳町43-1 いわき・ら・ら・ミュウ 1F
営業時間;10:00~18:00
定休日;いわき・ら・ら・ミュウの営業に準じる (URL)


大きな地図で見る
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

こちらはお初の訪問となります。 郡山市さくら通り沿い、ホテル・ハマツの右隣に暖簾を構える「福味」さんですヾ(^▽^* 実は震災前に市内の某ラ~屋さんで、福味さんの店主・遠藤さんと巡り会いまして、必ずや暖簾を潜らせて頂く旨お約束を交わしていたにも関わらず、ようやく今頃になってそのお約束を果たすこととなりました(;ーωーA

実はここ「福味」さんも震災の折には店舗の一部が損壊する大変な被害に遭われまして、多くの常連様方がその復旧・復興を心から祈っておられました。 ご店主様が今正に気力・体力共に充実した年齢だったこともあり、思いの外早期に修復が整い、再び暖簾が掲げられたのは喜ばしい限りです(*´∇`*) 

福味

ランチタイムに参上する事の出来ない無芸、夜の部でも食事が頂けるという確定情報を得まして訪問した次第。 なのですがぁ~ヽ(´Д`;)ノ 公称17時開店との情報にも関わらず、17時を過ぎても一向に暖簾が掛かる気配は無し・・・(@・艸・;) 限られた時間で遅い昼食を摂るボクにとって、当て処もなく延々と暖簾が掛かるのを待ち続けることは出来ず、ここ最近だけでも4回断念したという曰く付き@(´・ェ・`)@ ショボーン

この日は仕事の流れで、お店に到着したのは17時半くらいになっておりまして、初めて暖簾が掛かっていました\(*T▽T*)/ そぉ~~っとドアを開けて暖簾を潜りますと、センサー・チャイムが鳴りまして、大女将さんが出迎えて下さりました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「食事だけでも大丈夫ですか?( ̄▽ ̄i)ゝ」

とお訊ねしてみると、快く引き受けて下さりました。

暫く新聞なんぞに目を通していると、店主・遠藤さんが信じられないような大皿を手にして登場(゚ロ゚屮)屮

「カツカレー (900円)」

福味 カツカレー

なっ、何の冗談ですか?!ノ( ̄0 ̄;)\

これで“並盛”でつρ(・д・*)コレ この大皿直径は30cmほどはありそうでして、お造りの盛りあわせなら、優に6人前は盛り付けられそうなんですけど・・・(@・艸・;)

確かに「お味もイイけど、盛りもイイですよ」と聞き及んではおりましたが、そのボリュームたるや目の当たりに致しますと、ちょいと仰け反るほどの威容であります。

福味 カツカレー

実はごはんが美味しかったのもボクにとっては福音でして、カレールーはマイルドなアタリながらも、飽きる事のない程度のスパイシーさは押さえております。 多分お野菜は煮崩れているのでしょう。 野菜の繊維質がもたらす、ナチュラルなトロみがあります。

塩味は強すぎる事もなく、甘味も前面に押し出されることはありません。 バランスに長けた、レベルの高いカレー・ルーですね♪

福味 カツカレー

揚げ立てのトンカツは、250gくらいはありそうなボリュームです。 個人的に嬉しいのは、美味しい脂身がちゃんと残されているって事(>▽<)b 肉質も上々でして、筋っぽさのカケラも無く、歯切れ良く楽しむことが出来ます。

一緒盛りにされている千切りキャベツには卓上のソースを。 いや、これはお噂に違わぬ、確かな美味しさとボリュームですww 実はそのボリュームの豊かさに、一気に勝負に出ないとハングするかも(@・艸・;)と思いまして、心持ちピッチを上げて頂いたのですが、何とか修行のようにならずに完食出来ました(*^▽^*)

福味

「家族経営のお店ですので、確かな味を提供したい」と仰るご店主がとても頼もしく思えました。 と、程なく夜席を楽しみに暖簾を潜られた常連のお客様が見えましたので、入れ替わりにお店を後にしました。 豊富なメニューを眺めているだけで、フルコンプが楽しみになってきましたww 何年掛かるかなぁ~(>▽<;; でもまた暖簾を潜ります♪




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

最近ご縁が深まりつつある、磐梯熱海温泉郷の「お食事処 武蔵亭」さんです(*´∇`*) ってか、すっかりクセになっちゃったってところです( ̄▽ ̄i)ゝ

武蔵亭

店内におられた先客様方は、どう見ても体育会系の学生さん達。 夏休みに入り、ここ磐梯熱海温泉郷のお宿を利しての夏季合宿を掛けているようです。 いやぁ~、ありがたや、ありがたや(。TωT)ノ

思い起こせば一年前は、震災と原発事故により郷土を離れざるを得なかった皆様方がおられたり、全国から派遣されてきた警察官と電力関連会社の方々が宿営地とされていました。 ほとんど一般の観光客の姿は無く、一種異様な雰囲気だったがウソのようでさえあります。

さて、お楽しみの漆黒ラーメンを頂くべく暖簾を潜りましたところ、又もや店内の黒板に魅力的な文言が♪(//∇//) 本当はあのトロトロに口溶けるチャーシューを載せた「チャーシューメン」のつもりだったのですが、この誘惑に打ち勝つことは出来ず・・・

「ミニ・メンチカツ丼と支那麦セット (800円)」 ※支那麦(630円)に特製ミニ・メンチカツ丼付き

武蔵亭 支那麦

漆黒キタァ~!O(≧▽≦)O

ありゃっ? 本日はチャーシューがダブルだわ?!(>▽<)b 嬉しゅうございますぅ~♪<(_ _*)>

武蔵亭 支那麦

この日のチャーシューはバラロールチャーシューでした。 勿論、お味はシミシミでして、スープの熱を吸い寄せたチャーシーューは、口溶けも上々で文句無しの絶品でした。

武蔵亭 支那麦

スープの表面に浮いているのは、カツオ節やニボシの成分由来のものかも知れません。 香り立ちからして、ソレと分かる香ばしさがあり、スープを口に含めば、カツオ節とニボシの豊かな旨味が、ちょっと甘いニュアンスと共に口中に広がります(*´∇`*)

後から豚ゲンコツからと思われる旨味がジワァ~っと押して来まして、漆黒醤油のマイルドな塩味と風味をグイッとばかりに押し上げます。 ステキだぁ~v(≧∇≦)v

武蔵亭 支那麦

そしてお約束の低加水タイプのストレート中麺が、このスープと絶妙にマッチします。 出来たての元気な歯触りも好きですが、適度にスープを吸い込んでしなやかな舌触りになった頃合いもまた一興。 訪問時間により、魚系の出汁の効き方がちょっと変わりますが、それはブレではなくて、時間と共にあるべき純然たる姿だと思います。

何時もよりもちょっと早めの訪問時間でしたので、そんな違いが楽しめた一杯でした。

武蔵亭 ミニメンチカツ丼

とてもシンプルにお茶碗一膳分ほどのご飯に自家製メンチカツと共に、千切りキャベツが添えられたサイドメニューです。 以前にも報告した通り、「武蔵亭」さんはもともと豚カツ専門店さんでしたので、伝家の宝刀・ヒレカツの美味しさは傑出しています( *´艸`)

ほら、想像してみて下さい♪ トンカツ専門店さんのメンチカツの美味しさをo(*^^*)o

武蔵亭 ミニメンチカツ丼

肉汁ダックダク ィェィ♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪




武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
電話;024-984-5030
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど


大きな地図で見る




Win7 PC

未だに馴染めないWindows 7 Proです (_ _,)ゞ アタマイター でも実務的には、以前のPen4とは隔世のパワーであるのは確かでして、重い画像処理なども難無くこなす実力は、もう後戻りが出来ない事を実感させます。

印刷屋さんへのデータ出稿を間近に控えていたので、今日はモニターのキャリブレーションを行いました(//∇//) モニターの色と印刷結果の色を合わせるのに、プロの現場なら普通に必要不可欠とされる条件なのですが、私達のようなコンシューマーにはあまり必要に迫られることはありません。

ボクは仕事にかこつけて、23inchモニターにキャリブレーターのセットを落手しておいたのですが、落手から半年以上を経て、ようやくのマッチングです( ̄▽ ̄i)ゝ 趣味の写真にも活かせるハズなのですが、ウデがイマイチヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

いつものローテーション先ですが、「郡山大勝軒」の暖簾を潜ります。 いつもながら、ピークタイムを外しての訪問ですので、繁盛店さんとは言え即着席出来るのは嬉しいところです(*^▽^*)

工藤店長によると、何やらこの日の麺は飛び切り出来がイイと言いますから期待は膨らむばかりo(^^o)(o^^)oワクワク

「つけ麺 中盛 (700円)」

郡山大勝軒 つけ麺中盛

本当は並盛でイイと思っていたのに、そんな“オイシソウな話”を先に聞かされちゃったもので、やっぱり中盛(300g)にしちまったヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ

郡山大勝軒 つけ麺中盛

見た目はいつもと変わったところもなく、麺の艶やかさが印象的です♪ ちょいと手繰ってみますと

「??!(〇o〇;)」

おぉ~~? 確かに何時にも増して麺の舌触りがツルッとシルキーではありませんか!O(≧▽≦)O そうかぁ~、この舌触りの良さが冴えていたのねヾ(^▽^* 毎日麺作りをする工藤店長が、日々出来る限りの改善を試みているのは知っていましたが、そんな中でも“奇跡の仕上がり”と思える麺が出来る日ってあるみたいです。

郡山大勝軒 つけ麺中盛

漬けダレはいつもの如くにカツオ節とニボシの魚系風味が甘やかに広がり、底支えをする豚ガラと鶏ガラの出汁が品良くバランスしています。 何やらこの日のバラ肉チャーシューも、いつもよりも一層味がシミシミで印象的な美味しさでしたよ(*^▽^*)

郡山大勝軒 つけ麺中盛

で、前述の“奇跡の仕上がり”の麺を頂く訳でして、これが美味くなかろうハズも無く(*´∇`*) 幸運にもイイところが当たったこの日の一杯でした♪( *´艸`)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

