FC2ブログ

【2012年桜巡り】 後田の桜

今年の桜巡りの写真も、ようやく終盤です。 あと幾つかのエントリーで完了です。 もう藤の花が見頃の季節になっちゃいましたが、サラッと流して見てやってください( ̄▽ ̄)ゞ

前日に引き続き好天に恵まれたのに、何故かこの日は軽く寝坊しちまった(;´艸`)ぁぁぁ 出遅れた分、やや開き直っての単騎撮影行脚の開始です。 西田町の「建福寺の枝垂桜」からスタートしようと思ったら、既にほぼ葉桜になっていました。 仕方ないので次に行こうと思ったのですが、すぐ近所に見栄えのする桜がありましたので、どんな桜なのかと立ち寄ってみました。

後田の桜
[2012/4/29 後田の桜] <↑ Clickで拡大>

畑の中に立つ一本桜でした。 畑の下には集落がありまして、帰宅後に取り調べてみますと、西田町木村字後田地区にあるようです。 「建福寺」に向かって開けた谷の斜面にありますが、その背後には小高い丘を背負っています。 その丘の正体は、郡山東ICの誘導路でしたw( ̄▽ ̄∥)w

路肩に車をデポして、桜の様子を見に行きますと、丁度梅畑でお仕事をしている家人様を見つけましたので、写真撮影のために敷地内に立ち入らせて頂くお願いをすると、快く受けて頂けました。

後田の桜
[2012/4/29 後田の桜] <↑ Clickで拡大>

樹齢はもとより、周辺の住民の皆様とどのような関わり方をしてきた桜なのかは分かりません。 木の幹にはツタが絡みついていたりして、そんなに手厚く管理されているようにも思えません。

後田の桜
[2012/4/29 後田の桜] <↑ Clickで拡大>

それでも樹勢に翳りさえ見せないのは、やはり農耕地の一角にあるからなのかも知れません。 一陣の風で花びらが舞い落ち始めました。

後田の桜
[2012/4/29 後田の桜] <↑ Clickで拡大>

桜の樹の袂には、やはりここでも椿の樹が植えられていました。 やはり桜と椿のセット率が高いなぁ~ww

桜守猫
[2012/4/29 桜守猫] <↑ Clickで拡大>

猫を見つけたので、ついついナンパしようと試みたのですが、軽くフラれましたww




後田の桜
福島県郡山市西田町木村字後田


より大きな地図で 後田の桜 を表示
 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

地元では既に“支那そばのベンチマーク”として馴染まれているお店と言っても過言ではないでしょう。 ボク自身は訪問頻度こそ高くありませんが、暫くインターバルが空くと無性に欲する一杯が「支那そば 正月屋」さんの支那そばなんです(^^)

正月屋

夜の部の営業スタートとほぼ同時に暖簾を潜り、カウンター席に陣取ります。 確かな仕事ぶりをカウンター越しに見渡せるのは、どこかしら電車の先頭車両で運転士さんの操作と景色を眺めるのにも似ていて、待ち時間で飽きる事はありませんww

「支那そば (650円)」

正月屋 支那そば

シックで美しい盛り付けに、透明感のある黄金色のスープは、ビジュアルからして安心感を覚えるものです。 デビュー当時は奇異に思えたカイワレダイコンも、今や「支那そば 正月屋」のトレードマークとして認知されるばかりか、多くのお店が追従しているスタイルですね。

正月屋 支那そば

下処理から調味まで約1週間掛けて作られるメンマは、シットリとした口当たりで、スープよりもやや濃い目に甘じょっぱい味付けが施されています。

正月屋 支那そば

豚ロースのチャーシューが秀逸なのも良く知られているところです。 その柔らかさ、脂質の品位の高さ、肉質はパサつきなどは全く無縁でして、“イイ仕事感”が伝わって来ます。

丼の表面に張られた油膜はネギ油です。 鶏出汁からの脂質分と合わさりまして、香り良くもキレの良さも申し分無しです。

正月屋 支那そば

自家製の多加水系平断面中細縮れ麺は、舌触りの滑らかさと程良いコシがあります。 スープの絡みはサイコーで、魅惑のスープをタップリと口に運んでくれます。

この日のスープはちょっといつもとバランスが異なっていた気がします。 ニボシや鰹節の魚系エレメンツが、鶏出汁よりもグッと強く前に出ていました。 今までには無かった気がするのですが、ボクの感じ方が変化しちゃったのかな?σ(∧_∧;)




支那そば 正月屋 (FACEBOOK)
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;【昼の部】11:00~15:30【夜の部】17:00~20:45 (L.O.20:30)
     【日・祝】11:00~20:30
駐車場;店舗敷地内に14台






昨日は久しぶりに東京へ出張しておりました。 朝方に出掛けて最終の新幹線で戻る日帰りコース。 自宅を出て駅まで向かおうと歩き始めたら、お誂え向きに路線バスの姿を見つけました♪ 無芸の仕事場から駅までのバス運賃は、100円区間のご奉仕価格ですので、信号待ちしているバスに先んじてバス停へ急ごう!

と、軽くダッシュを、ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ

「アダダダ?!(○□○)」

左足のふくらはぎを痛めちゃいましたぁ~(;´艸`) まだ起き抜けだった躰には準備運動が足りなかった? あぅぅぅ、バスが来ちゃうぅ~~~(´Д`ι) はぁ~~、何とか間に合いましたヨ(o´Å`)=з

でもふくらはぎの筋肉を痛めちゃったみたいで、とにかくイタイ。 東京に出ると、思いの外歩く事になりますから不安です。

あっ、そうだ! 駅前にドラッグストアーがあったっけ♪ と行って見たら運良く開店していました。 鎮痛冷感湿布を一箱買い求めて、取りあえず修復作業( ̄▽ ̄ii)ゞ 出掛けから何となく嫌な予感。。。

新幹線はいつも自由席なのですが、こんなトラブルのせいで、既に乗り口には乗車待ちの行列が出来上がっていました。 これはちょっとキツいかなぁ~と言う事で、後方に連結されている山形新幹線の自由席まで重い足を引きずって行ってみます。 こちらは誰も並んでいなかった。 ヨシヨシと思っているところに新幹線が入線。

滑り込んでくる車両の中を覗くでもなく見ていたら、

「あ゛っ?! あ゛ぁ゛~~~?!(;゜0゜)」

山形新幹線の指定席が真っ黒。。。 (||゚Д゚)そっ、修学旅行の生徒さん達が・・・ひぃぃッ!(゚Д゚||)

って事は、自由席は(o;TωT)o

何とか座れたのは幸運だったけど、シートピッチもシート幅も狭いんだよなぁ~ ちびっと疲れた(´-ω-`)

でも、帰りの最終新幹線は、思いも因らぬサプライズで、ぬぁんと新型車両E5が充てられていたO(≧∇≦)O シートピッチは広大だと言うよりも、開業当時の200系グリーン席よりも広いんでね? シート幅自体は5列シートだから絶対値は同じだけど、シート自体の品位は確実に進化しています。

とっても静かだし振動も少なくて安眠に最適♪(*^-゚) 加速Gをあまり感じさせないのもサスペンションのデキが良くなっているからでしょうかね? とても快適に過ごせましたよ。

E5系やまびこ