FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2012 2日目レポ 前編 「ラーメン凪」「麺家いろは」

本日開催2日目は、生憎の雨に祟られまして、時間の経過と共に雨足は強くなるばかりでした。 日中はそんな悪天候をものともせず、傘射しは勿論の事、中には合羽を羽織って出店ブースに並ぶお客様もおられたようです。 ボクは夕刻まで仕事がありましたので、昨日に引き続き、タイムアップまで残り少ない時間帯に訪問する事になりました。

開成山公園自由広場「ふくしまラーメンショー2012」開催会場 第2日目

昨日とは違って、無芸大食妻と無芸大食娘が同行してくれたので、一気に4軒の味を確かめる事が出来ました(^o^) いやぁ~、援軍が居てくれて大助かりですぅ~♪ ただ唯一の困り事と言えば、この容赦ない雨足です。 ちゃんと整地はされてはいるものの、路面が吸水するよりも雨の方が勝っておりまして、会場は正に水浸しノ( ̄0 ̄;)\ 出掛けに防水性の高い靴に履き替えてきて正解でしたww

さて、この晩の一軒目は「ラーメン凪」さんの野心作ですよ♪ 何せ開催の僅か20日前になって、急遽メニュー変更を行ったという曰く付き。 実は店主・生田さんは、インドネシアのジャカルタに海外店舗の出店を決めて、成田空港に帰国したとたんに大崎さんにメニュー変更を申し入れたそうです。

さすがに大崎さんも青天の霹靂で、日程的な厳しさやローテーションの困難さなどを考えて、懸命に押し留めようとしたらしいのですが、生田さんの意志の固さに根負けしたそうです( ̄▽ ̄∥) 「ラーメン凪」の何れの店舗でも提供されていないタンメンで勝負です!

「東京スパイシータンメン (700円)」

ラーメン凪 東京スパイシータンメン

ご覧の通りたっぷの野菜のラーメンですが、調理時間のスピーディーさを問われる、イベント会場での提供と言うのは、正に破天荒と言うべき離れ業です(^◇^;) お野菜大好きな無芸大食妻の所望品でしたが、スパイシーというネームから想像されるような香辛料の風味や辛味成分を前面に押し出したものではありません。

ラーメン凪 東京スパイシータンメン

フレッシュ・トマトが配されていたり、複雑な風味のドライハーブ系の風味が感じられ、野菜からのナチュラルな甘味と相まって、どこかしらエスニカルな印象さえ感じられました。 お野菜が炒めたてでは無かったのは少々残念でしたが、こればかりはイベント会場の設備ではどうにもならないでしょう。 ギリギリの落とし所を模索した結果かと思います。

ラーメン凪 東京スパイシータンメン

麺はちょっと残念な事に、伸びてしまっていました( ̄◇ ̄∥) 麺の茹で時間まで計算しての選択だったのでしょうけど、スープを吸い易いタイプが故に致命的なグダグダ状態に・・・ スープや味の構成が、極めて大胆かつ個性的だったが故に、生田さんが納得出来るコンディションの一杯が頂きたかったです。




こちらは先に開催された「ふくしま再興まつり」 (過去記事) で当県初上陸を果たされた、押しも押されぬビッグネーム「麺家いろは」さんの“伝家の宝刀”です(^^)

「黒醤油らーめん (700円)」

麺屋いろは 黒醤油らーめん

今回も当主・栗原さんが直々に現場に立ち会っておられました! 初日は1日で1,000杯越えをマークしまして、見事筆頭を獲ったそうです(^^;) 今日も相変わらずの人気の高さでしたが、居並ぶお客様の客捌きが抜群ですので、長蛇の列にも関わらず、早々に落手可能というのも素晴らしいところです。

麺屋いろは 黒醤油らーめん

魚醤10時間煮詰めて作られる特製のタレは、ご覧の通り漆黒そのもの。 それでいて“魚醤”から想像されるような魚をイメージさせるような風味はありませんからご安心をww 豚バラチャーシューはとても良い塩梅の味が染み渡っていて、スープの熱でトロッとするほど柔らかさが増してきます。

麺屋いろは 黒醤油らーめん

まるで漆黒スープの色を写したのか?と思われそうな麺の色ですが、実はそれだけに非ずで全粒粉と摺りおろしレンコンがブレンドされています。 平断面の中太縮れ麺ですが、思いの外シッカリとした噛み応えが楽しめるのも、その構成によるかも知れません。

スープの色合いからは想像出来ないかも知れませんが、スープの印象はほんのりとした柔らかな甘味が広がり、旨味がジワッジワッと波状攻撃の如くに口の中に広がって来ます。 油膜も結構豊富なのですが、それでも味サバケに重さが無いのは素晴らしいです(^^) 何度でも食べたくなってしまう仕掛けが、キッチリと効いているんですね。 お見事の一言に尽きます。

(つづく) 

【2012年桜巡り】 紅枝垂地蔵桜

もう今年の桜も残すところ僅かになりました。 かなり挙げ遅れてしまった・・・ このままお蔵入りになってしまう写真が多数出そうですので、時間が許す限り記事挙げしてみます。

朝霧の紅枝垂地蔵桜
[2012/4/28 朝霧の紅枝垂地蔵桜] <↑ Clickで拡大>

「伊勢桜」の次に向かったのは、すぐ近くにある名桜の誉れも高き「紅枝垂地蔵桜」です(*゚ー゚)> 駐車場には既にそれ相応の車が入っておりましたが、この先の時間帯の事を予想すれば、まだまだ早朝タイムです。

見上げる
[2012/4/28 見上げる] <↑ Clickで拡大>

朝の日差しが徐々に朝霧を退け始めます。 前夜の雨で残された大気の湿度は、少しずつ昇華され始まったのですね。 早朝に集まっている人達の全てがカメラマンと言う事ではありません。 むしろ観桜客の方がずっと多いくらいでした。

朝霧の随に
[2012/4/28 朝霧の随に] <↑ Clickで拡大>

遠くに見える残雪に覆われた白い頂きは、名峰・安達太良のやまなみです。 もう少しここで粘っていれば、桜の樹にも光が廻り、安達太良のやまなみももっとクリアになったのですが、待ちきれずに後にしてしまったのが少々悔やまれました。

満開!
[2012/4/29 満開!] <↑ Clickで拡大>

そして翌日の午後。 無芸大食妻と連れ立って再訪してみますと、一日でパーフェクトな満開となっていましたO(≧▽≦)O これほど完璧な満開の紅枝垂地蔵桜に会えたのは何年ぶりでしょう♪ 勿論、この時ばかりはかなりの訪問客で賑わっておりまして、レンズを向ければ必ず人が写るくらいww 昨年の人出を思えば、なんてステキな事かと思ってしまいます(*^_^*)ゞ

優雅な桜
[2012/4/29 優雅な桜] <↑ Clickで拡大>

どこから見ても優麗なその姿。 地元の桜だし、毎年逢いに来ているはずなのに、見惚れてしまいそうです。

これぞ紅枝垂地蔵桜
[2012/4/29 これぞ紅枝垂地蔵桜] <↑ Clickで拡大>

新兵器の超広角ズームレンズは、今まで撮れなかった構図を手に入れられます\(^▽^\)(/^▽^)/ いやいや、楽しい楽しい♪