FC2ブログ

【2012年桜巡り】 町入口の桜

「町入口の桜」と、何ともダイナミックな名前で呼ばれるシダレザクラは樹齢200年と言われています。 桜の季節以外に何度か通りかかったことがある道でしたが、県道沿いとは言えカーブになっている道沿いの丘の上にありますので、進行方向次第では、全くその存在に気付かないかも知れません。

町入り口の桜
[2012/4/28 町入口の桜] <↑ Clickで拡大>

こうして満開を迎えていたからこそ、気をつけて見て行けば気が付いたってくらいのものですよww お誂え向きに、カーブの内側の歩道には車寄せのスペースが造られており、ここにデポすれば安心して撮影を行えます。

町入り口の桜
[2012/4/28 町入口の桜] <↑ Clickで拡大>

きっとパーフェクトな満開は、この日の夕刻くらいになったのでは無いかと思われますが、樹勢も旺盛で花の付き方も豊富です。

町入り口の桜
[2012/4/28 町入口の桜] <↑ Clickで拡大>

桜の袂には墓所があります。 きっと「墓守桜」として植栽されたのでしょうね。 背景に杉林がありますが、小高い丘の上と言う事もあって、撮影ポイントは比較的開けています。 残念と言っても仕方ありませんが、県道沿いには電線が張られています。 これを避けての撮影になりますが、比較的ロケーションとしては恵まれている方だと思います(^^)

町入り口の桜
[2012/4/28 町入口の桜] <↑ Clickで拡大>

桜の樹の袂に椿の樹を植栽する例が多いのは何故でしょう? その花咲く頃が重なるのを知っていて、そう言う風景を創り出したのでしょうか(^^)




町入口の桜
福島県郡山市中田町中津川字町田前


より大きな地図で 町入口の桜 を表示
 

らーめん幸司 ~福島県郡山市大槻町~

当地に暖簾を掛けて四半世紀となる、根強いファンを持つお店です。 以前から訪問機会を伺っていたお店でしたが、地元ラーメン店有志で構成される「一麺会」の会員店さんと言う事もあり、先の「ふくしまラーメンショー2012」を契機に店主・本名さんとご縁を深める事が出来ました(^^)

らーめん幸司

お昼の営業時間には間に合わないので、夜の部が始まって間もなくの時間を狙って暖簾を潜ると、店主・本名さんが直ぐに気付いて下さりましてステキな女将さん共々笑顔で迎えて下さりました。

かなり多彩なメニュー構成をお持ちですが、味噌ラ~で名を馳せたお店ですから、初めての一杯はやはり味噌ラ~を頂くとします。 アドバイスを頂いて所望したのは、

「蔵出し熟成みそらーめん (740円)」

らーめん幸司 蔵出し熟成みそらーめん

大沼郡昭和村出身のご店主様らしく、ご自分のルーツでもある会津の食材に強いこだわりを持っています。 複数の味噌をブレンドした熟成タイプの赤味噌仕立てですが、サッポロ系のような味噌を炒め煮る事はせず、丼の中で自慢のスープで溶き伸ばすそうです。

その特徴はラードやニンニクの風味で圧倒するものとは違い、極めてシックでストレートに味噌の品位の高さを感じさせるものです。 決してパワフルに、そして雄弁に旨味を突きだしてくるタイプではなく、ベーススープのジワッと追い掛けてくるような滋味を大切にしているかのようです。

豚ガラ(8)鶏ガラ(2)の動物系素材に、鰹節・昆布・牛蒡・椎茸・玉葱・人参・生姜・ニンニクなどを炊き合わせて引く出汁は、濁りのない澄んだタイプだと言います。 醤油系の仕立てにも期待が膨らむ話です(^^)

らーめん幸司 蔵出し熟成みそらーめん

メンマはちょっと幅広タイプで程良い食感が楽しめます。 豚バラチャーシューは少し厚めにカットされているのも嬉しいところ。 たっぷりの刻みネギにコーンとワカメ、更には糸切り唐辛子が鎮座します。 ワカメはしっかり塩出しと共に下処理も施されており、妙な磯臭さは排されています。 結構ピュアな味噌の風味がありますので、個人的には乾燥岩海苔なんぞを載せてみたい気がします(^^) きっと相性は良いと想像しています。

らーめん幸司 蔵出し熟成みそらーめん

また麺も会津に多い平断面の多加水系熟成中太麺が用いられています。 これがまた秀逸な麺でして、モチッとした歯触りと共に、小麦の風味がフワッと鼻腔に抜けて来ます。 この麺はコストが掛かっていると思いますよ。

適度なウェーブが掛けられており、スープの持ち上げも上々です。 スープ同様に極端なインパクトはありませんが、とにかく一つ一つのエレメンツが、外連味無く丁寧な仕立て方がされている感じです。 きっとご店主様の人柄がそのまま反映されているのでしょうね(^o^)

「手造り焼きギョーザ (360円)」

らーめん幸司 手造り焼きギョーザ

餡の野菜は複雑な食感を求めると共に、繊維質をキレイに断ち切る事で、無駄に野菜の水分が抜けないようにとの配慮から、丁寧に手切りを行っているそうです。 その手間暇は見事に昇華されておりまして、一口食べてみればジューシーな野菜からの甘い水分が迸ります。

下味はキッチリと付けられていますので、精々酢を潜らせる程度で食べる事をお薦め致します(^^) 野菜の食感が多様に感じられまして、とても楽しめる一品でした。 ラーメンのサイドメニューに控えさせておくには勿体ないほどの高い完成度だと思います。

らーめん幸司

創作系メニューもあるようですので、そちらにも興味の尽きないところですし、あの麺で冷や中に仕立てたら、さぞかし麺が活きるのでは無いかと、こちらもまた期待しています(*^_^*)




らーめん 幸司 (URL)
福島県郡山市大槻町菅田22-2
電話;024-952-3531
定休日;毎週火曜日
    ※祝・祭日の場合は営業、翌日休業。
営業時間;【昼の部】11:00~15:00、【夜の部】17:00~20:30
     ※土・日・祝・祭日は通し営業
     ※麺・スープがなくなり次第終了


大きな地図で見る