FC2ブログ

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

前回カレーライスの大盛を頂きながら、既に次回の所望品を決めていた無芸です(〃▽〃;)ゞ クワッと暑くなったこの日、計画遂行です。

みたか食堂

そう、暑くなってきたら、そろそろ出番となるのが冷たい麺料理と言う事で、“夏季限定の食堂の定番”を頂きますヨ♪ オーダーの際に女将さんからさり気なく薦められたのは“大盛”ですが、考えてみるとお店の方から大盛を勧められたのは初めてかも(爆)

「冷やし中華 (700円)」

みたか食堂 冷やし中華

丁重に並盛りでお願いして正解だったかも(@・艸・;) キュウリの千切りがとてもラフにドン載せされているあたりが“食堂の証”ですかねww

みたか食堂 冷やし中華

薄焼き玉子はご店主様が丁寧に一枚ずつ焼いていたのを前回の訪問時に見ていました(^^) その丁寧な仕事ぶりに突き動かされて「次は冷や中」と決めたのです。 キュウリの千切りのダイナミックさに比べて、何と繊細な手仕事でしょうか(笑)

カニカマの向こうには中華クラゲなんぞも盛られていまして、なかなか多彩な載せモノが麺を覆い尽くしています。

みたか食堂 冷やし中華

そして“哀愁のコブラツイスト”がこの溶きカラシに尽きます! これでチューブ入りの和ガラシなんぞが絞り出されていたら・・・と想像してみて下さい(@・艸・;)

無いでしょうww

サッと冷や中スープに溶けるのは絶対条件ですよね? 無芸的に高得点なポイントの一つですv('▽^*)

みたか食堂 冷やし中華

麺はしっかり洗い締めされていますが、しなやかで滑らかな舌触りが約束されています。 少し柔らか目の仕立ては、この先の夏本番でも食べ心地良く、消化にも宜しいってものです。 冷や中スープは、少々甘めの味付けが施されており、酸味はやや抑え目です。 かと言ってダルな印象は無く、ゴマ油のの香味に頼る事のない素直で優しい味わいです。

テーブルにはマヨが標準装備されておりますので、お好みにより味変を楽しめます。 気温と湿度の上昇と共に、冷や中スープの酸味は強くされるそうです。 また流水締めされていた麺も、氷水でギリッと締めるようになるそうですし、場合によっては氷を散らす事もあるそうな。

クラシカルなタイプですが、期待を裏切らないお味の一杯ですね(^^) そのうち大盛チャレンジする事になりそうな・・・(* ̄∇ ̄*)

みたか食堂




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

「めん処 成」さんでハマった「黒中華そば」は、訪問の度に微妙なユラぎがあるのが分かりました。 そして名に負う「黒」の称号は、デフォのままでは“名は体を表わす”ことになっていないのも少しばかり気になります。

めん処 成

そこで今回は“本当の黒が垣間見えるスープ”を目指して、オーダーの際に“アジコイメ”とお願いしてみました♪

「黒中華そば (630円)」 ※味濃いめ

めん処 成 黒中華そば

あっ♪ 確実に漆黒に近づいたかも(〃∇〃)

色合いだけに止まらず、醤油ダレからの香りも一層ハッキリと薫ってきまして、益々好みの予感(* ̄∇ ̄*)

めん処 成 黒中華そば

油膜の張り具合もなかなかでして、お陰で過分な湯気も立たず撮影し易いww なんて事はどうでもいいんですけど(^^;) この油膜に仕込まれている香味油的な香りも一つの華です。

めん処 成 黒中華そば

立ち登る香気には、チャーシューの煮汁っぽいニュアンスが感じられます。 そもそもスープ自体が豚ガラのみで引かれていますので、違和感のカケラも無くマッチしています。

めん処 成 黒中華そば

低加水ストレート中麺は、やや固めの頃合いでスパッと麺上げされているようで、プチプチプチッとリズミカルに歯切れる心地良さがあります。 一段と醤油ダレが濃くされたスープは、きっと開発段階で命名された「黒中華そば」のそれであったと思われます。 グッと押してくる醤油テイストのインパクトと、豚ガラ出汁の旨味が互いに負けない押しくらまんじゅうww

