FC2ブログ

【2012年桜巡り】 五斗蒔田桜

『丘の上のビーナス』とも呼ばれる名桜ですが、何故か今まで訪問する事の無かった桜です。 と言うよりも、通りかかった事は何度もあったのですが、どこに車をデポしてどこからアプローチして良いのかが分からず、立ち去ってしまっていたと言うのが正しいです( ̄▽ ̄∥)ゞ

この日は土曜日の仕事前に、単騎で早朝アタックを掛けておりました。 とても幸運だったのは、観桜客を迎え入れる準備をしていた方に巡り会えた事です。 個人の敷地でしょうから、立ち入りの伺いを立てましたが、とても快く受け入れて頂けました。

急ぐサクラ
[2012/4/28 急ぐサクラ] <↑ Clickで拡大>

まだ少々朝の赤み射す光の中、『丘の上のビーナス』は今にも駆け出すのではないか?と思わせるような、独特な傾きを見せています。

五斗蒔田桜
[2012/4/28 五斗蒔田桜] <↑ Clickで拡大>

桜の樹の袂まで丘を登ってみれば、下草がキッチリと刈られていて、地元の皆様が普段から手厚く保護されているのが分かります。 西にも開けた丘の上からは、遠く残雪を頂いた安達太良山が望めます。

五斗蒔田桜
[2012/4/28 五斗蒔田桜] <↑ Clickで拡大>

丘の東側には道沿いに集落の家屋があります。 紫色がかった木蓮の花と、純白のこぶしの花が咲き競っていました。

五斗蒔田桜
[2012/4/28 五斗蒔田桜] <↑ Clickで拡大>

前日まで蕾だったと言う推定樹齢150年のエドヒガンは、朝露に濡れてその花を一気に咲かせ始めました。 幹は複数の樹が捻れるような一本に纏まっています。

五斗蒔田の桜

桜の樹はボク一人の貸し切り状態でしたが、シニア夫妻も丘へと登ってきました。 普通に観桜を楽しまれているようですが、深夜2時に自宅を発して、関東圏からやって来たと言います。

「一昨年、初めて三春の名桜達と出会って感激しました。 昨年は訪問して良いか迷い断念しましたが、今年はこうして再び出会えて嬉しい。」と言います。

更には、なるべくお買い物をして、直接この地の経済に役立ちたいと言ってくれました。 ボクは涙が出そうになりましたよ。 頑張って堪えたけど(^^;)

五斗蒔田桜
[2012/4/28 五斗蒔田桜] <↑ Clickで拡大>

今年の観桜客は、昨年とうって変わって大幅に増えたと言いますが、メディアが大いに取り上げてくれた事。 開花が遅れてGWに掛かった事など、色々な追い風もありました。 でも何より心に響くのは、こういった方々のキモチが伝わって来た時ですね(^^)




五斗蒔田桜
福島県郡山市中田町木目沢五斗蒔田


より大きな地図で 五斗蒔田桜 を表示
 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

夜の部の営業が行われない事が多いのか、それともボクが通りかがるタイミングが悪すぎるのか、なかなか訪問のチャンスに恵まれない「めん処 成」さんです。 たまたま昨日は運良く暖簾が掛かっておりまして、迷うことなく訪問致しましたヾ(>▽<)ゞ

めん処 成

夜の部の営業が始まってまだそんなに時間は経っていなかったのですが、既に店舗前の駐車場は満車で、当然店内にも先客様が数組おられました。 お店に顔出しをして、代替駐車場の案内を受けます。 ホッとしてカウンター席に陣取りますと、何やら新作がリリースされているではありませんか♪ これは当然頂かない手はありません(o^^o)ふふっ♪

「黒中華そば (630円)」

めん処 成 黒中華そば

この5月からリリースされたばかりの新作だそうです。 その名から連想するようなビジュアル的な“黒”では無さそうです。 載せモノは極めてスタンダードな配置です。 丼から立上る香りは、豚ゲンコツの出汁である事が直ぐに分かります。 見ての通り、澄んだスープの表面には適度な油膜が張られています。 その出汁は良く練れた濃度が引き出されているのが感じとれます。

めん処 成 黒中華そば

ご店主様にお尋ねしてみますと、醤油ダレが全くブランニューだと言います。 ベーススープは多分「昔ラーメン」のソレと同じでは無いかと推測しています。

めん処 成 黒中華そば

チャーシューはモモ肉で薄切り仕様です。 良い感じの味の染み入り方。 薄切りが故に筋っぽさよりも先に、舌の上で肉の繊維がバラけて来ます。 少しばかりザラッとした舌触りなのですが、その舌触りと共に前述の染み渡って醤油テイストが一緒に広がって来ますので、味変ツールとしては極めて有効です。

めん処 成 黒中華そば

麺は低加水率タイプの中細ストレート麺。 頃合いに茹で上げられた麺は、プツプツッとした歯切れの良さと、軽い歯触りのリズミカルさが楽しめます。 豚ゲンコツから引かれた出汁は、充分な味幅と旨味が活きており、極めて上質と賛辞をお送りしたいです。

また、ブランニューの醤油ダレは、ほのかにチャーシューの煮汁を思わせるフレーヴァーがあり、ほんのりとした甘味とマイルドなアタリながらもしっかりと効き具合の良い塩味、ステキなお醤油の香りが高次元にバランスしています。 正直言って望外の大ヒットってくらいの美味しさです(⌒▽⌒;)

「昔ラーメン」もかなり気に入っていましたが、本作はその延長線上にあって、食べ手によってはささやかに望んでいたであろう、少しばかりのイメージ・ギャップを見事に埋め尽くした感があります。 ボク的には「昔ラーメン」の進化系であり完成型のカタチでは無かろうかと思っています。

今年食べたラーメンの中でも随一の好印象でしたので、速報を兼ねて前倒し記事挙げです(^^)




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る