赤い花園

もう見頃は終わってしまいましたが、猪苗代町の「ホテル・リステル猪苗代」のハーブ園内が、真っ赤なポピーの花に埋め尽くされていました。

RED CARPET
[2012/07/08 RED CARPET] <↑ Clickで拡大>

多色を混じらせない、赤一色というところに“男気”を感じさせますね(>▽<)b いやいや、実際に目の当たりにしますと、赤一色ならではの迫力はちょっとしたものです。

ポピーの咲く花園
[2012/07/08 ポピーの咲く花園] <↑ Clickで拡大>

ポピーの花畑の向こうはラベンダーの花畑でして、花の摘み取りを楽しむ家族連れで賑わっておりました(*^▽^*) 磐梯山には雲が掛かってしまっており、景色としてはちょっと残念!(>▽<;;
 

めし酒場 克 (かつ) ~福島県郡山市桜木~

約一ヶ月ぶりに暖簾を潜った「めし酒場 克 (かつ)さんですよ(*^▽^*) 何せ気になるメニューがテンコ盛りにありますもので、もちっとピッチを上げたいのも山々です( ̄▽ ̄i)ゝ

さてこの日は以前から実食のチャンスを窺っていたお品を所望致しましたよ♪

「白湯ラーメン (680円)」

めし酒場 克 白湯ラーメン

乳白色のスープが魅惑の一杯o(@^◇^@)o 先の「ふくしまラーメンショー2012」で頂いた「気むずかし屋」さんの「濃厚鶏白湯」が引き金となって、只今手当たり次第に白湯系をサーベイ中の無芸なのです( ̄∇ ̄*)ゞ

めし酒場 克 白湯ラーメン

ここ「めし酒場 克」さんを初めて訪問した時から、メニューの中に白湯ラーメンがオン・リストしているのが気になっておりました。 何度か暖簾を潜らせて頂きながら、店主・西槇さんの腕の良さと光るセンスを実感しつつ、期待が益々膨らんでいたところです(>▽<)b

めし酒場 克 白湯ラーメン

濃厚系ではなくサッパリとした軽快なタイプとは伺っておりましたが、こうして目前に致しますと確かに“コラーゲンだくだく系”では無さそうです(^◇^;)

さすがに引き出しの多い料理人さんらしく、高温煮出しスープに時として見られるような臭みは看取されません。 ニンニクの香りのトーンがだけが伝わって来ます。

めし酒場 克 白湯ラーメン

濃厚なクリーミーさこそありませんが、滑らかな舌触りと共に、ナチュラルで品の良い優しい旨味がフワッと口中に広がりますO(≧▽≦)O 脂質なども気にならず、塩味も素晴らしく良い落とし所に納まっています。 チャーシューはやや薄切りのモモ肉があしらわれており、これがまたスープのサッパリ感を阻害しない良い選択です。

幅広メンマは筋っぽさもなく柔らかに炊かれており、少し甘味が前に出る味付けが絶妙な組合せとなっています。 小口ネギやカイワレダイコンも、もともと軽快な白湯スープをより一層キレの良い後味にしています。

めし酒場 克 白湯ラーメン

麺はウェーブの掛けられた多加水系細麺。 シルキーな舌触りと、スープの軽快感にマッチした軽やかな歯切れの良さと共に、麺の間にタップリのスープを含ませて口に運んでくれる側面もあります。

前述の通り、臭みを排したスープですので、原料が鶏ガラなのか豚ガラなのか分かりかねておりましたら、実は両者のブレンドだとの事でした( ̄▽ ̄i)ゝ なるほどそういう事だったのねww スッキリ軽快とは言いながらも、量感のある旨味はこんなところから引き出されていたんですね。 全く持ってラーメン専業店さんに一歩も引けをとらない素晴らしい作品でしたヾ(>▽<)ゞ

イメージとしては、“ボクらの花カツミ”に似たニュアンスがあるかと思います。 花カツミのとんこつらーめんに鶏ガラベースの白湯スープをミックスさせたら・・・( *´艸`) といった妄想が過ぎりますww




めし酒場 克 (かつ)
福島県郡山市桜木2-22-5
電話;024-921-4056
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~24:00
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場(5台分)


大きな地図で見る
 

北塩原の渓流

写真撮影を趣味としておられる地元のカメラマン様方なら、写真を見ただけでほぼ場所は想像がつくことと思います。 今年二回目の訪問となる渓流ですが、名物の野草が咲く時期を逃してしまいました(>▽<;;

でも川苔が美しく、また渓流の流れも極めてリズミカルで見所の多い場所ですので、深緑と渓流の楽しめる場所として何らその価値に変わりはありません。

深緑の渓流
[2012/07/08 深緑の渓流] <↑ Clickで拡大>

自分達も立ち入っておきながら歯切れの悪い話ですが、やはりオーバー・ユースになっているように思えます。 流石に渓流の川苔を踏むような方はほとんどおられないとは思いますが、両岸は訪問者によって道が出来てしまっています。 勿論、こんな場所に木道を造るべきとも思いませんが、どこかしら自己嫌悪を感じてなりません。

深緑の渓流
[2012/07/08 深緑の渓流] <↑ Clickで拡大>

結局の処、堂々巡りで結論の出ない悩みです。 きっとここを訪れる多くのカメラマンが同じ思いをしているのではないかと思います。

夏の水流
[2012/07/08 夏の水流] <↑ Clickで拡大>

で、唯一出来そうなことと言えば、やはり力の限り良い写真を撮り、なるべく多くの方の目に触れるようにする事ですかね。 こんな場所があると言う事を意識の片隅にでも置いて頂き、この先に何らかの保護活動や立ち入り規制の論議が立ち上がった時に、同じ郷土に住まう県民として一緒に考えて頂ければと考えます。

川苔の涼感
[2012/07/08 川苔の涼感] <↑ Clickで拡大>

ボクらの郷土は、とても豊かな自然環境に恵まれています。 とても悲しい事が起きてしまいましたが、何時の日か、誰もが是非とも訪れてみるべき場所と言い伝えて頂ける事を願っています。
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

今日の郡山市は時折霧雨も降る曇り空。 何と最高気温は20℃を切っておりまして、朝方は15℃まで下がるという、奇怪な空模様となりました(〇o〇;) 当然ながら、仕事場も軽トラもエアコン要らずの一日。 暑いのが苦手なボクにとっては嬉しいハズなのですが、こりゃあちょっと肌寒すぎですヽ(´Д`;)ノ

そんな状況下だと言うのに、本日のお題は「冷や中」ざんす( ̄▽ ̄i)ゝ えぇ、勿論今日訪問してきたのではありませんヨww あっちぃ~よぉ~ヽ(@ω@;)ノってくらい蒸し暑かった日の訪問レポでございます(>▽<)b

麺屋 信成

お馴染み「麺屋 信成 (しんせい)さんの、もはや夏の名物と言っても良い“郡山一のタワー”を頂きますよ♪o(@^◇^@)o

「豚しゃぶ冷やし麺 (850円)」

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

ドォ~~ンと高さは約150mmほどO(≧▽≦)O (←栄養ドリンク的表示手法ww)

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

皿の縁から見上げれば、嗚呼その頂点は霞んで見えず・・・(((*≧艸≦)

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

ほぼ真横からみてやれば、ご覧の通り麺の上に渦高く盛り付けられた新鮮野菜&冷やし豚シャブのお肉の山です( *´艸`)

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

サニーレタス、茹でモヤシ、キクラゲの細切り、パプリカ、カイワレダイコン等

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

さすがに質量の大きなトマトは底面に控える事となりますが、タップリと掛け回された自家製ゴマだれの色合いにもアクセントさえそえるものです。

麺屋 信成 豚しゃぶ冷し麺

麺は特製平断面の縮れ太麺。 舌の上には滑らかに滑りながら、噛み込んでみますと確かな歯応えと共にプッツンと歯切れる心地良さ。 ゴマだれが良く絡んできまして、店主・海野さんが敢えて拘った専用スペックの意義が伝わって来ます(*^▽^*)

ゴマだれは程良い濃厚さで酸味のレベルが高めです。 甘味に支配されることなく、ゴマだれなのに諄さのないサッパリとしたお味になります。 今回は並盛りで所望したハズですが、思いの外麺量も豊富でして、充分に満腹になれましたヾ(^▽^* いや、下手にサイドメニューに食指を伸ばさなくて正解ってくらいのモリモリ具合でしたよww





麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

昨夜も夜明け近くまで新PCの調整に躍起になっていた無芸です(;ーωーA かなり以前の使い勝手に近づきつつあるのですが、つまらないところでミスをして、消えて貰っては困るファイルをサックリと消去してしまう事度々ですΣ(oДolll)ノノ ボクはどんだけ粗忽者であるかを再認識しておるところですorz

先週末の連休寸前、さすがに仕事に煽られまして、何とか昼食を摂るチャンスを得たのは、18時も回った頃。 手っ取り早く、美味しく満足出来るランチは・・・σ( ̄、 ̄=) あっ、やっぱりココですよね♪ヾ(^▽^*

みたか食堂

って事で、駅から飛んで3分、歩いて10分の「みたか食堂」さんですo(*^^*)o ちょっと遅めの訪問でしたので、単身赴任と覚しきサラリーマンさんや、これから残業に向けて英気を養う一杯を求めに来るサラリーマンさんが、次々とご来訪ですw( ̄▽ ̄;)w 微妙に訪問時間がズレると、また違った賑わい方をするんですねぇ~

ボクはとにかく素早く・そして美味しく食べられて、しっかりとボリュームもある「カレーライス (600円)」を所望致しましたよ( *´艸`)

みたか食堂 カレーライス

キタキタ♪O(≧▽≦)O いつもながら、並盛りとは言え、お皿からこぼれ落ちそうなほどのカレールーが、素晴らしく嗅覚を刺激してくれまして、思わず胃液がドバッ!っと分泌されそうですよヾ(>▽<)ゞ

みたか食堂 カレーライス

惜しげもなく投じられている豚バラ肉と、優しい甘味をタップリとたたえた玉ネギの妙味は、数ある食堂カレーの中でも白眉と言う程の美味しさです(>▽<)b 例によって、Hot,Sweet & Spicyで濃ゆい味わいです。 これって、かなり中毒性がありそうに思えます(^◇^;) ボクは完全にハマりましたww と、書いている矢先に、アノ味を思い浮かべただけで、また食べたくなってしまうから、本当にタチが悪い( ̄▽ ̄i)ゝ