タイトな緊張感のあるスープになっていて、食べているコチラまで迫力が伝わって来ます。 こりゃあ面白い表情になりますよ(‐^▽^‐) ただし少しばかりしょっぱかった(@・艸・;) 次回は“アジコイメ”よりも柔らかく“ヤヤコイメ”で所望してみようかな(*´∇`*) 何かと楽しみが尽きない一杯です。




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る
 

めし酒場 克 (かつ) ~福島県郡山市桜木~

随分前から訪問機会を伺っていたお店「めし酒場 克」さんをようやく訪問致しました。 ちょっと前からでしょうか、フリー・ペーパーでもPR記事が掲載されておりまして、“たまり醤油”というKey Wordに思い切り反応してたいた次第( ̄▽ ̄)ゞ

めし酒場 克

ランチ営業の時間帯にはとても間に合わないので、半ば諦めかけていたところ、Blog仲間の「ねこっていいよねぇ」 (URL) のAuthor・ぐっぴょんさんの訪問記事の中で、夜の部でもラ~を楽しませて貰える事を知りました♪ 一度確証を得たら強気ww 早速日も長くなったこの時期とは言え、日差しがオレンジ色を帯びてくる頃に訪問してみました。

まだ酒席のお客様もお見えになっていなかったので、キモチの上ではちょっと楽だったかなww 店内には小上がり席が三卓あり、個性的な切り方をしたカウンター席もあります。 勿論お一人様のボクはカウンター席に陣取らせて頂きました。

「たまり醤油ラーメン (680円)」

克 たまり醤油ラーメン

おぉ~~! 漆黒ぅ~!(⌒▽⌒;)

素直にたまり醤油の色合いが反映された漆黒系醤油ラーメンではありませんか♪ しかもビジュアルも美しいし、期待を全く裏切らないインパクトです(^o^)

克 たまり醤油ラーメン

載せモノはシンプルとは言え、チープさのカケラもありません。 漆黒スープに白ネギが目映く感じられるほどですww チャーシューはバラ肉ですが、脂身を巧く削いでおりまして、程良いバランスに整えられています。 メンマは少し甘めに味付けされており、これまた良く炊けているので、柔らかな食感と共に、コク味のしっかりとしたタマリ醤油のスープに優しさを加えてくれます。

克 たまり醤油ラーメン

油浮きは決して多くありませんが、スープ自体が骨太な旨味を感じさせますので、過剰に必要とも思いませんでした。 華やかな鶏出汁の旨味もありますが、主軸となっているのはドシッとした豚ガラ系の旨味です。 かなり巧妙に出汁引きされているようで、雑味や臭みに繋がる要素は感じられませんでした。

たまり醤油由来の個性は、その色合いもそうですが、大豆タンパクから生み出されたアミノ酸などの豊富な旨味成分が口中に広がります。 濃口醤油と違って、ほのかな酸味も加わって来ますが、それは味のディテールを鮮明に楽しませてくれるように活かされています。

克 たまり醤油ラーメン

麺はウェーヴが掛けられた多加水系中細麺。 スープの持ち上げも上々で、前述の個性的で美味しいスープをタップリと口の中まで運んでくれますO(≧▽≦)O こりゃあ美味いです! 旨味、塩味、ほのかな甘味、豊かな香りと、高次元なバランス感覚は特筆モノです。 芳醇な醤油ラーメンをお求めの向きには、是非ともお試し頂いてみたいですね♪

基本アイテムだけでも12種類ものバリエーションが用意されています。 更には壁貼りPOPには、とても見逃す事の出来ない“夏限定メニュー”もアピールされていましたo(@^◇^@)o この一杯の完成度の高さからして、かなり期待出来そうな予感♪




