FC2ブログ

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

約1年ぶりの訪問となる、郡山市東部幹線沿い方八町地内の「チャイニーズレストラン みかど」さんです。 開業から36年を迎えた、市内でも老舗の中国料理店さんですが、上層階には宴会場も完備しており、宴席料理も得意としているお店です。

チャイニーズレストラン みかど

幅広い品書きがあるのは承知の上ですが、ついつい所望してしまうのが名物料理の五目焼そばですね(^^) 頑固に価格を維持し続けているのも立派ですが、味付けもしっかりと地元密着型で親しみ易いものです。

実はオーダーの時に「大盛で無くて良いですか?(^^)」

と笑顔で問いかけられましてね(>▽<;; どうしてそんなに親切なお声がけをして下さるのでしょうかww 思わず本気で5秒ほど悩みましたわ( ̄▽ ̄i)ゝ まだ食器が降ろされていなかった通路向かいのテーブルに置き去られたままの大皿を見て、並盛りをお願いしました。

だってその大皿ときたら、完全にパーティーサイズなんですもんヽ(´Д`;)ノ あんなのにドッと盛られたら、目前に登場した瞬間に白旗挙げますww

「五目焼そば (735円)」

みかど 五目焼そば

充分でしょうヾ(>▽<)ゞ ってか、これ以上食べる自身はありませんけどww

みかど 五目焼そば

キッチンにおられたのは二代目様でしょう。 先代様はやや塩味の角の立つ味付けをされていましたが、二代目様の味付けはずっとマイルドです(^^) 多分、二代目様の味付けの方が、今のご時世は受け入れられると思います。

みかど 五目焼そば

麺の焼き付けも油残りなどを一切感じさせず、香ばしさまでは届かないまでも、当然ながらコゲ臭のカケラも無く、まず遠慮されるようなことはない火入れの仕方です。

みかど 五目焼そば

やっぱり添えられてくる練り辛子(`・ω´・ ;) わかんねぇ~なぁ~ 餡掛けに合うと信じられているのですかね? 勿論これは、どのお店にも言えることです。 彩りとしての黄色はアリですが、餡のビジュアルが濁ってしまうだけで、辛味を調整するならラー油で充分だと思うのですが・・・ この練り辛子信望は、何を起点に染みついてしまったのかが興味あるところです(⌒▽⌒;)

みかど 五目焼そば

しかしお味の方は上々ですよぉ~♪ 少し甘味を加えられた五目餡は、塩味が強く出る事もなく、さりとて足りない感じも無く、旨味に不自然さもありません。 強く印象に残る個性こそ少ないかも知れませんが、こういう味付けは納得出来ます(^^)

ほとんどお冷やに手が伸びることもなく食べ進められますし、一緒に添えられて来た溶き卵入りのスープもまた、なかなか良い味でした。 ベーススープがしっかりと炊けているのが分かります。 いつの間にか具材から烏賊が消えていたのは過去ログを引いて気付きましたが、まぁその辺はご愛敬と言う事で。

チャイニーズレストラン みかど

ランチタイムはどうなのか分かりませんが、基本的に全席喫煙可のようです。 後席に入られたお客様に、いきなり一服点けられまして、食事前に意気消沈しそうになったのは残念なところ。 ファミリー層を取り込みたいのが伝わって来ますので、店内での喫煙に関しては、そろそろ御一考頂きたいものだと思います。

それはそうと、土曜日限定のカレーがとっても気になります( *´艸`)




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


 

那須フラワーワールド その1

日曜日は久しぶりにデジイチを携えてのお出掛けです。 とは言え、キリキリに撮るぞツアーでは無く、無芸大食妻と連れ立ってのランチ込みのお気楽撮影行です(^^) 食事を楽しんだ後に立ち回ったのは「那須フラワーワールド」さんです。

実はカーナビ任せに車を走らせたら、何やら訳の分からない場所に誘導されまして、とんだロスタイムを喰らうことと事となってしまったのですが、「アルパカ牧場」の路線上にある事を覚えておりましたので、こちらを目的地に設定し直してみますと難無く辿り着く事が出来ました(>▽<;; カーナビって確かに万能と言う訳ではありませんね(;ーωーA 全く土地勘の無い旅先だったら、きっと機転も聞かなかったかも知れません。

さて、場内に入場しますと、かなり小まめに植栽植物の入れ替えが行われているようです。 今、植え替えを進めているエリアは、きっと秋頃に来場者を楽しませる植物が用意されているのでしょう。

ルピナスの丘

見るからに美味しそうなルピナスが約2万株植栽された丘からは、お天気に恵まれれば那須の山々が背景に捉えられます。 今年の見頃は6月10日からの一週間くらいだったようで、残念ながらピークを越えてはいましたが、開花期が微妙に遅れた株は、まだその特異な姿を楽しませてくれました。

ルピナス
[2012/6/24 ルピナス] <↑ Clickで拡大>

私達が訪問した頃には、ちょっと空模様が怪しくなっておりまして、実はここに辿り着く前の移動中には、雨さえパラついていたくらいです。 運良く入場した頃には雨雲がズレておりました。 そんな訳で日差しはありませんし那須の山並みも雲に遮られております( ̄▽ ̄i)ゝ

ルピナス
[2012/6/24 ルピナス] <↑ Clickで拡大>

そのお陰で、マクロレンズでの撮影では、日照による陰影が付かなかった分、とてもソフトな色合いが現れました。 もっとも、風の吹く中手撮りのマクロ撮影ですので、シャッターボタンを絞り込むように切る間、ずっと息を止めています。 カシャッ!とシャッターが切れたとたんに

「ゼェ~ゼェ~(((o(><;)(;><)o))) ハァ~ハァ~!(〇o〇;)」

の繰り返しです(>▽<;; たまに息が続かなくなって、ウエイストする事もww

那須フラワーワールド

そんなカメラマンの姿はこの日は他にいなかったですヽ( ̄▽ ̄i) 丁度中型バスが入場していた事もあって、そこそこの入場者の姿がありました。

リビングストンデージー
[2012/6/24 リビングストンデージー] <↑ Clickで拡大>

とにかく多様な花々が植栽されておりまして、普段は植物に接する機会の少ないボクには、とてもその種類を記憶出来ませんでした。

ネモフィラ
[2012/6/24 ネモフィラ] <↑ Clickで拡大>

でもこの花は以前「日立海浜公園」で撮影していたので思い出せました(^^) 可憐な小さな花、ネモフイラですね。 その規模はとても敵いませんが、久しぶりに見ると、やはり素直に美しいと感じられます。

ネモフィラの丘

どうやら今の時期はポピーとバラの花が見頃を迎えているらしいです。 バラの花の多種多彩さ凄まじいばかりでして、これまたとても名前を記憶出来ませんヽ(´Д`;)ノ

(続く)