みたか食堂 みそ汁

この日はいつものワカメタップリのスープではなく、お初のお味噌汁でした(⌒▽⌒;) これがまた、きっちり美味しくて驚きました。 いやぁ~、この分だと、まだまだ知らない秘匿兵器が登場して来そうな予感が・・・WW




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

初夏の細野

「雄国沼湿原」での撮影を終えて、喜多方で遅めの朝ラ~を摂った後は、真っ直ぐに帰途に就くのもつまらないと言うことで、北塩原ルートを採ることに致しました(^^)

初夏の細野
[2012/07/08 初夏の細野] <↑ Clickで拡大>

お馴染み、檜原湖畔・細野に寄りました。 まだスカッとした青空は出てくれませんが、前回の訪問時よりも、檜原湖の水位は確実に下がっていました。 多分1m近く下がったのでは無いかと思います。

初夏の細野
[2012/07/08 初夏の細野] <↑ Clickで拡大>

まあ、それでもまだ水位は高めな位です(^^;) カメラマンには良く知られる小島も、まだ一部は水の中です。

初夏の細野
[2012/07/08 初夏の細野] <↑ Clickで拡大>

木々の緑が鮮やかさを増して来ると共に、夏の様相も日増しに見受けられるようになって来ます。 今年はどれだけの観光客が足を運んでくれるでしょうか? 一番期待と不安を噛み締めているのは、この地でお客様を待ちわびている方々でしょうね。




昨年末に調達したOSにWindows 7 Proをインストした新しいPCを、ようやく前線に投入致しました。 性能的な進化は言うまでもないのですが、ここ半年以上もなぜ前線に投入出来なかったかと言えば、永らく使い慣れたWindows XP Proとの操作の違いです。 強固なセキュリティーで固められているのは時代の要求なのですが、如何せんこのOSはカタブツ過ぎます(‐ω‐;;)

とは言え、資金を寝かしたままにしておくような事も出来ませんし、デジイチのRAWデータの現像は、この新しいPCで無ければ進めることさえ出来ません。 意を決して今週から前線に投入したのですが、Windows XP Proのハードディスクがマウントできないという体たらく(o ><)oもぉぉぉ~っ!!

結局、とんでもなく面倒くさい手段でデータの移行を行うハメとなっております。 まあ半年も運用すれば、きっと「そんな事、ありましたっけ(〃▽〃;)ゞ」なんてケロッとしている可能性大でありますが・・・

って事で、色々と難儀な状況下、拙筆のBlogも少々滞りが発生するかも知れません。 ネタは十分に仕込んであるのですが、PCのココロを把握するのに苦慮する毎日です(o´Д`)=з 

ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

暑い日が続いておりますヾ(;´▽`A`` 湿度の高さで結構ヤラれている無芸ですが、一向に痩せ細る気配はありません。 この分なら今週末から来週初めには梅雨明けするかも知れないなぁ~と思ったら、関東甲信越地方まで梅雨明けしちゃったんですね( ̄ω ̄;)

ボルドー

さて、以前に先行試作の冷やしら~麺を頂いていたのですが、いよいよカタチも定まり正式リリースされているとのことで、チャンスを見つけて訪問致しました(^^)

で、非常に欲深きことに、実はら~麺とミニ丼&ミニ・デザート付きのセットがございまして、これも頂いてみたかったのです( ̄▽ ̄;)ゞ そこで本則は暖かいら~麺とのセットなのですが、店主・青山さんに冷やしら~麺でのご対応をお伺いしてみますと、快く引き受けて下さりました♪(嬉) いや、お尋ねしてみるものですね(*^-°)v

「冷や冷やしじみ麺のら~麺セット (950円)」 ※「冷や冷やしじみ麺 (700円)」

ボルドー 冷や冷やしじみ麺のら~麺セット

わぁ~~~♪O(≧▽≦)O すごい彩りですぅ~(〃▽〃)

ボルドー 冷や冷やしじみ麺

この盛りつけのセンスは、ちょっと他に類を見ないですね(≡^∇^≡) これで700円のお足というのは、にわかには信じ難いってものです(>▽<;;

ボルドー 冷や冷やしじみ麺

焼き茄子やパプリカ、枝豆ってのはまさに目新しいところ。 チャーシューは脂質が残されているものですが、巧妙な厚みと切り幅もあってか、脂質の固化はさほど気になりませんでした。 もしもう一手間掛ける余力があるのなら、鶏肉の酒蒸しとかを合わさられたら、フィット感が増すでしょうね(^^)

ボルドー 冷や冷やしじみ麺

メンマやサニーレタス、カイワレダイコンにプチ・トマトなど、色彩の美しさとともに、多様な味が揃えられています。

ボルドー 冷や冷やしじみ麺

半熟味玉もキッチリと一個分ですよ。 とてもこれでデフォ載せとは思えないくらいですね(*^_^*) 肝心のスープは、鰹節とニボシがベースとされており、シジミのエキス分が加えられています。

以前に頂いた先行試作品では、ニボシの独特な香りを抑えよう、様々な工夫を凝らしておられましたが、少し味の仕立てから引き算をしてみたようです。 するとシジミのフレーヴァーがより一層鮮明になったようです。

ボルドー 冷や冷やしじみ麺

軽くウェーブの掛けられた多加水系中細麺は、キリッと冷水締めされていて、心地佳い歯応えと歯切れのリズムを楽しませてくれます♪ スープの持ち上げも上々でして、シジミ風味の冷製塩味スープが見事にハマっています。

塩味も良い塩梅に落ち着いていまして、多彩な具材の風味や味をマスキングする事なく、美味しく楽しめるバランスの良さがあります。 いやぁ~、美味しいねぇ~ 決してインパクト系ではありませんが、ジワァ~~ッと口中に広がる上品な旨味は、そう簡単に創り出せるものでは無いでしょうO(≧▽≦)O

店主・青山さんは、未だに納得はしていなさそうですが、味の落とし処に食べ手の全てが満点を献上してくれるような総花は、まず得難いことでしょうヽ( ̄▽ ̄||) それでも現状に満足せず、更なる高みを目指す気持ちは、料理人として賞賛されるべきだと思います(^-^)

ボルドー 冷や冷やしじみ麺のら~麺セット

さて、今回初めて所望させて頂いた「ら~麺セット」ですが、日替わりのミニ丼とミニ・デザートが組まれています。 この日のミニ丼は、豚三枚肉を生姜醤油風味で煮付けたものでした。 一緒に合わされていたのは食感の異なるエリンギで、小口ネギもあしらわれていました。

ミニ丼の器はココットくらいですので、女性でも決して無理なく楽しめちゃうハズです。 美味しいら~麺のスープを、より一層楽しむための脇役としても良いでしょう(*^_^*)

ボルドー 冷や冷やしじみ麺のら~麺セット

ミニデザートは、エスプレッソ用の小さな器ながらも、これまた完全に手作りが通されています。 この日はプリンにブルーベリーソースとクリームが添えられていました。 フレッシュミントまで抜かりなく配されているあたりも、洋食屋さんの心意気でしょう(o^∇^o)




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
      ※日曜日は昼の部のみの営業で14:00まで
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る
 

ますや本店 台新店 ~福島県郡山市台新~

少し訪問ローテーションに間が空いてしまいましたが、お馴染みの伝統暖簾「ますや本店 台新店」さんを訪問しました。

中華そば ますや本店 台新店

いつもの「伝」を頂くつもりで、あれやらこれやらと“お好みチューン”を聞いて頂きまして、カウンター席で落ち着きます。 何気に店内を見渡してみると、目新しいPOPが張り出されていますよ(@・艸・;)

中華そば ますや本店 台新店


え゛ぇ゛~~~っ?!ノ( ̄0 ̄;)\ つけ麺なんてあったんですかぁ~!Σ( ̄□ ̄∥)

って事で、急遽予定を変更! モチのロンで、つけ麺を所望させて頂く事にしましたよっと♪ヾ(^▽^*

冷たい麺料理はおろか、餃子さえも出さないのが「ますや本店」さんだと思い込んでいましたので、「つけ麺」があったとは予想外でしたよ(^◇^;) 夏季のおよそ2ヶ月間だけ、一日限定20食で提供し始めて3年目らしいです。 益々期待が膨らむ♪o(*^^*)o

「極つけ麺 (880円)」

ますや本店 極つけ麺

具材が別皿盛りってあたりも、何気に演出が凝っています。 漬けダレの小丼の表面が、妙に艶やかですねぇ~ また、割りスープもこの時点で供されて参りますので、食べ手のペースで漬けダレの濃度調整が行えます。

ますや本店 極つけ麺

と、思ったら、やっぱり油膜がしっかりと張られていました(*^▽^*) 凝縮されたニボしの香りがフワッと立ち登って来ますよ。 このニボシの旨味を引き出すにあたり、水炊きでは無く、油の中で熱しながらジワジワと抽出したそうです。 言わばニボ油ですね。 お陰で青魚特有の臭みはほとんど看取致しませんし、エグ味もほとんどありません。

ますや本店 極つけ麺

麺は平断面の中太縮れ麺。 しっかりと茹で上げられてから洗い締めされています。 ツルツルと滑らかな舌触りが楽しめるタイプです(^^) 並盛りでオーダーしておりますが、麺量は意外と豊富に思えました。 多分180g~200gくらいはあったのではないかと思います。

ますや本店 極つけ麺

チャーシューはロース肉が本則らしいのですが、この日は既に使い尽くしてしまったため、モモ肉&バラ肉にて代用されています。 白髪ネギがたっぷりと添えられているのですが、実はこれが別皿添えの大きな意義を主張することとなります。

ますや本店 極つけ麺

漬けダレの表層の油分は香味油的な役割と共に、少し甘いニュアンスの味を舌に伝えて来ます。 こりゃあ確かにニボニボだぁ~ww この表層の油分を突き抜けまして、下層の漬けダレ本体に当たりますと、意外にもギュッと濃い味が持ち上がってきますw( ̄▽ ̄;)w

全体にニボ風味の底力に抑えられて、ベース・スープがどうのこうのって分かり難くなっています(>▽<;; 塩味のインパクトも効いていますので、そのパワーに押し倒された感じですわヽ(@ω@;)ノ ちょっと食べ手が劣勢になりかけた時、先述の白髪ネギについてレクチャーされていたのを思い出します。