めし酒場 克 (かつ)
福島県郡山市桜木2-22-5
電話;024-921-4056
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~24:00
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場(5台分)


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

お馴染みのローテーション先「郡山大勝軒」です。 相変わらずお昼時には着席待ちのお客様が出る盛況ぶりですが、ボクが訪問する時間帯は超アイドルタイムですので、待ち無しで席が取れます。

郡山大勝軒

日中の陽気か良くなりますと、つい食べたくなるのがつけ麺です。 麺量で少々迷うのは毎度の事ですが、空腹だったのでちょっと多目でww

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

いつもながら美しい盛り付けです(*^_^*) パッと見てこれで300gの麺量があるようには思えません。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

この日の漬けダレは、魚系の鮮烈な香りと旨味に満ちていて、動物系の出汁の旨味が後から追い掛けてくるような感じ。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

洗い締めされた麺は、小麦の風味がちゃんと伝わって来て、ツルッ滑らかな舌触りなのに噛めば豊かな弾力を伴いながらプッツンと歯切れます。

酢をレンゲに2/3と、ラー油を小さじ2杯加え、甘味を引き締めますとより一層自分好みの味になります。

郡山大勝軒 新スペック ロースチャーシュー

製法を変えたというロース肉のチャーシューは、低温加熱で誂えたハムに近い柔らかさがありました。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

らぁめん他力本願 ~栃木県那須塩原市~

福島県中通りの県南エリアから栃木県那須塩原エリアを食い荒らしておられる「にくきゅうの楽園」 (URL)のAuthor・にくきゅうさんが、「らぁめん他力本願」のレポを挙げておられました。 どうしても脳裏から離れなかったものでして、日曜日の午後からドライブがてらに東北自動車道を走って訪問して参りました。 ちなみに、すっかり忘れていたのですが、現在高速道路はETCを利用すると、土日は通行料金が半額となります♪ 郡山ICから岩室ICですと片道1,000円。 半額で1,000円ってのはアレですが、通常の通行料金がこれくらいだったら何とか許せるのですがねヽ( ̄▽ ̄i)

らぁめん他力本願

5月18日にグランドオープンしたばかりと言う事で、まだカーナビに電話番号を入力してもマップ情報に反映されません。 住所入力してもピンポイントでは連れて行ってくれませんが、R4のロードサイドと言う事は分かっていましたので行ってみれば難無く辿り着く事が出来ました。

駐車場はそこそこの広さがありますが、お昼時は約40席ほどある店内で相席をお願いするほどの客入りだそうです。 建物自体は以前にも飲食業態で使われていたっぽいです。 このお店の周辺は、なかなかの激戦区だとの事。 これは集客力のある場所とは言え、出店するには勝ち抜く実力も備わっていないと大変そうです。

さて、何に掻き立てられて訪問したかと言えば、新潟県のご当地食「新潟タレかつ丼」なんですねぇ~(*^_^*) 実はまだ食べた事が無かったもので興味津々♪ 期待値のハードルは上がるばかりww 何故に栃木県で「新潟タレかつ丼」か?と思ったら、このお店のご本尊は新潟県の瀬波温泉の旅館でしたw(*゚o゚*)w

「タレかつ丼 (700円)」 ※キャベツ、スープ付き

他力本願 タレかつ丼

ラ~屋さんで丼物メインってどぉ~よ?(^^;) でもコレに惹かれて走っちゃったのだからしょうがないww サイドメニューとして「ミニタレかつ丼 (300円)」と言うのもあります。 ってか、大多数はソチラが需要のメインかと思われます。 この一人前仕様はご覧の通り、3枚の豚カツが載せられています。

他力本願 タレかつ丼

豚カツ自体は「新潟タレかつ丼」のセオリー通りに、薄手の仕立てとなっており、醤油ベースの甘味を感じさせるオリジナルのタレが掛け回されています。 ポークソテー用よりも薄いくらいですので、サクッと歯切れ良く楽しめます。 タレはやや薄目にされているようで、「もう少しタレをプリーズ!」と言いたくなる一歩手前ww 案外良い落とし所なのかも知れません。