麺と共に白髪ネギを手繰って漬けダレにイン! さすれば驚いたことに、先ほどまで何発ものカウンター・パンチを受けていたのがウソのように、全体が調和し始めるではありませんか(⌒▽⌒;) この白髪ネギまで計算されていたのか?! うぅ~~ん、やっぱり一筋縄ではいかない店主だわww

麺を完食してから気付いたのですが、最初から割りスープで濃度調整をすれば印象が変わっていたかも( ̄▽ ̄i)ゝ って訳で、無理しないで濃度調節をしながら召し上がられることをお薦めしておきますww





ますや本店 台新店
福島県郡山市台新1丁目176-4
電話;なし
営業時間;11:30~19:00 ※スープ無くなり次第終了
 ※土・日・祝の11:30~15:00は店内全面禁煙
定休日;不定休


大きな地図で見る
 

まねき猫食堂 ~福島県郡山市大槻町~

前回の訪問から、あまり間を空けずの訪問を致しましたのは、今やグルメストリート化しているコスモス通りのロードサイドから、西にに入って住宅地の真っ直中にある「まねき猫食堂」さんです(^^)

まねき猫食堂

夜の部の営業が17時からとされているものの、若干遅れて暖簾が掛かるのが通例のようです。 ここで短気を起こさないで、駐車場でジッと待つだけの価値のあるお店です(笑)

まねき猫食堂

前回の好印象を引き継ぎ、今回はチャーシューメンなんぞを所望しようかと思っていたのですが、又もや“夏限定”のPOPに負けました( ̄▽ ̄i)ゝ

「冷し中華そば (750円)」 ※醤油味

まねき猫食堂 冷し中華そば

霜がつくほどキンキンに冷やされたガラス皿に盛られて登場です♪ しかも、冷や中スープはセパレート化されておりまして、女将さんからのお薦めでは、お皿に掛け回しは勿論、麺を浸して食べる、つけ麺スタイルもお薦めだと言います(⌒▽⌒;)

まねき猫食堂 冷し中華そば

ご店主様は洋食畑のご出身であることは、結構知られていますけど、このリッチで彩り豊かな載せモノの数々を、見事なまでに美しく盛り付けられていますw( ̄▽ ̄;)w 勿論しっかり盛りきりで、麺が全く見えない系ww

まねき猫食堂 冷し中華そば

全方位スキのない盛り付けに、Google 3Dの表示でも出来ればと思うほどですヾ(>▽<)ゞ ラディシュまで加わっていたのは驚きでしたが、ご覧の通りマヨ標準です。

まねき猫食堂 冷し中華そば

中華クラゲにパプリカ、そしてワカメが加わって来ます。 ワカメは門外漢かとも思ったのですが、美味しすぎる冷や中スープにピッタリと合っておりまして、異を唱える気にはなれなくなりました( ̄▽ ̄i)ゝ

まねき猫食堂 冷し中華そば

ハム、キュウリ、錦糸卵が見事に同一幅に切り揃えられています。 多彩な載せモノに煩雑さを感じさせないのも、ここに一つの工夫が感じられます。

まねき猫食堂 冷し中華そば

冷や中スープは前述の通り、極めて美味しいものです♪ 甘味・酸味・旨味・濃度、香りと極めて高次元にバランスが取れていまして、市販品のソレとは隔世の出来映えです(*^▽^*) つけ麺スタイルは試しませんでしたが、大いにアリかも知れません♪ チャレンジャーのレポ上げに期待しております(*^_^*)

まねき猫食堂 冷し中華そば

低加水タイプのストレート中麺は、氷水でガチに洗い締めされておりまして、舌の上に乗った瞬間に「わっ?!(〇o〇;)」と驚くほどのインパクトです。 面白いほどのポキポキッとした歯触りがありますが、決して消化不良を予見させるような心配も抱かせません。 こりゃあ楽しい食感ですね。

豊富で彩り豊かなトッピングと、冷や中をキッチリと冷やしきっているダイナミックな冷涼感。 麺の食感と印象的なほどに美味しい冷や中スープと、全く持って素晴らしい味わいでしたO(≧▽≦)O 尚、気になるところでは、“塩味”“ごま味”も選択出来るようです。 これまた期待して良いのでは無いかと再訪を誓うのでありました。




まねき猫食堂
福島県郡山市大槻町中谷地4-6
電話;024-966-2111
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
    ※スープがなくなり次第終了
定休日;木曜日
駐車場;店舗前に2台分、指定駐車場に6台分


大きな地図で見る
 

雄国沼湿原 その2

ようやく雨が上がり、時折雲間から光が差し込むようになりまして、木道サーキットの二周目に足を踏み出しました。 徐々にカメラマンよりもハイカーの姿の方が多くなって来ました。

ハイキング
[2012/07/08 ハイキング] <↑ Clickで拡大>

シャトルバスが到着する度に、まとまった人数が増えるのは実感出来ますが、登山道ルートからアプローチしてくる本格派も少なくありません。 やはり装備や服装の違いで一目瞭然です(^^)

夢幻
[2012/07/08 夢幻] <↑ Clickで拡大>

湿原にガスが流れ込むと、一味違った風景が楽しめますが、如何せん猫魔岳や雄国山は、厚い雲の中に隠されたままです。 喜多方の平地で暖められた空気で、ガスは雄国山の山肌を駆け上るように押し上げられてくるようです。 そして金沢峠のピークから一気に雄国沼湿原に駆け下って来るんですね。 自然の摂理をまざまざと見せつけられました(@・艸・;)

雄国沼湿原の夏
[2012/07/08 雄国沼湿原の夏] <↑ Clickで拡大>

ボクらが雄国沼湿原に止まっていた約2時間の間に、ほんの一度だけ雲間から青空が顔を覗かせました。 あぁ~~、やっぱり晴天の下でも撮りたかったね(>▽<;;

雨上がりの木道
[2012/07/08 雨上がりの木道] <↑ Clickで拡大>

手にした傘はステッキ代わり(^^) 雄国沼の対岸にもニッコウキスゲの群生は広がっています。 聞くところによると、人が立ち入らない対岸側では、ツキノワグマの姿を見ることもあるそうです。 登山道ルートでやって来る方々の多くは、熊除けの鈴を携行しています。

湿原の住人
[2012/07/08 湿原の住人] <↑ Clickで拡大>

湿原の中で見つけた野鳥。 帰宅後に調べてみますとホオアカと呼ばれる鳥で、湿原を代表する鳥だそうです。 この草の茂みなどに巣作りをするそうですよ。 また盛大に謳っていたのはカエルたちww カッコーの声もクリアに聞こえますが、なかなか姿を捉える事は出来ないんですよね(^◇^;)

美くしの高原
[2012/07/08 美くしの高原] <↑ Clickで拡大>

立ち止まって何やら話し込んでいる様子のシニアご夫妻。 ご夫婦揃ってお出でになっている方が多いですね(^^) 中にはお弁当を持参されて、景色を楽しみながら朝食を摂られている方もいました。

乳白のヴェール
[2012/07/08 乳白のヴェール] <↑ Clickで拡大>

時折、金沢峠から駆け下ってきたガスが湿原を覆い尽くします。 その早さったら驚くほどです(⌒▽⌒;) ほぼ同時に到着していたカメラマンの中には、既に3周している人も居ましたが、ボチボチハイカーさんの姿が増えて来ましたので、私達はこの辺で撤収する事にしました。

カーテン・コール
[2012/07/08 カーテン・コール] <↑ Clickで拡大>

さて、再び477段の階段を金沢峠の展望デッキを目指して登る訳です。 案の定、撮影機材を携行しての階段登りは、結構堪えます(>▽<;; 息が切れるとか、足の運びが鈍くなるというほどではありませんが、躰に鞭打って急ぐ理由もありません。 いい加減階段登りにも飽きてきたところで、先行する旧友C君に声を掛けます。

「ちっと休むべヽ( ̄▽ ̄i)」

すると数段上のところから振り向き、

「あと100段くらいだよヾ(^▽^*」

(あぁ~~!くそぉ~~! 休めねぇ~べぇ~!(>▽<;;)

と思いつつも、「うっ、うん! ガンバル!( ̄▽ ̄i)ゝ」としか言えないボクww

結局一気登りをしてしまいましたが、やはり2日後までふくらはぎに筋肉痛が残ったんだわ(;ーωーA ちなみに、旧友C君の読みはほぼ当たっていて、件の場所から丁度108段で登り切りだったそうです。(←数えたらしいww) しかも108段ってところがミラクルだわ(爆)

金沢峠に待機している会津交通のスタッフさんに、バス内に置き忘れられた傘は無かったか尋ねてみると・・・

「あっ?傘ですか?σ( ̄、 ̄=)ンート・・・ あっ、それってもしかし、展望デッキにあったヤツですかね?ヾ(^▽^*」

「あ゛ぁ゛~~~! そっ、そうですぅ~(〃▽〃;) きっとそうだったんですぅ~」

「いやぁ~、置き忘れかなぁ~と思って、そのままに・・・( ̄ω ̄;)」

「ハッ、ハイ! ありがとうございましたぁ~!」
ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

と、確かに展望デッキの手摺りに掛けられているのは、見覚えのある傘(;^◇^;)ゝ そぉ~~っと取りに行ったら、デッキ周辺にタムロってたハイカーさん達に見つかって、

「あぁ~~♪ あなたのだったのねぇ~ヾ(^▽^*」とか・・・

お願いです、放っておいて下さい(>▽<;; 超~ハズかしいんですが(*v.v)。 と、その流れは、シャトルバスの中にも引き継がれる事となったのであるorz 恐ろしきかな・・・

雄国沼シャトルの交差

さて、シャトルバスはいつの間にかその台数を増やしておりました。 下りのバスは2台になっておりまして、定刻に発車致しますと、途中で登りのバスと交差します。 待避所で待ち合わせをしてすれ違う事となります。 安全第一で速度を殺した運行ですので、下りも片道25分を要しまして、「県営雄国萩平駐車場」へと帰着致しました。