別添えのキャベツには、ドレッシングのボトルが付いてきた(^^;) 折角自信を持ってやって来たのだから、タレカツの醤油ダレでも良かったかも。 スープは鶏出汁でした(^^) 美味しいけれど何かしらピンと来なかったのは何故でしょう? ボリューム自体は決して過剰ではありません。 まずまずお値頃と言って良いと思います。 しかし「新潟タレかつ丼」の初対面が栃木県と言うのもアレでしたねww

まさかの“タレかつ丼完結編”と言う事では無く、勿論ラ~も頂いて参りましたよ♪ お誂え向きに、麺半量が所望出来たのは幸運でした(^-^)

「他力本願らぁめん こってり 半らぁめん (730円-100円)」

他力本願 他力本願らぁめん こってり(半らぁめん)

まさかの“二郎インスパイア”(〇o〇;) ヤサイマシとアブラマシは無料で、麺は太麺オンリーと言う事です。

他力本願 他力本願らぁめん こってり(半らぁめん)

半らぁめんのデフォでもご覧の通りノ( ̄0 ̄;)\ ほとんど「ナンダコレ」状態です(〃▽〃;) 茹で野菜丼を所望しちゃったか?ってくらいのものでして、ちょいと困り気味。

他力本願 他力本願らぁめん こってり(半らぁめん)

厚めの油膜に背脂が振られており、当然の如くベーススープは豚ガラメインです。 ただ乳化するような炊き方はされておらず、この油膜&背脂を抜きにしたら、ライト~ミディアムの豚骨スープです。 醤油ダレは、適度に角が残されていますが、相対的にしょっぱさを意識させられるほどではありません。 これはもしかすると“二郎インスパイア”とか“ナンチャッテ二郎”では無く“二郎風”ってところが正解でしょうか?

他力本願 他力本願らぁめん こってり(半らぁめん)

麺も二郎のそれとは異なり、現代の標準からすると太麺と呼ぶには少しばかりか細いかも(;ーωーA 麺自体の食べ応えは、意外と大した事がありません。 ゴリゴリっとするほどの歯応えは無く、一般大衆受けが得られそうな優等生ですかね。

分厚い油膜も関係してか、塩味の効き具合は決して過剰にはなっていません。 大量の湯でモヤシからの水分で中和されている分もありそうですが、案外普通と言って良いくらいです。 豚バラ肉の煮豚は、塩味抑え目で程良い食べ応えが楽しめます。 麺は完食出来ますが、茹でモヤシは手に余りまして、2/3ほど食べ残すしかありませんでしたo( _ _ )o

「味噌 半らぁめん (730円-100円)」

他力本願 味噌(半らぁめん)

無芸大食妻の所望品はこちら。 味噌ラ~は豚ガラスープが使われています。 味噌は甘めの味わいで、風味の豊かさと品の良い味わいがあります。

他力本願 味噌(半らぁめん)

白髪ネギや小口ネギが多目に載せられており、濃くて甘めの味噌テイストを何気にサッパリと楽しませてくれます。

他力本願 味噌(半らぁめん)

少し意外だったのは細麺仕様だった事ですが、決して相性が悪い事はありません。 と言うよりも、ありきたりに太麺をあしらわれるよりも、その意外性を含めて“楽しめる”要素を感じました。 滑らかな舌触りで歯触りもマイルドですが、品の良いスープと良くマッチしているかも知れませんよ♪ 個人的には、こちらの方が自分としては楽しめる味でした(^^)

らぁめん他力本願

激戦区の中にあって、個性を強く打ち出さないと埋もれてしまいそうになるのでしょうけど、この地で他に無い個性を主張出来るポテンシャルはあるお店だと思います。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
らぁめん 他力本願
栃木県那須塩原市東小屋473番地8
営業時間; 11:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日;不定休
駐車場;敷地内に15台分


 

ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

衝撃の「塩シジミラーメン」の印象もまだ色褪せない内に、次なる「季節限定メニュー」がリリースされました。 耳に届いていた情報では、

「えっ?ホントにソレやっちゃうの?!Σ( ̄□ ̄∥)」

ってくらい驚かされましたが、現実に提供が開始されたとの事でしたので、イソイソと訪問して参りましたよ♪

ボルドー

あぁ~~~、ホントに出しているよ( ̄▽ ̄i) 絶対的にはややお高めに感じられる方も居るかもしれませんが、その構成を確認して頂ければ、そのコストの掛かり様は誰にでも想像出来そうです。

「伊勢海老出汁の冷やしつけ麺 (800円)」 ※極太麺と中太麺から選択可。 今回は中太麺。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

思わず「うわぁ~~w( ̄▽ ̄;)w」と言っちゃいそうになるほどの盛り込みです。 洋皿に盛られた麺と具材の華やかさは、さすが洋食畑のご店主様です。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

スープ皿に張られた漬けダレは、勝手に想像していたアメリケーヌソースやビスクのようなものでは無く、グッと塩味の角を立てた豪快な仕立てです。 オマール海老ではなく、風味の強い伊勢海老選択しただけあって、その風味はしっかりと伝わって来ます。

伊勢海老の出汁を取るのは店主・青山さんにとっては、それまで培ってきた技能からすれば手慣れたものでしょう。 どのような手法で味を調えたのか見当も付かなくて、素直にお訊ねしてみると、伊勢海老と魚介系の出汁に白ワインではなく赤ワインを煮詰めて合わせ、生姜の風味と共に塩麹で味を調えたそうです。 漬けダレ自体も冷製で供されまして、もはや漬けダレと言うよりもソースのような粘性と濃度です(⌒▽⌒;)

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

この漬けダレを楽しむ為に麺と具材があると言っても過言では無いでしょう。 刻んだ大葉が麺の上に飾られていますが、レギュラーメニューの中に大葉を添える品はありませんから、この一点の為だけに用意されていると言う事ですね。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

豚バラチャーシューは、温旨系食品ですので、本来なら温めた状態でその美味しさを楽しませてくれるものです。 麺・漬けダレ共に冷たい仕様では、その持てるポテンシャルを持て余しているように思えます。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

茹でモヤシも冷水締めされており、メンマ、サニーレタス、オニオンスライス、カイワレダイコン、半熟味玉、櫛切りレモンも添えられています。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

ほんの一部しか見えていませんが、ラタトゥイユも加わっております。 こんなに多様な具材が華やかに添えられていますと、それはもう庭園のようでさえあります(@・艸・;) 永年積み重ねてきた膨大なスキルは、多彩な引き出しとなって今活かされているのでしょう。

ボルドー 伊勢海老出汁の冷たいつけ麺

麺を素のままで食べてみたら、何とレモンの風味が纏わされていましたw( ̄△ ̄;)w レモンオイルで風味を付けているそうです。 さり気なくそういった下地に手を加えているのですね。

漬けダレに潜らせて麺を手繰ってみますと、予想以上にしっかりとした歯応えがありまして、キュッと噛み込むとプッツンと歯切れる食感があります。 漬けダレは前述の通り、甘い系では無く塩味の角が立てられています。 勿論肝心の伊勢海老の旨味と芳醇な薫りは迫力満点。 生姜風味と塩麹、赤ワインからの適度なタンニン分は、漬けダレのディテールをより鮮明にしながら、味わいの複雑味を演出しています。

ただボクにはこの塩味の強さは過剰に思えました。 漬けダレと言うよりもソース。 これは麺を潜らせるのでは無く、麺に掛けてまぜ麺にして食べた方が正解のような・・・ といった話をご店主様に致しましたら、どうもまぜ麺スタイルは望むところらしいです。