雄国萩平駐車場のシャトルバス乗り合い待ち

天候が回復してきたと言う事に加えて、ハイカーさん達の来訪時間になったと言うべきか、シャトルバスへの乗車順番待ちは長蛇の列となっていましたヽ(@ω@;)ノ バス1台で40人が乗車するとして、私達の折り返し運行は4台でしたので、都合160人が一気に金沢峠を目指す事となります。

ニッコウキスゲが見頃のピークを迎えた日曜日ですからね。 これくらいの動員は当たり前なのでしょう(`・ω´・ ;)

県営雄国萩平駐車場の賑わい

駐車場もかなりの賑わいでしたが、まだこの時点では若干の余裕も見られました。 待合所の前には、地元の雄国蕎麦を楽しめるテントや、地元の産品を販売するテントが出ていました。 本当は蕎麦の一杯くらい手繰りたかったのですが、お連れ様方は既に朝ラ~・モードのスイッチが入っていましたので、自重しておきました(;・・)ゞ

その後、喜多方市で朝ラ~を頂き、北塩原へと向かいましたが、雄国沼湿原への登山道入口となる雄子沢登山口の駐車場は、公称値30台ですが、完全にオバーフローしておりまして、道路脇の路肩に路上デポする車が列を成していました。 ざっと見渡してトータルで100台以上はデポしていたと思われます(^◇^;)
 

かすが食堂 ~福島県郡山市大槻町~

そろそろ禁断症状が発症しかけていたところです(((*≧艸≦) 団地の片隅で永らく愛され続けている大衆食堂「かすが食堂」さんの暖簾を潜りましたよ。

かすが食堂

例によってご主人様は小上がり席で大の字仮眠の休憩中(@・艸・;) まっ、見慣れた光景ですけど、初めて暖簾を潜った方には、驚きの一言に尽きるでしょうねww 女将さんが一人で接客・調理対応をする時間帯なのだと思えば、全ては納得でしょヾ(^▽^* 個人経営の大衆食堂は、客室とプライベート・スペースが同衾している訳で、これまた昭和のテイストそのものです。

さて、この日のお目当ては、例の“黒いヤツ”にあらず(ノ≧∇≦)ノ お初のオーダーとなります。

「カツ丼 (800円)」

かすが食堂 カツ丼

おぉ~~~!w( ̄▽ ̄;)w 使い捨て容器だけど、たくあん・オン・ザ・蓋ぁ~~~!

かすが食堂 カツ丼

お漬け物やたくあんを蓋載せにするのは、やはり出前重視の大衆食堂の定理なのでしょうか? とっても気になりますねぇ~♪

かすが食堂 カツ丼

蓋を開ければ桃源郷♪(〃▽〃) 昭和男児なら誰しも心を鷲掴みにされる、丼Worldの帝王ここに在りだO(≧▽≦)O

かすが食堂 カツ丼

色濃く煮込まれた玉ネギと煮固められた溶き卵が、揚立て豚カツをまるで鳥の巣のように包み込んでいます。 立ち登る香りは、期待に違わぬ甘さを予見させる香りとお醤油の豊かな香りの混じったもの。 濃ゆい味わいを連想させるに充分なものです♪

かすが食堂 カツ丼

豚カツの肉厚はおよそ7mmと、大衆食堂の一般標準にあたるかと思います。 心なしかうっすらとコゲ臭も漂いますが気にしない気にしないww キリッとした醤油テイストがシャープに効いておりまして、甘味もありながらちょっと裏方へ納まっています。

“ツユダク”ってほどでは無い程度に染み入った煮汁は、ごはんを美味しく食べさせるブースターですね(*^▽^*) ボリュームは過不足のない程度に収まっていますので、標準的な成人でしたら丁度良い腹具合になるかと思います。 伝統の味を存分に楽しませてくれる一杯でした(*^▽^*)

これで例の漆黒系ラーメンとコラボさせたら、さぞかし満足度も頂点を極めるのではないかと思われo(*^^*)o




かすが食堂
福島県郡山市大槻町中ノ平南302-2
電話;024-951-5762
営業時間;11:00~19:30
定休日;木曜


大きな地図で見る
 

雄国沼湿原 その1

477段の階段を降りて、ようやく雄国沼湿原に降り立ちましたヾ(>▽<)ゞ 階段は木組み整備されてはいるものの、段間が成人男性には少しばかり中途半端でして、一段ずつ踏みしめるにはピッチが短く、二段ずつ踏むにはピッチが長いという、何とももどかしさを禁じ得ないものです。

しかし、これだけ整備が整っているルートに恵まれるのは希有な事です。 文句を行ったらバチが当たるってものですよね( ̄▽ ̄i)ゝ 前日からの雨がほんの少し前まで降っていたはずなのに、水溜まりの一つも無ければ、ガレ場の一つさえありませんでした。 勿論油断は禁物ですが、一応長靴は携行してきたものの、車内に置いたままの出番無しで、防水性のあるトレッキングシューズで全く問題なしでした(*'ー'*)

雄国沼湿原の遊歩道

「雄国沼湿地」の木道は、一方通行を原則としています。 時計の逆回りが指定されています。

雄国沼湿原遊歩道の案内表示

この案内板によると、木道の一周は大外回りで800mとされています。

雄国沼の水面
[2012/07/08 雄国沼の水面] <↑ Clickで拡大>

まだ風が吹き寄せていなかった内に、湖畔の景色を先撮りします。 が・・・ 頭上には厚い雲に覆われ、コントラストは望むべくも無し。 アッと言う間にガスが昇って来まして、周辺を覆い尽くすのでした<(|||´Д`|||)>

遊歩道は一方通行

ご覧の通りの幅しかない木道ですので、みんながルールを守れば、互いが幸せになれます(*'ー'*) ってか、ここでいきなり雨が降り出しまして、傘をささねばならない訳で・・・

「えぇ~~っと、傘、傘 ??? 傘ぁ~~~~?!Σ( ̄□ ̄∥)」

確かに持ってきたハズの傘が手の内に無い?!! って、私はどこで傘を手放してしまったのでしょう(〇o〇;)

旧友C君とサッチンさんも、これには一瞬笑顔が強ばったわww いや、確かに傘は持ってバスに乗った。 で、記憶を遡ると、金沢峠の展望デッキから477段の階段を下っている時には、我が手の内に傘は無かった気が・・・

って事は、バスの中に傘を置き忘れ?w( ̄▽ ̄;)w ハハハ、流石に傘だけのために、477段の階段を余分に一往復歩くキブンにはなれないわい(´Д`;) 雨合羽と帽子は携行していたので最低限の凌ぎは出来ますが、デジイチ本体こそ防塵防滴仕様ですが、レンズはヤバいし・・・ と、ちょいと困っていたところに、旧友C君がイイモノを見つけてくれました。

「おい無芸、ここに魅力的なシロモノが落ちていないか?( *´艸`)」

木道の下を指している訳でして、ちょいと目線を向けてみたら、ホントお誂え向きなシロモノが(((*≧艸≦)

何とビニール傘が1本、木道の下に落ちていました。 いやぁ~~、自然環境の中にそんなシロモノを置き去りにしちゃイケませんヨ♪ヾ(^▽^* しっかり回収して、来た時よりもキレイにしましょv( ̄∇ ̄) って事で、旧友C君のビニール傘を略奪して、U字型の柄の部分を差し出して、巧いこと回収に成功!(*^-゚)vィェィ♪ あぁ~~地獄にホトケだぁ~~ヽ(*´∀`)ノ 助かっちゃった♪

霧中の散策
[2012/07/08 霧中の散策] <↑ Clickで拡大>

まあ、ご覧の通りのガスとも雨雲の中ともつかない中を歩く訳ですヽ( ̄▽ ̄i) 気軽にハイキングって感じでお出でになったら、ちょっと気が滅入っちゃうかも知れませんが、ボクらのような写真愛好家にとっては、又とないチャンスに思える訳です(*^▽^*)

木道
[2012/07/08 木道] <↑ Clickで拡大>

小雨とも霧雨ともつかない中でしたが、ガスは掛かったかと思うと薄くなり、再び濃霧に閉ざされるっていう繰り返しです。

ニッコウキスゲの咲き乱れる雄国沼湿原
[2012/07/08 ニツコウキスゲの咲き乱れる雄国沼湿原] <↑ Clickで拡大>

ニッコウキスゲはまさに最高の咲き具合でした。 こんなに見事に群生している場所は滅多に無いそうで、名勝・尾瀬湿原でさえ敵わないとの事です。

ニッコウキスゲ
[2012/07/08 ニッコウキスゲ] <↑ Clickで拡大>

木道はほとんどのニッコウキスゲの花の位置よりも高めですので、花をマクロレンズで撮るのは難儀です(^◇^;) しかも手荷物を減らしたくて三脚も携行しなかったもので尚のこと。 レンズの手ブレ補正機能を利して、何謝かした中からアタリを漉し取るしかありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ それでも雨粒を纏ったニッコウキスゲは、やはり美しいものですね。

湿原の向こう
[2012/07/08 湿原の向こう] <↑ Clickで拡大>

初めて尽くしの雄国沼湿原の木道も、ようやく一周回りきる頃には、雨は上がり始め、厚い雲の向こう側に太陽の薄日が判別出来るようになって来ました。

足を止めて
[2012/07/08 足を止めて] <↑ Clickで拡大>

登山道ルートでやって来るハイカーさんの姿も徐々に増えてきて、そこここで思い思いの写真を撮る姿がありました。 さて、二巡目はどんな景色が切り取れるかな♪

って事で(つづく)ヾ(^▽^* 

麺飯酒家 山茶花 (さざんか) ~福島県郡山市中田町~

随分前から訪問機会を伺っていたのですが、如何せん普段の立ち回り先から外れていたばかりに、なかなか願いが叶わなかったお店・麺飯酒家 山茶花」さんをようやく初訪問致しましたo(*^^*)o

麺飯酒家 山茶花

お昼時はお得なランチメニューも用意されているようです。 近場には大規模ニュータウンが控えていることもあってか、お総菜やお弁当のテイクアウトにも力を入れているようです。 客席はテイクアウト客と分け隔てられており、全席座敷席となっております。

お初の訪問とは言え、最初からターゲットは定めておりましたよ。 お店の看板メニューとしても知られているそれと、ようやくご対面です( *´艸`)

「五目あんかけ焼きそば 大盛 (820円+100円)」

山茶花 五目あんかけ焼きそば 大盛

あれぇ~~~?! 思ったよりもモリモリだぁ~! Σ(|||▽||| )

お店のそこここに掲示してある「五目あんかけ焼きそば」の写真から推して、“充実の満足度”を得るべく“大盛CALL”を掛けたのですが、ちょっと墓穴を掘ったかと背中にタラッと冷や汗も・・・<(゚ロ゚;)>

山茶花 五目あんかけ焼きそば 大盛

美しく切り揃えられた豊富な具材の数々は、彩りも上々ですよ♪ 丁寧に油通しが施されていたり、飾り切りも手抜き無し。 

山茶花 五目あんかけ焼きそば 大盛

しかも味付けが見事なまでに品良くまとめられています。 一口含むと半味足りない感じなのですが、二口、三口と箸を進めますと、そんな印象はアッと言う間に消し飛んでしまいます。 違和感を感じるような押しの強い旨味は無く、ひたすらナチュラルな旨味なのですが、味サバケの良さもあって、“イイもの食べてる感”を実感出来ますよ( *´艸`)

山茶花 五目あんかけ焼きそば 大盛

麺の焼き付けも過分にはなっておらず、香ばしさなどを楽しむタイプでは無さそうですが、油切れの良さもさることながら、麺自体が餡を絡めてもサラッとサバケてとっても食べ易いです。 こういった手練れの技を見せられると、ご繁昌もごもっともと納得せざるを得ませんねヽ( ̄▽ ̄i)

また、フロアー・サービスは若い男性店員さんが行っていましたが、どこかしらまだ板についていない感がありながらも、いかにも実直そうな青年で好感を持てます(*'ー'*) 頃合いを見計らって供されるウーロン茶も高得点。 帰りしなにキッチンに立つご店主様の姿を認めましたが、訪問客の一人一人に心のこもった謝意を伝えてくる、これまた好感度の高いものでした。

確かな技術とセンスに裏付けられた隙のない美味しさと、心のこもったサービスは居心地の良さと相まって、大切な人をお連れしたいと思えるものでした。 間違いなく“名店の条件”を手にしておられると思います(*^▽^*)




麺飯酒家 山茶花 (さざんか)
福島県郡山市中田町赤沼字下永田94-154
電話;024-941-2641
営業時間;【平日・昼の部】11:30~14:00 【平日・夜の部】17:30~20:00
       【土日祝・昼の部】11:30~14:30 【土日祝・夜の部】17:30~20:30
定休日;火曜日
駐車場;敷地内に13台分


大きな地図で見る
 

雄国沼湿原への道

今週の日曜日に出掛けてきた、写真撮影行脚の作をようやく起こしました( ̄▽ ̄i)ゝ もたもたしていたら旬を逃してしまい、そのままお蔵入りになっちゃいますもんね(^◇^;)

雄国湿原にニッコウキスゲが咲き誇る今の時期、オーバーユース対策の為に、金沢峠へと通じる林道は一般通行が規制されます。 よって、雄国湿原へ向かう訪問者は、シャトルバスか登山道を徒歩で向かうしかありません。 ボクらは当然シャトルバスで楽をさせて貰う訳でして、始発の6:00狙いで4:00に郡山を出立致しました。

出発時には小雨模様だったのですが、R49で猪苗代町に到達する頃には何とか止んでくれました。 どうやら会津地方の方から徐々に天候は回復しつつあるようです。 雄国山麓まで進んだところで、早生の蕎麦の花が咲く畑を見つけ、時間調整を兼ねての撮影です(^^)

雄国山麓の蕎麦畑
[2012/07/08 雄国山麓の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

早生品種の花はややピークを越えつつありましたが、まだ何とか見れる状態でした。 眼下の塩川町は、水田の緑が美しく広がり、切れ始まった雨雲が山なみに表情を与えていました。

雨雲の切れた塩川町
[2012/07/08 雨雲の切れた塩川町] <↑ Clickで拡大>

時計は5:30。 通りかかった1BOX車から、雄国沼へと向かうシャトルバスの起点「県営雄国萩平駐車場」の場所を尋ねられました。 さて、ボク達もそろそろ向かうとしますかねo(*^^*)o

いくつかの集落を越えて、案内看板に従っていけば辿り着けます(^^) 約300台収容出来る「県営雄国萩平駐車場」に到着してみると、場内にデポされている車は20台ほどでした。 やはり朝方の雨が効いているのでしょうね。 出足は決して良いとは言えないようですが、ボクらにとっては好都合ですww

シャトルバス利用者向けに無料開放されている駐車場内にはロッジ風の待合所があり、ここでシャトルバスを運営する会津交通の係員さんに乗車料金(大人・往復1,000円 ※2012年現在)を支払いチケットを購入します。 待合所の中にはトイレが備わっています。 雄国湿原にもトイレはあるにはありますが、場所柄ちょっとアレだったりしますし、設置されている場所は2箇所しかありませんので、しっかりと用は足しておくことをお薦めしますヽ( ̄▽ ̄i)

さて、6:00定刻で一番シャトルが出発します。 乗車率は50%程度でしたかね? 精々20人ってところです。 バスは
全舗装はされているものの、急勾配で1車線幅しか無く、しかも曲率の厳しい林道を約25分掛けて登ります。 徐々に高度を上げていきますと、やはり雨雲ともガスともつかぬ霧が谷に溜まっている感じです(`・ω´・ ;)

雄国沼シャトルバス

金沢峠に到着しますと、こちらにも会津バスの係員さんが数名待機しています。 前述の通り1車線幅しかない林道ですので、上りと下りのバスが安全にすれ違えるように交差ポイントを決めて無線連絡を取り合っているようです。

早速、金沢峠の展望デッキから「雄国湿原」の全体像を望みます。

金沢峠から見下ろす雄国湿原の全景
[2012/07/08 金沢峠から見下ろす雄国湿原の全景] <↑ Clickで拡大>

雄国山や猫魔岳は、厚い雲に阻まれて見渡す事は出来ませんでした(T△T) 以前に一度だけ足を運んだ事のある場所でしたが、当時は超広角レンズは高根の華でしたので、このように湿原全体を捉える写真は望むべくもありませんでしたが、ようやく晴れて撮影のチャンスと楽しみにしていただけにちょっと残念でした。

金沢峠から見下ろす雄国沼
[2012/07/08 金沢峠から見下ろす雄国沼] <↑ Clickで拡大>

雄国沼に張り出した半島は、カメラマンに人気の撮影ポイントです。 遠景で捉えた写真ですが、現像作業をしていたら、この半島に2羽のアオサギが写っていました(*^▽^*)

金沢峠から見下ろす雄国沼の湿地帯
[2012/07/08 金沢峠から見下ろす雄国沼の湿地帯] <↑ Clickで拡大>

この湿地帯がミズバショウやニツコウキスゲの名所として知られる「雄国湿原」です。 アッと言う間にガスが掛かって霞んでしまいましたが、ニッコウキスゲの黄色い絨毯が見て取れます。 この木道は一周約850mあるそうです。

こちらもまた、現像の際に確認したら、既に4人の先客が写っていました(^◇^;) 勿論、ボク達が乗ってきたのは1番シャトルですから、彼らは登山道を辿って先着していた事になります。 最短ルートでも片道1時間半は掛かると思いますから、5時前には登山を開始していたんでしょうねヽ( ̄▽ ̄i)

と、「お~い、そろそろ下に降りるよ」と旧友C君の声。 初めての道行きですので、置き去りにされると心細いww 取り急ぎ身支度を調えて長い下り階段へと向かいます。

金沢峠から雄国沼への階段

実はこの時点で、思わぬ失敗を犯していた事をボクは気付いていません(;ーωーA 事の顛末はお楽しみってところですが、下り全長200mと言う事ですが、階段は477段ある事は帰宅後に分かりました。 この階段を下った分だけ、帰りは登られねばならない訳で・・・(>▽<;;

(つづく)

【ふろく】 雄国沼シャトルバス時刻表 ※2012年版

雄国沼シャトルバス運行表 2012年度版
<↑ Clickで拡大> ※印刷解像度で拡大出来ます
 

中国家常菜餐庁 ニューちゃいな ~福島県郡山市堤~

お昼時は魅力的なセット・メニューで賑わう、新桜通り沿い・堤地内の中国家常菜餐庁 ニューちゃいな」さんですが、通し営業なのも嬉しいところです(^^)

ランチタイムを外して訪問しますと、大抵はお昼の喧騒がウソのように穏やかになっていますww 夜のお客様を迎えるまでの“嵐の前の静けさ”なのでしょうね。 お得なセットこそありませんが、無芸大食妻と休日の遅い昼食を摂るのには打って付けのお店なんです。

中国家常菜餐庁 ニューちゃいな

こちらでも“夏限定の麺料理”がリリースされているとの事で、是非とも頂きたいものだとメニューを広げます(^^)

多彩な品書きを眺めてしまうと、ついつい余計なものまで食べたくなるのが人の常。 って事で、思わず頼んでしまったのが・・・

「ユーリンチー (680円)」

ニューちゃいな ユーリンチー

鶏唐揚げは別に嫌いな訳でもなければ、大好物と言う訳ではありません。 でも、香味野菜のみじん切りと甘酢スープを掛け回された「油淋鶏」は大好きです( *´艸`) 見つけちゃったら、進んで食べたいと思う一品な訳でして、今回は無芸大食妻も一緒なので安心してオーダー出来ます。

ニューちゃいな ユーリンチー

届けられてからちょっと驚いたことに、鶏肉が二枚分ものボリュームがありましたw( ̄△ ̄;)w ってか、喜ぶよな、フツーはww

揚立てサクサクの鶏唐揚げに、ネギ主体の香味野菜のみじん切りが盛られ、甘酢スープは適度に甘さが抑えられ、濃度も控え目に誂えてありました。 鶏肉自体に下味が施されており、お味のバランスとしてはナカナカ巧妙です。 揚立てならではの迸るような肉汁と、甘酸っぱいスープに香味野菜。 副菜にもってこいの一皿でした(^^)