それなら「つけ麺」と名付けないとか、提供の際に多様な楽しみ方を一言伝えてくれれば良いかとww ボクはこの洋皿を汚したくなかったので、少々やせ我慢してしまいました(´・ω・`) また、ボクが訪問した一週間ほど前には、割りスープは構想の中に含まれていませんでした。 多分この一週間で、塩味の調整も長足に進んでいると予想していますし、まぜ麺スタイルでも楽しんで頂けるようなお知らせの手段が講じられていると思います。

とにかくありとあらゆる事が初めて尽くしの一杯です。 とてつもないポテンシャルがある事は明白です。 冷たい麺の季節を通しての提供になると思いますので、所望してみる度に進化が期待出来るのでは無いかと期待しております(^^)




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;11:00~14:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


 

お食事処 武蔵亭 ~福島県郡山市熱海町~

かなり久しぶりの訪問です。 磐梯熱海温泉郷にある数少ない食堂の中でも、常に高い人気を呼んでいるのがここ「お食事処 武蔵亭」さんです。 

お食事処 武蔵亭

トンカツ専門店として暖簾を挙げ、その後現在のスタイルへと変わった経緯があり、漆黒系ラーメンとトンカツの美味しさに定評があります。 磐梯熱海温泉郷に仕事で入った時には、出来る事ならこの暖簾を潜りたいとは思うのですが、なかなか思いを果たせぬままにイタズラに時が過ぎてしまった感もあります( ̄▽ ̄i)ゞ

「支那麦 (630円)」

武蔵亭 支那麦

この日は女将さんがお一人でしたが、寸分違わぬいつもの「支那麦」が供されました♪ ご覧の通りのキッチリ漆黒系にワクワクしちゃいます(^o^)

武蔵亭 支那麦

単純に澄んだスープではなく、様々な旨味成分を取り込んだ淡ニゴリの風合いがあります。 そうそう、チャーシューの美味しさも特筆モノでして、脂質は少なめだけど柔らかな肉質で、歯切れの良さも申し分がありません。 メンマも上手に戻して炊かれており、派手さは無いけど隙もありません。

武蔵亭 支那麦

漆黒スープの色を移した麺は、低加水タイプでストレート中麺。 少しボソッとした口当たりですが、歯切れの食感がとてもリズミカルに伝わって来ます。 鰹節と煮干しでしょうか、魚介系の華やかな風味が先に口中に感じられ、豚ガラ出汁の旨味が後を追うようにジワァ~っと広がります。

濃口醤油ならではのその色合いに目が惹き付けられますが、塩味は決して強くありません。 それよりも味幅の広さを感じさせるような豊かな醤油の風味が活きています。 魚介系の出汁は二口、三口と食べ進む内に、その印象を徐々にうすくして来ます。 文句なしの美味しさをどっぷりと楽しんでいるところに、もう一つのお楽しみがやって来ました。

「ミニソースカツ丼 (380円)」

武蔵亭 ミニソースカツ丼

以前から「ミニヒレカツ丼」というサイドメニューはあったのですが、いつの間にか甘ダレタイプの「ミニソースカツ丼」が仲間入りしていました♪

ベースは変わらずヒレカツですが、自家製の甘口ソースに潜らせてありました。 で、このソースがまた、罪作りなほどにウマい! 確かにスパイシーさよりも豊かな甘味が活きていて、巧みに濃度を下げたお陰で、物足りなさを抱かせない程度に調整されています。 お陰でソースにドップリと漬けられたヒレカツは、ソースの味に支配され尽くしてはいませんでした。

武蔵亭 ミニソースカツ丼

箸で簡単に千切れる柔らかさは従前通りでして、しっとりとした柔らかな肉質の良さは、トンカツ専門店だったノウハウを余すところ無く伝えて来ます。 尚、サイドメニューとのセット価格が適用されるようでして、合計金より110円お得なお足で900円丁度とされていました。




== 移転しました == 郡山市で「支那そば墨家」に改名 アーカイヴとして残しておきます
武蔵亭
福島県郡山市熱海町熱海 2-100
営業時間;11:00~19:30 ※材料が無くなり次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗前に7台分ほど