「冷し担々麺 (830円)」

ニューちゃいな 冷し担々麺

他にも冷やし麺のラインナップはありましたが、やはり外せないと言うよりも、一番先に食べてみるべきはコレかとo(*^^*)o

ニューちゃいな 冷し担々麺

白髪ネギの下には、味付けのされた挽肉がドッと盛られています。 その他、豚バラ肉の冷しゃぶや、味玉、水菜が彩りを添えています。

ニューちゃいな 冷し担々麺

載せモノの品目は決して豊富な訳ではありませんが、配置の妙味や個々のボリュームの豊かさなどで、なかなか見栄えのする盛りつけとなっています。

ニューちゃいな 冷し担々麺

麺は楕円断面の太麺で、適度な縮れが掛けられています。 洗い締めされた麺は、艶やかさがあり、適度な弾力を感じさせながらプッツンと歯切れます。

坦々スープは麻辣を前面に押すダイブではなく、適度なゴマの濃厚さの中に、ピリ辛的な刺激を散りばめたもの。 どなたにでも食べ易い間口の広さがあります。 塩味は割とシャープに効いておりまして、ゴマ由来の甘味やナッティーさを抑えています。 挽肉の味付けも、やや似た傾向にありますので、卓上のラー油などで味変を図るのも一計かと思います。

「海老あんかけご飯 (980円)」

ニューちゃいな 海老あんかけご飯

丸っきり名前の通りです(*^▽^*) 白餡仕立てのエビ入り中華丼って感じですね。

ニューちゃいな 海老あんかけご飯

仕様的には取り立てて印象に深くないのですが、実はお味の方は立派です♪ 程良い旨味と共に、塩味・甘味・香りがとても良くバランスしています。 味の濃度も程良く仕立てられており、最後まで喉が渇くこともなく、卓上調味料に手を伸ばしたくなることもなく食べ尽くせる秀逸なもの。

ニューちゃいな 海老あんかけご飯

共に添えられるスープ共々、塩味と旨味のバランスに長けた、品の良い味付けの楽しめる一品でした(^^) 更に付け加えるなら、いつものように気持ち良いフロアー・サービスも相変わらずでして、客を客として迎え入れるホスピタリティーは依然としてハイルレベルです。 いつも気持ち良い接客をありがとう(〃∇〃)




中国家常菜餐庁 ニューちゃいな
福島県郡山市堤1-86
電話;024-952-2177
営業時間;11:00~23:30 (LO;23:00)
定休日;元旦
駐車場;共用70台


大きな地図で見る
 

あじ庵食堂 ~福島県喜多方市~

雄国沼への撮影行脚の帰りに、遅めの朝食は喜多方へ(* ̄∇ ̄*) 移動中の車内では、どこを訪問するかでヲヤジ3人が協議中ww いろいろと訪問してみたいお店や再訪したいお店など、アトランダムにその店名は挙がりましたが、ここはひとつボクの懇願を聞き入れて頂きまして、お初の訪問となる「あじ庵食堂」さんへv('▽^*)♪

あじ庵食堂

「あべ食堂」さんや「坂内食堂」さんもほど近いエリアですが、「喜多方マーケット銀座」と言う、何ともアメージングな通り沿いにあります(^◇^;)

あじ庵食堂

通りと言うよりも、路地と言う風情を感じさせる場所ですが、何と直ぐお隣は伝統暖簾の「上海」さんというロケーションです。 喜多方では堂々の有名店のお隣で、開業から僅か三年足らずで確固たるファンを増やし続けているお店ですが、ここ喜多方にあっては、かなりの個性派と耳にしておったところです。

お店は決して広いとは言えませんが、ご店主様夫妻で切り盛りするには持ってこいかも知れません。 丁度先客様も引いた後だったようですので、お仕事振りが垣間見えそうなカウンター席に陣取らせて頂きました(^^) 多様なメニューの中から、連れ様共々三人三様のオーダーとなりました。 (シメシメ、ちょいと味見が出来るぞ♪)

「ガッツ系喜多方ラーメン (700円)」 ※一日限定20食

あじ庵食堂 ガッツ系喜多方ラーメン

ヒャッホ~~!“掟破りの喜多方ラーメン”登場!d(≧▽≦*)

いや、ちょっと驚いたんですけどww 丼マッチロぢゃないですか?w( ̄▽ ̄;)w 朝ラ~で、これ、行っちゃってイイんですかね? “濃厚コラーゲンスープ”って事ですが、所謂“背脂チャチャ系”とは一線を画する仕立て方であるのは、食べ進めていく内にどなたにも分かると思います。

あじ庵食堂 ガッツ系喜多方ラーメン

これってスープ自体が白濁している?(`・ω´・ ;) スープの表面には、コラーゲン分の膜が生成されています。

あじ庵食堂 ガッツ系喜多方ラーメン

チャーシューは豚バラ肉ですが、これがまた心憎いほどに美味い!O(≧▽≦)O 脂質はトロトロの、醤油味は染み渡りぃ~ので、喜多方ラーメンのお手本的な仕立て方ですよ。

あじ庵食堂 ガッツ系喜多方ラーメン

メンマは取り立てて特筆する個性派感じられませんが、その反面手落ちの一つも感じられません。 濃厚なスープに阻まれて、メンマの個性が主張出来なかったのかも知れません。 白ネギの刻みは、刺激臭も無く納まっておりまして、載せモノ全体としては、シンプルだけど隙が無い感じです。

あじ庵食堂 ガッツ系喜多方ラーメン

最も喜多方スタイルを主張しているのは、やはりこの麺に尽きるかも知れません。 典型的なウェーヴの掛かった平打ち中太麺は、出前にも耐えきれるしっかりグルテン系。 適度な弾力を伴ってプッツンと歯切れ、スープの絡みも上々です。

やはり刮目すべきはこのスープ(`・ω´・ ;) 舌触りに独特な粒状感さえ感じさせ、濃厚な旨味が口中に広がるのですが、妙な臭みなどは一切なく、後口に鈍重さも無くスッキリとサバケますよ。 こりゃあ一体どんなスープなのだろうか?と不惑の感さえ漂うのですが、ご店主様に伺ってみれば、何と鶏白湯スープでした!(⌒▽⌒;)

いや、最初から喜多方で濃厚な鶏白湯ラーメンって発想が無かったもので、最初から除外して思いを巡らせていたのですが、良い意味で大きく期待は裏切られましたヾ(>▽<)ゞ いや、素晴らしいスープですよ! 塩味の味加減も絶妙でしたし、意外と言っては何ですが、典型的な喜多方タイプの麺でも存分にその美味しさは堪能出来ます♪

きっと濃度を上げることも出来るのでしょうが、誰にでも美味しく食べられる落とし所として、味決めされたのでは無いかと思われます。 もしかすると鶏白湯とは気付かないで美味しく楽しまれているお客様も少なくないと思いますが、きっとそれで良いのだと思います(^^) 店内にはソレを主張する記述は見あたりませんでしたから、ご店主様も鶏白湯である事を“売り物”に考えておられないかも知れません。

さて、実はもう一点、サイドメニューにどうしても見逃せない記述がございましたので、こちらも一つ所望しておきました(*^_^*)

「塩川鳥もつ丼 (300円)」

あじ庵食堂 塩川鳥もつ丼

最近注目度上昇中の、塩川町のソウル・フード「鳥もつ」をあしらった丼ごはんを発見! 実はずっと気になっていながら、未だに口にする機会に恵まれておりませんでした( ̄▽ ̄)ゞ これはチャンスと言う事で所望致しましたよ。

あじ庵食堂 塩川鳥もつ丼

塩川町では、鳥もつとは鶏皮をさしているそうでして、言わば鶏皮の煮込みですね(^^) 余計な脂質がそぎ落とされた鶏皮は、ひたすらプルプルなコラーゲン分の舌触りを楽しませてくれます。 味付けは薄味とされていましたので、どなたにも安心して口にして頂けると思います。 思ったよりもごはんの量がありまして、存分に満腹になりましたよww

話は戻って「ガッツ系喜多方ラーメン」ですが、折角ですので敢えて喜多方スタイルの麺では無く、低加水タイプのストレート細麺とか、手打ち極太麺とか、いろいろな麺で試してみたい誘惑に囚われますよ。 ご同行のお二方にもかなりの好評でした。 きっと再び暖簾を潜ります!(((*≧艸≦)




あじ庵食堂
福島県喜多方市二丁目4650-29 喜多方マーケット銀座
電話;0241-23-6161
営業時間;【4月~11月】 7:00~19:00 【12月~3月】 7:00~15:00
定休日;不定休


大きな地図で見る
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

雨のそぼ降る中、7月から提供開始となった季節限定麺を頂くべく足を運んだのは、お馴染み富田町の「麺屋 信成」さんです。

麺屋 信成

実は、例年のお楽しみ「豚シャブ冷やし麺」に加えて、新作の冷やし麺が加わる事を知らされていたのですが、「こちらはちょっと遅れてリリースします♪」とも聞いておりました。

が!既に提供開始となっていましたもので、迷うことなく新作を頂戴する事に致しましたよo(*^^*)o

「さっぱり黒酢冷やし麺 (800円)」

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

わぁ~~w( ̄▽ ̄;)w め・ん・が・み・え・な・い~♪

大量の新鮮野菜や載せモノ達が、麺を覆い尽くしているではありませんかww

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

ロー・アングルで撮れば、お野菜タワーの先端が霞んで見えるしヾ(^▽^*

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

従前の「豚シャブ冷やし麺」ほどではありませんが、ナカナカの積み上げ具合ですね(*^▽^*) 少しばかり女将さんが悔しそうに言います。

「豚シャブ冷やし麺は、冷しゃぶ肉も一緒に重ねていたから、タワーのように出来たんですけどねぇ~」って・・・

いや、充分だと思いますよぉ~ヽ( ̄▽ ̄i) これでも“野菜嫌いの子”には“試練”のレベルだと思うけど(爆)

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

むきエビが載っていたり。

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

中華クラゲもエントリーしているし。

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

そんでもって、共に添えられるカラシは、スープにサッと溶けてくれる水溶きカラシってところも嬉しい!

彩り豊かな新鮮野菜サラダの中には、さり気なく裂いた蒸し鶏肉が散りばめられています。 冷えると固化する脂質はキレイに排除されていまして、違和感を感じることは無いでしょう。

麺屋 信成 さっぱり黒酢冷やし麺

軽くウェーブの掛けられた中細麺が使われておりまして、これまた冷水でキリッと洗い締めされています。 勿論、軽快な歯応えと共に歯切れまして、冷や中スープをしっかりと持ち上げてくれます。

冷や中スープは、黒酢の円やかだけど爽やかな酸味が冴え渡っております。 甘味はぐっと抑えられておりまして、醤油テイストもまた穏やかに誂えられています。 黒酢の美味しさを柱にして、軽快な味わいを楽しめる趣向ですね(*^▽^*) これは特に、酸味を好む女性にはウケが良さそうに思えます。

ボクはあまり酸味が得意な方ではありませんが、この黒酢の軽快な口当たりでしたら違和感無く楽しめましたよ( *´艸`) 今日も真夏のような日差しと共に、グングンと気温が上がっていますが、こんな日には尚のことお薦めの一杯でしょう♪




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

サンボマスターのニューアルバム「ロックンロール イズ ノットデッド」

2012年7月11日リリースとなる、サンボマスターのニューアルバム「ロックンロール イズ ノットデッド」をポチしました( ̄▽ ̄i)ゝ このアルバム発売を前に、FM放送の番組に出演していたのをたまたま聴いていました。

ロックンロール イズ ノットデッド/サンボマスター

更に夕刻の事、FM放送から耳に届いてきたLOVE SONGが凄く印象的でして、思わず耳を澄まして聴き入っていたら、これがサンボマスターの「あなたのことしか考えられない」って曲でしたw( ̄△ ̄;)w なんだ、今朝話に出ていたニュー・アルバムの収録曲ですか?!

帰宅後にもう一度聴きたくて、ネットでPVを探しつつ、アルバムの情報を引き出してみました。 何と初回限定版には、これらのPVを収めたDVDがセットされておりました。 しかも!昨年9月17日に熱海のアイスアリーナで開催された「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」のステージの動画まで!!(〇o〇;)

「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」のDVDやBlue Ray Discがリリースになったなら、絶対に落手したいと心に決めていたボクにとっては、こんなに美味しすぎるパッケージは無い訳でww

このPVを観て頂ければ、グッと来る事請け合いです。 ってか是非ともご覧いただきたいなと。



この曲のエンドに流れるピアノの旋律は、先の震災で津波被災に遭った、石巻市の楽器店「サルコヤ」(URL) さんで再生されたアップライト・ピアノが使われているそうです。 1階部分のほぼ全てが津波に呑まれ、大変な被災をされた楽器店さんですが、多くのボランティアさんや、音楽家の力添えで、再びお店を再興する事が出来たそうです。

この再生されたピアノは「しぶといピアノ」と呼ばれ、どうやら現在は東京の音楽スタジオで多くのアーティストの手で、「しぶとい音」を奏でているらしいです(*^▽^*)
 

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

昨日は久しぶりにデジイチを携えて、お仲間と一緒に撮影行脚へと出かけました。 えぇ、一週間前に誘き出した挙げ句に、ソデにしてしまった旧友C君も一緒です( ̄▽ ̄i)ゝ 今回は同じ轍を踏む訳には参りませんので、どこかしらに緊張があって、結局巧く寝付けないままに夜明け前に出立致しました。

出掛けは小雨が降っていたのですが、パーフェクトとは言えないまでも、撮影地・雄国沼では多様な気象条件に恵まれまして、ある意味同じ場所で多彩な表情を撮影する機会が得られましたヾ(>▽<)ゞ 日頃の運動不足あって、昨夕から躰のそこここに疲労が残っておりますが、飛び切り楽しい時間を過ごさせて頂きました♪ また、久しぶりに喜多方に廻りまして、噂に聞いていたお店を初めて訪問しましたら、それはもう素晴らしい一杯と出会えました!! その様子は写真の精査をしながら、追って記事挙げさせて頂きますヾ(^▽^*

さて、先週末に訪問した、磐梯熱海温泉郷にある「お食事処 武蔵亭」さんですよ(*^▽^*) だいぶ遅い昼食タイムになってしまったもので、先客様はご家族連れの夕食客といった方もおられたり、また夕食にご家庭で楽しむであろうお総菜として、“伝家の宝刀・ヒレカツ”を買い求めてテイクアウトされるお客様などがお見えになったりと、相変わらずの人気ぶりです。

お食事処 武蔵亭

何を頂くか決めないままに暖簾を潜ったのですが、サラッとメニューを眺めたら、未食の季節限定メニューに気付きました。 って事で期待アゲアゲで所望致しましたのはコチラ♪

「冷し中華 大盛 (780円+100円)」

武蔵亭 冷し中華 大盛

うがぁ~~~?!ヽ(@ω@;)ノ

ナンデスカ、この麺量は~~?!w( ̄▽ ̄;)w


ちょっと想定外だったわぁ~(^◇^;) でも嬉しい♪ パッと一瞥して手に余す麺量では無いのですが、並盛り+小丼もチラッと考える必要も無かったわヾ(>▽<)ゞ

武蔵亭 冷し中華 大盛

この盛りっぷりを見て頂ければ、言葉は要らないかも知れません。 “鬼盛り”とか“鬼畜盛り”ってレベルではありませんが、今まで頂いてきた「武蔵亭」さんの「支那麦」や小丼のボリューム感覚からすると、望外のボリュームですよ。

陶器を愛好している方に写真を見て頂いたら、

「このお皿、益子焼きじゃないですかね?」

と言われていました。 そう言えばその造型は型どり品とは一線を画していましたし、どっしりとした手応えと柔らかな手触りが思い出されました。 その辺は普段気にも留めない無芸ですが、言われてみれば気になり出しましたww 機会があればお訊ねしてみようかしらね? 器好きな方には目にも楽しめる一杯というのは、嬉しさの相乗効果アリかも知れませんよ(*'ー'*)

武蔵亭 冷し中華 大盛

さて、“麺の裏山”には“具材の里”が控えています(^^) ファンの多いチャーシューは、細切りに切り揃えられ、トマト、細切りキュウリ、千切りキャベツ、更にはワカメも加わります。

武蔵亭 冷し中華 大盛

お皿の縁に添えられるのは、練り辛子ですね(^^) もう少しユル目に誂えて頂いた方が、冷や中スープにサッと溶けてくれます。

武蔵亭 冷し中華 大盛

マヨは標準でオン! スープに溶くも佳し、千切りキャベツやトマトと共に頂くも佳し。

武蔵亭 冷し中華 大盛

麺はストレート中麺なのですが、「支那麦」用の低加水タイプとは違う気がします。 氷水でキリッと洗い締めされておりまして、冷え冷えの麺は歯切れ良い食感を伝えて来ます。 勿論、舌触りの心地良さは言うまでも無し( *´艸`)

冷や中のタレは、奇をてらうことのない醤油味系の甘酢っぱいもの。 酸味はしっかり効いていますが、甘味にマスキングされて角が立っていません。 濃度はやや強めですが、決して濃すぎる事はありません。 個人的には、もう1ランク濃くてもオケイですが、きっと現状のお味が一番多くのお客様に喜ばれると思います(^_^)

お食事処 武蔵亭

いやぁ~~美味しかった!O(≧▽≦)O さすがにあの「支那麦」のお店だけの事アリで、味の調え方が絶妙ですよ♪ ストイックに麺を楽しみたいファンの皆様にも大いにお薦め致します。

※ 少しばかりBlogger泣かせなのは、店内の照明がやや暗めな事と、オレンジ色の電球色のランプです。 西側の壁面は、全て窓ガラスで外光が入りますので、言わばミックス光になります。 イマドキのコンパクトデジカメのホワイトバランスは、極めて高性能にはなって来ていますが、PCで色調の調整をするのも一苦労です( ̄▽ ̄i)ゝ 今回の写真は、いろいろと出来る限り調整はしたものの、色調ムラが出ている事をご了解下さい。






武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
電話;024-984-5030
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど


大きな地図で見る
 

丸味食堂 ~福島県郡山市虎丸町~

郡山市虎丸地内の通称“合庁通り”にある、老舗の中華食堂「丸味食堂」さんを訪問してみました(^^) お昼時は近所にお勤めのサラリーマン様方で賑わい、また出前にも応需する数少ないお店の一つです。

丸味食堂

時節柄、夏限定の冷や中も所望出来ましたが、お初の訪問と言う事で、まずは人気の高そうな一品を頂いてみる事にします。

「あんかけ焼きそば (650円)」

丸味食堂 あんかけ焼きそば

おぉっ?w( ̄▽ ̄;)w 結構なボリュームではありませんか。 出前の岡持に収まるようになのか、お皿のサイズ自体は、決して大きい訳ではありませんが、一段深くなっている為か、なかなかの盛り具合ですよ♪

丸味食堂 あんかけ焼きそば

具材は割とシンプルかな。 中華野菜炒めを基本として、ベーススープを加えて醤油味で味を調え、トロミを加えた餡です。

丸味食堂 あんかけ焼きそば

あまりの盛り具合の為、お皿の縁まで餡が迫っていますww 表面張力ではなく、餡の粘性でギリギリの処で止まっているのかな?(⌒▽⌒;)

丸味食堂 あんかけ焼きそば

麺はラーメン用を茹で上げ、一度水洗いをしてから焼き付け工程を行うみたいです。 そんな訳で、麺自体に特徴を見いだせるような歯応えや食感こそありませんが、ややユル目の餡が見事に絡んでくれますよヾ(^▽^*

共に強烈に熱々ですので、口の中の皮が軽く火傷を負うほどですのでご用心。 醤油ベースの味付けは、無茶な旨味に支配されることなく、塩味のバランスは良い感じに納まっています。 あまり甘味が前面に出るタイプではありません。 強いて言えば、どこかしら郷愁を誘われるようなお味と言いましょうか(*'ー'*) 極めてシンプルな味付けながら、それ故に素直な素性の良さが楽しめました(^^)

ご夫婦で切り盛りされているようですが、こういったお店がしっかり根付いている街角というのは、とても魅力的でライヴ感に満ちていると思います。




=閉店しました= ※アーカイブとして残しておきます
丸味食堂
福島県郡山市虎丸町1-26
電話;024-923-4463
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜日


大きな地図で見る